ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:2258 昨日:19398
合計:88897991
 
“予言者”金融セミナー掲示板


  副島隆彦先生以外の方は、投稿をお控えください。副島先生以外の投稿は、管理者が削除します。予めご了承ください。 


  ご不明な点は、こちらまでお問い合わせください。メールアドレス:bt-soejima@nifty.com


  折り返し担当者から、ご返信いたします。ブレイントラスト企画 









※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[13]第23回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2022-04-05 15:40:18

第23回 質問コーナー
2022年4月5日

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの(回答→)を掲載します。(回答→)がない質問については、講演内で解説したか、回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【金について】
●今後の金価格について知りたい。
●リデノミが実施されたらお金の単位が一桁なくなるとのことですが、金価格も同様に桁が一桁減るとの認識で好いでしょうか? この場合、桁が一桁なくなるということは海外から見た場合、日本の金価格が安くなることを意味するのでしょうか? また、リデノミ後にも金価格は高騰するのか、それとも何年か後に価格は頭打ちになって下落するのか知りたく質問しました。
●その日暮らし、庶民目線からの質問です。最近(数ヶ月以内)、多分NHKのニュースで(1)国が保有している金(金貨をつくるときのためと言っていた)が余剰になったので、民間に?売却した。
(2)不法所持等により押収した金を、民間に?売却した。
という報道を聞き、意味や意図がわからず引っかかっています。それらは、今後の日本にとって不利(他国に持って行かれる等)にならない為の動きですか? 市場への影響はありますか?
●ウクライナ紛争により、ドルベースでの金の価格が上がり、円安も進んで、円貨での金価格がかなり高くなっていますが、金は今買っておくべきでしょうか。あるいは、ウクライナ紛争が落ち着き、値下がりするタイミングを待つべきでしょうか。
●今からまだ金の買い増しをして良いですか。
●副島先生の最近の著書『コロナ対策経済で大不況に突入する世界』のなかで書かれていた、「7年以上前に購入した金の地金については売却益に対し税金を払う必要があるのか論」についてもう少し詳細を教えていただけないでしょうか?
●約15年前から、副島先生の書籍を拝読し、以後、金地金購入・買い増しを続けています。近著「コロナ対策経済で・・」でも「税込み小売り7000円/gはまだまだ安い」とのことで買い増しました。さらに買い増しをしようと考えていたところ、3月上旬で「税込み小売り8000円/g」をこえてしまいました。今「この値段で買い増すか」「一度下がるのを待つべきか」検討しています。ご意見をお聞かせください。
●ある経済アナリストが、ロシアのウクライナ侵攻により、3~5年以内に現在のアメリカ中心の国際金融およびエネルギー構造の大転換が起き、ドル体制が崩壊していく。その過程でゴールドは一時的に大暴落、その後、金融システムは多極型となり通貨バスケット体制(金、銀、その他を担保)に移行していくのではないか、と言っていました。先生は、どのように思われますでしょうか。
●ロシアへの制裁で金本位制への転換は早まりますか?
●副島先生の予想は2024年に金価格10,000円と打って出ていましたが、変更なしですか? 最近、先生は最近10,000円と言わなくなった気がします。この場で強気発言よろしくお願いします。銀は1グラム1000円~1600円に一時的になると思いますか?

●金を日本マテリアルでカットした場合、販売元の刻印のない板は売却するときに信用度が落ちると聞きましたが、いかがですか。
(回答→)信用は落ちません。買い取る業者は本物か偽物か、すぐ分かります。いざという時に、まず日本マテリアルに行くことを考えましょう。

●金は、いつ売るべきか。
(回答→)2024年の大混乱のときに半分を売る。

●もう金を買っても遅くないですか。それに税金もかかるし。
(回答→)今からでも買いなさい。3倍になります。儲かった分の3割が税金ですから払えばいい。

●先生がおっしゃる通り1g/10.000円になるまでは換金するつもりはないです。現在、田中貴金属に預けておりますが、早めに引き出しておいた方が良いでしょうか? 引き出す場合は1kg/500g単位ではなく100g単位で引き出した方が良いでしょうか?
(回答→)早めに引き出しなさい。100gの板で渡してもらえるなら、それがベストです。

●2024年に金を売却して不動産を購入しようと考えています。金融恐慌からハイパーインフレが起こる前に金を売却すべきでしょうか。
(回答→)金の売却を急ぐ必要はありません。金融恐慌とハイパーインフレは同時に来ます。

●金の値段が1グラムあたり、1万円になるのは、いつ頃でしょうか。また、最高は、いくら位まで上がるでしょうか。
(回答→)来年2023年でしょう。最高は3万円です。

●配偶者が亡くなった場合の金の相続について教えてください。金は、昔に購入したものと、新しく購入したものがあります。昔に購入したものの証明書がありませんが、購入した日付は分かります。古い金と新しい金で、相続のときの違いはありますか?
(回答→)あなたが資産家(大金持ち)なら税務署は事前に調べています。そうでなければ、黙っていなさい。向こうから何か言ってきたら修正申告をして払いなさい。

●基軸通貨が近未来に不安定な価値のものとなる予感がするので、現金の約20%程度を田中金属より金塊に替えておこうと考えていますが、現在のタイミングは適切でしょうか?
(回答→)なるべく早く現物の金塊を田中から受け取って自分の手元に置きなさい。2年後には渡してくれないかも。

●金が、三万円になるのは、概ねいつ頃でしょうか?
(回答→)2024年からさらに暴騰して2026年頃でしょう。

●金先物売り勢力に対抗して、(昨年のゲームストック株のような)庶民の金買い運動や
金先物の現受けで、庶民派が勝つようなことは起こりますか?
(回答→)庶民(派)が勝つのではなくて世界権力者の戦い(大国どうしの争い)で決まるのです。金先物で売り(フューチャー・セリング)を仕掛けているような人たちは、大損して自殺するしかなくなるでしょう。

●資金繰りに困った国家・企業群等の金売りによる一時的な金暴落は近々ありますか?
(回答→)日本国家は、もっと金を欲しがるでしょう。世界の動き(ウクライナ戦争など)からして、金暴落はもう起こりません。

【資産について】
●オフショアの積立ファンドは早めに解約すべきでしょうか?
(回答→)そうです。早めに解約すべきです。そして現物の金を手に入れるべきです。

●日本でハイパーインフレは今後起こるか。
(回答→)2024年でしょう。

●2024年問題、何が起きるのか。
(回答→)大恐慌とハイパーインフレが同時に来るでしょう。

●2024年までの準備と対策を詳しく教えてください。
(回答→)私の講演と、他の人たちへの回答でたっぷり答えました。

●新札切り替えで困惑しています。相続の関係で表に出せない箪笥預金はどうすべきでしょうか?
(回答→)タンス預金は、今のうちに少しずつ(500万円単位)で、目立たないように他の現物の実物資産に買い換えるべきです。

●リデノミネーションに、もしなったら・・・と考えてもイメージができません。具体的に教えてください。
(回答→)まず、「通貨単位の変更」という言葉を覚えてください。そして1万円札が千円札になるのだ、と覚えてください。何故だろうは、もっと自分の脳であれこれ考えないと、どうしても分からないでしょう。

●リデノミでは、すべての価格が、10分の1になるとのことですが、不動産、店頭に並んでいるもの全てが、10分の1になるのでしょうか? 金もそうなりますか? その前に半分売った方がよいという理解でよろしいでしょうか?
(回答→)そうです。すべて10分の1です。そのとき、手持ちの金を半分売る、でいいと思います。

●3月3日にロシアが金本位制に移行したことについて。両親が両親名義で持っているゴールド、シルバーはこれからどうすれば良いのか。一番良い相続対策を教えてください。
(回答→)そうです。ロシアは実質で金にリンクした通貨体制になりつつあります。ドルの信用と力が序々に落ちてゆくでしょう。だから、金(ゴールド)、シルバーをじっとしっかりあなたの代にもそのまま持ち続けなさい。ひと財産になるでしょう。

●個人名義の決済用普通預金口座は財産税の対象となりますか。またその金額はどのぐらいまでにするべきですか。
●株式より債券の崩れが怖いとは、どういうことか。私は外貨建て劣後債券を持っているが、何か影響があるか教えてほしい。
●今回のロシア対ウクライナ(欧米が後ろ盾)の戦争において欧米はロシアの銀行をSWIFTシステムから排除しました。将来中国に同様の措置がとられた場合、香港のHSBCに口座を持っている外国人の口座は凍結されてしまう可能性はあるのでしょうか?
●現在までの資産形成は、ほぼ金地金一択でやっています(緊急時の預貯金以外。昔は副島先生の書籍を読んで、商品先物で資産を増やした時期もありましたが、今は金地金にシフト)もし、その他の投資をするなら何が良いでしょうか。(最近の副島先生の書籍では「銀もいい金属だ」とのお話もありましたが。)
●私たちのなけなしの貯金は、どのように守ったらよいのか教えていただければ幸いです。
●相続税の今後についても色々教えていただきたいと思います。
●先生の書によれば、2024年に経済大変動が起きて金融機関の倒産が相次ぐと予測されています。そのとき、個人の預金は、1000万円まで保護されるとのことですが、個人事業主の事業関係の預金の扱いは、どのようになるのでしょうか。
●預金封鎖について質問です。先生が監修された根尾知史さんの書籍の中で法人口座は預金封鎖を回避できると記載されていますが、MS(メディカルサービス)法人でも可能だと思われますか?
●1ドル1円になった場合、経済、個人の日々の生活、預金は、どのようなことが考えられますか。そのときの財産の保全のバランスを教えてください。
●暗号資産の「ジパングコイン」についてです。金価格に連動させるとのことで、いつでも、小口でも現金化が容易そうなので購入を検討しています。資産保全を前提とした場合、預金封鎖等があった時の影響や、対策、考慮しておくべきことがありましたらご教示をお願い致します。

●金融危機のあと、債券の価値がなくなるとのことですが、保険も債券に該当しますか?ささやかながら、郵貯の終身保険に、10年ほど契約継続しており、60歳まで支払い続けることになります。こちらもあまり意味のないものでしょうか?
(回答→)本当に債券(ボンド)は大きく無価値になります。しかし、郵貯の終身保険は国家の事業(株式会社なりましたが)ですから最後まで大丈夫です。払い続けてください。

●大まかなテーマにはなってしまいますが、この今の時代に、10年20年後に生かされる現金の保管のしかたや資産運用について、ご助言ありましたら頂きたいです。
(回答→)現金(お札)は、2年後に新札に変わります。そのときまでに、半分は金などの実物資産に替えておく。半分は現金で持っておく。変な資産運用など騙(ダマ)されるだけですから止めなさい。

●11年前の第1回セミナーの際に、住宅ローンの繰上返済をするべきか、金の購入に廻すべきかという質問をさせて頂きました。副島先生からご返答頂きましたとおり、繰上返済をせず、2007年からの純金積立継続、ボーナスでの買増し、転職時の退職金から購入など、コツコツと金を購入してまいりました。
質問ですが、金の一部を売って住宅ローンを返済するべきか、まだ売らない方が宜しいでしょうか?
住宅ローン 残高9,900,000円 固定金利1.2% 残り13年強です。
金 2,700g保有 銀 15,000g保有 (サラリーマンですが、頑張って購入続けました。)
(回答→)2024年に来るだろうハイパーインフレ、預金封鎖の直前に金を1キロ売って、住宅ローンを返しなさい。あとはじっと金、銀を持ち続けてください。

●十数年後の子供の学費などの蓄え(1000万位)を金銀と現金半分くらいずつで考えていますが、大丈夫でしょうか?
(回答→)それでいいです。金銀と現物を半分ずつで保有というのがベストの考えです。

●ペイオフについて。この前のセミナーで2024年の新円切替の時、1000万円までは生活費等なので国は手を出しませんよ。と先生が話しておられましたが、例えば2つの銀行でそれぞれ1000万円ずつとか、3つの銀行でそれぞれ1000万円ずつだとしたらペイオフ上ではそれぞれの銀行での保障制度はありますが、2024年時の国の対策として1つの銀行の1000万円までなら手を出しません、それぞれ1000万円以内でも2つ以上の2つ目、3つ目は保障されない可能性が高い。1つだけという意味なのか? そこの所を具体的にお聞きしたい。
(回答→)ペイオフ制度は、あくまで、「1つの銀行で、1千万円まで、預金を引き下ろせる」という制度です。国民の95%は、預貯金が、1千万もありません。若い人を入れて、300万円ぐらいです。質問者も、余計なことを考えないで、「郵便貯金に、1千万円。他の銀行に800万円、信用金庫に200万円」と預けて置けば、それでいいことです。すべて国は払ってくれます。預金封鎖(預金の引き出し制限のこと)はしません。これ以上のことは、あなたに無関係です。へんなことを考え続けないようにしてください。


【株価、為替について】
●貴金属相場、パラジウムについて。今後の債券崩れ後においても、実需、投機の要素を差し引いても金に追随する実物資産として価値を保持するのでしょうか。
●オリンピック後の中国経済は? 1元19円で、70万円買ったらその後、下がり、やっと18円。中国銀行に預けていますが、元は、今後、19円以上になっていくのでしょうか。
●米株を買うなら1ドル1円のときに買った方がいいのでしょうか。
●円相場がドルに対し著しく下落しています。先生は将来的に円高で推移していくとの予測でしたが、今後、どのように予測されますか。
●FRBは金利を上げることにしましたが、日銀だけが金融引き締めをしないで、円安を容認するメリットを教えてください。
●株式の今後の価格動向について。
●米ドル建て複利運用型の保険商品を通して、 GAAFAを主としたアメリカの事業者株への投資運用を始めたところですが、今後の株価の動向予想はいかがでしょうか?

●1ドル=1円になる、タイミングはいつごろなのでしょうか? また、その時の世界観(実際の生活感?)をお教え頂けたらと存じます。
(回答→)2024年の世界大恐慌突入のときです。日本国内の生活感としては、変化はありません。お金の単位が変わるだけです。今のまま、日本人は生きてゆきます。

【世界情勢、国内情勢について】
●日銀のステルステーパリングとハイパーインフレの可能性についての先生の御意見を伺いたいです。
●企業物価が上がれどもCPIは上がらない、上げられない現状についての解決策についてのご見解を伺いたいです。
●ウィキペディアによると、ウクライナのウクライナ民族主義組織(OUN)は、1920年代にできた、とありますが、本当は誰が作ったのか。坂本龍馬のように、英米がお金を出して作ったのでしょうか。
●ウクライナの平和はどうすればもたらされるか。
●ロシアとウクライナが第3次世界大戦の引き金になりませんか。
●ウクライナ情勢渾沌としています。今後、中国はどう出てくるとお考えですか? 米中は戦争になるでしょうか?もしなった場合、日本はどうなるでしょう?アメリカと共に中国と戦うことになるのでしょうか?現時点での副島先生のお考えをお聞かせください。
金融の事はもちろんですが、世界情勢(政治)についてもお話しが聞ければと思います。
●中国の恒大グループ問題は、もう中国全体の不動産問題、さらには地方銀行へと波及しています。特に海外では、ドイツ銀行が恒大債務によるクレジット・デフォルト・スワップが心配され、さらにウクライナ危機によるロシアのデフォルトは可能性は十分にあります。それで、このような影響が今後の金融と世界、日本への影響を教えてください。
●初めての参加です。著書は、ここ20年、年に数冊拝読しております。また、副島さんは、金融会社や経営者勉強会で、2度、直接話を聞く機会がありました。ほぼ、15年ぶりの生の声がきけそうで楽しみにしております。食品関係を中心に中国に事業進出をすすめており、今の中国の情勢(ウクライナの情勢も踏まえ)を伺えればと思っております。

●新型コロナウイルス騒動(2019年秋~)と、ロシアのウクライナへの特殊作戦(2022年2月~)との間には、どのような関係がありそうでしょうか?
(回答→)ディープステイト(世界を支配している者たち)は、コロナの次はウクライナ戦争だ、と着々と準備していたのでしょう。その次に何が来るか、を私は今、考え中です。

●日本からロシア、ロシアから日本への送金や、飛行機の日本とロシア間の運行は、いつ頃、復活するか。

●ウクライナとロシアの戦争について、4つの質問があります。
(1)日本は、この問題には関わらないことがよい、と私は思っています。先生は、どう思いますか。
(回答→)それでいいです。日本は戦争のどっちの側にも立たず、中立国であるべきです。

(2)プーチンにとって痛いことは、不正なアメリカ大統領選挙でトランプがおろされたことだと思います。先生は、どう思いますか。
(回答→)そうです。プーチンとトランプ(そして習近平も)は、今も仲良しです。悪いのは、今のバイデンやヒラリーたちディープステイトの子分どもです。世界の民衆を苦しめるのは、いつもこいつらです。

(3)今のプーチンは、ディープステイトによって、第2次世界大戦に追い詰められた日本の姿がだぶって見えます。どう思いますか。
(回答→)まさしくその通り。あの時の日本が昭和天皇以下、英米に大きく騙されて嵌められて、戦争に突入させられていったのと、全く同じです。プーチンは大悪人ではありません。

(4)金は、これからも価格が上昇することは確実ですが、プラチナは、どうですか。
(回答→)残念ながらプラチナの値上がりは遅いです。銀の方がいいでしょう。パラジウムやニッケルが暴騰しました。

●ウクライナ紛争はエゼキエル戦争に繋がるとお考えですか?
(回答→)こういう宗教書の勉強はしていません。

●3月16日のSPUTNIKで、ロシアと中国が単一通貨の導入を検討という記事が出たことへの副島先生のお考えを聞きたいです。
(回答→)ロシアと中国は、ドルを仲介しないで直接、人民元とルーブルで貿易決済をすでにしています。これからは米ドル中心ではない世界通貨体制が出来ます。

●ロシアへの経済制裁⇒経済封鎖が行われれば、ロシアの工業生産は大打撃を受けると思われます。そうするとロシアからの部品に依存している中国の軍需産業も打撃を受け、特に戦闘機のエンジンなど中国が自国技術でまともに作れない分野での影響が大きくなると云う観測があります。僕もその通りだと思いますが、中国はこのように工業の核心部分を外国からの部品に頼る限り、経済覇権国にはなれないのではないでしょうか。もし、日本が本気で高純度フッ化水素の対中輸出を止めれば、中国の半導体工業は壊滅すると思うのですが、如何でしょうか。
(回答→)今の中国の戦闘機はロシア製の改良型です。ロシア製より性能がいい。最新の半導体も中国が作っていて、ロシアは緊急にそれらが欲しい。中国はすでに、経済覇権もアメリカより上です。信じられないでしょうが。フッ化水素のことは知りませんが、世界は広いですから、どうにかして中国は入手します。ご心配なく。

【その他】
●今回で4回目の参加です。前回、副島先生は、ワクチンの危険性について指摘されておられる一方で、自民党総裁選で河野太郎氏がなればよいのだがと言われていましたが、ワクチン推進の旗振り役の河野氏をどうして望ましいと考えるのか理由を教えてください。
●金融問題と合わせコロナ問題の行方について知りたい。
●前回、『私は税務署と闘う・恐ろしい日本の未来』の本の中で、税務署長の自宅に突撃していますが、税務署長が「警察を呼ぶぞ」と言いませんでしたか、のお答えは後からの学問道場の中に、副島先生のお答えを見られる場所がありましたが、私が聞きたかったのは、そういうのはわかっていたと思いますが、そう言われたときには、どうしようと思っていたかということですので、おさしつかえなければ教えてください。
●コロナワクチンを接種した人達の健康状態はどうなりますか? 最先端情報をお聞かせください。

●オリンピックのような大会は廃止した方がいいと思います。選手をないがしろにするショービジネスになってしまったからです。過酷な重圧によるストレスは健康な体を蝕んでしまいます。今から5年前くらいに柔道の世界王者の古賀選手を電車内で見かけたことがあります。鍛え抜かれたその身体は屈強そのもので王者の風格を漂わせていました。しかし、あの体が重圧からくるストレスで胃に何か所も穴が開いてしまったそうでボロボロになって、ついに胃ガンで昨年、53歳で亡くなりました。ショービジネスのオリンピックは止めて、ワールドカップだけにすればいいと思いますが、先生は、どう思われますか。
●ロシアは、本当にしたたかで火事場泥棒のようなことを平然とやってのける。その本質は約80年前と今もほとんど変わっていません。森でバーベキューをしていると忍び足で襲ってくる熊みたいなものです。アメリカに頼り切れた時代はもう終わりました。この日本という国は、しっかりと法整備し何事にも即対応できる状態にしておかないと、この先、国家として存続できなくなると思います。先生は、どのようにお考えになりますか。

●林業(伐採、搬出)をしています。2024年の金融恐慌の際、木材は、どうなると思われますか。
●『世界の常識はウソばかり』を拝読いたしました。先生の経済予測本は読み終わるとメルカリで売ってしまうのですが(すみません)、こういう本は残しています。
アリストテレスとデカルトの二元論(物質と霊魂)、一元論(モニズム)の危険性など、対談本(平易な会話体)でようやく理解できてきました。
p226で「合理と理性が今も人類の大半にとって信じ込まされている神である」とありますが、これは「自然科学は宗教(神)である」ということにつながりますか?合理と理性の一辺倒がその原因でしょうか。



[12]第23回セミナーの申し込み
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2022-02-09 17:23:38



副島隆彦の"予言者"金融セミナー 第23回のお申し込みはコチラから↓↓↓

https://kokc.jp/e/50da22a30840a71e91bc384b804d4380/



[11]第22回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答6
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-10-12 21:08:39

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で解説したか、回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【その他】
●経済より政治介入(地政学)が混ざり、エネルギー分野では、脱炭素、グリーン社会、電気自動車(EV)、半導体などからインフラが騒がれています。(最近、銅が盗まれる?ことから銅の原料とするもの・・・)「LME」ロンドンの先物があります。産業についての2030年炭素中立、地域経済についても・・・アメリカ(GAFA)、台湾(半導体)TSMCと中国(ファーウェイ)一連関連から日本の雇用への影響を質問したいです。(私は東芝で汗を流しています)スイス製薬ロシュホールディングスなどの歴史を知りたいです。
回答(→)自分の意見と知識を、ベラベラ書かないように。東芝に勤務とのことですが、フラッシュメモリーを作った舛岡富士雄(78歳)がいちばん偉い。この人が天才です。他は西室泰三ほか、極悪人の経営者たちがいた。舛岡のフラッシュメモリー(3兆円の価値)があなたたちを食べさせているのだ。

●新型コロナウイルスの終焉は、いつになるか教えてください。
回答(→)もう終わった。次のワクチンで、これから人がたくさん死ぬ。

●副島先生はコロナウィルスワクチン接種については、どういうお考えをお持ちですか?
回答(→)ワクチン接種なんか、するな。

●いわゆるDSにより大局的世界経済、貨幣発行、軍事、医療、食料などを世襲政治家、マスコミ、を支配しNWOを目指していると言われていることの蓋然性について。
回答(→)ここで質問すべき内容ではありません。

●世界権力者がランドロードたちとすると、今回のコロナ騒動により空ビル、空テナントの増加、ワクチンによる人口減少は不利益になると思います。コロナ・ワクチン騒動は世界権力者に敵対するグループがしたことですか。
回答(→)世界権力者も内部で分裂しています。彼らは、不動産の暴落など気にしません。

●副島先生の『私は税務署と闘う―恐ろしい日本の未来』の中で税務署長の自宅へ突撃していますが、「警察を呼ぶぞ」とは言われませんでしたか。警察を呼ぶ、と言われたら、どう対応するつもりだったのかを教えてください。
回答(→)私の古い本を読んでくれて、ありがとう。「警察を呼ぶぞ」と家の中から言われました。税務署長のクセに死ぬほど、怯えていました。

●副島先生の著書を毎回、興味深く拝読しています。先生の著作で「イルミナティ」の文言が出てこないのが不思議です。先日の英国の「Economist」誌の表紙の中に「イルミナティ」のマークがあることを私は発見しました。そのときの表紙はビットコインを扱ったものでした。先生の「イルミナティ」に対する見解をお聞かせください。
回答(→)私は、アダム・ヴァイスハウプトが作ったイルミナティがドイツの悪い王族たちに乗っ取られていったことを書いた『秘密結社イルミナティ入会講座 初級篇』(ベストセラーズ、2013年刊、芳賀和敏 (翻訳)、副島隆彦(解説))を参照のこと。

●副島先生、いつも明快な答えをありがとうございます。質問があります。昨年6月にトランプ大統領はツイッターでメドベッドを示唆する内容を述べています。もしメドベッドが開始されるとしたら、それはアメリカからでしょうか? それと、メドベッドの原理はテスラの特許を利用したものでしょうか? トランプ大統領の祖父がテスラの業績すべてを知る立場にありましたが、そこになにか物語がありますでしょうか? イーロン・マスクも気になります。この時期にテスラの映画が上映されたのが気になりました。最後にメドベッドの正確な情報を知るには副島先生以外にどなたかおられるのでしょうか。ご教示お願い申し上げます。
回答(→)メドベッドは、世界の最高権力者たちだけのものです。あなたたちには回りません。

●日航機123便墜落事故の原因と、その後の日米関係への影響について。数年前の副島先生の講演会では、原因は自衛隊の訓練中の誤射によるもの、という話であったが、ベンジャミンフルフォード氏は、プラザ合意を日本に飲ませるためにアメリカが故意に撃ち落としたという説を唱え、その他、ネット上では、同機にはトロン(OS)の開発者達が乗っており、無料であるトロンが普及してしまうとWindowsを普及させるのに邪魔だったので撃墜した、という説の大きく3つの説がある。どの説が正しいのか。単なる自衛隊の誤射で悪意はなかったのであれば、すぐに救助すればよいものを、何故隠蔽して生存者まで殺す必要があったのか。また、この事故の裏側をアメリカに知られたことでアメリカに弱みを握られ、プラザ合意等、政治経済面でアメリカに脅される材料として使われているという説があるがそうなのか。当時の首相の中曽根康弘は「この秘密は墓場まで持っていく」と言ったらしいが、その真相は?
回答(→)日航機墜落事故(1985年)の原因は、米軍の厚木の米空母に艦載用の練習機がサイドワインダーというミサイルを誤発射したために起きたものです。自衛隊の練習機ではありません。私は、このことを『新版 日本の秘密』(PHP、2015年刊)に書きました。読んでください。

●真偽不明なネット上の噂について。アメリカの政界やハリウッドだけでなく、日本の芸能人や政界財界人もアドレノクロム常用者で、それらの多くは逮捕・処刑され、今は、影武者やゴム人間や、クローン人間が代理をやっているという話だが、そんなことがあるのか。また、世界中に地下施設があり、子どもを隔離して儀式やアドレノクロム抽出に使っている、というのは本当か。ヨーロッパの王室も人身売買やアドレノクロムに関わっているようだが、今後、世界の王室や日本の皇室はどうなっていくのか。
回答(→)アドレノクロムの問題を金融セミナーで話さないように。日本の皇室は汚れていません。

●トランプの表舞台への復帰はいつか?海外旅行に行ったり、普通に生活できるようになるのはいつ頃になりそうか?
回答(→)飛行機は簡単には動かないようです。世界中の貧乏人たちが、白人世界に押し掛けることがものすごくイヤなのでしょう。それでも徐々に飛行機が動くでしょう。

●『裏切られたトランプ革命 新アメリカ共和国へ』では、去年のアメリカ大統領選挙について、DSとの戦いにほとんど勝利しているように書かれていて、Qanonは退役軍人の集まりであり、DSが手出しをしたらそれこそ南北戦争のようなことになる、という理解で読ませていただいております。NASARA,GESARAがないのは当たり前として、グアンタナモ収容所での粛清とか、日本のQの人たちが予言していたことは、一向に起きません。一方では、トランプ大統領が安倍晋三から巨額の軍事費を巻き上げていったことや、安倍晋三たちがトランプの命令で世界中に日本人のカネをばら撒いていることなど、トランプ大統領自身がDSの代理人とも考えられるのですが、副島先生のご見解を教えていただければ幸いです。
回答(→)こういう質問は金融セミナーでしないように。トランプはディープ・ステイトと戦っている人です。バカな考えをしないように。

●コロナの終息後には、食糧危機が意図的に計画されているという噂がある。また、水道民営化など危険な動きもある。日本人が、食べることに困らず生き残っていくには、どうしたらよいか。
回答(→)食糧危機は、ありえます。しかし、日本は、海で囲まれて安全で、米と魚がとれます。生きていくのに心配はありません。輸出入の物流は止まりません。

●911から20年が経ったが、黒幕は誰か。イラクの石油以外、目的は何か。実際に飛行機は衝突しておらず、爆弾が使われ、飛行機の画像はCGであったらしいが、そうなると、相当多くの人間が関わっていることになるが、911が自作自演であると認識しているアメリカ人は、どの程度の割合か?この件に関して、最近、アメリカのバイデン大統領が情報開示を指示した、とのことであるが、今日現在、開示はない。事実が近い将来、公式発表されることはあるのか? また、世界緊急放送の噂がネットで流れているが、それはあり得るか?
回答(→)こういう余計な質問も金融セミナーでするな。

●ワクチンパスポートの社会が到来しそうです。それが、義務化されて行く流れだと思います。どうしても打ちたくないのですが、今後パスポートがないと、デジタル庁で全て監視されて、スーパーで買い物も出来ず、電車にも乗れなくなった時等の対処法を教えて頂きたいと思います。
回答(→)パスポートなんかやりません。ビクビクあまり心配しないように。自分の勝手な考えをベラベラ書かないように。

●今年の末頃までに、RV(通貨の評価替え)が起こり、米国の中央銀行によるスイフト制度がなくなり、QFSシステムによる金本位制になるのでは、と聞いたのですが如何でしょうか?
回答(→)スウイフト(SWIFT)というドル覇権の電子送金システムは、簡単にはなくなりません。徐々に衰えるだけです。何のことか分かりません。

●副島先生からバチカンのフランシスコ教皇は、逮捕されるだろうとお聞きしていましたが、何時頃になるのでしょうか? また、エリザベス女王は、今どうなっているのですか?
回答(→)彼らは変わらないで生きているようです。もうすぐ死ぬでしょう。

●トランプは最近、ワクチン推進派になっていますが、このことについてどう思われますか。
回答(→)権力者だから、仕方がない面がある。全体としてトランプ支持者はワクチンを打ちません。

●コロナ騒ぎはワクチンの治験が終了するまで続くのか。
回答(→)ワクチンの治験などありません。現在、世界規模で人体実験を行っている。

●先生の本は20年間ずっと買い続けて読んでます。今回初めてオンラインでセミナーに参加させていただきたいと思います。今自分が一番知りたいのは、新型コロナの今後と、mRNAワクチンはどうなのか?

●妻がコロナワクチンを接種すると言っており、私も強制的に接種されそうです。私がコロナワクチンは百害あって効果なしと判断しているのですが、妻をどのように説得すれば良いでしょうか。コロナワクチンでもめて離婚寸前になるというのは案外よく起こっている分断のようです・・・
回答(→)妻(女)を説得することはできません。離婚寸前になるぐらいなら、黙るしかありません。人は人を説得などできません。

●ワクチンの危険性について詳しく聞きたいです。厚労省が出している人口動態統計を見ても3月以降、例年より毎月1万人ほど死者が増えている(東日本大震災のときより多い)のが気になっています。

●副島先生のファンキーなところが大好きです。私はワクチンは全く信用していません。これからワクチンパスポートの提示が必要な社会になりますが、パスポートになる社会は本当に来ますか? 先生ならばこの世の中の不都合をどのように生きますか。

●副島さんは河野太郎推しているようですが、ワクチン推進している河野太郎推しの理由はなんですか?

●ワクチンは今は打ちたくありません。5年くらい経過し、打った方の具合をみてからにしたいと考えているのですが、どうしても打たないといけない状況になれば熊本市のKMバイオロジクス(不活性ワクチン)と考えています。KMバイオロジクスのことをご存知でしたら教えてください。
回答(→)知りません。



[10]第22回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答5
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-10-12 21:06:31

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で解説したか、回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【世界情勢、国内情勢について2】
●世界的なバブルの崩壊が近いと言われています。今後インフレになる見込みはあるか。現在まだ低金利ですが、固定金利で銀行借り入れを行うことは問題ないでしょうか?
回答(→)固定金利で低利で借り入れてください。問題ありません。

●アフガンからの米軍(麻薬利権)撤退は、中央アジアに世界銀行を作るための、トランプ派の露払いなのでしょうか?ご教示いただけますと幸いです。
回答(→)こういう余計な世界認識はやめなさい。アメリカの撤退は、アメリカの衰退そのものです。次の世界通貨体制は、アメリカ中心ではありません。

●日本がここ数年以内に中国と戦争させられる可能性があると思います。タイやマレーシアなどに数年の間、避難できるように準備をしておくべきでしょうか。
回答(→)マレーシアのMM2ビザは、今では、1億円(100万ドル)ぐらい積まないと、もらえません。もうすでに大金持ちたちは金融資産とともに逃げています。今からではもう遅い。

●副島先生が予言される預金封鎖が発生する場合、その予兆として金融指標(たとえば金利)に影響が出て(たとえば金利が急騰)、預金封鎖が発動される前に事前に察知することは可能なのか? この質問は前に伺いましたが、現時点での予測としてどのような現象が現れるのか、具体例を教えていただけないでしょうか? 事前に判明したら心配なので銀行の貸金庫から金の地金を撤収しようと思います。
回答(→)預金封鎖の予兆は、必ず現れます。私は本で書きますから、自分で勝手に「事前に察知」をしないように。

●三橋貴明(みつはしたかあき)氏がYouTubeで力説している「財務省は許されるインフレ率(たとえば3%とか5%)になるまでは国債をいくら発行しても国家は財政破綻しない。」「国債の発行による政府の赤字は民間の黒字。過去30年日本のGDPが成長しなかったのは財政出動しなかったから(すなわち、緊縮財政したため。)。」「お金の本質はモノではなくて貸借の記録だ。」「ギリシャと違って自国通貨(日本円)で国債を発行している日本では財政破綻は決して起こらない。」という理論について、いかがお考えでしょうか?(副島先生の重たい掲示板の2018年1月9日の三橋貴明氏に関する記事はしっかり読ませていただきました。)
回答(→)三橋貴明氏の考えは、国家(政府は破産しないから、いくらでも借金を抱えていい)という考えです。愚か者の考えです。国家も破産します。あとは三橋氏本人に聞きなさい。

●前回、講演の中で回答いただきました。また、今回の新刊『目の前に迫り来る大暴落』の第二章で論じていただいております。結論の「国は無尽蔵に借金はできない」について、一言で言えば何なのでしょうか? 国家でさえも身の丈以上のことはできない、という理解正しいでしょうか?
回答(→)そのとおり。

●2024~26年の2年間で、とんでもない超インフレで、あらゆるモノが暴騰し、食物であるトマト1つが1万円になるとか、スーパーマーケットの商品棚の品物がすべて消えるとの深刻な情報があります。野菜などは自分で栽培し、この窮地を脱するしかないようですが、先生は、どうされますか?

●以前、「中国は 数年後に民主化する。今の国家主席の下で。」というお話しがあったと記憶しております。このように判断されている背景を、ご教示の程、よろしくお願いいたします。今の中国の動きを見ていると、ハイテクで個人情報管理を強化し、強烈な統制社会に向かっている様に見えます。また商取引/不動産/教育関係への政府の介入を強め、鄧小平氏以来の開放政策と逆の方向に進んでいるようにも見えます。つまり民主化とは正反対の方向に進んでいるのではないでしょうか?
回答(→)中国だけではなく、どこの国も金融をはじめ、通信でも厳しい統制社会になりつつあります。自分たちだけがいつまでも優れた自由主義国に生きている、という勘違いをそろそろやめなさい。中国を見下す生き方自体が、日本の貧乏そのものを促進している。中国の方がずっと豊かになっている。

●リデノミになった際、国民年金等はどうなるのでしょうか?
回答(→)変わりません。通貨単位が変わるだけです。

●2024年以降、ハイパーインフレ、リデノミネーションが起きると予言されています。私は住宅ローンを固定金利で借りています。繰上げ返済をするよりも、そのお金を金の購入にあてて、資産保全をした方が良いのでしょうか? 徳政令は国の借金だけに適応なのでしょうか?
回答(→)徳政令というコトバをここで使っても意味がありません。固定金利の住宅ローンを続けなさい。余裕資金で金を買いなさい。

●世界経済の破綻はどこから始まりどのように推移するのかご教示下さい。
回答(→)そういう大きな質問は無意味です。私の本をしっかり読みなさい。

●新札発行を軸として日本のグレートリセットと資産防衛を私が実践できる中身でアドバイスお願いします。
回答(→)自分の資産状況に基づいて考えなさい。たいして資産がないのなら心配することは何もありません。

●世界的な株式暴落は、この秋(11月とか)にも起きる可能性だってあるのでしょうか?
回答(→)簡単には起きません。もう少し先でしょう。



[9]第22回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答4
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-10-12 21:04:05

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で解説したか、回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【世界情勢、国内情勢について1】
●DS(クリントン、オバマ、ビルゲイツ、その他、大勢)の拘束、逮捕、処罰は、どこまで進んでいますか?
回答(→)金融セミナーで答えることではありません。

●河野太郎大臣は、ワクチンの安全性を強調して強く推進してきました。また、安全性に疑問を投げかける意見をデマ扱いしてきました。副島先生は、学問道場の掲示板で河野大臣を高く評価していますが、私には犯罪人に見えます。河野大臣は政治的圧力で仕方なしにワクチンを推進しているのですか。

●中国共産党が崩壊して、中国はバラバラになると聞きましたが、それはいつ頃のことなのか、先生にお訊ねします。また、このとき一帯一路は、どのようになるのでしょうか。中国で知り合いが仕事をしているので、日本企業が中国で、どうなるのか心配です。
回答(→)中国はバラバラになりません。一帯一路は、ますます大きくなります。

●独裁体制がますます強まる中国と経済を含め今後、日本はどのような関係に向かうと思われますか。
回答(→)中国は独裁体制を少しずつやめて、世界中から信用される国になります。

●バーゼル3は、実施されますか? 金先物(空売り)の取引の停止?
回答(→)BISが実施するバーゼル3は、世界各国の大銀行にバクチ的取引をさせないことが目的です。金先物市場は、なくなりません。

●BISのバーゼル3で金地金の空売り規制が一部延期になった。今後いつ規制が発動されるかご教示ください。
回答(→)金先物市場が、BISによって禁止されることはありません。

●中国株(主にテンセント等、ネット関連株)のこれからの動向は?
回答(→)中国株を日本で売っている証券会社たちは、香港株を、仕組債に変えて売っているはずです。直接買えるとは思いません。そんなに儲からないでしょう。

●中国香港HSBC銀行の今後の行方は? HSBCの将来は?
回答(→)HSBCはしっかりしています。本店をロンドンから香港に移す覚悟があります。中国政府と深くつながっているはずです。

●現在、不動産価格が上昇していますが、不景気、恐慌になった場合、不動産価格は、どうなるでしょうか。下がるでしょうか。もっと上昇するでしょうか。
回答(→)どこの不動産価格の話ですか? 都市の賃貸し用の鉄筋アパートの話ですか? 不動産価格は、全般的に上がっていません。新築のマンション価格だけが、上昇しているように見えますが、サラリーマン層の住宅ローン対策です。

●FRBのFASAB Statement56についてと、FRBとブラックロックの関係について教えてください。
回答(→)分かりません。FRBは、ゴールドマンサックスとは親密ですが、空売りをかけて、儲けを出してきたラリー・フィンクのブラックロックと仲がいいと思いません。

●FRBの連銀総裁のデイトレードなど倫理問題もありますが、次期FRB議長は誰になりそうですか? シェルトンの委員選出はありそうですか?
回答(→)つい最近、2人の連銀総裁がクビになりました。パウエル議長を狙っているようです。次の総裁の予想はつきません。なぜ、そんなことが気になるのですか?

●バイデンの外交、金融政策に不可思議な点や、言動にかなり問題がある。2024年まで務まらなそうです。2022年中間選挙で下院議長に本人又は代理の誰かがなり、バイデン、ハリス、ペロシの交代などはあり得ますか?
回答(→)2022年の中間選挙までもつでしょう。バイデンが倒れたら、当然、カマラ・ハリスがなります。もともと非合法(大きな法律違反)で生まれた政権ですから、合法性はありません。

●日銀総裁人事は慣例でいくと、日銀プロパー若林氏の可能性もあります。黒田総裁が辞めた後は正常化に向けた動きに傾くのでしょうか?
回答(→)何をもって「正常化」と言っているのか、私には分かりません。2023年まで黒田総裁が務めます。そのあとは誰になるか分かりませんが、予想外の人物でしょう。

●IMFのSDRが今後のキーカレンシーになる可能性もあります。SDRは先生のおっしゃる金+コモデティバスケットの平価で取引をする論があります。この場合、金を含めた実物資産は誰が価格を決定しますか?
回答(→)IMF体制自身が終わっていくのです。SDR(特別引出権)が世界通貨になることはありません。金の価格は世界市場価格です。紙キレであるお札たちとの関係で決まります。

●金融崩壊が書籍でも賑わってきています。金融機関の大小企業のバランスシートがおかしくなり倒産、貸し剥がしが当然ありえます。同時に零細企業は資金繰り、設備投資に他人資本を必要とします。財務の健全化は勿論ですが、焼け野が原後のファイナンスは外債運用をしていない信金が生き残りますか?
回答(→)信金は地元密着ですから生き残ります。零細企業も、過大な借金を抱えていない限り、大丈夫です。過剰な借入金(他人資本)を抱えないように。



[8]第22回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答3
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-10-12 21:00:46

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で解説したか、回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【資産について2】
●ドル暴落については以前から先生に何度もお聞きしているので、お叱りを承知で質問させてください。証券会社で過去、米株を売却した際、次回のために保管しておく意味でドルMMF(米ドル外貨で安全性の高い優良企業の社債や国債等を対象とする投資信託)に資金を置いてあります。日本円に戻した方がよいか。また、戻すなら、いつ頃がいいですか? なかなか証券会社に色々言われ、戻しづらい。
回答(→)証券会社が何と言おうと、MMF口座は、次の証券買いのための口座ですから、バクチを続けたいのなら、ご自由にどうぞ。ペイオフ(預金に対する日本政府の保護)は、日本円の預金口座でひとり1000万円までです。

●年金生活者です。生活のための不足分は預金を崩して、またゴールドを換金して生活しています。それで次の大恐慌のときには、金の売買が出来なくなる話ですが、これは新円切替、デノミと同時期でしょうか。また、何年くらいガマンすれば売買できるようになるのか。さらにそれまで、どのくらいの現金(デノミ前の金額)を手元に置いておけばよいか。
回答(→)生活費のために500万円ぐらいは、いつも現金で預金口座に置いておくべきです。新円切替の時期がきて、そのあと3年ぐらいは、じっとしているべきです。金の価格が大上昇しているでしょう。金で生活費を出す生き方は、やめなさい。

●現在、年金をいただいている世代の年金額は、今後も、減額されるか。また税金(介護保険、住民税、健康保険料など)も増え、実質的な年金の手取り額は、どんどん減額していくのか。
回答(→)そのとおり。すでに毎年、年金は減額されています。誰も正直にその金額を書く専門家がいない。

●生命保険会社(第一生命)の個人年金を10年間、毎年25万円、積み立てをしていますが、解約した方がよいですか? 今後、25万円から31万円になる予定ですが、2024年にはゼロになるのでしょうか。
回答(→)生命保険株式会社の個人年金という商品は、払ったお金だけは払ってくれます。個人年金は生命保険とは違って詐欺商品ではありません。解約などしないように。リデノミになっても、個人年金の価値は変わりません。

●今回のバブル崩壊に対しての資産防衛についてお尋ねします。地金と不動産購入を考えているのですが不動産の購入時期は今すぐがよろしいでしょうか?都内の駅近く、予算は1.5億ほどで考えてます。
●実物資産として、金以外で、横浜か東京のワンルームマンション、一棟ビルを長期ローンで購入するのは?

●預金封鎖のとき、法人(会社)の預金口座も動かすことができなくなるのでしょうか。
回答(→)法人の口座は、関係ありません。政府が狙っているのは、あくまで個人の金融資産です。

●銀行口座をすべて決済用預金にしたのですが、1000万円を超える口座は、どうしたらよいでしょうか。
●預金封鎖→出金制限の流れの時に財産税の話もありますが、預貯金以外の把握はマイナンバーが進まないので紐付けが急務です。今後の展開をご教示ください。

●4年後の新札切り替え後の日本と世界のことです。1万円が千円の価値しか無くなるというのは1000万円が100万円ということでしょうか?今まで200万円で買えたものが、2000万円払わなければ買えないのでしょうか?ピンとこないものですみません。
回答(→)新札切り替えは円の10倍の切り上げです。価値は変わりません。あくまで対(たい)外国での問題です。ご心配なく。

●リデノミネーションについて。リデノミが断行された場合、すべての価格(給与や住宅ローンも)は0が一桁減るとおっしゃいましたが、その際に私たちの生活で何か困ることがあるのでしょうか。全部の価格が、桁が一桁なくなるだけなら、何ら生活には支障がないように思えるのですが。現在、金の現物とアンティークコイン(金貨)を保有していますが、リデノミの際にこれらの価格も一桁安くなるのでしょうか。リデノミの直前に金を売り払って住宅ローンの残債の償還に充てるのか、リデノミ後にも金を保有すべきか、どちらが得になるのか思案中です。副島先生のお考えを教えてください。よろしくお願いします。

●58歳の男性です。これからハイパーインフレが来るそうですが、私が掛けている個人年金保険(大同生命)と、2028年から受け取る毎月10万円の個人年金も数分の1の価値しかなくなり年金生活ができなくなりますか?もし、そうなら今から解約して1000万円を払い戻して、それを元手に金を買った方がいいですか。厚生年金は現在まで約8年しか入っておらず65歳まで加入しても15年くらいしか加入したことになりません。国民年金は20年くらい加入済みです。公的年金では年金生活ができないので個人年金が頼りです。
回答(→)生保の個人年金は、しっかりしていますので、キチンと払ってくれる。生命保険そのもののサギ商法とは違います。厚生年金の払いが足りないのは、あなたの責任です。他の収入口を本気で考えた方がいい。



[7]第22回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答2
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-10-12 20:55:51

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で解説したか、回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【資産について1】
●自営業者です。事業資金を政府系金融機関から超低金利で借りています。ハイパーインフレになったときでも、約定金利は保護されるのでしょうか。教えてください。
回答(→)固定金利で借りていれば問題はありません。変動金利であっても、金利は、すぐには急には上がりません。その前に、現在、ほとんど、金利ゼロ、担保ゼロ、使途を問わないの、コロナ対策の融資の返済期限が来るはずです。それをキチンと守ることが大事です。

●米国不動産(戸建て賃貸中)は2024年までに売却した方がいいでしょうか。

●先生の御本は、ほぼ毎回拝読させていただいております。2024年に向けて、より具体的な対策をご教示いただければ有難く存じます。
回答(→)こういう大きな具体性のない質問をしないように。私の本をしっかりと読み返しなさい。

●先生の御本を読んで金を購入しましたが、現金をあまりにも減らすのも怖いので残っています。この現金は、どのような対策をすればよろしいですか?
回答(→)自分が保有している現金のことを心配しないように。ふつうの収入の人であれば、1000万円は、手元に持っていること。それは、イザというときの生活費です。それ以外は、実物資産に変えなさい。

●ゴールド以外に日本円は、どうすればいいですか。金を買ったら、また売るときに手間がかかるので。
回答(→)日本円とは現金のことですか? 1000万円だけを手元に置いて、それ以外は金(ゴールド)を買うべきでしょう。

●個人名義の当座預金および決済用普通預金、個人経営の店名の決済用普通預金も財産税の対象となりますか?
回答(→)これらの決済用口座は、すべて法人の当座預金と同じ扱いでしょう。事業用の資金には「財産税」はかかりません。財産税は、あくまで個人の大金持ちの金融資産に対してです。

●政府が財産税を徴収するとの事ですが、法人にはかけられないため資産管理会社を作りませんかと提案されています。いかがでしょうか?
回答(→)誰が提案しているか知りませんが、悪賢いコンサルタントや税理士の甘言に乗らないように。税理士たちも今はコンサルタントをやりたくて仕方がない。彼らは高い手数料を取りますよ。

●2024年の新札発行時に自動販売機(清涼飲料水)、ATMメーカーの業界は潤うと思いますが、いかがでしょうか。そうでしたら(これらの企業の)株の購入を考えようと思います。金鉱株ともに時期は、いつ頃がよろしいですか(金の現物はコツコツと購入しています)。
回答(→)自販機メーカーなどへの投資はやめなさい。あまりにも自販機は大量に作られています。世界的な金鉱山の株価は、そんなには大きくは動きません。金鉱山会社自身が、金の価格の値上がりを待っている状態です。あまり利益は出ないでしょう。

●2024年のリデノミネーションは本当に行われるのでしょうか。
回答(→)失礼な質問をしないでください。「あなたの言っていることは本当か」と聞いてくる単純素朴な人間と同じだ。自分で考えなさい。

●2024年に通貨が10分の1になるとのことですが、50分の1や、100分の1になることもありますか。
回答(→)ありません。ただし、次の私の金融本(2021年11月刊)で、詳しく書きました。

●2024年、銀行には1000万円以上、預金を入れない方がよいですか? 外貨はいつまでに解約すればよいか。
回答(→)そのとおりです。外貨は、さっさと解約しなさい。特にドル預金は、事業用で使う口座以外は、不要です。

●預金封鎖の法的根拠を教えていただきたく。
回答(→)1946(昭和21)年2月に、金融緊急措置令が出ました。これと同じようなものでしょう。



[6]第22回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答1
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-10-12 20:50:59

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で解説したか、回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

=== 副島隆彦先生からのメッセージ ===
今回も、副島隆彦の“予言者”金融セミナーに聴講なさってくださいましてありがとうございます。セミナー時間中に答えられなかった質問に対して、簡潔に答えます。
皆にとって、共通の大事な質問に対しては、次の第23回セミナー(2022年3月20日に開催)の冒頭で、再度、答えて解説します。
2021年10月12日 副島隆彦
==================

【金について】
●アフガン撤退、デルタ株懸念にもかかわらずアメリカ経済は一見好調、そんな中「量的緩和縮小が早まる」のでは、との憶測からゴールドには逆風。この現象は一時的と思われますが、今後、通貨との関連(デジタル通貨等)で、金、銀の価値は、どのように変わっていくのか。また、金を手放すとしたら、どんな状況になったときでしょうか。教えていただければ幸いです。
●白金地金購入に関する見解
●今後あと3年以内に金は1グラムあたり、どこまで上昇するでしょうか。2万円くらいまで行くでしょうか。
●預金封鎖時に金の業者の販売記録から税務署への問い合わせが来ることは想定されるでしょうか。

●金の海外への持ち出し、他国への持ち込みは可能でしょうか。
回答(→)日本のお金持ちや、大企業経営者一族は、すでに持ち出しました。今頃、こんなことを言っていること自体が、私の本を10年前に読んでいないことを表しています。

●金の偽名購入は預金封鎖時に換金できるでしょうか。
回答(→)偽名や仮名や他人名義などで金を買ったり、銀行口座を開くことは止めるべきです。そういう生き方自体が問題です。

●貴金属の価格です。ドル安円高になれば金価格が下がりますが、現在が底値と判断されていますか?
●金地金500gを一本持っています。コロナワクチンを打たないので、外国に行けなくなり、金を海外で売却してお金を持ち帰ることができなくなるかもしれません。他に方法は?
●銀の価格上昇率は金より高くなると考えられますか?
●プラチナはいかがでしょうか?
●初めて金を買う人も今から買っていいですか
●私の資産の85%約2860万円を先生のいわれるように、日本マテリアル100gの地金を分けて購入しています。このままで、よろしいでしょうか。他に特に気をつける点有りましたら、ご指導よろしくお願いします。小生すでに69才です。
●金売却の話です。2020年5月に18金のネックレスを5個分で約800万円を購入しました。昨年の4月末からゴールデンウイーク明け頃に緊急事態宣言が出ていて、銀座の田中貴金属でコインを購入しようとしましたが、お店が休業していたからです。この金のネックレスを2023年に売却すると短期譲渡になり、長期譲渡(5年)よりも税率が大幅にアップします。2026年5月まで待つべきでしょうか。不安があり、迷っています。
●1933年4月5日にアメリカのルーズベルト大統領は「大統領令6102号」を発令し、「個人、企業、団体が金貨、金地金、金証書」を保有することを禁じました。日本でもこのようなことが2024年のある日、突然に起こるのでしょうか。そして民間が保有していた金を1トロイオンスあたり、超安の20.67ドルで買い取り、約半年後に復興金融会社に買い上げを命じ、翌年に1トロイオンス35ドルとしたそうですが、これは大変な収奪だと思います。
●米国ではルーズベルト時代に、金保有が禁止され、強制的に買い取られた、と、増田悦佐さんの著書で読んだことがありますが、同様のことが日本でも起こりうるのでしょうか?

【株価、為替について】
●日本バブルは、いつまで続きますか。
回答(→)何を言っているのか、分かりません。日本はデフレ不況がずっと続いています。

●株式の暴落時期と、その下値予想を聞きたい。
回答(→)私は株屋の予想屋ではありません。

●野村證券で金鉱株(トロント市場のバリック、キンロスなど)を買っています。どうしたらいいですか。
回答(→)そのまま持っていなさい。少しは上がるでしょう。

●株の暴落は、今年か来年ぐらいでしょうか。
回答(→)私は株屋の予想屋ではありません。

●配当のよい電力株はこれから「買い」でしょうか? 近い将来、原子力発電が再開されると、業績が上がるのでは?と思いました。
回答(→)電力株と電力債は、これまでとおり、高い配当と利払いが続きます。そのまま持っていなさい。



[4]第21回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答3
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-04-12 09:49:45

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【世界情勢、国内情勢について】
●『日本は戦争に連れて行かれる』に書かれている内容、特に戦争の起こる時期などに大きな変更がある場合はお教えください。
(回答→)戦争になる事態が起きるときには、私が本で早目にお知らせします。待っていてください。

●日本国内の国民の生活は、2021、2022年度あたりは、具体的にどのような状況になるのでしょうかお教えください。
(回答→)あくまで2024年の金融経済変動が強く予想されます。それまでは、あまり変化はありません。

●昨年7月下旬にトランプの元戦略補佐官だったバノンがYouTube動画でキッシンジャーを罵倒していました。それと同時にポンペオ国務長官がニクソン記念図書館前で演説し、中共とのデカップリングを宣言していました。これらの動きはトランプ達がキッシンジャー戦略を離脱して、中共封じ込めに戦略転換したように見えるのですが、如何でしょうか。
(回答→)ご指摘のとおり、トランプがキッシンジャーを切り捨てました。私の本にも書きました。アメリカは中国を封じ込めることなどできません。中国の方が、どんどん強くなっています。

●ドナルド・トランプの今後。
●ドナルド・トランプを後ろで支えていると言われる、ピーター・ティールの本音。人類をどのようにしたいのでしょうか?
(回答→)ピーター・ティールは、トランプについているのか、DS側なのか、はっきりしません。自分に、利益になるように大物たちも動きます。

●日本の預金封鎖の予定はどうなるのでしょうか。トランプがこんなに今、ディープ・ステイトの撲滅や金本位制の導入に動いているというのを知ったのは、ここ最近のことで、全く予想していませんでした。その影響で、予定が狂って、預金封鎖は必要なくなる、あるいは時期が早まるということはないのでしょうか。
(回答→)2024年の預金封鎖が必要なくなるということはありません。私はあくまで、2024年だと思っています。

●副島先生の2024年までのシナリオがもっと早くなる可能性が高まっているように思いますが、どうお考えですか?
(回答→)同じです。

●先生は、トランプ再選を予言していましたが、バイデン大統領が誕生しました。これに伴う、今後の予測での大きな変更点をご教示ください。
(回答→)バイデン政権下で、もうすぐ株の大暴落と債券の暴落(金利の上昇)が起きます。トランプ派のアメリカ国民たちは、今も負けていません。

●3~4年以内に大恐慌が来る、という話があります。本当ですか?
(回答→)私は、自分の本で2024年に預金封鎖とリデノミネーションが起きるとハッキリ書いています。

●金準備の米国量子暗号のドル発行=政府通貨について教えてください。
(回答→)米国量子暗号通信は、もっと先端の未来の技術であって、これが、デジタルドル通貨に利用されることはありません。

●NY株大暴落となっても東京市場は暴落から早く立ち直るのでしょうか? アメリカは暴落後、金融リセットしてドルに代わる通貨を発行するのでしょうか?それはCBDC(Central Bank Digital Currency)でしょうか?
(回答→)NY株と債券の大暴落が近いです。それを再び金融緩和(ジャブジャブマネー)で乗り切るでしょう。その時期に、デジタルドル通貨が導入されるでしょう。それでも実物資産である金を大切にしてください。

●アメリカは米ドル札と米国債をデフォルトするのですよね。そうしたら、その影響でどんなことが起こりますか。
(回答→)アメリカ政府が金融恐慌のあと、デフォルト宣言したら、アメリカの信用が大暴落します。アメリカは抱え込んでいる外国からの借金を一切返しません。世界は、中国を中心にした新しい金融秩序をつくる方向にいきます。日本もそれに引きずられてゆきます。これぐらいの大きな見方をしてください。

●世界的に株暴落、金利上昇、債券暴落、物価の上昇などが考えられますが、同時期に発生するのでしょうか? 1991年ソ連瓦解の時は2年程度インフレでしたが、今回のインフレの期間はどれ位と見通していますか?
(回答→)金利上昇が株と債券の暴落を引き起こします。ソビエトの瓦解時は、100倍、1000倍のインフレになりました。たった2年とかで回復しません。次に襲ってくる激しいインフレは、数年後ですから、さらに数年かかります。

●リーマンの時は前段としてベアスターンズやアイリッシュ銀行が傾きましたが、今回は金をリースで借りている銀行やファンドを含め予兆はありますか?
(回答→)2008年のリーマンショックでは、一瞬、すべての米銀行が倒産しました。それを政府のお金で助けました。金をリースで借りている米銀行などは、目先の投資目的ですから、すべて破綻します。ファンドなども破綻します。再び政府が巨大な救援資金(これもジャブジャブマネー)を出すでしょう。しかし、もう信用がなくなります。

●供給サイドの崩壊が伴わない形でハイパーインフレは起きない論もあります。日本はエネルギー、食料以外は概ね供給力はありそうですが、資源高になった場合、物価はどの程度上昇しますか?
(回答→)株や債券の暴落が起きれば、ハイパーインフレにつながります。供給サイドというのは、実体経済の話です。今は金融だけが巨大に膨張していますから、それが崩壊するのです。従来の経済学の知識などで対応しようとしている理論は破産します。エネルギーや食糧などの供給は続きます。人間は皆、生きていきます。日本も大丈夫です。物価は、一般国民が買えるところで生まれます。たとえハイパーインフレでも。

●日本の国家としての金の保有量は750tプラス80tですが、主要国に比べて少なくしかも米国に預けたままです。新システム後は国家として金が少ない場合、今後通貨供給量が少ない国になるのでしょうか?
(回答→)日本国の金の保有が少ないのは事実です。アメリカが買わせないからです。このことと通貨供給量(マネーサプライ)は関係ありません。金をたくさん持っている国が信用のある国になることは事実です。1万トンぐらい持っているべきです。

●三橋貴明(みつはしたかあき)氏がYouTubeで力説している「財務省は許されるインフレ率(たとえば3%とか5%)になるまでは国債をいくら発行しても国家は財政破綻しない。」「国債の発行による政府の赤字は民間の黒字。過去30年日本のGDPが成長しなかったのは財政出動しなかったから(すなわち、緊縮財政したため。)。」「お金の本質はモノではなくて貸借の記録だ。」「ギリシャと違って自国通貨(日本円)で国債を発行している日本では財政破綻は決して起こらない。」という理論について、いかがお考えでしょうか?
(副島先生の重たい掲示板の2018年1月9日の三橋貴明氏に関する記事はしっかり読ませていただきました。)

●ソフトバンクの倒産は、いつ頃ですか?
(回答→)ソフトバンクは倒産しません。なぜなら巨大なワルの会社だからです。ただし、ソフトバンクの株を持っていてもいいことはありません。決算で1兆5000億円の赤字を出すような会社が、まともな会社なわけがありません。こんな会社とつきあう必要はありません。

●タックスヘブンの現状について知りたい。変化しているのか?
(回答→)タックスヘイブン(租税回避地)は、今もシンガポールや香港として生き残っています。これからも残ります。しかし、大きな資産を持っている人以外は、もう関係ありません。

●ディ―プステイトの力が衰退することが決まった今後、経済、金融の仕組み、枠組みの変動、混乱等、最も困難な未来予測について副島先生の講演を拝聴させて頂きます。お世話になります。
(回答→)ディ―プステイトの力は衰退しながらも、まだまだ世界を支配します。アメリカが決定的に没落するときに、世界が新しくなります。中国を中心にした新しい世界金融秩序が生まれていくでしょう。どんなに日本人がイヤがっても。

●バチカンの教皇が、すでに逮捕されていると思っていたら、イラクに3月5日に訪問していた記事がありました。どちらが真実の情報なのでしょうか?それにバチカンから大量な金塊を押収したとか?更にイギリス王室、天皇家、イスラエルの金塊も押収されたとか、如何でしょうか?

●日欧米による金融緩和でインフレになり、紙幣は紙くずになる等の意見がある一方、これはMMTにも通じるのですが、一般国民の収入を抑える事で、インフレやバブルをコントロールし、MMT理論も正当性を持つと考えているのですが、どう思われますか。
(回答→)金融緩和でハイパーインフレになります。MMTで貧困層にお金を配り散らすことも、同じことです。MMT理論に正当性などありません。もうすぐニューヨーク発の株式や債券の大暴落があります。そしてまた、巨額の金融緩和(ジャブジャブマネー)をやるでしょう、そして信用を失います。紙幣が紙クズになります。

●また尖閣諸島のあたりが騒がしいのですが、日米対中国で、戦争が起きる可能性はありますか?
(回答→)尖閣諸島も台湾も、香港も中国が慎重に動きますから、戦争は起きません。台湾に中国軍が攻めてくるなどは、煽動された言論です。そういう考えが好きな人は副島隆彦から離れてください。

【その他】
●私は来月中3になる息子の父親です。息子には大学で何を学ばせるのがよいでしょうか? (当然、息子の好きな事を学ばせるべきでしょうが)父親としてよいアドバイスがしたいのですが、人類を不幸にする「経済学」は勧めないつもりです。
(回答→)中3になる息子さんの将来は、本人が決めます。親は横でじっとその子どもの適性を見ていてください。変な宗教団体に入らないことと、体に危険が及ぶ危ないことだけは、させていけません。子どもの人生は子どものものです。どうせ親の思うようにはいきません。

●2001年9月11日 同時多発テロ(10年後)→ 2011年3月11日 東日本大震災(10年後)→ 2021年?月11日 ???
ちなみに、今年の2021年6月10日には、金環日蝕があるとの事です。中近東の方の宗教では、大きな出来事の際には『天のしるし』が現れる、との表現あるそうですので、2021年6月11日に、また、何事かが起きる(起こそうとする人がいる)と考えても、よろしいのでしょうか?
●ネサラ、ゲサラ、ジェサラについてどのようにお考えでしょうか?
●今、情報が錯綜していて、頭が混乱しています。ネサラゲサラという言葉が出てきています。アメリカが新しい通貨システムを作り、世界もそれに従うようになるということですか。アメリカだけが金本位制(コモディティバスケット)になるのでなく、アメリカがそうなれば、世界もそうなりますよね。バチカンやロスチャイルドからゴールド等を没収して、それを基に、世界に分配するというようなことも言われていますが、どうなのでしょう。これからはディープ・ステイトに搾取されなくなるので、所得税はなくなり、世界は豊かになる、というような動画も見ましたが、そう、うまくいくのでしょうか。
●先生のご著書を楽しく拝読させていただいています。アメリカ政治で登場するディープ・ステイト、ムーニーと、イルミナティの関係について教えてください。
(回答→)ディープ・ステイトは新しい概念です。ムーニーは、すでに古くなりつつあります。イルミナティは、勝手にそういうことを言っている人たちが扱っている言葉です。それぞれ特徴がありますが、私はイルミナティはローマンカトリックと闘うための組織として始まった正義の団体だと思っています。ところがそれが、妙な勢力に乗っ取られたようです。それらのことも、これから私が本に書きます。

●ビットコインなど、仮想(デジタル)通貨について、どのようにお考えですか?
●ビットコイン等のクリプトカレンシーについても今回は副島先生の最新の分析が伺えること期待しております。
●仮にドルが暴落して、各国の中央銀行が金、銀、石油などの資源を裏付けとした自国の通貨を発行した場合、所有している金や銀などは、このまま保有すべきなのか、あるいは売却するほうがいいのか教えてください。
●最近、巷ではやたら量子金融システムとか、JESARA(GESARAの日本版)と、言われていますが、そうなった場合、金などとの関係で、どのような金融システムになる可能性があるのでしょうか。

●YouTube等で、信じられないような話を聞いたのですが、プーチンが、ロシアは中央銀行から独立したと発表し、そして、近々アメリカは、SWIFT(FRBシステム)から、QFS(量子コンピュータシステム)へ移行し、FRBは、財務省の管轄になり、NESARA,GESARA法に、そして金本位制になるのだと、この事についてどう思われますでしょうか?
(回答→)プーチンは、まだ強いです。ロシアの中央銀行は、はじめから政府の一部です。独立などしません。アメリカのSWIFTのシステムは、世界的な送金と決済のしくみです。これが一気にQFSに代わることはできません。量子暗号通信は、まだ未来の技術です。FRBが廃止されて、財務省に吸収されることも簡単にはできません。金本位制になるとしても、それは、あらゆる鉱物資源をコモディティバスケットに入れて金額評価して行うものです。ただの金本位制ではありません。以上、私の考えです。

●世界各国の地下トンネルで、子供たちを救出していますが、その地下に地球外生物、レプテリアンがいるのでしょうか?
●アメリカのフェイクリアリティぶりを如実に示したのが911だが、月面着陸なんかよりこっちの方を徹底的に取り上げてほしい。あれほどはっきりDSの存在を一般人に露呈したものはないのでは?
●副島先生は、ご自身のご専門領域のみならず、あらゆる物事の本質を見通すお力をお持ちの方かと存じます。こうした能力は生得的なものであるのかもしれません。ですがもし、後天的に磨き上げることができるとしたら、どのようなことに留意すればよいのか、ご教示いただけますと幸いです。
●コロナのワクチン接種は受けない方がいいですよね?
●アメリカのコロナワクチンにはマイクロチップが入っていて、ワクチン接種を進めるのは人々の思考を監視するためのマイクロチップを移植するためだ、という説があります。日本ではワクチンは輸入されるので、同じようにワクチンにマイクロチップが入っているのでしょうか。
●田中宇氏によればバイデンはオバマ路線を続けたいようだが、これからどうなるのか? またISみたいのが出てきて戦争を始める気なのか? バイデンが近い将来、死ぬ確率はどれぐらいか? アメリカで公務員に給料が支払えない事態(デフォルト?)のニュースを聞かないが、中国が肩代わりしてたりするのか? アメリカの第二次独立革命はどうなったのか? トランプは核のボタンをまだ持っているのか? アメリカの軍産複合体は大体やることがワンパターンだが今後、起こることが高いことはどんなことがあるか?
●世界の動きを鷲掴みで理解できる、副島先生のご指導をいつも楽しみにしております。世界に対する見方が180度変わった実感があります。今年に入り、多くの作り話としか思えないほどの情報が、裏切られたトランプ革命という出来事とともにネット上に出てきております。1つ明らかにして頂きたいものに、何でも治せるMed Bedという治療器具がもうすぐ出てくるという話です。ネサラゲサラという話の流れの1つになります。がん治療に携わるものとして、とても興味があるからです。これが、信頼に値しない情報であるという見破り方につきましても御教示頂けると幸いです。(宇宙人の話が出てくるところかもしれませんが。)一笑に付されそうですが、宜しくお願い申し上げます。
●「トランプは、選挙データがヴァチカンの指示で改ざんされたことを知り、米軍にヴァチカンを襲わせ、ヴァチカンの地下から、数万トンに及ぶ金塊が見つかり、米軍の輸送機で400機分の金塊を運び出した。」等という噂がありましたが、(どこまでが真実なのかよくわからないのですが。)仮にこの噂にある程度の真実性があった場合、今後、金相場が大幅に下落してしまう可能性というのはありますでしょうか?

●国家破綻時にロシアではダ-チヤで家庭菜園して飢えを凌いだと聞いています。日本でもそういう土地を手に入れる必要はあるでしょうか?あるとすれば、その必要度はどのくらいですか。
(回答→)ロシアのダ-チヤ(家庭菜園)と同じ考えが日本で普及するとは思えません。自分で小さな農地を耕して私も野菜を作ってみました。高級な自前の野菜を作るのはいいのですが、手間がかかりすぎます。あくまで高級志向でした。能力のある人しかできません。

●人口5千万人で混血優勢国家→民族国家滅亡しますか?



[3]第21回セミナーの事前受付の質問に対する副島隆彦先生からの回答2
投稿者:ブレイントラスト企画
投稿日:2021-04-12 09:45:51

事前に受付しました質問の掲載と、講演中に回答しきれなかった質問に対して、副島先生からの回答(→)を掲載します。回答(→)がない質問については、講演内で回答済みです。この掲示板の内容の無断転載をお断りします。

【資産について】
●今も、もし可能であるなら、マレーシアやタイなどへの家族での海外移住をおすすめしますか?
●私は練馬区在住です。東京は危険ですか。地方移住について教えてください。
(回答→)東京は危険ではありません。ただ単に地方へ移ればいいというものではありません。練馬は、いい場所です。安心して暮らしてください。大地震が来ても、ほとんど人間は生きていきます。

●義母82歳がアパートを主人に生前贈与するかどうか迷っています。先生がおっしゃるように小資産家に対する相続税の取り立てが厳しくなるのであれば今贈与を受けた方が良いのでしょうか?
(回答→)生前贈与はやめてください。義母さまと、よく相談して、相続時にいくらの税金がかかるかまで親切な税理士を見つけて、計算してもらいなさい。

●今、持っている借家は手放した方がいいでしょうか。
(回答→)その借家が家賃収入を生むのか、ただの空き家なのかで、対処法が違います。収入を生まなくて不要なら、売却を考えたほうがいいでしょう。

●デノミに対する対応について
(回答→)リデノミが2024年に起きるでしょうから、その前に、堅実な実物資産に変えることを考えてください。金がいちばんいいでしょう。

●2024年に新札で現在の1万円が新札1000円に交換となった場合、民間の生命保険の死亡時保険金1000万円は、100万円になるのでしょうか。
(回答→)1万円が新札1000円になったら、生命保険の金額も10分の1になります。すべてが10分の1ですから、誰も困りません。

●2021年1月23日に財務省は、本年3月から新硬貨500円を発行する予定を延期しましたが、2024年4月1日から新円切替時にリデノミネーション(10分の1)が起きたとき、新硬貨500円をはじめ、他の硬貨は、どのようになりますか?または、新たに各硬貨を製作して発行するのでしょうか、教えてください。
(回答→)新硬貨500円の発行を延期したのは当然です。リデノミネーションにあわせて、新硬貨を準備するでしょう、それとともにデジタル日銀円が普及するので、硬貨の必要性が減っていきます。

●預金封鎖の対象は銀行預金ですが、そのほかに、株券、不動産にも財産税が課されるのでしょうか。田舎暮らしで、現金はあまりないが、自分が住んでいる家や畑はある、というような人は、課税されても支払いに困ると思います。また、ローン返済中の家やビルは、没収するのが難しいと思いますが、そのあたりはどうなるのですか。
●副島先生が予言される預金封鎖が発生する場合、その予兆として金融指標(たとえば金利)に影響が出て(たとえば金利が急騰)、預金封鎖が発動される前に事前に察知することは可能なのでしょうか?

●現在、三菱UFJ銀行にまとまった現金を預けています。今後のことを考えると不安です。分散させるか、どうするか?また日興証券でも投資していますが、引き上げるべきでしょうか。
(回答→)三菱UFJ銀行は立派な銀行ですから、ご心配なく。ただし1億円より預金が多ければ、なるべく金に換えるべきでしょう。日興証券の投資は、ご自分の判断です。もう株式投資などやりたくないのなら、さっさと取引を終了させるべきでしょう。

●資産税は、預貯金に当然、かかるでしょうが、①当座預金、②民間金融機関の年金型資産の2つにもかけてくるのでしょうか。
(回答→)財産税は、預貯金に対してだけです。年金や株や、不動産にはかかりません。
(4月19日、加筆)当座預金には、財産税はかかりません。当座預金は、日々の資金の出し入れで、法人が使うものです。従って当座預金は財産税はかかりません。

●シンガポールの銀行で非居住者の口座解約、サービスの改悪、最低預金額の引上げなどが起きています。今後、海外の口座開設で安全かつお勧めは香港上海銀行でしょうか? 米国と友好関係になりつつある台湾の銀行はいかがでしょうか?
(回答→)シンガポールは大金持ち以外の外国人の客を嫌っています。香港上海銀行のほうがいいです。台湾の銀行は、国家の管理がキツイので外国人は、目立ちます。自由貿易港ではありません。

●今後ストックへの課税が大きくなる予感がしますが、マイナンバーカードの作成は先延ばしが良いでしょうか? また、先々金を売却した後の資産保全は何を買うべきでしょうか? 日経が5000円になった辺りでディフェンシブ、商社、国際優良銘柄を抑える形がよろしいでしょうか?
(回答→)マイナンバーカードは、どうせ、事業をやっている限りは作らされます。今のままの番号だけでいいでしょう。金を売却して他に使うあてがあればいいのですが、へんなディフェンシブとか、へんな投資信託などに騙されないように。

●私は再生資源卸売業を本業とする40代のオーナー経営者です。すでに先生の教えをいただき、所得、相続税対策をして、ゴールドで資産防衛を図っていますが、まだポートフォリオは十分ではありません。今後、有望なアジアの国、事業、株式、実物資産について教えてください。
(回答→)あなたの今のポートフォリオで十分です。その他の細かな助言は、わたくしにはできません。

●世界同時ハイパーインフレ時(日本国債大暴落)になったとき、ゴールド以外のダイヤモンドなどは通用しないのでしょうか。
●現在マレーシアリンギットのお札を日本円で200万円分持っていますが、このまま持ち続けても良いでしょうか。
●税理士事務所より、「財産債務調書」を提出する必要があるといわれましたが、金の保有について正直に申告すべきものでしょうか。経験豊富な先生にぜひ伺いたく存じます。
●私事ではございますが、現在持っている住宅ローンは、金融資産(金)、又は不動産(都外近県の県庁所在地にあるマンションや戸建て)等を売却して完全に返済してしまった方が良いでしょうか? それとも今後起こりうるデノミの際、金の価格が、住宅ロ―ンよりはるかに上回りますれば、その時点での完全返済の方が良いでしょうか? また、デノミや、ハイパアインフレ的に世の中がもしなりました際、その住宅ローンも(例えばゼロが一つ)目減りする様な現象になり得りますでしょうか? 先生のお知恵を拝借できますればと存じます。幼稚なご質問にてお恥ずかしゅうございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
(回答→)金の値段が高いときに売って、住宅ローンを返済したほうがいいでしょう。あなたの年齢によります。ある程度、現金を手元に残して、長期で金を保有してください。不動産は、あまり資産としての良さがなくなりつつあります。

●リデノミネーションが実施されたなら、今の物価・給料などの価格・単位はそれと連動するものと考えますか? 住宅ローン残債を、その際に一気に払ってしまおうかと考えていますが、ローン残債も単位が一桁なくなるのでしょうか?
(回答→)リデノミネーションになったら、住宅ローンを抱えているほうがかえって有利です、ローン残債も1桁小さくなります。あらゆる価格に連動します、ただし、自分の年齢を考えて、負担の少ない生き方をしてください。

●57歳会社員です。副島先生の本を購読し15年前から金の購入を始め手元資金にて買い増しを続け今に至ります。「2023年に退職となりますが退職金の振り向け先を考えています。その頃であっても金を買うのが良いのでしょうか。前回セミナーでは2024年に今の5倍ということでしたので2023年にはかなり高値かと。それとも他の投資先はあるのでしょうか?何年か前の本では人民元という話も読みましたが、前回セミナーでは止めたほうがよいとのお話でしたが。
(回答→)退職金の振り向け先は、金がいちばんいいです。不動産なども、よくありません。人民元は、20円ぐらいには上がりますが、投資で考えるほどのことではありません。

●相続時精算課税制度を使い両親の金3㎏(2500万)を相続し管理したいと考えています。先生が考える最良の相続対策教えてください。いつも先生は税務署に言わないであげちゃいなさいで終わるので、その理由も教えてください。
(回答→)相続時精算課税制度は使わない方がいいです。税務署に把握されていない限り、黙っていたほうがいいです。

●住宅ローンフラット35を使い来年1月頃に家が建つ予定。その頃の金利はどうなりますか?良い住宅ローンの組み方がありますか?
(回答→)フラット35で家を建てるのですから、金利は1%前後でしょう。それよりも安い住宅ローンとの組み合わせもありますが、不動産屋と相談して決定してください。

●親会社が変わった関係で退職金の一部が振り込まれました。何で運用しようか迷っています。現在49歳です。最適な投資は何でしょうか?インデクス型の投資信託を検討しています。
(回答→)退職金の先払いのお金は、金を買って長期で保有すべきです。インデクス型の投資信託などは買わないように。騙されるだけです。






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号