ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:827 昨日:16918
合計:93500151
 
ふじむら掲示板





※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[524]2022年11月現在、イーロン・マスクと国防総省(特に宇宙軍)との仲はとても良好だ。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-11-05 21:33:45

かたせ2号です。

<本投稿の主張内容(本文)>
2022年11月現在、イーロン・マスクと国防総省(特に宇宙軍)との仲はとても良好だ。
この件は重要だ。
仲がとてもいいのだから、ウクライナのスターリンクの件について、イーロン・マスクが負担する赤字の補填をするのは、国防総省にとって簡単にできるし、また、本来は、双方がすぐに合意できる話なのだ。
でも、実際には、イーロン・マスクが、先月2022年10月18日に、国防総省との補助金の交渉から手を引いたと、声明を出した。その状況は現在も変わっていない。
結果として、ウクライナに配置されたスターリンクを撤収するかどうかは、国防総省の手を離れて、イーロン・マスクの一存で勝手に決定できる仕組みが出来上がっている。ウクライナのゼレンスキーにとっては「ダモクレスの剣」である。
(ダモクレスの剣:栄華を極めるものには常に死の危険が隣り合わせになっている事。王位をうらやむ廷臣が王座に座らされ、頭上に毛一本でつるされた剣に気づく、古代ギリシャの故事から。)

以上から、私、かたせ2号は、「このような状況を、国防総省(宇宙軍)とイーロン・マスクは、作りあげたかったのではないか。これが、アメリカ政府のウクライナ政府への「ホンネ」ではないのか」と考える。


<本投稿の主張内容の根拠の提示>
根拠となる情報を以下に2つ掲載する。ご参考ください。

1.
岡村 聡さんのツイート(2022年11月3日(日本時間))
https://twitter.com/satoshi_okamura/status/1587966560492486657
で知った、以下のツイートを紹介する。
 ↓
Sawyer Merrittさんのツイート(2022年11月2日(アメリカ東部標準時))
https://twitter.com/SawyerMerritt/status/1587952256518758400
【イーロン・マスクは今日(2022年11月2日)、ペンタゴンの式典に出席した。
ワシントン郊外のアンドリュース空軍基地で行われた指揮官交代式である。米宇宙軍の初代トップであるジョン・レイモンド将軍の退任を記念して行われた。彼は自らイーロンを招待した。
統合参謀本部議長のマーク・ミリー将軍も、発言の中でマスク氏を名指しした。「彼が象徴するのは、現実には、民間と軍の協力とチームワークの組み合わせで、米国を宇宙で最も強力な国にしている」。】


2.
CNET JAPANのサイトから。
記事名:SpaceX、大型ロケット「Falcon Heavy」を打ち上げ--2019年以来
2022年11月2日配信
https://japan.cnet.com/article/35195463/
(引用開始)
2022年11月1日、世界最大級のロケット「Falcon Heavy」が、3年間の休止期間を経て、再び宇宙に打ち上げられた。
今回の打ち上げは、地球から約2万2000マイル(3万5000km)離れた静止軌道(GEO)にペイロードを投入する、米宇宙軍のミッション「USSF-44」の一環だ。GEOは、SpaceXの「Starink」衛星が周回する、地球から340マイル(550km)の地球低軌道(LEO)よりも、はるかに遠くに位置する。
 Falcon Heavyは2018年に初めて打ち上げられたが、SpaceXはその後、取り組みの焦点を「Starship」に移している。Starshipは、いつの日か人間を火星に運びたいとElon Musk氏が考えるロケットだが、試験はまだ完了していない。
 Starshipは、2024年以降に人類を月と火星に送るという米航空宇宙局(NASA)の「Artemis」ミッションの目的を果たす可能性がある。Artemisのロケットのコアステージの主な契約業者は、Boeingだ。
 Falcon Heavyには、未発表の大型衛星と超小型衛星「TETRA-1」という2つのペイロードが搭載されていると、米宇宙軍は所有するYouTubeチャンネルの1つの説明文で述べている。
https://www.youtube.com/watch?v=MUcfBgoKTFQ
(引用終わり)

以上



[523]ファイザー社がTwitter社から広告を引き上げた。(2022年11月4日、AFP報道)
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-11-05 17:10:27

かたせ2号です。

AFP通信から引用する。

記事名:世界の大企業、相次ぎツイッター広告停止
2022年11月4日配信
https://www.afpbb.com/articles/-/3432298?cx_part=search
(引用開始)
米食品大手ゼネラル・ミルズや独自動車大手フォルクスワーゲンといった世界の大企業が2022年11月3日、ツイッターへの広告出稿を一時停止した。
 ゼネラル・ミルズの広報担当者は「この新たな方向性を注視し、当社のマーケティング費用を評価していく」と述べ、米紙ウォールストリート・ジャーナルの報道内容を認めた。
 WSJは匿名の情報筋の話として、VWや米医薬品大手ファイザー、米食品大手モンデリーズインターナショナルが、同様の措置を取っていると報じていた。
 米自動車大手ゼネラル・モーターズは先週、実業家イーロン・マスク氏によるツイッター買収を受け、大手広告主で初めてツイッターへの広告出稿を一時停止した。
(引用終わり)


これに対するイーロン・マスクのコメント。(2022年11月4日)
https://twitter.com/elonmusk/status/1588538640401018880
【Twitter has had a massive drop in revenue, due to activist groups pressuring advertisers, even though nothing has changed with content moderation and we did everything we could to appease the activists.
Extremely messed up! They’re trying to destroy free speech in America.
(日本語訳)Twitterは、活動家グループが広告主に圧力をかけたため、収益が大幅に減少しました。コンテンツの許容度は何も変わっておらず、活動家たちをなだめるためにできることはすべて行ったのに、です。とんでもなく酷い話だ!  彼らはアメリカの言論の自由を破壊しようとしている。】


かたせ2号です。
以下にコメントします。

(1)製薬企業のファイザーなどは、広告を引き上げずに、Twitterへの影響力を保持したままの方が、絶対に自社の利益につながると、私なら考える。情報を取り扱って発信する類(たぐい)の企業は、結局、広告主の意向には逆らえないからだ。

(2)しかし、自分たちの実力を信じて、「活動家たち」はTwitterへの「経済制裁」を課す。これでTwitterが窮地に陥ることを信じて。

(3)これは、2022年に西側諸国が、ロシアの海外資産(外貨準備高)の約6割を凍結した暴挙と、思考の構造はまったく変わらない。このときも、ロシアが経済破綻することを彼らは確信していた。

記事名:プーチン氏の軍事資金、制裁で「6割超を凍結」=トラス英外相
2022年4月6日配信
https://www.bbc.com/japanese/61005731
(一部引用開始)
イギリスのリズ・トラス外相は2022年4月5日、ウクライナに侵攻しているロシアのウラジーミル・プーチン大統領の軍事資金の6割以上を、制裁措置によって凍結したと述べた。その上で、さらなる対応が必要だとした。
トラス氏は、これまでの「壊滅的な打撃を与える」制裁によって、ロシア経済は「ソヴィエト時代に」逆戻りしていると述べた。
同氏によると、ロシアの外貨準備高6040億ドル(約74兆円)のうち、3500億ドル(約40兆円)以上が利用できない状態になっているという。
(一部引用終わり)

かたせ2号です。
さて、「Princess of Darkness」(と勝手に私が名付けた)であるリズ・トラス(元首相、当時は外相)の発言のように、ロシア経済は、「壊滅的な打撃を与える」制裁によって、「ソヴィエト時代に」逆戻りしたか?
現在では、西側諸国の政治家たちは、都合よく、ロシアへの経済制裁のことを、きれいに発言を慎(つつし)んでいるのが、その答えだ。

(4)力押ししかできない、つくづくバカな人たちだな、と、ある意味感心する。力押しでこれまですべて成功したから、しかたないのかもしれないが。

以上



[522]【もう一つ、補足の続き】重たい掲示板「[3481]テキサス発 アメリカ最新情報11月1日版(投稿者:西森マリーさん)投稿日:2022-11-02」を補足する。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-11-03 22:05:57

かたせ2号です。

表題の西森マリーさんの投稿(の一部)を引用します。
(引用開始)
2022年10月30日に、ハッキングでトラス前英国首相のケイタイ電話の記録が暴かれて、
https://www.asiamarkets.com/did-liz-truss-text-antony-blinken-after-nord-stream/
ノード・ストリームの破壊事件の直後に、トラスがブリンケンに It's done.「完了」(作業が終わった)と、テキスト・メッセージを送っていたことが分かりました。ホワイトハットはあらゆる悪事の証拠を握っているにちがいありません。
(引用終わり)

かたせ2号です。
たびたびですみません。この件について、「追加の追加」で補足します。

Daily Mailのサイトから。
2022年11月1日23時16分(日本時間)配信。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-11377539/Russia-claims-British-PM-texted-Blinken-shortly-Nord-Stream-pipeline-explosion.html
(抜粋開始)
米国は、リズ・トラス英首相がノルドストリーム・パイプラインの爆発後にアントニー・ブリンケンに「It’s over」というメールを送ったという「事実無根」のロシアの「ばかげた」主張を非難している。
ロシアは、英米がノルドストリーム・ガスパイプを爆破するために共謀していると非難している。
ウラジーミル・プーチン大統領のドミトリー・ペスコフ報道官は、リズ・トラスが攻撃後にブリンケンにメールを送ったことを証明する証拠を発表していない。
この主張は、詐欺で有罪判決を受ける前にウェブサイトMegauploadを運営していたキム・ドットコムが、この陰謀を流布し始めた後に出てきたものです。
キムは、この主張の証拠も公開していない。
彼は、彼女が外務大臣だったときにロシアが彼女の携帯電話をハッキングした後、情報はTrusのiCloudから来たと主張している
ロシアの主張は、イギリスのMail on Sundayが最初に報じたTrussの電話ハッキングについて知られていることと矛盾しているように見えます。
新聞によると、ハッキングはトラスがまだ外務大臣で、首相としてボリス・ジョンソンを置き換えるために実行されている間に発見された。
(抜粋終わり)


かたせ2号です。
以下にこの記事を読んだときの私の感想を述べておきます。

・ロシアが何の証拠も持たずに、リズ・トラス英首相がノルドストリーム・パイプラインの爆発後にアントニー・ブリンケンに「It’s over」というメールを送った、というKim Doctomさんのツイートにそのまま、乗っかるはずなどない。
・ロシアは、トラスの外相時代ではない「首相時代」の通信記録も傍受できている、と暗に言っている。
・ロシア側は、英米側のこのような反応を引き起こすように動いたはずだ。この反応を受け、Kim Doctomさんが述べているように、ロシアがいろんな証拠を今後、提示してくるだろう。
・Daily Mail紙がこの件を前に進める上での「触媒」の役割を果たしていて、実に見事だ。ジョージ・ソロス嫌いの新聞なので、当然といえば当然ではある。

以上



[521]【補足の続き】重たい掲示板「[3481]テキサス発 アメリカ最新情報11月1日版(投稿者:西森マリーさん)投稿日:2022-11-02」を補足する。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-11-03 21:41:12

かたせ2号です。

表題の西森マリーさんの投稿(の一部)を引用します。
(引用開始)
2022年10月30日に、ハッキングでトラス前英国首相のケイタイ電話の記録が暴かれて、
https://www.asiamarkets.com/did-liz-truss-text-antony-blinken-after-nord-stream/
ノード・ストリームの破壊事件の直後に、トラスがブリンケンに It's done.「完了」(作業が終わった)と、テキスト・メッセージを送っていたことが分かりました。ホワイトハットはあらゆる悪事の証拠を握っているにちがいありません。
(引用終わり)

かたせ2号です。
この件について、追加で補足します。

上記西森マリーさんご紹介の記事で証言台に立っているKim Doctomさん、および彼が紹介しているツイートを紹介します。

この中で、ロシアのザハロワ報道官が「ノード・ストリーム破壊事件に英米が関与している証拠を(trussの”it’s done“かどうかは不明だが)今後、公にする。」とすでに明確に意思表示していました。

Kim Doctomさんのツイート(午前11:28 · 2022年11月3日(日本時間))
https://twitter.com/KimDotcom/status/1587995219437711360
【以下のスレッドを読むと、これから何が起こるか理解できる。ロシアは、ノルドストリーム妨害行為における英国政府の責任に関する証拠の大公開を計画しているようだ。私が聞いたところでは、その証拠は、米国政府が共謀していることを示している。今後数週間は、米国と英国にとって非常に困難な状況になるかもしれない。】
 ↓
M. K. Bhadrakumarさんのツイート(午後10:54 · 2022年11月2日(日本時間))
https://twitter.com/BhadraPunchline/status/1587805368985735168
【モスクワ、MI6を追い詰める。
ロシア外務省報道官マリア・ザハロワ:「2022年10月29日のセヴァストポリの黒海艦隊基地へのテロ攻撃とノルド・ストリーム・パイプラインに対する破壊行為に英国の情報機関が関与したことは疑いようがない」。
「彼らは無反応では済まされない。我々は安保理でこのことを表明した。我々はそのことを公に話した。英国大使は召喚され、関連資料を与えられるだろう。同じ資料は、広く一般にも公開されるだろう。
「彼らはテロ攻撃の責任を免れようとした。そんなことは知らなかったと。とても奇妙な反応だった。しかし、彼らは、これまでと同じように、ロシア国防省と接触している。」
「原則的に、ある事柄をクリアにしようとすることはできたはずだ。しかし、彼らはすべての質問の答えを先回りして知っていることが判明した。彼らは、自分たちは何もしていないと主張している。しかし少なくとも、どんな証拠があるのか聞くべきだった」。】

以上



[520]重たい掲示板「[3481]テキサス発 アメリカ最新情報11月1日版(投稿者:西森マリーさん)投稿日:2022-11-02」を補足する。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-11-03 19:05:29

かたせ2号です。

表題の西森マリーさんの投稿(の一部)を引用します。
(引用開始)
2022年10月30日に、ハッキングでトラス前英国首相のケイタイ電話の記録が暴かれて、
https://www.asiamarkets.com/did-liz-truss-text-antony-blinken-after-nord-stream/
ノード・ストリームの破壊事件の直後に、トラスがブリンケンに It's done.「完了」(作業が終わった)と、テキスト・メッセージを送っていたことが分かりました。ホワイトハットはあらゆる悪事の証拠を握っているにちがいありません。
(引用終わり)

かたせ2号です。
この件について、2022年10月30日の暴露以降、途中経過はありましたが、現時点の最新状況を補足します。結論としては、西森マリーさんのご指摘の通りです。

すなわち、
西森マリーさんご指摘の情報について、本日2022年11月3日、ロシア政府は、「それが事実だ」と正式に表明しました

その根拠となる情報を以下に示しますので、ご参考ください。

oopstopsサイト。
https://oopstop.com/patrushev-said-that-the-united-states-and-great-britain-are-recruiting-terrorists-to-the-side-of-kyiv/
本日2022年11月3日配信
(抜粋開始)
ロシア連邦安全保障理事会のニコライ・パトルシェフ書記は、2022年11月3日(木)、モスクワで行われた、CIS諸国の同僚との会合後の会見の中で、ノルドストリームに対するテロ攻撃の主な受益者は米国であると述べました。彼は、英国の元首相が米国の国務長官に「すべて完了した」と報告したSMSメッセージに注目しないわけにはいかないと指摘しました。
(抜粋終わり)

かたせ2号です。
このときのニコライ・パトルシェフ書記のコメント動画がyoutubeに挙げられています。
記事名:Russia has evidence of UK committing terrorist attack on Nord Stream pipes.
(ロシアは、英国がノルドストリーム・パイプでテロを行ったという証拠をつかんでいる。)
https://www.youtube.com/watch?v=3okGSZA5x28

(動画での声明英語訳の全文引用開始)
Obviously, the main beneficiary of these terrorist attacks [on the Nord Stream] is the United States. According to the Russian Defense Ministry, representatives of the British naval forces took part in their planning and implementation. It is impossible not to pay attention to the SMS message, which at that time British PM Liz Truss immediately reports US Secretary of States Anthony Blinken after the gas pipeline gas pipelines were blown that “everything is done.”
(動画での声明英語訳の全文引用終わり)

かたせ2号です。以下、翻訳した日本語文を掲載します。
(日本語文掲載開始)
明らかに、これらのテロ攻撃(ノルドストリームに対する)の主な受益者は米国である。ロシア国防省によると、英国海軍の代表者がその計画と実行に参加しました。当時、英国のリズ・トラス首相が、ガスパイプラインのガスパイプラインが爆破された後、アンソニー・ブリンケン米国務長官に 「すべて完了した」と直ちに報告したSMSメッセージに注意を払わないわけにはいかないのです。
(日本語文掲載終わり)

かたせ2号です。
上記下線部コメントの通り、ロシア政府は正式な意見表明をしました。
かつ、西森マリーさんご指摘の情報について、ロシア政府でも確かな情報をつかんでいることも、上のコメントを素直に読めば、もはや明らかです。

以上補足します。

PS ロイターは2022年10月30日以降、この情報を無視し続けています。今後も無視するのか(無視できるのか)どうか注目していきます。



[519]外相時代のリズ・トラスのネタがまだまだ続く。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-10-30 18:18:49

かたせ2号です。
表題の件、本日のふじむら掲示板[516]への投稿で、後始末をつけたつもりでしたが、まだまだ続きます。

すでに本日2022年10月30日に、共同通信から日本にも入ってきているニューズです。


MKOさんのツイート(本日2022年10月30日)
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1586600154051665920
【外相時代のリズ・トラスの私的電話が、ロシアにハッキングされ、トップシークレットが知られてしまった!】

かたせ2号です。

このニューズによって、「ロシア滅ぼすべし」派の世界的エースだったリズ・トラスは、「完璧に」その政治的影響力を失いました。彼女の政治家生命はこれで絶たれました。
今後は、単なる核戦争好きの「ちょっと気が触れた女の子」(by プーチン)という評価が固まっていきます。


以下、MKOさんが引用していたDaily Mailの記事記事を紹介します。
2022年10月29日配信。
https://www.dailymail.co.uk/news/article-11368619/Liz-Trusss-personal-phone-hacked-Putins-spies-secret-details-negotiations.html#i-402efff8d99e9130
(抜粋開始)
リズ・トラスの個人的な携帯電話 が、クレムリンのために働いていると疑われるエージェントにハッキングされていたことが、The Mail on Sundayによって明らかにされました。
このサイバースパイは、主要な国際的パートナーとの極秘のやりとりや、彼女の主要な政治的盟友であるKwasi Kwarteng国会議員とのプライベートな会話にアクセスしたとみられています。
ある情報筋によると、携帯電話は非常に危険な状態にあったため、現在では政府の安全な場所にある鍵付きの金庫に保管されているとのことです。

このハッキングは、トラス女史が外務大臣だった夏の党首選挙中に発覚しましたが、当時首相だったボリス・ジョンソンとサイモン・ケース官房長官によって詳細がもみ消されました。
外国人の手に渡ったメッセージには、トラス女史と将来の大蔵大臣となるクワルテン氏がジョンソン氏を批判する内容が含まれており、脅迫の危険にさらされる可能性があったことが判明しています。関係者によると、最大で1年分のメッセージがダウンロードされたと言われています。
また、ウクライナ戦争について、武器輸送に関する詳細な議論など、海外の上級外務大臣との非常に機密性の高い議論も含まれていたとみられています。

セキュリティ関係者が明かしたこの驚くべき事件は、なぜトラス女史が首相就任直前に10年以上使ってきた携帯電話の番号変更を余儀なくされたのかという謎を解くものです。この変更により、突然連絡が取れなくなった閣僚やアドバイザーの間に不安が広がりました。

この事件を知るある関係者は、昨日(2022年10月29日)、この情報漏洩について、「とんでもない大混乱を引き起こした。ボリスにはすぐに報告され、内閣官房長官とは、ニュースを完全に遮断することで合意した」と語りました。
「外務大臣の携帯が、ウラジミール・プーチンのロシアのために働いていると推定されるエージェントによって、恥ずかしい個人的なメッセージを簡単に略奪されるのであれば、諜報機関にとってあまり良い印象ではないだろう」。

トラス女史の味方は、ハッキングのニュースが漏れれば、首相の座を狙うチャンスが失われるのではないかと心配していたと言い、ケース氏が報道管制を敷くまで、彼女は「眠れないほどだった」と付け加えています。

元保守党党首でロシア批判の第一人者であるイアン・ダンカン・スミス氏は、「これが、我々が直面していることだ。ロシアはいつもこうだ。これは彼らの唯一の目的であり、私たちに仕返しする方法なのだ。我々は、一般的に携帯電話についてあまりにもカジュアルだ。大臣たちはもっと注意深くあるべきで、個人の携帯を何かに使うべきではない。私は、私自身の個人的な携帯電話がハッキングされていると仮定して動いている。」

影の内務大臣イヴェット・クーパーのコメント「これは非常に深刻な事態だ。それは、私たちに害を与えるであろう国からの脅威の深刻さを示し、かつ、なぜサイバーセキュリティが、政府のすべての人によって非常に考慮されるべきかを示す理由だ。私たちは、政府がこの事件の重大性を認識していることを知る必要がある。」

政府の広報担当者は昨夜、「個人のセキュリティ対策についてはコメントしない」と述べました。「政府は、サイバー脅威から保護するための強固なシステムを導入している。これには、閣僚に対する定期的なセキュリティ説明会や、個人データの保護に関するアドバイスも含まれている」。

安全保障の専門家であるAntony Glees教授は、The Mail on Sundayの暴露に「度肝を抜かれた」と述べ、次のように付け加えました。「ここで起こったことは、まったくぞっとするようなことで、国家安全保障の問題になると極めていい加減な政府であることを示している。大臣が私用携帯を使って、WhatsAppや私用メールで政府の仕事をしているのだから、すぐにやめさせなければならない。まったく無責任、まったくもって恐ろしいことだ。
二重に恐ろしいのは、ボリス・ジョンソンがこの事実を知っていながら、それを伝えないという選択をしたことだ。そして、リズ・トラスだけでなく、彼女の携帯電話が危険にさらされている可能性があることを恐れている。
明らかな容疑者はロシア、中国、北朝鮮、イランで、彼らは外務大臣が何を通信しているかを知ることに大きな関心を持っているはずだ。しかし、第一の容疑者はロシアだろう」。

トラス女史は外務大臣、首相時代にプーチンに対して妥協を許さない態度をとっていましたが、その一方で英国はウクライナの強力な支持国の一つでした。

Mail on Sunday紙はまた、首相時代の最後の数日間、ロシアがウクライナやその近くで核兵器を配備した場合に備えて、トラス女史が天気予報に執着するようになったことを明らかにしました。「英国に向かう放射能雲を懸念していたのだ。」とある情報筋は述べました。

Mail on Sunday紙は今月(2022年10月)初め、ハッキングされたことが明らかになったトラス氏の携帯電話番号が、25人の閣僚の番号とともに、インターネット上でわずか6.49ポンドで売りに出されていたことを明らかにしました。
(抜粋終わり)



終わり



[518]松下幸之助の生涯の業績を評価する(結論:7~8割の部分で、日本の国に良い影響をもたらした)
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-10-30 12:51:23

今後どうやら、統一教会と松下政経塾出身の政治家との関係も暴かれそうだ。

かたせ2号です。

いま、書くべきタイミングだと判断したので、松下幸之助の業績評価について記載する。
私の個人的な意見にすぎないので、大変恐縮です。
でも、書かせてください。

1.
私は松下幸之助を、人間として、ものすごく尊敬している。
その昔、Nationalショップ(当時のパナソニック製品専門の販売店)の一隅に「素直」の幸之助の額が掲げられるのを見て、心底「たまげた」ことがある。
そのころから、松下幸之助の生涯の履歴や、その発言についても、勉強してきた。

そして最近のあるとき、「松下幸之助とは、周囲の人たちを一切あざける心を持たなかった人だ」と気付いた。

以下は、松下幸之助の発言。
「すべての人を自分より偉いと思って仕事をすれば、必ずうまくいくし、とてつもなく大きな仕事ができるものだ。」

実際に彼は、このように心の底から思い、信じ、かつ、生涯にわたって実践できた人物である。
1000万人に一人の人物である。

松下幸之助は、経営者および思想家として、日本に良い影響を与えた。それが、松下幸之助の生涯の業績の7割~8割を占める。

なお、副島隆彦先生の学問道場会員の方は、以下の副島隆彦先生の「今日のぼやき」記事をご参考ください。副島隆彦先生の情報収集力および分析力には、改めて舌を巻く思いだ。

「1558」岩瀬達哉『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮文庫)を読む。(1) 松下幸之助と野村吉三郎元駐米大使と米国のつながりが重要だ。2015年9月27日
http://www.snsi.jp/tops/boyaki/1854

「1561」岩瀬達哉『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮文庫)を読む。(2) 松下電器が抱える裏の歴史を語る。2015年10月16日
http://www.snsi.jp/tops/boyaki/1857

「1562」岩瀬達哉『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮文庫)を読む。(3) 松下幸之助の対米人脈から見えてくる日本の戦後史を語る。2015年10月23日
http://www.snsi.jp/tops/boyaki/1858


2.
一方で、松下幸之助の「負」の業績が、2割から3割を占める。

一つは、娘婿の松下正治をパナソニックの経営から退かせることができなかったため、その後のパナソニックの業績の低迷につながったこと。

東洋経済ONLINE。
岩瀬 達哉氏の記事。
記事名:あの人事抗争がパナソニックを没落させた。松下幸之助の"遺言"をめぐる壮絶な抗争。
https://toyokeizai.net/articles/-/74223


3.
もう一つは、松下政経塾出身の政治家たちの多くが、日本の国に害悪をもたらしていること。
そのことが、今後、しかるべきタイミングで暴かれていく。

GHOSTRIPONの屋形のサイト。
記事名:統一教会の件で、松下政経塾が出てきた(2022年10月29日)
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12771830824.html

上の記事中で引用されたツイート
イカ様ばななさん(2022年10月29日)
【鈴木エイト氏「(統一教会の)名称変更の関係に絡んだ人でまだ名前が出てないあるキーマンがいるんですけど、それが松下政経塾関連、と言われている。」
誰だろう?
↓この動画いろいろ面白い
https://twitter.com/i/status/1586222814683484161 】

以上



[516]プーチン曰く、「(彼女は)ちょっと気が触れた女の子」。イギリス元首相リズ・トラスの外相時代の発言の後始末をしておく。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-10-30 09:21:01

かたせ2号です。

<最初に>
リズ・トラスは、イギリス首相としては短命で終わり何の業績も残さなかったが、首相になるまでの外相時代、2022年の数ヶ月間、「ロシアを滅ぼすべし」派の世界的なエースとして、重要な役割を果たした。

具体的には以下の通り。

・2022年4月3日のブチャのでっち上げ事件直後から、ウクライナのゼレンスキー大統領と連携、ドイツを筆頭とするEU諸国を、ロシアへの強硬な(=EU諸国の経済にとって過酷な)制裁へと追い込んでいった。
その際、2022年4月5日、当時のジョンソン首相をさしおいて、ロシアの資産凍結金額が約40兆円、約6割超であると、西側で最初に世界に公表する「栄誉」に与(あずか)っている。
(詳細は、ふじむら掲示板:[271]ブチャの事件の目的は、ドイツをロシア産天然ガスの年内輸入停止に追い込むことだった。)

・2022年4月27日には、マンションハウス(ロンドンの金融街シティーの行政長にあたるロード・メイヤーの公邸)で、「冷戦後の新たな地政学の追求の為に(台湾等と連携した)グローバルNATOが必要」と世界的規模の戦略を披露した。
これは、ユーラシア大陸の東西で戦火を起こし、最終的に中露を滅ぼすという、ジョージ・ソロスの構想と一致する。
(詳細は、ふじむら掲示板:[300]2022年4月27日英国外相トラス演説の重要性。「中国に日本をぶつけて中国を崩壊させる」計画の「キックオフミーティング」でもある。)

かたせ2号です。
これに付け加えるべき発言が残っていたの発見したので、以下に記録する。

<本投稿の本文>

ロイター記事。
記事名:世界は第二次世界大戦以来の最も危険な10年に直面=プーチン氏
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-putin-nuclear-idJPKBN2RM1QA
2022年10月28日配信
(引用開始)
ロシアのプーチン大統領は2022年10月27日、世界は第二次世界大戦以来、最も危険な10年に直面していると述べ、衰退している西側諸国がロシアに対して核による脅迫を行っていると非難した。
ロシア専門家との会合「バルダイ・ディスカッション・クラブ」で、ウクライナへの軍事侵攻に後悔はないとし、西側諸国が戦争をあおり、世界中に混乱をもたらす「危険で血に染まった汚い」地政学的ゲームを展開していると非難。「西側諸国が世界情勢を一手に支配してきた歴史的時代は終わりを告げようとしている。われわれは今、歴史的な境目に立っている。この先はおそらく、第二次世界大戦以降、最も危険で予測不可能かつ重要な10年になるだろう」とした。
また、トラス前英首相が状況次第では英国の核抑止力を行使する用意があると発言したことを引き合いに出し、核の緊張をあおったのは西側諸国だと主張。さらに、放射性物質をまき散らすことを目的とした「汚い爆弾」をウクライナが使用する可能性があるとの見解を改めて示した上で、ウクライナ側はこのようなロシアの見解はロシア自身が「汚い爆弾」を使用する計画があることを意味すると主張しているが、それは誤りだと強調した。
核兵器の使用についてロシアが言及したことはないとした一方、核を巡り激化する可能性については、核兵器が存在する限り、その危険性は存在するとした。
また、ロシアの軍事ドクトリンは防衛のためにのみ核兵器を使用することを認めているとし、ロシアがウクライナで核兵器の使用を検討しているとの主張を否定。核戦争寸前まで達したキューバ危機を巡り当時のジョン・F・ケネディ米大統領とともに状況を打開した旧ソ連最高指導者ニキータ・フルシチョフ氏のような立場になることは望まないとした。
さらに、ロシアは米国と核軍縮を巡る協議を再開する用意があると指摘。ただ、ロシア側が提案した「戦略的安定」に関する協議について、米国から何の反応もなかったとした。
(引用終わり)


かたせ2号です。
リズ・トラスの発言を調べ直した。
「トラス前英首相が状況次第では英国の核抑止力を行使する用意があると発言した」のは、おそらく、以下の発言のことだろう。

航空万能論サイトから。
記事名:英首相候補のトラス氏、地球滅亡の危険があっても核兵器による報復を命じる
2022年8月25日
https://grandfleet.info/european-region/uk-prime-minister-candidate-truss-orders-nuclear-retaliation-even-if-the-planet-is-in-danger-of-annihilation/
(抜粋開始)
英新首相の座をスナック財務相と争っているトラス外相は2022年8月24日、Times Radioのイベントで「地球滅亡を引き起こす可能性があっても核兵器による報復を命じる覚悟がある」と示唆、会場の民衆は大きな拍手でこれを支持した。
イベントの司会者は「あなたが首相になればNumber10(ダウニング街10番地)のプライベートな部屋に通され、目の前に最終手段の手紙=トライデントを搭載する艦長への命令書と呼ばれるものが並べられるだろう。核兵器による報復を命令すれば地球規模の滅亡を意味する。私は核兵器のボタンを押すかどうかは尋ねないが、あなたはイエスと答えるだろう。この仕事に直面した場合きっと自分なら気分が悪くなるだろう」と述べて「あなたならどう感じるか?」と質問。
これにトラス外相は「首相としての重要な義務であり、私はそれを行う準備が出来ている」と答えたため、会場の民衆は大きな拍手でこれを支持した。
(抜粋終わり)


かたせ2号です。

以下は、私のコメント。

(1)「地球滅亡の危険があっても核兵器による報復を命じる」と、首相の座が決まる直前にもかかわらず言い切ったのは、さすが「ロシアを滅ぼすべし」派の世界的なエースだ。普通はもっと穏当な発言をするでしょう。
(2)イギリスの経済的苦境によって、リズ・トラスが早々に政治的影響力を失って、第三次世界大戦の可能性が少しでも減ったのは、大変喜ばしいことだ。2022年8月24日のリズ・トラス発言を知ってしまうと、そう判断せざるを得ない。
(3)ロシアのメドベージェフが、リズ・トラスの辞任直後に祝電ツイートを送った。このような背景がわかれば、その深い意味がよくわかる。


さて、プーチンは、このトラス発言をつかまえて、彼女を「ちょっと気が触れた女の子」と名付けた。ロシアのタス通信報道に、この発言が明記されている。(記事内容は上記ロイターの報道と同じだが、こちらの方がより詳しい。)

藤原直哉さんのツイッタースレッドに、タス通信報道の日本語訳が掲載されている。そこから、プーチンの発言の一部を抜粋する。
https://twitter.com/naoyafujiwara/status/1585742631078096896
【核の脅威について
核兵器が存在する限り、核兵器が使われる危険は常にある。ロシアが使用可能と考える状況は、ドクトリンに明記されている。
モスクワは核兵器使用の可能性を最初に言ったことはなく、西側指導者の発言に対して「ほのめかした」だけである。ロシアは、西側諸国が意図的に脅迫していると考えている。
例えば、「ちょっと気が触れた女の子」リズ・トラス(すでに元英国首相)の発言に、当時は誰も反応しなかったのである。
ロシアがウクライナに核攻撃を行うことは軍事的にも政治的にも意味がなく、「今、核の脅威で騒いでいる」のは、モスクワの同盟国、友好国、中立国に圧力をかけるためである。】

かたせ2号です。

以下は、私のコメント(続き)。

(4)プーチンの「(リズ・トラスは)ちょっと気が触れた女の子」発言について、以下の通り解釈する。
・「女の子」とは、自分で考えて出した結論を「大人」として発言していない、という意味だ。要は、誰かの発言をそのまま「スピーカー」として述べているに過ぎないという指摘(皮肉)。
・誰の「スピーカー」か? ジョージ・ソロスだ。だから、この発言は「ジョージ・ソロスよ、おまえはもう『ちょっと気が触れ』ているぞ、大丈夫か?」というメッセージでもある。
(5)何にしても、(3)の、ロシアのメドベージェフが2022年10月20日に発信し、イーロン・マスクが2022年10月22日に同意したツイート、これに私も同意する。
https://twitter.com/MedvedevRussiaE/status/1583100500030808064
【Bye, bye @trussliz, congrats to lettuce
(日本語訳)バイバイ、リズ・トラス。レタスよ、おめでとう】


以上で、イギリス元首相リズ・トラスの外相時代の発言の後始末を終わる。

終わり



[515]【餃子の王将社長殺害事件】すでに、「不適切な取引を指摘された企業グループを経営していた男性」への任意聴取が終わっている(2022年10月29日)。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-10-30 07:59:08

かたせ2号です。
表題の任意聴取は、2016年1月に引き続き、昨日2022年10月29日にも行われた。
すべての準備は終わっている。
だから、動きが早い。


読売新聞サイトから。
記事名:王将フードと不適切取引との指摘、企業グループの男性を参考人聴取…社長射殺事件で京都府警
https://www.yomiuri.co.jp/national/20221029-OYT1T50031/
2022年10月29日配信
(引用開始)
2013年12月に京都市内で起きた「餃子の王将」社長射殺事件で、京都府警は2022年10月29日、王将フードサービスの第三者委員会から同社との不適切な取引を指摘された企業グループを経営していた男性(78)を、参考人として任意聴取した。府警は男性の関係先も捜索した。捜査関係者への取材でわかった。
 府警は2016年1月にも男性の関係先を捜索したほか、任意で事情を聞いていた。
京都府警の捜査では、「王将フードサービス」の社長だった大東隆行さん(当時72歳)と、殺人容疑で逮捕された特定危険指定暴力団・工藤会系組幹部、田中幸雄容疑者(56)や工藤会との接点は確認されていない。府警が関心を寄せているのが、王将フードサービスの不適切取引だ。
同社は、事件に暴力団組員が関与した可能性が2015年12月に報じられたことを受け、経営陣と反社会的勢力の関係を調べる第三者委員会を設置。2016年3月、2005年頃までの10年間に特定の企業経営者と総額約260億円に上る不適切な不動産取引などを繰り返し、うち約170億円が回収不能になったことを明らかにした。第三者委は、同社と反社会的勢力との関係は「なかった」とした。
一方、大東さんは、こうした取引を解消しようと、2013年11月、不適切取引に関する内部報告書をまとめていた。その1か月後に大東さんは殺害された。府警は大東さんが不適切取引の解消を巡って何らかのトラブルに巻き込まれていなかったか慎重に調べている。
(引用終わり)


かたせ2号です。
読売新聞が今後、記者たちの個人プレーではなく組織をあげて、この事件の背景の究明をしていくことを、私は期待する。

以上



[514]どらえもんさんの、その他のツイートも紹介する。
投稿者:かたせ2号
投稿日:2022-10-29 10:43:21

かたせ2号です。

どらえもんさんのその他のツイートを紹介します。ご参考ください。

2022年10月28日
https://twitter.com/doraemon0349/status/1585873215347339264
【餃子の王将社長射殺事件で、別事件で服役中の工藤会幹部を逮捕。安倍晋三暗殺事件がなければ、闇から闇だったかもしれない事件が次々と明るみに。この事件もその一つ。工藤会は安倍支援の893。かつて安倍晋三下関事務所銃撃事件に絡み、安倍事務所が300万円を工藤会に渡したことが法廷で明らかに。】


本日、2022年10月29日
https://twitter.com/doraemon0349/status/1586092716911255552
【現場に落ちていたタバコのDNA鑑定で犯人は最初から特定できていたのに、捕まえられなかったのは、王将が統一教会のカネ蔓で、安倍事務所が捜査を止めていたから。安倍晋三氏の死で、安倍事務所が権力を失い、パンドラの箱が開いた。まだいっぱい膿が出てくる。まだ序章。刑事事件だらけ。二課の世界。】


尾﨑全紀(おざきまさのり)さんツイート。(2022年10月27日)
https://twitter.com/ozakimasanori1/status/1585467143310962688
【2015年8月六代目山口組から分裂する形で神戸山口組が結成された。池田組も2020年7月に神戸山口組から脱退し、独立組織として活動している。その後も、脱退する組織があとを絶たず、「反・六代目山口組」の立場である神戸山口組、絆會、宅見組、池田組がそれぞれ独立組織として活動している状況だった。】
⇒NEWSポストセブンの抜粋。
記事名:白昼に抗争。散髪中の「反・六代目山口組同盟」のキーマン襲撃 店内は血の海
https://www.news-postseven.com/archives/20221026_1806645.html?DETAIL


上記ツイートを引用して、どらえもんさんがツイート。(2022年10月27日)
https://twitter.com/doraemon0349/status/1585478286548774913
【実は神戸山口組が分裂した2015年に統一教会から分派したサンクチュアリ協会(米国で2008年に文亭進が設立)が設立。山口組と統一協会が笹川良一を介して繋がり、岸安倍家や中曽根家、麻生家などと繋がってきたのが日本の裏社会の歴史。
統一協会の献金システムが崩壊の危機にあり、さらに闇の利権である覚醒剤などの麻薬利権を巡って、山口組と反山口組同盟の最終戦争へと向かう狼煙にされたのが安倍晋三氏でした。表の統一教会の分裂内紛と裏の山口組VS反山口組の抗争抜きには事件の真相解明も進みません。】

以上






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号