「1839」 『すべての経済学を貫くY=Mの衝撃 『絶望の金融市場』及び『国家分裂するアメリカ政治』発刊記念講演会』(DVD)頒布のお知らせ。 2019年8月14日
 SNSI・副島隆彦の学問道場研究員の古村治彦(ふるむらはるひこ)です。

 本日、DVD「『すべての経済学を貫くY=Mの衝撃 『絶望の金融市場』及び『国家分裂するアメリカ政治』発刊記念講演会』」を頒布開始いたします(発送は2019年8月15日午後以降になります)。頒布までお待たせいたしましたことをお詫び申し上げます。





※DVDお申込みはこちら↓(会員の方は,「会員価格」にするためログインしてお申し込みください)→ログインとは「今日のぼやき」会員ページが読める状態にすることです。
http://snsi.jp/shops/index#dvd
※発送は2019年8月15日午後以降になります。

 今回のDVDは2019年6月30日に東京・三田の建築会館ホールで開催いたしました、私どもの定例会の模様を余すところなく収録したものです。副島隆彦先生の講演と古村治彦・中田安彦両研究員の講演の2本立てとなっています。

 副島先生の講演の内容は多岐にわたります。私たちから突然始まってどんどん激化しているように見える、米中貿易戦争について、詳しく解説します。「ホァウェイ(ファーウェイ、華為技術)」とはどのような会社なのか、そして、「5G戦争(現在のインターネットやスマートフォンの世界は4G)」の行方について述べています。7月末に副島先生は中国で調査旅行を行いました。今年後半、米中貿易戦争について更に踏み込んだ発表があると思いますが、その基礎は既にこの公園で述べておられます。

 続いては、経済学についての最大級の発見についてです。この世の人間の「動き、うごめき」の結果であるY(Yield、産出量)は全てM(貨幣量)と同じである、「Y=M」という大原則に従うと、「なんだ、全然難しいことなんかないじゃないか」ということになります。この部分は副島先生の講演の肝ですので、是非ご覧いただきたいと思います。

 また、話はぐっと変わりまして、北朝鮮建国の歴史について副島先生は言及しています。「北朝鮮はソ連が作った国だ」「金日成将軍という人物はソ連が連れてきた人物だ」ということを証拠付きで、朝鮮半島をめぐる近現代史と絡めながら、分かりやすく説明しています。

 古村治彦の講演は、現在のアメリカ政治の状況についてです。来年2020年にはアメリカで大統領選挙が実施されます。共和党は現職のドナルド・トランプ大統領が出馬します。一方、民主党では25名以上の人物たちが出馬表明を行っています。この状況の整理、誰が支持率上位に来ているのか、その理由などについて詳しく説明しています。

 そして、民主党で台頭している、個性的な若手政治家たちを紹介しています。また、民主党内部の勢力争いについても述べています。トランプ大統領が4名の女性連邦下院議員たちを攻撃したことが日本でも話題になりましたが、その4名について背景について説明しています。

 中田安彦の講演は、古村治彦が聞き手になりまして、MMT(Modern Monetary Theory、現代貨幣理論)について、詳しく説明しています。現在、日本国内でも、山本太郎前参議院議員率いる「れいわ新選組」の支持率が上がっている状況で、MMTに対する注目が集まっています。MMTについて興味がある方は是非ご覧いただきたいと思います。

 このように、今回のDVDは内容が多岐にわたり、大変刺激的なものとなっております。時間の融通が利きます夏休みの間に楽しんでいただけましたら幸いです。

 よろしくお願い申し上げます。

※DVDお申込みはこちら↓(会員の方は,「会員価格」にするためログインしてお申し込みください)→ログインとは「今日のぼやき」会員ページが読める状態にすることです。
http://snsi.jp/shops/index#dvd
※発送は2019年8月15日午後以降になります。

(以上)

copyright(c) 2000-2009 SNSI (Soejima National Strategy Institute) All Rights Reserved.