ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日のぼやき
会員ページ



会員専用掲示板



★最新の5件

「1956」全三回で『日本会議の研究』の著者、菅野完(すがのたもつ)氏と副島隆彦の対談を載せます。「政治運動とは何か」(1) 2017円2月27日

「1955」「無限小」という概念はカトリックで生まれ、そしてイエズス会に より排除された。そして「新哲学」となってイギリスの市民革命へとつながっ た。六城雅敦 2017年2月18日

「1952」戦後の日本人と「温泉幻想」について (後) 副島隆彦 2017年2月9日

「1951」戦後の日本人と「温泉幻想」について (前) 副島隆彦 2017年2月3日

「1950」【中田安彦のトランプ政権通信(1)】トランプ米新大統領の「就任演説」を読み解く。全貌を現す「アメリカ・ファースト ver.2.0」という思想 2017年1月25日



2017年02月のぼやき
2017年01月のぼやき
2016年12月のぼやき
2016年11月のぼやき
2016年10月のぼやき
2016年09月のぼやき
2016年08月のぼやき
2016年07月のぼやき
2016年06月のぼやき
2016年05月のぼやき
2016年04月のぼやき
2016年03月のぼやき
2016年02月のぼやき
2016年01月のぼやき
2015年12月のぼやき
2015年11月のぼやき
2015年10月のぼやき
2015年09月のぼやき
2015年08月のぼやき
2015年07月のぼやき
2015年06月のぼやき
2015年05月のぼやき
2015年04月のぼやき
2015年03月のぼやき
2015年02月のぼやき
2015年01月のぼやき
2014年12月のぼやき
2014年11月のぼやき
2014年10月のぼやき
2014年09月のぼやき
2014年08月のぼやき
2014年07月のぼやき
2014年06月のぼやき
2014年05月のぼやき
2014年04月のぼやき
2014年03月のぼやき
2014年02月のぼやき
2014年01月のぼやき
2013年12月のぼやき
2013年11月のぼやき
2013年10月のぼやき
2013年09月のぼやき
2013年08月のぼやき
2013年07月のぼやき
2013年06月のぼやき
2013年05月のぼやき
2013年04月のぼやき
2013年03月のぼやき
2013年02月のぼやき
2013年01月のぼやき
2012年12月のぼやき
2012年11月のぼやき
2012年10月のぼやき
2012年09月のぼやき
2012年08月のぼやき
2012年07月のぼやき
2012年06月のぼやき
2012年05月のぼやき
2012年04月のぼやき
2012年03月のぼやき
2012年02月のぼやき
2012年01月のぼやき
2011年12月のぼやき
2011年11月のぼやき
2011年10月のぼやき
2011年09月のぼやき
2011年08月のぼやき
2011年07月のぼやき
2011年06月のぼやき
2011年05月のぼやき
2011年04月のぼやき
2011年03月のぼやき
2011年02月のぼやき
2011年01月のぼやき
2010年12月のぼやき
2010年11月のぼやき
2010年10月のぼやき
2010年09月のぼやき
2010年08月のぼやき
2010年07月のぼやき
2010年06月のぼやき
2010年05月のぼやき
2010年04月のぼやき
2010年03月のぼやき
2010年02月のぼやき
2010年01月のぼやき
2009年12月のぼやき
2009年11月のぼやき
2009年10月のぼやき
2009年09月のぼやき
2009年08月のぼやき
2009年07月のぼやき
2009年06月のぼやき
2009年05月のぼやき
2009年04月のぼやき
2009年03月のぼやき
2009年02月のぼやき
2009年01月のぼやき
2008年12月のぼやき
2008年11月のぼやき
2008年10月のぼやき
2008年09月のぼやき
2008年08月のぼやき
2008年07月のぼやき
2008年06月のぼやき
2008年05月のぼやき
2008年04月のぼやき
2008年03月のぼやき
2008年02月のぼやき
2008年01月のぼやき
2007年12月のぼやき
2007年11月のぼやき
2007年10月のぼやき
2007年09月のぼやき
2007年08月のぼやき
2007年07月のぼやき
2007年06月のぼやき
2007年05月のぼやき
2007年04月のぼやき
2007年03月のぼやき
2007年02月のぼやき
2007年01月のぼやき
2006年12月のぼやき
2006年11月のぼやき
2006年10月のぼやき
2006年09月のぼやき
2006年08月のぼやき
2006年07月のぼやき
2006年06月のぼやき
2006年05月のぼやき
2006年04月のぼやき
2006年03月のぼやき
2006年02月のぼやき
2006年01月のぼやき
2005年12月のぼやき
2005年11月のぼやき
2005年10月のぼやき
2005年09月のぼやき
2005年08月のぼやき
2005年07月のぼやき
2005年06月のぼやき
2005年05月のぼやき
2005年04月のぼやき
2005年03月のぼやき
2005年02月のぼやき
2005年01月のぼやき
2004年12月のぼやき
2004年11月のぼやき
2004年10月のぼやき
2004年09月のぼやき
2004年08月のぼやき
2004年07月のぼやき
2004年06月のぼやき
2004年05月のぼやき
2004年04月のぼやき
2004年03月のぼやき
2004年02月のぼやき
2004年01月のぼやき
2003年12月のぼやき
2003年11月のぼやき
2003年10月のぼやき
2003年09月のぼやき
2003年08月のぼやき
2003年07月のぼやき
2003年06月のぼやき
2003年05月のぼやき
2003年04月のぼやき
2003年03月のぼやき
2003年02月のぼやき
2003年01月のぼやき
2002年12月のぼやき
2002年11月のぼやき
2002年10月のぼやき
2002年09月のぼやき
2002年08月のぼやき
2002年07月のぼやき
2002年06月のぼやき
2002年05月のぼやき
2002年04月のぼやき
2002年03月のぼやき
2002年02月のぼやき
2002年01月のぼやき
2001年12月のぼやき
2001年11月のぼやき
2001年10月のぼやき
2001年09月のぼやき
2001年08月のぼやき
2001年07月のぼやき
2001年06月のぼやき
2001年05月のぼやき
2001年04月のぼやき
2001年03月のぼやき
2001年02月のぼやき
2001年01月のぼやき
2000年12月のぼやき
2000年11月のぼやき
2000年10月のぼやき
2000年09月のぼやき
2000年08月のぼやき
2000年07月のぼやき
2000年06月のぼやき
2000年05月のぼやき
2000年04月のぼやき
2000年03月のぼやき
2000年02月のぼやき

今日:1276 昨日:23247
合計:54180757
今日のぼやき
広報ページ



★最新の5件

「1954」斎川眞(さいかわまこと)『天皇とは北極星のことである』(PHP研究所)の紹介。日本国の 天皇という称号はどのようにして生まれたか。 2017年2月16日

「1953」これは必読の一冊。下條竜夫(げじょうたつお)著『物理学者が解き明かす思考の整理法』(ビジネス社)が発売されます。小保方晴子、星占い、金融工学を理科系の視点で理解するほか、思考の整理法の実践編として好評だった前作に続いての新刊です。2017年2月10日

「1948」天皇陛下の譲位問題。この問題は「ワールドヴァリューズ(世界普遍価値)と民族固有価値(ナショナルヴァリューズ)のどちらを重視するか」という問題であり、天皇陛下と安倍晋三がその2つの価値観を巡って熾烈な争いを繰り広げている、ということなのである。副島隆彦・記 2017年1月16日

「1944」【講演DVD】「鳩山由紀夫元首相が見た『属国・日本』の真実」(2016年11月20日)の講演ビデオについてお知らせします。鳩山元首相が日本の対米従属政策の問題点、今の民進党の問題点、アジア・インフラ投資銀行(AIIB)の実像について語ります。2016年12月26日

「1942」 北方領土まったく返還なし記念。 「自民党ネットサポーターズクラブ(J-NSC ネトサポ)のネット世論誘導 ネトウヨその世界」。自民党によるネット上の言論操作を暴いたNHKの番組を載せる。 2016年12月18日

「1940」先日の鳩山由紀夫元首相をお呼びしての講演会の会場で皆様から頂いたアンケート結果です。2016年12月6日

「1937」  アメリカ大統領でトランプが勝利してから私がアメリカ大統領選挙について書いた、「重たい掲示板」への投稿を載せます。副島隆彦 2016年11月22日 

「1934」副島隆彦の、 最新の金融本 『ユーロ恐慌 欧州壊滅と日本』( 祥伝社)が発売。 恒例のエコノ・グローバリスト・シリーズの第19弾。2016年10月29日

「1931」 副島先生の緊急出版 の 新刊『Lock Her Up! ヒラリーを逮捕、投獄せよ』(光文社)が発売されました。注目の米大統領選挙の真の争点を理解するために是非お読みください。2016年10月10日

「1927」来る11月20日に私達の秋の定例会を特別ゲストを呼んで開催します。今回は、鳩山由紀夫元首相をゲストにお招きして、世界の行方、東アジアの今後、日本の将来についてじっくりお話をうかがいます。2016年9月15日

「1924」番 『明治を創った幕府の天才たち 蕃書調所=ばんしょしらべしょ=の研究』(成甲書房刊)が発売になります。 古村治彦(ふるむらはるひこ)筆 2016年9月4日

「1920」番  ” Lock Her Up ! ” 「 ヒラリーを逮捕せよ、 投獄せよ !」 の嵐が アメリカ全土でわき起こっている。 2016.8.11  副島隆彦記 

「1916」 最新DVD『アメリカ名物「トランプ・ポピュリズムの嵐」と最新の世界情勢』のお申し込み受付を開始します。9月以降の米大統領本戦本格化を前に是非ご視聴ください。2016年7月20日

「1912」 副島隆彦のアメリカ分析 の最新刊 『トランプ大統領とアメリカの真実』(日本文芸社)が発刊。2016年6月27日

「1910」 橋下徹(はしもととおる)前大阪市長はなぜ危険なのか。 それは国家社会主義(こっかしゃかいしゅぎ)の思想を持っている恐ろしい男だからだ。 副島隆彦 2016年6月16日

「1907」 重たい掲示板 [1938]私たちの定例会は盛況に終わりました。あとは最新の情報。 をこちらにも転載します。 2016年6月3日

「1905」番 あの2年前に突然、行方不明になったマレーシア航空機は、その後どうなったのか? 驚くべき事実が明らかになった。日本国内では初公開の情報である。 2016.5.21 副島隆彦  

「1903」【講演会】5月29日(日)の学問道場主催『ドナルド・J・トランプの<アメリカ名物>ポピュリズム旋風と現在の国際政治・経済情勢を読み解く』(東京・御茶ノ水)を宣伝します。ポピュリズム政治家の分析では日本の第一人者である副島隆彦のトランプ論をご期待ください。2016年5月9日

「1901」 4月28日発売 新刊書のお知らせ 。 日銀・黒田は、自分たちのインフレ目標が遅々として進まないのを居直った。マイナス金利導入で分かった日銀の真の思惑。 副島隆彦新刊『マイナス金利「税」で凍りつく日本経済』(徳間書店)で、日銀の「隠された真意」の謎が明かされた。 2016年4月28日

「1899」【2016年定例会のお知らせ】 5月29日に今年第一回目の学問道場の定例会を開催します。テーマは「アメリカ大統領選挙と最新の国際政治・経済情勢」です。ドナルド・トランプ旋風の原動力 “ポピュリズム”と”アメリカファースト!”とは何か、改めてじっくり語ります2016年4月20日

「1896」 副島隆彦先生の新著『日本が中国の属国にさせられる日』(ベストセラーズ社)が発刊。日本が中国の影響下に呑み込まれるとき、私たちはどのような態度をとるべきか。20世紀の右翼・左翼の両翼思想のタブーを、反権力の思想家である副島隆彦が抉り出す大著です。2016年3月28日

「1894」米大統領選挙、共和党はトランプが躍進し、民主党はヒラリーが候補を指名獲得し、二者の対決になりそうだ。2016年3月18日

「1891」 新刊のご案内『世界連鎖暴落はなぜ再発したか』(祥伝社)のご案内です。海外の金融メディアは軒並み、「黒田は弾切れ」(Kuroda's Bazooka is out of ammunition)と言い始めています。2016年3月2日

「1588」副島隆彦著作、その他の「学問道場」関連書籍を期間限定で割引販売します。この機会に是非ご利用ください。2016年2月21日

「1584」 ドナルド・トランプはどこで失速するか。急浮上してきたマルコ・ルビオ上院議員とはどういう背景を持つ政治家か。2016年アメリカ大統領選挙の予備選挙について。2016年2月4日

「1581」 『BIS(ビーアイエス)国際決済銀行 隠された歴史』(アダム・レボー著、副島隆彦監訳、古村治彦訳、成甲書房、2016年)が発売になります。古村治彦記 2016年1月21日

「1579」 学問道場関連の新刊書籍二冊、『暗殺の近現代史』(洋泉社、中田安彦が参加)と、『天皇家の経済学』(同、吉田祐二・著)が発売されています。ぜひ、お求めください。2016年1月14日

「1577」「副島隆彦の学問道場」から 新年のご挨拶。2016.1.1 /1月3日加筆 「崩れゆくアメリカ」を見てきて。短期留学修了を受けての報告。 中田安彦 2016年1月3日

「1576」 『物理学者が解き明かす重大事件の真相』(下條竜夫著、ビジネス社、2016年1月9日)が発売となります。古村治彦記 2015年12月24日

「1574」 『信長はイエズス会に爆殺され、家康は摩り替えられた』(副島隆彦著、PHP研究所、2015年12月17日)が発売となります。古村治彦筆 2015年12月15日

「1572」番 今の世界の中心の課題である ロシアによる シリアのIS爆撃、殲滅は、プーチンによる「ロシアから愛をこめて」である。最新の映画「OO7/ スペクター」の中にこれからの世界の動きの秘密が隠されている。 副島隆彦 2015・12・9 

「1569」 ダニエル・シュルマン著、古村治彦訳『アメリカの真の支配者 コーク一族』(講談社、2015年)が2015年12月8日に発売になります。 古村治彦(ふるむらはるひこ)筆 2015年11月30日

「1566」 宗教改革の始まりにおいてルターとローマ法王はどういう言葉の応酬をしたか 2015年11月13日

「1563」 『再発する世界連鎖暴落 貧困に沈む日本』(副島隆彦著、祥伝社、2015年10月30日)が発売となります。古村治彦筆 2015年10月29日

「1560」番  今のアメリカ政治の真の焦点である、「ベンガジ事件」での下院の特別委員会を、ヒラリーはなんとか 乗り切る。そして、シリアでのサリン爆弾の真犯人たちのこと。 2015.10.15 副島隆彦  緊急で冒頭加筆します。 10月16日 副島隆彦  

「1557」 安倍晋三は国民がどれだけ「鈍感」かを試して喜んでいる。気付いている敏感な国民とそうではない国民に二極化している。2015年9月25日

「1555」 昨日、2015年9月14日に国会議事堂前で行われた安保法制反対抗議デモに行ってきました 古村治彦(ふるむらはるひこ)筆2015年9月15日

「1552」 学問道場の定例会DVD『副島隆彦が、今の重要なことを洗いざらい語ります』(2015年5月31日開催、約330分)の予約受付を始めました。ご案内が大変遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。2015年8月25日

「1551」番 栗原康 (くりはらやすし)著 『現代暴力論』 という新刊書 がすばらしいので、私が書評して強く推薦します。 副島隆彦  2015年8月25日 

「1548」 好評連載企画:「思想対立が起こした福島原発事故」 相田英男(あいだひでお) 第3章 福島事故のトリガーがひかれた日(2) 2015年8月13日

「1547」好評連載企画:「思想対立が起こした福島原発事故」 相田英男(あいだひでお) 第3章 福島事故のトリガーがひかれた日(1) ※会員ページに掲載したものを再掲 2015年8月10日

「1544」 副島隆彦先生の新刊・中国研究本の第7弾! 『中国、アラブ、欧州が手を結び ユーラシアの時代 が勃興する』 が先週末に発売。ロンドン金(きん)の値決めに中国の二大民間銀行が参加、人民元決済圏の拡大 から 南沙諸島問題も含めてユーラシア大陸の時代 を余すところなく分析。2015年7月26日

「1542」番 戦後七十周年企画  なぜ日本は戦争に向かわされたのか(1)   日本共産党の戦前最後の委員長 野呂栄太郎(のろえいたろう)の命がけの闘いから昭和史の真実が見えてくる。 津谷侑太(つやゆうた)2015年7月13日

「1539」番  俳優 高倉健(たかくらけん)の生き方 と死に方について考えたこと。 副島隆彦 2015.6.27(転載)

「1536」現下の政治状況を勢力分析する。大阪都構想の住民投票に現れた、若い世代のファシズムへの欲求。それを支える橋下徹・菅義偉の背後にある勢力とは。安倍・菅の野党分断の動きに対し、維新の党の執行部をおさえた旧小沢グループが巻き返しにでている。2015年6月11日

「1535」 佐藤優氏との対談本、『崩れゆく世界 生き延びる知恵』(日本文芸社)が刊行されました。「発売後、即重版」で非常に好評です。副島理論を真っ向から佐藤氏が受け止めている重厚対談です。2015年6月6日

「1532」番  来たる 6月7日(日)に 横須賀市で私の講演があります。 いらしてください。「軍港 横須賀の150年の歴史」にちなんだ話をします。 副島隆彦 2015年5月27日日

「1529」5月31日に都内で開催する、学問道場自力主催講演会の具体的な講演内容が固まってきまたのでお知らせします。参加者はまだまだ大募集中です。ぜひおいでください。2015年5月11日

「1526」 副島隆彦の最新金融本、『「熱狂なき株高」で踊らされる日本』(徳間書店)が発売されました。第5章、アベノミクス金融緩和など金融政策の理論的支柱となっている「合理的期待(予測)形成学派」の正体を暴いたところが非常に学問的には重要な本です。2015年4月27日

「1523」来る5月31日に講演会『副島隆彦が、今の重要な事を洗いざらい語ります』を開催いたします 2015.4.16

「1520」 AIIB「アジアインフラ投資銀行」の設立をめぐるゴタゴタの真相を載せます。 副島隆彦 2015年4月1日 (重たい掲示板から転載)

「1517」 新刊2冊『余剰の時代』(ベスト新書)と『日本に恐ろしい大きな戦争(ラージ・ウォー)が迫り来る』(講談社)が発売されます。生き延びるための政治思想とアメリカ政治本です。2015年3月13日

「1515」 「思想対立が起こした福島原発事故」相田英男 第2章 「札束で引っぱたかれた科学者達」をシリーズで短期連載します。(第2回)2015年3月5日

「1514」「思想対立が起こした福島原発事故」相田英男 第2章 「札束で引っぱたかれた科学者達」をシリーズで短期連載します。(第1回)2015年2月25日

「1511」カナダの政治。カナダの歴代首相を、隣国の大国アメリカとの「帝国-属国」関係において明快に解説します。2015.2.7

「1508」 新刊本二冊を紹介します。『副島隆彦の政治映画評論 ヨーロッパ映画編』(ビジネス社)と、先生が巻頭文を書いた吉本隆明(よしもとりゅうめい)の評論集『「反原発」異論』(論創社)の二冊です。 2015年1月26日

「1505」 中田安彦です。私の新刊『ネット世論が日本を滅ぼす』(ベスト新書)が発刊されました。数年間「ネット世論」に密着して観察して学んだ結果を一冊の本にまとめました。ネット言論の理想主義はなぜ次々と自滅していくのか?その答えを知りたい人はぜひお読みください。2015年1月12日  

「1501」番 「副島隆彦の学問道場」から 新年のご挨拶。2015.1.1 続けて 「1503」番として、「1495」番の谷崎潤一郎論の第3部(終章)を載せます。副島隆彦 記

「1500」最新講演DVD『2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている』が完成しました。ぜひ御覧ください。2014.12.25

「1497」オーストラリアの歴代首相について。 日本人が知らない、オーストラリア政治の基本骨格を副島隆彦が分かり易く解説します。2014.12.17

「1496」番 俳優の菅原文太氏が亡くなった。 「1194」番会員ページ に載せた副島隆彦との対談を再掲します。 2014.12.13

「1493」 自力主催講演会「2015年、世界は平和か戦争への岐路に立っている」(2014.11.16)のアンケートの回答結果を掲載します。2014.12.4

 「1491」番 ノーベル物理学賞受賞の中村修ニが、なぜ重要であるのか、の本当の理由。10年前のここの、私たちの文を再掲載する。副島隆彦 2014.11.22 

「1487」 『官製相場の暴落が始まる――相場操縦しか脳がない米、欧、日 経済』(副島隆彦・著、祥伝社)発刊のお知らせ。「まえがき」と「あとがき」を掲載します。 2014.10.26

「1485」書評:アメリカの著名ユダヤ人小説家、フィリップ・ロスの小説「プロット・アゲンスト・アメリカ」(集英社)/架空歴史小説を手がかりに「アメリカ国内優先主義」(アメリカ・ファースト)の美名を表と裏で使い分けた米財界人の冷酷な世界戦略が見えてきた (その1) 2014年10月14日

「1481」 来る11月16日に都内・上野で「政治・国際情勢・経済」についての時局講演会を開催します。聴講希望者を現在募集中です!2014年9月29日

「1479」 『英語国民の頭の中の研究』(副島隆彦・著、PHP研究所)発刊のお知らせ。大幅に加筆修正が加えられています。「まえがき」 と 「あとがき」 を掲載します。 2014.9.22

「1476」番   文学とは何か の 2 。 日本文学とは何か 論。 を 載せます。 副島隆彦 2014.9.6

「1472」 『日本の歴史を貫く柱』(副島隆彦・著、PHP文庫) が8/4から発刊されています。「まえがき」 と 「あとがき」 を掲載します。 2014.8.27

「1470」 夏休み特集。アルチュール・ランボー論。パリ・コミューンという政治的事件を書き残そうとした文学について。2014.8.16

「1466」 お知らせ:『税金官僚に痛めつけられた有名人たち』(副島隆彦・著、光文社刊)が8/1に発刊されます。「まえがき」と「あとがき」を掲載します。2014.7.24

 「1460」 7月1日に、SNSI論文集第7弾『フリーメイソン=ユニテリアン教会が明治日本を動かした』が出ます。従来の教科書や歴史書では描かれない明治期以降の日本真実の姿を描き出しました。2014年6月25日

「1456」番  村岡素(もと)一郎 著 『史疑(しぎ) 徳川家康事績』(1902年刊)についての 松永知彦氏の長文の歴史論文を載せます。 2014年6月10日 

「1454」 【今読み返す副島本】 米同時多発テロ事件前に発表された、副島隆彦の「集団的自衛権」論をそのまま転載します。 今こそ読み返してほしいと思います。 2014年6月3日

「1451」【中国を理解する】『野望の中国近現代史 帝国は復活する』(ビジネス社・刊)(原題:Wealth And Power:China's Long March to the Twenty-First Century)という本を紹介します。中国の近現代史を正しく理解しなければ、日本は中国の台頭に向き合うことは出来ない。2014年5月25日

「1448」番  私が、今やっている仕事、考えていること、書くべき文章のことなどを、まとめて報告します。 副島隆彦  2014.5.11 

「1443」最新講演DVD『キャロライン・ケネディと安倍晋三』が完成しました。このDVDで米オバマ政権と安倍政権の暗闘の実態が分かります。現在の日本政財界に影響を与えるハーヴァード大学人脈についても解説。ぜひ御覧ください。2014年4月16日

「1441」 副島隆彦先生の最新金融本『金融市場を操られる 絶望国家・日本』(徳間書店・刊)が発売されます。日本は、アベノミクスに浮かれて「成長国家」どころか、「貧乏国家」となってしまった。この現実から逃れることが出来ない。世界の金融も統制されている。2014年4月5日

「1436」 後藤新平―日本の「セシル・ローズ」論(全4回/第1回) 中田安彦・記 2014年3月16日

「1433」『靖国問題と中国包囲網』(副島隆彦・著、ビジネス社刊)が3/7に発刊されます。「まえがき」と「あとがき」を掲載します。2014.2.27

「1429」 【寄稿・偉人伝の裏側を見破る】 自由民権運動の父・板垣退助はフリーメイソンだった!~伊藤博文のフリーメイソンネットワークに加入した板垣退助~津谷侑太(つやゆうた)筆 2014年2月5日

「1426」古村治彦研究員の新刊『ハーヴァード大学の秘密』(PHP研究所)の紹介と、その出版記念を兼ねた「囲む会」主催の2014年初めての主催定例会『キャロライン・ケネディ駐日大使着任が日本政治中枢に与えている衝撃』(仮題)のお申込みのご案内を致します。2014年1月21日

「1423」 明治期の慶応義塾で 最先端の学問を教えたのは ユニテリアン(フリーメイソンリー)だった 石井利明(いしいとしあき)研究員 2014年1月11日

「1421」TPP交渉と平行して、水面下で進む「民法改正」の動き。大新聞は連帯保証人(個人保証)制度の改正部分だけをクローズアップするが、実際はこの民法改正はアメリカによる日本社会改造計画の一つである。2013年12月29日

「1418」孫崎享・副島隆彦講演ビデオ『外務省の正体』のご予約を承ります。日本の国家の行く末を大きく左右する外務省(MOFA)の内部と歴史はどうなっているのか、必見の講演です。2013.12.10

「1414」新刊『説得する文章力』(KKベストセラーズ)と『闇に葬られた歴史』(PHP研究所)をご案内します。2013.11.27

「1411」副島隆彦新刊金融本『帝国の逆襲―金とドル 最後の戦い Empire Strikes Back, Again.』(祥伝社)が発売されました。今年前半から中盤の主な金融ニュース(TPP、シェールガス、金価格の急落についても)を副島隆彦独自視点で分析しています。2013年11月16日

「1409」 腰痛(ようつう)と首、肩の痛みは治るようである。 「トリガーポイント・ブロック注射」という治療法を紹介する。 副島隆彦記 2013年11月6日

「1406」新刊『税金官僚から 逃がせ隠せ個人資産』(2013年10月、幻冬舎刊)発刊のお知らせ。官僚たちはいかにして資産家からお金を奪い取ろうとしているか。「まえがき」と「あとがき」を掲載します。2013.10.18

「1404」【最新版】世界権力者人物図鑑 刊行が発売中です。2010年発刊の第一弾から全面リニューアルのデザイン・内容です。2013年9月30日

「1402」 来月、10月26日(土)開催予定の「囲む会」秋の定例会のお申し込み開始お知らせ。今回は元外務省元国際情報局長の孫崎享先生をお呼びして「過去現在未来の日本外交」を語りつくします。ご期待ください。2013年9月16日

「1399」鬼塚英昭(おにづかひであき)氏の『日本の本当の黒幕』(下)を読む。戦前の日本政治の闇を象徴する田中光顕(たなかみつあき)という怪物を知る。それは現在の日本政治を支配するヤクザたちを知ることでもある。2013年9月1日

「1396」 新刊『中国人の本性』の紹介。私たちはどれだけ中国の思想史について知っているだろうか? そこで副島先生が中国亡命知識人の歴史を中共からの亡命知識人である石平(せきへい)氏に徹底的に質問しました。夏のうちに是非読んで下さい。2013年8月8日

「1394」定例会完全収録のDVD『いい加減にしろ!マイケル・グリーン/恐ろしいヨーロッパの秘密―フランドルからフローレンスへ』が完成しました。2013.7.29

「1392」 参議院選挙が終わって、次の日本国民の課題に向かう。アベノミクスとはA-sset B-ubble E-conomy(資産バブル・エコノミー)のことである。金融緩和派の経済学者のおかしさを理路整然と暴いた野口悠紀雄氏を評価する 副島隆彦 2013年7月25日

「1389」参院選後、日本の各階層(金持ち・サラリーマン・貧乏人)への、安倍政権による国家統制が進む可能性がある。その兆しとして参院選初日に福島県の総理演説会で自民党職員らが行った、一般国民の「表現の自由」への取り締り行為の動画がある。決して貴方の一票は自民党には投票してはなりません。それから先日の講演会のアンケート結果を載せます。 中田安彦(アルルの男・ヒロシ) 2013年7月13日

「1387」 『統制が始まる 急いで金を買いなさい』(祥伝社・刊、2013年6月)の宣伝を載せます。2013.7.4

「1384」再度、6月29日の定例会のお知らせをします。タイトルが「いい加減にしろ!!マイケル・グリーン~米中“新秩序”に取り残される日本」になりました。米日関係その他の政治経済の話題に縦横無尽に切り込みます。2013年6月13日

「1381」 私たちの福島復興活動本部 を 閉じて 撤退式をします。6月23日です。時間のある人は福島の現地まで自力で来てください。 副島隆彦 2013年6月2日

「1379」先週土曜日の会員交流会開催後のお礼の報告と、次の6月29日の講演会のお知らせ。2013年5月20日

「1376」 最新DVD『ますます衰退国家にさせられる策略を見抜く』(2013年3月3日、講師:副島隆彦・藤森かよこ)と、新刊・映画本『アメリカ帝国の滅亡を予言する』(日本文芸社)頒布のお知らせ。お待たせしました!2013.5.4

「1375」黒田金融緩和と金価格急落、そしてBRICS開発銀行の設立。新しい秩序に向けて世界は動いている。副島先生の最近の「重たい掲示板」への書き込みをまとめて載せます。2013年4月20日

「1372」副島先生の新刊『浮かれバブル景気から衰退させられる日本』(徳間書店)ではTPP交渉とアベノミクスの欺瞞について詳しく紹介。今回も豊富な図表・資料付きです。また、新しい試みとして会員同士の交流会(会員交流会 自由におしゃべり)もまだ募集中です。講演会とは別の形で交流(情報交換)いたしましょう。2013年4月4日

「1370」 日米地位協定に続いて、日米原子力協定(1988年)を暴く。中曽根康弘の周辺の「原子力外務官僚」たちが、アメリカに抵抗するカードとして持ちだした「日本の核武装論」には全く意味が無い。六ケ所村の再処理工場を維持してきた日本原電は中曽根派の利権の巣窟であるからすぐに破綻させるべきだ。(苫米地英人『原発洗脳』(日本文芸社)と有馬哲夫『原発と原爆』(文春新書)を書評する。)(その1) 2013年3月27日

「1366」書評:前泊博盛・編著『本当は憲法より大切な 日米地位協定入門』(創元社)を読む。ジャパン・ハンドラーズと外務官僚が威張れるのも日米安保と地位協定があるからだ。2013年3月8日

「1363」新刊『それでも中国は巨大な成長を続ける』(ビジネス社)の刊行のお知らせ。アメリカでは、巨大な中国とどう付き合っていくかは熱心に議論されていても、中国崩壊論など真面目に受け取られていない。2013年2月18日

「1361」 副島隆彦を囲む会・定例会、第29回定例会・自力主催講演会『ますます衰退国家にさせられる策略を見抜く』(講師:副島隆彦・藤森かよこ、開催日:2013年3月3日、日曜日)開催のお知らせ。2013.2.8

「1358」 アダム・ヴァイスハウプト著 『秘密結社・イルミナティ 入会講座<初級篇>』(KKベストセラーズ)が発刊されました。ドイツ啓蒙主義から生まれた「イルミナティ」はフリーメーソンなど秘密結社のルールブックを制定した集団である。2013年1月21日

「1356」番。 年末からの2週間の「産みの苦しみ」のあとで、副島隆彦が全力で書きます。 「ヒラリーの終わり」論文です。 今年もよろしく。 2013年1月8日

「1354」 「副島隆彦の学問道場」から 新年のご挨拶。 2013.1.1

「1351」自民党・公明党・日本維新の会の圧勝と民主党勢力の壊滅大敗北を受けて、「個人の力量によるサバイバル」というものが必須になってくる。そのことを選挙の数カ月前に副島先生の新刊『個人備蓄の時代』(光文社)では予測していた。みなさんも早く手を打ったほうがいい。2012年12月17日

「1349」  選挙が始まっての 直近での動き を読む 副島隆彦・記 2012年12月7日

「1346」 副島隆彦・最新DVD『ミケランジェロ、メディチ家、ルネサンスの真実』(2012年11月3日、講師:副島隆彦・松尾雄治)頒布のお知らせ。「教科書」と本編DVDのお得なセットも、個数限定で実施します。2012.11.29

「1343」緊急情報:アメリカによって崖から突き落とされた野田政権。解散総選挙はアメリカからの司令で行われた。今回もジェラルド・カーティスが根回しをしている。2012年11月15日

「1340」橋下徹(はしもととおる)大阪市長や一部大阪市特別顧問による「週刊朝日」に対する“言論弾圧”問題について考える。言論の自由が死ぬときとは、デモクラシーが死ぬときである。2012年11月5日

「1337」尖閣問題について。橋下徹・大阪市長の言う「国際司法裁判所」における解決の提案を支持します。副島隆彦・記 2012.10.18

「1334」新刊を二冊紹介します。権力者共同謀議という合理的選択で概ね、歴史は動いてきたから、私たちは世界の支配層の行動原理、思想、そして企業活動に現れる彼らの「合利的」な動きを理解しなければならない。2012年10月1日

「1332」 副島隆彦を囲む会・定例会、第28回定例会・自力主催講演会『ミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、ダンテ、マキアベッリ、メディチ家、ルネサンスとは何だったか』(講師:副島隆彦・松尾雄治、開催日:2012年11月3日、土曜日)をご案内します。2012.9.25

「1330」SNSI・夏季研究報告から 「今こそ3分で読む小室直樹の『新戦争論』」六城雅敦(ろくじょうつねあつ)・記 2012年9月14日

「1327」共和党候補、ロムニーの安全保障政策を知る。最新刊『アメリカが作り上げた“素晴らしき”今の世界』(The World America Made)(ビジネス社刊)の紹介。古村治彦研究員の翻訳で刊行されています。2012年8月27日

「1324」  副島隆彦著の仏教論、『隠された歴史:そもそも仏教とは何ものか?』(PHP研究所)の読みどころを解説します。2012年8月12日

「1322」副島先生の仏教論の集大成『隠された歴史~そもそも仏教とは何ものか?』(PHP研究所)とロン・ポール米下院議員の『連邦準備銀行を廃止せよ(END THE FED)』(佐藤研一朗・訳、成甲書房)が発刊されました。 2012年7月29日

「1319」 副島先生の新刊本2冊。『ロスチャイルド200年の栄光と挫折』(日本文芸社)と石平(せきへい)氏とのケンカ対談『中国 崩壊か 繁栄か!? 殴り合い激論』(李白社)が発刊されました。世界の実像を知るのにおすすめの2冊です。 2012年7月19日

「1317」 副島隆彦・最新DVD『橋下徹の登場 と 政治思想の歴史』(2012年6月2日、講師:副島隆彦・中田安彦・須藤喜直)/最新刊『国家は「有罪(えんざい)」をこうして創る』(副島隆彦・植草一秀・高橋博彦・著、祥伝社刊)ラインナップ追加のお知らせ。2012.7.8

「1314」 「増税談合勢力」 の 野合(やごう)の増税に反対する。2012年6月25日

「1312」 第27回副島隆彦を囲む会主催定例会『橋下徹の登場と政治思想の歴史』に来場された会員の皆様のご意見をご報告します。 2012年6月19日

「1310」 ロマノ・ヴルピッタ『ムッソリーニ』を読む。現在の日本で重要な意味をもつ「ファシズム」とは何かを再考する 2012年6月4日

「1306」 爆弾のような破壊力を持った一冊!! 古村治彦著『アメリカ政治の秘密』(PHP研究所)を強力に推薦する。2012年5月13日

「1304」 副島隆彦を囲む会・定例会、第27回自力主催講演会(講師:副島隆彦・中田安彦・須藤喜直、開催日:2012年6月2日、土曜日)をご案内します。演題は『橋下徹の登場 と 政治思想の歴史』と決定しました!※金融・経済のお話はありません。2012.5.6

「1301」 新作DVD『今、世界経済がどう変質しつつあるか』(2012年3月24日、講師:副島隆彦・古村治彦)のアンケートの結果を掲載します。2012.4.25

「1300」 新作DVD『今、世界経済がどう変質しつつあるか』(2012年3月24日、講師:副島隆彦・古村治彦)/『欧米日 やらせの景気回復』(副島隆彦・著、徳間書店刊)のお知らせ。2012.4.19

「1296」橋下首相を誕生させようと目論む、関西財界ネットワークの正体とは 2012年4月3日

「1294」アメリカの共和党予備選で公然と囁かれる不正投票の横行。スーパチューズデーを終えて共和党予備選挙の様子、大統領選挙予備選挙・党員集会の複雑な仕組み、衝撃的な内部事情を現地から緊急報告します。 2012年3月24日 佐藤研一朗・筆

「1292」 (1) 4月28日(土)~30日(月)の「福島原発・難民キャンプツアー」のお知らせ。/(2) 6月2日(土)の「政治思想・日本政治の歴史(1960年代からこっち)講演会」のご案内。/(3) SNSI研究員・崎谷博征(さきたにひろゆき)氏の新刊『医療ビジネスの闇』(学研パブリッシング。2012/2/28刊)が出ました。2012.3.13

「1289」 (1) 3月24日(土)の「学問道場」定例会『今、世界経済がどう変質しつつあるか』(副島隆彦)の再度のお知らせ。/(2) 対談CD『日中殴り合い対談』(石平、副島隆彦。李白社)をご紹介します。2012.3.6

「1288」 日本は、「新・知日派」の台頭でも基地移設問題でアメリカの要求に屈服してはいけない 2012年3月2日

「1285」 「小沢一郎・陸山会裁判」の急展開。小沢一郎側が勝利しそうである。「ぼやき・会員ページ 1284」に掲載された文章の後半部分を、こちらにも転載します。2012.2.19

「1283」 まんが家・イラストレーターのぼうごなつこさんによる、政治漫画「小沢一郎・陸山会事件説明まんが お天道様がみてる」を掲載します。2012.2.10

「1280」 本年度初の副島隆彦を囲む会・定例会、第26回自力主催講演会(講師:副島隆彦先生・古村治彦研究員、開催日:2012年3月24日)をご案内します。2012.1.30

「1278」書評『父・金正日と私』(五味洋治・著)と『後継者・金正恩』(李永鐘・著)を読む。北朝鮮は改革開放に乗り出せるのか。“属国論”の観点で北朝鮮の対中外交を整理する。2012年1月23日

「1276」 新刊『中国は世界恐慌を乗り越える』(ビジネス社)と『衰退する帝国・アメリカ権力者図鑑』(日本文芸社)が発売されました。中国の発展の姿は100年前のアメリカ帝国そのものである。2012年1月10日

「1273」 「副島隆彦の学問道場」から 新年のご挨拶。 2012.1.1  下に加筆します。1月5日です。副島隆彦です。


「1346」 副島隆彦・最新DVD『ミケランジェロ、メディチ家、ルネサンスの真実』(2012年11月3日、講師:副島隆彦・松尾雄治)頒布のお知らせ。「教科書」と本編DVDのお得なセットも、個数限定で実施します。2012.11.29
副島隆彦を囲む会の須藤です。今日は2012年11月29日です。

今月、11月3日(土)に開催した「学問道場」定例会の新作DVD『ミケランジェロ、メディチ家、ルネサンスの真実』を、私達のラインナップに加えました。

本講演のテーマは、副島先生の近著『隠されたヨーロッパの血の歴史』(KKベストセラーズ)の発刊を記念して設定されました。
この本は人類史の思想の潮流を把握する、という意味において『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社)に連なる著作であり、私達日本国民への素晴らしい贈り物となっています。この重要な本を、著者自ら更に判りやすく、熱意を込めて解説した、副島歴史学を学ぶ上で必見の映像です。

松尾雄治研究員の金融・経済についての講演も、大変な好評をいただいております。
今回実施したアンケートのご回答からは、スタッフも驚くほどの満足度の高い講演であったことが分かります。今後の経済動向にまで触れた、投資家必見のお話です。
今回もどうぞ是非、ご注文下さい!





タイトル:『ミケランジェロ、メディチ家、ルネサンスの真実』
講師:副島隆彦/松尾雄治
開催日:2012年11月3日(土)
収録時間:約239分
主催・DVD制作:副島隆彦を囲む会

●先着150名様限定!「ルネサンス」特別セット:会員・一般共通価格、5,000円。

また、この講演の「教科書」となった『ヨーロッパの血の歴史』(KKベストセラーズ)1冊とあわせて、「DVD1枚+本1冊」を1セットとし、「5,000円」の、特別価格でもご注文を承ります。この『ヨーロッパの血の歴史』発刊記念セットは、先着150名様までとなります。

本には全て副島隆彦先生のサインが入っています。

今回のDVDは、単品ですと会員価格で1枚・4,000円、一般価格では1枚・6,000円ですので、1冊・1,600円の『ヨーロッパの血の歴史』(KKベストセラーズ)との両方をお求めの方には、こちらのセットがお得です。

まだ『ヨーロッパの血の歴史』を入手していない方は、是非こちらのセットをお申込み下さい!個数限定ですので、お早めの注文をオススメします!!
上記セットのご注文は、下記「お申込みフォーム」の中から選択することが出来ます。

・上記の新作DVD『ミケランジェロ、メディチ家、ルネサンスの真実』のお申し込みページは、こちらです↓
http://www.snsi.jp/shops/index#dvd

副島隆彦先生の講演は、全部で189分間あります。

<※以下、ジャケット裏の解説文>
ルネサンスの、人類史における真の意味が今、紐解かれる!
ルネサンスとは、学校の授業で教えられるような矮小化された、文化・文芸に限定された運動ではない。長期にわたり、ヨーロッパ世界を支配してきたローマ・カトリック教会(=歪められたキリスト教思想)への、大きな輝かしい反逆であったのだ。そしてミケランジェロは、彼こそはその思想運動の中心だったのである。
ミケランジェロは彫刻と絵画で、この時代の精神の真髄を指し示した。

・講演の最中には、講師と共にイタリアを訪れた編集者の方(小笠原豊樹氏)が壇上に上がる一幕もありました。


またメディチ家の2人の偉人、老コジモとロレンツオ(イル・マニフィーコ)は、民衆(一般人民、ポポロ)の真の味方として、この闘いを押し進める役割を果たした。これこそが日本で初めて暴かれた、ルネサンスの真実である。
これは副島隆彦が日本人に贈る、今世紀最高の歴史解説です!

松尾雄治研究員の講演は、全部で50分間となります。


演題は「高頻度取引と株式指数先物がもたらす『連鎖する大暴落』」です。先物業界の第一線で活躍している講師が、実際に目撃してきた日本と世界の金融事情を赤裸々に語ります。

日本人の生活の基盤たる数々の主要商品の価格は、日本の市場よりも先にアメリカ・シカゴのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)で決められている!
中国人が理解しているこの全体構造を、日本人はまるで自覚していない。中国人は、この分野でも日本人より遥かに知的水準が高いのである。彼らは、米国による悪辣な経済操作の影響を受けない商品市場を切り開き、勝負に出ている。日本が世界の潮流に押し流され、負けてしまわないために、我々も彼らを見習うべきなのだ。

これは副島隆彦から直接教えを受け、実践に生かしている直弟子による、生々しい金融業界の裏側、暴露話です!
<※ジャケット裏の解説文。ここまで>

・上記の新作DVD『ミケランジェロ、メディチ家、ルネサンスの真実』のお申し込みページは、こちらです↓
http://www.snsi.jp/shops/index#dvd

最後に、この定例会で実施したアンケートの回答の一部を以下に転載します。
ご協力いただいた方に感謝申し上げます。以下のアンケート結果を、DVDご注文の際の参考にしていただけましたら幸いです。

(転載はじめ:アンケート集計結果)

2012年11月3日開催
第28回副島隆彦を囲む会主催定例会
『ミケランジェロ、ダ・ヴィンチ、ダンテ、マキャヴェッリ、メディチ家、ルネサンスとは何だったか』
アンケート集計結果
※すべて原文まま。○○の部分は解読不能箇所。


1.松尾研究員の講演について
最高!    30名
満足     49名
ふつう    7名
悪くはない  2名
不満     1名
未記入    0名
  (最高!と満足両方○に1人)


「最高!」
・恐らくはプレゼンやセミナー講師等のご経験が豊富な方なのだと思います。お弟子さんの、しかも初めての講演としては出色の出来、というと失礼な言い方ですが、再登場を心待ちにしています。これでもまた「前座がどうの」ということを書く人が出るでしょうか。(会社員・男性・39歳)
・すばらしい。副島イズムをひきついだ金融の専門家。これからもおうえんしたい。(団体職員・男性・36歳)
・中粒種や長粒種米のちがいを図で見せるとかもっと色を使った図を見せてくれると効果的だったと思う。講演については驚くほど落ちついていた。日本は、アメリカにも中国にもやられていますね。(教員・男性・51歳)

・どのように日本の価格が決められていくのかよくわかった。HFTをやっている連中に勝ち逃げできるのか。(会社員(管理職)・男性・51歳)
・大変判りやすく面白かった。もっと現場の話が聞きたいです。(会社員・男性・56歳)
・金融の難しいお話をご経験に基づいたわかりやすい表現でご講演いただきました。(会社員・男性・37歳)
・松尾さんの講演の最後の一枚のスライドで、今日の講演会参加費の「もとをとった」と思った参加者が多かったのではないでしょうか。(団体職員・男性・59歳)

・簡潔で良かった。ブルームバーグがあればトレーディングできるのは事実で、大外資投資銀行~中小までどこもブルームバーグを使ってる。(会社員・男性・27歳)
・とてもわかりやすい説明でした。(定年生活・男性・76歳)
・副島先生がCMEが悪いと言っている中身が良くわからなかったが、大まかに理解出来た気がします。(会社員・男性・37歳)
・ゆっくりとした口調で、話が聞き取りやすかったです。なぜ「連鎖する大暴落」が起きるのか、またそれが必然である理由がはっきりと理解できました。(アルバイト・男性・51歳)

・簡潔で要件がしぼってあって大変わかりやすかったです。近い将来の暴落が見えている中で、プロがどう対策を考えているのかを重掲などにupしてもらいたいです。野村証券はいつ終わりますか?(会社員・男性・40歳)
・ご自分の経験を踏まえた金融界の話は迫力があった。東証二部銘板への視点、見直し等参考になった。(自営賞・男性・56歳)
・株投資等の経験がなかったので難かしく思いました。(無職・女性・62歳)

・すごくわかりやすかったです。CMEで日経平均(日本)が売買されているというのは驚きでした。(農業・女性・58歳)
・とても複雑で貴重なお話を、具体的かつとてもわかりやすく説明して下さいました。シカゴでのご苦労話も参考になりました。すばらしい講演をありがとうございました!!またお願い致します。(会社員・女性・45歳)
・刺激でよくわかりました。(パート・女性・56歳)
・高頻度取引について非常にわかりやすく、理解することが出来た。また、是非金融についての講演を聞きたい。(会社員(管理職)・不明・不明)

・長い間疑問に思っておりました事がよくわかりました。ありがとうございました。フリードマン、シカゴ、新自由主義の問題は以前から取り沙汰されておりましたが、このようなカラクリがあったとは!!(主婦・女性・67歳)
・貴重な情報をありがとうございました。(会社員・女性・40歳)
・そういうことだったんですね。HFCの仕組みが良くわかりました。してるとは、手を出してはいけないということですね。(会社員(管理職)・不明・52歳)
・体験談が非常に良かった。これからも前座でどんどん若い人が出てきて欲しい。(会社員・不明・34歳)


「満足」
・うまい。(会社員・男性・56歳)
・知らない知識を沢山教えていただき良かったと思います。話の内容にもう少し含みがあればもっといい講演になると思います。次回を期待します。(自営業・男性・66歳)
・中盤ほどまでは少しまわりくどい感じがしましたが、最後の方にきて、理論がすっきりとまとめられており、全体像をつかむことができました。(公務員・男性・37歳)

・予想していたHFTは昨年12月頃の3メガバンクの売り下落で肌に感じていた。(自営業・男性・64歳)
・CMEが日経平均始値を決めている事の具体的な説明がほしかった。(定年生活・男性・61歳)
・ご自分の職業知識に基づいて自信を持って話してました。(会社員・男性・50歳)
・むづかしい経済の話をわかり易くしていただいて感謝しております。(無職・男性・58歳)
・もっと時間が欲しかった。(会社員・男性・38歳)

・東証二部の良株に、ものすごく興味がわきました。株、買ってみようかな。もうかりそうだ。(公務員・男性・37歳)
・今まで分らないことが良く分った。(定年生活・男性・74歳)
・先物取引の世界を簡略に説明していただき、少し分った気がした。大阪がヒントになっていたことを知り、驚きました。(無職・男性・67歳)
・HFT、先物取引の実務にたずさわっている方から直接、生々しい話を聞けて、満足しています。語り口も自然で淀みなく、わかることしか語らないという誠実さも好感が持てました。(団体職員・男性・65歳)

・難しいはずの話題も、非常にわかりやすく話して下さったいい講演だったと思います。質疑応答の時間も欲しかった。(会社員・男性・34歳)
・主張がコンパクトでわかりやすかった。特に農業関係の情報をこれからももっとききたい。(独法の非常勤職員・男性・37歳)
・HFTについて、何となく話に聞いていたが、より良くわかって良かった。実直な御説明にたいへん好感を持ちました。(定年生活・男性・68歳)

・簡潔で判りやすかった。(医師・男性・49歳)
・HFTについての説明は大変わかりやすかったです。お時間も残っていたようなので、最後の5~10分は質疑応答に当てても良かったのでは?興味のある内容なので、次回もお願いします。(会社員・男性・55歳)
・人柄を感じさせる良い内容でした。(会社員(管理職)・男性・50歳)
・話はわかりやすかった。仕組みやメカニズムの話は。CMEが値段を決めているというのは副島氏の本でもあったけれど、どういうことかが実感としてわからない。我々の生活に何の関わりがあるのでしょうか。(公務員・男性・49歳)

・時間が少なく残念!(会社員(管理職)/自営業/主婦/パート・女性・66歳)
・金融の幾つかの日頃の疑問に端的に答えが得られ、有意義でした。私は、IT業ですが、現在のネットワークとコンピュータハードウェアの状況からすれば、1/100万秒の実取引は、2桁くらい落ちると思います。(会社員・不明・58歳)
・内容は非常に興味深いものでした。日経平均がシカゴで決まっていることなど感づいてはいたけど分かりきっていないことを言語化できて、参考になりました。ただ、声の調子がモノトーンになりがちだったので、次回はそれの改善をしてほしいと思います。(会社員(管理職)・不明・41歳)
・一般人が通常、認識することのできない金融の大局的な動きを知ることができて勉強になりました。経済がおかしくならないように、ルール策定できる人材を世界でも日本でも育成する必要があると思います。困難は承知の上で。(会社員・女性・54歳)


「ふつう」
・中身的には常識の範囲内だったかと思われます。今後の更なる活躍を期待したいと思います。(公務員・男性・47歳)
・あまり新鮮味のある内容と思わなかった。(会社員・男性・49歳)
・もっと内容を掘り下げてほしかった。(定年生活・女性・62歳)


「悪くはない」
・厳しい意見かも知れませんが、今のままでは単独での開催は無理だと思います。(無職・男性・38歳)


「不満」
・おもしろくない話が。(役員・男性・48歳)


「未記入」
なし


2.副島先生の講演について
最高!     53名
満足      29名
ふつう     2名
悪くはない   2名
不満      1名
未記入     3名


「最高!」
・熱量が高く、大変感動しました。(会社員・男性・37歳)
・思想研究って人間理解のための学問だったんですね。思想で死ぬなんて自分には出来そうもありませんが。(会社員・男性・56歳)
・事前に本を読んできて理解が深まった。本と講演とHPがつながっていて内容が納得できました。(会社員(管理職)・男性・51歳)

・歴史をしっかり勉強することは大事ですね。しかし日本人は今までくだらないものばかり教えこまれていたとつくづく思います。(教員・男性・51歳)
・さすがです。(団体職員・男性・36歳)
・初めて参加させて頂きました。生の言論の迫力に圧倒されました。どうもありがとうございました。(専門職・男性・33歳)

・テーマに沿って、著書をテキストにして進めたのが良かった。脱線しなければ、テーマが何であれ素晴らしい講演をされるのだということを見せつけた。刺激的な時間になった。(会社員・男性・39歳)
・今回も大変素晴らしいお話でした。この年になってやっと少し世の中がわかって来た。おそ過ぎ。(定年生活・男性・76歳)
・カネの話がなかったのが良い。本でも毎度同じスタンスで書かれている為、理解できているから。"国家戦略家"としての政治活動の成果をもっと聞きたかった。(会社員・男性・27歳)

・ローマ・カソリック教会の「悪」に対して、私たちはどのように立ち向かったらよいのでしょうか。ドーモがイスラム建築の影響をうけていることを初めて知りました。(団体職員・男性・59歳)
・ローマ・カトリック教会の本質が理解できました。原罪がウソであることも。(アルバイト・男性・51歳)
・お疲れの様で心配でした。ストレスをなるべくかかえないで下さい。長生きして下さい。(無職・女性・62歳)
・ヨーロッパ興亡歴史の原点がよく理解できた。フィレンツェの重要性、メジチ家(老コジモ、ロレンツの偉大さ)。(自営業・男性・56歳)

・550年前に生きたルネッサンスの人々が副島先生のお話しのおかげで身近な人に感じられました。ルネッサンスのことがよくわかりました。ありがとうございます。(農業・女性・58歳)
・大へんすばらしかったです。(会社員・女性・45歳)
・なかなかむずかしい。いつもの経済・金融・社会情勢のお話も聞きたかった。でも歴史のお話も大事だと思います。やっぱり来てよかったと思います。(パート・女性・56歳)

・ミケランジェロの○からバチカンが問題になっていたとは!驚きました。人を救うはずの宗教が人を苦しめるものになっているのは、うなずける話です。ありがとうございました。(主婦・女性・67歳)
・人類の大局観に感動しました。涙が出ます。(会社員(管理職)・不明・不明)
・本も良かったが、副島先生から直接授業を受けられて、理解が深まった。モダーンから500年の意味、すべて教わらない国が日本なんだと再度教えられた。(会社員(管理職)・不明・52歳)

・ニーチェの「最高価値批判」は、絶対カソリック教会の批判であった。1957年に読んだときに、頭の中が鐘で打たれたようであった。5次元に思考がとんで、発狂したというのは、ウソでしょう。(自営業・男性・64歳)
・いつもながらの○○で非常に勉強になりました。(公務員・男性・37歳)
・とてもおもしろかった。(定年生活・男性・60歳)
・すごくわかり易く大変勉強になりました。(無職・男性・58歳)

・ダヴィンチ・コードの頃の疑念が、今回の本で確信に変った。ルネッサンスのみならず、モダーン、近代、大げさにいえば、キリスト教史、人類史を日本人で初めて副島隆彦が読み解いた。感激している。先生は、属日論、世界経済分析等々で数々の素晴らしい実績があるが、ある意味で今回の発見が一番大きな発見だと思われる。この根源的かつ明解な真実を普通の人々にいかに周知したらよいのか、改めて考えさせられました。(団体職員・男性・65歳)
・副島先生のわかりやすい講義に感動しました。同じ言葉でも気迫と共に聞くと脳に入ってくる気がします。(会社員・男性・49歳)

・めちゃくちゃ面白かった。知的好奇心を最大限に刺激された。今春イタリア南北縦断旅行をしたことが大変役立った。(無職・男性・67歳)
・ルネサンスについての興味が湧いて来ました。合い間の経済のお話しも、役立ちました。(無職・男性・56歳)
・このようなスケールの大きな話は副島先生にしかできないでしょう。「神曲」の意味がようやくわかりました。(会社員・男性・34歳)

・今日は、副島先生は、ルネッサンスの話しがとまらなくてごきげんですね。(定年生活・男性・63歳)
・副島先生の本は何度読み直しても、自分の理解のいたらなさを感じるが、先生のご本に出会い、人生が生きやすくなりました。感謝感謝です。(主婦・女性・60歳)
・副島先生は天才ですね!!(専門職・女性・不明)
・久しぶりに参加して元気をもらいました!(定年生活・女性・62歳)
・M・ウェーバーについてコメント欲しかったです。(会社員(管理職)・男性・43歳)


「満足」
・当方の知識不足を痛感いたしました。更なる勉強をいたします。(会社員・女性・40歳)
・ルネサンスの政治背景から見た解釈がよく理解できました。もう一度会田雄二の「ルネサンス」を読んで、次に羽仁五郎の本も読みたいと思います。(会社員・男性・54歳)
・今日は脱線が多かったように思います。(会社員・男性・50歳)

・何故、原罪と称して人間の性の自然な営みをタブーとするのか。その理由は、それさえできれば、人間の支配管理が成立するからです。性の管理は通貨制度を人類に適用するための、特に「紙幣」を流通させる為の、社会工学的な必要条件である。教えて頂きたいことがあるのですが、多分、「原罪」という考え方は旧約聖書からではないでしょうか。ペテロ、パウロから始まったのは、本当か?(公務員・男性・37歳)

・「ルネサンス」も興味あり、ヨーロッパ史上、本当の所、何であるかよく解けなかったのですが、一助にさせていただきました。出来れば日本の歴史、特に古代史○○を解明していただければ幸いです。(定年生活・男性・68歳)
・まんぜんとキリスト教が悪ではなく、原罪という発明が大きな問題なのが理解できました。(独法の非常勤職員・男性・37歳)
・話があちらこちらに行く所が面白い。もっと本を出していただいても、まだまだ読みます。最近の本は読みやすく、わかりやすく、図や写真が多く、中学生でも読めそうなのが良い。(公務員・男性・49歳)

・講演会の前に先生の本(今日の教科書)を読んだのですが、今回の内容はむずかしかったです。先生のお話しがきけたので、2回目はもう少し理解できると思います。(会社員・男性・55歳)
・お体、大切に!(役員・男性・68歳)
・ヨーロッパと言えば、現在金融危機のことしか話題に上がらない状況において、その根本となる歴史をひも解くテーマで大変知識が深まったと思います。いろいろな点がつながって線になってきました。(公務員・男性・47歳)

・昨日、「隠されたヨーロッパの血の歴史」を読了しました。宗教も人民支配のためのツールとしていたとは。人間の業の深さ/恐ろしさを思うとともに、老コジモ、ロレンツォ、ミケランジェロなどの偉大な先達に敬意を表しながら、現代のルネサンスを広げていく必要があると思います。(副島先生は、支配者の悪相を切り取るのがお上手ですね。それ以上に、大きな把握力、洞察力には脱帽です。)(会社員・女性・54歳)


「ふつう」
・話しが一般向けでない。(会社員・男性・56歳)


「悪くはない」
・ちょっとむずかしい。(会社員・男性・38歳)


「不満」
・金融の話が少ない。(役員・男性・48歳)


「未記入」
・質疑が大変良かった。(定年生活・男性・74歳)
・本はじっくり読みたいと思います。(会社員・不明・34歳)


3.定例会の会場(全電通ホール)について
 すばらしい   28名
 ふつう     58名
 不満      2名
 未記入     2名


「すばらしい」
・東京駅から近く、何回も使用しているのでわかりやすい。席もわりあいゆったりしていてよい。(教員・男性・51歳)
・4000円の費用で、都心にどんな会場を借りろというのでしょうか。いつも数多の方が不満を仰っていますが、この会場は良いと思います。(会社員・男性・39歳)
・イス、すわりごこち良かったです。(アルバイト・男性・51歳)
・座れてトイレがある所ならどこでも良いと思います。(無職・女性・62歳)

・ホテル(宴会場は)にして、昼なら軽食付(夕:アルコール付)はどうでしょうか?¥10,000-(自営業・男性・56歳)
・椅子がシンプルになってよかった。(パート・女性・56歳)
・お話を聞きやすい会場かつアクセスも良く、最適な場所だと思います。(公務員・男性・37歳)
・イスの座り心地が良いです。駅から近いのも助かります。(会社員・男性・34歳)
・パイプイスよりも、ずっと良いイスだったのでよかった。(公務員・男性・49歳)


「ふつう」
・前のイス席は余ゆうがあって良かった。(会社員・男性・56歳)
・少し空調が暖か過ぎだと感じました。(管理職・男性・51歳)
・座席の幅がもう少し広い方がよい。(団体職員・男性・59歳)
・プロジェクターのスクリーンの明るさが足りない。(会社員(管理職)・不明・不明)
・ここは、いいですね。今日のテーマに近い存在のニコライ堂もあるし。(会社員(管理職)・無職・52歳)

・駅から近く、そばに喫茶店があるのがいい。(団体職員・男性・65歳)
・少し座席の幅が狭く感じた。(無職・男性・67歳)
・最初、会場内が少し暑かったと思います。(会社員(管理職)・不明・41歳)
・手洗い所の手洗いの水が弱冠サビ臭有り。(会社員・女性・40歳)
・アクセスが便利でよい。(独法の非常勤職員・男性・37歳)

・自宅から近いので、助かります。(会社員・男性・55歳)
・固定席の椅子が振動するので落着かない。やや不満だ。(自営業・男性・66歳)


「不満」
・椅子が少し固くてお尻が痛くなりました。(会社員・男性・50歳)
・席が狭く、椅子の質も悪く、トイレの数も少ない劣悪な会場だと思います。もうこの会場は使わないで頂きたいです。今後もこの会場を使用されるなら参加はしたくありません。(不明・男性・不明)


「未記入」
なし


4.スタッフの応対・定例会の運営について
 すばらしい    34名
 満足       48名
ふつう      7名
良くない     0名
非常に良くない  0名
未記入      1名


「すばらしい」
・対応の仕方もていねいでよいです。(教員・男性・51歳)
・とてもていねいでした。(アルバイト・男性・51歳)
・会員同志で先生の図書館を作りたいですね。先生にお忙しい所、進言した事をあやまっておいて下さい。(無職・女性・62歳)
・道案内を丁寧にしていただきありがとうございました。(パート・女性・56歳)

・いつもながら応対が丁寧で良かったです。(公務員・男性・37歳)
・すべてのスタッフがテキパキしていて元気をもらいました。(無職・男性・58歳)
・女性スタッフが多いと雰囲気が明るくなっていいな、と感じました。(会社員・男性・34歳)
・おつかれさまです。(会社員・不明・34歳)
・入口の切符切りをはじめ、あいさつや声かけが非常によい。人数が多いのも、話しかけやすいし、柔軟な対応ができそうでよい。(公務員・男性・49歳)

・えがおの対応がすばらしいです。(団体職員・男性・36歳)
・整理券は大変によい方法だと思います。道案内のスタッフも配備されてていねいな対応です。こんなに手厚くサービスしなくてもいいくらいです。お弟子さんは何人おられるのでしょうか。皆様大変でしょうから、もう少し手抜きをされてはいかが?(団体職員・男性・59歳)

・対応が回をかさねるごと良くなっている。(会社員(管理職)・不明・不明)
・先生の著書販売に立たれているスタッフが礼儀正しかったのが印象的です。(会社員・女性・40歳)
・どこへ行っても傷つくことが多いただの主婦ですが、いつもていねいに対応して頂きありがたく思っています。(主婦・女性・67歳)


「満足」
・初めて来る人達にとっては、おびえる必要がなくなった(笑)と思います。案内ボードを持っている方もにこやかでした。自然体で明るくやればそれでいいと思う。(会社員・男性・39歳)
・礼儀正しくて良い。但し休日にスーツ(&タイ)でなくても良いのでは。(サラリーマン:奴隷!?ではないのだから)→まあスタッフだとわかって良いとも言えるが。(自営業・男性・56歳)
・入出場がとてもスムーズ。先生の移動で照明が対応すればもっとよかった。(会社員・男性・56歳)

・いつもありがとうございます。(農業・女性・58歳)
・本当に良いです。寒い中、案内に立っていた方、ありがとうございました。手作りだったころがなつかしいです。(会社員(管理職)・不明・52歳)
・整理券方式(11時配布)はいいアイデアだと思います。継続して下さい。(団体職員・男性・65歳)
・卒なくこなされていた。ハガキの案内が分かり易かった。(無職・男性・67歳)

・ていねいな対応で好感がもてました。(独法の非常勤職員・男性・37歳)
・いつものことですが、ていねいに、礼儀正しく対応していただいています。ありがとうございます。(公務員・男性・47歳)
・回を重ねる毎に良くなってきていると感じます。(会社員・男性・56歳)
・いつも丁寧な対応で、ありがとうございました。(会社員・男性・55歳)


「ふつう」
なし


「よくない」
なし


「非常によくない」
なし


「未記入」
なし


5.次回の定例会でお聞きになりたいテーマ

・反税金、反福祉、女性・老人批判。(会社員・男性・27歳)
・2013年経済について。(会社員・男性・40歳)
・中国の歴史。(会社員・不明・23歳)
・金融も含めてください。(不明・女性・不明)
・中国の最新情報。(会社員・男性・49歳)

・金はいつまで買う事ができるか?(役員・男性・48歳)
・先生が本の中で分類されている学問の体系、特に"サイエンス(物理・化学…)と数学について"(会社員・男性・55歳)
・経済、金融等お金の話、中国の現状について(会社員・男性・56歳)
・世界状勢(主婦・女性・40歳)
・新体制になった中国とのつきあい方(定年生活・女性・62歳)

・日本の歴史。太田龍氏(故)、鹿島曻氏(故)、八切止夫氏(故)etcに切り開いて来た歴史の再評価or副島氏のお話をお願いします。何○お話のフィールドを日本の歴史に据ていただければ幸いです。(定年生活・男性・68歳)
・日中・日韓にある問題の解明を希望も。(定年生活・男性・62歳)
・(第1次・第2次世界大戦、ロシア革命、冷戦-デタント)「20世紀の歴史的総括」と「21世紀への展望」について(団体職員・男性・65歳)

・仏教!(学生・女性・20歳)
・大東亜戦争前後にいた知識人たちの色わり=アメリカ等の手先なのかどうか(会社員(管理職)・不明・52歳)
・そもそも学問とは何かについて(会社員・男性・56歳)
・アジアの時代-新興国の今後50年100年の展望。(自営業・男性・56歳)
・仏教のお話。(会社員・男性・37歳)

・世界経済の行方、日本の政治。(会社員・男性・38歳)
・野菜の種、水の問題。つまり食糧問題のモンサント(主婦・女性・67歳)
・現在の国際情勢(政治・経済面)について(会社員・女性・40歳)
・中国・アメリカの本音、経済の話(役員・男性・68歳)
・金融、中国の歴史(三国志の頃、満州国について、台湾について)、沖縄の歴史(不明・男性・不明)

・時事テーマが聞きたいです。(会社員・男性・50歳)
・国内政治状況の今後の推移について(専門職(医師)・男性・49歳)
・ブラジルと南米について(脱アメリカの後、どんな道を目指すのか)(会社員(管理職)・不明・41歳)
・日本の国家戦略。本には書けないこと。(団体職員・男性・59歳)
・日本における秦氏、キリストユダヤ文化といわれるもの(団体職員・男性・36歳)

・副島史学(管理職・男性・51歳)
・世の中の商売は「不安」を扱うことが伸びて行く。知ることが商売になる方法について。(公務員・男性・49歳)
・言語学、哲学。(会社員・不明・34歳)
・何でもいいです。(専門職・不明・不明)
・先生の最新の研究(公務員・男性・37歳)

・やっぱりアメリカの情勢がお聞きしたい(パート・女性・56歳)
・金融、中国の政治状況(会社員(管理職)・男性・47歳)
・タイが好きなのですが、ジムトンプソンは何故行方不明になったのかを知り度いです。(無職・女性・62歳)
・日本の友好国としてのロシア・フランス・インドと中国についての近未来について。(自営業・男性・64歳)
・日本の政治、日米、日中、日ロ、日韓関係の真実。(定年生活・男性・76歳)


6.その他、定例会の内容・「副島隆彦の学問道場」のサイトについてのご意見・ご要望

・いつも興味深く拝読しています。皆様の益々のご活躍を楽しみにしています。(会社員・女性・43歳)
・何かメルマガ的なものを作って頂ければ購読させて頂きます。(会社員・男性・37歳)
・ありがとうございました。(自営業・男性・50歳)
・11月の米国と中国の指導者交代後に、日本も動くだろうが、主導権は海外が握っている?ロシアの超現実主義に対応しても良いかも知れない。極右の出過ぎを極左ではブレーキにならない。S財団は元気だが。(自営業・男性・64歳)

・先生はエドワード・ポッパーの絵画と人となりをどう思われますか?私は旅でそういう光けいに出くわすとハマってしまいます。(無職・女性・62歳)
・サイトはいつも夜パート先で拝見しています。本日26年ぶりに同じ会社で働いていた方と再会し、驚きながらうれしかったです。こういうご縁もあるのだと思いました。(パート・女性・56歳)
・歴史の話がいちばん好きです。(専門職・不明・不明)

・福島原発ツアー2回目はありませんか。(会社員・不明・34歳)
・古村さんや中田さんの書評を今日のぼやきにもっと上げて欲しいです。いろんな良書の存在を知ることができるので。(会社員・男性・34歳)
・会場でラジウムを購入して、胸ポケに入れながら講演を拝聴させて頂きました。なんと、カゼでセキがまだ治っていなかったのですが、おかげさまで、ピッタリ止まったみたいです。どうやらとても良いものであるようです。(公務員・男性・37歳)

・久々にアメリカの政治・経済分析や、現在の政治動向や中国に対応した南米などの他の属国の動向はいかがでしょう。(公務員・男性・49歳)
・今日の講演会は本当に楽しかった。(管理職・男性・51歳)
・定例会の内容:日本はこれからどうなるのでしょうか。学問道場のサイト:副島隆彦の文章をもっとひんぱんにアップしてほしい(団体職員・男性・59歳)

・タイムスケジュールですが、副島先生は最初から3時間くらいとられてはいかがでしょうか。(会社員(管理職)・不明・41歳)
・これからも言論の自由が保障される世の中が継続できるなら、努力されている様が強く感じられ、大変すばらしいと思います。これからも頑張って下さい。(会社員・女性・40歳)

・ずっと気になっていることがあります。我家のうしろは広大な田んぼが広がる田園地帯で農家が多いのですが、10年程前までは地元の種屋さんは昼市で大変にぎわっておりました。ところが最近は農家の人々までホームセンターで種を買うようになり、多くは輸入品です。あれほどにぎわっていた種屋さんは、ひっそりとしています。夫の○○する○○ある吉野工業○はモンサントから機械を導入しペットボトルや化粧品の容器をつくっています。又、友人のダンナの会社、三菱化成とモンサントの三菱モンサントという会社は○○で有名です。モンサントは種と水をねらっていると聞いております。大丈夫なのでしょうか。○○も除草剤のために小動物も野草・雑草も我家の周辺から消してしまいました。(主婦・女性・67歳)

・日本人は知らない、忘れられた、伝わってないが、中国、ヨーロッパその他の人々は過去・現在の様子をわかって生きている(会社員(管理職)・男性・51歳)
・旧刊でかまわないのでぜひ電子書籍化を進めて下さい。もう本棚に収まりません。(会社員・男性・47歳)
・立食(昼食)パーティ形式を取り入れ→講演会→散会or打ち上げを自由にする(自営業・男性・56歳)
・本で十分かなという気もしました。面白いことは面白いですが。(専門職・男性・49歳)

・六城ラジウムきいてます。会場に来てすぐ買いました。第1部中腰にあてがっていたら痛みが引いてきました。(会社員・男性・56歳)
・Thanks a lot.(会社員・男性・53歳)
・松尾先生のお話しの内容も、説明の方法もすばらしかった。またお願い致します。会場のイスの並べ方をたがい違いにして下さい!!前が少し見えやすくなります。(会社員・女性・45歳)


・例年より早い時期に定例会があり、参加できてうれしかったです。(農業・女性・58歳)
・学問道場にも投稿がありました、お弟子さんと会員の交わり会すすめて下さい。ホワイトボードを使った先生の講演会聞きたい(見たい)(会社員(管理職)・不明・52歳)
・資料の文字が小さすぎる。節約とは思うのですが、会場内見渡すと高齢者も多く見受けますので○○く。(会社員(管理職)/自営業/主婦/パート・女性・66歳)
・今年の副島先生の出版点数の勢いはすさまじかった。全部追っかけていますが、少し読み直すこともしてみたいと思っています。(無職・男性・67歳)

・ぼやきは毎週upして下さい。それでも52本しか読めませんが。デビットロックフェラーは本当に人類なんでしょうか?死にますか?(会社員・男性・40歳)
・普段接しないタイプの人たちを見れて良い。講演会の参加者の年れいや職業構成が知りたいので、サイト上で公表して欲しい。(会社員・男性・27歳)
・"最高!"という評価がどのレベルを意味するのか不明確なので、"満足"としましたが、"非常に満足"な定例会でした。次回も参加したいと思いますので、お早めに連絡をお願いいたします。副島先生、研究員の皆様、関係者の皆様、お体を大切になさって下さい。(会社員・女性・54歳)

(転載おわり:アンケート集計結果)

・上記の新作DVD『ミケランジェロ、メディチ家、ルネサンスの真実』のお申し込みページは、コチラです↓
http://www.snsi.jp/shops/index#dvd

副島隆彦を囲む会
須藤よしなお拝

「この「今日のぼやき 広報ページ」記事を印刷する」


※「今日のぼやき」について、「副島隆彦を囲む会」の許可のない、複写、複製、転載、再配信、等の二次利用することを固く禁じます。