ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:16359 昨日:36369
合計:75894787
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2694]大統領選の不正疑惑を巡る複数の調査を開始した(ジョージア州、ロイター)2020アメリカ大統領選挙
投稿者:かたせ2号
投稿日:2020-12-01 06:24:14

ヤフーニュースから引用します。

(記事引用開始)
米ジョージア州、有権者登録団体を調査 1月の上院決選投票控え
2020/12/1(火) 4:48(日本時間)配信

[30日 ロイター] - 米ジョージア州のラッフェンスパーガー州務長官(共和)は30日、上院2議席の決選投票を年明け1月5日に控え、複数の有権者登録団体の動向を調査していると明らかにした。

調査の対象となっている団体は「アメリカ・ボーツ」や「ボート・フォワード」、「ニュー・ジョージア・プロジェクト」で、ラッフェンスパーガー氏によると、ジョージア州民以外の登録を促す動きもあるという。

同決戦投票によって、米上院で今後2年、民主・共和いずれが過半数議席を確保するかが決まるため、注目されている。共和党の現職パーデュー、ロフラー両議員が敗れれば、上院の民主党と共和党の議席が同数となり、上院の議長でもある副大統領の1票を加えられる民主党が実質的に過半数を握ることになる。

ラッフェンスパーガー氏はまた、大統領選の不正疑惑を巡る複数の調査を開始したことも明らかにした。
(記事引用終わり)






[2693]ヤフーニュース・コメント欄を抽出・引用(2020アメリカ大統領選挙)
投稿者:かたせ2号
投稿日:2020-11-30 18:43:28

バイデン氏、足の骨にひび 犬と遊んで足滑らせ
202/11/30(月) 8:04(日本時間)配信 ロイター

https://news.yahoo.co.jp/articles/061b1da07b185a2176625b5f7a171aa41466d7f9

(記事から引用開始)
[ニューアーク(米デラウエア州) 29日 ロイター] - 米大統領選で当選を確実にしたバイデン氏の事務所は29日、バイデン氏が28日に犬と遊んでいて足を滑らせ、足首を捻挫したと発表した。その後の検査で足の骨に細いひびが見つかったため、専任の医師の話によると、数週間はブーツ型のギプスを履くことになるという。
(記事から引用終わり)

(コメント欄から引用開始)
the*****
マスコミも『バイデン次期大統領』→『バイデン氏』に変わりましたね!
これはロイターですが、今まで散々フェイクNEWSを流す事に関わってきた日本のマスコミさん、覚悟してください!
寝返る事は良い事です、今ならまだ命は保障されるでしょう!
そちら側ではこれから命の保障が危うくなるでしょう!
『今日の敵は明日の味方』、マスゴミが本当の真実を報道するのを夢みてます。
(コメント欄から引用終わり)

(コメント欄から引用開始)
hap*****
バイデンさんは選挙前から、ところどころ御自分の悪事をばらしていましたよね
痴呆症がもう限界に来ているんでしょうね。
トランプに恩赦を願い出たみたいな話も出ているので、間違いなくこの入院は監禁でしょ?(笑)
そしてこのままハリスにもっていくのかな?
でも、ハリス自身が何故か副大統領就任演説までした(恥ずかし、ハリスさんの一生の汚点ですね。大統領にも副大統領になれるわけがない)
のに、何故か今もカルフォルニアの上院議員を辞めない
彼女が辞めない以上、政権移行はできません。これはハリス自身がまだ大統領選は勝敗が決まっていないと言っている事です。バイデンを認めていないって事ですね
まぁ、辞めてトランプさんが再選したら上院議員には戻れないですからね。
それどころかハリスさんは刑務所に行く事になると思います。
(コメント欄から引用終わり)

(コメント欄から引用開始)
car*****
「捻挫して、手当を受けた」、と普通に報じれば良いものを、「ブーツを履かなければならなくなった」、とブーツの装着に着目しているわけですから、どなたかが既に、指摘したように、犯罪者逃亡防止用の、GPSデバイスを、つけられたと、解釈します。
(コメント欄から引用終わり)

かたせ2号です。
上記のような「GPS」「監禁」は解釈だといえますが、バイデン「氏」、という表現は、解釈ではなく、明確な変化が起こっているものです。

日本時間の明日(2020年12月1日(火))の朝に起きてからのニュースが楽しみです。アメリカ時間で11月30日(月)の午後になっていて、週初めからの動きがネットで検索できるでしょうから。



[2691]パウエルの提出した宣誓供述書
投稿者:匿名
投稿日:2020-11-29 22:24:09

パウエル弁護士が法廷に提出した数多くの宣誓供述書の中におもしろいものを見つけました。
gov.uscourts.mied.350905.1.19.pdf (courtlistener.com) 
目に留まるのは No. 17 の結論部分です。この供述者  Navid Keshavarz-Niakesha とは、どういう人物なのか?Navid Keshavarz-Nia - Cyber Summit USA - The Official Cyber Security SummitCyber Summit USA – The Official Cyber Security Summit 
この供述書は注目されています。

また、フランクフルトのサーバー接収時、CIAの雇った戦闘傭兵と接収する側のDOD側(軍部隊不明)と銃撃戦があり、死亡者も出たというニュースもあります(真偽不明)

追加ですが、フィラデルフィアの裁判の結果で、「郵便投票は州憲法により無効」という判決は州最高裁判所で、「法律が制定されてから150日以内に異議の申し立てをしていない」と理由で棄却されました。残念です。



[2690]【補足】幸福実現党のトランプ支持の背景(2020年アメリカ大統領選)
投稿者:かたせ2号
投稿日:2020-11-29 20:37:21

「[2675] トランプの勝利に向かって。米大統領選挙での不正・犯罪者勢力との闘いは、激しく続く。投稿者:副島隆彦先生」から引用します。

(引用開始)
ここ(幸福実現党)は、大きくは、統一教会Moonies の 表面団体であり、フロント組織だ。どうして、こんな、私、副島隆彦にとっての警戒対象の組織に、こんな、優れた頭脳をした人物(及川幸久氏)が、いて、今度のトランプ選挙のことで、極めて正確で、緻密な報道、報告をしてくれているのか、私に、今のところ分からない。私の理解を超えている。そのうち、この謎は解けるだろう。取り敢えず、以下の 及川幸久氏の、最新の11月16日の、ユーチューブ番組を開いて視聴して下さい。
(引用終わり)

かたせ2号です。
この件、色々調べましたので報告します。

1.
幸福実現党のトランプ支持の件ですが、幸福実現党の上位組織である幸福の科学の教祖(大川隆法)が政治的には「渡部昇一仕込みの保守(反左翼)」を自認し、かつ「アメリカの左翼は民主党、保守が共和党」という認識をしているため、幸福実現党も自然とアメリカ共和党支持となります。また、教祖の30年近く前の著書で「トランプ自伝」の記載内容をほめていたため、教祖は、トランプに個人的な思い入れがあったのでしょう。教祖自身の考えにそれ以上の深い背景はないと考えます。及川幸久氏も教祖の意向に従っているわけです。
ただし、幸福の科学に、統一教会の影響下にある勢力が潜りこんでいる可能性をわたしは否定しません。

2.
幸福の科学と人的なつながりがあった政治的組織として、一般社団法人JCU(日本保守連合)というものがあります。
https://conservative.or.jp/
そこのトップを、饗庭(あえば)浩明なる人物が長年つとめています。
この人物は、幸福実現党の初代党首の経歴を持ち、2020年4月まで、大川隆法から与えられた法名である饗庭「直道(じきどう)」を名乗っていました。
この組織はアメリカ共和党と以前から太いパイプを維持しています。アメリカ共和党の大会にも参加した饗庭氏はトランプと一緒に写った写真をとったりしています。
この事実からも、大川隆法が以前からアメリカ共和党(保守)にシンパシーを抱いていたと判断できます。

3.
及川幸久氏のyoutubeを視聴していて気づきましたが、登場する及川氏の背後の本棚の一番目立つところは小室直樹本でした。ですから、公平に見れば、やはり「頭のいい」方ですね。



[2688]負けたバイデンたちが、命乞いを始めた。
投稿者:負けたバイデンたちが、命乞いを始めた。
投稿日:2020-11-29 06:19:33

副島隆彦です。 今日は、2020年11月29日(日)です。
 アメリカで、この11月4日(大統領選挙の翌日の午前4時、現地)から起きていた“トランプ政権転覆(てんぷく)クーデター”は、ついにトランプの勝利、バイデンの大敗北、さらには、バイデンの、逮捕、国家反逆罪での起訴、にまで至りそうになってきた。

トランプ支持のLin Wood(リン・ウッド)弁護士

Lin Wood and President Donald Trump in the Oval Office in March 11, 2020Joyce N. Boghosian/White House

 私、副島隆彦は、日本で誰よりも早くと言ったら、また、イヤがられるが、27日に、ここの重たい掲示板に意を決して、「トランプの勝ちだ。副島隆彦が勝利宣言を出す」を書いておいてよかった。

 11月25日(現地)の、ペンシルベニア州のゲティスバーグで開かれた、州議会共和党議員たちの公聴会で、不正選挙の実情が暴かれた。それネットを見ていた、アメリカ国民の優れた人々と知識層の間に、真実が伝わり、この時、一瞬のうちに、アメリカ国民の全体の、気風が変わった。

 さーっとそれが、まるで強力なウイルスの感染症のように広がって行く。この、一変する集団感情、雰囲気を、見極めることが、思想研究、歴史研究の醍醐味(だいごみ)である。このとき、アメリカ国民が一斉に、独立革命に参加したのだ。私は、日本時間で26日の真夜中に、そのことを察知した。

 この一瞬の、その国の国民の気風、ニューマ(空気)が、どこで変化したのかを、真剣に探り当てるのが、本物の知識人、思想家の仕事だ。そのための頭脳を持っている者が、本当の思想家だ。
幸い副島隆彦には、その才能があった。だから、25日のアメリカ国民の気風の大変化に気づくことが出来た。

 だから、このあと、事態は、一気にどんどんトランプ勝利で、変わってきている。遂には、反トランプの牙城(がじょう)である CNNの 中から、「トランプ再選が決まりそうだ」と書く記者が出てきた。それは画面にも映って放映もされたらしい。

 さらには、バイデン親子が、恩赦(パードン pardon )を求めて長年の同僚議員であり、共和党上院議員のミッチー・マコーネル(院内総務、マジョリティ・リーダー)に懇願してきた。「もう逃げられない。私たちの悪事は露見した。助けて欲しい」と。以下↓の匿名会員ともうひとり(本当は、古ーい弟子です。なあ、かたせ君)の投稿文にもあった。

 ネオコンや、ムーニーで、悪魔教の秘密結社(シークレット・ソサエティ)に入っている犯罪者である、政府機関の大物の研究員や、学者たちまでが、アメリカ国外に逃亡を開始したようだ。

 今、ヒラリー=バイデン派の悪人どもの、下っ端の連中が、雪崩(なだれ)を打って、「自分は刑務所に行きたくないよー」で、どんどん自ら出頭して、自白を始めている。彼らは、司法取引(プリー・バーゲニング)をして自分だけは軽い罪で済むようにする。だから、もう何でも、ゲロゲロ白状する。

 GAFA+MS の ビッグ・テック big tech の大物経営者たちも、自分のクビの辺りが冷たくなってきて、泣き出している。ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、ジェフ・ベゾス、お前たちも覚悟せよ。国家反逆罪(rebellion リベリオン )で起訴(本当は、この場合は、重大政治事件だから、訴追 そつい、impeach インピーチと言う)されて、証拠で犯罪加担が証明されて有罪となると、終身刑(無期懲役)か、極刑、死刑だ。知ってたか?

 アメリカで起きた、今度の、巨大な規模での選挙犯罪を契機に、大(だい)悪事は、すべて暴かれなくてはいけない。関係者は、すべて逮捕されて裁判にかけられなければいけない。

 そして、ドミニオンと同じような、不正選挙用の違法の 票の移し替えとかをする コンピュータ・ソフトは、日本でも、アリストス・システム、ムサシ(岸信介の系統)、富士ソフト、それから、あの偽札見破り機や お札の勘定機で世界に名高い、何だっけあの会社。そうだグローリー社だ。これらは、自民党 によって選挙のときに選挙犯罪の実行として、実際に使われてきた。選挙結果を操作した。当選者と落選者を、上の方で決めてきた。もう20年前からだ。

 アメリカのCIAから持ち込まれたものだ。いや、かつての日本民主党でさえ、その中のワルたちによって、2008年の「小沢一郎を絶対に、首相にしてはいけない」として、菅直人(かんなおと)や、野田佳彦、前原誠司(まえはらせいじ)たちまでをグルにして、党の代表選の時に使われたコンピュータにも、アメリカ製の、これら選挙用の違法集計ソフトが使われていた。小池ゆりこの東京都知事選もそうだ。そのずっと前からだ。この者たちは、全員よごれまくっている。

 そして、その周(まわ)りにいる、テレビ、新聞社、そして、週刊誌を出している大手の出版社たちまで、皆、汚(よご)れている。はやく、今度の反トランプ・クーデターの失敗から大量に出てくる、多くの、日本関係の不正、犯罪の証拠の山が、私、副島隆彦は、待ち遠しい。

 今度のアメリカの 反トランプ・クーデター、選挙犯罪クーデターの大失敗を契機にして、日本関係の 選挙犯罪の証拠が、アメリカから、もたらされることを、私、副島隆彦は、強く期待する。

「政治には、もともと、悪(あく)が付きものだ。大衆など、いいように操(あやつ)ればいいのだ」と、平気で思って、言っているような、腐れ切った本性をした人間たちを、今こそ、日本でも大量に処分しなければいけない。

 今日、私は、以下に載せるのは、今の、日本で政治言論として、一番、優れていると、私が判定する 「ヤフコメ」だ。 もう、自民党のネトサポ・クラブ(ネットサポートクラブ)という、2ちゃんねる(今は5ちゃんねる)サイトを破壊して、自民党の政治家たちの悪事を匿名で書き込む、ゲリラ言論が、潰(つぶ)されたので、今は、それらの元気な書き手が、世代替わりと共に、ヤフー・ニューズ の 政治記事への コメント欄への書き込みとしって、現れている。 ほとんどは、これまで、反共右翼の ネトウヨ と呼ばれる、偏屈(へんくつ)人間たちによって書き込まれてきたので、私は、一切、近寄らなかった。

 ところが、今度の、アメリカでの 反トランプ・クーデター を機会に、この総称して、ネトウヨと呼ばれる人たちの中に、英語で暮らしている 在アメリカ生活者を含めて、かなり感覚の鋭い、頭のいい、優れた人々を発見した。彼らからの、「日本のメディアはヒドい。何、うそばっかり書いているの。こちらでは、アメリカ人たちは、こんな話をしているよ」と。 それと、ユーチューブ Youtube ユーチューブの、Epoch Times Group 、大紀元(だいきげん)の系統のコメンテイター(と呼ぶべきだろう)たちだ。

 彼らが、よどみなく、自分の考えと客観情報のニューズ報道は、すでに、既成の大メディアの、テレビ局の司会者たちを、その、能力で凌(しの)ぐものだ。その人が持つ宗教的な立場など、どうでもいい。その本人はしっかりしていて、優秀であるならば、私は、彼らを尊敬する。ユーチューブには、30代の若い.元気な解説者たちも出現している。彼らを皆で、大事にして育てなければいけない。

 トランプ大統領が、26日に言った、「フェイクニューズどもに取って代わる、新しいデジタル・メディアを作るべきだ。サブスクリプション(有料制の)・ストリーミング・サービスがいいだろう」と。 すでに、Parler パーラー が、Twitter トゥイッターに取って代わりつつある。

 Newsmax ニューズマックス や、OAN(ワン・アメリカン・ニューズ)や、Marshall Report マーシャル・レポートや、Gateway Pundit ゲイトウエイ・パンディット などが、腐れ果てたメインストリーム・メディア(幹部どもは、逮捕せよ。この4週間、いや、5年間の、発狂した、本当に狂った、ウソだらけの報道を、私たちは断じて、許さない)の対抗勢力として、出てきている。 日本でも新しい、私たちの勢力を代表するデジタル・メディアのネットワーク局が、出来ないものか。私たちは本気でこの道を追求しないといけない。

 以下に載せるのは、私が、今朝からずっと採集した、「ヤフコメ」の文章だ。これらは、私が、内容を整序した。その方が、みんなに納得して貰いながら、読めるからだ。ところが、これらの投稿文は、勿体(もったい)ないことに、すべて匿名(とくめい、アノニマス)で書かれている。このことが、私、副島隆彦にとっては、非常に残念だ。何とかしなければいけないことだ。皆が、堂々と実名で、自分の考えと情報を公表して、分かち合える世の中 にしなければいけない。
 
 以下に載せる、表題で取り上げた記事は、天下の BBC(英国 国営 放送局)の昨日の記事だ。内容は、ヒドいものだ。よくも、こんなものを、恥ずかしげもなく、世界中に配り散らすことができるものだ。 イギリスの高級紙のFT (エフ・ティ。フィナンシャル・タイムズ)も、それからロイターも、ずっとヒドい。彼らもディープステイトの重要な一員であることが、よーく分かった。
この記事を、皆さんに最後に読んで貰う。しかし皆さんには、昨日のこのBBCの記事の、何がそんなにひどいのかを、簡単に判断することはできないだろう。

 だから、これに対する ヤフーコメント(ヤフコメ)の方を、先に読んで貰う。 私、副島隆彦が、優れた文だけを選んで、整序したものだ。 これらをずっと読むと、目下、アメリカで進行中の、巨大な政治変動の、大きな真実が分かってくるでしょう。何が、真実で、そして、トランプ勢力が勝ち、バイデン=ヒラリー勢力が、決定的に負け始めていることが分かる。このままゆくと、オバマも、ヒラリーも、バイデンも、逮捕、投獄だ。その他の、ワルたちも刑務所だ。

 ジョージ・ソロスは、すでに捕まって、ペンシルバニア州のフィラデルフィアの連邦拘置所(フェデラル・カストディ)に拘留されているようだ。 

 無惨な、あれほど世界で威張ってきた BBC とそれから、FT(ファイナンシャル・タイムズ紙)、ロイター、AP、AFP らを買ってきて、そのまま真似ただけの、日本の読売新聞の、同じ内容の記事は、一番、最後に貼り付ける。そうしたら、一体、何が、フェイクなのかが、皆に分かる。

 そのとき、ゲラゲラ笑うだけの知能と知性が、皆さんに備わるといいのだが、と、私、副島隆彦は、この学問道場の先生として思う。それでも、私たちが、日本では一番、頭のいい人間の集団だと、意地でも、私は、思わないわけにはゆかない。もう、丁度20年も、この学問道場は、続いてきたのだから。

 トランプ大統領の再選を、日本で、私たちが、まず、他のアホ人間たちよりも、先に、お祝い出来ることを、私は、心から嬉しく思います。

 Viva Trump ! Viva  Republic America  ! 「ヴィヴァ、トランプ! ヴィーブラ、リパブリーク・アメリカ !」
「トランプ大統領、万歳。 共和国(王のいない国)アメリカ、万歳」 

副島隆彦記

(転載貼り付け始め)
 
◯【米大統領選2020】 ペンシルヴェニア州の連邦高裁、トランプ陣営の訴え棄却

 BBC News11/28(土) 11:58配信  

 の記事への ヤフコメの投稿文を私、副島隆彦が集めて、内容を簡潔の整序したものを、以下に載せる。

◯ どうもCNNが、「トランプが再選することになる」と言い出したぞ。
反トランプの牙城のCNNが、とうとうトランプ再選の可能性について報じ始めた。
選挙不正についても触れている。

CNN  by Kyle Becker: " So, the outcome would be to re-elect Donald Trump. Trump doesn't need to do anything other than to simply accept this outcome, which is Constitutional." "

「結果はドナルド・トランプの再選になりそうだ。トランプはこの結果を受け入れる以外に何もする必要が無い。この結果が憲法に合致している」だとさ。

aga*****  | 14時間前
アメリカ軍弁護士シドニー・パウエルが、ジョージア州ケンプ知事、ラッフェンスパーガーを国家反逆罪で、ミシガン州ウイットマン知事、ベンソン州務長官も訴えた。全員終身刑になりそうだ。そのことにビビった大勢の人たちが次々と寝返ったようだ。

shu*****  | 12時間前
 BBC 大丈夫? CNN が 早々に Potential path to Trump victory で 裏切ってるよ。BBCは 何時、裏切るかな?

◯ アメリカの現地のニューズでは、情勢は、ほぼひっくり返って、トランプの再選確定みたいですね。大事なペンシルベニア州の公聴会のことと、別の裁判の判決が有ったことを、このBBCの記事は報道せずに、よくもこんな記事をいつまでも書けますね。

◯ 25日に、ペンシルバニア州の上院議会で公聴会が開かれた。YouTubeでこの動画がライブ配信され、15万人の人々が様子を見ていた。 その結果、大規模な選挙不正が認められて、バイデン側の勝利確定を凍結することが、ペン州の上院議会で決まった。

syu***** | 2時間前
 このBBCの記事は本当ですが、前後に別の事実があります。
25日に、パトリシア・マカルウというペンシルベニア州の最高裁判所の女性判事が、選挙結果の認定にストップをかけて、「27日の公聴会の結果まで待て」という命令を下していた。そこで色々証拠が出てきた。

 印象的だったのは、ダグラス・マストリアーノ州上院議員が、「 州が発行した郵便投票は170万枚だった。それなのに、回収された郵便投票が250万枚あった。いったいこれは、どうなっているんだ」とお怒りだったことだ。その他色々話が出てきたので、結局、ペンシルベニア州の選挙人はペンシルベニア州議会が決めることになりました。BBCの記事は、なぜこのことを書かないのか。

etm*****  | 11時間前
 米ペンシルベニア州連邦地裁のパトリシア・マカルウ(Patricia McCullough)判事は、11月25日、同地裁で27日に大統領選挙の投票問題をめぐる聴取会が開かれる前に、州当局者が集計結果のさらなる認定をしてはならないと命じた。
同州のキャシー・ブックバー(Kathy Boockvar)州務長官は、24日、同州で大統領選挙の結果について、民主党候補のバイデン前副大統領の勝利を認定した(副島隆彦注記。認定を強行した)。
 これに対して、マカルー判事は翌日、州政府に対して、大統領戦の結果認定に関する「さらなる措置を取らないよう」と命じた。

tfq*****  | 13時間前
「大紀元」から抜粋する。  サイバーセキュリティ専門家のフィル・ウォルドレン(Phil Waldren)氏は、11月25日、大統領選挙の不正に関するペンシルベニア州上院多数政策委員会の公聴会に証人として出席した。最大で120万票の投票記録が失われた可能性があると述べ、さらに専門的な調査が必要だと主張した。

 ウォルドレン氏は30年以上の従軍経験を経て、米国防総省(ペンタゴン)の情報分析、軍事航空、兵器処理および戦略的計画を専門としている。現在、同氏は戦闘および防衛訓練会社の創設者兼最高経営責任者(CEO)を務めている。

 ウォルドレン氏のチームは選挙の投票機が工作されうる問題について2年間調べてきた。今年の8月からは米国における選挙での投票システムの問題を研究している。ウォルドレン氏は、自身のチームの他にも多くの組織が「投票システムには問題がある」と結論づけていると語った。

(副島隆彦注記。ついにトランプ側の、本当に、今回の選挙不正を初めのうちから監視して、網を張っていたプロジェクトの専門家が、表面に出てきたようだ。)

◯ ダグラス・マストリアーノ州上院議員が発表。「ペンシルベニア州は、11月30日から、州議会が選挙人を選ぶプロセスにはいる」と。

◯ ペンシルベニア地裁のパトリシア・マカラウ判事が、11月25日に「バイデン勝利をまだ認容してはならない」と判決した。共和党のマイク・ケリーと他8名が、「郵便投票第77号法案はペンシルベニア州憲法違反であり、法を通して不在者投票を拡大する郵便投票は1839年の軍事不在者投票法で禁止になった。
 それなのに民主党がこの法律を無効にして、郵便投票を強行した」と訴えた。これに対し、裁判所が、「郵便投票(不在者投票)は憲法違反である」と、「バイデン勝利の認容」を取り消した。

hog***** | 7時間前
 たった今、ペンシルベニア州で選挙(郵便投票)が違憲であるって判決が出た。議会が選挙人を指名するという判決だ。
ペンシルベニア州の上院トップの人が、「州議会で選挙人を選ぶということで、州の上院下院でもう話はつけた。11/30からそのプロセスを開始する」と言った。
 
 ペンシルベニア州議会 は、 “ Recognizes substantial irregularities and improprieties associated with mail-in balloting, pre-canvassing, and canvassing during the November 3, 2020 election.”
 
 ペンシルベニア州議会は、「2020年11月3日の選挙期間中の、郵送による投票、事前投票、および投票 に関連した実質的な諸不正と不適切 を認識する 」 これで、ペンシルベニア州議会が不正投票があった事を正式に認定した。

zxt*****  | 9時間前
 ペンシルべニア州の公聴会が、25日と27日に行われた。30日に州議会が、選挙人を選ぶプロセスを開始すると発表した。
ペンシルベニア州の地裁裁判事が、「27日の公聴会の結果を待つまで州政府に選挙結果認定の停止を行った」 とある。記事より話はその先にすでに進んでいる。

ytf*****  | 8時間前
 現在ジョージア州 ミシガン州 ネバダ州 ペンシルベニア州の4州は、第三者機関による集計をやり直す指示が裁判所から出ている。 ペンシルベニア州においては、州が認定した選挙結果確定を差し止める州の最高裁判所判断が指示が出された。

 先の4州に加えてアリゾナ州とウィスコンシン州の6州は、来週の初め(11月30日)には、パウエル弁護士が、国家反逆罪で、重大犯罪者として、訴追(impeach インピーチ)した ジョージアとミシガンの2州の 政治家のトップたちが行った、
「ドミニオン社の集計ソフトの投票改竄不正手口の方法」が、すべて詳細に記述されている。

 このBBCの報道は、一部を摘み食いしてバイデン候補に都合の良い処しか報道してないので、不当かつ悪質である。
リン・ウッド弁護士が、「バイデン候補に関する6つの大きな不正の数々を来週(11月30日)から明らかにする」とツイートしている。

ELEC  | 6時間前
 このBBCの記事が「切り取り」報道している裁判とは、別の 裁判があります。
本日(28日)付で、ペンシルベニア州の選挙は憲法違反だとする判決が出ました。

 私は、同州連邦裁判所の11/27のNo. 620 M.D. 2020(13ページ)を読みました。
目に止まったのは次の2つです。
■州法77条の不在者投票(郵送投票)は憲法違反と認定
■同州の選挙結果承認差し止め これが重要
で、重要なのが承認への差し止めです。州の承認を裁判所は肯定できないと。という事は、州議会が選挙人を選ぶ、
という事になります。ペンシルベニア州議会は下院・上院共に共和党が多数派なので、共和党のトランプ陣営が、

この州の選挙人20人を可能性が高い。
 郵便投票が違憲となるので、他州の結果に影響を及ぼす。正確にはPA州法77条が、郵便投票を違憲と言ってる
ので、他州がどうだったかは調べないと分かりませんが、他州の共和党トランプ陣営も当然提訴するでしょう。

Bhg***x  | 13時間前
「ペンシルベニア州の選挙結果の州による認証は無効」と判決。それに対するトランプ陣営の弁護士ジェナ・エリス氏の弁。
We are grateful to the PA state legislature for their COURAGE! Their Resolution takes back their Article II authority to appoint Electoral College delegates after a RIGGED election!

saw*****  | 4時間前
 11月25日に続いた27日のペンシルベニア州議会の公聴会のあと、連邦裁判所(控訴審)で、「州の大統領選挙は違憲。選挙人は議会が指名する」という判決が出た。
 この公聴会が開かれ、選挙不正の証拠が提示された事で、「証拠を出せ」とずっと日和見をしていた共和党議員たちもトランプに賛同せざるを得なくなった。ペンシルバニア州では議会が選挙人を選ぶ事となる。

アリゾナ州の公聴会は11月30日。
ミシガン州の公聴会は12月01日。
ネバタ州の公聴会は12月03日。いづれも議会の多数派は共和党だ。
 トランプ陣営が起こした訴訟とは別の、州の上院下院議員たちによる訴訟に関しては、証拠調べの審問が行われ、その後、ただちに、「選挙は違憲。選挙人は議会が指名する」という判決が出た。

pqt*****  | 6時間前
 米軍が、外国にあるCIAの拠点を急襲し、(ドイツのフランクフルトや カナダのトロントで)サーバを押収したらしい。この中には、アメリカの選挙だけでなく、他の国々の選挙も操作していたらしい。もしそうなら日本も、という可能性がある。日本のマスコミが、何故あれだけ焦ってバイデンさんを応援するのか? 納得がいったよ。 日本はというより自民党はバイデンじゃ無いと困るんじゃないか? トランプが勝ったら、そのあとマスコミ連中と各国政府の動転する様子が見ものだ。

アクエリアス・エイジ  | 8時間前
 アメリカ時間の25日の現地の情報。バイデン候補は、上院多数党総務(マジョリティ・リーダー)の共和党重鎮のミッチ・マコーネル上院議員にメールで、「私は負ける事を知っている。自分の犯罪を恩赦して欲しい。許して下さい」と懇願した、とのことだ。

sun***** | 10時間前
 今日(28日)の日付なら、BBCは、正確な情報を基に記載できるはずなのに。なぜしないのだろう。ペンシルベニア州の州務長官であるキャシー・ボックバー(女性)は訴訟中であるにも関わらず開票結果の認定を強行した。
 それを受けてペンシルベニア州最高裁判事であるパトリシア・マカラウ判事が「27日に開かれる公聴会の結果を待て」と州政府の選挙結果認定にストップをかけた。

 11月25日と27日に共和党議員のみで開かれたペンシルベニア州議会公聴会では、チェスター郡が発行した郵便投票は12万枚なのに集計されたのは20万枚であるとか、ペンシルベニア州が発行した郵便投票は170万枚なのに回収したのが220万枚あるなど様々な不正の証拠が噴出した。11/27のEPOCH TIMESが、「ペンシルベニア州共和党議員団が選挙人を指名する」と報道した。ペンシルベニア州では、11月30日から州議会が選挙人を選ぶプロセスを開始する。

e-su | 12時間前
 ペンシルバニア州に対して、米連邦最高裁判所のアリトー判事が、(11月6日?に)緊急で出していた。「11月3日、午後8時以降に届いた票はすべて合法性、合憲性の問題のため除外し、開封しないように」の指示。これ
に対して、ペンシルバニア州の幹部たちは、この最高裁判所の命令を無視しして開票結果の認証を強行した。

blu***** | 10時間前
(副島隆彦注記。どこからの情報か。発信元が分からない) ・・・・連邦最高裁のアリト判事とトーマス判事、ゴーサッチ判事(いずれも保守派)は、ペンシルベニア州裁判所の決定について、「選挙は憲法違反の可能性が高い。ゆえに(12月14日の)選挙人選挙(electoral voting )の 前に審理を行うべきだ」との見解を示した。
 ただし「投票日を目前に控えた現段階では、(自分たち最高裁選には)選挙前にこの問題について決定を行う十分な時間がないと、不本意ながら結論付けた」とした。.連邦控訴審での訴え棄却は、連邦最高裁に向けた電撃作戦の通過点だ。 

tad*****  | 11時間前
 イルミナティ13家族による支配構造。
「スイス政府民間防衛」より。武器を使わないで他国を侵略する方法。
第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」
第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」
第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」
第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」
第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う。」←いまここ
最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。」 ←もうすぐここ。

gem*****  | 10時間前
 トランプ氏が負けてバイデン民主党政権になると、日本はアメリカのCSISの暴力的要求をのまされる。今でも駐留米軍の費用を払わせられているのが、更に酷(ひど)くなります。米民主党やマスコミは、ディープステイトに支配されている。この10日間が最後の戦いだ。ディープステイトをのさばらせて
はいけない。内戦になるという予言がいくつかあるが、あながち現実化しかねない。

swe***** | 11時間前
 このトランプ陣営負けの判決文を読むと分かる。トランプ陣営側は、早く最高裁に持っていきたいから、すごく簡単な判決を要求した。口頭諮問もいらない。さっさと判決をくれと訴状を出した。その要求を飲んで連邦巡回区控訴審裁判所は訴えを棄却したの。

副島隆彦です。 以上でヤフコメは終わりです。
 以下に、これらのヤフコメによって、串刺し、ボロボロにされた、BBCの記事とヤフー自身、そして、日本の腐った既成メディアどもを代表して、書いている、いかにも、BBCの真似をして、しかし真似であることがバレないように書いた、読売新聞のBBCと同じ内容の記事も付けで載せます。
お前たち、本当に、こんなことばっかり書いて、大丈夫ですか。

( 転載貼り付け始め)

◯【米大統領選2020】 ペンシルヴェニア州の連邦高裁、トランプ陣営の訴え棄却
US election: Appeal court dismisses Trump camp's lawsuit in Pennsylvania 

2020年11/28(土) 11:58配信  BBC(英国 国営放送局)

 米大統領選の投開票で不正があったとドナルド・トランプ米大統領が主張し、各地で裁判を起こしている問題で、ペンシルヴェニア連邦高裁は27日、トランプ陣営は具体的な不正の申し立てや証拠を提示していないと、訴えを棄却した。トランプ陣営は、連邦最高裁に上訴する意向を示した。

ペンシルヴェニア州フィラデルフィアにある第3巡回区連邦控訴裁の判事3人は、同州の数百万票を無効にするよう求めたトランプ陣営の訴えを退けた。 判事3人はいずれも共和党の大統領に指名され就任しており、そのうち1人はトランプ氏が指名した。

 トランプ氏の指名で就任したステファノス・ビバス判事は、「自由で公平な選挙はこの国の民主主義の命に不可欠だ。不公正があったという訴えは深刻なものだ。しかし、選挙に不正があったと言うだけでは、不正があったことにはならない」と指摘。 「主張するからには、具体的な申し立てと、そして証拠が必要だ。しかし、ここにはそのどちらもない」と、判決理由に書いた。

この判決を受けて、トランプ弁護団のジェナ・エリス弁護士は、「SCOTUS(合衆国最高裁)へ!」とツイートした。 高裁判断の前には同州の連邦地裁判事(共和党員)が、同じトランプ陣営の訴えを「法的根拠のない、無理のある法的主張や憶測」を法廷に提示し、「証拠の裏づけも提示しなかった」と、厳しく批判し棄却していた。

 この地裁判決を機に、選挙人20人を擁する同州はジョー・バイデン次期大統領が同州で勝ったことを正式に認定。複数の共和党関係者も、トランプ氏に政権移行手続きの開始を促すようになった。また、トランプ政権で政権移行手続きの開始を担当する部署の責任者も、この開始を認めると判断。トランプ氏もこれを容認した。

トランプ氏は26日には、選挙人団(定数538人)がバイデン氏を選べば、ホワイトハウスを去ることに同意するのかと記者団から問われ、「もちろんそうする」と答えた。各州の選挙人は通常、大統領選の結果に沿って、大統領候補に投票する。今月3日の選挙の結果バイデン氏は選挙人538人中306人の票を獲得する見通しになっている。

 ただしトランプ氏は、勝ったのは自分だという主張は続けている。 27日にもツイッターで「巨大な不正」があったと根拠を示すことなく書き、「バイデンが大統領としてホワイトハウス入りするには、ばかげた『8000万票』を、不正や違法行為で得たわけじゃないと証明してからだ」と力説した。 トランプ陣営やトランプ氏の支持者は、各地で投票の無効や不正を主張して訴訟を重ねているが、敗訴や訴訟取り下げが続いている。

 選挙人団の投票は12月14日で、各州は12月8日までに開票結果を最終的に確定し、認定する必要がある。

選挙人団の投票結果は、来年1月6日に連邦議会が上下両院合同本会議で開票する。
アメリカの大統領選では、敗れた候補が負けを認めるのが慣習となっている。 ただし、これは法的な必須条件ではないため、トランプ氏が敗北を認めなくても、選挙人団の投票でバイデン氏が270票以上を獲得すれば、バイデン氏が来年1月20日に第46代合衆国大統領に就任する。

◯  ペンシルベニア州訴訟、控訴裁がトランプ氏側の訴え棄却
 2020年11/28(土) 16:49配信 読売新聞

 【ワシントン=蒔田一彦】トランプ米大統領の陣営が大統領選のペンシルベニア州での開票結果の認定差し止めを求めた訴訟で、連邦控訴裁判所(高等裁判所に相当)は27日、連邦地裁に続いてトランプ氏側の訴えを棄却した。トランプ氏側は連邦最高裁で争う構えだが、州当局は既に結果を認定しており、勝敗を覆すことを狙った法廷闘争は更に厳しい情勢となっている。

 トランプ氏の陣営は、郵便投票の投開票手続きが共和党に不公正なものだったとして、州当局が開票結果を認定しないよう求めた。控訴裁は「選挙が不公正だったという告発には具体的な申し立てと証拠が必要だが、どちらもない」として訴えを退けた。「大統領を選ぶのは弁護士ではなく、有権者だ」とも指摘した。

 州当局は24日、民主党のジョー・バイデン前副大統領が約8万票差で勝利した開票結果を認定した。  一方、トランプ氏は27日、ツイッターに「バイデン氏は、彼の『8000万票』が不正や違法に得ていないと証明できる場合にのみ、大統領としてホワイトハウスに入ることができる」と投稿した。トランプ氏は26日、12月14日の選挙人投票で敗れた場合は退任する意向を示したが、当面は徹底抗戦を続ける模様だ。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦 拝



[2687]「コメント欄報道」から抽出・引用(2020アメリカ大統領選挙)
投稿者:かたせ2号
投稿日:2020-11-29 06:08:42

2020アメリカ大統領選挙につき、昨日(2020/11/28)はほぼ以下の内容しか報道されていませんでしたね。

ペンシルベニア州訴訟、控訴裁がトランプ氏側の訴え棄却
2020/11/28(土) 16:49配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/32889031c5734f343abe040046ce99e3ce09dec8

(記事から引用開始)
<ワシントン=蒔田一彦>トランプ米大統領の陣営が大統領選のペンシルベニア州での開票結果の認定差し止めを求めた訴訟で、連邦控訴裁判所(高等裁判所に相当)は27日、連邦地裁に続いてトランプ氏側の訴えを棄却した。トランプ氏側は連邦最高裁で争う構えだが、州当局は既に結果を認定しており、勝敗を覆すことを狙った法廷闘争は更に厳しい情勢となっている。
(記事から引用終わり)


(コメント引用開始)
ペンシルベニアの大統領選挙訴訟は2つ有る。
1つは此の記事の通りで、情報源はロイター通信丸ぱくりと思われる。
もう一つは共和党上院下院の議員が州の裁判所に提訴した州政府に対する選挙不正で、この訴訟はペンシルベニア州最高裁のパカラシア・マカラウ判事が、州政府が選挙結果を裁判中にも関わらず強行認可した事に対し25 27日の両日に行われる州議会の公聴会後に決めても良いとして、州政府の認可を一旦凍結して差し止めて居る。
そして公聴会が終了した昨夜に州議会がペンシルベニア州の選挙人は投票結果によらずに州議会で決める事を決定して居る。
メディアは其れに対してトランプが様々な州で敗訴し続けて居ると言う報道をして居るに過ぎない。
即ち州政府の州務長官の認定より州議会の決定が優先する。
日本のメディアも其れと同様に都合の良い情報だけを流す偏向報道をして居り、此のトランプ陣営敗訴の記事は意味が無い。
(コメント引用終わり)

(コメント引用開始)
OperationWarpSpeed 2
PA(ペンシルベニア州)では州議会が選挙人を選択出来るように戻したから一件落着 憲法を犯した罪はどのくらいになるか計り知れない 
次は11月30日 AZ(アリゾナ州)で公聴会 市町とジュリアーニ弁護士、ジェンナエリス弁護士が再び登場 ダグ・デューシー知事『全ての裁判が終わるまで承認しない』マリコパ郡ではドミニオン導入の認証をめぐり共和党委員長が辞任 ケイティ・ホッブズ州務長官が投票機の調査拒否 
再集計中に6000が『あやまってバイデンに入りその差が4000に縮まった』、有権者登録の10%が脂肪、シャーピー、
12/1 ミシガン 12/3 ネバダと続く
因みにクォモが日和って『トランプ大統領に敬意を払おう』CNN『トランプ大統領再選への道が開けてきた』次々反転中
Don't be cheated agaln.
(コメント引用終わり)

かたせ2号です。投稿「[2685]とてもホットなニュースです。投稿者:匿名さん」の冒頭「POTENTIAL PATH TO TRUMP VICTORY と、あのCNNが放送した。」が上記の「反転中」に対応します。

再びコメント引用開始します。

(コメント引用開始)
読売さん、情報古いね。ペンシルベニアでは州政府の認定した投票結果をチャラにして、11/30、州議会が選挙人を選定することになりましたよ。
州議会は共和党が多数ですから、トランプ勝利です。
この後、アリゾナ、ミシガン、ネバダでも同じ流れになるでしょう。
(コメント引用開始)

(コメント引用開始)
スピ太郎
アメリカのマスメディアはほとんどディープステートに脅されたり、買収されてるから、トランプバッシングするのは理解できるのですが、
日本のマスメディアはカネももらってないのに、アメリカのマスメディアの報道をそのままコピペしてるのが、頭が悪いとしかいいようがない。
(コメント引用終わり)



[2686]以下の会員ページの論説2編は特に素晴らしかったです。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2020-11-28 18:13:57

アメリカ大統領選挙の書き込みが集中するさなかですが、別の話題を書き込みます。

以下の会員ページ論説2編は特に素晴らしかったです。

「1894」「1895」 日本共産党の最大の事件、野坂参三(のさかさんぞう)問題について語ります(全2回)

会員ページにある論説なので、内容について詳しくは書きませんが、

・ゾルゲ事件発覚の原因
・松本清張による日本共産党研究の位置づけ

この辺の論証が特に鮮やかでした。納得できた。
わたしは50代以上の年寄りなので、痺(しび)れました。会員を続けていてよかった。

(引用開始)
日本の左翼たちは、今こそ、恥ずかしがらないで、すべてを明らかにして、検証しなければいけない。本当に目の前でパンツを脱がされるような恥ずかしいことが、ずっと起きていたのだ。
(引用終わり)

ご自身のトラウマと戦いながら到達した、松本清張より正確な副島先生の日本共産党分析は本当に素晴らしい。



[2685]とてもホットなニュースです。
投稿者:匿名
投稿日:2020-11-28 15:48:56

POTENTIAL PATH TO TRUMP VICTORY と、あのCNNが放送した。
何で?と思い調べてみると、ペンシルベニア州での、同州の上院・下院議員が起こしていた訴訟で、本日証拠尋問が実施された。そして、何と判決まで出たようです。 つまり、この「選挙は違憲」という判決でした。更には、既に出ていた「一時的な選挙結果承認差し止めの効力はそのまま」で、そして、「議会が選挙人を指名する」という判決。それが影響したのでしょう。
また、同州の共和党の2日間に亘る公聴会の結果、選挙人は議会が指名するという結論ともタイミングが合っています。(同州の議会は共和党が多数)。違憲判決の主な理由は郵便投票方式です。
また、共和党が議席の過半数を占めるアリゾナ、ミシガンも公聴会を開く決定がなされていますので、ペンシルベニアと同様の決定が為される可能性が出てきました。こうなれば、トランプが選挙人の過半数を占めることになります。噂で出ていた「バイデンが共和党の上院議員ミッチ・マコーネルに自分と息子の恩赦の取り計らいを願った」もまんざらでもないかもしれません。 バイデン陣営、総崩れの始まり? 何せ、無理に無理を重ねた選挙方法でしたから。



[2684]報道記事よりそれへのコメント欄の方が参考になる。等
投稿者:かたせ2号
投稿日:2020-11-28 09:23:49

【結論】
・(ネット)報道記事よりそれへのコメント欄の方が参考になる。
・「選挙人団がバイデン氏に投票なら政権手放す」発言は、トランプ大統領による「勝利宣言」だ。

【本文】
副島先生が「[2660]トランプが、愚劣な不正選挙を乗り越えて、強力に大統領に再選される。悪事は露見し打倒される。」ですでに実践されていますが、(ネット)報道記事よりそれへのコメント欄の方が参考になることがあります。昨日配信の以下の記事を参考に考察します。

トランプ米大統領、選挙人団がバイデン氏に投票なら政権手放す
Bloomberg 2020/11/27(金) 7:57配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/4d50accda39a21e027e9a9106ca008d49be989aa/comments?order=recommended&page=2

以下、yahoo news記事のコメント欄から抽出・引用します。

(引用開始)
昨日(2020/11/26)パウエル弁護士が裁判所に提出した訴状PDFのURLがあるんですが、それをTwitter社が投稿不可にしてますね。正式な裁判資料を投稿規制するという事はTwitter社は不正があることを認めたことになるんではないでしょうか?
(引用終わり)

(引用開始)
状況がよく分からないから客観的にどこの州が確定で、どこの州で裁判が進行中とか、そういう報道が欲しいんだが
(引用終わり)

(引用開始)
よっぽどネタに尽きてきたのかな?ジョージア州知事、州務長官が国家反逆罪で訴えられているよ。緊急事態です。世界中の人々が知るべき重大ニュースです。詳しく報道宜しくお願いします。
(引用終わり)

(引用開始)
いまの段階のトランプの状況を、メディアは報じず、こんな記事だけ出すのは意図的なミスリードだとおもいます。悪質です。
最高裁が証拠を認めたようです。
11/25、ミシガン州の最高裁では郵便不正も疑われる不備の証拠があるため、独立機関による再集計を勧告した。不正の証拠があると認めた。
また同日、ジョージア州でもドミニオンの不正の件で告訴状を提出、選挙に外国勢力の介入があり、それは中国とイランであるとの内容。新たな動きです。
これからの闘争の幕開けですね。メディアがさんざんいってた証拠も出し、ミシガンの票は浮き、大きく動きました。
これを報じない主要メディアは民主主義国の報道ではない。言論情報規制をする中国と、なんの違いがあるのか。タチが悪い。最低です。恥を知れと思う。
(引用終わり)

(引用開始)
昨日、ペンシルバニアの連邦高裁の審議の結果、大統領選結果確定が見送られました。そして12月の初旬までに数州で同様の審議が予定されています。これらの州でも、同様に確定が見送られれば、バイデン氏は正式に大統領に就任するために必要な選挙人票を失うことになります。そうなってしまえば、メディアは本当に立場を失ってしまうので、世論をあおり、トランプ大統領に負けを認めるように圧力をかけるのに必死なのだと思いました。
(引用終わり)

(引用開始)
Asako Sasaki |
ペンシルベニア州の公聴会をライブで拝見しましたがトランプ陣営はかなり精密に調査しており証拠明確。すごい不正票で驚きました。州の関係者も最後笑いがでるほどの不正。やはり午前4時の唐突な60万票に皆さん注目していました。60万票のほとんどがバイデン氏で、200票だけトランプだったそうで、これが公表された時は会場に笑いが。民主党は2024年も勝てない可能性があると思います。こういう不正で大統領だと言う政党なら信用できないですね。バイデンに本当に投票した支持者も離れていくと思います。現在、民主党の人も不正票の証人で証言してくれています。民主党が煽った団体は表向きは人種差別と闘う崇高な人々としてメディアでは取り上げられきましたが、暴徒も含まれています。すごく恐いので、勇気を振り絞って証言しているというのが伝わってきます。25年アメリカにいましたが、キング牧師の精神とは似て非なると私は思っております。
(引用終わり)

かたせ2号です。ざっと、こんな感じです。
起きている事実より、起きていない事実の方が大事。報道されている事実より報道されていない事実の方が大事です。それを心ある方たちが拾い上げてくれています。

最後に。

(引用開始)
「トランプ米大統領は26日、今年の大統領選について、12月に選挙人団が民主党候補のバイデン前副大統領に投票すれば、政権を手放し、ホワイトハウスを去る考えを示した。」・・・「バイデン前副大統領に投票”すれば”」・・・”しなければ”=”トランプ大統領へ投票すれば”ホワイトハウスに残るという事ですよね。
正式に決まったら大統領職を降りるという至極まっとうな受け答えをニュースにする理由は何でしょうか?何かの印象操作でしょうか?
(引用終わり)

こういう疑問を呈するコメントもありました。わたしはメディアの意図ではなく、トランプ大統領の発言の意図がわからずに、その真意をつかみかねていたのですが、副島先生の下記の記事「[2683]トランプの勝ちだ。副島隆彦が、勝利宣言を出します。」を参考にすると、
「選挙人団がバイデン氏に投票なら政権手放す」発言は、トランプ大統領による「勝利宣言」だと思います。これも「犬笛」かもしれません。
原因がうまくわからなくてもさして影響のない他愛もない事実から、その原因・真意をさぐってみると、思いがけない大きな真実がつかめます。


【補足】
「犬笛」については、[2659]Re : 緊急事態である。米大統領選挙は、不正選挙が行われている。投稿者:Moritaさん、が参考になります。

(引用開始)
犬笛は犬にしか聞こえない周波数でなる笛のことで、政治の世界では特定の関係者にアピールする演説を指します。つまり「(これからも届く)郵便投票を待て。じっくりカウントせよ、勝ちに行くのだ」と(バイデン候補は)宣言したのです。
(引用終わり)

かたせ2号です。わたしはこのバイデン発言に接したとき、すぐに犬笛だと直感できました。副島先生のご著書等から多くのことを学べたからできたことだと思います。

以上



[2683]トランプの勝ちだ。副島隆彦が、勝利宣言を出します。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2020-11-27 12:44:17

副島隆彦です。今日は、2020年11月27日(金)です。

 11月4日からの、トランプ政権転覆(てんぷく)のクーデター (coup クー) は、失敗に終わった。

 トランプ勢力の勝ちだ。この戦いの天王山で勝敗の帰趨(きすう)を決した山場は、11月25日(現地)の ペンシルバニア州の州議会の公聴会(ここに召喚されたドミニオンのCEOのスティールは逃亡した。再度召喚状が出ている)、そして。

 ペン州の連邦巡回裁判所(控訴審)の裁判官による、「ペンシルベニア州の 投票数の結果の確認は、認められない。選挙結果の効力を停止する」という、別の判決が出た。これは、トランプ弁護団が敗訴したものとは別の裁判だ。

11/25 “ Judge Orders Halt To Further Vote Certification, Prompting Quick Appeal To Pennsylvania Supreme Court ”

 このことは、あとの方で詳しく説明する。ここで大きく流れが変わった。トランプ派の大反撃が起きて、これからが、全米各州での追撃線である。12月15日(まで)に出る連邦最高裁判所の判決ですべてが決着する。

 私が、唯一気がかりなのは、まだ、FBI と CIA の大掃除が開始されていないことだ。クリストファー・レイFBI長官と、ジーナハ・スペルCIA長官(女)のクビを、トランプ大統領はまだ切っていない。
(副島隆彦です。11月27日に追記。私は今日、B.フルフォード氏と都内で対談した。その時、フルフォード氏が、「ジーナハ・スペルCIA長官を、米軍が拘束した。この時、ハスペル(女)は、「トランプ政権に忠誠を誓う」と明言したので、釈放されて、今もCIA長官の職にあるそうだ。)

 米軍(国防総省 DOD)は、全体としてトランプ大統領に忠誠を誓っている。クリストファー・ミラー国防長官が、全ての特殊部隊(スペシャル・フォーシズ special forces )を指揮下に置いている。この米軍の最精鋭部隊を率いて、今や犯罪者であることがはっきりした者たちを、たとえ米軍の内部であっても、彼らも公務員だから、犯罪の証拠を突き付けた上で、摘発し逮捕して回っている。これら犯罪容疑者の軍人たちは、軍事裁判(tribunal トリビューナル。分かり易く言えば軍法会議だ )にかけられる。

 今やミラー国防長官が、実質のワシントンDC首都圏の、戒厳令司令官である。戒厳令(maritial law マーシャル・ラー)が、今のアメリカに実質的に敷かれている。すべての軍事力をトランプが掌握しているようだ。これでよし。今のところ米軍の内部から、反乱軍=反(はん)革命軍が、出現する気配はない。

 ところが、もう一つの 国家強制力である、警察軍事力である、FBI と CIAという、 広義では、警察官(刑事司法職員。ラー・エンフォースメント・オフィサーズ)である者たち組織がもつ国家強制力(ゲバルト Gewalt 。なつかしいドイツ語 )、国家暴力装置 である 警察軍事力を、まだトランプは自軍に入れて、編成し直していない。この 一点が、私、副島隆彦は気がかりである。

 どうも、FBI(連邦犯罪捜査局、庁。フェデラル・ビューロー・オブ・インヴェスティゲイションン)も、CIA (中央情報局、庁。セントラル・インテリジェンス・エイジェンシー))も、親トランプ pro-Trump プロウ・トランプの トランプ大統領に本心から忠誠を誓う職員は、どうも2割ぐらいしかいない。あとの8割のうち6割は、どっちつかずで、「私は上官の命令に従います。そしてきちんと定年して年金が貰いたいです」という人間だ。そして残りの2割が、凶暴な、バイデン=ヒラリー派の、ディープステイト勢力の子飼いの、秘密結社に入会している、暴力的人間たちで、生来の反共右翼体質たちである。

 この者たちを、なんとか、武装解除して、制圧して組織を再編成しないといけない。それぞれ100年の歴史をもつ、おそろしい警察軍事組織だ。だから内部は、蜷局(とぐろ)を巻いた毒蛇の集団 ようになっている。この者たちの、軍事暴発の可能性を、私、副島隆彦は、唯一、心配している。

 この警察軍事力さえ、解体できれば、どんなにディープステイトの勢力が、この地球を支配している、強大なものであるとしても、アメリカ民衆の1億人の 熱狂的なトランプ大統領への支持と強力な支援で、こんどのクーデター (coup d'etat 。フランス語で、国家、エタ etat への一撃 coup 、という意味) に勝つことが出来るだろう。

(追記。27日に、B・フルフォード氏に聞いたら、FBIもCIAも、どちらも、たいした軍事力は持っていないそうだ。 CIAは、せいぜい外国の独裁者やアメリカの言うことを聞かない国の指導者を暗殺するぐらいの暴力しか持っていない、とのことであった。 
ただし、グーグルやマイクロソフト社が、すでに私設の軍隊を持っているそうだ。私兵だ。ただしその兵員は少ない。 あとは、2万人ぐらいのBML(ブラック・ザイブズ・マター)と、全米で1万人
ぐらいの ジョージ・ソロスがカネを出しているAntifa アンティファの1万人ぐらいだ。これが都市暴動を起こしたら、すぐに鎮圧できる。)

私、副島隆彦は、ようやく大きく分かった。ディープステイトの総本山で最高司令本部は、ヨーロッパの各国の王族と大貴族たちの連合体だった。本部は、やはり、イギリスである。イギリス王家が、悪の中心だった。それとやっぱりローマ・カトリック教会だ。このヨーロッパ白人の最大支配者たちが、今、アメリカ国民に襲いかかっている。そして、アメリカ民衆の本当の代表であるトランプを、何が何でも、引き釣り降ろして、叩き潰すと、決めたのだ。

 だから、こんどの不正選挙クーデターは、第2次アメリカ独立革命戦争である。
この戦いは、このあとも、ずっと続く。しかし、前哨戦(スカーミッシュ)では、総大将のトランプが、実に用意周到に準備して、敵どもに罠(わな)を張り、網(あみ)を仕掛けて、相手に選挙犯罪を、完全に実行させた。

 そして、そのことが、満天下に世界中にバレて露見した。だから、世界中の人々が、「これはヒドい不正選挙だ。極めて大がかりな組織された違法な犯罪行為だ。民主政治デモクラシーと国民の自由に対する大きな攻撃だ」と分かった。だからトランプの勝ちだ。あとは、不正選挙に実行犯として、それに少しでも加担した者たちを、公務員を初めとして、順番に捕まえてゆけばいい。その法律上の手続きも、きちんとしている。その準備をトランプは、この4年間かけて、着着とやり、国家機関を総動員して、これに綿密に備えてきた。

だからトランプの勝利だ。不正選挙によるディープステイト勢力の、アメリカ政府転覆のクーデターは、大失敗した。

 1億人のアメリカ人が立ち上がり、猛然と正義と自由と、独立革命の時の精神を復活させた。外国からの選挙干渉による、外国の脅威が、私たちアメリカ国民に迫っている、と、今、アメリカ人は考えている。それでも、臆病者の根性無したちは、黙ってじっとして動かない。「いつの世も、自分たちは、支配され、統治されてきたから、今度も負けるよ。自分は、そのとき弾圧される側の悲惨な目に遭いたくない」という者たちも、5千万人ぐらいいる。

 しかし、トランプを支えて立ち上がった、1 億人のアメリカ国民に、勝てる者がいるというのか。背骨の折れた見苦しいひねくれ者たちよ。日本にも、上の方に10万人ぐらいいるようだ。根性の曲がった、アメリカの属国(ぞっこく)奴隷どもが。ただ、ほとんとの日本国民は、「トランプさんは、一体、どうなろのだろう。まだ、負けを認めないと言うし」で、不安な気持ちで過している。
日本の民衆は、他国のことだから、と静かにしている。さらに、ウソだらけの日本のテレビ、新聞への、疑いと不信感を、薄く持っている。「何か変だ」と気づいている。

(フルフォード氏が、いいことを言っていた。 彼は、お父さんがカナダの外交官だから、小さい頃から南米諸国にいた。南米諸国で頻発したクーデターを体験していて、フルフォード氏が分かったことは、軍隊は、まず、1.政府機関の建物 2.放送局、新聞社 3警察の建物 それから、4番目に、中央銀行(おカネを発行するから)だ、そうだ。 いいことを聞いた。)

 トランプ大統領が、この5年間(選挙の前から)ずっと言ってきたとおり、フェイク・ニューズそのものである、愚劣な主流派メディアども(筆頭がCNN )の、記事が、昨日25日から、パタッと止まった。それを垂れ流す、その子分どもである、ゆがんだ日本のテレビ、新聞の報道も止まった。

「トランプの悪あがき、往生際が悪い、潔く負けを認めない恥知らず」というトランプ攻撃を、まだ、一週遅れの週刊誌とかがやっている。が、こいつらも、もう「どうしていいか、分かりません。編集長。困りましたね。一体、どうしましょう」と、内部でゴタゴタしている。

 初めからバカ(低脳)なんだよ、お前たちは。 「アメリカさまと、ディープステイト様に、しっかり付いてゆけば、間違いはないのじゃ。上から降りてくるお達しに、私たちはひたすら従うしか無いんだ」「なぜなら、私たちの親会社である日本のテレビ、大新聞の株主は、もう40%は、外国さまだ」と。

 本当の真実の トランプの得票数は、前にも書いたが、米全土で、1億400万票だ。それに対して、バイデンは、2500万票だ。トランプのたったの4分の1しかない。獲得した選挙人の数で言えば、

「トランプが410 バイデンは136 」だ。

 こんどのアメリカの50州の大統領選挙の全投票者の数は、1億4千万票だった。投票率は 66.5%ぐらいだ。「真実のトランプへの投票者数は、その70%だ」と、トランプを強力に支える、全米で超有名な弁護士のリンカーン・ウッド弁護士が書いている。だから、1.4億人×74%で、それで、副島隆彦が、11月7日には算出した、「トランプの得票 は 1億400万人だ」になる。最大1億1千万人という説もある。

今度の、不正選挙、選挙犯罪では、バイデン派は、合計で2千万枚の 捏造した偽造の投票用紙(fake ballet フェイク・バレット)を印刷して、中国から、カナダ経由で持ち込んだ。それを各州に配った。それと、ドミニオン、サイトル、スマートマティック社が仕組んで、票の不正集計をするためのコンピュータの仕組みで、1000万票を、トランプからバイデンに、海外から操作して、自動的に移し替えた( switch & flip スイッチ・アンド・フリップした)。

 私、副島隆彦は、11月7日に、書いたとおり、再度、「こら、ディープステイトども。いくらお前たちが、強大で、魔物の集まり、だから、と言って、真剣に決意ある投票をした、1億人のアメリカ人を、敵に回して勝てると思うのか」と言う。アメリカ独立戦争は、そのまま、アメリカ革命だったのだ。だから、英語でも「インデペンデント・レボルーション・ウォー」と言う。

 その為に戦い、独立を勝ち取った偉大な指導者である、ベンジャミン・フランクリン(最長老)と、10歳下の、ジョージ・ワシントン(独立軍=大陸軍=の最高指令官で、初代大統領)と、さらに10歳下の トマス・ジェファーソンらを、建国の父(ファウンディング・ファーザーズ)と呼ぶ。

 お前たちが、いくら、外国勢力の、ヨーロッパの王族や、大貴族。彼らはヨーロッパの巨大な土地、ビル、不動産のオーナーたちだ。まさしく landlord ランドロードだ。こいつら、ヨーロッパの王族・大貴族たちは、世界政治の表面には絶対に出てこない。いつも裏から操っている。こいつらが、ディープステイトの正体で有り、その結合体が、本拠地、最高司令部だ。

 ベネズエラや、キューバ、イランなどの貧乏国や、今や大国である中国政府からのカネを、バイデンが、30億円(3000万ドル)ぐらい貰ったから、といって、そんなものは、当然のことで、外国政府は、そういうことをする。これらの「外国からのアメリカへの干渉( interference インターフィアランス)」がアメリカ人の愛国心を、強く掻き立てるための道具立てとして、最高だ。もっと、どんどん、「外国によるアメリカ政治とくに選挙への介入、干渉は、絶対に許されない」と民衆の怒りに、火を付けるべきなのだ。

 副島隆彦は、ついに敵どもの正体を見破りつつある。堅い、決意のあるトランプ派の正義の1億人のアメリカ国民と、お前たちは、戦って勝てると思っているのか。

 だからまさしく、これは 外国勢力の支配と戦った アメリカの独立革命戦争(インデペンデント・レヴォルーション・ウオー 1775-83年 )の再来であり、その第2次の独立戦争だ。外国の干渉と侵略を打ち破る、というアメリカ民衆の、戦いの狼煙(のろし)は、もう上がった。これを止めることは誰にも出来ない。 それでも、これがこのあともずっと続いて、泥沼状態の、アメリカ国内での、内乱、内戦、市民戦争(シヴィル・ウオー)になって、これからずっと戦う、というのであれば、それは、第2次の南北戦争(1861-5年)となるだろう。

 そうなったら、私、副島隆彦は、それには、国連憲章(the UN 憲法)とハーグ陸戦条約(1899年成立)が定める、国際義勇軍(インターナショナル・ボランティア・アーミー)の条文の手続きに従い、義勇兵(ミリタリー・ボランティーア)となってアメリカに行く。そして、自分の同志のリバータリアンたちの部隊に入って戦う。

 私は、「アジア人どうし、戦わず」「アジア人どうしで、また、大きく騙されて、戦争をさせられてはならない」という反戦平和(アンチ・ウォー・パシフィズム)の立場の人間である。絶対に日本は再びの戦争に引き釣り込まれてはならない。しかし、私は、腰抜けではないので、内乱、内戦となったら、義勇兵となって戦いにゆく。 

 1936年に、ジョージ・オーウエルが、スペインの、ファシストの叛乱軍のフランコ将軍の軍と戦うために組織された、ヨーロッパの国際義勇軍の兵士として、POUM(ピ-・オウ・ユー・エム。独立の無政府主義者の部隊)に入って、スペイン人民戦線(じんみんせんせん。ピープズル・フロント)政府の側に立って戦ったように。オーウエルは、クビに銃弾貫通の、銃創の傷を負って負傷した。戦線に復帰したが、人民戦線(ポピリエ・フロン)政府側が敗北したので、イギリスに退却した。そして、「カタロニア賛歌」’Viva ,Catalonia‘「ヴィヴァ・カタローニャ」を書いた。

 アメリカにとっての、運命の女神となって突如、現れた、本当に勇敢な、堂々たる岩のような、女性弁護士の、シドニー・パウエルは、軍事法務官(ミリタリー・ロイヤー)になった。彼女は、今から国家反逆罪(内乱罪。内憂外患の罪)の容疑者たちを、民間人も含めて、

 どんどん、普通の選挙犯罪を摘発する刑事事件などとは較べもにならない、特別な軍事法廷( tribunal トリビューナル)で、外国(すなわち、ヨーロッパの王族・大貴族たち陰に隠れている者たち)ディープステイトの手先となった売国奴(国家の裏切り者)たちを、ばっさばっさと、起訴(エンダイトメント)して、有罪判決を、優れた人格者の米最高裁判所のからもらって、投獄する。

 11月7日に、ドイツのフランクフルトのCIAの建物の中で、ドミニオン社の違法集計コンピュータを、遠く外国からインターネットで操作して票の移し替え(flip)ができるサイトル Csytl 社(本社は、スペインのバルセロナ)のソフトウエアを、米軍の特殊部隊(シペシャル・フォーシズ)が突撃、急襲して押収した。

 そのあと、クリストファー・ミラー国防長官acting の直属の、特殊部隊は、11月15日から18日に、カナダのトロントにある、タイズ・カナダ財団の建物を急襲した。ここが、本社であるドミニオン・ヴォウティング・システム社を、全面的に捜索して、すべての証拠を押収して、ワシントンに持ち帰った。ここには、さらにその上に有る、スマートマテック社(イギリスが本社)への強制捜索も行われた。

 このカナダのドミニオン社 は、ヨーロッパの王族と、ジョージ・ソロスと、クリントン財団と、それから、アメリカの民主党の有力政治家たちが株主になっている。当然、オバマもヒラリーもバイデンも、カマラ・ハリスの旦那(カリフォルニアの有名なハリウッド芸能人や、政治関係が専門の弁護士)も、名前が出てきた。彼らは、国家反逆罪で起訴される、その対象になる

 シドニー・パウエル女史が、11月13日から、「私は、大怪獣Kraken クラーケンを 解き放った」と、言ったのは、このKraken は、「CIAが作成した、対テロ用の、ハッキング・プログラム 」だったからだ。 2重の意味を持たせて、彼女が、“ I ‘m going to release the Kraken . “ 「アイム・ゴナ・リリース・ザ・クラーケン」と、言い放った、このコトバは、今後、アメリカ史に残る、第2次独立戦争の開始のコトバとして、長く歴史に残るだろう。当然、アメリカの子供たちも、大人も、このコトバに震え上がって、狂喜した。

 これでようやくトランプ勢力の勝ち。世界ディープステイトthe Deep State 勢力の負け、がはっきりした。 戦いの天王山 、剣が峰 は、11月25日(現地)の、ペンシルベニア州(州都フィラデルフィア。アメリカ独立の記念となった、名誉ある自由の鐘=リバティ・ベル=がある都市。ここで独立宣言が起草された。それが、今、ここで再来したのだ。実に記念すべきことだ)で決まった。ここで州議会の公聴会(パブリック・ヒアリング)が開かれた。そこに重要な証言者が次々よ現れて真実を白状した。

 この日に、フェイクニューズの一角である CBS News が、25日(日本では26日)に報じた。  
“ Judge Orders Halt To Further Vote Certification, Prompting Quick Appeal To Pennsylvania Supreme Court ”
「ペンシルベニア州の ピッツバーグ連邦裁判所が、州に選挙認定の手続き中断するように命令を出した」と。

私、副島隆彦は、他のメディアを探したが、まだ伝えていない。アメリカのフェイクメディアの忠実な日本の子分、家来どもも、日本国内に、何も伝えない。このペンシルベニア州での、25日の判決が、自分たちにとって、大きな痛手、敗北だと知っているからだ。親分(おやびん)のCNNとAFS=時事 が、書かないと、日本では、怖くて何も書けない。

今、腐れきった、アメリカの大手メディアの連中は、震え上がって真実を何も書けない。昨日の26日は、ピタリと、大統領選挙関係の記事が止まった。記事が出たのは、「中国の習近平主席が、バイデン新政権に、祝賀のメッセージを送った」(25日)だけだ。お笑い草だ。

 習近平も、ヨーロッパの首脳たちも、それそれ、自分の国家情報部を持っているから、「どうもバイデンの負けだな。三日天下だった」と知っている。事態を冷ややかに見ている。「政権の引き継ぎをきちんとやってください。そのあとも両国の外交関係は続くのですから」という、外交儀礼の文書を、バイデンに送りつけただけだ。日本政府(菅政権)だって、重々、分かっている。

 習近平と、トランプと、プーチンは、一番上で、つながっている。私、副島隆彦が、ずっと書いて来た、「三帝会談」の路線だ。そしてトランプへの、今度の反革命(はんかくめい)の攻撃のことを、よくよく、分かっている。トランプが、なんとか始末を付けつつあることを知っている。
 
 この大きな、世界と世界史の”時代の精神(ツアイト・ガイスト)”を、今回、不思議なことに、トランプ支持のアメリカ国民の正義の側に回った、反共である日本のネトウヨたちには、どうしても理解できないようだ。私は、この人たちを、これから、粘り強く、説得して説明する。この人たちが、今の日本で、一番、感覚が研ぎ澄まされて、しっかりした頭をした人々だった。

 それに対して、「もうバイデン政権で決まりだね」と、この3週間ずっと書いて、自分でも深く深く信じ込んだ、アホたちがいる。このあと一週間後ぐらいで、こいつらの頭は、ぐらぐらしてきて、どんどん崩れてゆく。そのときに、これまで自分が書いて言ってきたこと、信じたことを、正直に書きなさいよ。 
 「いやあ、私は、最後は、トランプが勝つ、と思っていたよ。そう言わなかっただけだよ」と、言うなよ。この、生来の恥知らずの、コロコロ人間ども。私は、今度こそ、お前たち全員を、腹の底から軽蔑 (despise デスパイズ)する。  

 コラー、英語の despise から、「ディする」という、ヘンな勝手な和製英語をよくも、作ったな。作るなら、せめて「デする」だ。このことで、私は、すでに 「report は ◯ レポート が正しい。✕ リポート は間違いだ。訂正せよ」論という一家言(いっかげん)を持っている。今や、重厚なコトバ学者でもある、私、副島隆彦に、敬意を表して、皆で、訂正せよ。「それ何? そんなの知らない」だと。バカものども。そのうち、十十(じゅうじゅう)教えてやる。

 こうして、前述した連邦巡回裁判所(控訴審)の判決で、ペンシルバニア州の20票が、ひっくり返った。開票作業の選挙結果の認証(サーティフィケイション)をやった、州務長官の責任になる。彼らは、この時点で「犯罪を完遂、完了した」ことになる。続々と各州でこの認証が続いた。トランプは、この時を待っていた。ウイスコンシン州(10票)、ネバダ州(6票)、アリゾナ州(11票)も争われている。ミシガン州(16票)もひっくり返るだろう。

 ジョージア州は、トップ2人 が、共和党員なのだが、刑事起訴されたようだ。いや、それ以上の国家反逆罪(内乱罪)で、元(もと)連邦検察官であるシドニー・パウエル軍事弁護士(ぐんじべんごし。Military lawyer ミリタリー・ロイヤー)によって。国家犯罪の大逆罪者(treason トリーズン)で、起訴されるだろう。 ウイスコンシン州(10票)も。ヴァージニア州(13票)も、ひっくり返る。ネヴァダ州(6票)、アリゾナ州(11票)も同様だ。 

 これらの合計76票が、ひっくり返る。そうすると、バイデン票は、メディアが、騒いで勝手に作った306票から、230票 に減る。そうなると、12月8日に予定されている、選挙人団(エレクトラル・カレッジ)の形成が出来なくなる。12月14日までに、行われるべき 選挙人(エレクターズ)による投票が、出来なくなる。  違法に集計された激戦州8つに票は、ただしく、トランプに行くから、それだけでも、トランプは、311票(過半数の270票)になる。

 再記するが、真実の選挙票は、正しく数え直されて、「トランプの得票410票、バイデン136票」だ。あと2週間したら、12月15日までに、連邦最高裁判所(シュープリーム・コート)による正しい判決がある。そのとき、上記の数字が、取り沙汰されて、そのうち公然と認められて確定するだろう。日本人は、じっとこれからの事態を見ているべきだ。 

 CBS News 11月25日に、 ペンシルベニア州のピッツバーグからのニュース報道で、
「ピッツバーグ連邦裁判所が、州に選挙認定の手続き中断するように命令を出した。
Judge Orders Halt To Further Vote Certification, Prompting Quick Appeal To Pennsylvania Supreme Court

 2020年11月25日(水曜日)に、ペンシルベニア州議会で、2020年の選挙問題と不正行為に関する公聴会が開催された。ここで重要証人として、元海軍司令官が、正直に自分たちの犯罪を、次のように重要な証言をした。
 
「 ペンシルバニアでUSBカードを、バイデンサイドが投票機に接続して、バイデンに50000票を入れた。その 手口は、USBに バイデン票のデータを入れて投票所に持ち込みアップロードするものだった。

 私は、投票機にアップロードされた数十のUSBカードを目撃、観察してした。短期間でバイデンに50,000票が投じられた。 管理過程は壊れており、投票用紙と、ドロップ・ボックス投票用紙と、選挙日のUSBカード・フラッシュドライブの郵便物は壊れていた。常に州選挙管理委員会の適切な手順にも従いませんでした」と、この元海軍人人は、宣誓供述書と共に証言した。

 この公聴会に出席したジュリアーニ弁護士が質問した。「急上昇した60万票の内、何票がバイデンに行きましたか?」 証言者「57万数千ぐらいだと思います。トランプ票へは、3200票ぐらいでした」と。

 ジョージア州では、州知事と州務長官のトップ2人が、共和党員であるにもかかわらず、逮捕され、前述した、国家反逆罪(内乱罪、rebellion リベリオン)で起訴されるだろう。

 シドニー・パウエル軍事法務官(ミリタリー・ロイヤー)は、「まず、ジョージア州を、blow off 吹き飛ばす 」と言っていた。ジョージア州の知事と宗務長官は、ドミニオンから家族を含めてキックバック(賄賂=わいろ=)の資金を受け取っていた。だから、共和党なのに、悪質な反トランプの動きをした。パウエル弁護士は、この知事と州務長官を 国家反逆罪 で必ず告訴する。

 ジュリアーニ弁護士が、フェイスブックのCEOのマーク・ザッカーバーグに、司法取引したという噂が広がっている。 ザッカーバーグが、ペンシルバニア州の政治家のトップたちに、盛んに賄賂のカネを渡していた容疑が掛かっている。

 だから、ジュリアーニが、ザッカーバーグに、「あなたは(国家重大犯が収容される)グァンタナモに行きたいか。それとも、他の一般の刑務所がいいか、自分で選びなさい」と言ったそうだ。

 26日に、アメリカ政治関係で出た新聞記事は、「大統領令によって 米政府機関の職員が政権交代前に大量解雇される可能性が浮上」である。うしろの方に全文を載せる。

 トランプは、これからの、これまで長年トグロを巻いてきた、暴力団化している、不良公務員の、大量首切りをすべきである。全くのならず者の集団のようになってしまっている、公務員労働組合 の幹部たちを、トランプ政権は、今度の、不正選挙の 公然たる真実の解明と共に、ばっさばっさと首切りすべきである。

 今度の、選挙犯罪クーデターに関係した、と次々に、証拠(エビデンス)が出た者たちは、順番にクビだ。私は、11月7日から書いている。

 今度の「反トランプ・クーデター」「政府転覆クーデター」に参加して、不正選挙で実行行為を分担した者たちは、犯罪者として、民主党(および少数の共和党員も)のバイデン・ヒラリー派の 公職(公務員)の幹部たちは、すべて職務解職、職場からの追放 (パージ purge )。

  大殺戮(マサカ massacre )、 政治的な粛清(しゅくせい、リクイデイション liquidation )、反乱軍への 血の復讐(blood bath ブラッド・バス)にすべきだ、と、私、副島隆彦は、考えてきた。それぐらい、私は怒った。しかし、こういう物騒なことは、なるべく書かない方が良い。トランプは、混和名、温情主義の立場で、幹部たちだけを責任追及するだろう。

(B.フルフォード氏は、「その為には、100万人ぐらい刑務所に入れないといけない。彼らは、子供をさらって人身御供にする、恐ろしい秘密結社にはいっている者たちだ」と言った。私、副島隆彦も本当だと思う。この悪人たちは、『この世界は、まず、悪が支配しているのだ」と考える者たちだ。だから、自分も、進んで、ワル(悪)の側に身を売ったのだ。) 

 トランプ大統領は、冷静沈着に、この連邦政府の公務員たちを、細かく勤務評定して解職、解雇にするだろう。今度の不正選挙(選挙犯罪)に実行犯として関わったことが判明した者たち( たとえば 大量の偽造投票用紙の開票会場への運び込みとか、郵便投票の日付の偽造をした 郵政公社の職員たち、開票所で不正に集票した者たち )は、

 即刻、クビにされて、それぞれの州で、裁判にかけられるだろう。 それ以外の悪質な不良の 労働組合の幹部たち(地区の民主党の活動家たちだ)もクビにすべきだ。 

 主流派メディア(mainstream media メインストリート・メディア。ヒラリー Moonies ムーニー派)の、 ディープステイト勢力である CNNやAP や NYTimes 、Wapo、ロイター、UPI=時事 などの、フェイクニューズの虚偽の事実を大量に、書き続けた反トランプの 大手テレビ、新聞の、記者や、司会者たちは、民間企業の民間人であるから、政府のては及ばない、と思わない方がいい。

 今回の 11月3日の米大統領選挙からの反トランプの 政府転覆のクーデター( coup  )に加担、実行行為の分担が有った、という証拠が出た者たちから、民間人(民間企業の雇用者)であっても、順番に、国家反逆罪(内乱罪、rebellion リベリオン)に基づく、の treason (トリーズン、売国奴の大罪者 )の共犯者 として、その主犯の者たち(反トランプの 政治家たち)との共同謀議者 (きょうどうぼうぎしゃ。コンスピラター conspirator )として、刑事起訴され、違法行為の役割分担、実行行為(タートベシュタント)をした証拠がはっきりと出て、そして有罪判決が出たら、解雇されるべきだ。これからトランプは、それをやるだろう。だから今頃になって、以下のような泣き言が出てきたのだ。

(転載貼り付け始め)

◯ トランプ氏の大統領令が波紋、政権交代前に公務員の大量解雇も
2020年11/26(木)  ロイター

 11月25日、トランプ米大統領(写真)が10月に署名した大統領令によって米政府機関の職員が政権交代前に大量解雇される可能性が浮上しており、民主党議員や政府職員の労働組合などが解雇阻止への動きを活発化している。写真はワシントンで24日撮影(2020年 ロイター/Hannah McKay)

[ワシントン 25日 ロイター]  トランプ米大統領が10月に署名した大統領令によって米政府機関の職員が政権交代前に大量解雇される可能性が浮上しており、民主党議員や政府職員の労働組合などが、解雇阻止への動きを活発化している。

 民主党が多数派を占める下院の23の委員会・小委員会の委員長は、61の政府機関のトップに対し、大統領令に基づき、解雇を容易にする形で、「(自分たち)連邦政府職員の分類を変更する計画がある場合は全て説明するよう」求めた。

 また、トランプ氏の政治任用者(ポリティカル・アポンティ、高官)で、「専門職に既に充てた、あるいは充てる可能性を検討している場合は詳細の開示するようを要請」した。下院監督改革委員会のキャロリン・マロニー委員長が、筆頭執筆者である、25日付の書簡によると、当初の回答期限は12月9日に設定されており、その後は2週間ごとの最新情報の報告を求めている。

 これに先立ち、下院行政監視小委員会のジェリー・コノリー委員長と、ステニー・ホイヤー下院院内総務を含む民主党下院議員13人は、24日、上下院の歳出委に書簡を送り、「今後の歳出法案に同大統領令を無効にする文言を盛り込むよう」に求めた。

 大統領令は、政策策定に携わる職員を新設の「スケジュールF」(副島隆彦注記。F という記号は、アメリカの通信簿、学業成績表で、最低の、赤点の意味だ )という区分に分類することを認める内容。同分類された職員には、従来のような雇用保証が与えられなくなる。政府機関は、民主党バイデン前副大統領の大統領就任式の1日前に当たる来年1月19日までにこの職員区分の見直しを完了する必要がある。

大統領令は、トランプ氏が連邦政府の官僚制度を合理化し、職員により大きな説明責任を負わせ、「仕事ぶりが悪い人材」を排除する取り組みを進めていると記している。連邦政府の職員は全部で約200万人に上る。 民主党議員らは、24日の書簡で、大統領令はメリット・デメリットを踏まえずに「政治任用を加速させ、エコノミストや科学者、データ分析者といった専門職員が適任のポストへの配置につながる」と批判。

 上下院の民主党議員は、これとは別に、「超党派の政府監査院に対し、大統領令が今後数週間の連邦政府職員の大量退職につながる可能性がある」として、その実施を監視するよう求めた。 政治サイトのリアル・クリア・ポリティクスは今週、「行政管理予算局(OMB)が局内の職員425人の88%を新たな区分に分類する計画の承認を求めた」と報じた。

 OMBは取材に応じていない。 大統領令に対しては、連邦政府および首都ワシントンの機関で勤務する70万人が加盟する全米行政府職員連合(ユニオン、組合だ)などが強く反発している。 職員の再分類を承認する権限がある人事管理局(OPM)の広報担当は、「見直し期間はまだ続いている」と述べた。 (一方)バイデン氏は、就任後に連邦政府職員を標的にした他の大統領令を撤回すると約束している。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 情勢が激しく、ひっくり返りつつある、ペンシルベニア州と、ミシガン州と、ジョージア州の細かい動きについて、ひとりひとりの人物名まで挙げてはっきりと解説、説明したいのがだ、今日は、出来なかった。すぐにやります。 副島隆彦拝 






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号