どらえもんさん2がリポストした新情報

かたせ2号 投稿日:2024/04/27 12:18

かたせ2号です。

ワタシが以前から注目している「どらえもん2」というXのアカウントがあって、
以下のポストをリポストしているのを発見して嬉しくなりました。
見ている人はきちんと見ているねえ、と感心します。

https://twitter.com/newssharing1/status/1783738960067633214
(3:04 PM · Apr 26, 2024(JST))

(引用開始)
毛沢東の背後にユダヤ人。証券会社ゴールドマン・サックスの創設者の娘は中国人を支援していた。中国共産党に唯一入党したアメリカ人、シドニー・リッテンバーグもユダヤ人。毛沢東と周恩来のアドバイザーになり、毛沢東より高い給与だった。
 𝕏「中国の共産主義もロスチャイルド一族のカール・マルクスだし、中国建国の裏にはアメリカも絡んでいる。ユダヤの主な代理人はイスラエル・エプスタイン、ソロモン・アドラー、フランク・コー」
(引用終わり)

かたせ2号です。
副島隆彦先生が日本で最初に主張した「共産中国はアメリカがつくった」という言説はやはり、
正しい。

要は、日本という国にとっては「アメリカが日本を敵視しているか、中国が日本を敵視しているか」ではなくて
「アメリカも中国もぐるになって、日本を敵視してきて、その現状を維持しているのが、『旧・大日本帝國』の領内に走る北緯38度の南北朝鮮の軍事境界線であり、北朝鮮ではないのか?」
旧ナチス帝国の領内を走っていた冷戦体制時の軍事境界線(東ドイツと西ドイツの国境線)は東西ドイツの統一によって消えました。ユーラシアの東側の方はまだ消えていません。東アジアでは、現在もなお、冷戦が継続中です。

これはワタシの現時点での「仮説」です。
以上