ログイン

ようこそguestさま
ログインする

貧しいが前途のある、優秀な若者たちを育てている、当「囲む会」の会員になって下さい。

会員のお申し込みはこちらです。
副島隆彦本
書店では手に入らない希少な副島隆彦の本を会員向けに発送しております。希望者には著作のゲラ原稿(直筆サイン入り)を差し上げます。
詳しくはこちら →

副島隆彦講演ビデオ
「今日のぼやきの語り口」を実際に映像で体感できる秘蔵のVTR
詳しくはこちら →
品物の選択 >> カゴの確認 >> お届け先入力 >> ご注文内容のご確認 >> ご注文完了

詳細


『副島隆彦が初めて語る、中国』(DVD)
価格 : 5000円 会員価格:4000円

img20080217194754 [ 副題 ] -
[ 講演者 ] 副島隆彦
[ 主催 ] 副島隆彦を囲む会
[ 会場 ] 東京都・TKP田町ビジネスセンター
[ 媒体 ] DVD(デジタル・ビデオ・ディスク)
[ 収録日付 ] 2008年1月26日(土)
[ 収録時間 ] 187分
   
   
   

[ 内容紹介・頒布スタート当時のお知らせの文章 ]

副島隆彦先生が初めて挑んだ本格的な中国論である、『中国 赤い資本主義は平和な帝国を目指す』(2008年1月、ビジネス社刊、副島隆彦・著)の刊行を記念して開催されたこの講演では、単純な反中国論を超える、新しい対中国戦略論、戦前のアジア連帯の気風にもう一度学ぶ歴史観、等が語られています。

それだけでなく、現在進行中である2008年のアメリカ大統領選挙の行方、ドル覇権の崩壊を見すえた資産防衛における智恵、また副島先生が独自に発見した近代史の重要なターニングポイントなど、現時点での思想家・副島隆彦の到達点が余すところなく収録されています。

他にも主な収録内容を箇条書きで列挙してみますと・・・ ・

・中国人を動かす原理、「義(ぎ)」と「気(き、Qui)」への注目。
・『三国志』を手がかりに「義」を理解する。
・儒教(Confucianism、コンフューシャニズム)では中国を理解できない。本当に大切なのは道教(Taoism、タオイズム)であること。

・1914年が、歴史の重要な転換点であること。この年に世界の五大帝国(empires、エンパイアズ)が滅亡し、国民国家(nation states、ネイション・ステイツ)の成立の契機となった。またロックフェラー(Rockefellor)財閥によって仕組まれた、エネルギーの以降が始まったのもこの年である。

・中国とイスラエルとの、恐るべき暗闘――「中国人はユダヤ人を恐れない」
・イスラエルはやがて存亡の危機に陥る。イランの背後には中国の存在が。
・大著『イスラエル・ロビー』の隠された意図。アメリカは中国と決戦をすることについて。

・社会主義者の巣窟、太平洋問題委員会(IPR)の重要性。

・・・等々、この度のDVDも、情報の重要性、面白さにかけて絶対の自信を持って提供できる自信作です。どうぞ是非、ご注文下さい!

・講演の様子・その1。 img20080218180610

・講演の様子・その2。副島先生の人をそらさぬ語り口は今回も健在です。 img20080218180645

・奇書『妻も敵なり』(岡田英弘・著)を掲げた図。この名著は当講演のテーマの基調をなすものの一つでした。 img20080218180707

※なお、このDVDをご注文いただくにあたって、画質のことでご留意いただきたい点がございます。 総時間187分の講演の中で、何箇所か、どうしても画像が少し乱れてしまう箇所ができてしまいました。具体的には、後半部分の、1時間20分、1時間51分、1時間55分と2時間11分の時点です。それぞれ2分間ほど、講師のお顔の画像の解像度が下がって、少し見づらくなってしまいます。

これは、そのDVDが不良品であるということではなく、収録時に不可避に起こってしまった現象です。 もともと、3時間7分もの長時間の講演会を1枚のDVDに収録しておりますので、画質に関しては完璧を期することは難しい、という事情もございます。この点をお汲み取りいただき、何卒、ご理解をいただけましたら幸いです。





買い物に戻る