重たい掲示板

書き込みの連番がリニューアルによりリセットされております。
旧サイトの書き込みの連番は[●●]で表示されております。ご了承ください

書き込みの連番がリニューアルによりリセットされております。旧サイトの書き込みの連番は[●●]で表示されております。ご了承ください

久我 潔 投稿日:2023/02/21 20:16

【3029】[3524]『世界覇権国アメリカ』

会員番号8712の久我 潔と申します。初めての投稿です。
副島隆彦先生の二大主著『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』を、僭越ながらTwitterにて触れさせていただきました(https://twitter.com/KugaKiyoshi/status/1627824436434059265)。正に混迷の時、今こそ先生の卓越した先見性と深い洞察に触れるべきとの思いです。プロモーションも掛けています。

ちなみにTwitterは、イーロン・マスクが買収してから格段に風通しが良くなり、彼の言う「言論の自由」に大きく近づいてきた気がします。どうか学問道場の皆様、そしてできましたら副島先生御自らにおかれましても、Twitterへの登場をご再考いただけないものかどうか、切に望む所です。今後ともよろしくご指導をお願い致します。

古村治彦(学問道場) 投稿日:2023/02/20 20:57

【3028】[3523]「副島隆彦の学問道場」のホームページ管理のお手伝い(アルバイト)を募集します(学問道場・古村)

 SNSI・副島隆彦の学問道場の古村治彦(ふるむらはるひこ)です。2023年2月20日です。

ウェブサイト「副島隆彦の学問道場」のホームページ管理をどなたかに手伝っていただきたく、お手伝い(アルバイト)を広く募集します。

仕事内容は下記の通りですが、ホームページを円滑に機能させることが大きな目的です。私がこの方面の知識や経験が足りないために、知識と経験のお持ちの方に是非助けていただきたいです。

週1回程度、事務所に来て、ホームページの管理やデータのバックアップなどの作業をしてもらいたいと考えています。アルバイト、副業を探している方には最適だと思います。アルバイト代(日給2万円)と交通費をお支払いします。

【仕事内容】
・ソースコードの管理
・問題なく機能するかどうかのホームページの管理・チェック
・「今日のぼやき」の文章の保存・バックアップ
・画像の保存・バックアップ
・ホームページ全体のデザインについての助言
・ホームページの運営についての助言
・パソコンやインターネットの使い方についての助言
など

【来ていただきたい方の条件】
・「副島隆彦の学問道場」会員の方(望ましいです)
・SEの資格をお持ちの方
・SEの実務の経験をお持ちの方
・企業・団体などでのウェブサイト管理の経験をお持ちの方
・20代、30代の男性の方(望ましいです)
・JR大宮駅から徒歩圏内にある事務所に週に1回通える方(アルバイト代、交通費支給)
・職務上知ったホームページや学問道場の情報を口外しない方

※希望者の方は履歴書をEメールに添付してお送りください。その後、こちらから連絡を差し上げて、実際に面談をして手伝っていただくかを決定します。
※募集は締め切りました。ご応募をありがとうございました。

【連絡先】
副島隆彦の学問道場
電話:048-788-1837
ファックス:048-788-1854
Eメールアドレス:snsi@mwb.biglobe.ne.jp

以上、よろしくお願いいたします。

副島隆彦の学問道場
古村治彦拝

もう(青柳) 投稿日:2023/02/20 09:00

【3027】[3521]新型コロナ感染症とワクチンの問題点について勉強会を開催します

副島先生の投稿後に失礼します。会員番号1855のもう(青柳)です。来る3月4日(土)に横浜駅近くの神奈川県民センター301会議室にて(14:00−15:40)、元横須賀市議の一柳洋氏の主催する「温暖化とコロナに流されない市民の会」勉強会「わかってきた新型コロナ感染症とワクチンの問題点」を開催します。私が公開されている論文、資料と10年以上医療安全の立場から勤務する病院内の全ての死亡例、救急に心肺停止で搬送された例の検証を行って来た経験から新型コロナ感染症とワクチンの問題点を実臨床の立場から検討します。概要は医療掲示板に掲載しました。横浜近傍にお住まいの方は是非ご参加下さい。間違った事態を「おかしい」と言える社会を目指したいと思います。

土井としき 投稿日:2023/02/17 15:14

【3026】[3520]谷崎潤一郎の神戸市芦屋の住まい。

谷崎潤一郎の神戸市岡本の家。
サニーサイドNNCorporation
http://sunnyside-nn.net/old/sarankaku/phpto.htm

旧山邑家住宅 – Wikipedia https://ja.m.wikipedia.org/wiki/旧山邑家住宅

副島隆彦 投稿日:2023/02/17 08:37

【3025】[3519]谷崎潤一郎の亡霊に、私は神戸まで連れて行かれた。

副島隆彦です。今日は、2023年2月17日(金)です。

 私は、今も、霊魂に導かれて、自分が出会った、ギリシア彫刻の女神像(3美神像とか)の100体ぐらいある、本物の大理石で出来ている彫像(トルソtorso 。ただし中国製の精緻で優美な模造 )の亡霊、怨霊に憑りつかれている。

 この美神(びしん)たちの霊から囁(ささや)かれて、私は、先週、神戸市の東灘区(ひがしなだく)で、芦屋(あしや)の隣りの一帯の、文学者、谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)の旧宅たちを探して、その辺りを見て回った。私は、谷崎の亡霊とも対話した。

倚松庵(いしょうあん)

 谷崎は、昭和の始めに、日本が戦争にのめり込んでゆく、その頃もずっと、自分の文学の信念である、耽美(たんび)と女性崇拝と女体の窃視(せっし)のエロスの世界を描き続けた。谷崎は、戦争中もずっと、「細雪(ささめゆき)」を書き続けて、自分の奥さまの松子(まつこ)夫人への愛と、さらにその実の妹たちへの愛を作品にし続けた。

谷崎と松子夫人

 谷崎には敗戦後の日本が分かっていた。戦争肯定、皇国への賛美と、戦争への追随と、ひたすら八紘一宇(はっこういちう)の思想にのめり込んだ、他の知識人や文学者とは異なった。

 女流文学者たちで、ずっと虐(しいた)げられた女たちのために言論で闘っていた、与謝野晶子(よさのあきこ)でも、平塚雷鳥(らいてふ)でも、市川房江(いちかわふさえ)でも、翼賛(よくさん)体制を支持した。
 女たちの銃後(じゅうご)の守りで、切実な愛国と、兵士たちへの慰問の活動を続けた。国民も、自分たちも兵隊さんたちのあとに、日本本土での戦いで死ぬのだ、と、脅えながら覚悟していた。

 そしてやって来た無残な敗戦後に、戦争を扇動した指導者たちと、さらには言論人たちまでもが、指弾(しだん)され、文学者の戦争責任も問われた。かつ責任を感じて、女流文学者たちも自分たち自身で鬱屈(うっくつ)した。

 高村光太郎のように、己の戦争翼賛 を自己処罰をして、岩手の 花巻(はなまき)の山荘のあばら家で生きて、死んでいった誠実な者もいた。だが、恥知らずのまま、戦後は反共右翼(はんきょううよく)となって、今度は、敵であったアメリカの忠実な、手先、子分になって、変節し尽くした、厚顔無恥な者たちも大勢いる。

 それに較(くら)べて、谷崎は、戦争反対も言わず、だた、ひたすら、英人オスカー・ワイルド張りの、人間の女性の美と、男女の愛の世界を肯定して、そのことのための文学作品を黙々と書き続けた。この態度が偉くて素晴らしい。 
そして敗戦後に、「細雪」を始めとして、谷崎の作品は、日本国民に改めて高く評価される。
 
 私は、谷崎が、太平洋戦争(昭和16年、1941年)の前(昭和11年)から昭和18年(戦争の待っただ中も)ずっと住んだ、倚松庵(いしょうあん。神戸市が、移築、復元している)に行って、本当に谷崎の霊魂と話してきた。 私が、昔から予想していた以上に、谷崎はこの家で、7年間、松子夫人(細雪の、主人公。御寮人=ごりょん=さん、2女の幸子)と。

 妹の3女の重子(しげこ。細雪のヒロイン、雪子。きあんちゃん)と、4女の信子(細雪の妙子。恋さん)と、さらには松子の連れ子の、恵美子(えみこ。松子と前夫の根津清太郎=ねずせいたろう=の娘)と、それから女中たちと、この倚松庵のお屋敷(と言っても、今では小ぶりの和洋折衷の家。住吉川河畔)をハーレムにして、びったりと女たちと寄り添うように暮らしている。

 

 美しい日本女性の、上流商家の4姉妹(英語のタイトルは、槇岡家の Makioka sisters )の娘たちとの恐ろしいぐらいに密着していた、半裸体の暮らしぶりだ。私は、谷崎潤一郎という、非政治的(エイポリティカル apolitical 、政治無関心)を装っていた、真の政治的な日本の知識人の生き方に死ぬほど感動した。
今の
 戦争と、大震災と、経済恐慌(きょうこう)の予兆で、不安に打ちひしがれ、揺れ動く、今の日本民衆の気持ちを、あの時の、谷崎の遺志を継いで、一体、誰が、今、描くことが出来るだろうか。私は、すでに、自分の谷崎追慕の評論文を書く準備に入った。

 谷崎は、戦争前も、戦争中もそして、戦後も寒い冬には、必ず毎冬、熱海にいた。大金持ちと文学者は、熱海にいる。今も、おそらく往年の大女優たちが、老婆になり果てて、その半数は、熱海に隠れ住んでいる。だから、私、副島隆彦は、熱海にずっと、もう18年も棲んでいる。そして東京と行ったり来たりしている。自分でも何故だか分からなかったが、ようやく彼ら先人の知識人たちの霊魂、亡霊が、たくさんここに居るからだと分かった。

 さて。 ウクライナ戦争での、ロシア軍が開始した、大攻勢(グランド・オフェンシヴ)は本当のようだ。プーチンが、3月までに、ウクライナ東部の2州と南部の2州の合計4州 を完全に制圧するようにと命令を出している。

 このことは、ロシア国内だけでなく、西側(欧米、デープステイト=カバール側)の諸国でも、当然の成り行きだ、と、自然に受けとめている。ロシアはこの目標を達成するだろう。だから、東部のルハンスク、ドネツクの2州で、今も激しい戦闘が続いている。

 ロシア軍の大攻勢で、ウクライナ軍の兵士と、突撃を繰り返すロシア軍の双方の兵士が、合計で毎日、800人ぐらいが戦死している。この数字は、この戦争の情勢に注目している専門家たちが誰も否定しない。

 ロシア軍の 地上軍の 歩兵部隊(グラウンド・インファントリー。英語ならGI=ジーアイ=)が、人海戦術で、突撃を繰り返している。どれだけ死んでも突撃をやめない。その真上を、ウクライナ軍の砲兵部隊の、155ミリ榴弾砲とハイマースHIMARS (高機動(こうきどう)多連装(たれんそう)ロケット砲システム)の誘導ミサイル(ロケット弾に目が付いているようなもの。正確に目標に当たる)が、激しく飛び交っている。 

 ロシア軍は、ウクライナ軍に英米から供給されている、肩掛け式(携行式)の「聖(セイント)ジャベリン」の対戦車の誘導ミサイルからの攻撃を避けるために、その攻撃範囲の外から、戦車砲の 直劇弾で、このジャベリン と ドローンの上空からの正確な爆弾投下の精密攻撃から、何とか身を守りながら、一歩ずつ前進している。

 文字通り、1日に1キロメートルとかの前進をしている。大量の死者を出しながら。死ぬのは、ほとんどが、最前線に駆り出される、戦闘経験のない新兵と囚人兵たちだ。「古参兵(ヴェテランズ)は死なず。ただ、(戦争が終わったあと)消えゆくのみ」と、マッカーサー大将が、ウエストポイント(米陸軍士官学校)での自分の引退演説でしたとおりだ。

 18歳から20歳ぐらいの新兵の部隊が攻撃を受けてたくさん死ぬ。その瞬間に、攻撃してきた敵のウクライナ軍の陣地を正確に計測して、そこに向かって、ロシア軍の誘導ミサイルの野戦砲が飛んで行く。 古参兵(ヴェテランズ veterans  )である、ワグネルのPMC(ピー・エム・シー、民間軍事会社)に再雇用されている30代、40代の強兵たちだ。それと、ロシア正規軍の中でも、最強の空軍空挺部隊(パラトルーパーズ)が、混成旅団を作って戦っている。今、まさに、激戦地で天王山となりつつある ウクライナ軍が死守している、要衝(ようしょう)バフムートの攻略、包囲戦を やっている。

 ネオナチ思想で狂っている(英と米に狂わされている)前線のウクライナ兵も、もう死ぬ気だから、勇敢だ。だが、ロシアも、今やロシア国民の多くが、自分も死ぬ気になって、

 一致団結して、銃後の守りをしている。息子たちが前線に行くことを、ロシアの母親たちは、「それが、ロシア人として、一人前の男になることだ」と送り出している。日本の愛国の母たちもそうだったのだ。

 私、副島隆彦の母親は、戦中派で、モンペを履いた女学校の生徒だったから、女子挺身隊(じょしていしんたい)になって、防空訓練や、「エイ、ヤー」と、竹やり訓練をしている。私の母は、私に、「愛国の花」という昭和18年頃の歌を、教えてくれた。
「真白き 富士の気高さを、心の強い盾)たて)として、・・・銃後(じゅうご)に映(は)える女(おみな)らは、地に咲き匂う、国の花」という 歌だ。あの時の、日本人は、皆で狂っていた。

 それが人類(人間)という愚かな生き物の、することだ。
人間は、共同幻想( きょうどうげんそう。mass illusion マス・イルージョン)に狂う生き物だ。宗教とか、国家とか、芸能、スポーツとか。私の先生の吉本隆明(よしもと りゅうめい)が提唱して論究した。

これをヨーロッパ最高の精神医学者(psychiatrist サイカイアトリス))だった、ジークムント・フロイトが、解明した。
 フロイトは、何千人もの精神病の患者を見続けた。だが、フロイトが、真に偉大だったのは、個々の精神病者の治療と症状の改善のために、精神分析学(psycho-anarysis サイコ・アナリシス)という、精神病の臨床医学を築いたことではなく( 治療はうまく行かなかった)、それよりも、 人間という生き物は、集団で発狂する、ということを発見したことだ。

 人間(人類)は、個々の遺伝子性の精神病だけでなく、集団で発狂するということを解明した。このことフロイトは、「モーセと一神教」( 年刊)という本で書き始めた。
このことで、ジークムント・フロイトは、ただの精神医学者(サイカイアトリスト。大学の精神科の医師)ではなく、世界レベルの 思想家(スインカー thinker ) になったのだ。
日本の知識人たちは、このことが分かっていない。なぜ、フロイトがこれほどに、いまも重要視されているのか。人間の本性の一部のエロス、やエゴ の研究ではない。

フロイトが真に偉大なのは、人間は個々人だけでなく、集団で発狂する生き物だ、ということを分かったからだ。そして、まさしく、1930年代の、ナチス・ドイツ政権という、集団発狂のさ中(なか)に、ウイーン大学のフロイトの研究所が、ナチスの突撃隊に襲撃を受けて、研究所ごと荒らされ、フロイトの著作をまとめて燃やされる、という、学問弾圧を受けながら、フロイトは生きた。それでもフロイトは国外に脱出しなかった。

 人間は、個々の精神病者(psyhopath サイコパス )だけでなく、民族や部族や国民国家 が丸ごと、集団で妄想(もうそう)を起こし発狂する生き物だ。 
 強度の被害妄想(ひがいもうそう。パーセシューション・マニアック)に陥って、集団で精神病に罹(かか)る生き物だ。この大きな事実を解明したがゆえに、フロイトは、人類の20世紀の大思想家のひとりになったのである。

 日本では、フロイトの全集の翻訳をしているフロイト学を専攻していると、自分では思い込んでいる学者たち自身が、このことに自覚がない。日本と言う国は、今も、その程度の知能の国だ。 日本人の精神医学者は、今も、誰も、このことで重要な研究をしている、イギリスのタヴィストック精神医学研究所(Tavistock clinic ) の存在を知らない。日本人には、教えないことになっている。

 人類(人間)が、集団で陥る、幻想 の病状が進行して、さらに症状が高(こう)じると、それは、集団発狂状態(しゅうだんはっきょうじょうたい)となる。今のウクライナ国民の400万人ぐらいがそうだ。 英と米によって計画的に、狂わされた。
 
 今、ウクライナには、もう半分の2400万人の国民(以前は4400万人の人口)しかいない。いなくなった半分のうちの、1000万人は、隣りのポーランドと西側諸国に。そして1000万人ぐらいの、ロシア語をしゃべる者(ロシア系ウクライナ人)たちは、ロシア側に国境線を越えて脱出し避難している。

 以下に載せる、ユーチューブの動画は、おそらく、自衛隊関係者たちが、広く全国の自衛隊の基地で、毎日、食い入るように見ているものだ。

「 真・防衛研究チャンネル チャンネル登録者数 15.1万人 」

と言う。軍事もの、兵器ものが、大好きな人々にとっての、毎日、定番のウエブサイトだ。

https://www.youtube.com/watch?v=01M2xXs9u10
【ウクライナ戦況】2月15日。バクムット方面ロシア軍の攻撃が弱る、損害が激しく戦力不足か! – YouTube

 この「真・防衛研究チャンネル」の 情報源は、明らかに、アメリカのワシントンから毎日発信されている、 今や、ムーニー Moonies 統一教会のアメリカの、公然と表面に出ている キンバリー・ケイガン(ケーガン)という、まだ30代の凶悪な、若い女が代表である、「戦争研究所」 ISW (アイ・エス・ダヴュリュ 。インスティチュート・オブ・スタディ・オブ・ウォー )からの情報提供だ。

(ここにキンバリーの顔写真を貼る)

キンバリーの兄は、ワシントンのムーニーの大幹部で、第3次ネオコンに潜り込んでいる凶悪な高官のロバート・ケイガン(ケーガン)である。そして、その奥さんが、まさしくこの世に生きている悪魔女でビクトリア・ヌーランド(ニューランド)だ。

 今では、私、副島隆彦の本、その他で、知らぬ者はいない、最強のキチガイ女だ。今も米国務省のアンダー・セクレタリ―(国務次官)という、国務長官(ステイト・セクレタリー)に次ぐ権力者だ。

(ここにロバートと ヌーランドの顔写真を貼る)

ヌーランド

ロバート・ケーガン

 このケーガン一家が運営している、NGOの組織であるISW「戦争研究所」は、ワシントンのムーニー(統一教会)の非営利組織のふりをしながら、ペンタゴン(米国防総省)から、公然たる支援を受けている。米軍の軍事スパイ衛星を、管理している米宇宙軍(スペイス・フォース。今も空軍の一部でありながら、今や米第5軍)のサイバー通信情報部の、全面協力を受けている。

 そして、毎日、毎日、世界中に、その画像を垂れ流している この凶悪な「戦争研究所」からの公開情報を、そのまま鵜呑みにして、そのまま日本語に翻訳して、日本のメディア、テレビ各局、そして自衛隊関係者 および、ウクライナ戦争ウオッチャー たち(だから、この真・防衛チャンネルにチャンネル登録をしている15万人と、その倍ぐらい)が、毎日見ている。

 テレビに、この1年間、出まくりの、防衛研究所の 高橋杉雄も、・・・も、・・・も、 ・・・小泉悠(こいずみゆう)ちゃん(奥さんはロシア人)も、慶應大学の今や公然とムーニーである広瀬陽子(ひろせようこ)も、・・・筑波大学=ムーニー大学の、ミルからの目が飛んでいる、キチガイの中村逸郎も・・・

 みんな、みーんな、このISW「戦争研究所」からの公開の戦争報道の、米軍事スパイ衛星からの動画配信に頼って、偉そうにテレビで発言している。 

 ・・・・そろそろウクラナイナ軍が、押されて、ボロボロになって来ましたが、皆さん、お元気ですか。まだ強気で、「ウクライナ軍が勝つ。反攻を開始してロシア軍を国境線の外まで追い落とす」と、言い続けるのですか。 ・・・このことに関心のある国民が皆さんの顔を、じーとテレビの画面で見ていますよ。このテレビ政治報道番組を飽きずに見ている国民というのも、かなりおかしな人たちだ。

 大半の国民は、もう、あまりテレビのウクライナ戦争報道を見なくなっている。ただ、時々、ニューズ報道が有ると、不安そうに聞いている。民衆と言うのは、いつの時代も、こういうものだ。
 だから、皆さんも、たまには、この戦争報道の、今では、こんなに便利な、宇宙衛星からの画像を使った戦況(せんきょう)報告の、ユーチューブ を見て下さい。これが、今、私たちの世界で、毎日、起きていることだ。 実際に毎日800人ぐらいの兵士、軍人(下士官から上)が死んでいる。

 地球のほぼ反対側(ウクライナから8000キロぐらい離れている)私たちの日本の、今の平穏無事な平和な暮らしがある。それでも、やはり、ふわふわした奇妙な感じが、私たちの日常にも、どこかから伝わってきて付きまとう。 今、世界は戦争をしているのである。
そして、ますます、大きな戦争に繋(つな)がって行きそうなのである。

 だから、私は、自分が、戦争に向かう時の知識人としての心構えを習う(倣う)ために、谷崎潤一郎の霊魂、すなわち、魂(スピリット)と霊(ソウル)に、誘(いざな)われて、神戸の彼の旧宅の辺りをさ迷った。

 「死ぬのが いいわ」 という 若者の世界で、大ヒットした歌が有る。
 年末のNHKの紅白歌合戦に、NHKの決断で、急に出場が決まって、藤井風(ふじいかぜ)という、まだ20代のロック歌手(だろ?)の若者が、この「死ぬのが いいわ」を歌った。最後は、ステージに倒れて動かなくなった芸をやった。驚いた視聴者たちから、

「こんな気持ちの悪いのを紅白に出すな」の抗議の電話がNHKに殺到したらしい。だが、多くの国民は、「なんだ、これは。でも、若い人たちの中から、こんなやつが出て来て人気を取るのだろう」と受け入れた。

( ここに、「死ぬのが いいわ 」の ユーチューブを貼り付ける)
https://www.youtube.com/watch?v=6ZxsuFajQDo

藤井 風 – 死ぬのがいいわ(Visual) – YouTube

が、今の日本人の気持ちをよく表している。

「死ぬのがいいーわ、死ぬのがいいーわ」 
「あんたと このまま おさらばする よか(よりも) 死ぬのが いいーわ」

と歌っている。この歌は、一昨年から、東南アジア諸国にも広がって、ヒットしている。特にタイ国で大ヒットしている。東アジアで、2億人が見ている、と。 

 この曲と歌の感じが、今の地球(=世界)を覆(おお)っている。明らかにこれから、「ロシアと中国 対(たい) アメリカおよびヨーロッパ諸国」とで、始まりそうになってきた、第3次世界大戦への突入を予感している。そして、そこに向かって、人類の一挙の大量死(すなわち核戦争 ニュークレア・ウォーフェア nuclear warfare  )の恐怖を感じ取り、戦争を予感して、この世界から吹いている風を、皆が肌で感じている。

 
 特に、若い人たちほど、敏感にこの戦争の予感を感じている。若い人たちほど、死にたくない。だが、戦争になれば、どうしても若い人たちから先に大量に戦場で死んでゆく。私が、前の方に書いた通りだ。

 私たちは、今、ウクライナ戦争(実際には、米欧 対 ロシアの戦争)が起きている現実の世界を包む、不安な空気の中で生きている。

 それでも、それでも、だ。 私たちは日本人として、世界に向かって、大きな指針を示さなければいけない。
 日本は、露と中 (ロシアと中国)帝国 に 付くことなく。かと言って、アメリカ帝国 の忠実な家来、子分(すなわち属国)を今のまま続けることもなく。

 アメリカが密かに置いている核兵器を、日本から撤去させて。 そろそろアメリカの支配から、身を振りほどいて、私たちの日本国 は、世界に向かって、今、私たちが持っている、この 平和憲法(憲法9条。戦力不保持。交戦権の否定。そして戦争そのものの放棄 )という明文を振りかざして、

 「世界戦争に向かっている、2つの勢力に向かって、言います。日本は、先に、もう戦争をしないと決めました。だから、どちらの勢力にも付きません。日本は中立国です。ですから、どうか、東京で和平交渉(わへいこうしょう。ピース・トークス peace talks )の為の、話し合いをして下さい。何十回でもしてください。核戦争で、人類を滅ぼしてはいけない 」 という 声を上げるべきだ。 

 それが、私たち日本人に 課されている、世界に向かって日本が貢献できる、これからの日本の、唯一の 大きな仕事だ。 私、副島隆彦は、今、真剣にこのように考えています。

 副島隆彦拝  

かたせ2号 投稿日:2023/02/13 19:11

【3024】[3518]PR:イーロン・マスク「Twitterファイル」のわかりやすい解説記事を、「ふじむら掲示板」に紹介・引用しました。

1.
さて先日、イーロン・マスクの「Twitterファイル」に関するわかりやすい解説記事を見つけました。そこで、本日、2023年2月13日、「副島隆彦の学問道場」内にある「ふじむら掲示板」の[544]から[537]に、解説記事の紹介と引用を行ない記録・保存しました。
(掲示板リンク先)https://www.snsi.jp/bbs/page/16/

この、Twitterファイル(ファイルは現時点で、1から12まであります)解説記事は、匿名の情報提供者から、とあるサイトの管理者にリークされ、2023年1月27日から2月8日にかけて、サイト管理者の手を経て、配信されました。
Twitterファイルについて、日本のマスコミが一切とりあげていない中、今回紹介する解説はとてもわかりやすいので、大変に貴重です。
この情報を日本国民が広く知ることは、日本国民および世界にとっても有益なことだと考えます。
ご興味のある方は「ふじむら掲示板」にある紹介記事([544]から[537])を、ぜひ、ご参照ください。
(掲示板リンク先 再掲) https://www.snsi.jp/bbs/page/16/

2.ご参考:Twitterファイルとは

(紹介記事の中から抜粋開始)
Twitterを買収してCEOに就任したイーロン・マスク氏は「Twitter内部では民主党支持層の力が圧倒的に強く、バイデン大統領の息子の汚職を隠していた」ということを「Twitterファイル1」で公表したことを皮切りに、Twitterがひそかに実施しているとされる「シャドウバン【※】」の実態について明かす「Twitterファイル2」などを次々に公表しています。

(【※】シャドウバン:ソーシャルメディアの運営側が悪質なユーザーのアカウントの投稿をタイムライン等に表示させないように設定して(公の目に触れないようにして)半ばアカウント凍結(ban)に近い状態にする措置のこと。)

ツイッターファイルの目的は、ツイッター社と左翼思想及び政府による監視の影響を過去のコンテンツモデレーション(不特定多数のユーザーによって投稿されたインターネット上のコンテンツ【書き込み・画像・動画】を監視する「モニタリング業務(=投稿監視)」のこと)から精査し、暴露することでした。

また、ツイッターファイルの公開と同時に、コンテンツ モデレーション チームを含むツイッター社の大規模な解雇も行われました。
しかも、Twitter ファイルの特徴は、CEO のイーロン マスク氏によって選ばれたジャーナリストが、みんな反トランプ、非常にリベラルな価値観を持った人たちであるということにつきます。
(紹介記事の中からの抜粋終わり)

3.
この解説記事で一番の肝(キモ)となる、情報提供者の主張は、ここだと、わたくし、かたせ2号は判断したので、以下に抜粋します。

(抜粋開始)(ふじむら掲示板、[541]から。)
要するに、(Twitter社は)自分たちのリベラルな価値観で、左翼的な価値観で、それに一番反対しているトランプ、トランプ支持派、これはけしからぬということで、事実を歪めて言論弾圧、検閲をやっていた。そして、反トランプの急先鋒であるFBIと表裏一体で、権力と一体となって権力を行使して、民間人の言論まで弾圧していたという、明らかに憲法違反、アメリカの法律に違反することをやっていました。

いわゆるプラットフォームとしての資格がここで完全になくなっているってことは確かですね。メディアとプラットフォームというのを区別するのは大事なことで、メディアは、例えばニューヨークタイムズはニューヨークタイムズの意見があって、それを言っていい。ウォールストリートジャーナルはウォールストリートジャーナルの意見を言っていい。自分たちの意見に合わない投書なんかは載せなくてもいい。

しかし、プラットフォーム企業というのは独占企業、独占寡占状態にありながら、独占禁止法を適用されて分割とかされていません。なぜそうかと言えば「ここに入ってくる言論は、全部自分たちは単なるプラットホームを提供しているだけですから出しますよ。ですから、自分たちの意見を反映させません。自分たちの意見によって、この意見はいいから載せます、この意見は悪いから載せませんということはいたしません。」というのが、プラットフォーム企業として独占禁止法分割なんかの適用を免れている非常に大きな理由でもあるんですね。

また、それによって言論の責任からも解除されているということですが、自分たちの好みの意見は載せて、そうじゃない意見は載せないということであれば、プラットフォーム企業としての資格がないということになります。ここら辺は2022年12月15日にやったトランプさんの演説が鋭くついているところです。
(抜粋終わり)

かたせ2号です。上記文面に対する、わたくしの解釈を述べます。

「Twitterファイルで事実が明らかになったので、2022年12月15日付トランプ演説の内容通りに、これからアメリカが動いていく」という宣言になっています。

そう解釈する理由は、Twitter ファイル爆弾の投下開始日が2022年12月20日で、トランプ演説(12月15日)から、スケジュールがそのまま地続きでつながっているからです。
ドナルド・トランプとイーロン・マスクは緊密に連携して、行動をとっています。これは、もう間違いない。そのことを、上の文面は、暗に認めています。

4.
最後に。
2022年12月15日付トランプ演説全文の和訳を、以下のサイトから引用します。
今後、ホワイトハットの手によりアメリカで実現されるであろう、重要な法的仕組みとなります。
よろしくご参照ください。

https://ameblo.jp/trump123456/entry-12779789683.html

トランプ応援ブログbyいけさんのサイトから。

(引用開始)
2022年12月15日。トランプさんの重大発表ありましたね!トランプカード発売発表!
からの
『デジタル権利章典』の詳しい計画の発表。

トランプさんが大統領に就任した直後に既存メディアは存続できなくなるという事ですね。

以下、全文を載せます
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
言論の自由がないのなら、自由な国とは言えないだけだ。それはとてもシンプルなこと。この最も基本的な権利が失われれば、他の権利や自由も崩壊してしまうだろう。ドミノ倒しのように、ひとつひとつが崩れていくのだ。

だからこそ今日、私は左翼の検閲体制を打ち砕き、すべてのアメリカ人のために言論の自由の権利を取り戻す計画を発表する。

この場合、取り戻すという言葉は非常に重要である。なぜなら、彼らはそれを奪ってしまったからだ。

ここ数週間、ディープステートの官僚、シリコンバレーの暴君、左翼活動家、堕落した報道機関の邪悪な集団が、米国民を操作し黙らせるために共謀していたことが、衝撃的な報告で確認された。

彼らは選挙から公衆衛生に至るまで、あらゆる重要な情報を抑圧するために協力してきた。検閲カルテルは解体され破壊されなければならず、それはすぐにでも実現されなければならない。

そして、これが私の計画だ。

まず、私の就任後数時間以内に、私は大統領令に署名し、連邦省庁がいかなる組織、企業、個人と共謀して、アメリカ市民の合法的な言論を検閲し、制限し、分類し、妨害することを禁止することにする。

そして、連邦政府の資金が国内の言論封鎖に使われることを禁止する。そして、国土安全保障省、保健福祉省、FBI、司法省の誰であろうと、直接的、間接的に国内検閲に関与した連邦官僚をすべて特定し、解雇するプロセスを開始する。

第二に、私は司法省に、絶対的に破壊的で恐ろしい新しいオンライン検閲体制に関わるすべての関係者を調査し、特定されたあらゆる犯罪を積極的に起訴するよう命じる。

これには、連邦市民権法、選挙資金法、連邦選挙法、証券法、反トラスト法、ハッチ法、その他多くの潜在的な刑事民事規制法および憲法違反の可能性がある。これらの取り組みを支援するため、私は下院共和党員に直ちに保全の手紙を送るよう促している。

そして、バイデン政権、バイデン陣営、シリコンバレーのあらゆる技術大手に対して、検閲の証拠を隠滅しないよう命令することを、今すぐ実行しなければならないのである。

第三に、私が大統領に就任した暁には、通信品位法230条を改正し、大手オンライン・プラットフォームを検閲ビジネスから解放する法案を私の机に送るよう議会に要請する。

中立性、透明性、公平性、無差別性などの高い基準を満たせば、これらのプラットフォームに対して、児童搾取やテロリズムの助長などの違法コンテンツを取り締まる努力を強化するよう求める一方で、合法的な言論を勝手に制限する力を劇的に抑制する必要があるのだ。

第四に、いわゆるデマや偽情報に取り組むという偽りの口実の下に生じた有害な検閲産業全体を解体する必要がある。

連邦政府は、この権威主義的プロジェクトを支援するすべての非営利団体と学術プログラムへの資金提供を直ちに停止すべきである。もしアメリカの大学が過去に検閲活動や選挙妨害、例えばソーシャルメディアのコンテンツにフラグを立てブラックリストに載せるようなことをしたことが発覚したら、その大学は5年間、あるいはそれ以上、連邦政府の研究費や学生ローンの支援を失うべきだ。

私たちはまた、民間団体と提携して憲法を回避し、アメリカ人から憲法修正第14条および第5条の権利を奪う連邦官僚に対する明確な刑事罰を定めた新しい法律を制定すべきだ。

言い換えれば、投票権を奪うのだ。そして、その選挙を失い、私たちのように国境を失えば、もはや国とは言えない。さらに、主要なプラットフォームが浸透している問題にも直面する。元政府高官や情報機関の職員が大勢入り込んでいるという問題にも直面する。FBI(連邦捜査局)、CIA(中央情報局)、NSA(国家安全保障局)、DNI(国家情報長官)、DHS(国土安全保障省)、DOD(国防総省)の職員が、膨大な量のユーザーデータを保有する企業に就職する前に、1年間の冷却期間を設けるべきである。

第五に、ついに議会がデジタル権利章典を可決するときが来た。

これには、デジタル・デュープロセスの権利も含まれるべきである。
つまり、政府関係者がオンラインコンテンツを削除するには、裁判所の命令が必要であり、FBIがTwitterに送っていたような情報提供の要請は必要ないはずだ。

さらに、大きなオンラインプラットフォームのユーザーがコンテンツやアカウントを削除、シャドーバン、その他の制限を受けた場合、それがどのような名前であっても、それが起こっていることを知らされる権利、その理由の具体的な説明を受ける権利、タイムリーに訴える権利を持つべきだ。

さらに、18歳以上のすべてのユーザーは、コンテンツの検閲や情報操作を完全に排除し、操作されない情報の流れを受け取る権利を持つべきだ。

言論の自由のための戦いは、アメリカにとって、そして西洋文明の存続そのものにとって、勝利か死かの問題だ。
私が大統領になったら、この検閲と情報統制の腐ったシステム全体がシステム全体からはぎ取られ、言論の自由を回復することによって何も残らなくなり、民主主義を取り戻し、国を救うことができるようになる。

ありがとう。そして、アメリカに神の祝福を。
(引用おわり)

以上

副島隆彦 投稿日:2023/02/09 17:27

【3023】[3517]副島隆彦の金融セミナーが開催されます。

副島隆彦です。 今日は、2023年2月9日(木)です。

 今から1か月余先ですが、3月19日(日)に開催される、私の 金融セミナーの 宣伝をします。
 そろそろ、世界が本当の激動期に入ります。ここから先は、視界不良となって、暴風雨の中を、突き進む感じになります。みんな、気を引き締めてください。
 金融の予言者(プレディクター)を公言している、私の言葉と理論に、真剣に耳を傾けて、しっかり付いて来てください。

 私の予言と忠告に従わないで、いい加減な、甘えた考えのままでいると、自分自身が、ひどい目に遭うでしょう。現実から振り切られて、投げ捨てられます。だから、金融のことに関心が有って、お金に余裕のある人は、私のこの金融講演会に参加してください。

 あるいは、オンライン配信の 動画でも見れます。セミナーの翌日に配信するそうです。このオンライン配信を見て、私、副島隆彦が、本気で何を話すのかを、聞いてください。

詳細は、以下のとおりです。

===============================
「副島隆彦(そえじまたかひこ)の“予言者”金融セミナー 第25回」
*会場:イイノホール&カンファレンスセンター 東京都千代田区内幸町2-1-1
*日時:2023年3月19日(日) 
 開場・受付/11:00~ 終了/17:30 (予定)
*受講料:15,000円(税込)/指定席  または オンライン
===============================

申し込みは、コチラから ↓↓↓
https://kokc.jp/e/ba8247699b634ffb67ca7c6b7bf32f5d/

副島隆彦拝 

1つ前の松永知彦 君の文。 本人が加筆訂正した。 投稿日:2023/02/09 11:57

【3022】[3516]真実の徳川家康  加筆後の 松永知彦君の文の 再掲載

副島隆彦です。今日は、2023年2月9日(木)です。

 以下に載せる文は、この重たい掲示板の 「3515番」の文を、書き直して、加筆して、載せ直したものである。書いた人は、名古屋市に在住の、私たちの会員の松永知彦(まつながともひこ)君です。

 以下のとおり、今日のぼやき の 方を読みに行ってください。一体、歴史の真実とは何か、を、皆で、真剣に考えましょう。

現在、毎週放送されている、NHKの大河ドラマ「どうする家康」のウソつき に対して、私たちの学問道場は、真実暴(あば)き刀(とう)を振りかざして突撃してゆきます。 奮闘する 松永君の歴史研究の精緻な腕前と能力に、皆さんも声援を送ってください。ここに至る、松永君の古文書(こもんじょ)収集と、その読み込み、そして現地調査の労苦に思いを致しましょう。 

 今日のぼやき 「2039」番  【再掲載】「1456」番の   村岡素(もと)一郎 著 『史疑(しぎ) 徳川家康事績』(1902年刊)についての 松永知彦氏の長文の歴史論文を載せます。 2014年6月10日【再掲載】(第1回・全2回)  2023年2月8日

 私は、松永君とは、8年前(2014年)に名古屋市でお会いして、「真実の徳川家康は、こういう人物だった」の話をしました。 あれから8年が経(た)ちました。昨日、松永君と久しぶりに電話で話しました。
全くもって、歳月(さいげつ)は慈悲(じひ)を生(しょう)ず、で有ります。

 以下の文は、おととい松永君が投稿した重たい掲示板の文を、一昨日、彼から送って来た、新しい文に、私が、張り替えます。

 以下の松永君の文に、さらに私が、少しだけ手を入れます。そうしないと、ただでさえ、「隠されれている歴史の真実 を 表に出す」と言っても、興味も関心もない人たち(その程度の頭、思考力)を、文章で説得することは難(むずか)しい。それでも、真実を(は)明らかにしなければいけない。何100年も、そして今猶(いまなお)、ウソが堂々とまかり通ってはいけない。それが私たちの学問道場に集まる者たちの信念であり、深い決意である。

(転載貼り付け始め)

学問道場の会員で、名古屋の松永知彦 と言います。
  今年のNHKの大河ドラマ 「どうする家康」が1月から始まった。
今までとは違うあらたな家康像を描いているということで、表面上は好評のようだ。
ドラマはドラマという創作なので、その構成や筋書きに対して、私はあれこれと書くことはしない、と思っていた。

 しかし、放送5回目にして、私は、もう我慢ができなくなってしまった。
清州城(きよす)で、松平元康(まつだいら・もとやす)と 、お市の方が婚姻を結ぶ寸前までいったり、服部正成が忍びの姿で瀬名姫を救出しに駿府へ向かったりと色々驚かせてくれるのだが、だからといって通史をもとに構成、脚色されているドラマに目くじらを立ててあれこれ批判したところで、やはりどうしようもないと思い直した。

 それで、ここでは、今年のNHKの大河ドラマの初回放送から5回目までに描かれた時代背景を中心に、ドラマでは描けるはずもない真実の家康の姿をざっと書いていきたいと思う。

 ただし出典からの引用文や結論に行き着くのまでの解釈などを書いていると長大になってしまうので、ここでは真実のみを極力簡潔に書いていきます。時々脱線するかもしれませんが。

 最初に、大きな真実として、(副島隆彦注記。三河(みかわ)大名だった)松平元康(まつだいらもとやす)と、のちの徳川家康とはまったくの別人ということを再確認しておく。ここでは松平元康が、摩り替った、徳川家康は、当時、自身をどのように名乗っていたかははっきりしないので、先駆者たる村岡素一郎(むらおかもといちろう)に、敬意を表し世良田次郎三郎元信(せらだ・じろうさぶろう・もとのぶ) とする。

 世良田元信(せらだもとのぶ)の生まれは、駿府(すんぷ。今の静岡市)であり、祖母の於岩(於万=おまん=とする説もある)と、府中少将の井宮前(ふちゅうしょうじょうのいみやのまえ)町 に居住していた。 (『三河紀』『岡崎物語』『松平開運録』『駿河誌』『駿河近在巡見集』)

 この府中少将の井は、少将井の 社前(やしろまえ)の、下層民の、ささら者 の集団や、願人坊主(がんじんぼうず。 諸国を旅してまわる遊行=ゆぎょう=僧、隠密=おんみつ=の役目も負っていた ) が居住していたところだ。

(副島隆彦加筆。NHKのテレビで描かれているような)宮ケ崎にあった今川の人質館 (駿府城の北側の武家屋敷の中の、立派なお屋敷 )とは場所が違う。(『武徳編年集成』『烈祖成績』『逸史』)

(副島隆彦加筆。それに対して、駿府城の東の方の、下層民が住んでいた)この宮の前町に住んでいた ささら者たちの集団は「お社(やしろ)の前にて不浄なり」とのことで天正年間に八幡小路(はちまんこうじ)に移転させられ、のち、延宝(えんぽう)年間に、川の辺・馬淵に移転させられている。

 於岩(副島隆彦加筆。のちに源応尼(げんのうに)と名乗らされた、真実の家康の、祖母の於万=おまん)である。この祖母は、近くの、刑場であった、狐ケ崎(きつねがさき)の傍らにある末寺の知源院(のちの華陽院(けいよういん) = 現在の誉田町(ほんだちょう)にある府中寺 。副島隆彦注記。現在も残っている。皆で見学に行くべきだ。私は行った。この於まん(源応尼)の墓が有り、幼稚園も経営している。江戸時代の大名たちは、参勤交代の時に、この華陽院の前で降りて参拝したという)に、ほとんど住み込みのようにして出入りしていた。

(副島隆彦注記。。静岡市=駿府(すんぷ)の 華陽院に引き換え、今の愛知県の三河岡崎城の松平氏の累代の居城の方は、大名たちに忌避され、素通りされた。岡崎城は、深い謎が有って煙たがられた。私、副島隆彦が40年前、1980年頃に訪れた時には、岡崎城の周囲は、草ぼうぼうの荒れ放題だった。 ) 

  お岩(真実の家康の祖母)は、(刑死者を弔う)比丘尼(びくに。尼さん)だったからである。世良田元信は幼少期を八幡小路にある円光院(えんこういん)の智短上人(ちたんしょうにん)のもとで、読み書きを習いながら元気に暮らしている。 (『咬雑物語』)

 これは竹千代( 松平元康の方、当時8歳 ) が 、天文十八年(1549)十一月に人質として初めて駿府に送られる(副島隆彦加筆。 ことになっている。おそらく岡崎上の中で、殺されて摩り替られた、三河大名・松平元康=まつだいもとやす=)方のよりも、一世代、前の話である。村岡素一郎氏は根拠を示していないものの松平元康は世良田元信よりも4歳年上だとしている。

 駿府到着後の竹千代は、(三河松平氏 から、駿府今川家への少年人質として)宮ケ崎の今川館に居住している。松平元康が教えを受けたのは、(立派で高名な )禅宗の僧侶の、太原雪斎(たいげんせっさい)で 清見寺(せいけんじ)もしくは、臨済寺でのことである。
 
 元康は病気がちで終始元気がないため世話役として祖母の於富=源応尼(げんのうに) が岡崎から呼ばれている。(『府中寺々記』)  徳川家康となって以降、各々の祖母である於岩(真実の家康の祖母) と、於富(源応尼。三河大名松平元康の祖母 )がひとりの人物となってしまった。

 のちに家康によって慶長十四年 (西暦1609年)に立派に建て替えられた華陽院(けよういん)には「家康生い立ちの地」の立て看板があったが、今もあるかどうかはわからない。加えて『大日本駿州城(すんぷじょう)府分(ふぶん)時鐘銘(じしょうめい)』には、「そもそも駿府というは、なかんずく東照大権現(とうしょうだいごんげん)垂迹地(すいじゃくのち)なり 」と書かれている。

 垂迹(すいじゃく)とは、仏教用語で、出現とか生誕の意味である。『駿河誌』にも、その場所は「今の華陽院境内なり」と書かれている。すなわち華陽院の前身である知源院の境内こそが、真実の徳川家康生誕の場所なのである。

(副島隆彦注記。 真実の家康の真実の父親は、上州=今の群馬県=世良田村から、駿府=静岡市=に流れ着いていた、下層民の 願人坊主(がんじんぼうず)の江田松本坊=えだまともとぼう=である。当時の戦国の世の、荒くれ者の流浪人だろう)

(副島隆彦加筆。1560年5月の桶狭間の戦いの直後、総大将の今川義元を失って、困り果てて)大高(おおたか)城から岡崎に戻った時点で松平元康は亡くなっている。(家康研究家の)木宮高彦氏 が主張する瘴癘(しょうれい。現代のマラリアにあたる)だったかもしれないし、大樹寺(だいじゅじ)到着後、自害したのかもしれない。

 あるいは世良田元信に誘い出されて小幡が原(名古屋市守山区)で暗殺されたのかもしれない。いすれにせよ桶狭間の戦いの後(あと)で、松平元康は、世良田元信と入れ替わったのである。その証拠がある。

 永禄三年(1560)六月七日付けで地元、中山庄(なかやましょう)の、天野与惣(あまのよそう)と、鈴木右衛門三(すずきうえもんざ) のふたりにあてたお墨付きの書状である。

 これは桶狭間の戦い以後、最初の元康の花押(かおう)入り書状である。その字体はのちの徳川家康時代の花押とその字体や筆裁きがそっくりである。それなら問題ないではないか、とはならない。

 桶狭間の戦い直前の、永禄三年四月七日付けの書状でほぼ同じ内容のお墨付きが前述のふたりに対して元康の花押で出されているのである。問題はその花押である。桶狭間の戦い前の元康の花押は、丸く線の細い、駿河大名の今川義元(いまがわよしもと)の花押によく似たものである。

 だが、桶狭間の戦いの後に出された書状の元康の花押は、のちの家康と花押と字体もよく似た角張った字で筆の太い花押である。しかもこの花押はその後6通出されたあとしばらく姿を消し、また元の丸く細い花押に戻っている。(『徳川家康・下巻(木宮高彦)』) 家臣がこれはまずいと世良田元信に練習でもさせたか。

 木宮高彦氏は、このお墨付きをもらった天野与惣と鈴木右衛門三が桶狭間の戦い後、お家の大事と岡崎城へ駆け付けたら、なんと主人が変わっていたので慌てて同じ内容の書状を再度もらったのであろう、と推測している。

 これが6通あるということは同様のケースが6回あったということであろう。だが家康風元康の花押の書状について説明されている公式の資料や専門家の方々の意見はこれまでまったくない。この二通りの書状は『参河誌』にも記載されているし大変重要な歴史資料だと思う。だから 歴史学者の皆様方、自説でよいのでいつか必ず説明してくださいね。素通りなどせずに。

 NHKの大河ドラマ「どうする家康」では描写はなかったが、桶狭間の戦いは、実は桶狭間ではおこなわれていない。主戦場は、田楽ケ窪(でんがくがくぼ。田楽久保または田楽坪)である。 田楽狭間とする文献もあるが田楽ケ窪が正しい。田楽ケ窪は桶狭間道からは鎌倉街道を挟みかなり離れている。その田楽ケ窪の南側周辺に桶狭間山(おけはざまやま) はある。 だが桶狭間山というのは固有の山の名称ではなくこのあたりの山々の総称である。

 そもそも狭間とは山と山の谷間のことであるから山の名称にはなり得ない。このあたりは桶のように見えるので桶狭間と呼ばれるようになった。今川義元が討たれた場所は田楽ケ窪からさらに北西2百メートルほどであろうか。

 地形的に今では織田軍は今川軍に対し奇襲ではなく正面衝突だったというのが通説であり、わたしもその説に異論はない。ではなぜ古来より奇襲説が語られ桶狭間の戦いではないのに桶狭間の戦いと言われているのか。

 それはこの時、世良田元信一党が、今川家臣が宴会をしていた田楽ケ窪か、もしくは今川義元の休息地を見下ろせる桶狭間山のどこかに潜んでいたからである。そこから戦況を見極め、好機とみるや、一気に山を駆け下り織田側に加勢をしたのだ。このことが「桶狭間の戦い」と伝わり、「山を駆け下る奇襲」の口伝の元となったとわたしは考える。

 今川義元に一番槍をつけた服部小平太(はっとりこへいた)も首級をとった毛利新介(もうりしんすけ)も、織田氏の家臣ではない。『尾張誌』には、服部小平太は今川軍に最初から従軍していたかのような記述もある。織田信長も一番の功労者であるこのふたりに何の恩賞も与えていない。服部小平太はこの戦いののち徳川家康に仕え、その後、豊臣の家臣として送られている。毛利新介は、そのまま残り、織田信長の嫡男、信忠(のぶただ)の家臣となった。ふたりとも(副島隆彦注記。以前から今川方に潜り込んでいたスパイであり、尾張大名の織田信長の忠実な家来だったのだ。そしてこのあとの人生は)徳川方の間諜の役目を担ったであろう。

 第八代将軍吉宗(よしむね)公の時世に、堀杏庵(ほりなんあん。きょうあん?)が、『庚申闘記(こうしんとうき)』に「神君家康公のお力添えとお導きがあってこそ、織田信長公は今川義元公を討ちとり徳川家も開運の基をひらいた。」と書いてしまっている。

 しかもそれを書物(しょもつ)奉行の堀田恒山(ほったこうざん)が後押している。そればかりか、堀田恒山(ほったこうざん)は、『石ガ瀬 合戦 始末記』で、松平元康と徳川家康は、石ガ瀬と和田山で二度対戦しているとまで書いてしまって、大岡越前守忠相(ただすけ)から発禁処分を受けたあげく、尾張七代宗春(はるむね)も謹慎処分となっている。『松平紀 徳川合戦資料大成(八切止夫)』

 桶狭間の戦いで、世良田元信が織田勢に加勢したことは間違いなく、松平元康と徳川家康が別人であることは、実は尾張では昔から言われていたことなのである。

 ちなみに桶狭間の戦いの後、松平元康が大高城から岡崎城へ戻ったルートは2説ある。一般的に言われている大高から池鯉鮒( ちりふ。現在の知立(ちりゅう)市)、今村、大門などを通る陸上の鎌倉街道説と、大高から大野浦、常滑(とこなめ)、亀崎、高浜から船で岡崎、という海上ルートである。

 どちらの説もその途中の寺社に家康公が立ち寄った時のことを詳細に記されたものが残されており、ここ愛知県の地元では、各ルートの支持者の間で論争が続いていて未決着である。だが、何のことはない。陸上ルートが松平元康で、海上ルートが世良田元信(副島隆彦注記。摩り替わる前年の、戦場スパイの一団を率いていた)である。

 ここでは書かないが、それぞれに付き従った家臣の名を確認すればわかるのだ。(歴史研究家の)木宮高彦(きみやたかひこ)氏は、別の海上ルートの方を「知多半島横断説」と名付けて『徳川家康・上巻』の中でそちらを主に紹介している。だが、わたし松永は、大高から大野浦、常滑(とこなめ)、亀崎、高浜から船で岡崎、が世良田元信のルートだと思っている。

 その桶狭間の戦いの約1ケ月前の永禄三年(1560)五月六日、今川義元が上洛するにあたって狐ケ埼で(副島隆彦加筆。尾張の信長勢に対する)戦勝を祈念する祭事があった。そこで軍神の血祭として処刑されたのが、世良田元信の祖母の於岩(松平元康に摩り替わる前の世良田元信の真実の祖母 )である。

 『松平啓運録』に「狐ケ崎の知源院に尼公を葬り去る。慶長十四年これを移す」とある。処刑の理由は、その数日前、世良田元信とその一味が、今川館から竹千代( 副島隆彦注記。のちの岡崎三郎信康=のぶやす= 。

 殺されて摩り替られた、三河大名・松平信康の長男。2歳の幼児 )を 誘拐したことが露見したからである。於岩の甥であり、のちに大河内(おうこうち)姓を引き継ぐ源三郎の妻が乳母として今川館に仕えていた。この女が手引きしたのだ。源三郎もこの時、捕らえられ8年後の駿府落城まで牢に入れられている。
 
(副島隆彦注記。この時、家康の真実の母である、於大=おだい=、のちの江戸(東京)に今も有る文京区の伝通院=でんつういん=さま のこと )も、一緒に8年間、とらわれていた。家康の実の弟たちも、駿府で捕まっていた。たとえば、のちに沼津城主、大名になる 久松正俊 =ひさまつまさとし)=がいる。おかしいだろう。家康の真実の母親である於大が、このあと久松・・と結婚して、この弟たちを生んだのだ。だから、16家ある松平氏の中に、久松松平家がある。今も続いている。実の母親のお大=伝通院=は、慶長7(1602)年に死んでいる。

 コラー、 歴史学者ども。これらの事実を、辻褄が合うように、きちんと説明、釈明、白状せよ。いつまでも、大ウソがまかり通ると思うな。 副島隆彦は、ずっと怒り狂っている。

 困り果てた、江戸時代から『徳川実紀(とくがわじっき)』を書き続けて、家康の経歴について、ウソの上塗りを続けた、歴史学者たちは、家康の母親が、三河の境川(さかいがわ)沿いの水野家から松平氏に嫁いで、出たり、入(はい)ったりする、ヘンな書き方をして、ウソを取り繕(つくろ)っている。全く、ご苦労なことである。あの、嘘八百の「小説徳川家康」の大著(? ハ? )を書いた、バカ野郎の本は、今では、もう誰からも、見向きもされない。さすがに 史実捏造加担歴史学者たちでも、困り果てて、一切、言及しない。

 家康の真実の弟のひとりは、牢屋で、足が萎えて障害者になった。母親は、この息子をずっと不憫がった。8年後に、大名になっていた家康が、掛川城まで進軍して、ようやく、今川から自分の真実の母や弟たちを捕虜交換で取り戻したのである。副島隆彦注記終わり )

 世良田元信が、血祭りに挙げられた、実の祖母の於岩(於まん)の死の知らせを聞いたのは、浜松城(当時は曳馬城=ひくまじょう=) を攻める陣中である。 「幼少のころ父母のように慈愛を受けた祖母の訃報を聞いても駆け付けることもかなわず、使者を送り葬った」と、征夷大将軍になったあと催した於岩の五十回忌の折、華陽院(けよういん)の扁額(へんがく)に、自らの筆で書き記している。 この時に知源院を格上の立派な華陽院 に建て替え改葬したのだ。

 この家康自筆の扁額(へんがく。横文字の額=がく=の漢文)は、「この寺は、禅尼(自分の祖母) の旧地である」から始まり「この府下で禅尼の家に住んだ」そして「はじめて(私が)浜松に義軍(ぎぐん)を発し数州を征した」とも書き記している。はじめて旗揚げしたのは ( 副島隆彦加筆。だから、三河大名の松平氏の居城の三河岡崎ではなく ) 浜松だ、と本人が書いている。徳川家康の真実に迫る重要な記述がいくつもある。 

 (副島隆彦注記。松平元康を殺して、摩り替ったあとの、家康は、ほとんと岡崎城にいない。家康は18年間ほとんど浜松城にいる。なぜなら、三河の松平の家臣団に摩り替ったと、バレているから遠慮したのだ。)

 この扁額は、昭和15年の大火で焼けてしまったが、徳川家正(いえまさ)公が、自筆で一字一句正確に書き写してくれていたおかげで現在に伝わっている。

 世良田元信一党(副島隆彦注記。戦場スパイの一団。凶悪な野武士の集団のように動いた)は、この時、駿府で誘拐した竹千代( 岡崎三郎 松平信康=のぶやす= 2歳 )を、掛塚(かけづか)の鍛冶屋の平太の家に預け隠した。『阿部家夢物語』にその時の記述がある。この鍛冶屋の平太がのちの服部平太夫(はっとりへいだゆう)でありその娘の於愛(おあい)がのちの西郷の局、すなわち、2代将軍秀忠(ひでただ)と 次男・・の生母である。「西郷弾正左衛門員の養女、実は服部平太夫保章が女(むすめ)なり」と『泰平年表』にある。

(副島隆彦注記。私は、この忍者の頭目の服部平太夫が拠点にしていた掛塚=かけづか=の港に行った。暴れ川だった天竜川の河口だ。浜松から東に10キロぐらい。三方ヶ原(みかったぱら)の戦いに敗れて、武田信玄の猛攻を受けて、真実は、浜松城も落とされた。城兵は皆殺しにされた。家康が、ここで立て籠もって生き延びた、というのはウソだ。家康は、共の者、数名とだけ、東の方に落ち延びた。家康はこの掛塚に逃げ込んだ。そして船で沖に出ただろう。それで生き延びた。信長の援軍は、浜松のそばまで来ていたが、間に合わなかった。これが歴史の真実だ。このことは、私の信長、家康本に現地の写真と共に、書いた。皆さんも、この掛塚に行ってみてください。)

 その後、潮見坂(しおみざか)で、織田側に信康(三河大名松平元康の嫡嗣=ちゃくし=。20歳まで生きて、殺された) を引き渡している。清州同盟(この言葉は、ウソ)の際、信長と交渉して、あたかも元康の遺児を、自分の力で取り戻してきたかのごとく凱旋し瀬名姫と 、三河武士たちの信望を得たのである。

( 副島隆彦注記。瀬名姫(せなひめ)とは、築山殿=つきやまどの=のことで、三河大名・松平元康の正室である。瀬名川は、静岡市の東側で、清水市に近い。この川のそばに有る私立大学に、私、副島隆彦は、12年間、勤務した。

 その築山殿は、息子の信康と共に、用済みになって、摩り替りの隠滅のために、浜名湖の畔(ほとり)で、首を絞められて殺された。20歳になっていた岡崎城主の信康は、二股城(ふたまたじょう)で殺された。 家康にとっては、自分の長男の秀忠が、西郷の局(お愛)との間に、生まれたからでもある。信長の許可を取って、家康がやった。2代目服部半蔵が、自分の主君である松平信康を、泣きながら殺した。副島隆彦注記、終わり )

 すべては三河を今川から切り離し織田側につけるための信長と世良田元信の筋書きである。
 (副島隆彦注記。真実の徳川家康を追究した、優れた小説家の)南條範夫(なんじょうのりお)氏によると、世良田元信が清州城に入場する際、集まった群衆の中に、松平元康の顔を知る者がおり、あれは元康どのではない、と叫んで騒ぎになりかけたところ、本田(平八郎)忠勝(ただかつ)が一喝しておさめた、という記述が『大成記』に書かれてあるとしている。

 岡崎三郎信康が一時、織田家の人質となっていたことは、寛政二年(1790)四月付、加藤忠三郎の「雛人形二対」という書き出し書に書かれている。(『尾州藩資料』)
 
 それによると、「東照宮御幼年の時、」という書き出しではあるが「塩見坂(潮見坂)で内府(ないふ)織田信長公の元に送られ加藤図書之助(ずしょのすけ)宅 にて六歳~八歳までいたが、日夜泣くので加藤隼人佐の妻である於与女(およめ)が、幼君を御守りし雛人形で慰めた。賜(たまわ)った桐の紋の盃(さかづき)も所蔵している。」とある。

 何かおかしいと気づく。織田信秀時代の竹千代(松平元康)のことであるようにこじつけたいが、はっきりと 内府織田信長公 にと書かれ、しかも八歳になる武将の男子を雛人形であやすわけがない。これはこの時二歳だった岡崎三郎信康のことである。

  紋といえば、NHKの初回の放送で、主演の松本潤氏(松平元康)が、大高城を目指して駆けているシーンなどで、家臣ののぼり旗に三葉葵紋が描かれていたが、あれはいただけない。
 松平家の家紋は代々「五々の桐」をはじめとする桐紋(きりもん)である。広忠(ただひろ。元康の父 )の家紋は「剣銀杏紋」だったとの説もあり、清康( 元康の祖父。いずれも三河大名 )が、伊奈(いな)城主 (愛知県宝飯郡(ほいぐん)) の本田正忠から葵紋(あおいもん)を譲り受けたという伝承もあるにはある。

 だが家紋として使われた形跡はない。徳川家が三葉葵紋(みつばあおいもん)を家紋として使うようになったのは、世良田元信が徳川家康と改名してからであり、その由来は、上野国(こうづけのくに。今の群馬県)の 新田庄(にったのしょう)の 得川郷(とくがわごおり)の世良田村 ( 別名葵村 ) である。

 この得川(とくがわ、あるいは、とこがわ)郷の満徳寺から天海(てんかい)僧正が、公儀御用と称して新田氏の系図を(自分のものにするからと)召し上げた、のは有名な話である。

 ここで、どうしても松平清康の身におこった「森山崩れ」について述べておきたい。 徳川の通史では、天文四年(1535) 十二月、春日井(かすがい)郡 森山(現在の名古屋市守山区 )の陣中で、清康(きよやす )が、家臣阿部大蔵定吉(あべだいぜん・さだきち)の息子弥七郎(やひちろう)に惨殺されたという事件である。

事件のあった場所は現在の小幡が原(おばたがはら)とされている。

 (副島隆彦加筆。真実の徳川家康を書いた)村岡素一郎(むらおかもといちろう)は、『史疑(しぎ)』の中で、実際は、永禄四年(1561)に、世良田元信に誘い出された元康の身に起こった事件であるとしている。世良田元信が元康をここで暗殺したかどうかの判断は難しいが、清康の森山崩れなど、ここではおこっていない。これは確かである。

 『岡崎領主古記』に清康公は「上野(うえの)広久手(ひろくて)の合戦の時に戦死され、之により、西三河の御一門をはじめ、御譜代(ふだい)衆も面々心々になりぬ」と書かれており、欄外には朱文字で「広久手は山の名、上野は地名という」という但し書きまである。

 「面々心々」とはどう読むのか、礫川全次(こいしかわぜんじ)氏は読み方も意味も不明としている。だが、榛葉英治(しんばひではる)氏は、「譜代の家来は散りぢりになった」と訳している。

  わたし、松永知彦は、平成27年(2015)に運よく『岡崎領主古記』の写しを手に入れることができ、この原文に初めて触れた時は、感慨深いものがあった。だが、写本入手前、平成18年(2006)に初めて『史疑』でこの一文を読んだときには、大変驚き、いずれ上野・広久手 (現在の豊田市=とよだし= トヨタ自動車の本社がある )を訪れたいと思っていた。私は、翌平成19年8月頃、ようやく現地に行くことができた。

 上野町、広久手町は双方小高い丘陵地帯で住宅や工場、商店街が立ち並び活気に溢れた町であった。その後、清康と縁深い安祥城(あんしょうじょ。愛知県安城市 )に向かい、そこで読んだ地元の歴史書に、「この地方では林や森はヤマと呼ぶのが普通である」という記述を見つけた。また本丸跡の大乗寺の看板には「安祥城は別名森山城と呼ばれていた」と書かれてあった。

 この後、長縄観音院( 愛知県西尾市 )へ向かい清康の仮墳(かりのはか)を確認した。上野・広久手の合戦で討ち死にした清康の亡骸を家臣の大河内喜平次 がここまで運んで密葬した、と伝わっている。地理的に妥当である。

 この仮墳は、寛政七年(1795)、清康の死から実に260年後に、時の住職が偶然見つけて掘り起こしたものだ。当時の寺社奉行から元のように埋め戻し内密にするよう命じられたと『朝野旧聞裒(ほう)稿』にある。今は手厚く改葬されて、わたしも墓前に手を合わせることができた。

 わたしは清康(きよやす。真実の松平元康の祖父 )の森山崩れの真相にかなりこだわっている。
 なぜならこの事件の書き換えが、徳川神話の遡りと改竄(かいざん)作業の最終点であり、今は逆に、神話の起点になっていると思うからである。家系図の詐称もあるが、それはこの時代はよくあることで、さほど問題ではない。多くの武家が源平藤橘( 平はないか )に自分の先祖を繋(つな)げたい、と系図を書き替えたことはよくあったという。
 けいず屋という商売も成り立っていたぐらいだ。それに松平初代親氏(ちかうじ)と、二代泰親(やすちか)が何者かということは、私は、以前の調査で明らかにしている。

 いまの通説では、徳川家康は新田源氏の子孫でない、としている。松平初代親氏(ちかうじ)を無理に、新田氏と繋げた系図詐称との見解だが、それは徳川家康と松平元康を同じ人物としているからである。松平家が新田源氏と無関係なのは間違いない。

 だが、家康の実父は上野(こうずけ。今の群馬県)の新田庄(にったのしょう。新田義貞=にったよしざだ=の一族の地。その南側の、利根川沿いの湿地帯が、世良田郡であり、その一部にある) 得川郷(とくがわのさと)の出身だったかもしれないので、徳川家康個人に限って言えば新田源氏の子孫である可能性はある。

(副島隆彦注記。だから、真実の徳川家康の実父は、この上州世良田(せらだ)郷から、流浪して来ていた願人坊主という、勝手に僧を名乗って、買っての門付け=かどづけ=をして、経文を唱えて金持ちたちからカネを強請(ゆす)ることを生業=なりわい=とする下層民である。)

 話を戻す。この松平清康(まつだいらきよやす。三河大名。松平元康 の祖父 )の討ち死に の真実を、私が、明かし正史とすることが、江戸幕府が開かれてから400年以上たった現在まで続く徳川神話を糺(ただ)す、第一歩になると信じている。

 松永知彦です。結局、長文になってしまった。しかも一部の内容は、今回、今日のぼやきの「2039番」として、再掲載として、昨日、載せていただいている拙文と重複している。ご容赦ください。

さあ私は、次は何を書きたくなるか。
 大河ドラマの流れだと、次は永禄六年(1563)の三河一向一揆か、もう少しあとの天正七年(1579)の築山殿(つきやまどの)と息子の信康(のぶやす)事件か。三河一向一揆も築山殿・信康事件もドラマの構成によっては書きたくなる。

  いや、この三河一向一揆は、複雑な話ではないので、私は、以下に要点を先に書く。この一揆は、このままでは、駿府生まれのよそ者である世良田元信に、三河が乗っ取られると危惧した西三河(にしみかわ)衆の反乱である。だから、松平元康に摩り替った世良田元信が、用意周到に準備して挑発し、計画どおり鎮圧したのだ。

最後にこれを書いて終わりとしよう。
 実は徳川四天王は、4人とも三河出身ではない。榊原康政(さかきばらやすまさ)は伊勢、井伊直正(いいなおまさ)と酒井忠次(さかいただつぐ)は駿府、本田忠勝(ほんだただかつ)は遠江である。出身地までの描写はほとんどの文献で、まずない。だから、なんとなく皆、三河出身と思っているが違う。
 三河出身者は、世良田元信が徳川家康となったのち、皆、石高を低く抑えられ、戦では常に前線に向かわされ、ことごとく冷遇されている。  松永知彦筆  
( おわり)

副島隆彦 投稿日:2023/01/31 11:10

【3021】[3514]2週間前に書いた、残りの重要な文を、全部載せます。

副島隆彦です。 今日は、2023年1月31日(火)です。

私は、ここの重たい掲示板に、前回の、1,2に続いて、すでに年初に、書き溜めていた、
3,4,5 ・・12 を載せる、としたまま、そのあと10日が過ぎた。思い切って、決心して、急いで、載せなければいけない。

私は、10日前に、亡霊、怨霊に 導かれるようにして、 ギリシア彫刻の、女神像(の中国製の精密な模倣作品。しかし、本物の大理石(マーブル、石膏ではない)で出来ている。本当に美しい ) の 約100体の 塑像(そぞう)、等身大ぐらいの、torso トルソ、石像 たちに、魅(み)せられて、今も幻想と妄想の世界をさ迷っている。霊魂、亡霊、怨霊は、本当にいるようだ。

 それと、年末の 篠田麻里子(しのだまりこ。元AKBで、今はママドル)の夫婦離婚の騒ぎの報道に、私は、ずっと惹(ひ)きつけられている。おそらく、ここに日本の国民文化の、最先端が有る、と強く感じるからだ。

  今日のぼやきで、私と、外務省の高官だった孫崎享(まごさきうける)氏との、対談本が発売になったことの宣伝をやっている。読みに行ってください。孫崎氏が、どれぐらい偉い人であり、今の日本国の国際的な政治状況にとって、重要な人であるか、を、私は、この対談本で、ずっと、孫崎氏に、直接、聞いて確認した。


世界が破壊される前に日本に何ができるか

 私は、この孫崎大使との対談本の、私のまえがきで、以下のことを、書き忘れたので、ここで、補足(ほそく)して、簡単に、説明しておく。 それは、
英国の 高位の 王族である、 ケント公爵(こうしゃく、Duke )についての、記述である。
 
 Duke of Kent 「デユーク・オブ・ケント」、ケント公 は、2人いる。兄のエドワード王子(Prince Edward 、プリンス・エドワード)と、弟の、マイケル王子 (Prince Michael )である。孫崎大使の友人で、付き合いの深い人は、弟の、プリンス・マイケル・オブ・デユーク・オブ・ケント であった。

 私がこのふたりの区別をしっかり出来なくて、自分で混乱していた。 Duke 「公爵」というのが、歴史的に、どれぐらい偉い爵位(しゃくい)であるか、を、今の日本人は、もう誰も分からなくなった。 

 今の日本は、「 天皇家(皇室)以外は、皆、平等。で 、皆、平民(へいみん)、一般人、普通の人たち」という、疑似(ぎじ)民主政体(みんしゅせいたい、デモクラシー)で、デモクラシーと、王国(キングダム、モナーキィ)の2重構造、入れ子構造の国だ。このことは、私の、重要な本である、「愛子天皇待望論」(あいこてんのうたいぼうろん。弓立社、2022年刊)に書いた。 

 
 2人いるケント公爵は、兄のエドワード王子( 英陸軍元帥、フリーメイソンの、スコットランド儀式(rite ライト)33階位の最高の33階位。テニスのウインブルドン試合大会で、授賞式でトロフィーを授ける人)に、何かあったときに、弟のマイケル王子が、その地位をすぐに引き継げるようになっている。そのために、兄と弟の両方がケント公を名乗る。今の英国王チャールズ3世? の 伯父である。

 今の英国王チャールズの次男の、ヘンリー(=ハリー)王子の自伝 『スペア(Spare)』‘ Prince Harry  2023 ‘ が、1月10日に、欧米で発売されて、旧大英帝国の英連邦諸国や、英米世界では大きな話題になっている。

(ここに本の表紙を貼ってください)
 
 ヘンリー王子が、この400ページもある 自伝(オートバイオグラフィー)に、あまりにも多くの、英王室のうち側での 内部の言い争いとかを正直に書いたので、評判は、総じて悪い。しかし、一方で、このヘンリー・ウインザー の生き方の平易さと率直さを、賞賛する声も出ている。 300万部 ぐらい すぐに売れそうだ。アメリカでもかなり売れている。

 日本語版も急いで出版されるだろうが、日本人は、そこまで関心を持たない。欧米世界の王様たちの世界のことなど、どうでもいい、ということになる。有名芸能人たちの去就(きょしゅう)、居振る舞い、私生活の秘密が暴かれて騒がれるゴシップの分野でもある。

 このヘンリー王子 は、 厚かましいまでの主張を続ける、アメリカ黒人のメイガン・マークルと結婚して、あれこれあって、英王室から2人は追放された。私、副島隆彦は、それはヘンリー(ハリー)自身が賢明に生き延びるために自己防衛でやったことだ、と判断している。母親のダイアナ王妃が、イギリスの支配階級の総意で殺害されたことへの、強い抗議でもある。ヘンリー王子は、この自伝(まだ33歳だ)で、 自分の生い立ちの中の、 heir 「エア」 と spare 「スペア」という2つのコトバに執着して、強調している。

 heir 「エア」は、とくに、royal heir は、王位継承権者(おういけいしょうけんじゃ)であり、王権の相続人ある。父の王が死んだら、すぐに(瞬間で、儀式無しで)王位に就くつく立場だ。ところが、弟は、存在そのものが、spare 「スペア」であり、日本人でもすぐにわかる スペア・タイヤspare tire 、予備のタイヤ である。

 だから、次男である ヘンリー(ハリー)王子は、自分の スペアとしての立場を、良く弁(わきま)えていて、兄のウイリアムに、子供たちが生まれたので、もう自分は、王位継承の順位がずっと下になったから、もう王族である必要は無い、と判断して、アメリカ人の黒人女との結婚を機会に、黒人との合いの子を産んだ、このことで王室に迷惑をかけた、ということもあるので、王室から自ら離脱、あるいは追放された。私、副島隆彦は、それは、賢明な生き方だと思う。 このことは、もう、これだけにして置きましょう。

 私と孫崎(まごさき)大使との対談本は、かなりの高度の世界政治問題の内容です。読み進めることが出来る人は、相当の知能のある人たちだ。私の本の読者たちに、そのような人たちが増えていることを、私は知っている。

さて、それでは、私が、もう2週間も、ここに、載せなかった、3,4,5から後(あと)を、急いで慌てて載せる。

副島隆彦です。今日は、2023年1月20日(金)です。
 
 副島隆彦です。とりあえず、1.2 として、上記の文を重たい掲示板に載せた。以下に、18日の黒田日銀総裁の記者会見を報じた記事を2本だけ載せて、のちの資料とする。

3.ここからが、本当に私が、書きたいことだ。 私は本気で怒っている。創価学会の名誉会長の池田大作(いけだだいさく)は、もう死んでいる。生きているとすれば95歳だ。10年ぐらい前に死んでいる。たったこれだけの真実を、誰も書かない。それは、なぜなんだ。何で、この副島隆彦までが、インチキ報道世界 に騙されてずっと、我慢して生きていなければならないんだ。

池田大作 (1928(昭和3)年 - )

 いくら池田大作を守っている若手の学会の熱烈な信者の医者たちが輸血を続けているからと言って、表に出てこなくなって、もう20年間 も、その命が、持つわけがない。いったい、お前たちは何を考えているんだ。生きたまま、死んでいる。死んだまま、生きている、ということが、いつまで許されるのか。

 池田大作は霊的な存在になったのか。だが、まだ、成仏(じょうぶつ)せずに、幽界(ゆうかい)をさ迷っている、ということか。

 ただし、私は、法律学を 勉強しているから知っているが、死亡届を役所に出さなくても罰則規定はない。 国家というのはおもしろい仕組みをしていて、なんでもかんでも国民に対して、国民の自らの意思で、届け出を、国家に出させようとする。「そうしないと、不利益を受けるのはあなたですよ」という柔らかい脅しの構造を持っている、国家(政府)は、国民に、絶対に、お願いしない。頭を下げない。

国家の本質は、子供(息子たち)を無理やりでも兵隊に取る(徴兵制)ことと、それと、問答無用で、強制的に税金を取る(徴税)である。国家(政府)との契約など何も無いのに、
税金を取る。この2つだけである。

 死亡届の義務、強制 はない。だから全国に、高齢の爺さん が死んでも、山林などの不動産の登記の名義を変えないで、ほったらかしにしているケースが山ほどある。測量士と司法書士と不動産鑑定士 たちが、法務局(法務省の出先)とグルで、このことの利権に関わっている。わざと複雑な登記制度にままに放置して(公文書のデジタル化のふりだけする)、それで、あれこれ高額な手数料を取る。

池田大作の死のことは、うしろで続けて、書く。

 次に、4. として書くが、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)も、もうとっくに死んでいる。確か2018年●月に、 トランプ大統領が、 「北朝鮮で重大なことが起きていることを私は把握している 」と発言した。このときに、金正恩は、死んでいる。

 だから、今の、あの 四角い顔をしている金正恩と、以前の丸顔の、デブで、思いっきり元気よく、演説していた本物とは、違う。この2人の写真を以下に、並べて、貼り付けなさい。


左から、2012年、2015年、2018年


2021年

 2018年〇月に、金正恩が死んでから、急に妹の、可愛い女性の、キム・ヨジョンが、表(おもて)に出るようになった。北朝鮮は、一番上が、集団指導体制の国家だから、カリスマ(看板)の独裁者がいなくても、やっていけるようだ。 最近は、あの四角い顔が自分の娘だ、という少女の手を引いて出てくるようになった。 あの女の子を次の国家元首(ソブリンsovereign ) にする気か。

 今の四角い顔は、これまでに、1回も、外国向けの映像で 演説をしたこと がない。この身代わり (ボディー・ダブル )、 影武者の男は、ちっとも精彩がない。北朝鮮は今も、核ミサイル(宇宙ロケット)の発射実験と称して、2千キロぐらい飛ぶ、弾道ミサイルを、どんどん、ぶっ放しているが、大した威力はない。

 すでに2018年時点で、北朝鮮は1万キロ飛んで、アメリカのニューヨークやワシントンにまで到達する大陸間弾道弾(ICBM)の打ち上げ実験に成功している。だからこのあとは、何をやっても大したことはない。

 金正恩が、body double 替え玉、摩(す)り替(か)え であることは、私とベンジャミン・フルフォード氏との対談本でも、私は喋(しゃべ)っている。

 さらにここで、副島隆彦が教えておくが、北朝鮮の核ミサイル(ICBM)を、本当に作っているのは、ロシア人の科学者たちである。 30人ぐらいが、高濃度のプルトニウムの濃縮をやって、今では液体ではない 固体の、核弾頭(ニュークレア・ウォーヘッド)を50発ぐらい作って持っている。 

 これに発火装置を付けて、デリバリー・システム(運搬手段)である宇宙ロケット(弾道ミサイル。バリステイック・ミサイル)に載せて打ち上げれば、それでいい。核兵器の完成だ。この宇宙ロケットの方の開発は、別の30人ぐらいのロシア人科学者がやっている。彼らは、高い給料で雇われている。プーチンは、彼ら北朝鮮に残留したロシア人の核とロケットの両方の技術者たちを全員、知っている。

 この話に比べれば、北朝鮮のスカッドミサイルが、パキスタンのカーン博士によって持ち出されて、移転して、パキスタンの核兵器になったとか、このあと、イランにまでカーン博士によって技術移転したという話は、馬鹿みたいな話だ。昨12月8日に、習近平は、サウジアラビアに言った。「ペトロ人民元」を作る話をしに行った。すでに、米ドルの世界覇権の力は、崩れている。

 習近平は、サルマン国王(87歳)、と息子のムハンマド・ビン・サルマン(MBS)と、この、サウジ・リアル通貨と人民元の交換比率を決めて、直接決済して貿易で使えるようにした。かつて、「オイル・ダラー」と呼ばれた、米ドル建てでの、中東各国の原油の取引をやって、石油という実物資産の力で、ドルの信用を裏打ちした、オイルダラーが、どんどん勢力を失って、それの替わりの新しい版(バージョン)が、ペトロ人民元による世界通貨への道である。

 これまでサウジは、中国から核兵器を、まるまるそのまま買う話をしてきた。しかし中国の核技術者のトップが、リヤドに行こうとしたら、搭乗していたマレーシア航空の民間機がアメリカに撃ち落された。3回、撃ち落とされた。わざとらしくオーストラリア政府が、その残骸を探して回った。アメリカとしては、サウジへの中国からの核移転は絶対に、許さないということだったのだ。だが、もうそれはタガが外れた。以上を4とする。

3. の創価学会問題に戻る。私が学会に対して怒っているのは、いまや創価学会(公明党)の中に、統一教会の工作員が、2割ぐらいも、もぐり込んでいる。これが恐ろしいことなのだ。 

 だから今の学会の会長の原田稔(はらだみのる)も、公明党の山口那津男(なつお)代表も、、安倍が殺された後も、統一教会のことを、黙って何も言わない。コラー、学会員ども。本気で怒れ。自分たちの中に、潜り込んで来ている、まさしく獅子(しし)身中の虫である、統一教会員を、摘発して、叩き出せ。

 このことができないならば、お前たちも、やっぱり、邪教(じゃきょう、カルト cult )の集団だ、ということになる。 私、副島隆彦は、もう許さん。去年の7月に安倍晋三が殺されて(安倍処分)いなかったら、創価学会も、危ないところだった。学会も、本当に統一教会(ムーニー moonies )に乗っ取られているところだった。恐ろしい状況だったんだぞ。
 
  他の主要な、新興宗教の団体も、この30年の間に、統一教会に、じわじわと潜り込まれて、乗っ取られた。霊友会(れいゆうかい)も、杉並にある立正佼成会(りっしょうこうせいかい)、それから立川にある真如苑(しんにょえん)も。そして大阪の富田林(とんだばやし)市にあるPL(ピーエル)教団も、すでに、統一教会に、その一番、上の方が、乗っ取られている。

 元々、統一教会の インキュベイター(保育器)であった、生長の家 は、青年部を中心に統一教会の巣窟(そうくつ)になって暴れた。日本会議や、神社本庁(じんじゃほんちょう)も、上を乗っ取られた。それで、神社本庁と、神道政治連盟(しんとうせいじれんめい)が、文字通りの、激しい内紛を起こして、死者まで数人出している。

 統一教会そのものの隠れ蓑である、日本会議が、神社本庁や、仏所護念会(ぶっしょごねんかい)たちと、つながって、おかしな国会議員たちが、総計で、370人もいる。前原誠司(まえはらせいじ)のような、旧民主党の野党政治家まで、統一教会なのだ。
 だから立正佼成会(りっしょうこうせいかい)も、今、激しい内紛を起こしている。生長の家 の、若い教祖は、東京港区の本部ビルを売り払って、岐阜県の山の中に忠実な信者たちと逃げた。「自分たちは、一切、統一教会と関わらない」と声明を出した。

 統一教会の他の組織への、潜り込み戦術(加入=かにゅう=戦術ともいう。インフィルトレイション、infiltration 、mole もぐら とも言う 。草、くさ とも言う )が、どれほど恐ろしいことか。実際に、私たちの学問道場にも潜り込んできていた。

 安倍晋三が首相のときに、あった「森友(もりとも)・加計(かけい)学園・サクラを見る会」の次の4つ目である、東京高検検事長だった黒川弘務(くろかわひろむ)検事長が、統一教会の、法務省・検察内の大幹部だった。
(ここに黒川弘務の顔を貼る)

 黒川を 検察のトップの、検事総長にする策動を、首相である安倍がやった。これは、 広島で事件になった河井克之(かわいかつゆき)・案里(あんり)事件とつながる。広島で若い30歳の検事が、案里の事件を調べていて殺された。

 私はこのことを自分の本に書いた。 黒川の子分の広島の検事正(けんじせい。各県に派遣される検察官のトップ)が、この若い検事を殺した。このことで 法務省・検察庁が発狂状態に入った。法務省と検察庁は、人間も重なっていて同一体だ。

  自分たちも、もともと反共主義のアメリカ追随の刑事司法の、獰猛なドーベルマン犬たちなのだが、自分たちの組織内部にまで、2割ぐらい、狂った反共右翼である 統一教会員が、裏口入学(うらぐちにゅうがく)で、司法試験まで受かって(これも裏口入学 )潜り込んできていた。だから、国家の司法(しほう)部(judiciary branch ジュディシアリー・ブランチ)の猿山の、ボスザルたちが大騒ぎになった。安倍が、世界規模の最高判断で、殺され なければ、日本はもっと大変なことになっていた。 

 今も、すっとぼけて、安倍殺害など無かったように、テレビ、新聞の反中国、反ロシアの報道番組が、作られている。TBS、テレ朝、どころか、NHKにも、統一教会の秘密組織があって、蠢(うごめ)いている。この者たちを、内部で調査し、摘発できないなら、日本のメディアは、本当の危機である。

 池田大作がまだ生きていることにするために、最近、「池田名誉会長から、ウクライナ戦争を停戦せよ、という声明文が出た」という、おかしな報道記事が出た。もうすぐ、池田大作の死亡の発表とか、何かあるのではないか。

5.  学会問題で私が不愉快なのは、もうひとつ、 以下の真実も、誰も書こうとしない。楽天(らくてん)の三木谷裕史(みきたにひろし) は、創価学会員である。その幹部である。三木谷の会長室には、創価学会の三色旗が翻(ひるがえ)っているそうだ。

 楽天が創価学会の組織だ、は、業界ではひそひそと噂されてきたことだ。このことを、今さら、私が書いたからといって、何か変わるわけでもない。

 だが、私が公然と書くことで、流れは変わる。私は、ネットを見ていて最近、YouTubeで楽天トラベルの宣伝がよく出てきた。ここに出て来る、「 ももいろクローバーZ 」という、4人組の女たちが、かわいい。特に一番右の、女がかわいい。 この4人組の女たちももう、30代でおばさんらしい。16歳からデビューしている。

 私もよく知っている旅行会社のHISの澤田秀雄(さわだひでお)が全くダメになって、楽天トラベルが伸びている。JTB(旧日本交通公社)も、近畿日本ツーリストも阪急トラベルも、気が利いている人間は、みんなが、飛行機チケットもホテルの予約も、自分でネットで、何でも旅行予約ができる時代になった。だから、団体旅行以外では、旅行業者は、経営が大変だ。

 三木谷はスマホ(移動通信)事業に、8年ぐらい前から進出して、今、4番目のネットの会社として、総務省に盛んに、スマホのモバイル(移動通信)のプラチナ・バンドという電波の帯(おび、バンド)をくれ、と申請をしている。楽天は、まじめに基地局を作る資金も能力もないのだが、総務省の、通信電波の行政の官僚たちの中にも、自民党の中にも、学会員がたくさんいる。だから、楽天は、電波官僚(でんぱかんりょう)たちから、甘やかされて、あれこれ悪口を言われながらも、ちゃんと生き延びている。 

 私は、近(きん)未来で予測するが、孫正義が、ソフトバンクモバイルの経営がイヤになったら、それを放り投げて、楽天三木谷に売り渡すだろうと思っている。すると業界人が、「いや、絶対にそういうことはありません」と私に言う。分かるもんか。

 創価学会500万人プラス200万人(F票、フレンドという)の力があって、自民党や官僚たちもこれを実体として、大きな日本の勢力として受け入れている。日本の第3勢力は、創価学会である。私も、このことをを、この国の実体として、受け入れている。

 だからこそ、創価学会員たちは、今こそ、本気で、自分たちの中に、潜り込んで来ている、統一教会を、排除して、叩きだすべきだ。 誰が、奇妙な潜入分子か、臭(にお)いで分かるはずなのだ。証拠はたくさん挙がっている。

 あらゆる場面で、日本の第3勢力は、創価学会である。第1勢力が、自民党保守勢力。第2番目がいくら痩せ細って、ボロボロ状態であっても、反(はん)自民党の野党勢力。そして第3番目が創価学会・公明党の勢力である。 だから、楽天が野球の球団まで持っている。

 私が本気で怒っているのは、創価学会は、池田大作(今や、学会員の神さま。お釈迦さまや日蓮上人も、もうその思想はどうでもいい )が、本気で主張し続けた反戦平和の道を、守るべきなのだ。憲法改正反対 を堅持すべきなのだ。私が、本気で怒っているのは、このためだ。

 ここまで創価学会の中に、統一教会に潜り込まれると、軍備増強も肯定し、戦争もするぞ、という感じになってきた。これが許せない。だから創価学会の中の婦人部(今は女性部と名前を変えさせられた)が、必死の戦いをやっている。女性たちが、最後は、頑張る。女の愚直さが、日本国を守るのだ。 

 女性の学会員たちが、戦争反対、憲法を守れ。大作先生の教えを守れ、と、学会本部や公明党本部 に対して激しく主張している。だからこそ、潜り込んできた統一教会どもを摘発して叩き出さなければならないのだ。この戦いが出来なければ、学会なんか、滅んでしまえ。そうなったら、まさしくお前たちも、気色の悪いカルト集団だ。淫祠邪教(いんしじゃきょう)の集団だ。

6.さらに、もう1つ私は本気で怒っている。それは、日本の労働者階級の総本山(ナショナル・センターと言う)であり、その労働組合の結集軸である 連合(れんごう)が、統一教会に乗っ取られているという事実である。

 あの芳野友子(よしのともこ)という、高卒の、ジューキミシン労働組合 の、工員あがりの女が、今の連合の会長である。許しがたいことだ。あの芳野友子を、連合から叩き潰せ。これができなかったら、日本の労働運動も、社会主義思想もへったくれもない。何でこんなおかしなことになり果てたのだ。各単産(たんさん)の、それぞれの産業別の労働組合の代表者たちから成る、連合の幹部たちの中にまで、統一教会員がたくさん入っている、ということだ。だから、こんなヘンな女である、芳野友子を、「飾りの、女にやらせておくのが、一番、いいや」と、上に押し上げている。

(ここに芳野友子の顔写真を貼る)

 
 芳野友子を育てたのは、統一教会の世界日報の論説委員で、世界平和教授アカデミーの松下正寿(まつしたまさとし)である。こいつは、参議院議員もしていて、旧民社党である。この松下正寿が、「富士政治大学」という、 静岡県にある労働組合の研修センターにある、連合が持っている、富士社会教育センター で教育されて強烈な統一教会員として育った。そして、スルスルと、連合の会長にまでなった。何ということだ!

 断じて、許しがたい。今のこの事態に対して、激しく怒らなかったら、私たちは、一体、この世で、他に何を怒ることがあるのだ。下の方に去年の9月の日刊ゲンダイの「連合吉野会長と統一教会の怪しい関係」という記事を貼り付けて、載せておく。私の目に留まった、証拠の記事は、これだけだ。 これが真実の、事実関係だ。

 反(はん)共産主義、反共(はんきょう)思想、と言いさえすれば、すべてOKとなる。私の知っている、生来、温厚で、穏健な保守の人間たちまでが、騙(だま)されて、発狂状態に入って、統一教会の思想の奴隷になってしまっている。私は、このことに、この国の、最大限の危機を感じる。

7.そして、ブラジルの新しい大統領になったルーラ・ダ・シルバは、ディープステイト側に取り込まれたバカヤローだ。 こうなると、ボルソナーロという右翼的で、軍人あがりの、前の大統領の方が正しい。今も、ボルソナーロ派の国民が、インチキ選挙、不正選挙の結果を認めないと、ブラジル国内で大騒ぎをしている。

 ボルソナーロは、コロナのワクチン接種にもずっと反対し続けていた。アメリカやヨーロッパからも嫌われている、立派な民族指導者だ。
(ここに、ルーラと ボルソナーロの 2人の顔を貼る)

 それに対して、ルーラは、元は、ブラジル国民に熱烈に支持されて左翼の指導者だった。そして政治家として優れていたので、ブラジルを経済成長させた。ところが、ルーラは、このあと、悪魔たちに抱き込まれた。 前の、女の大統領のジルマ・ルセフが、表に出て来なくなった。ルーラに育てられたはずなのに。やっぱり、この女は、ブラジルの貧しい層と、労働者の味方だから、ルーラの変質と転向を見抜いて、自分の先生だったルーラと対立関係に入ったのだ。ルーラがおかしい、と最初に教えてくれたのは西森マリー女史である。

8. 自民党の国会議員379人のうちの、179人は、どうしても次の選挙で叩き落さなければいけない。なぜなら、統一教会のメンバーだからだ。彼らひとりづつは、地元で激しく嫌われているようだ。今、総選挙があれば確実に落ちると言われている。

 その筆頭は、東京八王子市の萩生田光一(はぎうだこういち)と、板橋区の下村博文(しもむらはくぶん。こいつは長いこと、創価学会員 のフリまでした )は、ここまでくると、この179人は、自民党の中に潜り込んできた統一教会員だった。

 それから、奈良県が選挙区の高市早苗(たかいちさなえ)。今や、許しがたいを通り越して、これは闘いである。ところが、今の日本国民は、どいつもこいつも根性無しだから、知らん顔して、安倍晋三が処分された件も、統一教会の話も、すっかり忘れちゃって、すっとぼけている。

 この「我れ、関せず」の態度が、いつの時代も庶民大衆だ。自分に直接の禍(わざわい)が及ばなければ、それでいいという人たちだ。ところが、この無辜(むこ。善良の意味)の民と、呼ばれるアホどもが、それこそ、何の罪もないのに、お互いに、かわいそうがりながら、戦争に連れていかれて、その息子たちが殺されるのだ。私は、これからの日本の動きを冷ややかに見つめる。

9.首相の岸田は5月に、G7のサミットを、自分の地元の広島でやるから、その根回しのために楽しそうに自分でエベントevent 屋となって、欧米に御用聞きをして回った。バイデンには相手にされなくて、子分扱いされて、ポンポンと肩をたたかれただけで、記者会見もなかった。晩餐会も開かれなかった。

 仕方がないので、ワシントンの日本大使館で自分たちだけで開いたそうだ。みっともない限りだ。日本は台湾、韓国なみの扱いで属国そのものだ。バイデンが、なぜ、日本に機嫌が悪いかというと、岸田が、前述した1. の日銀黒田と日本財務省が、米国債を売って日本国債をガンガン買い増しているからである。 中国も韓国も米国債を売り続けている。では、誰が買っているのか。そこに秘密がある。
 
 12月には、17兆円分、米国債を売った。そして、1月になっても、3日間で17兆円、米国債を売った。そうすると、米国債が暴落する(長期金利は上昇する)ので、それを下支えをする必要がある。どうやら裏側の取引で、日本がまた買い戻しているようだ。三重帳簿、四重帳簿は当たり前、というのが、国家のやることだ。

 大企業であっても海外に裏帳簿があるのだが、民間企業がそれをやって、それが発覚したら経営陣は背任罪で逮捕される。ところが国家というのはおもしろい組織で、法律を越えているからイザとなったら何でもやるのだ。

 最後のツケは大恐慌か、戦争になる。ここで、そろばん(算盤)の 「ご破算(これが、英語で、デフォルト、初期設定だ )に願いましては  」で、国家が破産して、やり直しとなる。このとき、国民がたくさん死ぬ。か、お札が紙切れになって新しいお札でやり直しだ。だから実物資産(タンジブル・アセット)である、金(きん)にすがりつきなさい。

 金(きん)にしがみつきなさい、と私がずっと書いてきた。国家や政府なんか信用するな。信じる者は騙される、んだよ。

10. 日本の国内政治で、今、何が本当に起きているか知っていますか。
決断力のない岸田の悪口ばかり言っていれば、それで済むと思っている人たちばかりだ。本当は、岸田が何をやっているのか、わかりますか。

 昨年末。岸田は、恥ずかしながら、自分も早稲田大学卒業だものだから(開成高校の話しかしたがらない)。 岸田は、森喜朗を、検察庁に捕まえさせないように、深く“配慮”しながら、森を 利用している。

  12月●日、早稲田大学の大隈庭園( 正面玄関の右脇のほうにある ふるい木造の建物を再築したらしい )に、森喜朗が、ひとりの人物を招き入れた。岸田は、和風の庭園の入り口まで、首相なのに、自分で、その男の車のドアの開け閉めまでしに行った。

 岸田は、こういうことまでできる男だ。その男とは、かつて参議院のドンと言われた青木幹雄(あおきみきお)だ。 今も砂防会館( さぼうかいかん。番町にある)で、麻雀をさすがにできなくなったようだ。

 青木は、田中角栄を刺し殺した竹下登(たけしたのぼる)の秘書を、60年やり続けた男だ。この青木幹雄が、学生の頃からの森喜朗と小渕恵三に、ずっとご飯を文字とおり食べさせ続けた。早稲田大学雄弁会(ゆうべんかい)という、ゴロツキの、日本の秘密結社がある。私もここに呼ばれて、昔、講演をしたことがある。

 青木幹男(あおきみきお)は、茂木敏充(もてぎとしみつ)が大嫌いだ。青木は、「この男だけは首相にしたら、あかん 」と言い続けた。しかし青木の竹下派は、茂木に乗っ取られてしまった。岸田は、茂木を自民党幹事長にした。これで青木は怒っている。自分の派閥まで取られたからだ。これを森喜朗を使って、岸田は、青木を抱き込みにかかった。

 岸田にしてみれば、あまりにも下品で、やり口のへたくそな茂木敏充を幹事長に選んだことが自分の失敗だったと悟った。とても自分の後継者にしたいなどと思わなくなった、岸田は茂木を切り捨てるだろう。だが、茂木も一代で、自力で這い上がった男だ。ハーヴァード大学に入学したときに、リチャード・ハース(CFR議長)に取り入って、今の地位を築いている。だから当然、今度の安倍殺しにも加わっている。

 森喜朗は、オリンピック賄賂事件で捕まるべきだ。だが、角川書店のオーナーの角川歴彦(つぐひこ)が、かわいそうなことに90歳なのに、まだ釈放されない。これを人質司法(ひとじちしほう)という。とても先進国では許されないことだ。

 角川歴彦が、「あの7000万円は、正当なコンサルタント料として払ったもので、(電通専務だった高橋治則に、人を介して )森への賄賂ではない」と、頑強に否定し続けているものだから、検察は、角川歴彦を痛めつけるために高齢なのに保釈しない。

11. これはカルロス・ゴーンのときの人質司法と同じだ。どこの国でも、権力者層や有名人に対しては、逮捕後すぐに横に弁護士をつけて、被告人の権利を守らなければならない。ところが日本の検察庁は、そこらの暴力団の粗暴犯人と同じように、重要人物たちまでも、丸裸にしてチンポをぎゅうぎゅう擦(こす)るようなことまで、係官にやらせる。そうやって辱めをする。

 これにカルロス・ゴーンは怒っていて、イギリスBBCの助けを受けて、現在も映画を作っている。ただし、カルロス・ゴーンだって、1000億円ぐらい、外国の勘定で、日産から吸い取って行っただろうから、正義ではない。だから映画は案外、冷静に描かれるだろう。

 しかし、この日本の司法と検察の有名人に対する取り扱いは。ちょっとひどい。「日本の司法警察は何を勘違いしているか。

 自分たち検察官は、無前提に、お奉行様で、法の番人の偉い人たちだから、「お前たち。私の前に、平等に並べ。私が、すべての人を平等に取り扱う」と、威張っている。お前ら検察官も、逮捕されて、真っ裸にされて、お尻の穴に指を突っ込まれて、チンポをぎゅうぎゅうやられた方がいい。何を威張っているのだ。

 話を10.の元に戻す。岸田が、今、本当に狙っているのは麻生太郎(あそうたろう)である。(三浦瑠璃=みうらるり=が、数日前に、遂にやられた。夫の詐欺容疑での特捜の捜索で)、今や83歳の麻生は、今も副総理で、自分が宏池会を(吉田茂系)の握っていると勝手に思って、首相の岸田に対して親分風を吹かせている。岸田にしてみれば、「安倍の次に処分すべきは、麻生だ」ということだ。だから、もうすぐ麻生が潰される。

 九州には、麻生に対する長年の憎しみを持っている男がいる。古賀誠(こがまこと)である。 古賀にしてみれば、麻生を叩き潰せるのならば、岸田に対して譲歩してもいいと考える。古賀は岸田を自分の子分扱いして、「お前はまだ首相になるのは早い」と、足を引っ張った。

 古賀は、自分が死ぬほどかわいかった野田聖子が、安倍派の仕掛けで、あんなひどい目にあって、夫が暴力団員」と言いふらされて、「日本初の女首相になる目」を奪い取られたので、このことでも怒っている。

 二階俊博も、岸田に対して不愉快だが、麻生を潰すというのなら、岸田に「あんたに協力するよ」ということになって、ホテルオークラの山里(やまざと)で手打ちをした。これが年末からこっちの、日本の現実の政治だ。

 こんなことも分からないで、お前らたち程度の知能の足りないのが、アホな政治談議なんかしているんじゃない。君たちは、本当に自分が頭のいい人だと思い込んでいるのか。 私の周りにも、そういうバカが山ほどいる。自分がバカだと気づかない。学問道場の会員たちでも、まじめな、いい人がたくさんいるけど、まだまだ知能が回らない。だから私のことを先生だと尊敬している人たちは、素直に、私の話を聞きに来る。

12.日本の国防、安全保障、即ち軍事で何が起きていることを簡単に説明する。
 岸田は、12月●日に、早々と「 2023年度から、今後5年間の防衛費総額を43兆円とする」 と決めた。これで岸田の勝利だ。1年間当たりに5年で割ると、8・1兆円だ。これまでの年間5・2兆円(GDPの1%枠内)を突破した。

 だから、岸田はハト派ではない、と言われる。ウクライナ戦争があって、国防のことが心配になった国民が、防衛費が上がってもいいよ、と考え出した。アメリカの圧力で防衛費をGDPの2%に倍増せよ、という動きが安倍首相のときから、もう5年ぐらい前から言われていた。5兆円を急に10兆円にするわけにはいかない。
 
  それで、今の国家安全保障局長の秋葉剛男(あきばたけお) が、結着した。彼が自分に忠実な3人の、外務官僚と財務官僚と防衛省官僚の3人に命じて年内にキレイに予算案を作った。私、副島隆彦は、これでいいと思っている。なぜなら、どうしても国家は何があっても、リバイアサン(海の中にいる怪獣)であるから、どうしても軍備をする。

 この程度の安い金なら、やらしておけばいい。それに対して、アメリカ大統領が日本に来るたびに、1回あたり3兆円のアメリカ製のボロ兵器を買わされてきた。それに比べれば安いものだ。この先端兵器の開発問題については、このあとすぐ書く。

 秋葉剛男は、自民党やアメリカのいうことを簡単に聞かない、優れた国家官僚だ。外務省のトップの次官も1200日務めたそのあと、安倍派の杉田や北村や、中村が追い出された後、事務方の官僚のトップの官房副長官と同格の、国家安全保障局長になった。

 11月26日に、キッシンジャーが日本に来たとき、岸田首相の隣にいたのは、この秋葉だけである。このあと、キッシンジャーは、習近平に会いに行った。まったく情報は漏れてこない。ここでものすごく重要なこれからの世界の動きが語られたはずなのだ。私の最新刊の『習近平独裁は欧米白人(カバール)を本気で打ち倒す』(ビジネス社、実質は1月10日刊)を読みなさい。ここらの恐ろしいことがたくさん書いてある。

 岸田がとりまとめた防衛3文書( 12月16日閣議決定)に盛り込まれた内容を、私は、ガツーンと見抜いた。

ここから、私の洞察力の恐ろしさを教える。
 孫崎享(まごさきうける)氏が正しく批判しているが、日本国が敵国への反撃能力(はんげきのうりょく。安倍派は、敵基地攻撃能力 と言い続けた )を持つということは、核兵器を持たなければ意味がない。核兵器がないのに、反撃するといっても、意味のないことだ、と指摘した。この考えが正しい。 安倍晋三のときは敵基地攻撃能力を保有まで主張していた。それがコトバとして、反撃能力に弱まった。

 私が鋭く注目したことは。どうやら、防衛省と自衛隊の次の、「次期主力戦闘機 F3X」の開発については、日本はもうアメリカの言うことを聞かない、という事態が起きていることだ。

 同時に、今度の防衛3文書に、「海中通信の開発」という新しい言葉が出てきた。これは、航空宇宙(こうくううちゅう)自衛隊 や、サイバー防衛軍 の創設などという劇画ウルトラマン並みの言葉は、、どうでもいい。宇宙軍(うちゅうぐん スペイス・ミリタリー、 スペイス・フォース)という考えを、世界で、一番始めに作ったのは、2013年の、中国の政権だ。

 日本の自衛隊は、日本の、次期主力戦闘機「F3X」の開発で、アメリカが押しつけてくる最新鋭のジェット戦闘機なんか、もう、いらない、とハッキリと言い切った。
 
 三菱重工も川崎重工もIHIもアメリカの軛(くびき)から脱出した。
なぜか。それは、F35( 一機200億円もする )という 超高価な、ステルス戦闘機など、もう何も意味もないということが、ハッキリとした。

 この20年間、ずっと「レーダーに映らない最新鋭の戦闘機」として、あれほど 宣伝されたのに。全体が三角のような形をした奇妙な戦闘機が、まるで“空飛ぶ幽霊” のように扱われたが、全部、ウソだった。

 ロッキード・マーチン・マリエッタも、マグダネル・ダグラスも、もう黙りこくった。自衛隊の技術陣としては、イギリスのロールスロイス社のエンジンと、スプラットリー・アンド・ホイットニーのエンジンがあればいい、あとは自分で作らしてもらいますわ 」という、アメリカには鼻もひっかけないという態度に出た。

 それは、去年の2月24日からのウクライナ戦争で、ロシアのスホイ35という米F35と、丸々そっくりの、重量級のステルス戦闘爆撃機が、ウクライナ軍のそれこそスティンガーミサイルででも撃ち落されてしまったからだ。

 何が、レーダーに映らないステルス機だ、バカ野郎、ということになった。
レーダーには映らなくても、宇宙からの、人工衛星(軍事用スパイ衛星)からは、ステルス戦闘機は、丸見えに見えていて、ハッキリと捕捉されたからだ。それでウクライナ軍の熱戦追尾型の誘導(ガイデッド)ミサイルに、いとも簡単に正確にロシアの最新鋭のステルス戦闘機20機ぐらい撃ち落されてしまった。

 アメリカの軍事偵察衛星からの通信で、ウクライナ軍がロシア機を次々と撃墜した。武装ヘリコプターも次々に何百機も撃墜された。地上の戦車隊だけではない。このことにロシアのプーチン大統領以下、3,4月まで、真っ青だった。ウクライナ軍の重量な通信は、アメリカ軍の将校たちが直接、キエフに派遣されて、今も実行している。

 それでもハイマースなどを実際に技術指導して運転している、ミリタリー・アドヴァイザースを自称する、アメリカ軍の将校たち、3000人ぐらいがロシアからの、直後の報復攻撃で死んでいる。

 だから、アメリカのF35も、もう撃墜されるのだ。このことが、判明してしまった。だからステルスなどという偉そうな言葉は、軍事の専門家たちの間では、もう消えた。だから、敵の支配地上空を飛ぶ戦闘機や爆撃機は、今や、必ず撃墜されることがハッキリとした。

 ドローン(UAV アンマンド・エアロ・ヴィークル)に全部取って替わられてしまった。中国製のDJI(デー・ジェイ・アイ)社(この深圳の、本社前まで私は、弟子たちと、2019年に行った)が、作っている一台2~10万円ぐらいの民製品のドローンに、ロケット弾や手榴弾をぶら下げてそれで、ウクライナ軍は、ロシア軍の塹壕に正確に投げ落としている。

 現代の戦争はここまで来てしまった。第1次世界大戦のときの複葉機(ふくようき)から乗組員が、手で、下に爆弾を投げ落とす時代の再来になった。

 だから次の日本の航空自衛隊の戦闘機(F3X)は、小型になって簡単になって安くなって、その横にドローンが2機ついて、人間の乗っている戦闘機を防衛する形になるだろう。だから、アメリカの戦闘機製造会社の言うことは、もう、聞かない。日本は、おカネも払わない、となった。

 そして、次に、前述した海中通信( 海中電波 )の開発が、大事である。
現代の世界戦争で、唯一、大事なものは、潜水艦発射型の核兵器(LSBM サブマリーンローンチ・バリスティック・ミサイル)である。核兵器搭載の原潜だ。 
 敵国の地上にある核兵器施設は、必ず正確に1センチも違わずに、把握される。そして核攻兵器で攻撃され破壊される。 それに対して、海の下に潜っている原潜は、どこにいるか分からない。これが海面近くまで上昇して、核を発射することを阻止できない。だから、現代の人類の最強兵器は、核兵器搭載の原潜(げんせん)なのだ。

 イギリスはみっともない国で、真実は核保有国ではない。アメリカの2隻の原潜に頼っている。大ブリテン島の、両側に米軍の秘密海軍基地があって、そこは海岸線の崖から横に、海底から、トンネルが掘られていて、そこに原潜の基地が有って、そこから原潜が出入りしている。

 イギリスの核兵器は、アメリカ軍からの借り物だ。かつ、イギリス軍には、その米原潜の核兵器を管理する能力も権限もない。これが、みっともない限りの、イギリスの現在の力だ。

 それに対して、フランスだけは、自力で核実験やって、自力で核兵器を持っている。だから、フランスは、何とかヨーロッパの大国なのだ。このフランス人の、「アメリカ、何するものぞ」の精神を、ドゴール主義という。このゴーリスト(ドゴール主義者)たちが、本物のフランスの保守の政治知識人たちだ。

 日本が核兵器を保有するときも、必ずこの 海中から発射する、潜水艦発射型 になる。ところが潜水艦の唯一の弱点は、通信の電波が届かないことである。海の中を電波は通らない。走らない。

 だからソナーという、ビュンビュンビュンビュンと伝わっていく振動波が、目標物に当たって、それがまたビュンビュンビュンビュンと自分に帰ってきて、それで相手の位置と大きさを何とか把握する。 潜水艦の耳と目は、このソナーしかない。潜水艦というのは、つんぼ・めくら(視力、聴力なし)状態で、海の中を走っているのだ。アタック・ソナーで海の中で岩にぶつからないようにはできる。

 ところが、どうやらアメリカは、西海岸の海軍基地で、世界最大の海軍造船所でもある、サンディエゴ海軍基地で、海中通信電波の開発に成功したようだ。これには、青色発光ダイオードの技術が使われたようだ。

 私はすでに、10年前からこのことに注目していて、書いている。中村修二(なかむらしゅうじ)という、徳島県出身の日亜(にちあ)化学工業という化学工業会社の技術者で、この青色発光ダイオードを、最終的に完成した男がいる。

 たしか5年前に、ノーベル物理学賞をもらった。おそらくこの時期に、中村が作った青色発光ダイオードが、米海軍で海中通信機として、実験に成功したのだろう。中村修二については今、私たちが使っているLED の電球にとって必要だった青色を作ったので、大業績なのだが、それだけにとどまらない。

 中村は、日亜化学工業を訴えて、自分の業績に対して600億円を払えと訴えた。しかし判決は、たったの12億円ぐらいだった。中村は、これに怒ってもう日本なんかにいたくない、と日本に去った。そしてサンディエゴの米海軍基地が眼下に見下ろせるカリフォルニア大学 サンタバーバラ校の教授になった。 

 日本側の理屈では、わざとらしく「日本の総資本(企業全体)にとって、あまりにも多額の個人業績への評価は、企業の経営を難しくする」という言い訳にした。だが、これは当時から作られたウソだった。

(ここに中村修二の顔を貼る)

 中村を、とある有名な弁護士が企業側が裏と繋がって騙した、というのもウソだった。はじめからアメリカが仕組んで、中村修二をアメリカに連れていって、軍事の海中通信技術の開発を、中村にやらせたのだ。それがこの海中通信電波としての青色発光ダイオードの貢献であるだろう。 今度の防衛3文書にたった1行、「海中通信の開発」と書いてあったので、私はピンときた。私のこの分析能力を甘く見るな。

 私が、こう書いたら、すぐに、「そんなことは私たちは知っていた」と言う。本当にふざけた野郎どもだ。オレの前に出てこい。首を絞めてやる。 民間人国家戦略家を名乗り続けている私の頭脳に対して少しは敬意を払え。

 最後の最後に書く。なぜ、安倍晋三は殺されたか。この答は、私の次々の本の中にも、少しづつ書いている。ちゃんと読みなさい。ここから書くことは、最新だ。 
 
 安倍晋三は自分の庇護者で、育ての親であるマイケル・グリーン と去年の4月に、大喧嘩をして、2人は分裂した。このことを、ここで私がハッキリと暴露しておく。

マイケル・グリーン ( 1961-)

 マイケル・グリーンは、安倍に言った。
「お前が核兵器を作り始めたことを私たちは知っている。日本は核兵器を持つな。これは。アメリカ政府からの厳命である 」 それに対して安倍は、 「なぜ日本は核兵器を持ってはいけないの。 アメリカにとってもいいことでしょう。 日米同盟が、さらに強化されるでしょう 」と、しぶとく、食い下がって、安倍は言い続けた。それでグリーンがついに怒った。そして安倍を見捨てて、怒鳴り上げた。

「勝手にしろ」 “Do as you like, please.“ と言って 安倍と縁を切った。「もう、お前のことは知らん。これで終わりだ」 と。 
 だが、このとき、マイケル・グリーンは、「お前、本当に殺されるぞ」 とまでは教えなかった。グリーンは、7月8日の安倍の死を、事前に知っていたのだ。

 そして、グリーンは5月には、さっさとオーストラリアのシドニー大学のアメリカ政治研究所に逃げた。 「お前のことは、もう知らん」ということだ。マイケル・グリーンは、もう2度と、日本には戻って来ない。グリーンを嫌う、敵がたくさんいる、ワシントンではなくて、カリフォルニアで隠居生活をするだろう。

 28年間も、日本で、アメリカの手先どもを、操(あやつ)り続けた、ジャパン・ハンドラーズの頭目が、こうやって日本から消えた。 
コラー、日本人ども。とくにアメリカの手先ども。私、副島隆彦 が書くことをハッキリと理解しろ。 
なあ、田中明彦(たなかあきひこ)よ、北岡伸一(きたおかしんいち)よ。安倍晋三が処分されて、その前に、お前たちの親分の、グリーンが、急に日本からいなくなって、びっくりしただろ。

以上、副島隆彦が、これだけのことを教えておいたからな。
 私のことを、人生の先生として尊敬している人たちは偉い(今年も会費を払ってね)。それ以外の日本のバカ官僚や、自民党の子分どもや、大企業の戦略部門で、私の文章からぺろぺろ泥棒しながらレポートを書いている者たちへ。

  お前らも、もうそろそろ30冊も、私の本を隠れて読んでいるのだから、全員、私の弟子だからな。いいか。私は何でも分かっているんだぞ。  
  副島隆彦記

副島隆彦です。以下に、前の方の6番で、書いた、今の連合の会長になっている、統一教会員 そのものである、芳野友子(よしのともこ)の正体を書いた、記事を一本、証拠として載せて置く。

(転載貼り付け始め)

〇 「“共産党アレルギー” 連合・芳野(よしの)会長と旧統一教会の怪しい関係…会見で突っ込まれタジタジ 」

2022年年9月6日  日刊ゲンダイ

自民党に急接近(芳野友子連合会長)
(ここに再度、芳野友子の 写真を貼る)

 国政選挙の前後くらいしか注目されない連合の定例会見が話題だ。なぜか? 「共産党アレルギー」で知られる芳野友子会長が反共を掲げる旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)との関わりを問いただされ、タジタジになったからだ。

昨年10月に初の女性会長に就任してからというもの、野党共闘を強烈な言葉遣いで邪魔し、立憲民主党を揺さぶる女傑ぶりはどこへやら。やっぱり火のないところに煙は立たないのか。

 先月25日の会見で問われたのは、連合加盟の労組が研修などで利用する富士社会教育センターと教団との関係、そして自身と教団との関わりだ。

 芳野氏が所属する労組JAMで副書記長を務めた労働運動アナリストの早川行雄氏が、「芳野友子新体制で危機に立つ連合」と題したリポートで「 芳野の反共思想は富士政治大学で指導されたもののようである」 と書いているほか、センターの影響が指摘されている。
 
というのも、元民社党委員長が設立した、このセンターの理事長には、旧統一教会関連の世界平和教授アカデミー初代会長 や 世

副島隆彦 投稿日:2023/01/20 18:31

【3020】[3513]私が、昨日、10本書いたうちの頭の1,2だけ載せる。

副島隆彦です。今日は、2023年1月20日(金)です。

今、今日のぼやきで、私とフルフォード氏との対談本の新刊書である

〇 「 「 世界人類を支配する悪魔の正体  」単行本 - 2023/1/27 発売
副島隆彦 (著), ベンジャミン・フルフォード (著)  秀和システム刊 」
の宣伝をしている。読みに行ってください。
 
 私がこれから書くことは、屹度(きっと)この先の日本にとって重要なことの羅列(られつ)である。 私は、ここ、しばらく考え込んでいたが、まとめて書き並べる。書いて、表に出しておかないと、私の脳(頭。ブレイン、マインド)の方が、飽和状態になって漏出、散逸してしまいそうだ。

 政治と経済の両方を含む。日本国内と、世界のことも併せて書く。正直に、自分の考えていることを書く。 それでも、
 1.「日銀黒田の金融政策の勝利」 と 
2.「金(きん)が値上がりを始めた」だけを、とりあえず、この重たい掲示板にアップロードする。

 金は、もうすぐNY値段で、1オウンス(31グラム)=2,000ドルになるだろう。今、1,930ドル( 1月20日)だ。 
 これの日本国内価格は、 大阪取引所(JPX の一部)の卸値(おろしね。ミドル)は、「1930ドル ÷31.1 × 128円 」 で丁度、1グラム=8000円 である。 小売りは、これに消費税と手数料を、約800円足すから、8900円だ。 もうすぐ 1グラム=1万円 。1キログラムのバー(延べ板)ならば890万円だ。 1万円まで、あと一息だ。 やれやれ、ようやく金(きん)が、戻って来た。

1.一昨日(18日)、日銀の黒田東彦(くろだはるひこ)総裁がFOMCの後、記者会見した。黒田の勝利だ。黒田は、これで立派に、この10年間の日銀総裁としての自分の務めを立派に果たして、引退の 花道(はなみち)を飾る。

 私、副島隆彦が、黒田に対して最大限の褒め言葉を送る。他のバカ経済学者や経済評論家、新聞記者たちなど、どうでもいい。 
黒田総裁は、10年前の2012年4月に登場して、「異次元緩和(いじげんかんわ)」を打ち出して、アメリカの言いなりになっている、ふりをしながら、日本国の 通貨と国債借金の返済と、インフレ管理を、やりきると、宣言した。
 
 私は、当時、「黒田は、人格者である。日本官僚のトップとして立派な人物である。ただし、黒田が、山本五十六(やまもといそろく)と同じような自殺(の旅立ち)をしなければいいが」と書いた。
 黒田は18日の記者会見で、ハッキリと「今の金融緩和政策を続ける。長期金利の目標(利回り)もプラス、マイナス0・5%で維持する。」と宣言した。

 とたんに10年もの国債(長期金利)の利回り(イールド)が、0・36%に急落した。黒田の狙いどおりだ。これでイギリスから仕掛けられていた、金融投機筋を先兵(せんぺい)とする、日本国債の暴落(長期金利の上昇)の策動は粉砕された。

 去年の9月22日の、「円安阻止介入」で、日銀黒田は、2.8兆円分の米国債を売って、日本国債を買うことで、円買い(円防衛)を実施した。このときは、1ドル=144円だったが、140円まで上げた。 

 このあとも、国際金融投機筋(すじ)の攻撃が嵩(かさ)に掛かって(即ち、日本への威圧的な態度に出て)起きて、1ドル=150円 まで、円は売られた(10月20日)。

 ここで、日銀黒田が、すかさず反撃に出て、10月21日に、5.5兆円分の円買い(米国債売り)を断行した。これで、円安は終わり、以後、円高方向への流れが出来た。1ドルは140円を割った。黒田東彦の大勝利である。そして、今、128円だ。

 あの悪名高かった カイル・バスは、昨年の日本国債への暴落攻撃に失敗し、そのあと6月からの香港通貨への暴落投機でも失敗したあと、消えた。相場師として失敗して自滅しただろう。他の名うてのゴロツキ投機家たち(世界的な仕手筋、金融詐欺師ども)も、対(たい)日本攻撃で総敗北した。 かつ、米財務省にしてみれば、今のように、中国と韓国と日本に、米国債の売却をNYの債券市場で、ガンガンやられると、本当に泣きたくなるぐらい
イヤなことだ。その分を、必死でどこかに嵌(はめ)込まないといけない。

どうも、「リバース・リボ(ルヴィング)」とか称して、密かに日本側の債券(外債)購入の裏帳簿で、買い戻しているようだ。

 日本国内の金融市場のファンドマネージャーたちは、私の弟子たちまで含めて、「日本の長期金利は、(10年もの国債が指標)0・3%を越すと、国債デフォルトを起こし、日銀は破綻します」と言っていた。これはそれで、数字の根拠のあることだから正しい。

 しかし、それに対して、副島隆彦は「 そんなことはないよ0.3%の壁が破られて、日本国債の暴落=円の信用の下落が、起きたら、その時は、日本政府が保有している米国債を死ぬほど売り散らせばいいんだ。残高はまだ140兆円分ある」と言った。

 日本政府は、最大時の去年の9月に、実に、1.4兆ドル(これを、為替の当時 140円で計算すると、丁度200兆円だ)の外貨準備高を持っていた。これを使って、円を防衛すればいい。現在は、かなり米国債を売って、再び、1兆ドル(140兆円)台まで、減らしているだろう。

 たった今、ネットで調べたら、日銀発表で、去年の年末で、外貨準備高は、123.92兆円だった。まだこれだけある(2023年1月20日)。

 去年の12月にも、日銀は、17兆円分、円安阻止介入で、米国債(外債=がいさい=と呼んでいる)を売った。それで日本国債を買った。いいことだ。

 そして、1月の17日までの「3営業日」でも、17兆円分、日本国債を買った。アメリカ財務省 は、日本政府に、米国債を売られて、本当に厭(いや)な顔をしただろう。岸田首相が、去年10月にアメリカに行った時、「円安を止めるために、保有する米国債を売ります」と、簡単に事前の通告だけした。 米財務省は、“ 無言で承認” を与えた。
 
 日銀が、なぜ、日本財務省が管理しているフォーリン・リザーブ(外貨準備高)を使えるのか、私には、よく分からないが、 去年の9月からの“円安阻止介入“で米国債を、すでに60兆円分(5千億ドル)ぐらい売っている。そして、日本国債を、日銀は財務省と合同で、ガンガン買いまくった。これでいいんだ。

 一昨日の会見でも、 経済記者どもも一言も、 「外債(米国債のこと)を売って、日本国債を買って円安を喰い止めているわけですが 」という質問を一切しない。私、副島隆彦だけが、この巨大な真実をズケズケと書き続けてきた。
 
今も、専門家には、誰からも相手にされていない(笑)。 私は、もう15年間もこのことを書き続けているんだぞ。 だから、今、1ドル=127円まで円高になったのを、120円まで持っていけばいいんだ。

 これが40年前からの米、欧、日 の秘密合意なんだ。1985年のプラザ合意の2年後(1987年)から、 1ドル=120円台になっている。何がすっとぼけて、大きな真実を知らないふりをしているんだ。どいつもこいつも。

 黒田の勝利だよ。黒田は、これで立派に4月の引退で花道を飾れる。黒田は偉かった。なぜなら、自分に課した約束である、「インフレ目標数値の2%」を達成したからだ。

 10年前の2012年の4月の異次元緩和(無制限の量的緩和)の金融政策の導入の決断の時以来。10年かけてインフレ目標値(物価上昇率)の目標値)2%を実際に達成した。今は、馬鹿どもが、消費者物価が上がってインフレが恐いと言っている。

 あとは、「 イールドカーブ・コントロール( YCC )政策は、やれるはずのない長期金利の政策誘導ではないのか」と質問している。短期金利(1年もの以下)=政策金利だけでなく、長期金利も、なるべく中央銀行が、管理して、政策誘導できれば、それに越したことはないのだ。

 ただし、20年物、30年物、まである。本当は、日米関係には、一番、暗い話として、裏に深く深く、隠している、50年物、100年物まであるのだ。この話は、馬鹿どもには、分からない。

 ヨーロッパ諸国が、軒並み年率10%(真実は20%)のインフレを起こして、ウクライナ戦争のせいで、ロシアに、 ではなくてアメリカに騙されて、ドイツやフランスがひいひい言っている。ワルのイギリスは、電気代と暖房費(ガス代)が、2年前の3倍になっているそうだ。ざまーみろである。 天才を通り越した、哲学者王(フォロソファー・キング)である、プーチンのエネルギー戦略の勝利だ。

 それに比べれば、日本のインフレ目標2%達成は、黒田の大業績だ。その主な原因は、石油と天然ガスが世界的に値上がりしたので、それで、エネルギー代と電気代が上昇したからである。それでも立派に、別名、“インフレターゲット(インタゲ)の2%”は、達成された。 

 日本経済は、こんな低インフレには耐えられる。そのことと、賃金が、もう40年間上昇しないので、日本は、貧乏国になり果てた。 日本の人口の下半分の6千万人は、今や、貧乏人層だ。  年収2百万円の就業人口層が、1千万人もいる。

 ただし、黒田東彦にしてみれば、「それは、政府の総合的な経済政策(エコノミック・ポリシー)の所為(せい)であって、本来、インフレ・ファイター(インフレを防止する)である中央銀行の金融政策(マネタリー・ポリシー)の責任ではない」となる。そのように、以前の正直者でクビになった白川まさよしの時以来、日銀は主張している。 正しい考えだ。

 10年前に 安倍晋三が、2012年の12月に突如、政権を握ってクーデターでアメリカの仕掛け通り、首相に復帰した。その後の全般を、アベノミクスと称して、本人は悦に入ったが、みんなはバカにした。紫(むらさき)おばさん(浜のりこ)は、これを、“アホノミクス”と呼んで評判を取った。

 だが、日銀の黒田が、やった金融政策(マネタリー・ポリシー)は、安倍晋三のアベノミクスの総合経済政策とは、一致しない。 全く別だ。すでに、財政政策(フィスカル・ポリシー)は死んでいる。財政出動というコトバは、もう経済学の中から消えた。アメリカ経済学そのもの、が、死んでいる。

 表面上は、アメリカの言うことを聞くふりをして、「 アメリカ政府と同じ、年率2%の物価上昇の目標値(インフレ・ターゲット)を達成するよう努力します 」という枠組みは、そのままだ。 だが、黒田は、それを、逆手に取って、日本の金融(お金の量と金利)の舵(かじ)取りを、この10年、うまくやった。

 私は安倍晋三のバカヤローが大嫌いであり、安倍が死んで( 殺されて)、本当に良かった、と思っている。 アメリカの奴隷を続けさせるために安倍が育てられ、日本の指導者として抜擢され、日本をおかしくした。そして、アメリアの最高支配層の総意の決断によって、安倍は処分された。

 ここで、私、副島隆彦は初めて書くが、安倍は、自分を育てて養育してきた、マイケル・グリーンと、去年の4月に、大喧嘩(おおげんか)になった。 安倍がまだ首相の時(2019年)に、実際に、密かに核兵器の製造に入った。それを察知したアメリカ政府(国務省)は、グリーンに命じて、「安倍を説得して、やめさせろ」と迫った。

 グリーンは、「やめろ」と安倍に言った。しかし、安倍は、馬鹿だから、「え、日本が核を持つことは、アメリカにとっても良いことでしょう。 日米同盟( the US Japan Alliance
ザ・ユーエス・ジャパン・アライアンス)にとってもいいことでしょう」と、馬鹿から突っぱねた。

 安倍たち、日本の反共右翼=統一教会は、日米同盟で、日本はアメリカと対等だと、頭のてっぺんから、信じ込んでいる。アメリカから見れば、日本は、ただの属国(ぞっこく。朝貢国=ちょうこうこく=)のひとつに過ぎない。これがこいつら政治宗教の狂った頭には分からない。

 グリーンが、さらに念を押して、何度も「やめろ」と言ったが、安倍は「いや、やめない」と反抗した。この時、遂に怒った、M・グリーン(バーグ)は、「勝手にしろ」 “ Do as you like , please . “ ドゥー・アズ・ユー・ライク、プリーズ」 「もう、お前のことなんか、俺の知ったことではない」と、捨て台詞を吐いて、去った。グリーンは、この時、以後、一切の安倍との縁を切った。

 そして、5月には、さっさと、オーストラリアのシドニー大学のアメリカ政治研究所の所長になって日本を脱出した。グリーンは、もう2度と日本には戻って来ない。 立川、福生に有る 横田基地( ここが、真実で日本を統治している、”横田幕府”だ。B・フルフォード氏が作った、すばらしいコトバだ)の、米軍人たちからも、グリーン(バーグ)は、激しく嫌われている。 ラーム・エマニュエル駐日大使も、グリーンを、鉄砲玉で使ったくせに、
さっさとお払い箱にした。

 だが、このときグリーンは、安倍に、「お前、殺されるぞ」とまでは忠告しなかった。「 お前が、このまま突き進むと、本当に、お前は、殺される」とまでは、助言しなかった。  そして安倍は、アメリカの最高権力者層(デープステイト=カバール)の総意(根回し) によって、処分された。 これが歴史の真実だ。

 私、副島隆彦が、日本では、たったひとりで、このようにはっきりと書いておく。私、副島隆彦の言論と思想研究を信じ、かつ私を尊敬している人々が、口伝えに、この真実を、日本国内に、広めるだろう。

 来週発売の、私と、ベンジャミン・フルフォード氏の対談本に、これらのことも私は、それなりの話した。買って読んで下さい。

  さて。大蔵官僚(財務官僚)のナンバー2(財務官)から日銀総裁になった黒田東彦は、人格者であって、日本官僚の中では一番優れた人物だ、と私は、10年前に、情報を集めて高く評価してきた。今も変わらない。体躯(たいく、身長)は小さくてチビであるが、ヨーロッパの、ワルの大貴族たちの集まりであるBIS(ビー・アイ・エス 国際決済銀行。バーゼル・クラブ。別名、バベルの塔 の現代版で、バーゼルの塔という )に出ていっても、黒田は、いつも堂々としていた。

 黒田は日本国民を裏切らなかった。黒田はフィリピンのマニラに今もあるアジア開発銀行(ADB エイ・デー・ビー )の総裁をしていたときに、中国の金融政策の指導者たちと深くつきあっている。彼らにいろいろと指導して国際金融のことを教えている。そしてアメリカの策略を教えている。

  黒田は、50歳台には、財務官(ざいむかん)として、アメリカに日本の裏(うら)資金を、一千兆円超(ちょう)も貢ぐ係であった。黒田は世界金融の裏の裏まで知っている。

 だからこそ、黒田は、中国やロシアともうまくつながって、世界のこれからの大きな動きのことを知っている、私は自分の金融本で、このことを、ずっと書いてきた。

 この40年間で裏からアメリカに貢いでいる日本からの資金は、その残高が、1600兆円ある(14兆ドル)、絶対に表に出ることのない、この日本からのアメリカへの貢ぎ金(巨大債権)は、どうせパー にされる。アメリカは1円も返さない。なぜなら、その時は1ドル=10円 になっているからである。

 私が、このことを、いくら、いくら、いくら、いくら書いても、おまえたちは、無視したからな。私のすぐ近くにいる、私のバカ弟子たちまでが、全く理解しなかった。このバカどもが。「先生の妄想ですよ」と言いやがった。許さーん! 今でもそうだ(笑)。

 だから私、副島隆彦が、何回も、もう金融本で書いた。あのパーの高橋洋一(こいつは、私をニコニコ動画に、首実検で、 8年前に呼びつけやがった。私の顔を見たかったのだ。そのとき、私に、高橋が、何と言ったかというと、「小沢(一郎)さんによろしくね。ぼくも、小沢さんと同じ、(都立)小石川(こいしがわ)高校なんだよね」) が、講談社から出した本で、 「日本には今すぐ使える650兆円がある」(〇年刊)という書名の本を書いた。

 このとき、高橋が、自分で、鉛筆ナメナメ、計算して、算出した、日本財務省が裏金にして蓄えている、と高橋が、炙(あぶ)り出した。8つ有る、政府系の国際金融、協力金庫とかに隠しているカネは、なあ、高橋。それは、アメリカに貢いだ、カネで、年間30兆円ぐらいずつ溜まっていったんだ。 その代わりに、日本には、米国債という担保(たんぽ)証券が与えられた。それらは、50年物、100年物まである。

 だから、高橋洋一、そろそろ、私、副島隆彦に屈服するか、私に論争を挑め。相手にしてやるよ。今のまま、黙っている、とお前の負けだぞ。お前の周りの、お前の取り巻きたちが、騒ぎ出すぞ。

 その隠し資金、隠れ資金の、金額が、だから、そのときの650兆円から、もうすぐ3倍ぐらいになるんだ。分かったか。 
 日本財務省にとっては、歴代の財務官(No2) たちが管理してきた、あまり根拠がないお金だ。 空中から取り出した窒素肥料みたいなもので、毎年30兆円ずつアメリカに貢いできた。それで、アメリカ財務省は、毎年の、アメリカの国家予算を作って来た(勘定奉行以来のコトバで、これを、丸く「収める」という)。 

 こんなものは空夢(くうむ)と言えば空夢の。国家財政(ファイナンス)帳簿の上だけのお金というものは国家や政府次元でみればこういうものなのだ。だから別名を流動性(リクウイデティ。水もの)という。分かったか。

 もう、今からは、この副島隆彦の、天才級の世界頭脳を、お前たち、猿の惑星の土人どもはバカにできない。そろそろ気づいている連中は気づいている。ところが、私の金融の専門家の弟子でも、 「先生、3営業日(1月13,16,17日)で、日銀が17兆円分、国債を買いました。これは、もう、日銀の破綻が近いですよ」と私に言った。

 私は鼻で笑うしかない。そして次の日(18日)が黒田の記者会見だった。彼ら日本の金融市場の最前線にいる者たちは、日本の株や各種の債券(ボンド)そして、為替(ドル建てのポジション)が、3つまとめて、暴落を始めるのが、死ぬほど恐い。自分がポジションで持っている買い持ちの100億円のうちの、10億円がすっ飛んで、パーになると、本当に怖い。

 それよりも、もっと大きな年金ファンド を扱っている連中は、ひとりで、8000億円とか1兆円を預かって運用している。 主要な銀行や、証券会社のファンドマネージャーたちだ。彼らは、暴落がいつ起きるかで、青ざめて死ぬ思いだ。1%でも実損を出したら、100億円だ。自分の首が飛ぶ、では済まない。可哀そうになあ。

 このことで、私は、今でも思い出す。首相官邸の隣にある、何とかタワービルに入っていたドイツ銀行ドイツ証券(もう消えただろう) の 副会長をしていた武者陵司(むしゃりょうじ)が、私が講演している、横からノコノコ出て来て(こいつが仕組んだんだ)、 
 「副島さん。またバブルは来るんだろうか 」と私におずおずと聞いた。「あー武者さんですか。ええ、バブルはまた来ますよ。人類は馬鹿ですから、またお金で、浮かれ騒ぎますよ。ただし、それはあなたが死んだ後です(お前は、もう助からないよ) 」と、私は言った。

何故か、ここに総結集していた100人ぐらいの、大手の金融法人の各社の年金ファンドの運用担当の、ファンド・マネージャーたちは、一様に、顔が蒼褪(あおざ)めていた。
いつ飛び降り自殺してもおかしくない、という顔をしていた。

 それは、“リーマン・ショック” の 2008年8月17日の大暴落の、2ヵ月後ぐらいだった。 今はもうドイツ銀行もドイツ証券も日本から消えていなくなったんじゃないか。有るフリだけはしているけど、実体はない。モルガンスタンレーもメリルリンチも実体はない。

 あとのほうで(後日)、ガッツン、ガッツン書くが、スイスのクレディスイス銀行だけでなく、野村証券も実質潰れていなくなった。日本橋の横の野村の本店のビルは、2ヵ月前から有名な看板が無くなっている。もうすぐ、あの野村ビルごと、取り壊され始めている。野村は死んでいるんだよ。

 2012年に「野村は潰れる」と書いて、騒がれたのは、この、私だ。「 なぜなら、金融庁と国税庁の、合同の、緊急の査察が本社に入っているからだ 」と私が、この学問道場に書いたので、大騒ぎになった。

 ほらみろ。野村は潰れたじゃないか。もう何も収入なんか、無いんだ。為替も株も債券も手数料の収入なんかないんだ。 世の中、こんなもんだよ。あのとき「その副島という3流評論家を、わが社は法的手段に訴える」と記者たちに話した、その直後に、広報部長は飛ばされていなくなった。

 やれやれ、あれから11年が経(た)ったぞ。 福島第1原発の4つの原子炉の破裂 と、その24時間前に起きた 大地震、大津波から、わずか1年後のことだった。私は、原発前の現地活動本部と東京の間を往復していた。

 私は、「 野村は、私を、名誉棄損と営業妨害で訴えたければ、訴えればいい。裁判所に出て行ってやるよ」 とメールで答えた。 副島隆彦の強さをなめるな。真実暴(あば)き言論人としての能力を軽く見るな。 ついでに、私は、本物の予言者(プレディクター)でもあるんだぞ。野村の話は、これぐらいにしておく。また書く。

 あのときの野村の事件は、オリンパス社 の外資による凶悪な乗っ取り事件が絡んでいた。ヒドい事件だった。オリンパスは、内視鏡(ないしきょう)の技術開発の凄さで、評価が2兆円もある企業だ。これが経営陣の逮捕まで仕組まれて、無残に乗っ取られたのだ。このオリンパス事件も、今でも、問題だ。そのうち、取り上げる。

2.前の方で書いたが、 金が上がっている。ほらみろ。もう、
1オ(ウ)ンス(31=1930ドルまで行ったぞ。 為替が127円の円高に言ったものだから、国内の金価格は1g8000円にしか上がっていない。

 これを今から買うときには、消費税と手数料が800円ぐらいかかるので、8800円ぐらいだ。もうすぐ9000円だ。そして、もうすぐ1万円だぞー。待ってろ。みんな喜べ。 金を売りたい人は、売りは、その、たったの100円差だから( 消費税分の1g800円が戻ってくるから )8700円ぐらいだ。1キロバー(板)ならば870万円だ。

 田中貴金属、日本マテリアルでもいいから、これらのきちんとした業者に持って行って、売りたければ売りにいけ。 おたからや や、大黒屋や、なんぼや に持ち込むと、お前たちはすぐに騙されて、この800円分を誤魔化されて、1キロ830万円ぐらいで買い取られるよ。まあ、そんなもんでいいなら、いいのだけど。

 だから、まだじっと持って、待っていなさい。 1g=1万円は、もうすぐだ。2万円、3万円まで行くぞー。金1キロ板(バー)で、2000万円になるんだよ。副島隆彦を信じて、じっと持ってろ。なんでこんな簡単なことが分からないんだ。

ロシアと中国は、世界中から金の地金(じがね)を、今も、激しく買い集めているんだぞ。すでに世界価格では、私が前の本で書いたとおり、金1g=13,000円になっている。それに日本国内からも追いかけて追いつくに決まっている。

 アメリカは没落する。もうすぐ、ドルは大暴落する。いくらドルが暴落しても、アメリカ国民にとっては、もうどうでもいいことなんだよ。生活には困らない。輸入品の高級品が、高騰(こうとう)して買えなくなるが。
 
1ドル=10円なんて甘い。1ドル=1円になる。それでちょうどいいんだ。幕末、明治の初めの、 1ドル(スペイン金貨。メキシコ金貨と称した) = 1両(小判) = 1円(明治金貨) に戻るんだから、こんなにいいことはない。

 私がこのことを前の前の本で、書いたら、私の本を熱心に読んでくれている大資産家が「これは先生、いくらなんでもあんまりだよ。1ドル1円 なんて、とんでもない」と私に抗議の電話をしてきた。

  この人たちは、何百億円も資産を持っている。そしてドル預金の形で何億円分かを持っている。口座決済用 のドル資産を、例えば200万ドル(2億6000万円)とか持っている。それが100分の1になって、たったの260万円になってしまうことが死ぬほどイヤなのだ。

 彼らは、まだまだ、アメリカさまに、しがみついている。 アメリカ様のおかげで、敗戦後の78年間、自分も苦労したけれど、アメリカが日本を守ってくれたおかげで、自分はこれだけの資産を作れたと、 アメリカさまに腹の底から感謝している。

 その典型が、元は、ドン百姓の小作人(こさくにん。ペザント、貧農)だった者たちが、財閥と地主制度が解体されて、マッカーサーの農地解放が、早くも、占領開始の翌年の、昭和21年(1946年)に断行された。だから自分たちが、今の農協の大幹部たちになった。背広を着て会議ばかりしている。農業なんて何もしていない。

 せめて自分の家のまわりで野菜でも作ればいいのに。それもやらない。そいつら農協の幹部たちが、今から、さらに、ひとり100億円ずつアメリカさまに差し出せばいいのだ。アメリカの言いなりになって、馬鹿なCDS、CDO などの、複雑な組み立てファンド、を、また山ほど買わされている。騙されて、ふんだくられればいいんだ。農林中金と共済連が騙されて、アメリカの仕組債を買わされて、まーた、もうすぐ、20兆円ぐらい損をさせられるんだよ。

 いい気味だ。お前らなんか、元のドン百姓に戻れ。こいつらは、アパート経営者でそれこそ、アパート(軽量鉄骨4階建て全60戸、家賃6万円)を20棟とか、持っている。なーにが、農協だ。全国家主(やぬし)協会とか、貸しビルオーナー協会と、名前を変えろ。

副島隆彦です。とりあえず、1.2 として、上記の文を重たい掲示板に載せる。以下に、18日の黒田日銀総裁の記者会見を報じた記事を2本だけ載せて、のちの資料とする。

(転載貼り付け始め)

2023年1月18日
****編集長へ
副島隆彦から
  私は、東京で、週末にまたヘンなインフルエンザを貰ってきて初期肺炎で苦しんでいました。老人だから、気管支が弱いから、冬の東京には行きたくない。
昨日、**くんのお尻を叩いて、何とか、彼の本を作ってあげよう(彼は仕事であまりに多忙だ)と話していました。 

 **君は、以下の日経記事にも有るとおり、「3営業日連続で、日銀が、17兆円、日本国債を買った。長期金利が、5%を越した」に、非常に緊張していて、(きっと金融業界の現場の専門家たちは、そろってそうなのでしょう)、それで、「日銀の 国債デフォールトが起きるのでは」と、心配していました。

 彼が、一昨年(おととし)から、ずっと、「日銀は、長期金利0・3%以上には耐えれない(利払いが出来ない)」と 言っていたとおりで、黒田は、この0・3%を死守するために、金融緩和を続けた。私は、黒田を支持し続けました。 

 NYではなくて、「イギリスの為替、債券の投機筋が、日本国債の売り、暴落を仕掛けている」と**君は言いました。私、副島隆彦は、「大丈夫だよ。米国債を売って、どんどん日本国債を買えばいいんだ。まだ、100兆円 以上ある」
 
「だから、岸田は、アメリカで、バイデンたちに嫌われて、晩餐会もない、記者会見もない、の目に遭っている。それで、いいんだ。 秋葉剛男(あきばたけお)と****たちが、対米自立の戦略として仕掛けているんだよ」と、言いました。 

安倍の子分だったのに、さっさと裏切った、今井・・や島田(今の岸田の首席補佐官)たち経産官僚あがりが、ロシア、中国ともじっくりととつながって(対ロシアの制裁に日本は加わっていない)、しっかりとしたエネルギー戦略をやっている。

 アマゾンの孫崎対談本 の宣伝を見ました。あれでいいですね。 あれぐらいに落ち着いて、そして、もっともっと孫崎享(まごさきうける)氏を を、私が、立てる、褒(ほ)めるのがいいと私も思います。

 肺の爛(ただ)れ(炎症、フィリア)が、少し収まったので、今日、重たい掲示板にワーワー書きます。ようやく、今年の動乱の兆しが見えてきました。デープステイト=カバールは、ワクチンも、もう2年やったから、そろそろ飽きた( スイス基盤の 製薬会社たち を設けさせた)から、次のエベント event を始めるでしょう。 副島隆彦拝 

〇 日銀の国債購入最大、1月17兆円超 きょう会合結果公表

2023年1月18日   日経新聞
 日銀の黒田東彦総裁は18日、金融政策決定会合の結果を公表する
日銀の国債購入が膨らんでいる。1月の購入額は17日時点で17兆1374億円となり、2カ月連続で過去最大を更新した。

 長期金利の上昇圧力が強く、0.5%程度とする上限以下に抑えるため、連日、大規模な買い入れに動いている。18日には金融政策決定会合の結果を公表する。三井住友信託銀行が17日に起債を見送るなど、前回会合で政策修正の理由とした市場機能の低下には改善がみられていない。

【関連記事】日銀、物価見通し引き上げへ きょう決定会合
 長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは17日、一時、0.505%を付け、3営業日連続で日銀が設定する上限を超えた。日銀が国債を買い入れ、終値では0.5%に戻った。ただ、10年債近辺の利回りが8~9年の利回りを下回るゆがみが顕著だ。

 その影響が、企業が資金を調達する社債市場に及んでいる。三井住友信託銀行は17日、準備していた10年物社債の起債を見送った。発行予定額は50億円程度で、18日の起債を予定していた。

 社債は、国債の利回りに信用リスクなどを加味した上乗せをして発行利回りを決める。長期金利が人為的に抑えつけられると、適正な上乗せ金利を算出しにくい。上乗せ金利は高くなりやすく、国内社債の代表的指数「NOMURAーBPI事業債」をみると、国内企業などの円建て社債の平均上乗せ金利は20年5月以来の水準で、高止まりしている。

 一段の政策修正で債券価格が下落することを警戒し、投資家の社債への投資意欲も低い。オリエントコーポレーションも17日までに、2年債と5年債の起債を延期した。

 みずほ証券の大橋英敏氏は「日銀が長期金利のコントロールをやめ、市場が金利の落ち着きどころを見つけるまで弊害が続く」と指摘する。日銀は金融政策決定会合で、債券市場への対応策を議論する見通し。日銀内には大幅な政策修正は「もう少し様子をみるべき」との意見が多い。

●「日銀の国債購入、月間最高に 1月17兆円、金利上昇を抑制」

2023年1月16日 共同通信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d3836e520559ee2ccfdce7ab60b063606b8f0690

 日銀は16日、金利の上昇を抑え込むために2兆1148億円分の国債を買い入れた。1月の国債購入額は17兆円規模に達し、月間の購入額として過去最高だった2022年6月の16兆2038億円を上回った。

日銀が17、18日の金融政策決定会合で金利を極めて低く抑える大規模金融緩和策の修正を進めるとの観測から国債が売られて利回りは上がり、これを抑え込むための購入が増えた。

民間シンクタンクの東短リサーチの集計によると、決済日を基準とした1月の購入額は17兆円規模となった。国の財政を日銀が支える「財政ファイナンス」が懸念される。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦 拝