重たい掲示板

書き込みの連番がリニューアルによりリセットされております。
旧サイトの書き込みの連番は[●●]で表示されております。ご了承ください

書き込みの連番がリニューアルによりリセットされております。旧サイトの書き込みの連番は[●●]で表示されております。ご了承ください

副島隆彦 投稿日:2023/06/21 10:52

【3059】[3559]私の最新刊本 と ウクライナ戦争の最新の戦況。

副島隆彦です。今日は、2023年6月21日(水)です。

 私のウクライナ戦争の 最新の戦況(せんきょう)分析を、6月15日に、「今日のぼやき」に載せました。読みに行ってください。

 この一か月、私は、ずっと自分の最新刊の 金融本を書いていた。疲れ果てた。たった一冊の金融本づくりに、手間取ってこの2か月を費やした。 最後の10日間は、我ながら、鬼気(きき)迫る感じになった。疲労困憊(こんぱい)、精魂(せいこん)尽き果てた。自分の知力、体力の限界だったが、なんとかやり上げた。 

(ここに この本の表紙と、アマゾンのページへのリンク を貼ってください)

米銀行破綻の連鎖から世界大恐慌の道筋が見えた

 この本は、発売が遅れに遅れて7月1日になった。読者の皆さんには、お待ちどう様、と申し上げる。著者である私の手元には、24日(日)に見本(みほん)本が届く。 
 たった一冊の、いつもの金融本と言っても、私に取っては心血を注いだ本だ。6月7日に最終的に私の手から離れた。最後は、私のキタナイ手書きの、いつもの、ぐちゃぐちゃのゲラ原稿への手入れだ。 

 ウクライナ軍の大反攻( 大規模の 反転攻勢 counter offensive カウンター・オフェンシヴ)は、6月4日の未明の、午前1時半から始まった。 分かったことは、大攻勢の中心の戦線は、南部ジャポリージャ州の 原発のあるところ(ロシア軍が占領している)の 東側あたりと、それと同州の東の端(はし)のドネツク州寄りの2方向から一斉に南下して、マリウポリとベルジャンシクの港 まで丁度、一直線に、100キロある、まで一気に到達する、という電撃作戦(ブリッツクリーグ)だった。それが失敗した。

 ウクライナ軍の、12個、合計6万人の兵力の予備部隊の、突撃旅団(とつげきりょだん。 assault brigade アソールト・ブリゲイド )のうち、まだ、温存している、残り6旅団を除いて、どうも3万人の 最前線の 強襲部隊が、ロシア軍に大敗北したようだ。

 この特別編成の攻撃部隊は、この1年間、アメリカとイギリスで、訓練を積んで、西側の最新兵器の操作、運転ができるようになった連中だ。
ところが、このウクライナ軍の、温存された、最精鋭の職業軍人たち( いやいや徴兵された、雑兵の兵隊たちではない )が、次々と最新兵器を置き去りにして、後方に逃亡している。誰も死にたくはない。 

 このあと、アメリカ軍の主力戦車である「エイブラムズ」(それでも20年ぐらい前の古い型)が、30両ぐらい、撃破されたら、もうウクラナイ軍は、これ以上、前進する気力を失うだろう。 

 プーチン大統領が、6月9日に、下から報告を受けて言った通り、「ウクライナ軍は、反撃に大敗して、ロシア軍の10倍の損失を出している」のとおりだ。「ウクライナ軍の攻勢の兵力の25%、1万人ぐらいを失った」なのだ。

 私が、今日のぼやき に書いた、6月15日での、「ウクライナ戦争の戦況(ウォー・シチュエイション)の最新分析」を読んで下さい。

 ロシア軍の 横に一線の ザポロージャ州全体の 第一次防衛線にも、まだ到達していないし、突破も出来ていない。それよりも前に、ロシア軍が、さっと2キロうしろに退いた。
 そこに幅2.5メートルの深い塹壕線が掘ってあった。そして地雷線(トリップ・ワイヤー)が仕掛けてあった。まさしく「飛んで火に入る夏の虫」だ。これにウクライナ軍は、真夜中に計画通り真正面から進撃して、まんまと引っかかった。米軍の暗視ゴーグルをしているから、自分たちは真っ暗闇でも前進できる、と慢心した。

 その塹壕線の上は、落とし穴の仕掛けになっていた。そこにドイツ戦車の「レオパルド2」と、米製の「ブラッドレー」歩兵戦闘車が、各所で、見事(みごと)に落ちて嵌(はま)って擱座(かくざ)して、そのあと、どうも日が昇ってから、ロシア軍の対戦車の攻撃(武装)ヘリ の「Mi 8 」と「Ka 52」に襲撃されて破壊されている。Su-34 「スホイ34」戦闘爆撃機にもやられている。

 始めから、航空優勢(air cover エア・カヴァー。昔の言葉で、制空権。こっちの方が、日本人には分かり易い)が、ウクライナ軍には無いのに、どうしてこういう無謀(むぼう)なことをするのか、私には、始めから(4月から)理解できなかった。

今のウクライナ政府は、英米のデープステイトの、完全な操られ人形 (puppet パペット)だから、途中で計画変更とか出来ないのだ。狂っている、としか言いようがない。

去年の2月24日からの、ロシア軍のウクライナ侵攻(特別軍事作戦)は、プーチン以下、ロシアの指導者全員が、罠(わな)に嵌(はま)って、英米の戦略に落ちた。周到に、2014年から、プーチンを誘(おび)き出して、我慢の限界を、越えさせたのだ。
プーチンは、「2週間で、首都キエフを制圧できる」という、西側(デープステイト)の高級スパイが潜り込んでいた、FSB(ロシア連邦保安庁)の甘い戦略に載せられた。

その後も、一か月(3月30日まで)に、キエフ攻撃の包囲網を解除して、ロシア軍は、一気に撤退(ウイズドロー)して、そして戦力をウクライナ東部(ドンバス地方)に、移動ささせて、ロシアの伝統の、長期戦の構えに、切り替えた。それまでの4月、5月まで、1000台以上のロシアの戦車と、3000台の装甲車や、軍用車が、ウクラナイナ軍の、対戦車ミサイルや、ドローンによって、撃破された。 このように、緒戦はロシアのボロ負けだった。 

だから、私、副島隆彦は、『プーチンを罠に嵌め、策略に陥(おとしい)れた 英米ディープステイトは、ウクライナ戦争を第3次世界大戦にする』(秀和システム刊、2022年7月)という自分の本を書いて、細かく現状を報告した。今も、私のあの時の、この本以上に、日本国内で、ウクラナイ戦争の全体像を克明に描いた本は他にはない。そのように自負している。あの本には、サルマトという核戦争用の、ロシアの最新の核兵器のことまで、全部書いている。

 大反攻の 開始の6月4日から2週間が過ぎて、今日21日で、18日が経(た)った。ウクライナ軍の大敗だ。各所で、ドイツ政府が供与した、高性能の重戦車の「レオパルド2」が、合計で30台ぐいらが撃破された。

ウクライナ軍は、「8つの村を解放(奪い返し)した」という宣伝と、「2キロ前進した」と「合計で100平方キロメートルを解放した」ばかりを、公表している。占拠したのは8つとも、村(集落)だけだ(笑い)。 こら、「100平方キロ」 というのは、たったの、10キロメートル四方(しほう)だぞ。 
 ウクライナは大平原だから、見渡せば見える距離だ。 このたった10キロの進撃さえできないで、その前で、ウクライナ軍は、止まっている。このあとの彼らの運命は、どうなるか、だ。

 米製の主力戦車の「エイブラムズ」の突撃旅団(機械化部隊。 昔の、戦車隊から成る 機甲師団=きこうしだん=だ )が、このあと、まとまって30台ぐらい、ロシア軍に撃破された映像、画像が、出たら、もう、反共右翼の、「ウクライナ、頑張れ」の戦争オタク、反共キチガイたちも、しゅーんとなるだろう。

 それでも、アメリカの兵器企業、軍需産業にしてみれば、どんどん兵器、武器が、破壊されて、消費されれば、こんなにいいことはない。
最新式の兵器の新製品を、どんどんこれからも作れるから、儲かって、儲かって仕方がない。

 これが、現代世界を支配している、ワルたちの資本家の魂だ。まさしくデープステイト、一昔前の言葉では、「軍産複合体(ぐんさんふくごうたい。 ミリタリー・インダストリアル・コンプレックスが、今の世界を支配している)と、 アイゼンハウワー大統領が自責の念に駆られて、1960年の退任直前に言い放ったコトバ)だ。 

 ウクライナ人が、どれだけ死んでも、知ったことか。 自分たちが作った兵器が、どのように撃破され破壊されるのかの、実証実験(じっしょうじっけん)が、まざまざと出来て、大変、大喜びだろう。デープ・ステイトというのは、そういう連中だ。

 それを、世界民衆の側から、叩き潰しにゆく、時代が、遂に来たのだ。私、副島隆彦は、この国で、自分の命のある限り、最先頭で戦う、と決めている。だが、それでも、私は、国家戦略家だから簡単には動かない。

 ザポリージャ州やドネツク州(バフムートと、マリインカ と、ヴェルカノヴォルシカ、とアウディーイウカの戦線 )の  斥候拠点(ストロング・ポイント)よりも後方の、町、小さな都市の入り口にびっしりと、敷いてロシア軍 の第一次防衛線にさえ、ウクラナイナ軍は、まだ一か所も到達していない。 
 「そこまで、まだ10キロある」だと(笑い)。だから「ウクライナ軍、頑張れ」で、追い詰められた、かつての阪神タイガーズ・ファンの、絶叫する応援団みたいになっている。

 日本のテレビ局の、 テレ朝も、日テレも、TBSも、それから、統一教会(Moonies ムーニー)そのものと化している フジ・産経も、 そこに出演している、馬鹿ども(防衛研究所の連中を含む)も、今や、重苦しい、雰囲気になっている。

 司会者の女たちも、私は、テレ朝の 上山千穂(うえやまちほ)が、好きだが、もう、勇ましそうに燃えるこの女でも、困り果てて、もう呂律(ろれつ)が、回らなくなりつつある。 

 テレ朝の報道ステーションの、あのドラえもんが、最近、誰を出演させて、何を言っているか、私は、まったく知らない。なぜなら、報ステ、は、ほぼただの、安売りを、ヤフーにしないからだろう。

 このあと、この人たちは、テレビ局、丸ごとまとまって、横一線で、隣りの局のことを気にしながら、どうやって、言い訳、弁解、居直りをしながら、自分たち自身の、偏向(へんこう)報道を、胡麻化(ごまか)しながら、「ロシア側の発表も、公平に扱わないといけない」という、報道局の下積みの社員たちからの、抗議と提言があって、態度を、少しづつズラしながら、「ウクライナの反転攻勢、頑張れ」から、惨(みじ)めに、みっともなく、撤退してゆくのだろう。

 元々、こういう、反ロシア、反中国の、反共右翼(はんきょううよく)体質の連中だ。日本の支配勢力(すなわち、アメリカの手先集団)そのものの意向を受けて、自分たちも、日本のエリート階級の一員として、 デープ・ステイト  the Deep State に、徹底的に忠実なのだ。

 日本国民は、黙っている。 「戦争はイヤだなー」と思いながら、じっとして、何も言わないで、知らん顔をして、自分の目先のことだけで、生きている。戦争に成れば、苦労をさせられるのは、自分たち、民衆、庶民だ、と腹の底から、本能で分かっている。だから、テレビなんかには、踊らされない。民衆(一般国民)は、反共右翼ではない。

 一体、ウクライナ戦争がどのように行われているか、さえ知らない。それよりも、広末涼子(ひろすえりょうこ、42歳)の不倫と、中年女性の自由な生き方のことに集中している。

 私は、これまで、自分の本の一冊、一冊、手を抜かないで自分で書いて、作って来た。それで、この40年間(30歳から)もう230冊ぐらいを書いて出した。私は先月70歳になった。私が、死んだ後、これらの本が残る。 いい加減なつくりの、頭の悪い人間たちが書いた本は、消えて無くなる。

 自分で一行も書いてもいない著者たち(ふざけた人間どもだ。こんな者たちでも、テレビ有名人を気取っていた時代もある)もいた。そういうことをたくさん、やったから、今、テレビ、新聞紙(がみ)に続いて、紙の本の出版業界も、死につつある。私は、自分が所属する、この出版界の裏側の裏側まで、知っている。

 来年(2024年)には、日本の本と雑誌、漫画の取次(とりつぎ)の大手の、以前は最大手だった日販(にっぱん)が、全国の書店へのトラックでの配送を停止する。これを、「出版業界での2024年問題」と言う。ということは、日販は、静かに死んでゆく、ということだ。そうすると、あとに残るのは、東販(とうはん)だけということになる。

 あとは日本市場で、勝手に横暴(おうぼう)を極める、アマゾンだけだ。アマゾンは、「出版社は、本が出来次第、直接、印刷屋から、市川(いちかわ)のアマゾンの倉庫に、運んで来い」(これを、直送=ちょくそう=と言う)という態度である。

 アマゾンの、このアメリカ帝国の力を背景にした、傍若無人(ぼうじゃくぶじん)に、日本側は、為す術(すべ)もなく、この20年が過ぎた。今、一冊の本の売り上げの、30%(3割)は、アマゾンからのネット販売だ。こういう厳しい業界で、私、副島隆彦は生きている。それでも、私は、まだ生きて生活している。全国に、私の本が出たら、文句を言わずに、買う人たちがいるからだ。

 他のほとんどの、日本の本書き、言論人、大学知識人たちの本は、小さく成り果てて、とても、国民文化 と呼べるものではない。テレビに出て、発言している、評論家や教授たちの本は、出しても、3千部ぐらいしか売れない。だから潰(つぶ)れかかっている、ほとんどの、旧来の威張っていた、出版社たちでも、渋い顔をして、もう、彼らの本を出したがらない。

 だが、それでも、次々と出すしかない。そうやって業界が今も、不思議なことに生き延びている。 「誰が、一体、こんな分厚い、400ページもある学術書を、読むんだよー。いい加減にしてくれよー」と、当の 出版社の編集者たち自身が、毒づきながら、自分自身が愚鈍だということも気づかずに、誰も読まない本を、作り続けている。

 これを、惰性(だせい)という。この惰性のことを、物理学では、慣性=かんせい= inertia イナーシア と言って、 the law of inertia ザ・ラー・オブ・イナーシア 「慣性の法則」と言う。

 私が、13歳(中学生)の時から、ずっと憧(あこが)れて、見上げて来た、岩波書店、朝日新聞の日本の左翼インテリ勢力 を、“ 朝日・岩波文化”と 言うのだが、もう、あばら家のようになっている。 岩波書店の、正社員で、30台で、手取りの給料が20万円代だそうだ。このかつての日本の出版社エリートの頂点たちが、餓死寸前のような感じだ。

 東京の神田の近くの、小学館(漫画、アニメで、旺盛に生き伸びている)に、建物(本社ビルも)を次々に売却して、岩波書店は、今も、竹の子(タケノコ)生活をしている。見るも無残である。かつての、インテリ大衆(中学校や高校の教師たちが、その中心だった)は、皆、80歳台になって死んでいった。 私、副島隆彦は、それらを、茫洋、亡羊(ぼうよう)として、眺めてやる。私もまた、この朝日岩波文化の一員として、死んでゆくのだ。

 亡羊(ぼうよう)というまさしく、その言葉の通りの、光景を、私は、10年前に、モンゴル国の、首都のウランバトールから、100キロぐらい先の、草原と言うよりも、乾燥した岩石砂漠のゲル(中国語ではパオ)の村から、遠くに、羊の群れが、自主的に、自然の水飲み場で飲んで、そのあと、いつの間にか、遠く10キロぐらい先に去ってゆく姿を、私はみた。ふと気づいたら、次の群れが、ずっと後方からやって来るのが見えた・・・。 その他ぶつぶつ。

 あとは今日のぼやきを読みに行ってください。他のことは、また、すぐに書きます。 副島隆彦拝

一会員(一弟子) 投稿日:2023/06/01 04:34

【3058】[3558] ロバート・ケネディJr(ジュニア)の 2024年 大統領選 出馬表明の 演説動画を紹介します。【後編】

(後編ここから)

一会員(一弟子)です。今日は、2023年6月1日(木)です。【前編】からの続きです。

前置きが長くなりました。それでは、以下に、ロバート・ケネディJr.の2024年大統領選立候補の表明演説の動画のサイトのアドレスを転載します。
英語が分からない方でも、ロバート・ケネディJrの、さわやかで活力にあふれる演説の姿と、この出馬表明の演説に盛り上がる、アメリカン・リベラルのメッカ、米国内でも最もリベラルと言われるボストンの支持者たちの雰囲気を、ぜひ感じ取ってください。

出馬表明演説の様子

(和訳をつけて転載始め)

【ロバート・ケネディJr. 2024年大統領選 立候補の表明演説の動画】

● ”Robert Kennedy Jr. Announces 2024 Presidential Campaign”
(ロバート・ケネディJrが、2024年の大統領選挙への出馬を表明した)

C-SPAN(シー・スパン、アメリカの政治報道専用の放送局) APRIL 19, 2023(2023年4月19日)

( ↓ クリックしてご覧ください)
https://www.c-span.org/video/?527511-1/robert-kennedy-jr-announces-2024-presidential-campaign

Robert F. Kennedy, Jr., the son of former attorney general and 1968 presidential candidate Robert F. Kennedy, announced his 2024 Democratic presidential campaign at a rally in Boston. Mr. Kennedy said he was running for president because he wanted to challenge the connection between government and corporate power, press for greater economic equality, and heal the nation’s political divides. He also talked extensively about his vaccine skepticism and criticisms of handling of the COVID-19 pandemic.
(引用者訳:元司法長官で、1968年の大統領候補ロバート・F・ケネディの息子であるロバート・F・ケネディJr(ジュニア)は、ボストンでの集会で、2024年の民主党大統領選挙への出馬を表明した。ケネディ氏は、大統領選に出馬する理由として、企業の政府に対する巨大な影響力に異議をとなえ、経済レベルをより格差のない状態にもどす努力と、米国内の政治的な分裂を治療したいと訴えた。また、ワクチンに対する懐疑的な考えや、コロナ(COVID-19)のパンデミックに対する、米政府の対応などについても、幅広く批判を展開した)

(和訳をつけて転載終わり)

動画を見て頂ければ分かるとおり、まるで、大統領の就任演説のように立派で、重厚な、大統領立候補の演説です。
19世紀に始まる、ケネディ家の歴史から語り始める。さらに続けて、1776年のアメリカ独立戦争(American Revolution)の時代の様子までを、悠然と語る。まさに、殺された叔父(おじ)と父親の、ケネディ一族のゴースト(怨霊、スピリット)が、そのまま、このまだ生きているこのロバート・ケネディJr.に乗り移って、激しく訴えている。

演説開始から【14分】くらいから、殺された自分の父親(ロバート・ケネディ)と叔父(ジョン・F・ケネディ)のことを語り始める。そして、「政府もメディアも、国民にウソをつく。いまや政府を信用している米国民は、今では22パーセントしかいなくなった」と語ります。

ロバート・F・ケネディの家族(左端がロバート・ケネディJr.)

伯父ジョン・F・ケネディとロバート・ケネディJr.

父親のボビー(ロバート)・ケネディが、暗殺された1968年当時は、「ベトナム戦争」に反対して大統領選に立候補した。このときに、ロバート・ケネディJr(ジュニア)は、そばで一緒に動いていた。だから、自身が目撃した、当時のエピソードを、細かに語っています。ロバート・ケネディJrは、当時14歳で、父親のそばにずっと付いて回っていた。その時の様子を、時代の目撃者として、じっくりと話している。感動的な演説です。

演説動画の【1時間14分】あたりから、「ウクライナ戦争」について語り始めます。
父親のロバート・ケネディが、「ベトナム戦争」に反対して、当時、同じ民主党の現役の大統領、リンドン・ジョンソンへの対抗馬として立候補していた。だから、自分の境遇を父親に重ねています。
現役のおなじ民主党の大統領であるジョー・バイデンに対抗し、いまアメリカが、ロシアとの「代理戦争」として戦っている「ウクライナ戦争」に、真っ向から反対している。これが、この度の大統領選への出馬する理由であると、はっきり表明しています。

だから、父親のロバート・ケネディ(シニア)が、1968年に大統領に立候補したときに応援していた世代のアメリカ人たちは、「デジャヴ」(既視感)を感じるようです。それくらい、ロバート・ケネディJr(ジュニア)のこのたびの立候補には、感慨深い感情がある。

この演説のなかで、「この戦争(ウクライナ戦争)が、アメリカの国益になるのか」と問いかけている。そして、「そうではない」と、キッシンジャーの名前も挙げて、強烈に批判している。
戦争を長期化させてロシアを疲弊させることが、アメリカがウクライナ戦争に参加している「最大の目標」(chief objective)だと言うのは、人道的な(ヒューマニタリアン)目的としても間違いである。少しでも早く流血を減らして、戦争を終結させることが、いまやるべきことだ。アメリカとロシアという2つの核保有大国の衝突が、ウクライナという第三国で行われている、と訴えます。

演説動画の【1時間20分】あたりから、副島先生が書かれた、米軍人が、リタイア後にホームレスになっていると言う事実も語られます。アメリカ国民の困窮・貧困の実態を、具体的な数字を上げながら訴えています。

動画の【1時間23分】から、バイデン政権は、あわせて4500万人ものアメリカ国民に社会保障を一気に減らすと、決定した。低所得者層の米国民への「フードスタンプ」(政府の食料支援の配給券)や社会保障の支給額を減らすと、一斉に告知した。
そのいっぽうで、破綻したシリコンバレー・バンクを救済するために、300億円ドル(約4兆円)もの米ドル紙幣を増刷している。経営がまずくて破綻した、中小銀行への支援金の支払いに当てている。さらには、ウクライナに「軍資金」も、すでに合計で300憶ドル(約4兆円)も送り続けている。そう言ってバイデンを批判している。

このあと続けて、【1時間24分】あたりから、「だから我々(の政府)には、戦争と銀行支援に使うための金はある」と訴える。この資金は、「中国と日本から、巨大な金利を払いながら借りている借金」である。そう言い切っています。
そして、バイデン政権は、「コロナの支援金とロックダウン政策のために、さらに激しく米ドル紙幣を増刷(プリンティング)している。このために、私たちはインフレーションに直面している。インフレが、貧困層に対する最も過酷な課税(タクゼイション、Taxation )である。飢えているアメリカ人が、今、米国内にはあふれている」と語る。

そして、【1時間27分】ちょうどから、副島先生が先に引用した記事で取り上げられた、「私たちは、世界に800米軍基地を保有している・・・」と言う話が始まります。そのなかで、

“You cannot be imperial state at overseas and democracy state at home“
(海外で帝国をやりながら、自国内で民主国家でいることなどできない)
(1:28:25から)

と言って、聴衆の喝采(かっさい)を浴(あ)びている。

このあとに、「アメリカ建国国の父」の一人であるジョン・アダムズの話、アイゼンハワー大統領の「軍産複合体」(ミリタリー・インダストリアル・コンプレックス)という言葉で政府と軍部と大企業の癒着を批判した話、それから、叔父(おじ)のジョン・F・ケネディの話が続く。

そして、「中流階級を再建することで、民主政治(デモクラシー)が復活できる」と主張する。

さらに続けて、ジョージ・W・ブッシュが2004年から始めた「イラク戦争」への批判、オバマ政権でISIS(イスラム国)を創り上げ、アメリカ政府の戦費をさらにかさ増ししたこと。結局、大量破壊兵器も何も出てこなかった、という批判を展開している。8兆ドルもの財政資金が、これらのまったくのムダな軍事政策のために消えて行った。
いっぽうで、中国は「一帯一路」政策で、アフリカなどの国々のインフラを再建させることに、同じくらいの資金を費やしている。世界の新興諸国への支援で、有効に活用している、と言って、中国の動きを称賛しています。

演説の動画の【1時間35分20秒】あたりから、「ブラジルやサウジアラビアが、米ドルから人民元に国際決済での利用する通貨をシフト(スィッチ)させ始めている」と語り始める。しかし、この話を始めてすぐのタイミングで、なぜか、演説している会場のビルで緊急ベル鳴り始め、熱がこもっていた演説が中断されます。

それでも、ボビー・ケネディJrは、落ち着きながら、話をまとめようとする。しかし、さらに緊急放送は続いて、「避難をする準備をしてください・・」というアナウンスまで流れ始める。おかしい。ボビーJr.は、「私たちを止めようとしたな。ナイストライだ」と、ジョークも交えて冷静に対応します。聴衆も、「ボビー頑張れ!愛してるよ!」と声援を送る。
それで、その場をおさめて、そのあとさらに話を続ける。そして、サウジアラビアとイランが平和協定を結んだこと、中国がそれを仲裁したことも取り上げます。

そしてこの最後に、動画の【1時間39分】あたりから、「すべての米軍基地を閉鎖」する、という主張を語り始めます。
「早く何かをしなければ、アメリカ経済が崩壊する。米兵をすべて引き戻して、米軍基地をすべて閉鎖して、その資金で中流階級のために新しい投資を始める」という言葉で、この演説のもっとも重要な主張を終えている。

そのあと、「大企業と戦争に、私の国が盗まれているのを、見ていられない。これがケネディ家の政治だ!」と言ってまとめています。

最後の、この演説の締めの言葉は、以下でした。

“I’m not safe. To the vested interests, I’m not safe. But my job is to keep you safe.”
(私は、既得権者たちにとっては危険人物である。しかし、私の仕事は、既得権者ではなくあなたたちの安全を守ることだ)
(1:45:42から)

なお、「ウクライナ戦争」の話が始まるこの動画の【1時間14分】より前の1時間くらいは、まさに、ロバート・ケネディJrの本領である、米国民が、アメリカの巨大食品企業と医療産業によって、戦後ずっと、おかしな食品や薬漬けにされている事実。その結果、今ではアメリカ国民の54パーセントが、何らかの「成人病(chronic disease)」(生活習慣病、慢性疾患、肥満や糖尿病、ガンのこと)にかかっているという実態と、その政治的な原因について語っています。その他、アメリカ国内のさまざまな環境問題と、それへの取り組みについても、ジョークを交えながら、生き生きと語り続けます。
コロナ危機がはじまるより何年も前から、ケネディJrが批判を唱え訴訟を闘ってきた「ワクチン被害」のこと。そして、コロナ危機のおかしさと米政府によるコロナ対策への批判も展開しています。

3年前(2021年初め)から、ロバート・ケネディJrは、反コロナワクチン派(anti-Vaxxer、アンチ・ヴァクサー)としての活動をしている。もともと、環境弁護士として、大手製薬会社のワクチンのために、アメリカ国内で子どもを中心に起きている膨大な「ワクチン被害」に対する、反ワクチン活動に取り組んで来ました。

今回の、ロバート・ケネディJrの「反コロナ活動」で、ディープ・ステイト側から、ものすごく嫌われたようだ。自分の妹や弟、それから、アメリカの駐日大使も務めていた、ジョン・F・ケネディの長女キャロライン・ケネディ(1957年~、65歳)や、ロバート・ケネディ(シニア)の長男(兄貴にあたる)や、その息子で甥っ子になる「JFK3世」と呼ばれるジョセフ・ケネディ3世(1980年~、42歳、米下院議員)などの親族たちから、激しく嫌われている。
今のケネディ・ファミリーの大半は、すでにディープ・ステイト勢に取り込まれた「体制派」で、ディープ・ステイト側だ。

最後に、ロバート・ケネディJr出馬の記事は、日本国内のメディアの、日本語の記事には、内容があるものが見つからなかった。
副島先生が、先に取り上げた堀田佳男氏の記事と、高濱讃というワシントン在中のジャーナリストによる、ロバート・ケネディJrに対して批判的な悪意のある記事しか、詳しく解説した日本語記事はありません。

それで、以下の「アジアタイムズ(Asia Times)」という、香港を拠点とする調査報道ジャーナリストたちが、親中国、親ロシア、親新興諸国の立場から、それでも西側に寄り添うようにできるだけ公平に書いているニューズサイトがある。このなかの、よくまとまった英文記事を自動翻訳して、私が手直しした記事を、以下に転載します。

欧米の大手メディアによる英語記事のなかでは、ほとんど見られない、ロバート・ケネディJrの出馬表明とその演説内容を、「世界の平和に貢献するだろう」と、高く評価しています。貴重な海外メディアの記事です。じっくり読んでみてください。

(和訳して転載始め)

●「RFK Jr.(ロバート・ケネディJr.)は、強力な反戦、反帝国主義の立場を表明した  ケネディの米大統領選への出馬は、平和にとっては無視することができない」
By ジョン・ウォルシュ

アジアタイムズ 2023年4月25日号
https://asiatimes.com/2023/04/rfk-jr-takes-strong-anti-war-anti-empire-stance/

ロバート・フランシス・ケネディ・ジュニアは、4月19日に民主党から米大統領選に出馬することを表明した。演説の冒頭のすぐあと、こんな言葉を口にした:

「55年前の先月、私は14歳の少年として、父(ロバート・ケネディ)がワシントンD.C.の上院議員会館で、アメリカ大統領選への出馬を表明した、その後ろに座っていた。当時の父は、いろいろな意味で、今の私と同じような立場にありました」

「(わたくし)ロバート・ケネディは、自党の大統領を相手に立候補したのです。戦争に反対していました。この国がかつてないほど分極化されているときに、彼は立候補しました」

このようにしてロバート・ケネディの息子は、自分が「戦争に反対して出馬した」ということを、真っ先に教えてくれている。ジョー・バイデンによる、ウクライナ人を大砲の餌食(えじき)にした、ロシアに対するアメリカの残酷な代理戦争に反対して、出馬したのである。

彼は、父親が、勝つ見込みがほとんどない、負ける可能性が高いと思われていたことを、私たちに思い出させる。しかし、RFK(ロバート・ケネディ)シニアは、暗殺された1968年6月6日には、カリフォルニア州の都市部と、サウスダコタ州の農村部の予備選挙で勝利していたのだ。

つまり、ロバート・ケネディの息子も、自分の立候補を軽んじてはいけないと、訴えているのだ。

RFK Jr.(ロバート・ケネディJr.)は、出馬の発表前から、バイデン支持者の間で14%の支持を受けていた。また、民主党の44%近くが、バイデン以外の候補者を望んでおり、2024年にバイデンが出馬することを望むのは25%に過ぎない。

全2時間の演説は、多くの意味で印象的であった。演説のビデオはここで見られる。トランスクリプト(演説の文字起こし)はここで読める。

ケネディは、用意されたテキストを読んではいなかった。しかしながら、演説の内容は、注意深く要点がまとめられていた。その演説は、新鮮で、肩ひじを張らない雰囲気であった。そして、じっくりと耳を傾けるに値するものであった。

この演説のポイントの多くは、RFK Jr. の選挙サイト「Kennedy 2024.com」の「Peace(ピース、平和)」のセクションに、次のようにまとめられている:

「(アメリカの)国防関連の支出は、年間1兆ドル近くある。我々は世界中に800もの軍事基地を維持している。ベルリンの壁が崩壊した後にもたらされるはずだった平和の配当は、償還されることはなかった。今、私たちにはもう一度チャンスがある」

「大統領として、私、ロバート・F・ケネディ・ジュニアは、帝国を解散させるプロセスを開始します。私たちは、軍隊を帰還させます。次から次へと起こる戦争のために、返済不可能な負債を積み重ねることを終わらせます」

「軍隊は、国を守るという本来の役割に戻ります。代理戦争、空爆作戦、秘密工作、クーデター、非合法の軍事組織など、あまりにも普通になってしまった、ほとんどの人が気づいていないような、あらゆることを終わらせます。これらは、いまでも続けられています。私たちの力を絶えず消耗させています。今こそ故郷に帰り、この国を取り戻す時です」

「戦争好きな帝国が、自らの意志で武装解除するとき、それは世界中の平和のひな形(見本)となる。私たちが自発的に帝国を手放し、代わりに強く健康な国として平和に奉仕するのは、今からでも遅くはない」

そして、ウクライナについて:

「ウクライナでは、最も重要な優先事項は、ロシアの残忍な侵略の犠牲者であるウクライナ人の苦しみを終わらせることだ。ウクライナ人は、少なくとも2014年までさかのぼる、アメリカによる地政学的な策謀(machinations、マキネイションズ)の犠牲者でもあるのだ」

「私たちは、私たちの使命を明確にしなければならない。勇敢なウクライナ人が、自分たちの主権を守るのを助けることなのか。それとも、ウクライナを、ロシアを弱体化させるための駒(ポーン)として利用することなのか。
ロバート・F・ケネディは、前者を選ぶだろう。彼は、ウクライナに平和をもたらし、我々の資源を本来あるべき場所に戻すための、外交的な解決策を見出すだろう」

「私たちは、ロシアの国境から、我々の軍隊と核搭載ミサイルを撤退させることを提案する。そうすれば、ロシアはウクライナから軍隊を撤退させ、ウクライナの自由と独立を保証するだろう。国連平和維持軍は、ロシア語を話す東部地域の平和を保証するのである」

「私たちは、この戦争に終止符を打つ。私たちは、ウクライナの人々の苦しみに終止符を打つ。それは、すべての国を非武装化するという、より広大な計画の始まりとなる」

「私たちは世界を、敵・味方という観点から見ることを止めなければならない。ジョン・クインシー・アダムズが書いたように、『アメリカ人は(わざわざ)外国まで行って、退治するべき怪物を探したりはしない』」

これらは、強い言葉であり現実の問題である。「帝国」「代理戦争」「クーデター」「2014年に遡る地政学的な(アメリカの)策謀」といった課題は、主流メディアでは婉曲(えんきょく)に表現されるか、あるいは、全く触れられない。醜(みにく)い帝国の事実ばかりである。

だから、このロバート・ケネディJr. の立候補は、主流メディアがやったように、意図的に無視したり、mRNAワクチンが良いか悪いかという議論や、立候補をめぐるケネディ家の内輪もめの話だけに矮小化(わいしょうか)させることはできない。

例えば、帝国主義体制の代表格であるニューヨーク・タイムズ紙は、その短い裏面記事の中にさえも、いまのアメリカ人に頭をもたげている(ロシアという)核保有国との戦争について、全く触れようとはしない。

RFK Jr.(ロバート・ケネディJr.)の言葉を、すべて額面通りに受け止めるべきだとは言わない。しかし、民主党の政治支配層(エスタブリッシュメント)やその支持者が皆そろって、ウクライナ戦争に熱中している現状を考えると、彼の立候補を、機会を狙った「日和見(ひよりみ)」と見ることは難しい。

ロバート・ケネディJr.は、中国の「一帯一路構想」を賞賛することまでしている。いっぽうの、アメリカによる終わりのない戦争への支出と、対比させているのだ。これは、控えめに言っても、アメリカの政治権力者・支配階級(エスタブリッシュメント)にとっては「タブー」である。

RFK Jr.(ロバート・ケネディJr.)の立候補は、他の候補者たちと同様に懐疑的に扱われるべきではある。しかし、冷遇や冷笑されるべきものではない。彼の演説は、敬意をもって聴かれるべきものである。

【原文】

●”RFK Jr takes strong anti-war, anti-empire stance Kennedy’s candidacy for US president is not to be ignored when it comes to peace”
By JOHN WALSH

ASIA TIMES APRIL 25, 2023
https://asiatimes.com/2023/04/rfk-jr-takes-strong-anti-war-anti-empire-stance/

(和訳して転載終わり)

一会員(一弟子)拝

一会員(一弟子) 投稿日:2023/06/01 04:15

【3057】[3557]ロバート・ケネディJr(ジュニア)の 2024年 大統領選 出馬表明の 演説動画を紹介します。【前編】

一会員(一弟子)です。今日は、2023年6月1日(木)です。

副島先生が、ひとつ前の書き込みで取り上げたとおり、ロバート・ケネディJr.(ジュニア)が、大統領へ立候補する表明演説をボストンで行いました。今年2023年4月19日でした。

演説会場でのロバート・F・ケネディ・ジュニア

私は、このときの演説の様子を、そのまま放映する動画サイトを見つけました。以下は、このおよそ1時間50分の演説の動画を見て、私がその中で、重要だと思うポイントをまとめました。走り書きのメモです。
とくに、副島先生が衝撃を受けた、「世界に800ある米軍基地をすべて閉鎖する」という公約の演説を、ロバート・ケネディJr本人が、直(じか)に語りかける姿を見たいと思った。だから、その部分の演説を中心に書き出しました。

ロバート・ケネディJrは、日本のメディアでは露出を抑(おさ)えられてきた。今でも日本では、ほとんど報道されない。
しかし、ロバート・ケネディJr(ジュニア)こそが、アメリカの真の「反体制派のリベラル」の中心人物だ。反体制派(はんたいせいは)というのは、「アンチ(アンタイ)・エスタブリッシュメント(anti-establishment)」と言って、日本語にもなっています。

ロバート・ケネディJrは、「環境問題」と「消費者保護」が専門の弁護士として、ずっと仕事をしてきた。政治家ではありません。アメリカでは、「グリーン(Green)」と呼ばれます。「緑の党=グリーン・パーティ」というアメリカの第三政党と活動してきたからだ。しかし、このときの「グリーン・パーティ(緑の党)」は、いまの欧米のネオナチ系の緑の党とは別物だ。この元祖の「緑の党」から乗っ取られ、分離している。

ロバート・ケネディJrは、古くからの環境(公害)弁護士の重鎮(じゅうちん)である「ラフル・ネーダー派」の、消費者保護運動の活動家たちと、一緒に動いてきました。

ラルフ・ネイダー(1934年~、89歳)とロバート・ケネディJr(1954年~、69歳)たちは、大企業との裁判をずっと闘ってきた。
ラルフ・ネイダーこそは、アメリカの消費者保護運動、環境活動家たちの「精神的指導者」であり、「アメリカ消費者運動のヒーロー」であると、副島先生の『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社α文庫、1999年間刊、原書は1995年に筑摩書房から刊行)の392ページでも、すでに取り上げられている。

ラルフ・ネーダー

例えば、ロバート・ケネディJrが若い頃つとめていた、カリフォルニアの環境問題専門の弁護士事務所は、モンサント社などの巨大農業企業に対する農薬被害の訴訟で、賠償金3億ドル(約400億円)を企業側に払わせている。あの悪名高い「ラウンドアップ」という除草剤だ。

アメリカのリベラル活動家や弁護士たちには、これだけの活力と、高い能力がある。大企業を相手取って闘うという、こうした左派(リベラル、レフテスト)の環境活動家たちは、アメリカで1960年代に誕生している。
消費者保護、環境保護、一般国民のために、巨大企業を告訴する活動や、大企業と癒着して、利権をむさぼり、国民の消費者被害をかえりみない政府や政治家たちを、次々に告発してきた。

このアメリカ発祥の環境・消費者保護活動の「創業者」が、ラルフ・ネイダーだ。そして、その20歳年下の弟子が、ロバート・ケネディJr.である。

日本国内にも、環境評論家や環境・消費者保護派のジャーナリスト、環境・消費者活動家は、たくさんいる。彼らの活動の「原型」「プロトタイプ」が、このアメリカの「元祖」反政府・反大企業の環境活動家、消費者運動、環境保護活動家の、ラルフ・ネイダーであり、ロバート・ケネディJrということだ。だから、この二人の名前や業績に触れずに、日本で環境活動家や消費者保護、反ワクチン派、反政府ジャーナリストを名乗ることは、本当はできない。アメリカ「本家」が築き上げた、この闘いの歴史を学ばずには済まない。彼らがこの戦後60年間に成し遂げてきた軌跡と、その実績を知る必要がある。

このロバート・ケネディJr.が、今になって、2024年の米大統領選挙というこの決定的タイミングで、表(おもて)に大きく出てきたことが、世界の歴史が動いていることの証明だ。

民主党(デモクラッツ)最大の「反体制派」が、このロバート・ケネディJr.(1954年~、69歳)である。いっぽう、共和党(リパブリカン)の中での最大の「反体制派」が、ドナルド・トランプ元大統領(1946年~、76歳)だ。だから、この二人は同格だ。そして、どちらも、政治家の出身ではない。

2017年にトランプタワーでトランプと会談した直後のケネディJr.

アメリカ二大政党のそれぞれのなかで、まさにいま現在、「反体制派(アンチ・エスタブリッシュメント)」「民衆派(ポピュリスト)」の大御所として、構えている。共和党内と民主党内の、それぞれの「草の根」の、一般国民の支持者たちから、強力な支持を集めています。

ロバート・ケネディJr.は、JFK(ジョン・F・ケネディ、1917~1963)の実弟であり、ケネディ政権で司法長官をつとめたロバート・ケネディ(1925~1968)の次男(6人兄弟)だ。良く知られるとおり、ケネディ兄弟は、いずれもアメリカの支配層によって殺されている。まさに今、「ディープ・ステイト」として世界中に知られるようになった欧米世界の支配権力者たちである。不可解で、謎の多い暗殺事件ということで、いまだに真相が明かされていない。

JFK当選直後の家族写真。JFKの右隣がロバート、椅子に座っているのがテッド

ロバート・ケネディJr.は、現在も精力的に、活動を続けている。国民の生活や健康に被害を与える「大企業犯罪」、アメリカ政府による「戦争経済」「軍産複合体」(ミリタリー・インダストリアル・コンプレックス)と「金融資本」による、米政治・経済への組織的な支配に、真正面から、対決し続けています。

アメリカの左派(左翼)=リベラル勢力のなかでも、最も良心的で「戦争反対」をどこまでも突き抜けて貫く、精神的な過激派である。政治思想の全体構図の中では、環境保護派「動物の権利」までも主張する「アニマルライツ派」という最左翼に位置づけられる。(『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』、226ページの図から)

だから、大企業をスポンサーとする大手メディアや、体制派の政治家や知識人たちからは、「陰謀論者」とか「過激主義者(extremist、過激派)」とレッテルを貼られてきた。

しかし、ロバート・ケネディJrは、どこまでも、徹底した庶民派だ。自分は、いい家柄のサラブレッドなのに。だから偉い。尊敬を集める。父親のロバートケネディも叔父(おじ)のJ.F.ケネディも、そうだった。
「アメリカの一般国民、中流階級(ミドル・クラス)の繁栄によってこそ、健全な民主政治(デモクラシー)が実現できる」という政治信条が、ケネディの環境・消費者保護活動の骨格にある。

つまり、リベラル派の、左翼活動家・知識人のなかにいる、強力な「庶民派=ポピュリスト」である。これが、「伝統的リベラル派」(トラディショナル・リベラル、クラシカル・リベラルとも呼ばれる)だ。ロバート・ケネディJrが、いまアメリカのリベラルのなかで、ただ一人、これを代表して引っ張っている。

「トラディショナル(伝統的、元来の、復古的)・リベラル」というのは、さんざん批判を受けてきた「ネオ・リベラル」に対して、意識的に使われる言葉だ。彼ら、伝統的な本流のリベラル政治家たちは、「外国への介入主義・干渉政策」(インターヴェンショニズム)とアメリカの「世界支配主義」(グローバリズム)という、「帝国主義」の覇権政策に強く反対する。

トランプ大統領に代表される、保守派(右派)の「アイソレイショニズム」(国内問題優先主義)とまったく同じことを主張している。だから、お互い、通じるところがある。

これは、彼らの思想のおおもと、源流が、同じところにあるからだ。これが、「アメリカ建国の思想」です。イギリスの貴族党「トーリー党」に対抗した経営者や商人たちの「ホイッグ党」が掲げた、リベラルの思想である。
「リベラル(Liberal )」というのは、個人の権利と自由な経済活動、王権や政府からの権力介入に徹底して対抗する、巨大な政府権力による専制、貴族や官僚機構の強権的な政策、全体主義や国家統制を否定する、「クラシカル・リベラル」の伝統を継ぐ政治思想だ。

これに対峙するのが、「グローバリズム」(覇権主義、地球支配主義)だ。アメリカが世界中に出ていって、アメリカの価値(ソフトパワー)と世界の警察(ハードパワー)で世界を管理しようと訴える。民主党のヒラリー・クリントン(1947~、75歳)たち狂信的な好戦的「グローバリスト」(世界支配主義者)である「ネオ・リベラル」の左翼たちと、共和党の「ネオ・コン」(ネオ・コンサヴァティヴ、新保守)の勢力である。ここと、大きく対立する。

だから、ロバート・ケネディJrは、民主党にとっても、第3政党にも、非常に重要な活動家であり、リベラル派のなかでも貴重な存在なのだ。そして、このように、右派(保守)と左派(リベラル)が同じ主張を唱える部分で、「リバータリアン(Libertarian)」という、第3の政治勢力が生まれた、ということが分かる。

副島先生が30年も前から、アメリカの政治思想研究で書かれてきたとおりだ。『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社α文庫、1999年間刊)などで暴き出したとおり。アメリカの民主党・リベラル勢力は、「グローバリスト」の政治家や巨大企業に乗っ取られている。

民主党の左翼・リベラル派の中にありながら、アメリカの企業支配と軍事力によるグローバルパワーで、世界を救済して助けるフリをして、その上で管理しておくべきだ、と考える。これが、「グローバリスト」(地球支配主義者)の勢力だ。ロバート・ケネディJrは、彼らを、アメリカ政府のなかの「帝国主義者」(インペリアリスト)であると、批判しています。
これが、共和党のなかの「ネオ・コン」(ネオ・コンサヴァティヴ、新保守)勢力とも結びついている。好戦派のヒラリー・クリントンを頂点とする狂った民主党内の「ディープ・ステイト」勢力のことだ。

これに対して、本来の、「伝統的なリベラル」(Traditional Liberal)、あるいは「南部民主党」(サザン・デモクラッツ)などの、「庶民派、民衆主義=ポピュリズム」の、元来のリベラル派たちが、ボビー・ケネディJrを、草の根で支えている。
アメリカの世界支配・帝国主義の政治・経済政策や、外国での干渉戦争で、アメリカの一般国民が犠牲(ぎせい)になることに、徹底して反対する。これが、左派の「リバータリアン(Libertarian)」にもつながっている。

それでも、ロバート・ケネディJrも、いっときは、ヒラリー・クリントンやオバマの政治活動で、一緒に動いていた。ここに至る経緯は、2000年に、あの『不都合な真実』というドキュメンタリーや著作を2006年に出して、世界的にヒットしたアル・ゴア(1948年~、75歳)の、2000年の大統領選出馬をサポートしたことが発端だ。

アル・ゴアとヒラリー・クリントン

このときに、長年共闘してきた師匠(ししょう)の、環境・消費者保護の社会活動家ラルフ・ネイダーは、民主党ではなくて、第三政党の「緑の党(グリーン・パーティ)」から、アル・ゴアに対抗して出馬している。このときに、アル・ゴアを支援する側に立ったロバート・ケネディJrは、ラルフ・ネイダーから引き離されている。
しかし、アル・ゴアやヒラリー、オバマたちの実態(本性)を知って、袂(たもと)を分かっている。彼らこそが、まさに巨大企業や軍産複合体と癒着して動いていた。そのための好戦的なタカ派の政策を強行している「張本人」たちだ。だから、近年は、ロバート・ケネディJrは、またラルフ・ネイダーとは仲直りして、良好な関係を維持しています。

ラルフ・ネイダーは、1960年代から、アメリカの大企業たちを相手取って、たくさんの訴訟を仕掛け続けてきた。アメリカの消費者保護運動を、たった一人ではじめた活動家である。
その端緒が、GM(ゼネラル・モータース)でした。1960年から販売したシボレー・コルヴェア(Chevrolet Corvair)という自動車の設計で、安全性に大きな欠陥があることを、百件以上の実際の事故の事例を調査して、GM社に対して、製造・販売の中止と被害者(購入者、消費者)への賠償を求めた。

その時、ラルフ・ネイダーが書いた自著、『Unsafe at Any Speed(どんなスピードでも自動車は危険だ)』(邦訳無し、1965年刊行)が、全米でベストセラーになった。ラルフ・ネイダーは、同書でそのGM車の危険性を具体的で詳細に訴え、全米の注目を集めた。これがその後の、GMによる同車の製造を中止にまで追いやった。アメリカ政府による自動車メーカーへの安全性基準の制定へと動かしている。

こうした、政党や政治家の派閥を飛び越えた、市民、消費者を保護する活動家として、ラルフ・ネイダーは、全米に知られるようになる。消費者・環境者保護活動家として、アメリカの戦後時代を、一世風靡(いっせいふうび)した。だから、ラルフ・ネイダーは、これまでにも、民主党や第3党(ザ・サードパーティ)の新党から、大統領選挙に出馬するよう歎願(たんがん)され、実際に4回、立候補している。

2000年の共和党のジョージ・W・ブッシュと民主党のアル・ゴアとの大統領選挙対決のときには、環境問題を訴える民主党候補のアル・ゴアを助けるべきだ、と言われていた。しかし、構わずに、第3政党から出馬している。民主党の支持層のなかのアル・ゴアへ行くべき票を、第三党のラルフ・ネイダーが奪い取ってしまった。それで、民主党内から、同志であるはずのアル・ゴアの当選をさまたげた、と批判を受けた。

しかし実際は、ラルフ・ネイダーは、アル・ゴアの環境保護活動が、大企業やNYの金融資本のヒモ付きであるあることを知っていて、嫌っていた。

ラルフ・ネイダーは、このように、アメリカのリベラルの庶民派活動家の、大御所(おおごしょ)の存在です。いまでも、89歳で現役で活動している。ネイダーの後を継ぐロバート・ケネディJrは、ケネディ家のブランドもあり、米国内では、いまでも根強い人気があります。大物政治家や巨大企業などの既存の権力者に立ち向かい、一般国民を守るポピュリスト(民衆主義者)の活動家として、多くの指示を集めています。

だから、政敵であるはずの共和党のドナルド・トランプが、大統領に当選した2016に、ロバート・ケネディJrは、何と、トランプ政権の「ワクチン安全性特別委員会」(Vaccine Safety Task Force)の議長候補として、トランプから声をかけられている。
実際、2017年の1月10日には、ロバート・ケネディJrはトランプ大統領と会って話しています。そして、一旦は、この役職への就任を引き受けている。ここから、トランプ大統領とのつながりが始まっています。

しかし、反トランプを掲げるハリウッド俳優のロバート・デニーロが、慌てて、翌月の2月に、ロバート・ケネディJrに会いに行った。そして、反ワクチンのキャンペーンを一緒にやろうと誘い込んでいる。ロバート・ケネディJrをトランプから引き離そうと動いた。このため、ロバート・ケネディJrのトランプ政権入りは、実現されていません。

ビル・ゲイツとアンソニー・ファウチ

極めつけは、ロバート・ケネディJrが2021年に出版した、『アンソニー・ファウチの真実:ビル・ゲイツ、大手製薬会社、そして民主政治と公衆衛生を巡る世界戦争』(原題:“The Real Anthony Fauci: Bill Gates, Big Pharma, and the Global War on Democracy and Public Health.”、邦訳無し)という衝撃の著作だ。

(アマゾンのページ)

https://www.amazon.co.jp/Real-Anthony-Fauci-Democracy-Children’s/dp/1510766804

この本は、アメリカ本土では、決して「陰謀論」あつかいはされず、ベストセラーになっている。その緻密で科学的な分析と実態を暴き出したことで、あらゆる方面から、高い評価を受けています。
元FBIの捜査官や、映画『JFK』(1991年)のオリバー・ストーン監督など、多数の有力な人物から、レビュー(review、書評、日本で言えば本の帯の推薦文)を集めている。ニューヨーク・タイムズ紙やウォール・ストリートジャーナル紙、アマゾンでも、ベストセラー書籍となっている。

コロナワクチンの安全性への激しい攻撃と、その裏側にいたアンソニー・ファウチと、ビル・ゲイツを中心とするCDC(米疾病予防管理センター)やダボス会議(世界経済フォーラム)の組織的なワクチン薬害問題を暴いたこのロバート・ケネディJrの本が、はたして、日本で邦訳されて出版されるか。

(前編ここまで)

副島隆彦 投稿日:2023/05/25 12:00

【3056】[3556]5月20日、ウクライナ東部の バフムートの陥落を中心に、集めた記事を載せる。

副島隆彦です。今日は、2023年5月25日(木)です。

 以下に、ウクライナ戦争の 最新の、この5月20日からの、記事を集めてものを大量に載せる。


 5月5日に、激怒するワグネルの創設者プリゴージン 「砲弾をもっと送れ」と。その背後に、戦死した自軍ワグネルの、兵士たちの死体袋(ボディ・バッグ)が山積みしてあった。

 副島隆彦です。私が、このバフムートでの戦闘の報道で、唯一、笑ったのは、プリゴージンが、「ゼレンスキーよ。(5月21日に)広島に行って、バイデンから(よくやった。かわいいやつだと、おまえの、そのチビの体躯の)おでこ にキスをしてもらえ」と、語ったときだ。

 それを、日本のニューズ報道では、故意に、ねじ曲げて、「ゼレンスキーよ、(広島で)バイデンのおでこ にキスをしろ」と、逆に翻訳していた。チビのゼレンスキー(160センチぐらいだ)が、長身(190センチぐらいある)のバイデンの額(ひたい)にキスするには椅子の上に乗ってからでないと出来ない。

 こういう姑息(こそく)なことを、日本のテレビ局は、あれこれやる。日本語に翻訳して報じるから、世界中にバレないと思って。バカなんだ、こいつら。いつもいつも、アメリカの手先、子分で、本当に卑屈(ひくつ)なやつらだ。

 あとは、ゼレンスキーを、5月21日に、広島空港(北の山の中になって、広島市内まで1時間ぐらい書か有る)で、出迎えたのは、木原誠二(きはらせいじ)官房副長官だけ、たったひとり、だった。木原は、財務省上がりで、今の政府で、おカネを払う責任者だ。
 木原は、ゼレンスキーを、激しく睨みつけながら、「このヤロー。よくも、日本から、ウクラナイ支援金として5兆円もふんだくったな」と、ブルブルと、怒りに満ちた表情をして、ゼレンスキーの手を握り潰しそうなキツイ握手をしていた。

 すでに、5月19日に、隣りの山口県の岩国(いわくに)の米軍基地に、降り立った、バイデンと、岸田は、すぐに日米首脳会談をした。 親分のバイデンが実際に来ないと、属国からのカネの奪い取り、巻き上げ、徴収はできない。現実の世界政治でやっていることは、こういう朝貢(ちょうこう)だ。暴力団の世界と変わらない。 

 アメリカにカネを払う担当の、秋葉剛男(あきばたけお)国家安全保障局長(こっかあんぜんほしょうきょくちょう。前の外務省事務次官、3年やった )と、木原誠二のふたりは、この日米会談の時に、本当にイヤそうな顔をして、ぐったりしていた。

この時、バイデンに、10兆円、日本は払ったのだ。 そのうちの5兆円(400億ドル)は、アメリカの財政赤字が火の車( 今、債務上限=さいむじょうげん= debt ceiling デット・シーリング で騒がれている。31.4兆ドルを越した ) だから、それを穴埋めする資金の一部としての5兆円だ。

 残りの5兆円(400億ドル)は、ゼレンスキーに、直接払うのではないが、ウクライナ軍に、米軍と、英軍が、ただで与え続けている、兵器、弾薬の代金だ。それを、アメリカの軍需産業(マグダネル・ダグラス、レイセオン、ロッキード・マーティン・マリエッタ、ボーイングたち。多連装ミサイルとか榴弾砲のロケット砲などだ。それと戦闘機。 戦車ならクライスラー社だ )に、払う。英国からは、例の”聖(セイント)・ジャベリン”やNLAR(エヌラー)と呼ばれる、携行、肩掛け式の小型の対(たい)戦車ミサイルだ。

 それで、英米の最新兵器が、ウクライナに、どんどん運び込まれる。アメリカの軍需産業に、払っているカネの、半分以上は日本からの資金だ。

 だから、この5月19日の日米会談の場で、「日本が、新たに10兆円を払う」ことが決まった。だから、次の日の、ドル円の 為替相場が、びゅーんと急に、3円、動いた。それまでの、1ドル=135円が、急に138円に、円安・ドル高になった。今日(25日は、さらに139円だ)。

 これぐらいの巨額の政府のカネが動ないと、一気に4円の円安(えんやす)は、起きない。このことを、はっきりと知っている、日本の知識層の人間たちは、あまりいない。為替の現場の 専門家たちで、この真実を口にしたら、殺される。日本は、世界政治の中で、こんな目に遭(あ)っている。

 日本のメディア(テレビ、新聞、週刊誌、ネット情報誌)は、一切、まったくこの真実の報道をしない。 それで、日本人の中の、勘の鋭い国民が、「バイデンも、ゼレンスキーも、どうせ、カネ取りに来たんだろ」と、ぶつぶつ言っている。これが、真実の日米関係だ。

 だから、へいこらと、アメリカの手先を、何十年もやっている者たちでも、このアメリカからの、日本資金の、毎回、毎回の、ふんだくりに、そろそろ、業(ごう)を煮(にや)やして、 「アメリカ、このヤロー」と、言い出している。

 だが、それでも、日本国内は、統一教会(ムーニー Moonies 。殺された安倍勢力 )を中心に結集している、愚劣な、狂った頭をしている連中が、反(はん)共産主義の、反ロシア、反(はん)中国の、デープステイトの、燃えるような、信念で、出来上がっているものだから、すべてはそれに押し流される。 私、副島隆彦が、この大きな見方(概観。アウトルック)で、一番、大きな所から、私たちの日本国を見ている筈(はず)である。

 ひとり、岸田文雄だけが、首相だから、体を張って意気揚々と、元気よくふるまって、自分の、この「 2023 広島G7 」の晴れの舞台を、ボロボロになりながら、必死で演じていた。 哀(あわ)れなものだ。

 ウクライナ戦争の話に戻る。 東部ドネツク州の 最激戦地であった、ウクライナ軍の要衝(ようしょう)だったバフムートは、この5月20日に陥落した。

(ここに、ワグネルの幹部たちと並んでいる、バフムート制圧の日の写真を貼る)

 本当に、ロシアの民間軍事会社(PMC)の ワグネルが、市内を完全に制圧したようだ。
ロシア側の大勝利である。 このバフムートの戦いで、ワグネルは、自軍の 5万人の兵力のうち、2万人が戦死し(このうち囚人兵が1万人)、1万人が負傷した。

 そのように、プリゴージン本人が、5月24日に「テレグラフ」で語った。後ろの方の記事に有る。そしてウクラナイ軍の側の死傷者のおおよその数字も語っている。5万人が死に、7万人が負傷した、と。
 この戦争で、一番、正直なのはプリゴージンだ。ウクライナ政府や軍のトップたちは、どうも自分の主観、希望、願望が入って、ウソつきが多い。アメリカ政府の軍事部門(ホワイトハウスのNSC)や、英国の参謀本部の発表も、誇張された、ウソが多い。故意に、ロシア軍を中傷している。

 このバフムート戦では、市内はワグネル軍が死者を多くだしながら、突撃して前進した。ロシア軍の空挺部隊(VDV 。パラトルーパーズ) が、市の南北の両側面を支援しながら、バフムート戦線で、もう10か月(去年の7月から)、ずっと戦ってきた。

 今度のバフムート戦で、プリゴージンは、ロシアの英雄になった。それは、ナポレオンのモスクワ侵攻(1812年)の時、それと戦う、劣勢のロシア軍の中から、百姓上がりのクトゥーゾフ将軍が、英雄となった。 雪の中を敗走するナポレオン軍を、タイガの森の中から、クトゥーゾフの軍隊が、じっと見守っていた。祖国の危機の時に、真の英雄が、民衆の中から生まれて来る。さすがにロシアは、鷹揚(おうよう)に構える大国だ。

プリゴージンは、5月5日に、「もっと、砲弾を送れ」と、ロシア軍の幹部たちに、向かって、鬼のような形相で怒鳴っていた。彼の背後には、死んだ自分の部下のワグネルの兵士たちの戦死した死体を詰めたボディ・バッグが山積みになっていた。こういうことが出来て、初めて真の国民の英雄が生まれる。ロシア国民は、みんなで泣きながら、この映像を見ていただろう。

 すぐに、ロシア側は内部で分裂している、と、西側報道は、作り話をする。何の根拠もなく、こういうウソの報道をする。生きている組織、団体は、必ず、内部で路線を巡って、対立が起きる。それはどんな勢力の中でも起きることだ。ロシア側だけの話ではない。愚劣な
西側の国民戦争メディアは、自分たち自身の、その狂ったような、反ロシアの、偏向(へんこう)報道を、内部で冷静に見直すべきだ。それが出来なければ、国民に見放されて自滅する。
  
 この欧米(デープ・ステイト)に唆(そそのか)されて出来ている、今のウクライナ政府と、それを支援する者たちは、世界中で、まだ、苦し紛(まぎ)れの、負け惜しみで、「もうすぐウクライナ軍の大(だい)反撃が、始まる」とずっと言い続けている。 反撃に出て突撃する方が、陣地を固めて防御する側よりも、最低で3倍の兵力を損耗(そんもう)する。

 このあと、彼らは、どういう風に、自分たちのこれまでの発言を、捻じ曲げて、自分たちに都合のいい方向に、作り変えてゆくのだろうか。 人間というのは、本当に、浅(あさ)ましい生き物だ。  

 この戦争は、まだまだ、続く。だが、そのうち、この冬か来年の始めに、中国が、仲裁(mediation ミーディエイション)する形で、停戦(ていせん。 cease – fire シース・ファイア) すなわち、最前線(フロント・ライン)での「撃ち方ヤメ」 となるだろう。

 それがその後、何回か破られる。が、それでも、やがて休戦(きゅうせん。truce トルース )となる。 この休戦は、そのまま、和平交渉(わへいこうしょう。 peace talks ピース・トークス)の始まりとなる。 その和平交渉の会談の場所は、おそらく 中央アジアの カザフスタン国 (カリモフ大統領)の首都のアスタナ となるだろう。 
副島隆彦注記終わり。

(ここに、画像を貼る)

ウクライナ東部ドネツク州バフムートでロシア国旗を掲げる民間軍事会社ワグネル戦闘員と創設者プリゴジン氏(中央)=5月20日に通信アプリ「テレグラム」に投稿された動画より(AFP時事)

〇 「 ワグネル、バフムートを完全制圧と主張 プーチン氏も「称賛」 」
2023年5/21(日) 10:34   AFP

(ここに画像を貼る)

 ウクライナ・バフムートの損壊された建物の屋上でロシア国旗と民間軍事会社ワグネルの旗を振るワグネルの戦闘員。ワグネルの関連会社コンコルドがテレグラムに投稿した。

【AFP=時事】 ロシアの民間軍事会社ワグネル(Wagner)の創設者エフゲニー・プリゴジン(Yevgeny Prigozhin)氏は20日、ワグネル部隊がウクライナ東部のバフムート(Bakhmut)を制圧と主張した。
 ワグネル、バフムート制圧と主張 ロシア国旗を手にする創設者プリゴジン氏  ロシア国防省も、「(ロシア軍の)南部軍管区部隊の砲撃・航空支援を受け、ワグネルが進軍した結果、アルチョモフスク(バフムートの旧ソ連時代の呼び名、Artemovsk)の解放は完了した」と発表した。  

  ロシア大統領府(クレムリン、Kremlin)は、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領がワグネル、正規軍双方を「称賛した」とする声明を公表した。国営タス通信(TASS)が報じた。

〇 「プリゴジン氏がバフムト「完全制圧」を主張 ワグネル撤収か 」
2023年5/21(日) 2:56

 ”プリゴジン氏がバフムト「完全制圧」を主張 ワグネル撤収か”
ロシアの民間軍事会社「ワグネル」を率いるプリゴジン氏がバフムトの完全制圧を主張し、部隊を撤収させると述べた。ウクライナ側は否定している。
  プリゴジン氏は5月20日、廃虚の街の中でロシア国旗を掲げたビデオをSNSに投稿し、ウクライナ東部の激戦地バフムトを完全に制圧したと主張した。 そのうえで、休息と再訓練のために5月25日からワグネルの部隊を撤収させる。  

 一方、ウクライナ軍東部方面部隊のチェレバティ報道官はロイター通信に対して「真実ではない。我々の部隊はバフムトで戦闘を続けている」と述べ、プリゴジン氏の主張を否定した。

(副島隆彦注記。 下↓の記事は、負け惜しみだ。両軍はどちらもバフムートの戦闘(攻防戦)を、ギリギリでずっとやって来たのだから、こんな自分たちの夢、願望、主観だけの、元気づけの記事(さすがに産経新聞だ)を書いても、情勢は変わらない。 
  去年の7月から、もう10か月、バフムート市で激しい戦闘があった。ただし、現在も、バフムート市 の郊外の 北側と南側に、ウクライナ軍が、前進し侵攻して来ているのは事実のようだ。 そのウクライナ軍の真つ正面の反対側に、ロシアの精鋭の空挺部隊(VDV)が、陣地を作って対峙している。

 そして、その背後にロシア軍の野戦砲の部隊と、長距離ロケット部隊もいるだろう。両軍が、睨み合って戦線が出来ている。だからそう簡単には最前線は、変更できない。 
副島隆彦記)

〇 毎日新聞・・・・ プリゴジン氏は、ロシア国旗を掲げたワグネル部隊とともに動画に登場し「バフムトの制圧に224日間かかった」と主張。ショイグ国防相、ゲラシモフ参謀総長のこれまでの戦略を批判した上で、プーチン露大統領に対し「我々に母国を守る偉大な名誉を与えてくれた」と感謝を示した。  
 ワグネルは今後、バフムトをロシア軍に引き継ぐという。ロシアの報道によると、プーチン氏もバフムトを掌握した部隊を祝福した。

〇 「 ウクライナ軍報道官「ワグネルを包囲し全滅させるだろう」 バフムト陥落を改めて否定 」
2023年5/22(月) 8:28   ・・・・
  ロシアによるウクライナ侵略で、露国防省が制圧したと主張した最激戦地の東部ドネツク州バフムトに関し、ウクライナ軍東部方面部隊のチェレバティ報道官は21日、市内の南西部をなおウクライナ軍が保持しているとし、バフムトの陥落を改めて否定した。ウクライナ軍のシルスキー陸軍司令官は5月21日、「バフムト郊外でウクライナ軍が前進している」と述べた。ウクライナメディアが伝えた。

 チェレバティ氏は、バフムト市内には露民間軍事会社「ワグネル」の部隊が展開しているが、同市郊外で前進しているウクライナ軍が「ワグネルを遅かれ早かれ包囲し、全滅させるだろう」とも述べた。

 一方、ワグネルトップのプリゴジン氏は、5月21日、「バフムト制圧の任務は完了した。5月25日 にワグネルは戦闘地域を離れる」と改めて表明。「今後、ワグネルは確保した陣地を露正規軍に引き渡した上で撤退し、部隊の再編成に着手するとし、今後2カ月間は戦闘に参加しない予定だ」と主張した。 ただ、米シンクタンク「戦争研究所」は、「バフムト郊外にウクライナ軍が展開する中、ワグネルが無傷で撤退できる可能性は低い」との見方を示している。

〇 (この下 ↓ のBBCのニューズ動画を私も見た。「バフムートは陥落したとロシアが言っているが 」と、記者が質問して、それにゼレンスキーが、英語で 「バフムートには、もう、ウクライナ軍はいない。ロシア軍の兵士の死体だけだ」と、認めた。バイデンが厳しい表情で横にいた。この発言は決定的だ。
 このゼレンスキーの発言を、ウクライナの大統領室の報道官が、慌てて、急いで必死に否定し始めた。だがもう遅い。この様子がおもしろかった。副島隆彦記)

(ここにふたりの画像を貼る)

 米国のバイデン大統領(右)と会談するウクライナのゼレンスキー大統領=広島市内で2023年5月21日、AP

〇 「 バフムートは完全に破壊され「何もない、死んだロシア人しかいない」とゼレンスキー氏 」
2023年 5/21(日) 21:02   © BBC News
  ウクライナとロシアの間で昨年から激しい攻防戦が続く東部バフムートについて、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は5月21日、ロシアによって完全に破壊されてしまったと述べた。ただし、ロシアに制圧されたわけではないという。

  広島で開かれている主要7カ国首脳会議(G7サミット)のため来日中のゼレンスキー氏は、ウクライナはバフムートを掌握しているのか記者団に質問されると、「残念なことで、悲劇だが、今日のところはバフムートは私たちの心の中にだけある」と英語で答えた。G7閉幕後、ジョー・バイデン米大統領との首脳会談に臨む冒頭でのことだった。

 「もうあそこには何もない。地面と、大勢の死んだロシア人しかいない」のだとも説明。 「我々の防衛者たちは、強力に働いた。もちろんその見事な働きを、私たちはありがたく思っている」と述べた。
 こうした発言を受けて一時、大統領が陥落を認めたとの報道が出たものの、ウクライナ大統領府はすかさずこれを否定。バフムートは都市として完全に破壊されたと大統領は答えたが、ロシアに制圧されたと認めたわけではないと説明した。

 ウクライナのハナ・マリャル国防次官は、21日に通信アプリ「テレグラム」で、ロシアはバフムートを包囲できず、逆にウクライナ軍が「半分」街を取り囲んだのだと書いた。 「郊外の側面で私たちの部隊は前進を続けている。そのため、敵がバフムートにいるのは非常に難しい」とマリャル次官は述べている。 ゼレンスキー大統領の発言は、ジョー・バイデン米大統領との首脳会談に際して、記者の質問に答えてのもの。

 その場でバイデン氏は、アメリカ政府がウクライナに3億7500万ドル(約517億円)規模となる追加の軍事支援を提供すると発表。ゼレンスキー氏はこれに感謝した。
 国務省発表によると、38回目となる追加支援には、高機動ロケット砲システム「HIMARS(ハイマース)」の砲弾や対戦車兵器の補充、医療用装甲車両やトレーラー、トラック、部品などの提供が含まれるという。© BBC News

〇 「 プーチンの焦りでロシア特殊部隊が”ほぼ全滅”…米紙が報じた「ソ連のターミネーター」の末路 」
2023年5/22(月)   時事通信 
 2023年5月9日、モスクワの赤の広場で行われた軍事パレードに出席したプーチン大統領 – 写真=dpa/時事通信フォト
■無謀な作戦の犠牲になったロシアの特殊部隊  
  ロシアの特殊部隊「スペツナズ」が、ウクライナ侵攻後の1年間でほぼ壊滅状態に追い込まれている。 米ワシントン・ポスト紙はインターネット上に流出した米国防総省の機密文書をもとに、旅団によっては兵員の90~95%が失われたと報じている。

 2022年夏にウクライナから帰還した5つのスペツナズ旅団は、「1旅団を除くすべてが大きな損失を被っている」ことが判明したという。 スペツナズはロシアの特殊部隊の総称だ。なかには暗殺など秘匿性の高い任務を担う部隊もある。米ワシントン・ポスト紙によると機密文書は、「スペツナズ第346旅団は兵士900人中775人が死傷し、「旅団全体をほぼ失った」状態にある。 スペツナズが大きな打撃を被った原因は、高難度のミッションに投じるべき高スキルの人材を前線に投入した。

■東部ドンバス地方から生還できたのは7人に1  
  軍事・防衛産業関連のニュースサイトである 米タスク&パーパスは、「スペツナズは「ロシア連邦が擁する最高のエリート部隊」だ。この部隊がウクライナで破壊されスペツナズはウクライナで全滅しつつある。 

  スペツナズの戦闘員は昨年来、マリウポリやヴュレダル、そして東部ドンバス地方の作戦に投入。スペツナズ第346旅団は900人のコマンドウ(特別奇襲隊員)が所属。戦闘から帰還したのは125人だけだったという。7人に1人(14パーセント)。
  ロシア南部の第22スペツナズ旅団が使用する基地、侵攻の前後を写した衛星写真が含まれていた。侵攻数カ月前の2021年11月と、その1年後に撮影されたもの。

■衛星写真で明らかになった“全滅”の実態  
 前者には「ひしめく車両で賑わう車両保管所」が写っていた。一方、ウクライナからの帰還後にあたる後者では、参戦前に保有していたティグル小型戦術車両の数が半分以下に減った。車両が「極度の枯渇状態」にある。  兵員の損耗はさらに激しい。この第22旅団を含む3つのスペツナズ旅団について、兵員の90~95%が死傷した。2月に東部ドネツク州ヴエレダルの町で、スペツナズ旅団長の死亡。
 
■「ソ連のターミネーター」という残虐なイメージ  
 スペツナズは1957年、冷戦下のソ連時代にロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)内に創設された。戦場の偵察や破壊工作を担うほか、暗殺や諜報(ちょうほう)活動を担う専門性の高い部隊も。米インサイダーは、その秘匿性の高さやソ連亡命者が記した書籍の影響から「ソ連のターミネーター」との残虐なイメージを帯びた部隊であると紹介。  

 暗殺部隊と位置づけられる参謀本部・特殊作戦指揮部の特殊作戦部隊(KSSO)を筆頭。陸軍スペツナズとして8旅団と1独立連隊、および海軍スペツナズとして4艦隊など、約1万7000人がいる。  FSB(ロシア連邦保安庁)特別指定センターのまさにエリートの対テロ部隊から、連邦林業局のそれほど手ごわくない即応部隊までの部隊が存在する。

・・・ロシアにとって陸軍の兵士の能力も心許なかったと指摘している。自動車化狙撃団の歩兵らが十分な成果を上げなかった。キーウ攻略や東部と南部での作戦が不調に終わった。エリート空挺(くうてい)部隊やスペツナズなどを前線に出す方針に転換した。  

  高度なボディーアーマーや暗視ゴーグル、熱検知機器など最新の装備と共に戦場に投入された。スペツナズの活躍の機会はなく。その多くが殺されたり、捕虜になったりした。彼らの特殊車両は破壊された。

〇 「 ウクライナ、次はない反転攻勢が間近か 」
2023年5/22(月)   ・・・・
   西谷 公明(エコノミスト 元在ウクライナ日本大使館専門調査員) 1953年生 
(副島隆彦注記。こいつは、かなり冷静。冷ややかに見ている。 元在ウクライナ日本大使館専門調査員だったのだ。私と同年生)

【ロシア・ウクライナ戦争】 国内産業はほぼ麻痺、欧米の年300億ドル超える巨額支援はいつまで
  この春、ウクライナ国民は生活防衛のため、郊外の畑で春の種まきに忙しい。  幸いにも現在、都市部の停電はおおかた復旧し、お湯の供給も再開されているそうだ。  
しかし、ロシア軍によるミサイル・ドローン攻撃は全土に広がって、経済がほとんど崩壊状態。  2022年のGDP(国内総生産)は前年比マイナス30.4%。

  保たれているのは公共輸送機関やライフラインと、食料品店やレストラン、カフェなどの生活まわりのサービス分野ぐらい。その他は農業を除いてほぼ麻痺状態。  被占領地域は国土の18%、面積にして約20万平方キロ。なんと日本の本州の広さ。 機械や鉄鋼、非鉄、石炭はじめ鉱工業の大半は、ロシアと縁の深い東部と南部のこの一帯とドニエプル河流域。多くはすでに廃墟と化している。マリウポリの製鉄所は破壊され、国内最大のクレメンチュク製油所も損壊した。

 ウクライナは天然ガスの生産国だ(バイデン大統領の子息ハンター氏がマイダン革命後の2014年4月から5年間、取締役を務めていたブリスマ社が開発・生産)。
 国内需要を満たすほどではない。戦渦で産業需要が落ち込んで、いまは自国産だけで間に合っている。 原油と軽油、重油などの石油製品(つまり、戦車やトラクターの燃料)は、ほぼ全量を欧州や中東からの輸入に依存。  

 他方、侵攻以来、政府は全土に戒厳令を布告し、「平時の国家予算のほぼ全額を軍関連に充ててきた」(シュミハリ首相談)。穀物輸出は毎月せいぜい10億ドル。
財政赤字は毎月30億ドルから35億ドル。  22年、西側は合計310億ドルを送金(国際機関と二国間の融資)して財政を支援した。23年も、これとほぼ同額の金融支援を続けている。 これには巨額の軍事支援は含まれない。  

  ドイツの「キール世界経済研究所」の試算は、軍事や医療・人道を含めた国際社会による支援 (22年1月24日から23年1月15日までに表明されたもの)は総額1600億ドル近く(参考ながら、21年のウクライナの名目GDPは2000億ドルだった)。

 西側としても、これだけの支援をいつまでも続けるわけにはいかない。  最大のドナーである米国は来年秋に大統領選挙を控えて、バイデン政権によるウクライナ支援の是非が問われる。欧州有力国も国内の物価高への対応に追われる。グローバルな金融不安も燻ぶりつづける。  勝算はあるか?停戦に応じるつもりはないか?  

 西側首脳はゼレンスキー大統領に対し、折々に打診してきた。  だが、戦時のリーダーに、もはや他の選択肢はない。  ウクライナにとり、後のない戦いが始まる。

■西谷 公明(元在ウクライナ日本大使館専門調査員) 1953年生、長銀総研を経て1996年在ウクライナ日本大使館専門調査員。2004ー09年トヨタロシア社長。2018年N&Rアソシエイツ設立し、代表。著書に『ユーラシア・ダイナミズム』『ロシアトヨタ戦記』など。岩波書店の月刊世界の臨時増刊「ウクライナ侵略戦争」で「続・誰にウクライナが救えるか」(2022年4月14日刊)を執筆。2023年1月に『ウクライナ 通貨誕生-独立の命運をかけた闘い』(岩波現代文庫)を復刻。

〇 「 ロシア軍、バフムートで地雷除去開始 親ロシア派の当局者が明かす 」
2023年5/23(火) 13:11  CNN
 (CNN) ウクライナ東部の要衝バフムートで、ロシア軍が地雷の除去を開始している。東部ドネツク州で親ロシア派勢力が名乗る「ドネツク人民共和国」の幹部、デニス・プシリン氏が明らかにした。 プシリン氏は5月22日、ロシアのテレビで「予備的段階の地雷除去作業が進行している」と述べた。

 ロシア国営タス通信がコメントを報じた。 「同市を解放したロシア軍は、建物に爆発物が仕掛けられていないか調べている。地雷除去の完遂は我々にとって重要だ。非常に骨が折れる、困難な作業だが、現地の戦闘がそれだけの規模だったということだ」(プシリン氏)
ロシアの民間軍事会社ワグネルのトップ、エフゲニー・プリゴジン氏も、自身のSNSテレグラムで地雷除去作業が始まったことを確認した。

 同氏は5月20日、数カ月にわたる過酷な攻勢を経てバフムートを完全掌握したと主張。翌日には、ワグネルの部隊がウクライナ東部の前線から全面撤退すると明らかにしていた。「奪取を約束した土地は最後の数平方センチまで制圧した」としている。 ワグネル撤退後の自分たちの陣地は、ロシア国防省に引き渡すとした。

  一方ウクライナは、バフムート西部の狭い区域を保持していると主張。同市を囲む地域では前進しており、有利な立場にあると強調している。

〇 「 ウクライナ軍総司令官「負傷」か ロシア報道、ウクライナは反論 」
2023年5/24(水) 22:11   ロイター

ウクライナ軍のザルジニー総司令官(ロイター=共同)

  国営ロシア通信は、5月24日、ウクライナ軍のザルジニー総司令官が今月初めに前線で負傷して開頭手術を受け、今後の任務継続が困難な見通しだとのロシア治安当局筋の話を報じた。一方、ウクライナ国家安全保障・国防会議のダニロフ書記は24日、ザルジニー氏が同日ゼレンスキー大統領に報告を行ったと表明し、事実上反論した。

 ロシア通信の報道によると、ザルジニー氏は5月初め、ロシア軍との交戦が続いているウクライナ南部ヘルソン州内の陣地でロシア軍のミサイル攻撃を受け、破片で頭蓋骨に多数の傷を負ったため首都キーウ(キエフ)の病院で手術を受けた。ウクライナ軍内の複数の消息筋から得た情報という。(共同)

〇 「 ロシアの守備、衛星画像で明らかに ウクライナによる反撃を前に 」
  Satellites reveal Russian defences before major assault
2023年5/23(火)   BBC 追加取材:トム・スペンサー

 ロシアの守備、衛星画像で明らかに ウクライナによる反撃を前に BBCヴェリファイ(検証チーム)

 要塞が並ぶビーチリゾート、対戦車用の溝が掘られた幹線道路――。BBCヴェリファイ(検証チーム)による衛星写真の分析で、ウクライナの大規模な反撃に備えるロシアの守備の一端が明らかになった。 ウクライナでは数カ月にわたって膠着(こうちゃく)状態が続いている。

 西側から供与された兵器があれば大きな戦果を上げられると証明したいウクライナにとって、近く始まるとされる反撃は重要な試練になるとみられる。 BBCは今回、数百枚の衛星画像を分析。ロシアが昨年10月以降にウクライナ南部で大幅に増強している塹壕や要塞の重要地点をいくつか特定した。 以下の四つの地点からは、ロシアが反撃に関してどんな予測をしているのか、ウクライナ軍はどんな守備に遭遇する可能性があるのかがうかがえる。

 1. クリミア半島西海岸
2014年にロシアに併合されたクリミア半島は、かつてビーチリゾートとして知られた。 25キロメートルにわたる海岸線にはいま、折り畳み椅子やパラソルではなく、ロシア軍が設置した防衛施設が散らばっている。 下の画像は西海岸で唯一、崖や丘などの自然の防御物がない、開けた砂浜地帯の状況を示している。

 まず、海岸沿いに「竜の歯」と呼ばれるピラミッド形のコンクリートブロックがあるのが分かる。戦車などの軍用車両の前進を阻むのが狙いだ。 その背後には塹壕が連なっており、迫りくる攻撃から身を守るのに使われる。塹壕沿いに、いくつかの格納施設も確認できる。 海岸に沿って、木材の山、掘削機、「竜の歯」の予備などがある。画像が撮影された3月には、建設作業がまだ行われていたことがうかがえる。

 軍事専門家の一部はロシアのこうした守備について、海からの攻撃を想定したものではなく、どちらかというと念のための措置である可能性が高いと指摘する。ウクライナは海軍力が低いからだ。 情報アナリストのレイラ・ゲスト氏は、「ウクライナが陸ではなく大胆にも海からクリミアを攻撃してきた場合に、それを阻止するために要塞が置かれているとみられる」と話す。 この浜辺の要塞は、広い範囲に張り巡らされた塹壕の一例に過ぎない。

  オープンソースアナリストのブレイディ・アフリック氏の調査を基に作成した下の地図には、要塞を示す小さな丸印が無数に存在している。 BBCはソーシャルメディア上の動画から個々の塹壕の位置を特定することで、他の重要な要塞の場所を特定した。 正確な位置が分かったあとは、衛星画像を用いて塹壕の連なり全体を追うことができた。

  2. トクマク
 トクマクは、ウクライナ南東部の主要道路が通る小さな街だ。ウクライナ軍にとっては、クリミアと他のロシア支配地域を分断させるうえで有用な場所だろう。 この街に関しては、軍事要塞にするためにウクライナ人住民らを追い出していると報じられている。そうすることで、ロシア兵は物資と退却基地を得ることができる。

 上の衛星画像では、トクマクの北側に塹壕が2本の線状に掘られているのが分かる。ウクライナの攻撃が予想される方向だ。 これらの塹壕の背後では、街を囲むように要塞が配置されている。下の拡大した衛星画像では、守備が3層になっているのがはっきりと見て取れる。 画像の最上部には、対戦車用の溝が確認できる。深さは通常2.5メートル以上あり、敵の戦車を動けなくするために掘られている。

 その後ろには「竜の歯」が数列並ぶ。さらにその背後にも、また塹壕が張り巡らされている。 ウクライナ軍は、これ以外のわなにも直面することになりそうだ。 米シンクタンク戦略国際問題研究所(CSIS)のマーク・カンシアン氏は、トクマクの3層の防衛線の間には地雷が隠されている可能性が高いと言う。 「地雷原はすべての防衛で標準となっている。

 ロシアはこの戦争で、広い範囲で地雷を使っている」 「ここでは地雷原は広く、よりわかりにくくなっている。ウクライナの攻撃を遅らせ、砲兵や歩兵などが敵を攻撃できるようにしてある」 BBCはトクマク近郊の他の三つの町についても、同様に要塞化されていることを発見した。

3. 幹線道路E105号線
  トクマクの西では35キロメートルにわたって続く幹線道路E105号線に沿って、対戦車の溝と塹壕が延びている。 E105号線は、ロシアが掌握している南部メリトポリと、ウクライナが保持している北部ハリコフを結ぶ、戦略的に重要な道路だ。これを押さえた側は、一帯で部隊を容易に移動できる。

 もしウクライナ軍がこの道路を使おうとすれば、ロシアは防衛線の後ろから重砲で狙ってくる可能性が高い。ロシアの砲撃拠点は、近くの別の道路(T401号線)も射程内に収めており、こちらも狙ってくる可能性がある。 「ロシアは、最近作られたウクライナの装甲部隊を気にかけている。もしそれらの部隊が幹線道路を走ることができれば、非常に迅速に移動できる」とCSISのカンシアン氏は言う。 「ロシアは、それらの部隊を道路から追い出し、動きを遅らせようと思っている」

  4. マリウポリの北のリヴノピリ
 港湾都市マリウポリは、東部のロシア占領地域と南部のクリミアを結ぶ戦略的な位置にある。また、街が包囲され、頑強な兵士らが数カ月間持ちこたえた時には、侵攻に対する抵抗の象徴になった。 ロシアは、ウクライナがこの都市の奪還を試みるだろうと想定している。

 そこでBBCは、マリウポリの周辺地域を調査。その結果、円を描くように掘られた塹壕がいくつもあるのを発見した。 マリウポリの北55キロメートルにあるリヴノピリという小さな村の付近では、円形の塹壕の真ん中に土が盛られている。これは、迫撃砲を守るためか、銃を安定させるためのものとみられる。
 
 一方、円形の塹壕は、兵士が身を隠すとともに、迫撃砲を移動させてどの方向に対しても狙いを定めるのを可能にしている。 このことからは、丘や川など自然の防御物がない開けた地域を、他の塹壕の連なりも使いながら、ロシアが守ろうとしていることが分かる。 しかし、一部のアナリストらは、ウクライナ軍が同様の衛星画像やドローンによる監視を活用することで、これらの守備隊の多くを特定し回避できると指摘している。

 英セキュリティー・コンサルタント「シビリン」のアレクサンダー・ロード氏は、「ロシア側はウクライナ軍を、多数の地雷が設置され、ロシアの迫撃砲がすでに狙いをつけている特定のルートに誘導しようとするだろう」とする。 衛星画像からは守備の状況が一目瞭然だが、それもロシアの計画の一部なのかもしれない。

〇・・・・プリゴジンはショイグとゲラシモフは不必要に殺され負傷した何万人について、「彼らの素人っぽいやり方が何万人ものロシア人を破壊した」と述べた。  
西側情報機関の推定で、ワグネルは5万の戦闘員をウクライナで展開した。米国家安全保障会議(NSC)のカービー報道官は、「 12月以来、死んだ2万人のうちほぼ半分がバフムトを攻略しようとしたワグネル戦闘員である」と。

(副島隆彦注記。ワグネルは、総兵員 5万人で、バフムートに攻勢をかけ(攻撃し)、(去年の7月から、10か月かけて)3万人の死傷者を出した、というのが、大きな真実の数字だろう。そして、2023年5月20日に、バフムートの市街をすべて制圧した。これで、目出度(めでた)く バフムート陥落となった。  下 ↓ の 朝日新聞の 5月25日続報でも、 プリゴージンの発言が、正確で正しい。 )

〇 「 バフムートの戦闘で「戦闘員2万人死亡」 ワグネル創設者が明かす 」
5/25(木) 0:05  朝日新聞 

 ロシアの民間軍事会社「ワグネル」創設者のプリゴジン氏は5月24日、「激戦地となったウクライナ東部ドネツク州バフムートでの戦闘で、戦闘員2万人以上を失った」と親プーチン派の政治家ドルゴフ氏によるインタビューで明らかにした。ロシアの独立系メディア「アストラ」が報じた。

  プリゴジン氏によると、「 受刑者約5万人を戦闘員として採用し、うち約2割が戦闘で死亡。ほかの形で契約した戦闘員もほぼ同数が死亡した。負傷者も他に1万人程度いる」と語った。  また、プリゴジン氏は、「ウクライナ軍側の死者を5万人、負傷者を5万~7万人」と見積もった。 バイデン米大統領は、5月21日、「ロシアはバフムートの戦闘で10万人を失った」としていた。  朝日新聞社

〇 「 バフムートの名称を「アルチェモフスク」に変更へ 親ロシア派当局者 」
2023年5/24(水) 7:46   CNN
(ここにシプーリンの写真を貼る)

  バフムートの名称変更に言及した「ドネツク人民共和国」の幹部、デニス・プシリン氏
(CNN)  ウクライナ東部ドネツク州で親ロシア派勢力が名乗る「ドネツク人民共和国(DPR)」の幹部、デニス・プシリン氏は5月23日、同州の都市バフムートを訪れ、今後、同市がソ連時代に呼ばれていた「アルチェモフスク」という名称で認識されるようになると述べた。

 同氏は、SNSテレグラムに投稿した動画で「バフムートは不運にもウクライナだったが、今は違う。ロシアだ。だから名称もバフムートではなく、アルチェモフスクになる」と語った。 動画には、プシリン氏が激しく破壊された都市の街路を軍服姿で歩き、ⅮPRの旗を建物に立てる様子が映っている。 同氏はまた「バフムートを奪取したことにより、ロシア軍にはウクライナ国内でさらに領土を獲得する経路が開けた」とも主張した。 その上で、「この街は新たに生まれ変わる。新しい住宅や職場、学校を建設する」と約束した。

(副島隆彦注記。 こら、テレ朝。 下 ↓の 記事で、ウソを書くな。プリゴージンは、まず、自分の軍隊である「ワグネルが、世界で最強だ」と言った。その次に、「 自分たちと戦ったウクライナ軍を、世界で2番目の軍隊だ」とエール yell を送った。 

 こういうことを、勝手に以下のように捻じ曲げて報道するのが、負け惜しみに満ちている、日本の 反ロシア報道だ。バフムートの戦いで自分たちが必死で応援するウクライナ軍が敗北して、相当に残念無念で、口惜しいのだろう。防衛研究所の高橋杉雄や、東大先端研の 小泉悠たちは、あれほど、ウクライナ軍が反撃して勝利する、というようなことを、日本のテレビ局の各社で、毎日のように、ずっとしゃべっていた。 

 この者たちは、今週から後のテレビ番組で、どうやって、自分たちの予測の間違い、失敗を、言い包(くる)めて、取り繕(つくろ)うのか。彼らの顔が歪(ゆが)んで、引き攣(つ)る、その表情を、多くの人が、じっと見守るだろう。

 テレビで政治報道の番組を見るのが好きなインテリたち、200万人ぐらいは、一体、どういう気持ちで、この  ” 御用(ごよう)足し コメンテイター ” たちが、このあとも、自信たっぷりに、ペラペラと、テレビで話すのを、我慢して見続けるのか。 テレビを見ている人も、いろいろだろうから、ということだろう。 副島隆彦注記、おわり)

〇 「ワグネル 創設者プリゴジン氏「世界最強の軍隊」とウクライナ軍を称賛 」
2023年5/24(水) 23:05

 ”「ワグネル」創設者プリゴジン氏「世界最強の軍隊」とウクライナ軍を称賛”
 ロシアの民間軍事会社「ワグネル」の創設者・プリゴジン氏はウクライナ軍を「世界最強の軍隊になった」と称賛する一方で、ウクライナ侵攻については「同族の戦いで目的がない」と批判しました。  プリゴジン氏は5月23日に公開されたインタビューで、敵対するウクライナ軍について「ロシアが非武装化しようとした結果、世界最強の軍隊の一つになった」と称賛した。  

 一方で、ウクライナへの侵攻については「同族同士の戦いで具体的な目的がない」と侵攻自体を批判しました。  ただ、プーチン大統領の責任には言及せず、国防省やエリート層の責任だとしています。  また、プリゴジン氏はウクライナが準備を進める大規模な反転攻勢を念頭に、戒厳令の導入と新たな動員が必要だと主張しました。

〇 時事通信。5月24日。・・・・  ロシアの民間軍事会社ワグネルの創設者プリゴジーン氏は、「ロシアは、ウクライナでの軍事行動で目標とした「ウクライナの非武装化」に失敗した。ウクライナ軍は今や世界最強の軍隊の一つになったと述べた。  

 親(しん)ロシア政権の政治学者が、プリゴージン氏へのインタビュー動画を、5月23日に公開した中で語った。長期戦を見据えて国内の楽観論を戒めたとみられる。  
 プリゴージン氏は、ロシアが主張するウクライナ東部ドネツク州バフムト制圧 を機に、ワグネルを撤収させる方針。 ロシア国防省との対立に続き、今回の発言もプーチン政権批判と受け取られかねない。注目を集めることで影響力を保持する狙いもありそうだ。  

 インタビューでは、根拠不明な数字ながら「開戦前は、ウクライナ保有の戦車が500両 だったが、今は、5000両ある。実戦で戦える兵士が2万人だったが、今は40万人だ」と、非武装化と逆の結果になっているという認識を示した。 バフムートの戦場での経験を踏まえ、プリゴジーン氏は「ウクライナ軍は今日、最強の軍隊の一つになった」と評価。「高度な組織力、準備、情報を有している」と分析した。 

〇 「 ウクライナは戦争に勝てないとハンガリー首相、追加支援反対崩さず 」
 Orban Says Ukraine Can’t Win War as He Justifies Veto on Aid

2023年5/24(水)   ブルームバーグ
(ここにオルバン首相の写真を貼る)

 Viktor Orban
(ブルームバーグ) ハンガリーのオルバン首相は、隣国であるウクライナに同情を示しつつも、ロシア撃退でこれ以上支援できることはないと述べ、欧州連合(EU)のウクライナ向け支援を巡る自身の考えを崩さなかった。

 カタール経済フォーラムに際して 5月23日行われたブルームバーグ・ニュースのジョン・ミクルスウェイト編集主幹とのとのインタビューで、「ウクライナの軍事的な抵抗は失敗する運命にある。さらなる支援の実施は犠牲者を増やすだけだ」と論じた。

 「感情的には悲劇だ。われわれ全員の心はウクライナ人とともにある。だが、人命を救うことが責務である政治家として、自分は発言している。この戦争に勝利できる見込みはない」と続けた。ハンガリーはEU加盟国の中でロシアのプーチン大統領と最も緊密な関係を持ち、EUのウクライナ向け金融支援のうちの5億ユーロ(約750億円)分の実施を阻止。ロシアへの追加制裁にも反対している。

 オルバン氏の見解は、春に開始が見込まれていた反転攻勢を前にウクライナに兵器供給を続けた支援国の分析と食い違う。この反攻が劇的な急展開をもたらす可能性には慎重な見方をしているが、ロシア軍を撃退し、領土を回復するゼレンスキー大統領の計画を支援国は後押ししている。

 オルバン氏の発言に対して北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長はブリュッセルで、「ウクライナは既に、領土を解放しロシアを撃退する能力があることを証明した。NATO諸国からの支援が重要であることは明らかだ」と指摘。プーチン大統領がこの戦争に勝利しないようウクライナが確実に阻むことに確信があるとも語った。

 オルバン氏はあらためて、即時停戦を呼び掛けた。ただ、現時点での停戦呼び掛けはウクライナに対する降伏の要求に等しいとの批判もある。 オルバン氏はまた、ロシアのウクライナ侵攻を米ロの代理戦争と位置づけるロシア政府の公式見解と一致する主張も繰り返し、米ロ間で合意が成立する場合のみ戦闘は終わると語った。米政府は、和平の形態や時期を決定するのはウクライナだとの姿勢を維持している。

 オルバン氏の発言について、ウクライナ外務省は「ロシアの侵攻責任」を見逃しているとして非難。「ウクライナはロシアの占領から領土を完全に解放するまで戦いを継続する。ウクライナの平和回復だけでなく、欧州全体の安全保障を確保するにはそれが唯一の方法だ」と、同省のニコレンコ報道官がフェイスブックに投稿した。

 来年の米大統領選にもオルバン氏は触れ、トランプ前大統領の再選を望んでいると表明。バイデン大統領とはそりが合わないが、米国を批判するのはビジネスにとって良くないと述べた。

〇 「 ベルゴロド州の戦闘2日目、襲撃グループがロ軍の兵員輸送車を奪取か 映像公開」
2023年5/24(水) 9:50   ・・・・

 ロシア義勇軍は5月22日、ロシアのベルゴロド州コジンカで、ロシア軍の装甲兵員輸送車を奪取したとして映像を公開した。ベルゴロド地方での戦闘は2日目に入った。ロシア当局は、ウクライナから武装した戦闘員が侵入したとしている。

 22日の襲撃には装甲車が使用されたとみられ、ウクライナ戦争開始以来、ロシア国内で起きた襲撃としては最大規模のものとなった。ただ、襲撃に加わった戦闘員の数や所属、衝突の規模など詳細は独自に確認することはできなかった。 襲撃グループは、国境の町コジンカと複数の町を占拠したと主張。

 その後、ロシア当局は同州グライヴォロン地区から住民を避難させた。 ロシア政府は「この攻撃はウクライナ軍によるものだと非難。攻撃を撃退して、70人を殺害した。ロシアによるバフムート掌握から関心をそらすために、工作員が破壊活動を行っている」と主張した。

 ロシア義勇軍は、昨年8月に極右のロシア人によって設立され、ウクライナ戦争でロシア軍を相手に戦ってきた。ベルゴロド州の戦闘について、ウクライナは関与を公式に否定。ポドリャク大統領顧問は「ウクライナは関与していない」とツイッターに投稿した。「周知の通り、戦車はロシアの軍需店で売られているし、地下組織のゲリラ集団はロシア国民で構成されている」と皮肉った。

〇 「 露民間軍事会社ワグネル、ウクライナ東部激戦地・バフムトから引き揚げへ 創設者、国防相と参謀総長をののしる 」
2023年5/5(金) 19:13  日テレNEWS

  ロシア国防省を批判していた民間軍事会社ワグネルの創設者が新たな動画を公開し、ウクライナ東部の激戦地バフムトから10日に引き揚げると述べた。 プリゴジン氏は、5日に公開した新たな動画で、激戦地のバフムトについて、「 ロシアの戦勝記念日の9日までに制圧するつもりだったが、国防省が意図的に妨害し、1日から砲弾の供給がなくなった」と批判した。
  そのうえで「5月9日まではバフムトで戦うが、10日に国防省に引き渡す」と述べました。 これに先立ち公開した動画でも、プリゴジン氏はショイグ国防相とゲラシモフ参謀総長を名指ししてののしり、戦闘員の遺体を指さしながら、被害が拡大していることについて批判していました。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝 

(副島隆彦注記。以下の3枚の画像を、あとで適宜の場所に移して貼る)
 
 ロシアの民間軍事企業「ワグネル」創設者のエフゲニー・プリゴジン氏

 激戦が続くウクライナ東部ドネツク州バフムートで 2023年4月26日

 ロシアがバフムートで白リン弾使用か ウクライナが映像公開

副島隆彦拝

副島隆彦 投稿日:2023/05/15 22:59

【3055】[3555]衝撃。ロバート・ケネディJr が、「世界中の米軍を撤退させる」と選挙公約した。

副島隆彦です。今日は、2023年5月15日(月)です。

 私は、以下のアメリカ政治のニューズに、大変、驚いている。
 あのロバート・ケネディ(1968年6月5日に、暗殺された)の長男 のRobert “ Bobby “ Kennedy Jr. (69歳)が、 先月の 4月19日(水)に、次の大統領選挙に立候補した、ことは知っていた。

 だが、彼、ボビー・ケネディ・ジュニア が、以下の載せる、5月12日の 次の記事に有る通り、
「 (米国の)国外にある 800の 米軍基地を(すべて)閉鎖し、直ちに米軍を帰還させて、米国を模範的な民主政 国家にする(戻す)」

と、演説で、語ったという。 この4月19日の 大統領選への立候補を表明した、選挙公約( ポリシー・プラットフォーム policy platform と言う )で、「アメリカ領土の外の、世界中に置いている 米軍の基地を、すべて、閉鎖して、即座に全面的に米国内に、撤退(ウイズドロー withdraw )させる」と、表明した、のである。

 これには、私、副島隆彦は、大変、驚いた。驚いて、この記事を読んだあと、そのまま、4日間、 私は、ほぼ、寝込んだに等しい。他の仕事に、ほとんど手が付かなくなった。自分の頭が、氷付いたようになった。

まず 記事の冒頭だけ載せる。

(転載貼り付け始め)

● 「当選したら世界中から米軍を撤退させる、ケネディ候補が衝撃の発言 
  米大統領選は意外な展開になる可能性も」

By 堀田 佳男  JBpress 2023.5.12
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/75144

(ここに、この記事の画像を貼ってください )

大統領選への出馬を表明したロバート・ケネディJr(4月19日、写真:ロイター/アフロ)

「米国の外交政策は破綻している。国外にある800の米軍基地を閉鎖し、直ちに米軍を帰還させて、米国を模範的な民主主義国家にすべき」こう断言するのは米民主党から次期大統領選に出馬しているロバート・ケネディJr(69)である。

 ケネディ氏といえば暗殺されたケネディ大統領の甥、そしてロバート・ケネディ元司法長官の息子という血筋で、米政界のサラブレッド的な人物である。 現在は環境問題を扱う弁護士をしている。・・・・
( あとの記事は、うしろに載せる)

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 この記事は、5月12日ヤフーの世界記事の中の、JBpress というネットの情報記事のサイトの会社 に、 堀田佳男(ほったよしお)というライターの記事として載った。私は、この堀田佳男という人が、どんな経歴の人か、知らない。

 12日に、この記事を、読んだ日本人は多いだろう。だが、それでも、ほとんど人は、へーと、思っただけで、それ以上の関心を持たないで、通り過ぎただろう。

私、副島隆彦は、そういう訳(わけ)には、行かなかった。 
 私は、この「在外(ざいがい)の世界中に置いている 800の 米軍の 軍事基地から、自分が、大統領に当選したら、ただちに、基地を閉鎖して、空軍も、海軍も、陸軍も、その他の軍隊も、全面的に、一気に、引き揚げる、というのである。

 ということは、沖縄と中心として、日本国内の 各地の駐留米軍 の 約6万人の米軍兵士・軍人が、米本国に帰る、ということだ。そのほかに、2万人の洋上(ようじょう)というか、実際には、横須賀と佐世保にいる、米海軍の空母と、原子力潜水艦(核兵器を、勝手に、日本政府には何も言わないで、搭載している)もイージス艦の艦隊も、撤収して、日本から、去る、というのである。

 東アジア(極東 Far East ファー・イースト )には、その他に、韓国に、在韓米軍が、約2万人いる。マッカーサー大将が、朝鮮戦争の時に、連れて来た、旧米陸軍第5軍(the Fifth Army ザ・フィフス・アーミー)を中心にしている。今は、在日米軍と合わさって、合計、10万人で、PACOM(パコム)と言って、大きくは、米軍の太平洋軍(パシフィック・コマンド)の一部となっている。 司令部は、ハワイの真珠湾に有る。

 それと、台湾にいる。 米軍の空軍のスクワドロン(最新鋭の 戦闘爆撃機が、16機と、16機の編隊からなる飛行大隊)を始め、軍事顧問団(ミリタリー・アタッシェ)のようなふりをして、おそらく、2万人ぐらいの米軍が、台湾に、隠れるようにして駐留(インストール)している。

 故ロバート・ケネディ司法長官 の息子 Bobby Kennedy Jr. が、4月19日に、「これらの在外米軍の 800基地のすべてを、ただちに閉鎖して、すべて、米国領土に帰還させる」と、選挙公約で言った、のである。

 私、副島隆彦は、うろたえた。うろたえて、その後、4日間、頭が、回らなくなった。
 私のこれまでの、人生の、自覚的に生きただけでも60年の人生で、こんな 発言が、アメリカ国内から、公然と、起きてこようとは、想像もつかなっか。

 想像がつかないのではない。 私は、「米軍は、日本から出て行け。いつまでも、外国の領土に、平気な顔をして居座って、日本から、巨額の おカネをふんだくって、のうのうと、のさばっているな ! 」 「米軍は、さっさとアメリカに帰れ !」 と、ずっと、自分の脳の中で、言い続け、ぶつぶつをしゃべり続けて来た。

 昔は、日本人もみんな知っていた、有名な ” Yankee , Go home . ”  「ヤンキー・ゴー・ホーム」 という言葉もある。これを、集会で、米軍基地の前で、叫んでいた、日本民衆が、50年前には、たくさんいた。今は、日本共産党でも言わなくなった。なぜ何だ。
 
 ある国に、外国の軍隊が、居座っていたら、それは、軍事占領(オキュペイション)だ。その国は、主権国家( sovereignty ソブリーンティ 国家主権もつ国 )ではない。すなわち、独立国(インデペンデント・ステイト)ではない。他の大国への従属国家、すなわち、属国(ぞっこく a tributary state トリビュータリー・ステイト  朝貢国 )である。

 私、副島隆彦は、この考えを、ずっとこの30年間、表明して来た。『属国・日本論』(初版は、1997年。25年前)、主張し続けて来た。だから、このロバート・ケネディの息子(69歳)の発言を知って、気が抜けた。それから、4日間、ものごとへの思考が定まらず、上(うわ)の空(そら)になった
 
 この 駐留米軍の全面撤退 が、東アジアでも、実現するかもしれない、のである。 今から、78年前の、1945年の8月の、第二次世界大戦の終結以来、ずっと、世界覇権国(ザ・ヘジェモニック・ステイト the hegemonic state )であり続けた、アメリカ帝国(アメリカン・エムパイアの 軍隊 が、続々と、米国内に、帰ってゆく、というのである。

 そのなことが、果たして、起こるのか? 私、副島隆彦は、自分が、この30年間、自分で勝手に、日本の民間人の国家戦略家(ナショナル・ストラレジスト)を名乗って、政治言論を、やって来て、本もたくさん書いてきて、それで、自分の冷静な客観予測ではない。願望、夢、希望でもない。私は、今、どう言ったらいいのか、分からなくなって、ひとりで考え込んでいる。

 それに対して、「いや、そんな現実味の無い、途方もない、考えは、全く成り立たない。ロバート・ケネディなど、大統領選挙に出る、と言ったって、有力候補にはならない。どうせ、バイデンが勝つんでしょ」 と、 したり顔で、あれこれ、言いたい人は、言えばいい。

 そんな事は、アメリカ政治と政治思想の研究を、40年間やってきた、私が、一番、知っている。「ボビー・ケネディは、民主党内の候補者決定(ノミネイション)の選挙では、10%も得票できない」と、ずっと、言われてきた。あれこれ、私、副島隆彦は、たくさんのことを知っている。

アメリカ民主党(デモクラット the US Democats ) というのは、本来、
アメリカの貧しい人々と、健全な労働組合と、移民たちが支えた、リベラル派の大衆政党だった。 それに対して、米(べい)共和党というのは、金持ちと企業経営者(資本家)と、農場経営者たちの党だ。

 ところが、この貧乏人たちの大政党である、米民主党は、邪悪な勢力に、乗っ取られている。 いつの間にか、軍産複合体(ぐんさんふくごうたい。ミリタリー・インダストリアル・コンプレックス。アイゼンハウワー大統領が、辞任間際に使ったコトバ)の大企業経営者たち、グローバリスト(globalist  地球支配主義者) 、それを、今の言葉で言えば、デープステイト(the Deep State) そして、カバール( Cabal  英チャールズ2世の 5人の極悪人の重臣たちの名から)に乗っ取られてしまった。

 それでも、それでも、アメリカ民主党には、汚れていない、本物の民衆が支える、本物の反(はん)保守のリベラル派が、厳然として、岩盤のような層として存在する。

 その真のアメリカ民衆の願いと、希望が、今、ロバート・ケネディの大統領選への出馬の表明(4月19日)となって、公然と現れた。素晴らしいことである。

  しかし、ロバート・ケネディの、この「在外米軍、全800基地の、世界中からの全面撤退」の公約は、抑えこなれ、押しつぶされて、日本の私たちまで、届かなった。届くのに、ようやく一か月かかった(5月12日)。 何と言うとだろう。

 このロバート・ケネディJrの、偉大な発言を、押さえつけ、押しつぶし、教えない為に、日本のメディア(テレビ、新聞、週刊誌、ネット記事)もある。何ということだろう。なんという、卑劣な連中だろう。
とりあえず、この記事を、日本で初めて書いて、私たちに知らせてくれた、堀田佳男氏に、敬意を表し感謝の言葉を送ります。

 自分のお父さんの ロバート・ケネディが、兄のジャック・ケネディ( JFK John F. Kennedy 1963年11月22日に暗殺された)の5年後に、同じように殺されて、それで、アメリカ合衆国から、本当のデモラクシー(民主政体。みんしゅせいたい)の 光が、消えて、60年が経(た)つ。 この60年間は、私の人生の60年間でもある。

 世の中は、苦しみに満ちている。どんな人の人生も、生きてゆくうえでの、苦しさを、たくさん背負って、そして、喘(あえ)ぎながら、我慢に我慢をしながら、踏ん張って、生きている。 その個々の人間の苦しみの 総和(そうわ)としての、国民政治、というものがあり、それらを、さらに世界中で合計した、世界政治(ワールド・ポリティックス)というものがある。

 その世界政治の頂点であり、中心であり続けた、アメリカ帝国の中から、自らの、「 帝国の終わり」 the end of American empire 「ジ・エンド・オブ・アメリカン・エムパイア」を、宣言するに等しい。しかも、それを、高らかに宣言して、「アメリカは帝国であることをやめるべきだ」 「在外米軍のすべてを、世界中から、撤収、撤退させる」という、コトバが、アメリカの有力な政治家の家系の人間が、言い放ったのだ。

 このロバート・ケネディJrの偉大なコトバの前に、愚劣な、人間どもは、心底、脅(おび)えるがいい。お前たちの、気色の悪い、言論など、人類史の闇の中に、突き落としてやる。 

 このケネディの選挙公約 の重要性に、私、副島隆彦は、たった、ひとりで静かに感動している。 確かに、私は、「米国の衰退(すいたい。デクライン decline )と共に、米軍の世界中からの撤退も起こる、と、私は、何十回も、これまでの自分の本たちの中に書いてきた。それらの本は、今も証拠として残っている。

 だが、私、副島隆彦の体も、頭も、年齢と共に、衰えて行く。「なにくそ。私は、あと、10年は、生きるぞ」と、最近、決意を新たにしたばかりだ。あと10年有れば、いろいろなことを見ることが出来る。自分が、予想して、書いた 予言たちが、次々と当たるだろう。

 私が、書いた予言たちに対して、「このバカは、何という、愚かなことを書くのだろう」と、随分と、あちこちで、蔑(さげす)まれて、アホ扱いされた。そういう、私の物書き人生の40年間(30歳から)だった。それらが、少しづつ、事実として目の前に現われることで、報われてゆく。私は、それらの事態を、毎日、横目でじっと睨(にら)みながら、静かに、死んでゆきたい。

 さあ、こんなに、私の 前書き が長くなった。 以下に、ロバート・“ボビー”・ケネディ・ジュニアの 「世界中の在外米軍の基地 800を閉鎖して、米軍人たちを、すべて、アメリカに帰還させる」の選挙公約の記事を、読んで下さい。

 あ、そうだ。米軍が自国内に撤収して、軍人たちが、「ああ、よかった。もう、軍人、兵士なんかやりたくない。人殺しの職業 は、まっぴらだ。もう、いやだ。自分が戦争、戦闘 で死ぬのも御免だ。自分の故郷で、静かに生きたい」と、 多くの米軍人が、ほっとして望む、として。

 それでは、殺し合い、戦いをしないでは済まない、人間という愚かな生き物の、その本性(ほんせい。nature ネイチュア)は、どうなるんだ。

 在外米軍が、本国に帰還して、それぞれ、自分の田舎の市 の外れの、連隊(れんたい。レジメント)に帰されて、そして、除隊(じょたい)して。それで、そのあと、何で食べて行くのか。どうやって家族を養ってゆけるのか。職は簡単には、見つからない。
・・・そうだ。その時、巨大な、失業(しつぎょう)の問題が、アメリカ社会全体に、待ち構えている。 

 兵士たちの兵役の終わりと除隊 の問題とは、そのまま、そのあとの巨大な失業(しつぎょう unemployment アンエンプロイメント )の問題だ。そんなことは、分かっている。人類(人間)は、いつも、どこの国でも、どんな時代も、この問題を抱えて生きて来たのである。  副島隆彦 記

(転載貼り付け始め)

● 「当選したら世界中から米軍を撤退させる、ケネディ候補が衝撃の発言 米大統領選は意外な展開になる可能性も 」

By 堀田 佳男  JBpress 2023.5.12
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/75144

(ここにも、記事の画像を貼る)

大統領選への出馬を表明したロバート・ケネディJr(4月19日、写真:ロイター/アフロ)

 「米国の外交政策は破綻している。国外にある800の米軍基地を閉鎖し、直ちに米軍を帰還させて、米国を模範的な民主主義国家にすべき」こう断言するのは米民主党から次期大統領選に出馬しているロバート・ケネディJr(69)である。

 ケネディ氏といえば暗殺されたケネディ大統領の甥、そしてロバート・ケネディ元司法長官の息子という血筋で、米政界のサラブレッド的な人物である。 現在は環境問題を扱う弁護士をしている。

 そのケネディ氏が大小合わせて800ほどもある国外の米軍基地を閉めるべきであると公言したのだ。再選を目指す現職バイデン大統領への強烈なカウンターパンチと受け取られているが、どこまで本気で米軍基地を閉鎖しようとしているのか。 国際関係のバランスを考慮すれば、国内だけでなく国外に米軍基地を置いておくことは半ば常識とされており、その反響は大きい。

  米メディアに発言した同氏の言葉をもう少し探ってみたい。 「米国の年間国防関連支出は1兆ドル(約135兆円)にもなり、世界中に800もの軍事基地を維持している」 「にもかかわらず、ベルリンの壁が崩壊した後にもたらされるはずだった平和は訪れていない」

 「大統領に当選した場合、私ロバート・ケネディJrは米国という帝国を解き放つ準備に入るつもりだ。米国は次から次へと起こる戦争のたびに返済不能な負債を積み重ねている」 

 「軍隊は国を守るという本来の役割に戻るべき。代理戦争をはじめとして、他国を空爆したり秘密工作をすることがあまりにも普通になってしまっている」 「戦争好きな帝国(米国)が自らの意志で武装解除をすれば、それは世界中の平和の雛形になるはずだ」 
「健全な国家として平和に奉仕するのは今からでも遅くはない」

 ここまでの言説を眺めるかぎり、理想を追求するケネディ家の人物らしさが見受けられるが、同氏の主張がどこまで有権者に受け入れられるかは分からない。

 ただ今回、1980年に現職カーター大統領に挑んだケネディ大統領の末弟エドワード・ケネディ上院議員のような役回りを果たすかもしれず、党内の反バイデン派をまとめ上げる可能性は捨て切れない。というのも、米NBCテレビが発表した最新の世論調査では、回答者の70%は「バイデン氏の再選を望まない」としているからだ。

 7割の有権者がバイデン氏の再選を望まない理由の一つが年齢である。 仮に再選を果たした場合、2期目が終わる時は86歳になっており、職務遂行に疑問を抱く人は多い。大統領としての支持率に目を向けても、バイデン氏に人気があるとは言いがたい。

 米世論調査の分析を行うウエブサイト「ファイブ・サーティ・エイト」によると、現在の支持率は42.5%でしかない。過去1年半以上、50%を超えたことはなく、不支持率の方が高くなっている。

 米民主党関係者に取材すると、次のように述べた。 「ロバート・ケネディJrは民主党主流派とは違う立ち位置で、ある意味で異端の意見をもつ人物といえる」 「しかし、同氏のもつ活力と『ケネディ』というブランドネームは魔法のような力があり、今後大統領候補として一気に求心力を得られるかもしれない」

 800もの米軍基地を閉鎖するというアイデアは誰しもが賛同するものではないが、選挙序盤にこうした大胆発言をすることで、バイデン大統領へのアンチテーゼとして一石を投じることはできそうだ。米国の国防予算は世界一でありながら内部から空洞化してきていると、ケネディ氏は述べる。 インフラ、産業、経済が脆弱では強い国家、安全な国家を維持することはできないとする。 
 
 さらに同氏はケネディ政権が発足した場合、米国を再び強い国にすることが最優先課題であると述べている。そのためには冒頭で記したように、帝国主義的な政策を終わらせる必要がある。それが国外の米軍基地の閉鎖なのだという。

 一見、矛盾するようにも思えるが、米国内の衰退した都市、老朽化した鉄道、腐敗したインフラ、低迷する経済に目を向けて再建することが強い国につながると捉えている。

 ウクライナでも同様の考え方を実践するつもりでいる。 ロシアに対して、ウクライナ国境付近から軍隊と核兵器搭載ミサイルを撤退させて、ウクライナの自由と独立を保証させるつもりだ。そして国連の平和維持軍が同地域の平和を保証すべきだと考える。

 ジョン・クインシー・アダムズ( 副島隆彦注記。アメリカ第6代大統領 )が、1821年の独立記念日の演説で使った「米国は怪物を退治するために国外に出ていくことはない」という言葉に立ち返り、交戦的な態度を改めるべきとのスタンスに立つ。そして世界を敵や敵対者という視点でみることをやめなければならないとする。

 これはある意味で理想論としての外交政策である。ケネディ氏が本気で取り組んだ時にどういった成果が出せるのか定かではないが、いまのケネディ氏の外交スタンスであることに間違いない。

 共和党に目を向けると、ドナルド・トランプ前大統領が再び選挙戦に舞い戻ってきている。 ただ世論調査では60%が「トランプ氏は出馬すべきではない」と回答しており、米有権者の過半数はバイデン大統領にもトランプ氏にも次期大統領になってほしくないとの思いであることが分かっている。

 理想論を掲げるロバート・ケネディJrが米国の表舞台に立てるのかどうかは、これからの選挙戦を見なくてはいけないが、バイデン大統領にはこういうことを述べている。「この国を建て直す方法を見つける時がきた。簡単なことであるとは言わない。しかし、少なくとも私には何が必要であるかが分かっている」 

  そう述べた後、父ロバート・ケネディ氏の言葉を引用して、いまの米国に必要なものを口にしている。 「互いを愛する気持ちと知恵、そして思いやりが重要」  今後、大統領選の民主党レースでケネディ氏がどこまで支持を伸ばし、本当に現職バイデン大統領の牙城を崩せるかが見ものとなる。 ケネディという魔法の力はどこまで通用するのか――。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 追加で、英文を載せます。 上記の 堀田 佳男氏の文の内容となった、
ロバート・ケネディ Jr の、選挙公約の 文章は、以下の通りです。
 堀田氏が、要約で書いている通りのことが、ケネディの 「 2024年 大統領選のためのキャンペーン・ウエブサイト」に載っています。 

(転載貼り付け始め)

 RFK Jr’s campaign website, Kennedy 2024.com, as follows:

  “Annual defense-related spending [by the US] is close to $1 trillion. We maintain 800 military bases around the world. The peace dividend that was supposed to come after the Berlin Wall fell was never redeemed. Now we have another chance.

 “As president, Robert F Kennedy Jr will start the process of unwinding empire. We will bring the troops home. We will stop racking up unpayable debt to fight one war after another.
“The military will return to its proper role of defending our country.

 We will end the proxy wars, bombing campaigns, covert operations, coups, paramilitaries, and everything else that has become so normal most people don’t know it’s happening. But it is happening, a constant drain on our strength. It’s time to come home and restore this country.

 “When a warlike imperial nation disarms of its own accord, it sets a template for peace everywhere. It is not too late for us to voluntarily let go of empire and serve peace instead, as a strong and healthy nation.”
 
 And on Ukraine:
   “In Ukraine, the most important priority is to end the suffering of the Ukrainian people, victims of a brutal Russian invasion, and also victims of American geopolitical machinations going back at least to 2014.

  “We must first get clear: Is our mission to help the brave Ukrainians defend their sovereignty? Or is it to use Ukraine as a pawn to weaken Russia? Robert F Kennedy will choose the first. He will find a diplomatic solution that brings peace to Ukraine and brings our resources back where they belong.

 “We will offer to withdraw our troops and nuclear-capable missiles from Russia’s borders. Russia will withdraw its troops from Ukraine and guarantee its freedom and independence. UN peacekeepers will guarantee peace to the Russian-speaking eastern regions.

 “We will put an end to this war. We will put an end to the suffering of the Ukrainian people. That will be the start of a broader program of demilitarization of all countries.
“We have to stop seeing the world in terms of enemies and adversaries. As John Quincy Adams wrote, ‘Americans go not abroad in search of monsters to destroy.’”

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝  

松永知彦 投稿日:2023/05/14 18:54

【3054】[3554][3550]築山殿(瀬名姫)とその息子の松平信康(のぶやす)の殺害の真実

会員番号2843 松永知彦です。

NKH大河ドラマ「どうする家康」が回を重ねるごとに評価を下げているようである。
ドラマの作りそのものがどこをとっても軽薄だ。脚本と演出が崩壊している。

( 副島隆彦です。5月14日です。私が、以下に、長々と、ここで、加筆します。松永君の文の冒頭を、内容を、読み易(やす)く、明瞭にするために、以下の通り、徹底的に、書き足して、書き変える。)

 今回は、私、松永知彦 は、三河守(みかわのかみ。三河大名)であった松平元康(もとやす。今川方に属した )が、1561年 に、岡崎城内で殺されて摩り替わられる前の、真実の正室(奥様)である、築山殿(つきやまどの=瀬名姫 せなひめ ) と このふたりの真実の息子であり嫡男(ちゃくなん)である、岡崎三郎信康(おかざきさぶろうのぶやす。 松平信康=まつだいらのぶやす=)のふたりの殺害のことを書く。

 父親である、三河大名、松平元康(岡崎城主) に、桶狭間(おけはざま)の合戦(1560(永禄3)年5月)のあと、「息子殿の信康を、無事にお連れしました。私共も家来になりまする」と、まんまと、岡崎城を入り込んだ男がいる。

 そして、この男が、その年のうちに、城主の元康(もとやす)の油断の隙と突いて、殺して、摩り替った。その後、この男は、すべて信長の指図で、とんとん拍子で、徳川家康に成り代わった。本名を、世良田元信(せらだもとのぶ)という。戦場忍者である。父親は、上州(群馬県)の世良田村から、駿府(すんぷ。今の静岡市)に流れてきていた同じ、戦場忍者(願人坊主、がんじんぼうず。ササラ者)である。 
 
 摩り替ったあとの元康(別人)は、それまでの、駿府(すんぷ。静岡県)を中心とした駿河(するが)の国の大(だい)大名だった今川(いまがわ)方 から離れて、尾張大名の 織田信長 の配下に入った(1561年4月)。

 従って、その翌年、1562(天正5)年1月の、清州城(信長の本拠。名古屋城はまだない)での、×「織田と徳川の 清州同盟」 というのは、?(うそ)っぱちの、歴史の捏造だ。 真実は、松平元康(もとやす)に摩り替った男が、清州城に出頭して、信長と、主従の、親分・子分としての固めの杯(さかずき)を、交わしたのである。

 今も、現在でもも、まだ尾張名古屋(おわりなごや)の徳川公爵家(とくがわこうしゃくけ)からの策謀と、歴史捏造の圧迫が、続いている。 それと、信長を、1582(天正10)年6月に、イエズス会(耶蘇=やそ=教。現在もローマカトリック教会の中心の宗教セクト) が爆殺したことを、覆い隠すために、 「ウソの家康」像づくりが、強力に進行している。だから、「どうする 家康」などという奇妙なNHKの大河ドラマになっているのだ。

 徳川公爵家 としては、自分たちの先祖で、創業者(ファウンダー)である家康が、下層の、賤民(せんみん)の出の、戦場忍者であった、と、日本史の知識として、大きく日本国民に、バレて、満天下に露見することが、物凄くイヤなことなのだ。 
 だから、NHKまで動かして(使嗾==しそう=して)、捏造の日本戦国史を、偽造し続けている。

 この歴史の真実の隠ぺいの努力 は、物凄いものであって、摩り替った 1561年から462年たった今 でも、まだ、頑強に、続いている。そのために、東大の国史(こくし。東大だけは、日本史学科と言わないで、威張って、国史科 と言う。東大史料編纂所も持つ )に、ひとり、家康像の捏造の係の教授がいる。代々、いる。 

 その背後に、ローマ・カトリック教会の本山のヴァチカンから派遣されている、日本語が出来る、神父(司教、ビショップ)がひとりいる。

 この男が、日本の文科省の、国語と歴史教科書の内容 を、監視していて、日本国民の教育場面からの、洗脳を、今の、今でも、実施している。恐ろしいことである。

 だから、1563年の9月から(翌年の2月に鎮圧された )、三河の国一帯で起きた、「三河一向一揆」と呼ばれる騒ぎも、ただの宗教一揆(民衆暴動)ではない。真実は、「あのお方は、我らのお殿様の、松平元康どの ではない。別人じゃ」と、騒ぎ出した、三河の地侍(国人=こくじん、くにうど)たちを中心とした、叛乱だ。

 戦国史のなかで、極めて不思議な動きをし続ける、家康が重用(ちょうよう)して、長年、失踪ののち、重臣に返り咲いた、本多正信(ほんだまさのぶ) も、石川数正(いしかわかずまさ。松本城主で終わった)も、この反(はん)家康の、反抗勢力の指導者だった。
 
 不思議な経緯で、秀吉と家康で、何からの手打ち(妥協)があったのだろう。
秀吉( 信長の草履(ぞうり)取り。小者=こもの=から這い上がった下層民の出)は、この家康の摩り替りを知っていたが、それを、不問にする、ということで、2人の重臣を、自分との2重スパイ(ダブル・ロイヤリティ。2重忠誠心)として、家康に送り返したのだろう。これは、今の時点での、私、副島隆彦の考えである。

 それから 17年経(た)って、もう、要らなくなった、築山殿と信康を、1579(天正7)年に、殺害した事件について、松永知彦君が、検証する。
 家康に、この年、浜松城で、西郷の局(お愛。伊賀忍者の棟梁、”掛塚(かけづか)の鍛冶屋の平太”  服部平太夫=はっとりへいだゆう=の娘)に男の子が産まれた。それが、秀忠(ひでただ)で、後の徳川2代将軍である。
 この秀忠が生まれたから、 もう、こいつらは、無用だ、で、築山殿と、松平信康(岡崎城主)は殺害された。

 以上、ここまでを、副島隆彦が、5月14日に、加筆も何も、全部書いた。ここから下の、以下の文が、松永友彦君の文です。 副島隆彦の加筆 終わり )

 松永知彦です。当初、NHK大河ドラマ「どうする 家康」の瀬名姫(三河大名で岡崎城主の 松平元康の正室 )が、今後を見極めてから書こうと思っていたが、先月の4月23日に、副島先生から、このことの真実を 書くように指示を頂いたので、ここに投稿することにした。

 本題に入る前にひとつおことわりをしておきます。
今回の投稿文は、今年の二月にわたし松永が投稿した「重たい気持ちで書く掲示板[3516]」の続編になります。さらに再掲載として「今日のぼやき[2039][2040]に過去の論文も掲載していただいております。

 重掲[3516]では、歴史の隠された真実として徳川家康と松平元康はまったくの別人であるということを説明している。正史では、「竹千代→松平二郎三郎元信(まつだいらじろざぶろうもとのぶ)→松平蔵人元康(まつだいらくろんどもとやす)→徳川家康」とひとりの人物が次々に改名していることになっているが、竹千代から元康までと徳川家康とは間違っても同じ人物ではない。絶対に、である。

築山殿(以下瀬名姫)と信康惨殺事件の鍵ともなる重要な真実である。未読の方は重掲[3516]だけでも先に目を通してもらえると、より理解していただけると思います。

瀬名姫と信康の惨殺事件は、間違いなく家康の生涯において、最大の事件のひとつであろう。(あくまで正史上では、だが。)
その正史上伝えられるこの事件は次のとおりである。

瀬名姫が、武田勝頼と内通し徳川・織田を亡きものにしようと謀り、未遂に終わるもその証拠となる瀬名姫の誓書(せいしょ)と武田勝頼の起請文(きしょうもん)を押収。幽閉先である築山に出入りしていたという唐人医師・?敬(げんけい)と瀬名姫との不義密通の疑い。及び信康の乱心ともとれる粗暴なる振る舞い。それらを徳姫(五徳;ごとく=織田信長の娘)が父信長に、いわゆる徳姫の『十二か条の書き立て』といわれる書状で訴えたことにより露見、信長が家康重臣の酒井忠次と奥平信昌に問い詰めるも十二のうち十までは否定しなかったため、信長の命により、ふたりを処分せざるを得なかった、というものである。

すぐにいくつかの疑問が生じる。
まず、そもそも瀬名姫と信康に謀反や反逆の意思があったのか、ということである。瀬名姫は正室であり信康は嫡男である。別段何もしなくてもその地位は安泰なのだ。何ゆえ謀反の謀事なのか。もし本当に謀反や反逆の意思があったのなら、家康とふたりの間にその原因となる何かがあったということになる。(史疑徳川家康事蹟)

次に、本当に家康に対する謀反・反逆の企てや?敬(げんけい)との不義密通があったのなら徳姫が直接信長に訴える前に当然家康の耳に入るであろう。身内の恥をみすみす信長に直訴させるであろうか。大事になる前に内々に処理をしようとするはずである。

そして、やはりいくら主君信長の命令(ということに正史上はなっている)とはいえ、果たして正室と、清康公(きよやすこう・松平元康の祖父)の再来とも言われ武勇の誉れ高い(※後述する)嫡男の二人を同時期に殺害するものだろうか。妻子である。

信長も本当にそのような命令を下したのであろうか。
ましてこの時代であれば、女人なら尼に出家させ、男子も同様に出家させ放逐することもできたであろう。還俗(げんぞく)し舞い戻る可能性もあるが。

これらは、最初にごく普通に持つ素朴な疑問である。だから多くの歴史学者や歴史愛好家らが皆同じ疑問を持ち長年首を傾げてきたのである。

これから、わたし松永がこれらの疑問に対するわたし自身の解釈を、文献を引用しながら書き述べていく。この事件の真実はどうであったのかを追求していく。

では、まず瀬名姫の名誉回復からおこなう。

瀬名姫・・天正七年(1579)八月二十九日、佐鳴湖(さなるこ;静岡県浜松市)湖畔で誅殺。罪状は徳川に対する謀反の企てと唐人医師・?敬(げんけい)との不義密通。
だが実際はこのような理由で殺害されたのではない。

ここに瀬名姫が唐人医師・?敬(げんけい)に託したという武田勝頼に宛てた誓書を『史疑・徳川家康事蹟(村岡素一郎(むらおかもといちろう)』から引用する。

<引用開始>

信康は我が子なれば、いかにも、徳川、織田の両将は、わらは計らう手立て候得ば、かまへて失い申すべし。此の事成就せむに於いては、徳川の旧領はそのまま信康に賜りなむ。又わらわ事は、御被官の内にて、さりぬべき人の妻となし給ふべきか、この願い事かなへ給はば、かたき御請文を賜るべし、いまより信康を教訓し、御味方につけ申すべき也との事也

(信康は我が子なれば、いかにも、徳川、織田の両将は、私が計らうてだてがございます故、かならず、亡きものにしてみせます。このことが成就したときには、徳川の旧領は、そのまま信康に賜りますよう。また私のことは、御家臣のうちで、適当なお方の妻にお世話くださいませ。私のこの願いをお受けいれくださるならば、固い御請文を頂きたく存じます。今より、信康を教訓して、お味方につかるように致します。)

<引用終了>

続いて、この誓書に対する返信である武田勝頼の起請文を、同じく『史疑・徳川家康事蹟(村岡素一郎』から引用する。

<引用開始>

今度?敬に仰越され候趣、神妙に覚候、何としても息三郎殿を勝頼が味方に申進め給ひ、はかりことを相構え、信長と家康とを討亡し給ふに於いては、家康の所領は申に不及、信長が所領の内何れなりとも望にまかせて、一か国新恩としてまいらすべく候、次に築山殿をば、幸いに郡内の小山田兵衛と申す大身の侍、去年妻をうしない、やもめにて候ば、彼が妻となしまいらすべく候、信康同心の御左右候はば、築山殿を先立て甲州へむかひとりまうらすべく、右之段相違するに於いては、
罸文略之
 天正六年十一月十六日                    勝 頼 血 判

(今度、?敬を通じて申し越されたことについては、しかとわかりました。何ともして、御子息三郎殿に、勝頼の味方になるよう説き進められて、謀をたて、信長と家康をうちほろぼしたうえは、家康の所領は申すに及ばず、信長の所領のうち、どこでも、お望みにに任せて、一カ国を、新恩としてさし上げましょう。つぎに築山殿は、ちょうど、小山田兵衛という大身の侍が、昨年、妻を失い、やもめでおりますので、その妻にお世話いたしましょう。信康に同心のご家来がいるならば、まず、築山殿を、先に甲州にお迎え入れいたしましょう。)

<引用終了>

松永知彦です。この誓書と起請文は現存していないため、原文がどのようなものであったかはわからない。また、信頼のおける一次資料にも記載がないので、現在手に入る書籍でしか確認できないし、ものによって若干表現の違いもある。
わたし松永は『史疑・徳川家康事蹟(村岡素一郎)』の文章がもっとも原文に近いと思うので、ここからの引用とした。

村岡素一郎氏は、その著書『史疑徳川家康事蹟』の中で、この誓書は瀬名姫が自ら書き記したものとし、「築山殿親子は、松平氏の孤児、未亡人なのであって、家康と夫婦骨肉の関係がないことは火を見るよりも明らかである」としている。

徳川とは関係ないと自ら書いているとの解釈に異論はない。だが、わたし松永はこの誓書は瀬名姫自身が書いたとは思っていない。勝頼の起請文は自筆であったと伝わってはいるが、こちらも勝頼が書いたものではないと思っている。

先に言っておくが、実はこの誓書と起請文は、高柳光寿博士(たかやなぎみつとし;1892.3~1969.1、歴史学者で國學院大學教授)が『青史端紅(せいしたんこう)』ですでに偽書との見解を示している。桑名忠親名誉教授(くわたただちか;1902.11~1987.5國學院大學)や、現在NHK大河ドラマ『どうする家康』の時代考証を担当されている小和田哲男静岡大学名誉教授も、信頼のおける資料にこれらの記述はないとして、歴史学会では早くから偽書と判定している。

が、そこまでである。
そこから先は歴史学者の皆様方は絶対に踏み込めない。認められない、認めてはいけない真実に近づいてしまうからだ。書かれている内容を細かく読み解いていくと確かに徳川と松平が別のものであるという結論に至るのである。
わたし松永が詳しく解説し、その先の真実へ突き進んでいく。

第一に、この誓書では、「信康は我が子なれば、いかにも、徳川、織田の両将は、」との書き出しから始まる。信康は我が子であるから「信康」だが、徳川はなぜ「徳川」と苗字なのか。しかも「織田」と横並びで他家扱いである。夫であるなら、例えば「家康殿」とか「我が夫、家康」などではないのか。
この誓書を書いた何者かは、確かに、徳川と、瀬名姫、信康の二人がそれぞれ夫婦、嫡男ではないと、この冒頭ですでに告白してしまっている。

第二に、「徳川、織田の両将は、わらは計らう手立て候得ば、かまへて失い申すべし。(徳川、織田の両将は、私が計らうてだてがございます故、かならず、亡きものにしてみせます。)」というくだりについてだが、瀬名姫自ら策を計って両将を討つのなら、なにも武田に「徳川の旧領はそのまま信康に賜りなむ。(徳川の旧領は、そのまま信康に賜りますよう。)」などと断りを入れる必要はない。

しかもこのくだりは女性である瀬名姫が書いたとはどうしても思えないのだ。築山という幽閉先に蟄居(ちっきょ)させられ、侍女は居るが、たまに訪ねてくるのは信康と唐人医師・?敬(げんけい)ぐらいであったという。

そのような状況下で、徳川のみならず織田まで討ちとる計略がある、などと書けるであろうか。例えば、「家康をなんとかして討ってほしい」とか「信康と連絡を密にとって、構(かま)えてほしい」というような懇願であればわかる。それならば「討ち果たしたのちは、徳川の旧領を賜りたく」となるだろう。

それが、徳川だけでなく織田までも名指しながら、「計らう手立てがある」というが、そんな手立てなどあるはずがない。相手は家康と信長である。いくら戦国時代の女性とはいえ姫である。姫様が書くような文ではない。

第三に、「又わらわ事は、御被官の内にて、さりぬべき人の妻となし給ふべきか、(また私のことは、御家臣のうちで、適当なお方の妻にお世話くださいませ)」と再婚の希望を自ら書き記しているが、冒頭で徳川を他家扱いにしている以上、この誓書をしたためている時点ですでに(松平の)未亡人であると考えて差し支えない。

仮にその「謀事」が功を奏したとして、家康と信長までをも亡き者にできれば、信康が三河守(みかわのかみ)になる可能性が高い。嫡男だからである。実際、起請文に承諾の意として「家康の所領は申に不及(家康の所領は申すに及ばず)」と書いてある。これは容易に予想できるのに、早々に自らが岡崎を離れる意思表示などするわけがない。

見持が寂しいということであれば、信康の支えとなるため、尾張か三河のどこかの首領か、その縁戚に嫁ぐ方が余程よい。凋落著しい今川家とはいえ、あの今川義元公の養女であり、井伊の血筋を引く姫である。

松平諸家は、三河一向一揆で家康にほとんど滅ぼされて、各当主は皆、家康が子分に松平姓を勝手に名乗らせて入り込ませてしまったので、もはや別ものであり頼りにならない。それでも嫁ぎ先は他ですぐに見つかる。

もしくは、せめて武田家本家かその縁戚ならともかく、「大身の侍、小山田兵衛」といういかにも田舎侍の名の家系のわからぬ者のところへなど分不相応もいいところではないか。

つまりこの誓書は、場合によっては信長に見せることを想定して、その信長と武田を巻き込む形にして捏造されたものであり、瀬名姫を「徳川・織田の両将を亡きものにしようと企むとんでもない悪女」に仕立てるためのお粗末な偽書なのだ。

百歩譲って、この誓書を瀬名姫自身が書いたのだとしてもかまわない。これを書いた何者かは、徳川と松平が別のものであると裏書きしてくれていて、わたし松永としては、実にありがたい偽書なのである。

では誰がこのような偽書を書いたのか。やはり築山に出入りしていた唐人医師・?敬(げんけい)が怪しい。

唐人医師といえば当然、薬の調合もおこなうのだが、当時は薬草を使うだけでなく、たまに丸薬も製造していた。その原料は人間の遺体である。調達先のひとつは戦場(いくさば)。協力相手は比丘尼(びくに)。首級を洗い、遺体の残りを処分する、戦場での遺体処理班である。
そう、家康の祖母、於萬(おまん、もしくは於富)と同じ職だ。

徳川家康と改名する前、いや松平元康の死後、摩り替る前まで、願人坊主(がんじんぼうず)の親方、酒井常光坊(さかいじょうこうぼう)と一緒に世良田元信(せらたもとのぶ)として諸国を諜報活動しつつ練り歩いていたときから、唐人医師団との関係はあったとみるべきである。

また、家康は愛用の薬研と秤を持っていて、年若いころから亡くなる直前まで、生涯にわたり自身で調合した薬しか服用しなかったのは有名な話である。

片や、幼いころから十九歳(一説には二十四歳)まで人質生活であった松平元康に、一体だれが薬の調合方法など教えるというのか。そのような記録や記述は一切無い。それに生まれた時から将来の殿様である。

この唐人医師・?敬(げんけい)が家康に命じられて、筆跡を似せて書いたに違いないのだ。それを武田勝頼に届けたのか。いや届けなどしていない。届けたところで、笑止と言って破られたら終わりである。

勝頼の起請文も瀬名姫の誓書と対の内容で、同時に捏造したとみてよいだろう。ただし、瀬名姫の再婚候補の名を実名で出してきているので、甲州から何かしらの情報を得ていただろう。?敬(げんけい)は甲州から来た唐人医師ということになっている。
?敬(げんけい)はこの事件後、まんまと行方をくらませている。

そしてなんと、驚くべきことにこの誓書と起請文がふたつ揃って、築山にあった瀬名姫の文箱(ふみばこ)から見つかったというのだ。瀬名姫を佐鳴湖の湖畔で殺害した後(そりゃそうだろう、瀬名姫生前にこんなのものがでてきたら武田も巻き込み仕込み人の追求が始まって大騒動になる)、捜索し発見したのは家康家臣、平岩親吉である。
まさに噴飯ものである。

では、なにか。武田勝頼は瀬名姫から送られてきた誓書の返書として書いた起請文を、ご丁寧に届けられた誓書も一緒に入れ直して送り返したというのか。勘弁してほしい。
もしくは控えのために二枚目を用意してあったとでも言うつもりか。

もう一度書く。この誓書と起請文が、築山でふたつ揃って発見されたのは、瀬名姫が殺害された後のことである。
このことは信康自刃の経緯についても重要な意味を持つことになる。後述する。

瀬名姫惨殺の知らせは、近隣諸国にすぐに知れ渡ることとなる。家康は、瀬名姫を悪女に仕立てるため、あらゆる流言を垂れ流す。『玉輿記」には「生得悪質嫉妬深き御人也」と書かれ、『柳営婦人伝系』には「無類の悪質嫉妬深き婦人也」と書かれ、『武徳編年集成』では「其心偏僻邪侫(へんぺきじゃもう)にして嫉妬の害多し」と書いている。酷いものである。

だが、いくら貶めたところで世間の目はごまかせない。その後、庶民の同情が噂となって拡がり、瀬名姫を斬り殺した野中重政の家系では女人がすべて狂人となった、とされ、本人も逐電し故郷の遠州堀口村に隠棲した。

惨殺の場に立ち会った、石川義房と岡本時仲は癩病(らいびょう)を発し身体が爛れた、と伝わる。当の家康も、毎夜うなされて等膳(とうぜん;可睡斉=かすいさいの住職で、家康少年時代の恩人、静岡県袋井市)を招聘しお祓いを受けている(可睡斉起立并(ならび)開山中輿之由来略記)。

わたし松永は、いわゆる歴史評論家と称する人たちに、瀬名姫惨殺の理由とされたこの誓書と起請文の詳細な内容まで知っていてほしいとは言わない。が、少なくとも歴史学会では、昭和の中頃に、すでに偽書との判定を下しているにもかかわらず、今でもこれらを持ち出し、瀬名姫を悪女と喧伝する輩がいることに我慢ができない。
それは極めて不勉強であり、あまりに不誠実な態度である。

瀬名姫は、世良田元信(のちの徳川家康)によって、二歳の時に駿府から連れ去られた信康(当時竹千代;重掲[3516]参照)を追って自らの意思で岡崎に来たのだ。奪還されたのでも、連行されたのでもない。

家康が浜松城に自ら進んで移り住んだ際に帯同しなかったのは、不仲などではなく最初から夫婦ではないからである。

瀬名姫はとしては、信康の傍に居たいので当然岡崎からは動かない。
だが、天正七年(1579)の八月も終わりに差しかかる頃、瀬名姫は、家康に信康のことで話があると誘い出されて佐鳴湖(静岡県浜松市)の湖畔まで連れて来られたのである。

だが着くなり供廻りの野中重政が抜刀するのを見て、「命は惜しくないが、信康のことについて家康とどうしても話がしたいから、そのあと斬られて進ぜよう」と願ったと伝わっている。
だがその願いは聞き入れられず、無残にもその場で侍女ごと斬り殺されたのだ。

瀬名姫の本当の名はわからない。故郷が瀬名村(静岡市瀬名)だから瀬名姫と呼ばれている。
佐鳴湖を背景とした、その気高く美しい瀬名姫の姿が今日に伝わっている。(西来院所蔵)
元康を愛し、三河岡崎の復興を夢見て、ただひたすらに信康の身を案じながら、家康の手にかかり、はかなく散ったのである。

(法名:「西光院殿政岸秀貞大姉」御前谷埋葬時、 三年後に西来院(せいらいいん;静岡県浜松市)に改装され「清池院殿潭月秋天淑室」となる。)

次に信康の身になにが起こったのかを検証し、その冤罪をはらす。

岡崎三郎信康・・天正七年(1579)九月十五日、二俣城(ふたまたじょう)で自刃。罪状は徳川対する謀反の企てと家臣、使用人に対する暴虐な振る舞い。
だがこれらはすべて捏造でありどれも事実ではない。

信康が切腹を命じられる理由となったのが徳姫の『十二か条の書き立て』である。

この『十二か条の書き立て』は現在では八つしか伝わっていない。『参河志』では七つ、『三河後風土記』では八つである。参河志の三つ目が『三河後風土記』では二つに分かれている。

原文は『参河志』から、( )内の口語訳は『史疑・徳川家康事蹟・(村岡素一郎)』(三河後風土記)』からの重引用とする。

<引用開始>

一、築山殿お悪人にて、三郎殿と我身の中様々讒(ざん)し不和になりし玉ふ事。
(築山殿は悪人にて、三郎殿と私との仲をさまざまに悪く云い、仲違いさせようとしていること。)

一、我身女子斗(ばかり)産たる何の用にかせん。大将は男子こそ重宝なれば妾多く置て男子を設け玉へと、築山殿の勧めによりて勝頼が家人日向大和守が女を呼て信康の妾(めかけ)とし甲州へ一味(いちみ)する事。

(私が姫ばかり二人産んだのは、何の用にもたたぬ、大将たる者には男子こそ大事なもの、妾を多く召して男の子を設け給えとて、築山殿のおすすめで武田勝頼の家臣、日向大和守の娘を呼び出し、三郎殿の妾になされたこと。)

一、築山殿甲州の唐人医師?敬(げんけい)と言うものを密夫として剰(あまつさ)へ彼を使として勝頼に一味し、信康を申し勧め甲州方の味方として信長公家康公を亡(ほろぼ)し、信康には父の所領の上に織田家の知行の国を進せ、築山殿をば小山田といふ侍の妻にすべし約束の起請文を書き築山殿へ返事。

(・築山殿は、甲州の唐人医師?敬というものと密会され、あまつさえ、この男を仲介として勝頼に内通し、三郎殿も誘って甲州に味方しようとしていること。)
(・織田、徳川両将をほろぼし、三郎殿には父(家康)の所領のうえに織田所領の国を参らせ、築山殿をば小山田という侍の妻にする、と約束した勝頼の起請文が、築山殿のところに送られてきていること。)

一、三郎殿常々物荒く御座し、我身召使の小侍徒と申す女を我が目の前にて差し殺し其の上にて彼の女の口を引きさき玉ふ事。

(三郎殿は、つねづね、もの荒き所業が多い。私の召使の小侍徒という女を、私の面前で刺し殺し、その上、女の口をひき裂かれたこと。)

一、去る頃三郎殿おどりを好みて見玉ふ時踊り子の装束不宣(しょうぞくよろしからず)又踊り様も悪しくとて其のまま踊り子を弓にて射殺玉ふ事。

(先ごろ、三郎殿は踊りをお好きでご覧になっていたとき、踊り子の衣装がよくない、踊りもへただというので、その踊り子を弓で射殺されたこと。)

一、信康殿鷹野に出玉ふ折ふし道にて出家(しゅっけ)に出合ひたるに、今日殺生のあらざるは法師に逢ひたる故なりとて、彼の法師の首に縄を付け力皮(ちからがわ)とやかに結び付け馬馳せつすり殺し玉ふ事。

(三郎殿が鷹野へお出ましになった折、道で僧侶に出あい、今日、獲物がないのは、この僧侶に逢ったせいだといって、その僧の首に縄をつけ、力革とかいうものに結び付け、馬をはしらせ、その僧侶をひきずり殺したこと。)

一、勝頼が文の中にも一味したるとなし、何ともして勧め味方にすべしとの事に候へば御油断あらば末々は悪敵に与(くみ)し可申候存前申上候。

(勝頼の手紙のなかには、三郎殿がまだ一味になられたわけではないが、何としても進めて味方にしてほしい、とのことなので、御油断なさいますと、末々はおん敵に組するおそれがあろと思い、わざわざ申し上げましたこと。)

<引用終了>

松永知彦です。ここでわたし松永が特に問題にしたいのは三つ目である。
捏造された瀬名姫の誓書と勝頼の起請文の内容がまるで見てきたかのように書かれている。
しかし、だ。

勝頼の起請文の日付が天正六年(1578)十一月十六日であるから、徳姫が『十二か条の書き立て』を父、信長に送ったのは少なくとも天正六年(1578)十二月から天正七年(1579)七月の間のはずである。酒井忠次と奥平信昌がこの件で信長に呼び出されて行ったのが天正七年(1579)八月一日とされているからである。

ところが、何度も書くがこの誓書と起請文が発見されたのは瀬名姫殺害後の天正七年(1579)八月二十九日以降なのだ。徳姫はいつどこでどうやってこれを見て、瀬名姫と信康惨殺の理由となった、この『十二か条の書き立て』を書いて信長に送ったというのか。

十二か条のうち十か条まで認めたという酒井と奥平はなぜ肯定できたのか。
信長が本当にこの『十二か条の書き立て』を見て酒井と奥平に詰問したというのなら誓書と起請文より先にこれがあったということになる。もう無茶苦茶である。

この『十二か条の書き立て』についてさらに検証をすすめる。
この書き立ての全文(といっても四つは欠落である)が確認できる最も古い資料は、『三河後風土記』だけである。『三河後風土記』の成立は慶長十五年(1610)とされているが、昨今では、正保(しょうほう)年間(1644~1648)の作とも言われており、作者も平岩親吉となってはいるが、実際は不詳である。

後年、さらに徳川におもねる内容となった、『改正三河後風土記』(天保八年(1837)成立)と併せて、あまり良質な資料とは言えないのだ。特に『改正三河後風土記』は明治四十四年発刊の『体系図中断抄』で「沢田源内が金儲けのために仲間と作成した偽書であり、ゆめゆめ信じるなかれ」と断じられている。

『参河志』は、その前年の天保七年(1836)に渡辺政香(わたなべまさか;江戸時代の国学者)によって編纂されてものだが、『十二か条の書き立て』は『三河後風土記』から引用したに違いない。

他の文献では『松平記(巻六)』には鷹狩りの帰りに僧侶をしばり殺したこと、踊り子を弓で射抜いたこと、徳姫が女子をふたり続けて生んだので不仲であったことが書かれている。気がひけたからか、この三つのみだ。『当代記』では、家康の命に背き、織田信長を軽んじ家臣には情けをかけない、とある。

『松平記』は慶安(けいあん)三年(1650)よりも古い写本は未発見だし、『当代記』も寛永(かんえい)年間(1624~1644)の成立とされている。この二つの文献は年代も近いし、いずれも徳川家康側の資料である。やはり、どちらも『三河後風土記』を参考文献にしたと思われる。

よって、『十二か条の書き立て』は、その成り立ちや、不自然なほど描写が細かく具体的すぎる記述内容からして、信用できないのであり、わたし松永は、瀬名姫と信康惨殺の事件後、三十年ぐらいの間に、あらたに書き加えられたものと考える。徳姫が当時書いたものではない。信長は天正十年(1582)六月二日にこの世を去っている。

そもそも信長が、瀬名姫と信康の殺害命令を出したのではない。信長の死後、家康がその罪を信長に押し付けたのである。『松平記(巻六)』には「如何様にも存分次第」と信長は返事したと書いてある。

『当代記』にも「左様に父、臣下に被見限ぬる上は、不及是非、家康存分次第」とある。どちらも「家康の好きにするがよい」との返事と書かれており、信長が信康に、切腹を命じたなどと、どこにも書いていないのだ。徳川神話の補強材のような、これらの資料でさえこの程度の表現であるということは、この部分は信用してよいのではないだろうか。

さらに、書き立ての七つ目(八つ目)には「勝頼が文の中にも一味したるとなし、(勝頼の手紙のなかには、三郎殿がまだ一味になられたわけではないが)」とある。信康は謀反に加担していないとしっかり書いてあるではないか。謀反の事実が自刃の理由のひとつではなかったのか。話のつじつまが全く合わない。

信長は二人を殺せとは断じて言ってない。信長の返事に従って「存分に」殺害命令を下したのは当の家康本人である。

あまり知られていないが、岡崎三郎信康の三郎とは信長の幼名である。信康の信は信長の信であろうし、織田信秀の異母弟であり、織田家発展の柱となった織田与二郎信康からとったのかもしれない。

信康がまだ二歳で竹千代と呼ばれていたころ、後の家康となる世良田元信に連れられて、信長の家臣、加藤図書之助(ずしょのすけ)の家にて、弟の加藤隼人佐(はやとのすけ)とその妻の「よめ」が世話をしていた。(重掲[3516]参照)。

信康よりも二歳年下である徳姫(=五徳)が生まれたのもこの頃である。「五徳(ごとく)」とは鉄瓶などを置く三本足や五本足の台のことである。信長が娘に五徳と名付けたのは、信忠、信雄(のぶかつ)、と三人で織田家を支えよ、との意味であると『織田家雑録』にある。

しかし、八切止夫氏が主張するように、そこに信孝と信康も加えて五人で力を合わせて織田を支えよ、であったかもしれない。

信康は、天正三年(1575)十七歳の頃、「長篠の戦い」で勇猛果敢に戦い、勝頼をして「徳川は果報者なり。かの小冠者成長せば、かならず天下に旗を立つべし。」と言わしめたという(三河後風土記)。

ただしこれは『三河後風土記』に書かれていることなので、どこまで事実かは不明であるが、その後、家康が駿河に攻め入り各地の小城を次々と攻め落としていく中、小山城攻略の途中、勝頼の反撃を受け、その前月に攻め落とした牧野城への退却時、信康自ら殿(しんがり)をつとめて全軍無事に帰還させ勇名を馳せたという(信長公記)。これは信用できる。

家康は、そんな信康を疎んじて、「今度出過ぎたことを言ったら??りつけよ」(岩淵夜話)と家臣に言ったり、そうかと思えば、遠州中泉の別宅で信康を接待し、酒宴と美姫をはべらせ歓楽に溺れさせたりと、まるで骨を抜きたいかのように遊ばせている。
それでも信康は、真っ直ぐ立派な武将に育っている。

信長としては、幼児竹千代の頃から知っている信康に、自身の幼名や名の一文字に重ねて、叔父の名までも付けて、娘を嫁にも出しているのである。その娘婿が、武功目ざましいのなら何も言うことはないはずである。本当に徳姫から来た書状であれば、徳姫本人に確認するだろうし、直接信康にも会いに来そうである。

しかし、家康側から信康を処分したい旨の申し出があったことは事実であろう。
信長は相当悩んだはずであるが、今ここで三河を再び二つに割ることはできない。家康が三河一向一揆(駿府生まれのよそ者である世良田元信に対する西三河衆の反逆)でせっかく西三河衆を解体して統一したのに、松平直系で元康の遺児たる信康を擁立されては息を吹き返しそうである。

徳川率いる駿河州(東三河衆を含む)と岡崎の西三河衆との内戦など、今頃また起こされては目指す「天下布武」にも影響する。まして、駿府生まれの家康は関東にも縁があり、駿河国の攻略も進みつつある。徳川と北条との同盟も近い。願人坊主時代に培った服部党など乱破(らっぱ)素破(すっぱ)たちとの諜報網も持っている。

過去には桶狭間での一件(重掲[3516]参照)もあるし、選択するならやはり家康の方だ。だが信長は、家康が瀬名姫と信康のふたりを殺害するとまでは思っていなかったのではないだろうか。
信康殺害は、やがて西三河衆譜代筆頭石川和正の、秀吉の元への出奔にもつながっていく。

家康としては、この頃すでに西郷の方(実際は服部平太夫保彰(やすあき)=鍛冶屋の平太の娘の於愛、平太の家は世良田元信一党の掛川の拠点だった。重掲[3516]参照) を娶(めと)り、のちに二代将軍となる秀忠も生まれている。三河守(みかわのかみ)は、もともと信康成長までの代役であったが、せっかく手に入れた三河一国を手放すのももったいない。

しかし、このまま信康を立派に成長させてしまっては、自分が退かねばならない。かと言って、このまま三河国返却をつっぱね続けて、三河一向一揆の再来になっても困る。今度は松平直系の信康だ。信康を担ぎ出されてはたまったものじゃない。後ろ盾となる瀬名姫(=元康の正室)の存在も邪魔である。
ここで信長と家康の利害が一致したのである。

信康は家康の命令によって、天正七年(1579)八月四日、大浜城(愛知県碧南市)に移送。
同八月九日、堀江城(静岡県浜松市)に移送。
同八月十日に家康が岡崎衆に「信康に与しない」と起請文を書かせる。
同八月十一日、二俣城(静岡県浜松市)に移送、幽閉。
同八月二十九日、瀬名姫惨殺。
同九月五日、徳川・北条同盟成立。
同九月十一日、織田信長上洛。
そして、同九月十五日に二俣城内にて自刃。

信康は、切腹前に「いまさら、何も申すことはないが、自分が謀反して、勝頼に一味するということは、さらに思いもかけぬことである。このことだけは、自分が死んだのちにも、お前から、よくよく申し上げてくれ。」と言い残した、と伝わっている。

介錯をつとめたのは、服部半蔵正成だが、涙が溢れて視界がままならない。「手間取ってはご苦痛のほど、恐れ入る。」と立ち合いの天方山城守通経(てんほうやましろのかみみちつね)が代わって介錯を務めた。これらは『編年藩譜』『野中家譜』『大久保物語』に同様に書かれている。無実の罪であり、真実の言葉だからである。

全く理由なく自刃させられた信康の死をもって、松平入道信光より三河の長者として世にも聞こえた名家である松平の本家本流は、ここに途絶えたのである。

(法名;騰雲殿達岩善道大居士 埋葬地には後に清瀧寺(静岡県浜松市)が建立された。)
                                  
松永知彦筆

守谷健二 投稿日:2023/05/13 11:02

【3053】[3549]『原日本書紀』はどのように修正されたのか

大宝三年(703年)、粟田真人の遣唐使は、唐朝に日本国(壬申の乱で勝利した天武の王朝)の由来(歴史)を説明した。しかし『原日本書紀』では、唐朝を納得させることが出来なかったのです。
 修正する必要があった。「万世一系」の天皇の歴史でも、唐朝が納得できるように書き換えることに迫られていた。
 最新の正史である『隋書』倭国伝(640年成立)を徹底的に研究した。『隋書』
倭国(筑紫王朝)伝を、そっくり近畿大和王朝の歴史として移し替えることにしたのです。

 『原日本書紀』は、倭国(筑紫王朝)と日本国(大和王朝)の歴史を、一つの王朝に融合させて作った(歴史)です。日本には元々大和王朝しか存在しなかった、と。
 中国正史『隋書』の倭国(筑紫王朝)記事を、日本国(大和王朝)のものに組み替えることは必然の作業でした。
 『古事記』が推古天皇(在位592~628)で終わっているのは、隋朝の存亡に対応しています。『隋書』倭国伝を日本国の歴史として取り込むことが、『原日本書紀』修正のキモ、核心でした。

 その際、困ったことがあったのです。推古天皇は、女帝です。それに対し、その当時の倭国王は、明らかに男性と書かれているのです。この倭国王は、姓を阿毎(アマ・天・海人)、名を多利思北孤(タリシホコ)と書かれおり、開皇二十年(推古八年)と、大業三年(推古十五年)に遣唐使を派遣しています。

『隋書』倭国伝より

その朝貢使曰く、「聞く、海西の菩薩天子、重ねて仏法を興とす。故に遣わして朝拝せしめ、兼ねて沙門数十人、来たって仏法を学ぶ」と。その国書(倭国王が隋の皇帝に送った)に曰く「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す、筒がなきや、云々。」と。
 帝、これを視て悦ばず。鴻臚卿にいっていわく、「蛮夷の書、無礼なる者あり、復た以て聞するなかれ」と。

 歴史好きな人には、思い当たるでしょう。この倭国王・多利思北孤は聖徳太子のモデルであることが。推古天皇は女性ですから、そのまま倭国王(男性)に当てはめることが出来なかった。そこで特別な太子(聖徳太子)が創り上げられたのです。
聖徳太子の和名は『上宮の厩戸豊聴耳命(うへつのみやのうまやとのとよみみのみこと)』と言います、勘の鋭い人はお解りでしょう。イエス・キリスト誕生説話です。キリスト教は、六世紀の中国に到達していたのです。

 『古事記』の編者は、聖徳太子を、イエス・キリストをモデルに創れと命じているのです。嗚呼!
 

副島隆彦 投稿日:2023/05/10 16:27

【3052】[3548]この「どうかしている泉(いずみ)」という人が、次の日本の指導者になるべきだ。

副島隆彦です。 今日は、2023年5月10日(水)です。

 ウクライナ戦争で、東部ドネツク州の、大激戦地のバフムートが、まだ陥落しない。民間軍事会社(PMC、パラミリタリーの非正規軍、私兵の集団)のワグネルの指導者のエヴゲーニー・プリゴージンが、「ロシア軍から、砲弾が届かない。さっさと送れー」と、怒鳴り声をあげていた(5月5日)。
 このことは、バフムートが陥落した時点(あと、たったの1.5キロ四方。2.4平方キロメートルの面積だ)で、ここに集めた記事を貼り付ける。

 今日、私が書くのは、「どうかしている泉(いずみ)」と、この30年間、地元で呼ばれ続けた兵庫県 明石市(人口30万人ぐらい)の “名物市長” を3期、12年間やって、先月、引退した、泉房穂(いずみふさほ)(今、60歳) という 素晴らしい政治家のことです。

 私は、以下に載せるインタヴュー記事から分かる通り、この泉房穂が、おそらく、小沢一郎(もう83歳)のあとを継ぐべき、日本の真実の改革勢力 の 次の代表となるべき人物だと思う。 私は、この泉氏にこれまで会ったことがないし、つい最近まで何も知らなかった。「こんなすばらしい政治家(国民指導者)が、日本で育っていたとは」と、ひとりで驚いている。 

(ここに泉房穂=いずみ・ふさほ= の 写真を載せる)

副島隆彦です。 この下の方に記事 を載せる。この名物市長の引退と共に、彼のことをずっと描いた、朝日新聞の政治部あがりの記者が、泉にインタヴューして書いた『 政治はケンカだ!・・・』という本(ふたりの共著としてある)の出版の宣伝を兼ねての記事だ。

(ここにこの本のアマゾン・リンクを貼る)
政治はケンカだ! 明石市長の12年

 この元朝日新聞記者の鮫島浩(さめじまひろし、52歳)氏は、気合の入ったジャーナリストで、朝日をやめた(2021年)あと、泉房穂明石市長に取材している。
 鮫島氏は、朝日新聞政治部の中でひどいイジメにあったようだ。福島原発の報道で、2012年に記者協会の賞を貰(もら)っていたのに、朝日が、安倍晋三政権(2012年12月)が出来て、それ以来、朝日は、安倍長期政権(7年間。統一教会が乗っ取った、日本の政権)に狙われた。

 そのせいで、朝日新聞の報道姿勢は、どんどんおかしくなって、旧来の日本の反(はん)自民党の、護憲(ごけん)勢力の中心 としての地位を、完全に崩(くず)された。今の、朝日は、もう日本のリベラル派の 代表としての面影(おもかげ)も、残さない。それぐらいに身を滅ぼして、悲惨な保守反動メディアに、変質し尽くした。

 併せて、朝日内で、船橋洋一(ふなばしよういち)という、幹部記者が、アメリカの手先に成りきって、こいつの活動と暗躍が朝日を内部からおかしくした。 鮫島浩は、朝日内部で、こいつらと闘ってきたのだ。彼の、『朝日新聞政治部』(講談社、2022年刊)に、すべてが書かれている。

(転載貼り付け始め)

〇 「 明石の名物市長・泉房穂のヤバい東大生時代…「お前ら、中途半端な爆弾撃ってくんな」革マル派や中核派とケンカしていたあの頃 」

2023年4/28(金)   現代ビジネス(講談社の 週刊現代の ウエブ版) https://gendai.media/articles/-/109491


  泉房穂氏(左)と鮫島浩氏©Makiko

 自民党総理候補に泉房穂が圧勝! (2023年)4月23日に投開票された統一地方選。兵庫県明石市でこんな大事件が起きた。自民党は立憲民主に圧勝したと吹聴するが、明石市では泉房穂(いずみふさほ)氏が立ち上げた地域政党「明石市民の会」に完全に敗北した。

 明石市は泉房穂氏が3期12年にわたって市長を務めてきた。全国に先駆けて「異次元の子ども施策」 を実行し、市の出生数のみならず人口、税収も飛躍的に伸ばして「明石モデル」と称賛された。今回はその名物市長が、これまたお馴染みとなった「暴言」を理由に辞職(政治家引退)。今回の市長選に突入した。

 泉氏の市長任期は、この4月いっぱい。市長退任翌日の5月1日に出版される泉氏の著書『政治はケンカだ! 明石市長の12年』 がいま、話題を呼んでいる。市長在任中にはけっして口に出来なかった、改革に抵抗する勢力との闘いの内幕を明らかにしているからだ。

聞き手を 朝日新聞政治部 の著者で気鋭の政治ジャーナリスト・鮫島浩氏が務めている。  市議会、政党、宗教団体、マスコミ、市役所職員……。泉氏が「四面楚歌」の状態でいかに闘争してきたか、同書にはすべて記されている。前回記事に引き続き、発売に先駆け、同書の内容を特別に公開する。  

連載『政治はケンカだ! 』第2回後編 前回記事【「障害者は放置して死んでいくのを待て」…医者の言葉に、明石市長・泉房穂が抱えた「強烈な違和感」】

故郷の明石を誰よりも愛し、誰よりも憎んでいる
 鮫島 10歳で明石市長になることを決意した泉少年は、やがて東大に入学して故郷・明石を離れます。東大時代はどんな学生だったのですか?   

泉 18歳で大学進学と同時に上京し、故郷を離れるんですが、東京でも1日遅れで神戸新聞を取ってました。なぜかというと、神戸新聞の明石版を読むため。私はどこにいようが、ずっと神戸新聞の明石版を読み続けています。それは、世の中の誰よりも明石に詳しくなる必要があったから。おそらく、いまの私は全人類の中で一番明石に詳しいはずです。

だからこそ、私は故郷・明石のことを心から憎み、心から愛してるんです。誰よりも明石について知っているからこそ、まだ消えない理不尽に対して、誰よりも強い憎しみを抱いている。  

鮫島 それは凄い。本当に、明石市長になるために人生を懸けていたのですね。

泉 半端な思いでやってないんです。上海の北に人口750万人ほどの無錫(むしゃく)という市があり、1981年に明石市と姉妹都市提携をしました。1986年、5周年記念を祝う式典が催され、明石市民が無錫に招待された。当時22歳の私は、呼ばれてもないのに勝手にバックパックを背負ってその会場に行きました。そして、式典が開催されたホテルの壁画を見ながら、「次は市長としてここに帰ってきて、この壁画を見る」と心に誓いました。  

実際に、それから25年経った2011年、姉妹都市30周年の記念式典で明石市の吹奏楽団を引き連れて、市長として無錫に戻ることができました。その時は「25年かかったか」と感慨深いものがありました。  

鮫島 たくさんの政治家を見てきましたけど、自分の故郷を「心から憎み、心から愛している」と言い切れる人は初めてです。梶山静六(かじやませいろく)さんは、故郷・茨城への愛を「愛郷無限」と言いましたが、「故郷を愛する」と訴える政治家はたくさんいても、「心から憎み、心から愛している」という人はいない。

でも、憎しみがあったからこそ、「優しいまちに変えたい」という泉さんの政治家としての原動力が生まれた。これほど一貫した人生を歩んでいる政治家は他にいないかもしれません。

何より大切なのは、市民とともにいること
鯖島 学生時代、学生運動にも参加されていたそうですね?   

泉 学生運動のリーダーをやっていて、革マル派とも中核派とも喧嘩してました。中核派に「お前ら、中途半端な爆弾撃ってくんな」とかボロクソ言ってましたね。「どうせ撃つならしっかり狙って撃ってみい」と。我ながら、ホンマに危ない人やったんですよ(笑)。  

一応私は、駒場(こまば)寮(学生寮)の寮費値上げ反対の全学ストライキを決行した最後の実行委員長なんです。 結局、負けてしまい責任を取らないといけなくなり、20歳のころ、いったん大学に退学届けを出してるんですけどね。  

私が学生だった80年代は、ちょうど、ポーランドでレフ・ワレサが、民主化運動を引っ張っていた時代と重なってまして。ワレサが電気技師として働いていたグダニスク造船所に行ってしまうぐらい心酔してました。ワレサは、1980年に独立自主管理労働組合「連帯」を創設し、既存の社会主義体制を打倒すべく、民主化運動の先頭に立ち、1990年、ついに大統領になる。一人の労働者が一国の制度を変えていく過程を学生時代に見たことで「社会は変えられるんだ」と勇気をもらった。

同時期、チェコスロバキアでもヴァーツラフ・ハヴェルらが中心となり、民主化革命が成功しましたし、「民衆の力」というものを教えてもらいました。

 翻って日本を見ると、残念ながら民衆・市民・国民が、自分たちの力で社会を変えた成功体験を持っていない。歴史を遡っても、貴族階級や武士階級の中でのクーデター的な政権交代はありましたが、常に「上の」交代にすぎず、民衆が主体となった「下からの」社会変革や革命は起きませんでした。  

私は、これはすごく問題だと思っていて、大学生時代から、日本でも民衆の立場で政治を変えていくことが必要だと考えていました。本気で革命を起こしたいと思っていた。自分にできることとしては、生まれ育った明石市の市長として、実際に社会を変えたという成功事例を示したいなと。  

そういう私の政治的なスタンスからすると、何党に付くかは問題ではなく、市民とともに進んでいければそれで十分。まあ、様々な既存の政党からしたら面白くないでしょうから、冷たくされることも多いですけど、そんなことはどうだっていい。私にとって、何より大事なのは、市民とともにいることなんです。  

鯖島 なるほど。現在の政治的状況は、有権者の立場からすると、二大政党政治の行き詰まりというか、二大政党のどちらも選びようがない状況だと思うんです。どっちもどっちで差が見えず、大政翼賛的に与党一色に染まりつつあり、野党が「もうひとつの選択肢」になり得ていない。そういった閉塞感が日本社会を覆い、低い投票率と政治不信に繋がっている。  そんな状況のいまだからこそ、「市民とともに」独自の政策を貫く泉さん、そして明石市に注目が集まっていると感じます。

受理されていなかった東大の退学届け
鮫島 学生時代に話を戻します。大学に出した退学届けはどうなったんですか?   

泉 いったんは、完全に東京の家を引き払って明石に戻っていました。地元で塾でも開いて生活しなきゃいけない、ぐらいに思っていたんですね。結局、半年後に、当時の東大の学部長から「泉くん、何してる?」と電話がありまして。「自分らは負けたんだから誰かが責任を取らないと。だから退学して地元に戻った」と近況を伝えたところ、「本当にそれは君のやりたいことなのか。そうじゃないなら、君にはまだやるべきことがあるはずだ。みっともなくても恥ずかしくてもいいから、帰ってきなさい」と言われ、復学することになりました。 
   
 結局、退学届けは受理されてなかったんです。  涙を流しながら東京に戻り、卒業後NHKに入りました。その後、テレビ朝日に移り『朝まで生テレビ』の草創期を番組スタッフとして担当し、その後、石井紘基(いしいこうき)さんの本を読んで感動しまして。石井さんを国会に送り込むために、石井さんの近所に引っ越して秘書として選挙を応援しました。ところが、選挙で負けてしまい、石井さんに謝りました。

「私はあなたを(選挙で)通したかったけど、ダメでした。次こそ通しますから頑張りましょう」と。そしたら、(石井紘基 さんに)「これ以上、君を引っ張りまわすわけにはいかない。騙(だま)されたと思って、まず弁護士になりなさい。君はいつか政治家になる。でも急いではいけない」と強く言われ、司法試験を受け弁護士になったのです。  

 若くして立候補した政治家をたくさん見てきた石井さんは、「まずはちゃんと世の中を知るべきだ」とお考えだったんです。「弁護士として本当に困っている人を助けることで勉強しなさい」と。「いずれ政治家になった時に、弁護士としての経験が必ず生きてくる」というアドバイスだったのです。  

 1997年、33歳の時に弁護士資格を取得して、明石市に戻り、市民活動のお手伝いなどに奔走しました。2000年4月に法律事務所を開業した時には、市民の方々からたくさんの胡蝶蘭(こちょうらん)が送られてきました。その時、すでに明石の一定の方々からは、「あの泉がついに明石のために帰ってきた」と認識されていたんですね。まあ、私の場合、子どもの頃から「どうかしてる奴」として有名でしたから(笑)。

なぜ一度国会議員になったのか
 鮫島 明石市民からしたら、「どうかしてる泉が、とうとう明石市長になるために帰ってきた」ということですね(笑)。ところが、故郷に戻ってすんなりと市長選に出たわけではありません。2003年の衆院選に民主党から立候補して、国会議員になっています。これは、どういう流れだったのですか?   

泉 実は2003年の、私が40歳で迎える市長選に焦点を合わせて、そこから逆算して行動していたのですが、計算が外れてしまった。その前年には、実際に立候補しかけたんですけどね。当時の市長選には、親子二代で選挙に強い候補者が名乗り出ました。彼は当時、民主党系だったから、無所属の私が手を上げようとした時に、自民党とNPO関係者が私を担ごうと近付いてきた。  

私は一貫して、市長選挙に出るときは完全無所属で出馬すると決めていたのでお断りしました。NPOと言っても、結局は既得権益層だったりしますから、彼らの応援すらもいらないと考えていた。普通の市民とともに闘うことに意味があると、最初から考えていたんです。

 でも、当時はどうあがいても勝ちきれない情勢が明らかになり、やむなく手を下げた。まだまだ自分は無力だと痛感しましたよ。それで市長選を見送り、意気消沈していたところに国政への出馬要請があったのです。暗殺された石井(紘基)さんの遺志を継ぐよう仲間から強く言われたこともあり、「それだったらいったん国政にいこう」と考え、2003年に兵庫2区から民主党公認という形で出馬したというわけです。  

 あの時は、いわゆる落下傘候補で明石の隣の神戸市から出ることになったので、神戸市にも明石市にも後ろめたい気持ちがありました。「必ず明石市長として戻ってくるから」と心に誓い、再び東京に行くことになりました。  

 国会議員になると、得られる情報が増えます。国会図書館や官僚を活用しまくって、明石市長になったらやるべきことの整理を始めました。フランスの少子化対策なんかもその頃に勉強して、市長になったら参考にしようと決めていた。  

10歳から明石市長になることに懸けてましたから、カッコつけた言い方をすると「なり方」にもこだわりたかった。市民だけを味方にして勝たないと、私にとっては意味がなかったんですね。中途半端に既得権益に担がれたら、結局、何の改革もできないまま任期を終えることになります。それだけは避けたかったのです。

連載第1回から読む【「日本一の子育て政策」「暴言、毒舌」で知られた明石市長・泉房穂氏がいま「本音」で話すこと…「『人から嫌われたくない』なんて思ったことはない」】  鮫島 浩(ジャーナリスト)/泉 房穂

【前回記事】「障害者は放置して死んでいくのを待て」酷すぎる医者の言葉…明石市長・泉房穂が抱えた「強烈な違和感」

貧しい漁村の生まれ、小卒の父親と中卒の母親、障害を持つ弟…明石市の名物市長・泉房穂の「原点」

「日本一の子育て政策」「暴言、毒舌」で知られた明石市長・泉房穂氏がいま「本音」で話すこと…「『人から嫌われたくない』なんて思ったことはない」

小柄な暴言王・泉房穂明石市長、橋下徹元大阪府知事、古賀誠元自民党幹事長…元朝日新聞記者が語る3人の政治家の「似た匂い」

関西でジワジワ広がる「明石市改革」 国会議員は与党も野党も泉房穂市長を見習え!

最終更新:4/28(金) 7:03

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 以上の記事を読んだ人は、皆、本気で考え込むはずだ。そして分かる人は、分かる。この人物が、日本国の次の指導者になるべきだ。それだけの条件と、経歴と経験と、生来の優れた頭脳と、それから、政治指導者に何よりも必要な、我慢強さと、人々を説得(せっとく)する情熱と、それから、何が有っても、決して国民(市民、住民、人民)を裏切らない、という信念が、きっと、この泉房穂(いずみふさほ)には有る。

私は、この人に一度もあっていないし、これまで、誰からも評価、評判を聞いていない。だから、あんまり早急に、「この人が、小沢一郎を継ぐ、日本の次の民衆(国民)の指導者だ」と、決めつけはいけないのだろう。だが、私、副島隆彦の眼力から、私は、判断した。
この人は、素晴らしい人だ。こんな生き方をして来た、人間は、他にはいない。

私は、今日は、これ以上は、私の泉房穂論は書かない。これから追々(おいおい)書く。

 それでも、私が、一点、ビリビリ来たのは、上記のインタヴュー記事の中にある個所だ。

「 (東大を)卒業後 NHKに入りました。その後、テレビ朝日に移り『朝まで生テレビ』の草創期を番組スタッフとして担当し、その後、石井紘基(いしいこうき)さんの本を読んで感動しまして。石井さんを国会に送り込むために、石井さんの近所に引っ越して秘書として選挙を応援しました。・・・・・暗殺された石井(紘基)さんの遺志を継ぐよう仲間から強く言われたこともあり・・・」

とある。 私、副島隆彦は、ここで、完全に、この泉房穂 という男に、同調する。何があっても、この「どうかしている泉」が、東京に出てきて、60歳から国民政治活動をする、というのだったら、彼に、すぐに会いに行って、話して、何を、一緒に出来るかを、本気で考える。

指導者は、民衆(国民)が育てる。この泉房穂のことを、これまで知っていた、明石市や兵庫県の県民たちは、彼のことを何でも知っている。東京では、上記の鮫島浩(さめじまひろし)元記者のネット報道以外では、誰も知らない。意図的に、東京のメディア(テレビ、新聞、週刊誌)が、知らせない。

 自分たち、ただの市民(人民、people  ピーポウ)こそが、政治の主人公であるべきなのだ、と知っている。 このことを、既成(きせい)の、バカ野郎の、利権屋政治ゴロたち(自民党、公明党、他の腐った野党ども)と、労働組合、それから、気色の悪い宗教団体などが、激しく嫌う。そこを、泉房穂は、たった一人で、持ち前の不屈の精神と、優れた頭脳で、乗り越えて来た。それが、偉い。

そして、私、副島隆彦が、死ぬほど感動したのは、上記のインタヴュー記事の中の、

20歳台の終わりに、石井紘基(いしいこうき。民主党の衆議院議員だった)の秘書を自分から買って出て、彼を支え続けたことだ。

(ここの石井紘基の顔の写真を貼る)

石井紘基(1940-2002)

副島隆彦です。 石井紘基は、2002年10月25日に、東京世田谷の自宅を出たところで、刺殺された。61歳だった。 彼は、野党の政治家として、日本の政治の裏側の穢(きたな)い面を、徹底的に調べ上げて、国会で、まさしく追及している最中だった。石井紘基が暗殺された事件は、21年経(た)った今でも。

 私たち、本気で日本政治のことを考えている人間たちにとっては、最重要の事項だ。私たちの精神に、重苦しく圧(の)し掛かる。石井紘基(いしいこうき)は、日本の財政問題の裏側の、アメリカによる日本からの資金の奪い取りの調査を国会議員としてやっていた。

 それだけでなく、オウム真理教という凶悪な犯罪集団が、実は、統一教会(Moonies ムーニー)の、表面の団体(フロントという)であったことまでも、当時、すでに、自分の選挙区での活動も通して知っていた。それを防止するための政治家としての活動もしていた。だから殺されたのだ。

 石井紘基の殺人者として捕まって、21年の刑に服した右翼の男が、自白して、「4500万円貰(もら)って、殺した。誰の依頼かは、言えない」と、言い続けた。日本の政治警察と裁判所は、この右翼の男の単独犯行として処理した。

今も、石井紘基の、無念の霊魂(れいこん)が、怨霊、亡霊となって、私たちの頭上をさ迷っている。なんとかして、私たちは、彼の無念を晴らさないといけない。

 私の弟子のひとりは、この石井紘基の娘さんであるターニャさんと親しい。
泉房穂は、この殺された石井紘基の秘書を、自ら志願してやっていた。このことの、素晴らしさの前に、私、副島隆彦は脱帽する。だから、泉房雄を腹の底から信用する。

 このように、私、副島隆彦が、「この泉房穂が、日本の次の指導者であるべきだ」と、書くと、おそらく、このあと、日本国内で、10万人の、この国で、ヘンな歪(ゆが)みが無く、かつ一番、頭のいい人たちが、真剣に、考えるだろう。

 今日は、泉房穂が、市長時代に、実行し、実現した、明石モデルと呼ばれる、
「 1.18歳までの医療無償化  
2. 第2子からの保育料の無償化  
3. 中学校の給食の無償化 
4.公共施設の無償化  
5.おむつの 定期便 」
という政策に、ついて説明できない。こんな凄(すご)いことを、本当にやった地方政治家 が、日本にいたとは、と、私は驚いていている。だから、暮らしやすい明石市に、移り住む人たちが、どんどん増えているという。この「どうかしている泉」が、始めた明石モデルは、今、全国の他の自治体に、広がっているだそうだ。

 皆(みんな)の代表として、ひたすら民衆、市民の支持だけを頼りに、長い試練に耐えて、ここまでニコニコと(敵たちに向かっては、激しく口で批判するという)やってきた男を、私たち日本国民が、今から、上に押し上げないといけない。

 私、副島隆彦は、遅ればせなら、この泉房穂を、応援し、次の日本国の指導者となるべき人だと強く推薦する。 
 
https://gendai.media/articles/-/109491

副島隆彦拝

守谷健二 投稿日:2023/05/10 11:52

【3051】[3547]『古事記』と『日本書紀』の関係

今回は『古事記』と『日本書紀』の関係を書きます。

『古事記』は序文に、和銅五年(712)二十八日撰上の序文を持ちます。
いっぽう『日本書紀』は、養老四年(720)に撰上されました。(続日本紀)
『古事記』の方が『日本書紀』より六年前に成立していたのですが、『古事記』の方が『日本書紀』よりコンパクトであるが故に、『古事記』は『日本書紀』を見て書かれたものである、『日本書紀』の方が先に成立しており『古事記』序にある和銅五年は偽りであり、『古事記』の書かれたのは平安時代初期であると言う『古事記』偽書説なるものがしばしば登場するのです。

ここで私は断言します、『古事記偽書説』なるものは誤りであることを。『古事記偽書説』を唱える方々には共通する二つの欠落があります。
 一つは、万葉仮名(奈良時代の文献『万葉集』『古事記』『日本書紀』などの表記に用いられた漢字)に対する理解が欠けていることです。
 歌謡などの音を表すのに借用した漢字に対する理解の欠如です。明治の末期、橋本進吉博士は、全ての万葉仮名の分析から「上代特殊仮名遣い」と呼ばれるものを発見しました。七世紀から八世紀にかけての大和地方では八母音を区別して使われていたことを明らかにしたのです。(万葉集の東歌、防人歌にはこの区別はない)
例えば、上(カミ)と神(カミ)の(ミ)は異なる発音であったことを明らかにしました。両者の(ミ)は、異なる漢字で書かれており混同する事はない厳密性を持っています。
この「上代特殊仮名遣い」は、八世紀後半に崩れ、平安時代になると消滅します。この仮名遣いの有無が、文献が平安時代以前のものか、以後のものかのリトマス試験紙になります。
日本語学者は、『古事記』の方が『日本書紀』より古い語法で書かれていることを明らかにしています。

『古事記偽書説』を唱える人のもう一つの欠落は、『旧唐書』に対する無知です。日本では『唐書』と言えば『新唐書』を指し『旧唐書』は長らく隠蔽されてきました。『旧唐書』が再度日の目を見たのは第二次世界大戦の後です。
中国では『旧唐書』の方が信頼性が高く、『新唐書』はダメな史書と烙印が押されています。日本でも『旧唐書』を無視続けることが出来なくなったのです。それでも今も『旧唐書』の倭国伝と日本国伝の併記は、『旧唐書』編者のみっともない勘違いよる誤りである、と主張しています。

『旧唐書』は、七世紀半ばまで「倭国伝」(663年の白村江の戦まで)で作り、「日本国伝」が始められるのは、大宝三年(703年)の粟田真人の遣唐使記事からです。粟田真人等の使命は明確でした。天武天皇の命令で編纂した『日本書紀』(日本国の由来・歴史)を唐朝に説明し、承認して貰う事です。

つまり大宝三年まで天武の王朝(天武天皇を祖とする)を正統化する歴史は、一応完成していたのです。(これを今、原日本書紀と呼ぶ)
『原日本書紀』の歴史では唐朝を納得させることが出来なかった、天武の王朝の正統性を認めさせることが出来なかった。故に『原日本書紀』を修正する必要があったのです。
『古事記』は、『原日本書紀』のコンパクト版です、『原日本書紀』を修正する際の指示(命令)書です。

『旧唐書』日本国伝より

 日本国は倭国の別種なり。その国日の辺にあるを以て、故に日本を以て名となす。あるいは云う、倭国自らその名の雅ならざるを憎み、改めて日本となすと。あるいは云う、日本旧小国、倭国の地を併せたりと。その人、入朝する者、多く自ら矜大、実を以て応えず。故に中国是を疑う。・・・・

もう(青柳) 投稿日:2023/05/09 10:59

【3050】[3546]現代ジャーナリズムの問題についての勉強会

会員番号1855のもう(青柳)です。元横須賀市議の一柳洋さんと「温暖化とコロナに流されない市民の会」を主催しており、前回「コロナウイルスとワクチンの問題点」勉強会にも本道場から多くの会員の方の参加を賜りました。

このたび、来る5月21日日曜日13:30から前回と同じ神奈川県民センター会議室で(反)ジャーナリスト、高橋清隆さんを講師にお招きして、「誰も伝えないメディアの虚構」と題して現代メディアの根本問題について暴露していたく予定です。高橋さんは植草一秀冤罪事件や、コロナワクチン遺族の会の取材など、大手メディアが取り上げない問題を地道に報道しつづける稀有なジャーナリストです。高橋さんは副島先生の「属国日本論・幕末編」において我が国最初のジャーナリスト、ジョセフ彦蔵が、アメリカで教育を受け、横浜領事館で通訳をしながら新聞を発行し、言論の側から国際金融資本による日本乗っ取りである明治維新を後押しした、という指摘にインスパイアされたと仰っていました。歴史を踏まえた大きな視野からのメディア論を期待できると思います。御興味のある方は是非ご参加下さい。お申込みは同会のサイト(https://ondan567kai.wixsite.com/index/イベント)からお申込み下さい。