ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:1584 昨日:25052
合計:79280027
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2996]「最も重要なCOVIDワクチンビデオ」
投稿者:一会員(一弟子)
投稿日:2021-02-24 22:10:42

一会員(一弟子)です。

これが真実です。欧米の、ベテランで専門知識があり、メディアの扇動や、感情に流されない冷静な医者や医療専門家たちが、これだけの数で証言しています。
ワクチンの危険性と、コロナがパンデミック(世界的な伝染爆発)であることのウソ(詐欺)を、厳しく訴え、糾弾しています(もちろんこの動画で証言しているのはほんのひと握り。世界各国にどれだけいるか)。

●「最も重要なCOVIDワクチンビデオ」
投稿者名:jimakudaio 字幕大王
BitChute(ビットシュート) February 9th, 2021

https://www.bitchute.com/video/4nZ7mCblGjwf/


色々の動画や記事があふれ、説得力に欠けるものも多いですが、この大量の数の専門家(医者)たちに、次々に、ひたすら証言させるスタイルは、見る側に、冷静に考えさせ、判断させる機会を提供してくれます。

一会員(一弟子)拝



[2995]訂正と追加
投稿者:福松 博史
投稿日:2021-02-24 21:10:09

会員 福松博史です。
 [2993]の内容について、訂正します。
習近平にもトランプにもキッシンジャー✕「にも」言ったんですよ。
訂正文 習近平にもトランプにもキッシンジャー◯「が」言ったんですよ。

もう一か所。
野蛮な民族は仏教徒と違って、不満や苦しみを、敵に危害を加えるという外に出していったのです。
訂正文 野蛮な民族は仏教徒と違って、不満や苦しみを敵に危害を加えるという◯「形で」外に出していったのです。

コロナのワクチンについて、ネット上で誠実な文章のコメントがあったので、追加で取り上げます。
JPOPXX2222さんという人の文章(2021年2月24日)を引用します。三つに分割していたものを一つに纏めます。

米国の高齢者施設従業員からの内部告発。
 ○○社のワクチンは摂取した後にPCR検査で陽性になるようにデザインされており、たとえ接種者がその後ワクチンが原因で死亡したり病気になっても、死因はあくまでもコロナであり ワクチンではないと説明できるようにしてあるのです。製薬会社のやり方は汚いんだよ。
ワクチンで大量に人が死んでも責任逃れが出来るようになっている。しかも政府もマスゴミも飼い犬だ。
 
 PCR検査を受けて陽性になったのは○○社のワクチンを接種した従業員が殆どでした。ただしこの施設の従業員の殆どがワクチンを拒否しました。ワクチンを打てばコロナの予防が出来ると思うでしょうが、実際はワクチンを接種後に、PCR検査で無症状の陽性(=擬陽性)になってしまうのです。

 どのような理由であっても、政府はワクチンを希望する従業員には○○社のワクチンを接種させ、施設の利用者(高齢者)には△△△社のワクチンを接種させています。ワクチンを接種した利用者の多くが、その後病気になりそのうちの何人かが死亡しています。また、深刻なワクチンの副反応で入院した利用者は全員がPCR検査で陰性でした。施設の経営者側は利用者がワクチン接種後に重症になってもそれは偶然の事であり、ワクチンのせいではないと断言しました。
以上 引用終了。

もう一人、グレートローテーションさん(2021年2月24日)のネットの正直な文章を引用します。

 マスコミは統一行動。あらかじめ、通謀して定めたストーリー以外は興味がない。
台風15号の千葉県房総被害が発生しているのにキー全局 韓国たまねぎ男をやっていた時、嗚呼(ああ)テレビは完全に終わったと思った。
そのあといち早くユーチューバーによって投稿された災害情報が検索上から消され新聞テレビ局の統一報道に切り替わっていくのが不気味だった。

以上 引用終わり。



[2994]時間があまり無いように感じます。
投稿者:ただのオッサンの会員
投稿日:2021-02-24 18:11:46

前回途切れてしまい申し訳ありませんでした。
ただのオッサンの会員です。そこいらにいる、コンビニで漫画本立ち読みしたり、スポーツ紙や日刊ゲンダイを脇に抱えて酎ハイ買っていくような、ITスキルも弱くキーボードのタッチ入力も苦手な、年くったオッサンです。なので、国際政治とか経済とか金融とか、数学とか、哲学とか思想とか良くわからないのですが、よろしくお願いします。

本当はもっと早く対策をとるべき、だった!!!(悔恨)、、遂に、何の予防するの?(えっ ワ〇チ△の定義って弱い毒の菌を体にするものじゃなかったっけ? いつからアレの定義が変わったの? あーそうなんだ 大スポンサーの意向に逆らえないものね~ 今時、流行りのの忖度というやつですか。そういえば C国のアレは、定義通りの物なんですよね。 

あ~C国に移住したくなったよ!ついでにR国のは、あまりに早くアレができたので、水しか入ってないのではで揶揄されてますが!オーベーのアレは輸入しなくても、間に合ってますってね。でも人間の60パーセントは水らしいので、いいじゃないですか
頓智が効いて!脱水の予防ですよね これ裏●葉です。)も始まって、今日まで、奴らの思惑通りに着々と計画が進んでいくばかり。ただただ時間が確実に過ぎていくばかり。
ああ 時間よ止まれ!!!(永ちゃんのファンでした!! ジャンジャン)

この掲示板を見てなんとなく分かった気になり、下手すると俺は何でも知ってんだ なんて自己満足に終わってしまいそうな、、、かと言って、周りの人に話しても相手にされず、自分ひとり孤立して、、、何とか打開しないと、あせったり、、俺たちは家畜や豚のように、もっと太るようにとか、品種改造させられて、、豚は太らして喰えって?

そして、よく考えたらそのための原資は、私たちの税金じゃないですか?(MMTかも、これの善悪はともかくですが恐らくうまく使えばいいのでしょう? そんなの全国民生活保護のための悪用されかねない屁理屈、かもね?まーいいかここでは)とすれば、こんなにもあくどいことってあるやろか。
もう国民健康保険税(いつのまに税と言い換えた?)って何なのさ?払うのやめたいな。自分の健康は、自分でやりますって。安心してください、自分の病気ぐらいは自分で治します。

そんな自由もないのですか?病気になったら自腹で払いますよ(多分このほうが安くつくかな。)その代わり事故とか怪我とか、手術の時だけ、保険でね。風邪とか、血圧とか痛風とか、糖尿とか、自分でやりますので。というか元々治してないじゃない? だいぶ税金安くなるし、いいじゃない?
なんせ国民の税金からの、ビッグふぁーまへの壮大な利×供与に見えて仕方がない。この税金の使われ方の正当性ってありますか?国民に税金を払わない権利は全くないのでしょうか? 税務署に行って聞いてみよっか?あ、違うか裁判所??あああひょっとして憲法違反?

日本国憲法 
第三章 国民の権利及び義務
第13条 個人の尊重と公共の福祉
生命 自由 及び幸福追求に対する国民の権利については、、、、略、、最大の尊重を必要、、。

第25条 生存権、国の社会保障的義務
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
②、、、略

 あっ どーもすいませんでした。大袈裟過ぎました。ついつい年を食って耄碌すると僻み根性がつい出るのがタマニキズでしてね。単なる年寄りの被害妄想ですね。皆さん、大変申し訳ありませんでした!私、今、米つきバッタのように頭を下げています!!


ここの会員の方はあの病気の今の株価のようなバブルのような馬鹿騒ぎ(例のアルファベットの難しい検査の仕組も勝手に変えれば、いかようにも、あの病気によるとされる、感〇者数も死◎数などの統計データーも自由自在 ちょっと減ったなーと思ったら、あーまた変異がでて妖精が増えたって、脅かされ、アレが効かなくなったってまたぞろ、新しいアレを打たされるんですかね。

マッチ売りの少女 失礼 マッチポンプ?こんな言葉あったかな。度忘れしました、大変申し訳ございません。ちょっと私こと耄碌おじさんの考えすぎですかね。梅伝さんと同じハレンチ じゃなかった、アッ 度忘れしました(認知機能の落下?あっ低下?) 失礼しました。)も、あの国の大統領選挙も全部同じ根っこということをよくよく、重々ご存じなのでしょうが、もうそろそろ材料 ネタ は充分、出たじゃないですか?

コ◎ナ騒動の真相を知る学者や医者の人も少なからず、いらっしゃるのでしょう。そして大メディアでの発言の場を封じられ、悲壮な危機感と勇気をもってyoutubeで果敢に発信されたり、本をお書きになっている学者の方もおられるようです。徳島大学の日本の名誉である教授 大橋まこと先生など、顔の真剣な表情など見てると、哀愁が漂っているようで、見ているこちらが悲しくなってくるぐらいです。大変尊敬します。

ただ如何せん私たちの最後のよりどころ、頼りになるべき、現場の医者の人たちの完全なる洗脳のされ方を見るにつけ、歯がゆい思いと、ため息しか出ません。

ちょっと会員の皆さん、病院やクリニックに行くことありますか?
あるんでしたら、せっかくタッカイ健康保険税を払ってあげてやっているのですから、さっさと診察終わったら、素直に金おいて、帰るのでなく、一つ偉い先生様、是非教えてくださいませんかって、質問の一つぐらい、いいじゃないですか? p何とかアールの検査って、何ですか?しーてぃー値とか、プライマリーバランスのじゃなかった、プライマーによって、院政とか妖精とかころころ変わるんでしすよね?それでよくテレビでやっている、あの病気による缶戦車数とか試射数とか 私、悔しいけど、医学部受験に失敗したほどなので、先生ほど頭脳明晰でないので、難しくて意味がよくわかりませーん。

お願い教えてくださーい!!!テレビで言ってる意味すら分からなくて、悩んでまーす。先生方の自尊心をちょっとくすぐってやれば、先生方もふんふん、、、それはね~  あれ、あれ、あれ、れれのれ しどろもどろで、、、沈黙 呆然 どうなるんでしょうかね。せっ、先生気づいてくれよ、、、

ちょっと前にアレを打つ映像が、テレビで華々しくやっていましたね。
東京の大病院の陰超先生がアレの第一号って。使命感(四迷感じゃないの?)を感じるって 打ったあとの1時間は痛みはなかったって、コメント。わけわからんよ!
そんな打った直後の副反応なんて、どんな薬や注射だってアレルギーなどあるのであってね。そんなことじゃないのよ、今度のあれは、、、、。

半年後ぐらいから起こるかもしれない ADE (Antibody Dependent Enhancement)
なんだよね。とはいえ因果関係は、そんな長期のことは、例によって、必ずしもそうとは、言えないとかなんとかでうやむや。今回新しいあれは、メーカーが責任を取らないんだよね。
万が一何かあったら国が4000万とか、補償するとかなんとか。その原資ってやっぱり、我々の税金じゃないの?アレはまったく効果がないどころか、、、、祭灰汁ということじゃないでしょうか?

本当のことをしゃべろうにも、できないジレンマを感じている医者の方たちも結構いらっしゃるかと思います。皆さん、どうしたらいいでしょうか?我々としてあるいは、個人個人として何が出来ますでしょうか?
本当の本物の学者医者を学問道場の会員やその友人知人の結集で盛り上げて、守ってあげて、例えば、署名運動なり、何かいいアイデアはないものでしょうか?

ただのオッサンの会員 拝

前回の定例会の終わった後に、 副島先生とベンジャミンフルフォードの対談本を買ったあと、私は舞台の上に立つ副島先生に近づき 「この騒ぎトリックですよね!(騒ぎの実態)が無いですね?」と先生に呼びかけたら、先生は「無い!」と強く仰って頂きました。そして、私は「ワクチンやめましょう!」と言いました。



[2993]巨大マスメディアの洗脳、言論統制、検閲、マッチポンプ、コロナとワクチンバカ騒ぎについて
投稿者:福松 博史
投稿日:2021-02-23 21:54:30

会員の福松 博史です。
 大惨事便乗型資本主義 (ショック・ドクトリン)、デビル(キル)ゲイツ、ソロス、WHO、ジョンズ・ホプキンス大学とアメリカ大統領選挙 について書く。

 「今アメリカで起きている本当のこと 大統領選”不正選挙”から米国内戦へ これは第2次独立戦争だ」2021年1月20日刊、副島先生とベンジャミン・フルフォード氏。株式会社秀和システム) を読んで、私が思ったこと。

 第2章 知られざる世界支配者の悪魔崇拝。ページ108pから引用。

副島 私は、ほんとうにフルフォードさんに教わりたいのですが。私にとってデイビット・ロックフ  ェラーとヘンリー・キッシンジャーは長年ずっと大悪人だったんですよ。それが、2016年のトランプ当選前から彼らが私の味方になってしまった。デイビット(ダビデ大王)が「ヒラリーとビルに私の世界権力は相続させない。

 こいつらは世界を戦争にする悪人どもだ。だからトランプを勝たせる」と言って、キッシンジャーにそのことを伝えさせた。キッシンジャーがドナルドに電話して「ドナルド。話がある。ウチに来てくれ」と言った(2016年5月17日。)だからトランプが勝つ、と私は予言を出して当てました。このことで、私は脳がおかしくなるまで考えました。

 結局、それは、もっと恐ろしいヒラリー系のやつらがいるからなんだ。大きな戦争をしようとするもっと凶悪な連中が現れたからだ、と。ヘンリー・キッシンジャーがプーチンに本当に言ったらしいですよ。「古代バビロニアのデス・カルトが蘇(よみがえ)った」と。(省略)「死のカルト集団が蘇ったから、プーチン、気をつけろ」と。習近平にもトランプにもキッシンジャーにも言ったんですよ。

BF (ベンジャミン・フルフォード)(省略) 私はこれまで特に悪口は言ってきてないんですよ。デイビット・ロックフェラーに対しても、キッシンジャーに対しても。

副島 私はずっと悪口言ってきましたから(笑) 省略)

BF それで元をたどってみると、どうしても人工世紀末に行きつくんです。第三次世界大戦を起こして、世界人口の9割を殺してしまえと考えている特殊な派閥が間違いなく存在していて、問題はそこにあるというところにたどり着いているんですよ、今。

副島 人類は今78億人います。おそらくコロナウイルス問題も、やっぱりビル・ゲイツが一番お金を持っていますから。あいつらがジョンズ・ホプキンス大学を使ってここにもお金を出して今も世界中に「今日は500人感染者が出ました」と大本営発表をやらせています。

 武漢のウイルス(病毒)研究所にも一番お金を出したのはやっぱりビル・ゲイツだった。私はやっぱり武漢で、昨年(2019年)の10月18日に米軍のヒラリー派がウイルスを撒いたと思ってます。元々武漢のウイルス研究所で自然から採取して変異させて作っていたコロナウイルスを、メリーランド州の州都ボルチモアとワシントンD.C.の間にあるUSAMRID(ユーサムリッド。アメリカ陸軍感染症医学研究所)に持ち込んで、そこで培養したのをもう一回武漢に持ち込んだ。

 10月18日に、武漢で世界軍人運動会があった。その時に撒いた。それで10月末から感染者が出ていたのが11月から発症して問題になった。中国の民衆も指導者もアメリカ軍が攻撃を仕掛けてきたと知っている。だから論文で「中国はこれを迎撃した」と書いている。中国は防御したんだと、分かっているけど、アメリカ軍が撒いた、許さん、とは絶対言わない。それは戦争したくないからだ。
(省略)

BF(省略)まずブッシュ・ジュニアの時代、2001年の9.11以降、実際に何回か生物兵器がばら撒かれています。SARSも鳥インフルエンザもエボラも。だけど何故か全部不発に終わったんです。それで今回の新型ウイルスも実際は失敗した。だって実際にはほとんど人が死んでいないんですよ。

副島 ほとんど死んでいないですね。高齢の老人ばっかりだ。あの人たちの死は自然死です。

以上 引用終わり。

 2021年2月23日日経新聞から引用。

「米軍、ワクチン伸び悩み 兵の1/3が接種拒否」
 米軍で新型コロナウイルスワクチンの接種が伸び悩んでいる。ワクチンの提供が米兵の内1/3が接種を拒否した。米兵は長期間にわたり共同生活を送る場合が多く、集団感染が起きやすい。集団感染で部隊が機能不全に陥れば米軍による抑止力に影を落としかねない。(省略)

 陸軍軍医のエドワード・ベイリー氏は接種率が三割にとどまる部隊があり「どのようにワクチン接種を促す事が出来るのか頭を悩ませている。」と述べた。
(省略)コロナのリスクについて理解を広めることも接種率向上のカギだと米軍は見ている。

以上引用終わり。

 この記事のすぐ下に、FT(フィナンシャル・タイムズ)の記事。

「タンザニア、ワクチン拒否」の見出し。「周辺国に変異型波及懸念」
 人口約6000万人のタンザニアはワクチンを必要としておらず、「供給を受ける計画はない」とした。新型コロナワクチンは危険であり不要だと断言しているマグフリ大統領の見解に沿ったものだ。(以下省略)(2月20日付イギリス、FT(フィナンシャル・タイムズ)特約)

 藪から棒に、ワクチンの副作用(副反応とわざとらしく言い換えた)で死亡したら 日本政府が4420万の支払うとの報道が数日前にあった。本来なら、そんな副作用が出る原因を作った米国ファイザー社が賠償金を払うのが筋だ。このことをおかしいと思わない風潮。巨大メディアの洗脳は凄い。大したものだ。

 毒入りのジュースを飲んで死んだら 売っている店が賠償金を払うのか。毒入りのジュースの製造元のメーカーが責任を取って支払うのが当然ではないのか?鼻たれ小僧でも分かる道理だ。
日本のコロナ対応は第二類相当指定感染症。つまり最大の警戒を要する感染症の位置付け。極端に厳しく、過剰だ。

コロナ、権力共同謀議、実に大掛かりだ。
ビル&メリンダ、ゲイツ財団。
WHO
国連基金
世界銀行
ジョンズ・ホプキンス大学
ジョンソン&ジョンソン
CDC(アメリカ疾病予防管理センター)
中国疾病予防管理センター(CCDC)
シンガポール金融管理局
UPS財団
ANZ銀行
ルフトハンザドイツ航空
マリオット インターナショナル
エデルマン(世界最大の広報会社)
ヘンリーシャイン(医療)

 過剰なコロナ恐怖症が世界の経済活動を委縮させた。これが結果的に 米、欧、日本の中央銀行(FRB、ECB、日銀)の「過剰流動性相場」の口実となった。談合三兄弟(密約ダンゴ三兄弟)

 今回のアメリカ大統領選挙で、ディープ・ステイト(裏に隠れた政府)のペドフィリア(幼児誘拐、性愛、殺害、食肉、アドレノクローム)の残酷凶悪犯罪が世界中(満天下)に知られてしまった。悪魔教の儀式。まさにアイズ・ワイド・シャット(1999年)の世界だ。

 勇気あるスタンリー・キューブリック監督。その遺作となった。秘密の超エリート達のパーティー。知られたくないことを無理に知ろうとすると……。不気味な映画だ。
 ”諸悪の根源”ローマ・カトリック教会、キリスト教会 キリスト教は病気を必要とする宗教…。つまり人間を病気にさせる事こそが教会の本当の目的だ。

 適菜収(てきなおさむ)氏の「「キリスト教は邪教です!」現代語訳 「アンチクリスト」フリードリッヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ」 2005年4月20日発行 の 52p 53pから引用する。

 キリスト教徒は、豊かな大地や精神的に豊かな人に対して、徹底的に敵意を燃やしました。具体的に、「肉体」を持っているものに反発して、自分たちは「霊魂」だけを信じている。それで張り合えると思っている訳であります。

 キリスト教は立派な心掛け、気力や自由、あるいは心地のいいこと、気持ちがいい事、そして喜びに対する憎しみなのですね。キリスト教が下層民のもとで誕生すると、やがてそれは野蛮な民族の間に広がっていきました。野蛮な民族は仏教徒と違って、不満や苦しみを、敵に危害を加えると言う外に出していったのです。

 逆に言いますと、キリスト教は野蛮人を支配するために野蛮な教えや価値観がが必要だったのです。例えば、初めての子供(長子)を犠牲に捧げる風習や、晩餐んで血を飲む儀式などがそうです。(省略)

 キリスト教は、野蛮人を支配しようとしますが、その方法は彼らを病弱にすることによってです。相手を弱くすることが、敵を飼いならしたり、「文明化」させるための、キリスト教的処方箋なのです。

以上 引用終わり。

ニーチェは1844年ドイツ ザクセン生まれ1900年没。



[2992]オバマ出生証明書飛行機事故に関する訂正
投稿者:西森マリー
投稿日:2021-02-22 14:35:25

以前、この掲示板で、オバマの出生証明書の信ぴょう性を保障した役人が飛行機事故で殺された、と、書きましたが、大いなる間違いでした!
この役人、ロレッタ・ファディは、2011年に突如としてハワイの衛生局の局長になる前は、インドネシアの宗教団体、スブドの研究者でした。もちろん、これは全て”見せかけ”で、実は、ファディは、オバマの母親ということになっているアン・ダンハムで、スブドへの資金援助を仕切っていたCIA工作員でした。
この飛行機事故はCIAが仕組んだお芝居で、ファディ=ダンハムは生きている、ということのようです。
ファディがいなくなれば、オバマの出生証明書が偽造だと証明しにくくなり、しかも、ファディが死ねば、死者まで出した悲劇を蒸し返してまで出生証明書の話はしたくない、ということになるので、カバールにとっては一石二鳥、ファディ(ダンハム)もCIAの工作員作業に疲れて引退したかった、ということでしょう。

ロレッタ・ファディはダンハムで、まだ生きている、と語る元海兵隊員のビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=G2Ki6H_lV2k
右の眉毛がほんのちょっとつり上がっているので、同一人物だということがハッキリ分かりますよね。
今までこのビデオの存在に気づかず、この間、誤報を伝えてしまい、申し訳ありませんでした!!!
カバールに騙されまい!、と心がけているのですが、福音主義者たちも完璧にペンスに騙され、元兵士たちもすっかりクレンショーに騙されていたので、カバールの騙しの技術は敵ながらあっぱれ、という感じですよね!
早くトランプが復帰して全ての嘘を暴露してくれますように!!!



[2990]Qの正体 CNNニュースによる説明 2020アメリカ大統領選挙
投稿者:かたせ2号
投稿日:2021-02-21 18:55:57

「Qの正体 左派メディアによる説明 NSA Q GROUP 2013/06/11」という動画があります。
https://www.bitchute.com/video/ZlN3fsbk3jCc/
2013年にCNNニュースで、「Q」がNSA内の組織だと紹介しています。
約2分の動画です。ご参考ください。



[2989]リンウッド弁護士が認定した基本情報を示す動画の文字起こしがされている 2020アメリカ大統領選挙
投稿者:かたせ2号
投稿日:2021-02-21 18:45:15

表記の日本語文字起こしが、以下のリンク先でなされているので紹介します。

https://blog.apparel-web.com/theme/creator/author/seri-emi/283b2fc6-9aa9-4e02-b64a-4625fc97aa98

(一部引用開始)
2021年1月17日
まだParlerが使えていた頃、
リン・ウッド弁護士が「Truth」と言って投稿した動画があります。(かたせ注:ただし現時点では削除されている)

「Q」「軍」「JFK」「JFK.JR」、ロスチャイルドから始まって現在まで、
今起きていることはすべて繋がっています。
オリジナルの動画は2020/1/2にアップされたもので、その後日本語字幕をつけたものが、
アップされては削除されを繰り返し、不死身のミームとして死と再生を繰り返しています。
私のブログでも何度かリンクを貼りましたが、すぐに削除されてしまうので文字興ししました。
*この動画に日本語字幕をつけていただいた方に深く感謝いたします。全文そのまま下記に文字興しさせていただきました。
(一部引用終わり)

具体的内容は上記リンク先を参照ください。



[2988]キリスト教の影響を受けた国家神道
投稿者:YouTuberすぎやま
投稿日:2021-02-21 16:33:16

>副島隆彦先生
>[2978]私たちは、日本の思想(史)の研究も続けます。もっと大きな、大きな構図で見なければいけない。


副島先生、
過分なご紹介をいただき、ありがとうございます!


副島先生の『帝国・属国理論』で歴史を見直すと
本当に多くのことに気づかされます。

明治時代になって、急にジャジャン!と
国家神道が生まれてきたと考える方が不自然ですよね。

今、副島先生の本を順番に読み進めているところなので、
(副島先生の各ペースが凄まじくて読むのが追いつかない…!)
今後もさらに研究を進めていきます!

━━━━━━━━━━━━━━━━

<SNS界隈の情報>

余談ですが、
ビッグテック による情報統制・情報規制は日に日に強まっております。
いわゆる陰謀論系の動画を毎日数百件削除しているとのこと。

新しくUPする動画はまずはAIによって
音声、タイトル、動画内の文字などがチェックされ
NGワードが多いと即広告停止されます。

最新の動画だけでなく、過去の動画にまでさかのぼって、
NG情報が多いチャンネルはペナルティを受けるそうです。


アメリカのYouTube関係会社の方からの情報によると
要注意YouTuberリストのようなものがあって、
常に監視しているようです。

私のようなに明確なニュースソースを提示していた者ですらも
そのリストに入れられているので、
皆さんが11〜1月に観まくっていたあの有名チャンネルらも
当然すでにマークされています。

私もTwitterをブロックされたり、
YouTube動画数本の広告を剥奪されたりして、
方向転換を余儀なくされました。


アメリカのテック業界は本気で、
その界隈を一掃するつもりで動いているそうなので
今は無事なチャンネルでも、いつ刃が届くかわからない、という状況だそうです。

皆様もぜひお気をつけください。



[2987]ワクチン
投稿者:鄭基成
投稿日:2021-02-21 11:28:32

会員番号2059の鄭と申します。
初めての投稿です。大学教職を定年後、3年ほど前から日曜社(Sonntag Publishing)という出版社を運営しています。主にドイツ語・英語で書かれた社会、人文、経済、音楽、ミステリー関連の書籍の翻訳出版を手掛けており、これまで3冊を世に送りました。「真実の追求こそ学問の本随」をモットーに良書の刊行に勤しんでいます。最新刊の『コロナパンデミックは、本当か?ーコロナ騒動の真相を探る』(S・バクディ & K・ライス(著)、大橋眞(監修)、鄭基成(訳))は、タイトル通り、新型コロナに関する真相と背景を専門科学者の立場から解き明かしたもので、ドイツの感染症の第一人者による啓発書です。現在メルケル政権および主要な国々の為政者が行なっている(あるいはさせられている)ロックダウン政策への厳しい批判と一般市民への覚醒のアピールです。先日の定例会では、副島先生に直接進呈することができました。2020年2月のある日、「コロナはもう終わった」という副島先生の言葉に接した時、それまで心に重くのしかかっていた不安が取り除かれて、頭の中が安心と肯定のモードに切り替わったことは忘れられません。「何か変だな」という感覚に従って、資料や情報に当たる毎日でした。そしてたどり着いた一つの結論が、この『コロナパンデミックは、本当か?』(原題は『コロナ誤報?』)です。
自己紹介が長くなりました。
ワクチンに関して書きます。投稿「2986」で、永遠に63歳の主婦様が、名古屋でのワクチンに関するイベントについて書き込まれています。ありがとうございます。私も同様の投稿をと思いました。それほど重要な内容です。私からも是非お勧めします。

長くなるといけませんので、今回は上記の本から、ワクチンの危険性についての部分を引用させていただきます。原著の主な著者であるバクディ元マインツ大学微生物・感染症学・疫学主任教授は、両親がタイ人です。外交官であった父の赴任先のワシントンで生を受け、欧州で教育を受け、ドイツで学び、マインツ大学での研究によって世界的な業績をあげています。医師であった母親から「医者は患者を怖がらせるのではなく、不安や恐怖を取り除いてあげることが、第一の仕事だ」と教えられた、ということです。研究者として、その人間性とともに広く尊敬を集めている第一級の学者です。

上記『コロナパンデミックは、本当か?』の第六章「COVID-19に対する免疫機構の問題ー免疫学短訪」において、免疫機構の基本とワクチンの危険性(不要性)について詳述されています。一言で言えば、ワクチンが有効性を発揮したのは、唯一天然痘のケースのみであり、他は全て無効だった。人間に備わっている自然な免疫機構のほうがはるかに優れている、という主張です。ではなぜワクチン開発としよう血道を上げるのか? 答えはいつものように簡単で、利益になる、つまり金です。今開発されている記憶型のmRNAワクチンの危険性については、日本でも多くの指摘があり、すでに多くの人々が知るところとなっているようですが、まだまだ広がりは限定的なようです。最近の印象的な出来事としては、ファイザー社の元副会長でワクチン開発の責任者であったMichael Yeadon博士がこのmRNAワクチンの危険性と犯罪性を痛烈に指摘していることです。彼はイギリス人ですが、最近、家族共々南フランスに移住しました。彼はさらに他の研究者たち2人と共に、ファイザー社を訴えているようです。
それでは、上記の本からの引用をお読みください。

(引用開始)

『コロナパンデミックは、本当か?ーコロナ騒動の真相を探る』、S・バクディ &K・ライ(著)/大橋眞(監修)/鄭基成(訳):第六章 COVID-19に対する免疫機構の問題ー免疫学短訪(p.187-200)

ワクチン接種。するべきか、せざるべきか、それが問題だ

天然痘、ジフテリア、破傷風、ポリオなどの恐ろしい病気に対するワクチンの開発は、医学の歴史に大きな転換をもたらした。その後数多くのさらなる病気に対するワクチンが開発され、それらは予防医学の標準的なレパートリーになっている。さて、現在喫緊の問題として浮かび上がってきたのが、コロナウイルス危機を終わらせるために全人類へのワクチン・プログラムが必要かどうか、ということである。これは極めて重要な問題であり、以下の三つの点についてグローバルな合意を得るために、緊急に議論する必要がある。

1. ワクチンの開発はどのような場合に求められるのか? 私たちの答えは次のとおりだ。すなわち、それは感染が健康な人々に定期的に重篤な病気を発症させたり深刻な後遺症を残したりする場合である。そして今回のSARS-CoV-2はそれには該当しない。
2. 大規模なワクチン接種はどのような場合に不必要か? 私たちの提案は次のとおりだ。すなわち、人口の大部分が既に十分に危険な病気から護られている場合には、大規模なワクチン接種は不必要である。
3. ワクチン接種が失敗するのはどのような場合か? 私たちの予測は次のとおりだ。すなわち、世界中で人と動物と共生しているウイルスが継続的に変異する場合や、感染の広がっている最中に人々が大量の数のウイルスに曝露されている場合には、ワクチン接種は失敗する。

著者たちの見解では、グローバルなワクチン接種プログラムは無意味である。仮に何らかの利点があるとしても、リスクの方が遥かに大きいことは、初めから明らかだ。

世界中の専門家たちは、大急ぎで開発したCOVID-19ワクチンを十分な安全の保証もなく使用することに懸念と警告を発している。

それでも、研究者たちは現在、150種類以上ものCOVID-19ワクチンの開発に注力しており(208)、中にはすでに日程を前倒しして臨床試験が行われているものもある。ほとんどのワクチンの目的は、ウイルスの突起タンパク質(スパイク)と細胞の反応の結合を防ぐためのハイレベルな中和抗体を作り出すことだ。そのための戦略として次の4つのものがある。

1. 不活性化あるいは弱毒化された全体ウイルス・ワクチン(whole virus vaccines)。不活性化されたワクチンの開発には大量のウイルスの生産が求められ、それは鶏の卵か不朽化された細胞ラインにおいて増やす必要がある。その際常に、ウイルスの一群が危険な汚染物質を含み、深刻な副作用を引き起こすリスクがある。さらにワクチン接種によって、症状をかえって悪化させる可能性がある(211)。過去において、不活性化された麻疹ワクチンと呼吸器合胞体(RS)ウイルスワクチンの場合に見られたことである(212, 213)。
   弱毒化されたワクチンには、病気を引き起こす能力を失った複製を作るウイルスが含まれている。古典的な例は経口ポリオ。ワクチンで、これはアフリカで起こった悲惨なポリオ大発生の数十年も前に使用されていた。しかしこのポリオ大発生は自然のウイルスではなく、経口ワクチンによって引き起こされたものだったことがのちに判明した。
      
2. タンパク質ワクチン。これにはウイルスの突起タンパク質あるいはその断片が含まれている。免疫応答を増強するためにアジュバンドが必ず添加されるが、これにより深刻な副作用が起こり得るのだ。

3. ウイルスベクターを用いた遺伝子ワクチン(ベクターとは遺伝子の運び屋)。原理は、ベクターとなるウイルス(例えば、アデノ・ウイルス)に関連するコロナウイルス遺伝子を遺伝子に組み込むんで、我々の細胞に感染させる。(209)。自己複製能を欠損したベクターは、自身のゲノムを増幅することはできないために、組み込まれたワクチン遺伝子を1コピーだけ細胞に届けることになる。ブースター効果を出すために、複製能力のあるワクチンを作り出す努力がなされてきた。エボラ・ワクチンRVSV-ZEBOVを使って、これが行われた。しかしながら、ウイルスの複製化によって、ワクチン接種者の少なくとも20%に、発疹、血管炎、皮膚炎、関節痛などの酷い副作用を引き起こした。

4. 遺伝子ワクチン。この場合、ウイルス遺伝子は、プラスミドという大腸菌の小さな環状DNAに挿入されて、細胞に届けられるか、あるいは細胞に摂取された後に、タンパク質に直接翻訳されるmRNAとして届けられるかのどちらかである。
DNAワクチンの大きな潜在的な危険性は、プラズミドDNAが細胞のゲノム遺伝子に組み込まれてしまうことである(215)。このような遺伝子挿入による突然変異が起こるのは確かに稀であるとはいえ、多数の人間にワクチン接種するような場合では現実味のある危険性だ。仮に、この遺伝子挿入が生殖細胞で行われれば、組み込まれた遺伝子情報が母親から子供へ伝播されてしまう。その他DNAワクチンの危険性として、DNAに対する抗体が作られる可能性や自己免疫反応を引き起こすことが想定される。
mRNAワクチンの安全性への懸念として、全身性の炎症反応や潜在的な毒性効果が挙げられる。
同様にコロナウイルスのmRNAワクチンには、さらなる危険性が懸念される。ウイルスタンパク質を生産する細胞は、その外側に排泄物を出す。健康な人のほとんどは、このようなウイルスの排泄物を認知するキラーT細胞を持っている。これにより、自己の細胞を攻撃する自己免疫が起こることが避けられない。これがどこで、いつ起こり、そしてどのような結果をもたらすのかについては、全く未知数だ。だが、見通しは恐ろしいものと言うしかない。

しかし、既に何百人というボランティアが、これらの避けようのないリスクについて事前の説明を受けないまま、ウイルスの突起タンパク質を組み込むDNAおよびmRNAワクチン接種を受けており、さらに多くの人々がこれに続こうとしている。これまでに遺伝子ワクチンの人体への適用は許可されておらず、今回のコロナウイルス・ワクチンも、国際的な規制によって通常は求められる臨床前試験を経ていない。ドイツは、国民全体が遺伝子組み換え食品を拒否し、動物実験にも反対している国ではあるが、そのドイツが現在、人体へのこのような遺伝子による実験の最前線に立っているのだ。普通の状況であれば、絶対に不可能であるはずのやり方で、法律や安全性に関する規制が無視されているのだ。政府が未だに《全国的な感染の広がり》—重症の感染患者がもはやいない状態でも—と喧伝しているのは、もしかしたらこれが目的であるからか? そうであればこそ、新ドイツ感染予防法なるものは、政府に対して、医薬品製造に関する規定や、医療機器に関する規制や、職業上の安全と保健に関する規制などについて、例外措置をとる権限を与えるものとなっているのか? そしてこれが、最速のワクチン開発プロジェクトへの青信号を与えたのだ。
しかし、私たち著者は、潜在的危険性について何の事前説明も受けていない人々に対して、遺伝子人体実験まで許容されるという事態に、この感染予防法が適用され得るものだろうか、と疑問に思っている。


パンデミックなのか、パンデミックでないのか? —WHOの役割

今回ほど強烈ではなかったが、パンデミックによるワクチン騒ぎを、我々はすでに経験している。
2009年にちょうど同じことが豚インフルでおこったではないか。このような致死性の高いパンデミックを止めるには、ワクチンがどうしても必要であるとされた、そしてワクチンは驚異的な速さで生産され、世界中に大量に販売された。

2009年以前は、パンデミックには3つの基準を満たす必要があった。

・ 病原体は、我々の体がそれに対してまだ防御体制ができていないような、新規に出現したものであること。
・ 病原体は、国から国へ、大陸から大陸へと非常に速く広がり、世界中が危険に晒されるものであること。
・ 病原体は、重篤で高い死亡率を示す病気を引き起こすものであること。

豚インフルの結果は、この基準の最初の2つには適合したが、3つ目には適合しなかった。パンデミック宣言については、WHOの資金提供者である製薬産業界からの強い圧力があった。WHOは天才的な一打で、ゴルディアスの結び目を切った(「難題を一刀両断に解くが如く」の意)。パンデミックは、病気が深刻であろうがなかろうが宣言できるように基準を変えたのだ。

さらに、2010年にパンデミックの定義は、「新しい病気の世界的蔓延」とまで単純化されたのだ。インフルやコロナウイルスは、変異をし続けており、変異株は時として、非典型的な病気を引き起こし、「新型」と呼ばれることになる。豚インフルは、パンデミックを操作することでパニックを作り出す道筋を作り出す最初の練習の舞台になったというわけだ。

パンデミックを宣言すれば、特に製薬会社などには多くの可能性が開けてくる。ところで、WHOという巨大な組織はその資金の80%を外部からの寄付、特に製薬業界からの寄付に頼っている。

既にその頃ドイツでも人々の恐怖心が煽られた—もっとも、今回のコロナ-パンデミックに比べれば子供の悪戯程度ではあったが。当時の新聞の見出しは、例えばこうだった。《豚インフル。嵐の前の静けさ?》

興味深いのは、この見出しは2009年12月のもので、病気になった者は誰もおらず、感染も以前のインフルエンザの時よりも緩やかであったことだ。にもかかわらずウイルス学者たちは、このウイルスの危険性を軽く見てはいけない、と警告を発したのだ。《このウイルスを動物実験で観察し、以前のウイルスらと比べると、このウイルスが無害だとは全く言えない! 毎年やってくるH3N2ウイルスよりも遥かに危険なものだ》

いいだろう、そうかもしれない。しかしそれが人間の医学と何の関係があるというのか? そのような恐怖心を自信たっぷりに広げた著名な科学者とは、いったい誰なのか? ああ、なるほど、例のドロステンなる人物だ。

新聞の記事はこう続く。これからやって来るクリスマス週間に、ドイツ人が互いにウイルスを移して盛大に混ぜ合うようなことになれば、第2波は避けられそうもない。そうすれば第1波よりも酷いことになるかもしれない。


第2波がくれば医療システムの崩壊を招き、悲惨な事態になる、と言ったのは、かつてのドロスデン教授ではなく、ミュンスター大学のペータース (Peters) 教授である。彼は、重症者ユニットのベッド数が不足する上に、さらに多くの患者に人工呼吸器が必要になるという懸念を表明し、非常に多くの数の病院が悲惨な状況になるかも知れない、と示唆した。

さて、第1波がすでに終息した後の数カ月間、無害な豚インフルの危険な第2波が実際に襲来したかどうか、と問う必要もない。私たちは今、既視感を味わっているのだろうか?

RKIとドロステン氏は、副作用の危険性についてほとんど実験検査されていないH1N1ワクチンを全国民に接種することを推奨した。

ドイツ政府と連邦各州は全ドイツ国民用に六千万本のワクチンを購入した。しかも、ほとんど安全性がPCR検査されていないアジュバント(免疫増強剤)入りのワクチンは一般国民用で、政府高官らに対してのみアジュバントが入っていないワクチンが用意されたのだ。

もう一度言うが、これが起こったのは、豚インフルがこれまでのインフルエンザの中で最も弱い無害なインフルエンザであることが、すでに明らかになっていた時点のことなのだ。ほとんどの市民は、2009年にパンデミックがあったことなど知らなかったし、幸運なことにワクチン接種もせずにすんだ。この騒ぎの結末はどうだったか? トラックに積まれたままの数千万本のワクチンは最終的に1カ所に集められて、マグデブルクのゴミ再処理工場に捨てられた。それとともに、納税者のお金も……いや、もちろんそうではなく、お金の所有者が変わったのだ。製薬会社にとっては見込んだ通りの儲けだった。ご破算で願いましては、180億米ドル也。

実際にこれが悪夢の終わりではなかった。今日ではほとんど忘れられたことだが、あるアジュバンド入りの豚インフルワクチンが、数千もの命を奪った。副作用が起こったのは、ウイルスに対する抗体が脳に対して交差免疫応答を引き起こしたためだ。障害は、古典的な、抗体によって誘導された自己免疫疾患の結果なのである。副作用が起こることは、比較的まれである。しかし、発生頻度はおそらく1万分の1程度だが、数百万人がワクチン接種されたので、結果は悲惨であった。感染の方は、マイルドな経過をとるので、何も被害はないのはずだが・・・。振り返ってみれば、豚インフルワクチン接種のリスク/利点の比率は悲惨なレベルになることが予想できたはずだ。これが、必要もないのに大規模ワクチン接種が実施された時に起こることなのだ。

   (引用終了)

なお、2021年4月には原著者たちによる第2弾『コロナのマスクを剥ぐ』(原題:”Corona Unmasked”)が発刊されます。その中のワクチンに関する部分が、無料で読むことができます。次回はこの部分を翻訳して投稿する予定です。ご期待ください。日曜社で翻訳するかどうかは未定です。

以上 鄭基成 拝
https://nichiyosha.tokyo



[2986]ワクチンの深刻な被害
投稿者:永遠に63歳の主婦
投稿日:2021-02-20 15:20:37

永遠に63歳の主婦です。

西森マリーさん、コロナラプソディーで楽しんでいただけて良かったです。

今回はワクチンの深刻な被害情報をお伝えします。
池田利恵(日野市議)報告のYouTube(なかのひとのアンテナ)をご覧ください。

https://youtu.be/cb1V_ojIRTM?t=214

https://www.youtube.com/embed/cb1V_ojIRTM

“なかのひとのアンテナ”というグループ?が名古屋から日本を救う!キャンペーンを展開しているサイトです。
池田利恵さんは昨年、“学びラウンジ”主催の大橋眞先生(徳島大学名誉教授 免疫学専門)を紹介された議員だったと思います。

子宮頸がんワクチンと新型コロナウイルスワクチンはどちらも遺伝子組み換えワクチン(ゲノムワクチンとかDNA?RNAワクチンとも言っている)と言われています。生ワクチンや不活化ワクチンとは違います。子宮頸がんワクチンは世界で中高生を対象に接種されましたが、コロナワクチンは全人類を対象にしています。

子宮頸がんワクチン被害者の重篤な映像が入っています。さらにコロナワクチンで看護士の方がまともに歩けない状況の映像も出てきます。まるでパーキンソン病の不随運動のようです。どちらも脳にダメージを受けていることが分かります。
参考の為、昨年の9月に投稿した文章(被害者支援団体の広報紙に掲載されていた数字を引用)の一部をもう一度入れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
注)子宮頸がんワクチン(日本で2013年~2018年まで実施)
12歳~16歳対象338万人が接種、厚労省に3080件の副反応報告、内重篤者707件。「認知機能低下」「高次脳機能障害」など7割近くが大脳を中心とした中枢神経障害(後遺症は多発性硬化症)です。子宮頸がんワクチン薬害に、100名以上の女子高校生が裁判に訴えるため、車いすで出廷していました。
ワクチンを接種するまでは元気に暮らしていた10代の高校生の明るい未来が奪われています。
誰も責任を取りません。お金で解決できません。
接種直後ですら、この有様です。
コロナの遺伝子組み換えワクチンを接種した子どもたちの10年後20年後を、考えてくれるでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医療崩壊寸前と言われながら、何百万、何千万人にワクチンを打つ暇があるのか、不思議です。
昨日も、PCRやワクチンの問題を説明した方から「でもやっぱり私は医療崩壊が起きるから、ワクチンを打つわ」と言われました。

YouTubeの映像をしっかり見て、自分の為、家族のために判断して下さい。
そして「私たちのような思いをする人が出ないよう願う」と、訴えている若い彼女たちの思いを無駄にしないでください。






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号