ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:9631 昨日:18247
合計:62214319
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2297]『属国日本論』の読書感想文
投稿者:橋本暢
投稿日:2018-04-03 20:07:39

丁度、『属国日本論』が読み終えたんで、この本はもう通説な事もあって、感想文を書くつもりもないんですが、下のいくつかの重たい掲示板の意見とか殆ど全てその通りだというついでになんか書いてみます。(ただ、最終的に多国籍企業を作らないといけないと思うんで、そこでなんか護送船団方式な事が必要になると思います。もうそんなレベルでなそうですが)

というのも疑問があるからで、属国のように扱うことは基本的に良くないことです。なぜ日本の勝ち組はこういう事を隠すんでしょうか。中国とかなら、尾ひれをくっつけてアメリカの悪さを宣伝するところです。アメリカが隠れてカッコのよくない属国化のような事をしたいという事があれば、出所を隠して噂とかの形で、米国のそういう部分を国民の共通認識にした方が良いし。全然、隠す部分でなくて手持ちのカードだと思うんです。バブル崩壊で金融で200兆円から1000兆円くらい取られたとか(僕の見積りはその時は300兆円強)。地位協定で日本にはソルベンティがないからこういうことがあったとか。タカタは言われるが、ボーイングとかGEには言えなかったとか。色々言っても結局赤毛が増えたとか。そこが全部知りたいところだと思うんです。実際にアメリカに面と向かって言い返すかどうかは、相手は特に覇権国な訳だから作戦を考えるところな事は当たり前だし。隠す理由がアメリカが抱きしめるほどとっても好きというのであれば、そういう人はアメリカに行って貰えば良いし、反共で動くにしても事実ならそれをしながら米国と協力すれば良い訳で。基本的に共和国の方が未来的で、遅れた概念の君主国である日本に、土人でなく合理的であるはずの西洋人が、そういう時には非合理になって来るはずがなく(だから結局は土人とか関係ないと思うし)、基本的にはアメリカとかの共和国に向かうフローだけである。日本人には生まれた所の文化がすきだから、古くてもそれが良いわけですし。例えば、アメリカが覇権を失ったとして、今の大きなマネーフローがなくなって移住者とかその家族が逃げ出そうとしても、合理的な結論から日本は共和国でないんで押し返すくらいです。それと最近、ナショナリスト(?)な僕でも自民党とか他の戦後世代の愛国者の方がさらに頭の芯からやられている感じがするんです。心配になる程です。あとハーフの人の扱いに考えもない。あと誰から買うという事もあると思います。

PS:放送法も変えたいようですし(あれは僕には良さげです)、このブログもYOUTUBEの番組作ってみてはどうですか。読書人でない人のレベルアップも重要で、ついでに本の売り上げが上がるんではないでしょうか。僕なんかは政治映画とか絶対無理で、映像だと全く理解できないんですが。



[2296]やっと「天皇とは北極星のことである」の重たさが解った
投稿者:森本達樹
投稿日:2018-04-01 02:54:26

会員番号8177番の森本達樹と申します。
時折、会員専用掲示板へ駄文を投稿させていただいております。

先日、「天皇とは北極星のことである」を読み返し、その内容の重厚さに、改めて、驚愕いたしました。そして、この本は、極めて重要な事が書かれています。
この掲示板を読みに来られる方々で、まだ「天皇とは北極星のことである」を読んでいない方に、ぜひ副島先生と斎川眞先生の共著「天皇とは北極星のことである」を知っていただきたく思い、今回は、こちらの掲示板に投稿させていただきます。
 
「天皇とは北極星のことである」は、副島先生が、

日本国の国王である「天皇」というコトバは、どのようにして中国からもたらされて日本にやってきたか、を明らかにする本である。(序文。P1)

と述べられている通りの本である。
日本人の「ナショナル・ヴァリューズ(民族固有価値)」の起源と、それが生まれた時代背景が書かれてある。

特に、副島先生が、21ページにわたって書かれた序文は圧巻である。
その序文を読めば、白村江の戦いから、(奈良の)大仏開眼までの日本と中国の国情と相関関係の概観が把握でき、本編の各章の内容もすんなりと頭に入る。

私が思わず笑ったのは、

奈良の大仏の前での灌頂の儀式が度々、行われた。(中略)ゾロゾロと合計二〇〇〇人もの貴族たちが、順番に灌頂を受けた。(序文。P19)

という一節である。
これは、さしずめ、当時の貴族たちにとって、ビートルズが来日したような熱狂だったのだろう。しかも、海外ではブームが去ったビートルズの…。

「天皇とは北極星のことである」の内容を、事細かく紹介するのは無理だ。
「ぜひ、読んで欲しい」としか言えない。

ただ、私が、この本を読み終えて思ったのは「日本のナショナル・ヴァリューズや文化。国体(国制)までもが、どう考えても、学術的には中国からの移転である」という事である。

これは、ナショナル・ヴァリューズを重視する人々、特に親天皇派には受け入れがたい考えだろうが、「天皇とは北極星のことである」には、日本建国の年や、天皇号の深意を、資料と事実を提示して記述されている。
歴史(観)は政治経済の根幹に関わるので、日本のナショナル・ヴァリューズの起源を信じたくない人は信じなくて良いと思う。
こと、天皇に関しては、ナショナル・ヴァリューズとワールド・ヴァリューズ(世界普遍価値)は対立関係にあると思う。
それが顕著なのが、今上天皇の退位問題だろう。

(関連記事貼り付けはじめ)

新元号天皇陛下退位日、19年4月30日決定 翌日から新元号
https://www.asahi.com/articles/ASKCZ6TBXKCZUTFK015.html?ref=tw_asahi

(関連記事貼り付け終わり)

この件で「皇室を敬愛する」人達が怒りの声を上げないのに違和感を覚える。
「北ガーッ」と喚いていた人が、現在、ダンマリを決め込んでいるのと同じである。
私は、未来志向で前向きな生き方・考え方を貫くためにも、この件では、ワールド・ヴァリューズ(ウィンザーナイゼイション)を支持する。
今からでも、皇室典範を改正すべきだ。

「天皇とは北極星のことである」の論説で貫かれている柱に、「日本(倭国)は中国の属国だった。中国の属国をやめて(柵封体制から離脱して)目指したのは中国のような国家(律令国家。小中華帝国。)だった。」もあると思う。

柵封体制を離脱したのは、日本の国家意思であったが、律令国家の作り方(法典編纂)に必要な律令や律令解釈書の写本を遣隋使・遣唐使が日本へ持ち帰っていた事実は重要だ。(第三部/第二章)
これは、日本の国体(国制)も中国の移転である事を意味する。

日本は、明治維新後は英国の、先の大戦後は米国の属国であるが、近い将来、世界覇権国家となった中国の属国(柵封体制)に戻る。と、私も考える。

中華思想では天帝は一人だけなので、日本の天皇の存在を認めないかもしれない。
皇室を廃する事はないと思うが、天皇が「日本国王」である事を、日本人に思い知らせるだろう。
そもそも、今上天皇こそが日本国民に「ワールド・ヴァリューズ」を知って欲しいと、お望みなのかもしれない。

(関連記事貼り付けはじめ)
天皇陛下の「やり残した仕事」 退位前「訪韓」に関心強める韓国メディア
https://www.j-cast.com/2016/08/10274995.html?p=all
(関連記事貼り付け終わり)

「北朝鮮処分」同様に、天皇訪韓の実現からも目が離せない。

さいごに、「天皇とは北極星のことである」を、より深く理解するために役立つ副島本は、「なぜ女と経営者は占いが好きか」だと思います。

ぜひとも「天皇とは北極星のことである」を読んで、できれば、読後感を「重たい掲示板」に投稿していただき、皆様の御意見を、お聞かせ願います。



[2295]26日の 「習近平・金正恩の北京会談」を、ずっと10本の記事で後追いした。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2018-03-28 13:04:08

副島隆彦です。 今日は、2018年3月28日(水)です。

 私は、昨日、27日は、午前10時からテレビで、佐川宜寿(のぶひさ)への証人喚問を、始めの方だけ見ていたが、馬鹿らしくなって、やめた。警察と 検察を、安倍が押えているのに、何か、「私が捜査の対象になっておりますので、その件にはお答えできません(証言拒否)」だ。

 この、馬鹿野郎たちを、まとめて、安倍晋三以下、どうやったら、誰が、犯罪者として捕まえることが出来るのだ。 よくもこんな茶番劇を見せられて、みんな我慢しているものだな、と、私は思った。

安倍晋三も 麻生太郎も、暴力団のようなやつらだ。 こういうのが、私たちに国の指導者をやっている。なんという悲惨な国だ。 暴力団のような犯罪者たちが、のうのうと権力者をやっている。これを引き釣り降ろすことが出来ない。

 日本国の最大の弱点は、指導者の質の悪さだ。世界基準(ワールド・ヴァリューズ world values )からして指導者になる者たちがあまりにもヒドい。国民は、まじめでしっかりしているのに。

 すぐにアメリカにヘコヘコしてお金を貢ぐことで、日本の指導者にして貰っている売国奴どもが、いつも上に居座っている。アメリカと対等に交渉しようとする愛国者は、すぐに、文春や読売新聞のスキャンダル攻撃で、潰される。

 あの篭池(かごいけ)夫婦を 大阪地検の特捜部 の 女の特捜部長だそうだが、こいつが、捕まえて、口封じをしている。篭池は、もう200日(6カ月)も長期勾留(こうりゅう)されている。 本当に、検察というのは、汚れきった連中だ。きっと特殊な政治宗教団体のメンバーたちだ。

 それから、裁判官たちまでが、ヒラメ野郎( ヒラメは、目が上ばっかり見ていて、それで砂地の側の目まで、上側に移動してきた、奇妙な魚)  ばっかりで「司法の独立」がなくて、自民党の言いなりで、汚れきって、腐敗している。

篭池が、外に出ていたら、簡単にたくさんの証言を取れて、それで、昭恵や安倍晋三まで、すぐに犯罪者として逮捕されるだろう。 本当にワルいやつらだ。警察と検察が、汚れている国は、それでは、一体、誰が、まじめに犯罪捜査( インヴェスティゲイション investigation ) をするのか。

 アメリカの 連邦捜査局 FBI(エフ・ビー・アイ) は、フェデラル・ビューロー・オブ・インヴェスティゲイション で、より正確には、連邦(各州のではなく)犯罪捜査局(あるいは、庁)なのだ。 司法省(デパートメント・オブ・ジャスティス DOJ)の外局である。 

今日は、私は 北朝鮮の問題を書く。

 私が、「北朝鮮の金正恩が、26日に北京を電撃、訪問した」を知ったのは、27日の 朝の3時過ぎだった。私は、体調が良くて元気な日は、朝の3時に寝覚めて起きるようになった。老人性早起症(ろうじんせいはやおきしょう)だ。まだ真っ暗だ。それでネットのニューズで知った。 以下の ロイターの 記事だった。

その前のブルームバーグの報道 が一番、早かったようだ。

 私は、これから長々と10本の新聞記事を載せます。まじめな人は、ずっと、丁寧に読んで、付き合ってください。 人間は、ひとつのことをコツコツとやる、まじめさが大事なんだ。  副島隆彦記


3月28日 午前8時に新華社が発表した 北京での 旧金平・金正恩会談 の写真


(転載貼り付け始め)

1.「 北朝鮮の金正恩氏、中国を訪問=通信社 」

2018年3/27(火) 3:02配信  北京 26日 ロイター

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国を訪問したと、ブルームバーグ が26日、関係筋3人の情報として報じた。報道が確かであれば、北朝鮮の最高指導者の地位を継承した2011年以来、初の外遊となる。

 訪中の理由や旅程などの詳細は明らかになっていないという。ロイターは金氏の訪中を確認していない。これに先立ち、日本の複数メディアが、北朝鮮要人が特別列車で北京に到着したと報じている。

共同通信は関係筋の情報として、訪中は、悪化している中国との関係改善を図る狙いがあると伝えた。関係筋はロイターに対し、北朝鮮の要人が列車で中国遼寧省(りょうねいしょう)丹東(タントン)に到着したことを明らかにした。

同情報を巡り、中国外務省の報道官は定例記者会見で「把握していない」と応じている。

 韓国大統領府は声明で「関係諸国と緊密に連絡を取り、状況を注視している」とし現時点で、在北京北朝鮮大使館は電話に応じていない。また、北京では大通りの警備が強化され、天安門広場では旅行者が排除されるなど、厳重態勢が敷かれたという。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。このあと、私が、ネットから採集した記事を、どんどん、 2、3、4 ・・・と下の方に並べて載せてゆく。 2 の 日本語のブルームバーグの記事には、共同通信と日本テレビの 26日の報道が一番、早かったようで、この2社に拠(よ)ると、と書いている。

 私、副島隆彦は、この鴨緑江(おうりょくこう)の河口の丹東(タントン 旧名は、沈東。 日が沈む都市という意味) )に9年前に調査で行った。 鴨緑江の向こう側に、北朝鮮の兵士たちが見えた。 明かりは暗かった。2つ横断橋=鉄橋 が掛かっていて、一つは旧日本政府が作ったものだが、橋が朝鮮戦争の時の爆撃で真ん中で落ちていて「断橋(だんきょう)」と呼ばれている。 ここが、中国と北朝鮮の 国境の西の端(はし)である。

(転載貼り付け始め)

2「 北朝鮮の金委員長が中国を電撃訪問、期間や会談相手は不明-関係者 」
North Korean Leader Kim Jong Un Is Said to Be Visiting China

2018年3/27(火) 1:18配信   ブル-ムバーグ 

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が北京を電撃訪問した。関係者3人が明らかにした。

 2011年に最高権力者の座に就いて以来、金正恩氏の外遊( 副島隆彦注記。確か、このとき、権力者になた、お披露目で北京に行った) が伝えられたのはこれが初めて。 取り扱いに注意を要する情報であることから匿名を条件に語った関係者によると、滞在期間や会談相手など詳細は現時点で不明。

 共同通信は、北朝鮮の要人用とみられる列車が中朝国境の丹東を通過した可能性があると報道。日本テレビは、正恩氏の父、正日氏が2011年の死亡直前に北京を訪問した際に使用したものに似た列車が26日に北京に到着した映像を報じていた。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 次の 3 の日経新聞の26日の夜の10時20分の記事が、共同通信 の記事である。かなり早かったことが分かる。

(転載貼り付け始め)

3「 北朝鮮要人が訪中か 北京の外交施設、厳戒  」
2018/3/26 22:20  日経新聞 

 【北京=永井央紀】北朝鮮の要人が乗ったとみられる列車が26日、中国の北京に到着した。

北京の釣魚台迎賓館(ちょうぎょだいげいひんかん)や人民大会堂など外交に使われる施設の周辺は厳重な警備がしかれた。要人について関係筋は「金正恩(キム・ジョンウン)委員長だ」としたが、外交筋では妹の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第1副部長の可能性も取り沙汰される。

 北京の釣魚台迎賓館を出る、要人を乗せたとみられる車列。門外では厳重な警備が敷かれていた=26日(共同)

 中朝関係筋によると列車は北朝鮮から中国遼寧省丹東を経由して北京に到着。その後、要人は車列で迎賓館へ向かったという。中国外務省の華春瑩報道官は26日の記者会見で、北朝鮮の政府関係者が週末に丹東に現れたのかという質問に「把握していない」と答えた。

 人民大会堂周辺には特別警察の車両が配備され、地元住民が「元首級を迎えるときの対応だ」と述べた。ただ、海外首脳が訪中した際に飾られる国旗はなく、秘密裏の訪中とみられる。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。以下の④の読売新聞の記事は、共同通信に少しだけ遅れて書かれている。

(転載貼り付け始め)

4 「 正恩氏本人乗った可能性も…北京に特別列車到着 」
2018年3/26(月) 23:37配信   読売新聞

 厳重に警戒される釣魚台周辺(26日午後9時30分、北京で)=安川純撮影

 【北京=東慶一郎、ソウル=中島健太郎】 中国・北京に26日、北朝鮮の要人が乗ったとみられる特別列車が到着し、北京市内では厳重な警備が敷かれている。

 北朝鮮要人の訪中が事実とすれば、4月の南北首脳会談、5月末までに予定される米朝首脳会談を前に、北朝鮮が悪化していた中国との関係改善に乗り出した可能性がある。

 韓国政府関係者は26日、中国を訪問したとみられる北朝鮮の要人が金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、与正(ヨジョン)氏の可能性があり、正恩氏本人である見方も排除できないと語った。中国、北朝鮮メディアは26日夜までに、関連情報を伝えていない。

 北京市内では、中国高官が外国要人と会談する人民大会堂や、要人の宿泊する釣魚台国賓館周辺が厳重に警備されている。外交筋によると、警備態勢は各国首脳が集まる国際会議以上の厳重さで、26日に約20台の車列が両施設の間を行き来したという。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 次の⑤ の時事通信の記事は、アメリカのホワイトハウスのシャー副報道官( 報道官は、サラ・サンダース女史)が、記者会見で、「確認できず」 と述べた。すなわち、ホワイトハウス(大統領官邸)は、金正恩の北京への秘密での訪問、習近平との会談を 知らなかった、ということである。 国務省=CIA からの情報が、26日の夜に届いて居ない、ということだ。

(転載貼り付け始め)

5「 米、金正恩氏訪中 確認できず 」

2018年3/27(火) 6:28配信  【ワシントン時事】 

シャー米大統領副報道官は、26日の記者会見で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
が中国を訪れたとの一部米メディアの報道について、「確認できない。報道が必ずしも正しいかどうか分からない」と述べた。 

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。次の ⑥の 韓国の中央日報 の記事が、 詳細を伝えている。

(転載貼り付け始め)

6 「金正恩委員長、中国北京を電撃訪問」
2018年03月27日07時55分 中央日報日本語

過去に北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記の中国訪問で専用列車として使用されたとみられる特別列車が26日午後、北京に到着したことが把握されたと、北京消息筋が明らかにした。

匿名を求めたこの消息筋は「かなり多くの北朝鮮代表団が北京に到着したようだ」とし「南北、朝米首脳会談を控えた時期であり、非常に注目される」と話した。 政府筋も特別列車の北京到着を確認し、「しかしこの列車に金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長や金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長が乗っているかどうかはまだ確認されていない」と伝えた。

情報消息筋は「この特別列車は金日成(キム・イルソン)主席の直系家族、いわゆる白頭(ペクトゥ)血統でなければ利用するのが難しいという点、北京と丹東の厳重な警戒状況を勘案すると、乗っているのは金正恩委員長-金与正(キム・ヨジョン)副部長の兄妹のうち1人である可能性が高い」と伝えた。

これに関連し米ブルームバーグ通信は3人の消息筋を引用し、「金正恩委員長が北京を電撃訪問(surprise visit)した。2011年の執権後、初めての海外訪問と知られている」と報じた。ブルームバーグは金委員長がどれほど滞在するか、誰に会うかは確認するのが難しいと伝えた。

これに先立ち日本テレビは、特別列車がこの日午後3時ごろ北京市内に入る場面を撮影して報じた。日本テレビは「この列車は2011年に金正日総書記が訪中した当時の列車と非常に似ている」と伝えた。この列車の到着前後に北京駅と周辺線路一帯には普段より厳重な警備が敷かれた。

特に北京駅に降りた北朝鮮代表団は自動車に別れて乗り、迎賓館として使用される釣魚台に入った。その後、夕食会の時間に人民大会堂に向かい、午後10時30分ごろまた釣魚台に戻った。

人民大会堂の前では北朝鮮大使館の多くの車が目撃された。これに先立ち鴨緑江(アムノッカン)周辺の中朝境界付近にある丹東でも25日午後から北朝鮮と中国をつなぐ鉄道線路周辺に壁が設置されるなど普段より強化された警備態勢が目撃された。一部の報道によると、この日午後11時ごろ、爆弾感知車両1台が先に中朝境界線を通過した後、すぐに高位層を乗せたとみられる列車が中国領内に入った。

北朝鮮情報専門サイト「デイリーNK」の消息筋は、「約1週間前から駅舎に壁が設置され、鴨緑江(アムノッカン おうりょくこう )を越えてきた列車が見えないようにしている」とし「その時から金正恩委員長が中国とロシアに行くという噂が広まっている」と伝えた。

中国外務省の華春螢(かしゅんえい)報道官は定例ブリーフィングで「北朝鮮高官が丹東に到着したのは事実か」という質問に対し「知っていることは何もない」と答えた。

過去の金正日総書記の訪中では日程を終えて北朝鮮に戻った後に中朝双方が国営メディアを通じて訪中の事実を確認するのが慣例だった。 2000年5月下旬に、金正日委員長は金大中(キム・デジュン)大統領との最初の南北首脳会談を2週後に控えて、中国を電撃訪問し、江沢民国家主席らと会談した。これは金日成主席の死去後に金正日総書記が北朝鮮最高指導者になって初めての訪中だった。

金正恩委員長の訪中については最近悪化した中朝関係を勘案すると可能性は低いという見解もある。しかし電撃的な南北首脳会談、米朝首脳会談合意など最近の一連の流れを勘案すると、金正恩委員長が世間の予想を覆す動きを見せる可能性も排除できないという見方もある。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 この韓国の中央日報の記事から、分かったことは。 3月25日の午後11時に、丹東(タントン)の中朝国境を特別列車が超えた。よく26日の午後3時に北京駅に到着した。それを日本の日本テレビ(JNN)が撮影した。 

このあと、車で、国賓が泊まる 釣魚台迎賓館( 中国の最高幹部たちが住む、中南海=ちゅうなんかい=の近く)に入った。この夜、人民大会堂で、晩餐会の前に、習近平と金正恩の会談が行われたようだ。

あとに載せる新聞記事から、翌27日は、中関村(ちゅうかんそん。 ハイテクとITの中心地)にゆき、それと、北京市の南部の天壇公園(てんだんこうえん)を訪ねている。それから午後3時に北京駅から特別列車で、北朝鮮に帰っていった。

上の記事で、「 中国外務省の華春螢(かしゅんえい)報道官は定例ブリーフィングで「北朝鮮高官が丹東に到着したのは事実か」という質問に対し「知っていることは何もない」と答えた 」となっていて、 中国外交部(がいこうぶ。日本の外務省に相当する)は、習近平周辺から、何も知らされていなくて、ほったらかしであることが分かる。中国の外交部は力が無くて、対外問題でも、習近平が勝手に、自分で行っていることが分かる。

 そして、今日28日の朝、先ほど、 中国の国営放送局の 新華社(しんかしゃ)が、「習近平、金正恩会談」を正式に認めた。これと同時に、「北朝鮮の朝鮮中央放送なども、金委員長の訪中を報じた」 と書いてある。 この記事を、7とする。

(転載貼り付け始め)

7 「 中朝首脳>訪中の要人は金正恩氏 習近平主席と会談
2018年3/28(水) 8:40配信  毎日新聞


 中国国営通信新華社は28日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が25~28日に中国を非公式訪問し、習近平国家主席と会談したと報じた。

金正恩氏が最高指導者に就任した後に外国訪問が確認されるのは初めて。訪問は習主席の招きによるもので、金委員長の李雪主(リ・ソルジュ)夫人も同行したという。

 北朝鮮の朝鮮中央放送なども、金委員長の訪中を報じた。今回の訪中は、南北、米朝首脳会談を4~5月に控える中、核兵器やミサイルの開発を巡って冷却化している中朝関係を修復することを目指したものとみられる。

会談で金委員長は、「(祖父である)金日成(キム・イルソン)主席と(父親である)金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺訓に照らし、朝鮮半島の非核化の実現に力を尽くすのは、我々の変わらない立場だ。平和的な雰囲気を作ることで問題は解決できる」 と発言。非核化に向けて積極的に取り組む姿勢を表明した。

 北朝鮮は度重なる核実験や弾道ミサイル発射で国際的な制裁を受けており、中国との有効関係を確認して各種の援助を引き出したい思惑もある模様だ。

習主席は「我々は中朝の伝統的友誼を絶えず伝承していくべきだと何度も表明している。これは中朝両国が歴史と現実に基づき、国際・地域構造と中朝関係対局を踏まえて行った戦略的選択であり、唯一の正しい選択である。一時的なことによって変えてはならず、変わることはない」 などと述べた。

習指導部としては、中朝会談をきっかけにして、朝鮮半島問題への対処で調整役としての役割を確認し、首脳会談の実施を目指す米国に対抗したい思惑もあるとみられる。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 これで、3月25日からの「習近平、金正恩の 北京会談」のすべての
流れが分かった。 

この会談で重要なのは、 金正恩が、「非(私は)核化(ひかくか)に向けて積極的に取り組む」と表明したことだ。 それに対して、習近平が、 「我々は、中朝の伝統的友誼を絶えず伝承していくべきだと何度も表明している。 これは中朝両国が歴史と現実に基づき、国際・地域構造と中朝関係対局を踏まえて行った戦略的選択であり、唯一の正しい選択である。一時的なことによって変えてはならず、変わることはない」と述べた、と報じられた。

習近平は、金正恩 に、 世界基準での、 非核化(ひかくか。denuclearization  デ(ィー)ニュークレアライゼイション )を厳しく、金正恩に要求した、ということだ。すなわち、北朝鮮が開発して持っている核兵器(弾道ロケットと 核弾頭) を、すべて、完全に自主的に破壊して、「後戻りの出来ない 国際社会が検証する 完全な核兵器の廃棄」を求めた、ということだ。 

 金正恩は、これに対して、明確な返事はしなかったはずだ。金正恩は、ちょっとやそっとのことでは、自分の核ミサイルを手放さない。手放したら、自分の終わりだと、よーく分かっている。核ミサイルを持っているから、自分は世界的な名士で、世界中が、自分に一目(いちもく)置いて、ひれ伏すのだと、ジュージュー分かっている。

今度の会談で、大事なことは、キム・ジョンウンにとっては、北京から招かれ、鄭重(ていちょう)に招待される形で、対等の立場で、習近平と会談が出来た、ということだ。このあと、おそらくモスクワにも招待されて、プーチンとも会談をするだろう。

3月22日(日本では23日)に、トランプの安全保障(=軍事)担当の補佐官が、ハーバート・マクマスター(陸軍中将。戦車隊長だった。中将=3つ星=のまま、公職を終わる。4つ星 four stars フォー・スターズ すなわち大将 に、最後にトランプ大統領にしてもらえないまま、解任された。 あのダグラズ・マッカーサーも4つ星将軍=陸軍大将のまま、トルーマン大統領にクビを切られて、終わったのだ) が、解任された。

 そして同時に、ジョン・ボルトン元(もと)国連大使 が、後任に付いた。 の人事に、世界中の訳知(わけし)り人間たちが、ゾゾゾ、と震え上がった。

このジョン・ボルトンは、「トランプ大統領と自分の意思一致で、必ず、北朝鮮への軍事オプションを実現する」と 決めている、超(ちょう) 軍事強硬派だ。 このことは、アメリカ政治を、本当に知っている人なら、全員知っている。

 このジョン・ボルトンという男の重要性については、私は、もう暫(しばら)くしたら、学問道場の会員ページに、詳しく書きます。待っていてください。 私、副島隆彦が、日本では、一番のアメリカ政治研究の 頭脳なのだ。他の日本人学者や新聞記者たちは、私から学んで、私の真似をするしかない。何か、私に反論できるなら、してごらん。 

 だから、金正恩も、このジョン・ボルトンの登場に、心底、震え上がった。だから、急きょ25日に、急いで、中国からの招待に応じて、北京に行った。 何とかしないと、自分の終わりが、近い、と。

このあと、私は、以下に載せるコラムの記事を読んだ。 ほとんど発表と同時に読んだ。この文を書いている 遠藤誉 (えんどうほまれ)女史だ。筑波大学の教授をしておられた。

遠藤女史は、私、副島隆彦の中国研究本を、よく読んでくれていて、『チャイナ9(ナイン)』(今は、最高指導部は、「チャイナ・セブン」で7人になった)という彼女の本は、私、副島隆彦の中国本の影響が、ものすごく出ている優れた本。私は、彼女と、そのうち会って、親しく話したいと思っている。 

 決して、中国問題の専門家ではなくて、中国語もほとんど出来ない、私でも、遠藤誉女史のような、日本の中国研究の泰斗(たいと)と、対等に、いろいろお話しできるだろう。

遠藤女史(1941年生だから、今、77歳)は、もう、20年の昔、盗作作家で有名だった、山崎豊子(やまざきとよこ)が、「大地の子」という大ヒット小説を書いたときに、日中の合いの子で、戦乱の中を苦労して生き延びた、子供を描いた、あの小説の、本当の原作は、『チャンズー』(中国語で何と書くのかな) という、遠藤誉(えんどうほまれ)女史の 自伝のような体験記だった。 山崎豊子が、ドロボウの事実を長年、認めないで、ずっと頑張ってたので、遠藤女史は、裁判で苦労なさった。 

 彼女は、日本人だが、幼児から中国で育った、頭の中は、ほとんど中国人と変わらない人だ。だから中国人の政治人間たちと、ツーカーである。  山口淑子(やまぐちよしこ。大鷹姓でもある。 名作映画「支邦(シナ)の夜」の李香蘭=りこうらん=)と同じ、脳の中が、日本人と中国人とで、融合しているというか、引き裂かれている人だ。

 副島隆彦が作った理論では、ポリティカル・クレオール political Creole 、帝国と属国の混血者たち。両者をつなぐ人々。雅子妃もそうだ。自分のアイデンティティ で苦しんで、脳が割れたりする )あるいは、ダングリグ・マン dangling man 「2つの国民文化の間の 宙ぶらりん人間」 あるいは、ペンジュラム・スウイング・マン pendulum swing man と呼ばれるべき人々だ。

 私は、遠藤女史の、中国研究の レベルの高さを認める。彼女が、日本政府への中国情報の提供者のひとりであることもよく分かる。優れた情報だ。だが、ここには、一つ難点がある。

 私はもっと彼女の本を読むべきなのだ。だが、彼女には、筑波大学(福田信之 初代学長以来 )は、どうも統一教会 Moonie の勢力の力が強い、頭のてっぺんから、反共、反共産主義の信念の 闘士 が、集まっているところだ。遠藤女史にも、どうも、その口吻(こうふん)、口ぶりが、強く感じられる。この点は、公然と指摘し、批判しておかなければいけない。  

 だから、今も、まだ、CIAのエイジェント(アメリカの国家情報部員)で、強固な反共の宗教的な信念を持った、表面上は、ジャーナリストを名乗る者たちが(日本人の編集者たちを含めて)結集している、ニューズウイーク Newsweek 誌 に、こうして、コラムのページを持っているのだ。

以下の遠藤誉女史の文も、ニューズウイークでの文である。

 彼女は、勢い込んで、自分の能力の限りを尽くして、中国の政治情報を、誰よりも早く、掴(つか)んでいることを、赤裸々に書いていて、私は 以下の中の、記事を8 とする。

「 (金正恩が)来了――! 「来たよ!」という意味だ」 のあたりを読んでいて、感動しました。

(転載貼り付け始め) 

8 「 コラム  金正恩氏、北京電撃訪問を読み解く──中国政府高官との徹夜の闘い 」

2018年3月27日(火)08時58分  Newsweek  ニューズウイーク誌

遠藤誉 ( えんどうほまれ 東京福祉大学国際交流センター長)

3月26日、金正恩氏が北京を電撃訪問したことが分かった。筆者は一日中、中国政府高官とはホットラインで確認を行なっていたが、夜9時頃判明。最大の後ろ盾である中国とよりを戻した上で、米朝会談を有利に持っていく計算だ。

「来了(来たよ)!」――中国政府高官と夜まで続いた確認作業

今月の20日前後に、中国外交部も北朝鮮担当者および中共中央対外聯絡部が北京にある北朝鮮大使館の人と会っていた事実は把握していた。何かが起きるだろうと、必死でアンテナを張り巡らせた。26日、2011年に金正恩の父親、故金正日総書記が最後に訪中した時に乗っていたのと同じ種類の列車が北京に着いていた。中国版ツイッターの微博(ウェイボー)が列車の姿を伝えていた。金正日のその旅は、北朝鮮の改革開放を模索する最後の旅だった。

もしかして金正恩委員長が乗っているのではないかと、中国政府高官に緊急連絡し情報を得ようとしたが、箝口令が布かれているので、今の段階では一切何も言えないという回答が戻ってきた。それでも交通規制が外国の首脳級レベルだという情報だけはくれていた。

そのことで、何が起きているか、自分が何を言いたいかを察してくれと言わんばかりの具体的な知らせもくれた。筆者は、「金正恩は結局のところ中国が長年唱えてきた『双暫停(米朝双方が暫定的に停止し、対話の席に着け)』という戦略に従ったわけだから、ここで北京と仲直りしてもおかしくはない。

双暫停(そうざんてい)戦略を最初に教えてくれたのは、あなたではないか。それがようやく実ったのだから、次は金正恩が北京に挨拶に行くのが順当な流れだろう」と畳みかけた。

何度も往復書簡を「短信(ショートメッセージ)」で繰り返している内に、遂に決定的な二文字が携帯に飛び込んできた。

来了( 副島隆彦割り込み、際めて余計な、ルビ付け。ライラ と読むのかな )――! 「来たよ!」という意味だ。

この二文字が入ってきたのは26日の夜9時。北京時間の8時だ。急いでコラムを書こうと、相手に許可を得ようとしたが「まだダメだ」という。発表する段階ではないからだとのこと。金正恩なのか、それともその妹の金与正(キム・ヨジョン)なのかを確認するためのメッセージを出したが、それを最後にメッセージは途絶えた。寝てしまったのか。

個人的なことで恐縮だが、25日の夜は(私は)3時間しか寝ていない。そのまま徹夜をして公表の許可が出る時間まで待ったら、倒れてしまう。北京との時差は1時間なので、どうせ夜中はこれ以上変化を来さないだろうと諦めて、夜中の1時に就寝した。

朝6時に目覚めると、ブルームバーグが「金正恩が電撃訪中」という発表をしていることを知った。すぐさま北京にショートメッセージを出そうとしたが、北京はまだ朝5時。いくらなんでも失礼だろう。日本時間の7時まで待った。 「もう公表していいか?」 すると、
「まだ官方(政府側)は公表していないが......」という返事が来た。

いや、もういいだろう。筆者(私)は待ちきれずにキーボードを叩き始めた。
金正恩、電撃訪中の背景金正恩がこの段階で北京を電撃訪問したということは、明らかに習近平と中朝首脳会談を行うということになるはずだ。

4月に入れば南北首脳会談が、5月になれば米朝首脳会談が予定されている。米朝会談はティラーソン国務長官の更迭により手続き上少し延期されるかもしれないが、何れにせよ開かれるのは確実だろう。

しかしトランプ大統領は、対話路線のティラーソンを解任して、後任に「金正恩を除去することを優先せよ」と主張するポンペオ氏を当てている。またマクマスター米大統領補佐官(安全保障担当)を解任して戦争大好きの強硬派ボルドン氏を起用している。

これは即ち、米朝会談が決裂した場合は北朝鮮を先制攻撃するというシグナルをトランプが発していることになる。金正恩がこの人事を看過するわけがない。となれば頼りになるのは、何と言っても世界で唯一の軍事同盟国である中国だ。

中国とよりを戻すことにより、中国とロシアをしっかり味方に付けておいてから米朝首脳会談に臨む。もちろん南北首脳会談にしても、韓国は米韓軍事同盟を結んでいる。韓国を震え上がらせるには、何と言っても韓国が経済的に最も頼りにしている中国と緊密であることを韓国に見せつけるのがいい。

こうして韓国およびアメリカと首脳会談するときに、交渉を北朝鮮に有利に運ぶために、この段階では何としても中朝首脳会談を行い、中朝の蜜月を米韓に見せつけておくことが不可欠なのだ。

蚊帳(かや)の外に置かれる日本
 ロシアのプーチン大統領は、早くから金正恩の味方であることを公言して憚らない頼もしい味方である。昨年の7月5日には、「双暫停」に関して中露共同声明を出しているほどだ。となれば、中露、日米韓そして北朝鮮という六者会談の中で、北朝鮮が接近する国として唯一外されているのは日本だけということになる。

3月23日のコラム「日本外しを始めた北朝鮮――日朝首脳会談模索は最悪のタイミング」で書いたように、もし日本が拉致問題を重視して小泉元総理のように北朝鮮への電撃訪問を断行していれば、この流れは日本が主導することになり、安倍総理は今ごろノーベル平和賞を受賞する候補に挙げられていたことだろう。

 しかし安倍内閣には筆者の声は届かなかったようだ。ひたすら圧力を叫び続けてきた。今この段階に至ってから、急遽、日朝対話のオファーをするなど、あまりに外交戦略としては悪すぎるシナリオだ。

 ロシアは元スパイ暗殺疑惑によりイギリスと断交状態にあり、EUとも思わしくない関係になっている。こんな時に、これまで北朝鮮の味方として発言してきてあげていたプーチンとしては、文句なしに金正恩と蜜月関係を演じることだろう。

 その金正恩としては、これまで非難してきた関係国と仲良くなるわけだから、一つだけ敵国を創っておいて、国内の求心力を保っていなければならない。そこで六者会談のうちの日本だけをターゲットにして非難し続け、かつ「もし俺と会いたいのなら」と条件を付け、日本からは巨額の戦後賠償金をせしめる魂胆だろう。そのことは3月23日付けのコラムに書いた通りだ。

習近平と会うであろう、もう一つの理由
  なお、これまで習近平が、北朝鮮にとっての最大の敵国「米帝国主義国家」と新型大国関係などといって蜜月を演じてこようとしてきたことに金正恩は激怒し、絶対に習近平とは会わないという覚悟を貫いてきた。

 しかし今度は、自分自身が、その「最大の敵国、米帝国主義国家」の首脳と会うことを決意したのである。こうなると、「いやー、私も( あなたにも )会いますから」と、習近平に挨拶に赴かない訳にはいかない。したがって訪中の目的は習近平に会い、中朝首脳会談を行なうことにあるだろうと考えられる。

当然、その後、ロシアにも行き、プーチン大統領とも会うことになるのではないだろうか。

 背中に中国とロシアという大国を抱き、本来敵国であった韓国とアメリカの首脳と会談する。こうすれば北朝鮮に有利になり、トランプの強硬派人事に対抗することもできる。いざとなったら北朝鮮への先制攻撃という可能性に対抗するために、習近平に会い、プーチンに会うという金正恩の戦略と見る。

p.s.:なお、中国政府高官は、訪中したのが金正恩か金与正かに関する確かな回答はしていない。そこに未確認の要素はあるものの、先ず金与正を訪中させてから金正恩が訪中するという段階を踏む時間的余裕はない。その前提の範囲内で以上のコラムを書いた。

[執筆者]遠藤 誉(えんどうほまれ)
1941年中国生まれ。中国革命戦を経験し1953年に日本帰国。東京福祉大学国際交流センター長、筑波大学名誉教授、理学博士。中国社会科学院社会科学研究所客員研究員・教授などを歴任。著書に『習近平vs.トランプ 世界を制するのは誰か』(飛鳥新社)『毛沢東 日本軍と共謀した男』(中文版も)『チャイナ・セブン <紅い皇帝>習近平』『チャイナ・ナイン 中国を動かす9人の男たち』『ネット大国中国 言論をめぐる攻防』など多数。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 そして、一つ前の 8 の新華社(しんかしゃ)の記事で、今回の極秘の 「習近平・金正恩 3月26日北京会談」の事実が、正式に公表された。 以下に最後に載せる 9 は、 

(転載貼り付け始め)

9 「 金正恩が電撃訪中…習近平と初の首脳会談 」

2018年 3/27(火) 21:37配信   ハンギョレ新聞 

 金正恩・北朝鮮労働党委員長が25~27日に中国を訪問し、北京で習近平国家主席と会談したことがハンギョレによる取材の結果、確認された。左は金委員長が2月8日の朝鮮人民軍創建70周年記念閲兵式に参加した姿、右は今月20日に北京人民大会堂で全国人民代表大会(全人大)閉幕式を終えた習主席が手を振る姿

南北-朝米会談を控え、中国との関係復元に乗り出す 執権7年ぶり初の海外訪問…27日に北京を出発 夫人のリ・ソルチュ、妹のキム・ヨジョン第1副部長同行観測も
 金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が中国を電撃訪問し、習近平・中国国家主席と初の首脳会談をした。

 25~27日の日程で中国を訪問した北朝鮮の高位級要人は金委員長だったことがハンギョレによる取材の結果、確認された。2011年北朝鮮の最高指導者になった金委員長は、7年ぶりに初の外国訪問地に中国を選択した。南北首脳会談と歴史的朝米首脳会談を控え、伝統の友邦である中国との関係復元に重きを置いて主要懸案を議論したと見られる。

 金委員長は26日夕方、習近平主席と首脳会談をするなど、中国共産党指導部に会ったことが分かった。中国のある著名な国際関係専門家は27日「金委員長は26日に北京に到着し、夕方には会談および宴会に参加し、釣魚台(国賓宿舎)18号室に泊まり、午後に帰国する」と伝えた。金委員長は、非核化や平和体制など南北、朝米首脳会談の議題と関連して習主席などと意見を調整したという。

 金委員長は25日夜、専用列車で北朝鮮と中国の境界隣接地域である新義州(シンウィジュ)と中国遼寧省の丹東(タンドン)駅を通過して中国を訪問した。専用列車が北京駅に到着する姿と、訪中団一行が黒塗りの乗用車10台余りに乗り込み、オートバイの護衛を受けながら北京市内を移動する光景は、一部の日本の放送メディアと社会関係網サービス(SNS)を通じて公開された。金委員長が留まった釣魚台18号室は、父親の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が北京訪問の際に泊まった所だ。

 金委員長が夫人のリ・ソルチュ氏、妹のキム・ヨジョン労働党第1副部長と共に同行したという観測もある。車列が27日、北京の大学と情報技術(IT)企業の密集地域である中関村と観光地の天壇公園で目撃され、台湾の<東森>放送は、金委員長は中関村を、リ・ソルチュ氏とキム副部長は天壇公園をそれぞれ訪問したと伝えた。金委員長はこの日午後3時(現地時間)頃、北京での日程を終え専用列車に搭乗し第3の場所に移動した。

 金委員長がまっすぐ帰国したか否かは確認されていない。韓国の情報当局は、専用列車が朝中界を通過した時から動きを追跡・分析してきた。

 金委員長の電撃訪中は、北朝鮮の核・ミサイル試験と中国の制裁で最悪の状態に陥った両国関係が急速に復元される信号だ。だが、突然の“変数”ではなく、金委員長が南北、朝米首脳会談を提案する時には朝中関係の復元まで念頭に置いて計画したことと分析されている。

 キム・ヨンチョル仁済大教授は「伝統的に北朝鮮は交渉力を高めるための豊富な経験を有している。そうした次元で朝米関係のためにも朝中関係を解いておくことが意味が大きい」として「北朝鮮の(過去の)外交に注目する必要がある。重要なことは、北朝鮮が一方には偏らないということ」と話した。今回の訪中が、朝米首脳会談を控えて対米交渉力を高める結果を持たらすだろうが、対北朝鮮強硬派であるジョン・ボルトン米ホワイトハウス国家安保補佐官の指名など最近の米国側の動きに対応して突然に推進したことではないとの解釈だ。

北京/キム・ウェヒョン特派員、キム・ジウン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

(転載貼り付け終わり)
副島隆彦です。 そして、今回の「3月26日習・金 北京会談」のことを、あとから考えたら(28日に)、以下のもう一本の、ハンギョレ新聞の予測 10 が的確で、正しかったとこが分かる。

(転載貼り付け始め)

 10 [ニュース分析 米国に続き日中との首脳会談も浮上…大統領府「朝米会談前に調整」

登録:2018-03-19  ハンギョレ新聞

大統領府「韓米首脳で核心議題を協議 
南北会談の成果を米朝会談の土台に」 韓中日の早期会談・訪日も積極的に検討  
北朝鮮非核化や体制安全保障などを連携  南北米越えて中日ロの関心事も反映 
 対話路線に転じた日本、朝日会談など取り上げ 中国での「チャイナ・パッシング」の懸念の高まりを受け 

特使派遣など、朝中関係の改善を模索
 南北は4月末、第3回首脳会談を板門店の南側の平和の家で開くことで合意した。写真は1月9日、平昌冬季五輪への北朝鮮の参加問題などを協議するため、南北高官級会談が開かれた平和の家の様子=写真共同取材団//ハンギョレ新聞社

 朝鮮半島情勢が南北間・朝米間の首脳会談の推進をきっかけに、巨大な連鎖対話の渦の中に吸い込まれている。韓米首脳会談が4月の南北首脳会談と5月の米朝首脳会談をつなぐ「飛び石」会談として取り上げられる一方、朝中、朝日、韓中、韓日、韓中日対話も探索される雰囲気だ。

 最近になって朝鮮半島周辺でこのように連鎖対話に向けた動きが始まったのは、北朝鮮核問題の解決が朝鮮半島における平和体制の構築と連動している事案であるためと言える。また、朝鮮半島の平和体制は、北東アジア冷戦の解体というさらに大きな構図から見ると、南北米などの3カ国以外にも中国や日本、ロシアなどにも関わる問題だ。周辺国との連鎖対話が避けられないのも、このためだ。チョ・ソンニョル国家安保戦略研究院責任研究委員は「北朝鮮が非核化の見返りとして望む体制の安全保障は、南北と米国だけでなく、中国やロシア、日本によって保障される案が有力だ」と話した。ここに南北や中国、日本など個別国家の外交・安保利益が相まって、連鎖会談の動きが加速化しているのが現状だ。

  朝鮮半島周辺国の連鎖首脳会談関連の発言//ハンギョレ新聞社

 大統領府では韓米首脳会談の推進に向けた動きが目立っている。時期は4月の南北首脳会談と5月の米朝首脳会談の間になるものと予想される。イム・ジョンソク大統領府秘書室長は16日、南北首脳会談準備委員会の初会議を終えた後、「南北首脳会談が行われてから、ある程度期間を置いて朝米首脳会談が開催されることになれば、韓国側としてはなるべく(韓米首脳の間に)核心的な議題を持って実務的にでも韓米首脳会談をした方がいいのではないかと思っている」と述べた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が先に南北首脳会談をした後、その成果を持ってドナルド・トランプ米大統領と協議することで、(米国側が)朝米首脳会談に備えるようにする構図を明らかにしたのだ。

 大統領府は、日本や中国との首脳会談にも開かれた姿勢を示している。大統領府関係者は18日、記者団に「4月の南北首脳会談と5月の米朝首脳会談の開催日程が決まれば、その間に韓米首脳会談を入れて、その次に韓日、韓中首脳会談の日程が出るだろう」と話した。

これに先立ち、文大統領と日本の安倍晋三首相は16日、電話会談を行い、韓中日の3カ国首脳会談をできるだけ早い時期に開催するということで意見が一致し、文大統領の早期訪日も検討することにした。注目される部分は日本の劇的な変身である。安倍首相は先月、平昌(ピョンチャン)冬季五輪のため訪韓し、文大統領に会った際、「韓米合同軍事演習を予定通りに実施すべき」として文大統領と対立したが、今月13日にソ・フン国家情報院長が東京の官邸を訪れた時は、「文在寅大統領のリーダーシップに敬意を表する」と賞撰した。

 日本では朝日首脳会談を進める可能性も取りざたされている。安倍首相は実際、16日に文大統領と電話会談を行った際、2002年9月の小泉純一郎元首相の「平壌(ピョンヤン)宣言」に触れ、朝日対話に対する期待感を示した。日本の変身は、対北朝鮮制裁を主張するだけでは、急速に進む朝鮮半島の対話局面で一人取り残されかねないという懸念によるものと見られる。

ややもすれば、日本人拉致被害者問題を外交舞台で取り上げることも難しくなるという不安感も大きい。実際、日本の河野太郎外相は17日、ワシントンでカン・ギョンファ外交部長官に「南北関係の進展によって日本人拉致被害者問題を含む日朝間の懸案も解決されることを期待している」とし、日本人拉致被害者問題を朝鮮半島情勢と連動させようと努めた。

 中国も最近の局面転換で朝中関係の改善を積極的に模索するものと見られている。現在、朝中関係は歴代最悪だ。血盟関係を掲げてきたにもかかわらず、2011年12月に金正恩(キム・ジョンウン)体制が発足してから、6年以上の間一度も首脳会談が開かれなかった。中国では最近、朝米が中国を経由せず直接疎通する局面が展開され、いわゆる「チャイナ・パッシング」への懸念が高まっているという。成均館大学のイ・ヒオク教授は「中国は最近、対話局面で役割が制限され、今後東アジアの版図をめぐる米国との競争で不利な立場に立たされかねないと懸念している」とし、「中国の対北朝鮮特使の派遣と朝中首脳会談、いずれも実現可能なカード」だと話した。特使団を送るなら中国が20日、全国人民代表大会(全人大)の閉幕後、これらの行事を北朝鮮に説明する形になる可能性が高い。
( パク・ビョンス先任記者、ノ・ジウォン、キム・ボヒョプ記者、東京/チョ・ギウォン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。さらに3本目のハンギョレ新聞の記事を載せます。この3本目の ハンギョレ新聞は、25日から慌ただしくなった状況を、正確に伝えている。25日の午後11時半の、特別列車の国境線通過。26日の午後3時の北京駅到着、 などである。

(転載貼り付け始め)

●「朝中間の高官級要人の訪問情況 …国境地帯周辺を統制」
登録:2018-03-27 05:43  ハンギョレ新聞

消息筋「どちらの訪問なのかは確認できない」 
現地では「丹東駅に隠し幕、周辺を統制」  南北・朝米首脳会談控え朝中関係にも注目集まる

4月の南北首脳会談と5月の朝米首脳会談が予定された中、北朝鮮と中国の間に高官の訪問情況が捉えられた。
 朝鮮半島情勢に詳しい消息筋は26日、「朝中間に高官の訪問情況がある」とし「ただし、北朝鮮の要人が中国を訪れたのか、中国側の要人が北朝鮮を訪問した情況なのかは確認されていない」と伝えた。この消息筋は「南北および朝米首脳会談が予定されるなど、朝鮮半島情勢が早いテンポで進められている状況で、中国が朝鮮半島情勢に対する影響力の維持・確保を目指して動き出したものとみられる」と付け加えた。

 共同通信などの外国メディアは、北朝鮮の高官級人物が中国を訪問したものとみられると報道しているが、この消息筋は「どちらが訪問したのか、誰が訪問したのかは確認されていない」としながらも、「ただし、朝中間に重要な動きがありそうだ」と話した。朝中国境地帯の中国遼寧省丹東の消息筋は「先日から丹東駅周辺に隠し幕が設置されて、25日から駅周辺が統制された」と伝えた。

ある消息筋は「25日夕方9時頃から丹東駅周辺の警戒が強化され、誰か貴賓がくる可能性について話す人たちがいた」と伝えた。25日、丹東は北朝鮮と中国の両方が警戒が強化されていたという。また、26日、中国東北地域を通過する列車の多くが予定より遅れたというニュースも報じられた。

 これと関連し、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の訪中説が流れているが、この消息筋は「朝中両国のうち片方の高官が動いた情況はあるが、その人は金正恩ではないものとみられる」と話した。

 これに先立ち、共同通信は同日付で、中国指導部が外国主要人物を迎える北京釣魚台と人民大会堂の周辺で同日、厳重な警備態勢が取られたとして、警備の状況から要人は北朝鮮最高指導部の一員である可能性があると伝えた。ただし、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長なのかどうかなど詳細は明らかではないと伝えた。

 中国外交部の華春瑩 (かしゅうえん)報道官は、26日の定例記者会見で、北朝鮮の関係者が中国を訪問したかという質問に、「あなた(記者)が話している状況については知らない」と答えた。(北京、東京/キム・ウェヒョン、チョ・ギウォン特派員 )

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝
 



[2294]財務省の巨大既得権、予算権と徴税権のマッチポンプ構造
投稿者:kenji fujikawa
投稿日:2018-03-27 09:20:25

「国家=税」というのは、副島さん著作の読者なら、皆が認識しているところであると思います。

元国税官の方が、ニッポン財務省の組織・機構そのものの中に、”マッチポンプ構造”が働いていることを、告発した記事を紹介します。

なにがマッチポンプかというと、日本国の”予算権”と”徴税権”。

タテマエ上”予算権”を持つ国会議員は、”予算の組み方”を知らない。”専門性の壁”により、予算権の執行は、財務官僚が行う。しかも、徴税権を執行する国税庁トップ・ナンバー3は、財務省キャリアで占められている、という事実。財務省は事実上、国民にとっての”アメ”と”ムチ”、両方について決定する権限を持っている!

組織での構成員の行動原理は、”保身”。

不景気で税収減の中、先に自分らの取り分を確保、保身の行動原理で国民にエサをばらまき、バラまく量を超した重税を国民に課すようになるのは、至極自然な現象とも言えます。しかも、徴税では国民に対して”差押え”までやるのだから、確実に回収できてしまう。

そもそも予算組みも徴税も、要は演算能力、算数の能力。もはやこれを無理に人間がやることでないのでは?と考える。私は早急に”AI政府”でも開発したほうが良いと思う。コストカットできるし、能力ある人なら、民間に出てもらったほうが、人材活用になる。


<元国税が暴露。佐川氏も就いた財務省の子分「国税庁長官」の正体(一部転載)>

・国税庁長官って何者?

森友学園の公文書書き換え問題で、ついに国税庁長官の佐川氏が辞任しましたね。それにしても、最近、ニュースでよく耳にする「国税庁長官」って、一体何者なのでしょう。財務省と国税庁は違う機関なのに、財務省の幹部だった人が国税庁長官になるのって、少し不思議ではありませんか? なんかその辺の人事関係、省庁の力関係というのは、一般の人にはなかなかわかりづらいですよね。なので、今回は、国税庁長官のポストとは何なのか、ということをご説明したいと思います。

国税庁は、建前の上では、財務省から独立した組織ということになっています。国税庁側は、「国税庁と財務省は、独立した緊張関係にあり、決して従属の関係ではない」などと言っています。しかし、これは単なる建前ですね。現実とは程遠い、きれいごとです。というのも、国税庁は実質的に財務省に支配されているのです。

国税庁は、国民に対して警察をしのぐほどの強大な権力を持っています。国税の職員は、税金に関することならば、国民のありとあらゆる事柄について調査する権利を持っています。国民には、それに対する拒否権がありません。見方によっては警察の捜査権よりも、国税庁の税務調査権の方が強力なのです。

国税庁は、そういう強力な権力を持っているわけですから、本来、ほかの省庁などに支配されず独立していなければなりません。そして、建前の上では、国税庁はほかのどこの省庁にも支配されない、ということになっています。

が、実際は残念ながら財務省に支配されているのです。それは、国税庁の幹部を見れば明白です。まず国税庁トップである国税庁長官のポスト、これは財務省のキャリア官僚の指定席なのです。そして、国税庁長官だけではなく、次長、課税部長も財務省キャリアの指定席です。国税庁長官、次長、課税部長の3職は、国税庁のナンバー3とされており、つまり、国税庁ナンバー3はいずれも、財務省のキャリアで占められているのです。他にも、強大な権力を持つ、調査査察部長や、東京、大阪、名古屋など主要国税局の局長も、財務省のキャリアが座っています。

国税庁にとって財務省はGHQのようなものなのです。この人事を見れば、国税庁が財務省の言いなりになっていることは、誰が見たって明白です。国税庁長官というのは、会社で言えば、「社長」である。社長の言うことに逆らえる社員などはいないはずです。普通の会社であれば、社長の次の権力者などが派閥をつくって、社長派と反社長派などが拮抗するというようなことも、稀にはあります。しかし、国税庁の場合は、社長だけではなく、トップ3が押さえられているのです。これだと、国税庁が財務省に刃向うことなど、絶対にできないはずです。

また現場にいた筆者なども、財務省のキャリア官僚というのは、神のような存在であり、逆らうことなどありえない絶対的な支配者であったことを肌身で知っています。つまり、国税庁は財務省の絶対服従の子分なのです。

財務省が国税庁を握っているということは、実は財務省の権力のカナメになっているものでもあります。財務省というのは、国家的な強い権限を持っていることは、皆さんご存知の通りです。財務省は、国の予算を握っています。建前の上では、国の予算を決めるのは、国会であり、国会議員たちがその策定をすることになっています。しかし、国会議員のほとんどは、予算の組み方などはわかりません。だから、実質的に、財務省が策定しているのです。これは、自民党政権であっても他の政権であっても変わりはありません。

国家予算を握っているということは、莫大なお金を握っているということです。だからこそ、財務省の権力は大きく、他の省庁や経済界などからも恐れられているのです。そこまでは、世間にも十分に認知されているはずです。

しかし、財務省はもう一つ大きな権限を持っています。場合によっては、こっちの権力の方が国に与える影響は大きいかもしれません。その権力というのが「徴税権」です。財務省は、徴税権を直接握っているわけではありません。しかし、財務省の外局である「国税庁」がそれを持っているのです。そして先に述べましたように国税庁は実質的に、財務省の支配下にあります。「徴税権を持つ」ということは、予算権限を持つのと同等か、それをしのぐような強力な権力です。

これまで述べてきたように、国税庁は、国民全部に対し、「国税に関することはすべて調査する権利」を持っています。国民にはこれを拒否する権利はないのです。このような強大な権利を、予算権を持っている財務省が握っているのです。

実は、これは非常に恐ろしい事でもあります。「予算というエサをばら撒くことで言う事を聞かせる」ということのほかに「徴税検査をちらつかせて言う事を聞かせる」ということができるのです。これでは国民も企業も、財務省の言う事を聞くしかなくなる、ということです。

「予算権」と「徴税権」の両方ともを実質的に一つの組織が持っている国というのは、先進国ではあまりありません。予算をつくる機関と徴税を担う機関は、明確に分けられていることがほとんどなのです。日本の財務省への権力集中は異常なことなのです。

そもそも財務省というのは、以前は大蔵省と称されていましたが、大蔵省にあまりに権力が集中しすぎて、たびたび不祥事を起こしたために解体され、財務省に組織替えしたのです。が、生まれ変わったはずの財務省も、大蔵省の「予算」と「徴税」という主要な権力基盤はそのまま引き継がれているのです。「予算」と「徴税」の両方の権力を握っている限り、財務省の不祥事、不正はなくならないと思います。
(以下略)

MAG2NEWSより
http://www.mag2.com/p/news/353522?l=dov0ce499b

執筆者プロフィール:大村大次郎(おおむら・おおじろう)
大阪府出身。10年間の国税局勤務の後、経理事務所などを経て経営コンサルタント、フリーライターに。主な著書に「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)がある。

<一部転載終わり>



[2293][2292]記事の引用元アドレス追加
投稿者:kenji fujikawa
投稿日:2018-03-25 14:22:34

[2292]で転載した、菅野完氏の記事のアドレスは、以下です。

<議会制民主主義を根底から否定する蛮行>
http://gekkan-nippon.com/?p=13219



[2292]森友問題に関連して、権威性の問題と、裏ワザは裏ワザによって崩されるという話
投稿者:kenji fujikawa
投稿日:2018-03-25 14:15:34

2月に会員になった者です。よろしくお願いします。

掲示板[2283]で、副島さんにメールを紹介していただきました。

私は、自分の仕事でもないのに、歴史に潜む思想、物事の起源、理論・パターンを見つけ、考える、謎解きをやるのが趣味。朝から晩まで、頭の中でぐるぐる考えてる。

副島さんの本も、このサイトの記事も、いつからか気になりだして読み始めた。「そうだよなぁ~」と、ニタニタ笑いながら読んでいる、変なヤツ。

物事の起源まで遡り、論理的な説明がつかないと、納得出来ない。が、私の考えを人に話しても、「ふーん、変わったこと言うなぁ」で、なかなか理解してもらえない。

なので、こんな考え方もあるんだな、ぐらいに捉えて下さい。

本題です。

副島さんの「世界覇権国アメリカを動かす 政治家と知識人たち」と、「余剰の時代」にも掲載されてる、”ヨーロッパ政治思想の全体構図”。

自然法論は、自然法派から次々と微分され、自然権派、人権派、動物の権利派。今、海外では、”ロボットの人権”なんて話がある。蹴飛ばしてロボット壊したら、殺ロボット罪か?どーすんの、それ。

図を、ぼーっと見ていて、気付いた。問題の原因は、”微分”じゃねぇか?と。(答えを書いてある!)”微分”のやり過ぎ、自然法論は、人にとって有害なレベルまで至ったのではないか?

微分というのは、部分の法則を見る。(分離、分割、分断も伴う)曲線を拡大し、直線の方程式を得る、ということだから、長期では曲線から外れるのですね。外れると、また微分の方程式を得て、「政策」する。

文明の進化、テクノロジーの進化により、実生活で扱う情報量は、超高速で増え始めた。曲線の変化に、直線方程式の解析では、間に合わない。情報が大量に垣根を越えだした。インターネットに暗号通貨、むしろ国家の垣根は、個人の経済活動を抑圧する。

自然法での”微分”は、もはや人の進化にとって”リミッター”になっているのではないか?。かといって、ガチガチの現状維持保守派に戻ることも出来ない。

副島さんのニーチェ本「ニーチェに学ぶ、奴隷をやめて反逆せよ!」が出たとき、私は「あー、いよいよ来たかー」と”感じた”のですが、その時は、何故自分がそう感じたのか?説明出来なかった。

今は説明出来そうなので、書きます。


 ・権威性の所在を”ずらす”裏ワザ

ニーチェが指摘する、ローマキリスト教の問題は、次のパウロの言葉に集約される。

<ローマ人への手紙13章>
「すべての人は、上に立つ権威に従うべきである。なぜなら、神によらない権威はなく、おおよそ存在している権威は、すべて神によって立てられたものだからである。 したがって、権威に逆らう者は、神の定めにそむく者である。そむく者は、自分の身にさばきを招くことになる。 」
http://bible.salterrae.net/kougo/html/romans.html
<転載終わり>

新約聖書の物語を(私なりに)むりやり単純化すると、次のようになる。

1.イエスが民衆に説いていた「奇跡の起こし方」の説法を見て、既得権を持った坊さんたちが、「怪しい!」と糾弾し、ローマの地方官がイエスをひっ捕らえた。

2.既得権を持った坊さんたちが「イエスを殺せ!」と叫ぶので、仕方なく、ローマの役人はイエスを処刑。

3.しかし3日後、イエスが使徒の前に復活。伝説を残し、どこかへ立ち去る。

4.自ら使徒と名乗る”パウロ”が、「権威に反逆したからイエスは殺された。皆の者、殺されたくなければ権威に従うのだ!」と説く。

パウロはイエスが民衆に教えてたことを見事にずらし、既得権を持った者に”権威”を付与したのですね。その”神”って具体的に誰?どこにいるのかね?権威を神に与えられた証拠は?というのは明らかでない。

有耶無耶のまま、”権威”が”神”に背乗りしてしまった。”権威”だから、使う場所は、宗教団体だろうが国家だろうが、汎用性があるわけです。


ところで、私は、森友問題の本質は、”公務員に化けた官吏の問題”と考えます。

公文書が書き換えられた。(改ざん・書き換え、コトバを変えても、起こった事実は同じ)問題は、安倍政権よりも、この事実ではないのか?なぜ書き換えられたのか?野党の指摘は完全に的を外しているのでは?たとえ政権交代しても、同じことの繰り返しでは?

”税”と”国民の自由”に直接関わるから、選挙で変わる政治家より、こちらのほうが重大。

菅野完さんの記事を、転載します。

<国家を私物化する怪物>

議会制民主主義を根底から否定する蛮行

 なるほど、メディアは、あの日以来、「麻生辞任か?」「安倍の関与は?」「昭恵の証人喚問は?」と、これから起こり得るであろう政局の分析で喧しい。佐川前理財局長の答弁がことごとく嘘であったことをあげつらい、麻生財務大臣の任命責任や使用者責任を問うことは確かに重要だろう。だが、今回の件は、そのような「政局ネタ」に終始してよい問題なのか。

 公開された資料を見よ。改竄で消されたものは、安倍晋三、安倍昭恵、平沼赳夫といった政治家の固有名詞だけではない。「本件の特殊性に鑑み」といった、およそ行政文書とは思えない特異な文言だけではない。項目そのもの、章立てそのものがごっそり消えている事例もある。さらに言えば、ページそのものが消失しているものもある。そして改竄前の資料にも改竄後の資料にも、ページ数の記載がない箇所がある。これでは今回公開された資料をもっても「本当にこれが疑惑の全てなのか?」さえ検証できないのだ。つまり、財務省は、項目、章立て、そしてページそのものを消すことによって、事実の改竄のみならず、事実の隠蔽を図っているのだ。

 いや、隠蔽という言葉さえもまだ生ぬるいだろう。なんとならば、森友問題に関する政府答弁は、昨年1年間、改竄後の決裁文書の内容に綺麗に従う方向で徹していたからだ。政府は、「事実が隠蔽された」決裁書の内容に基づき、野党側からの追及に「そうした事実はない」「問題ない」との答弁を繰り返していた。決裁文書に記述そのものがなければ政府答弁が「そのような事実はない」となるのも必然だろう。

 しかし一旦政府答弁として「そのような事実がない」との文言が国権の最高機関たる国会に提出されれば、「事実がない」ことが「事実」になってしまう。つまり、財務省は、書類改竄を行うことで、事実を捏造してしまったのだ。

 これをゆゆしき事態と言わずしてなんと言うのか。国権の最高機関たる国会が、有権者の選良が、行政に資料の提出を命じていたのである。しかし、それに対する行政側からの報告がことごとく嘘であり、嘘であるばかりか、事実の捏造まで行うものであったのだ。

 有権者の代表によって構成される議会が、行政の担当者を選任し、その選任した行政の担当者を適宜引見し、予算の執行状態についての尋問を行うということこそが、議会制民主主義の要諦ではないのか。議会が行政の担当者を国家のサーバントとして選出し、そのサーバントに議会に報告せしめるという行動様式こそが、名誉革命以降、400年にわたって人類が築き上げてきた議会制民主主義のありかたではないのか。だから国会こそが「国権の最高機関」という立場を与えられているのではないのか。

 今般の財務省の書類改竄は、これら人類が営々として守り育ててきた、明治以降の日本人が「憲政」という形で育んできたこうした諸原則を根底から覆す、まさに「蛮行」と呼ぶべき行為ではないのか。もはや今後、我が国の議会では、予算審議のたびに「この資料は真性であるのか?」と一度確認せねばならなくなり、税制審議のたびに「データに間違いはないのか?」と何度も確認せねばならなくなったのだ。これを議会制民主主義の根底からの否定と言わずしてなんと言うのか。

<転載終わり>

なぜ官僚機構は暴走するようになったのか?結果には原因がある。それが、”公務員に化けた官吏の問題”。

これは竹原信一氏が指摘しているので、動画リンクを貼ります。

「日本社会の設計図は国家公務員法である。市議会発言 竹原信一」
https://www.youtube.com/watch?v=Ai7FZLL2RuE

関係法令の条文を掲載。

(参照:e-gov法令検索 http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0100/

<日本国憲法>

第十五条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。

○2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

○3 公務員の選挙については、成年者による普通選挙を保障する。

○4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。

第七十三条 内閣は、他の一般行政事務の外、左の事務を行ふ。

一 法律を誠実に執行し、国務を総理すること。

二 外交関係を処理すること。

三 条約を締結すること。但し、事前に、時宜によつては事後に、国会の承認を経ることを必要とする。

四 法律の定める基準に従ひ、官吏に関する事務を掌理すること。

<国家公務員法>

第一条 この法律は、国家公務員たる職員について適用すべき各般の根本基準(職員の福祉及び利益を保護するための適切な措置を含む。)を確立し、職員がその職務の遂行に当り、最大の能率を発揮し得るように、民主的な方法で、選択され、且つ、指導さるべきことを定め、以て国民に対し、公務の民主的且つ能率的な運営を保障することを目的とする。

○2 この法律は、もつぱら日本国憲法第七十三条にいう官吏に関する事務を掌理する基準を定めるものである。

第二条 国家公務員の職は、これを一般職と特別職とに分つ。

○2 一般職は、特別職に属する職以外の国家公務員の一切の職を包含する。

○3 特別職は、次に掲げる職員の職とする。

一 内閣総理大臣

二 国務大臣

三 人事官及び検査官

四 内閣法制局長官

五 内閣官房副長官

五の二 内閣危機管理監及び内閣情報通信政策監

五の三 国家安全保障局長

五の四 内閣官房副長官補、内閣広報官及び内閣情報官

六 内閣総理大臣補佐官

七 副大臣

七の二 大臣政務官

七の三 大臣補佐官

八 内閣総理大臣秘書官及び国務大臣秘書官並びに特別職たる機関の長の秘書官のうち人事院規則で指定するもの

九 就任について選挙によることを必要とし、あるいは国会の両院又は一院の議決又は同意によることを必要とする職員

十 宮内庁長官、侍従長、東宮大夫、式部官長及び侍従次長並びに法律又は人事院規則で指定する宮内庁のその他の職員

十一 特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表、全権委員、政府代表又は全権委員の代理並びに特派大使、政府代表又は全権委員の顧問及び随員

十一の二 日本ユネスコ国内委員会の委員

十二 日本学士院会員

十二の二 日本学術会議会員

十三 裁判官及びその他の裁判所職員

十四 国会職員

十五 国会議員の秘書

十六 防衛省の職員(防衛省に置かれる合議制の機関で防衛省設置法(昭和二十九年法律第百六十四号)第四十一条の政令で定めるものの委員及び同法第四条第一項第二十四号又は第二十五号に掲げる事務に従事する職員で同法第四十一条の政令で定めるもののうち、人事院規則で指定するものを除く。)

十七 独立行政法人通則法(平成十一年法律第百三号)第二条第四項に規定する行政執行法人(以下「行政執行法人」という。)の役員

○5 この法律の規定は、この法律の改正法律により、別段の定がなされない限り、特別職に属する職には、これを適用しない。
<転載終わり>

よって、日本国憲法では、国民が、公務員の選定と罷免の権利を選挙で行うとしながら、国家公務員法では、選挙で選ばれるべき公務員を”特別職”として除き、憲法73条4号の”官吏”を、公務員に化けさせてしまった。

しかも、国家公務員法では”職員の福祉及び利益を保護するための適切な措置”を、法の目的にしてしまった。これが日本国の”設計図”であり、設計図通り機能しているから、おかしなことになった、と。

つまり、選挙で与えるべき公務員の”権威性”を、国家公務員法では、無条件に、”官吏”に与えてしまったのですね。選挙に晒され、人気取りで忙殺される公務員(国会議員)と、専門知識を持ち、国民からは罷免されることのない”背乗り”公務員(官吏)と、どちらが実務上で有利か?考えると、答えは出るでしょう。

実務で誰が法案を書いて、誰が代議士の答弁シナリオを書いているのか?そもそも、日本では民主主義が成り立っていない。

竹原氏によると、当の官僚でさえ、この”背乗りトリック”を知らないそうだ。

・・・

これ、ローマカトリックのパウロの手口と、構造が似ていると思いませんか?不思議~。



 ・微分の裏ワザ「リバース弁証法」が”投資”を奪う

ところで、実務において自然法論の”微分”は、次のプロセスで用いられる。

①問題(事件)が起きる → ②社会問題化される(マスコミで騒がれる) → ③対策が行われる(法規制、微分)

「法規制」ということは、たとえその事件が一部に適用されるべき特殊な事案でも、皆から等しく自由を奪う、ということなんですね。

単純化すると、自由な個人にとって、”微分”の作用とは

 正→反→カス

事件で何かがマスコミで騒がれるたび、自由をひとつづつ、法規制で奪われる。ところが、規制する側は、事件となった細部に囚われるあまり、個人の創造性(Y = C + I の I投資 を奪う)も奪ってゆく。(今、”余剰”なのは、これをやってる連中だと考える。だからトランプが攻撃する)

・・・

このやり方を、既得権者がマスコミを使って、”裏ワザ”として用いたら?”正”の段階で、その事件が”やらせ”だったとしたら?現に、世界中のあちこちで裏ワザが蔓延しているから、トランプが糾弾しているのでは?


 ・裏ワザが市場を食い尽くす、スクラップ・アンド・ビルド

裏ワザといえば、株式市場においては、副島さんが掲示板[2277]で指摘されてるCTA(商品投資顧問)。始まりは、米国の取引所の民営化の際、取引所、SEC、大手投資銀行がグルになって、超高速取引で投資家がオーダー入れた株を先回りして買って高く売りつける、という裏ワザが蔓延した、というのがあります。
(「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」文藝春秋 (2014/10/10)マイケル・ルイス著)

今や超高速トレードのテクノロジーは一般化、大手ファンドは熟練トレーダーたちを解雇、すべてプログラム化された超高速アルゴリズムで取引。日本の取引所にも、ブラックボックス(アローヘッド)が置いてある。

ところで、今は急激な円高ドル安、日経平均は暴落している。しかし副島さんの予言どおり、6月に朝鮮戦争が起こればどうなるのか?米国は軍産複合体の国。

世論がどうあれ、というか、「やむを得ない」ということで、世論を作って、同じことを繰り返す。イラク戦争ではブッシュ大統領が、大量破壊兵器の有無が有耶無耶のまま、開戦を宣言。どうせまた繰り返す。

・・・

半島に近い、日本の株式市場。北朝鮮が民主化するとなれば、巨大な有効需要が期待される。日本の株式市場に、ファンドの猛烈な買いが入るのでは?

もし、昨年のビットコインのような、想定外のイケイケ3段上げチャートが出来上がったら?そのあと、ファンドの超高速アルゴリズムが自動で手じまいを始めたら?

金融緩和やゼロ金利も、金融理論を部分解釈・逆転解釈した裏ワザ。株式バブルの崩壊は、債券市場にどのような影響を及ぼすのか?英国を狙ったジョージ・ソロスみたいなのが現れたら?

・・・

裏ワザは、巡り巡って、裏ワザによって、全て、崩される。世界大戦のスクラップ・アンド・ビルドなんて、もはや要らないんですね。トランプは、日本の行政に全責任を押し付ければいい。(今、彼がいなくなっては、世界が困る)

以上は想像に過ぎないけれど、今の世界、金融崩壊と通貨リセットは、避けて通れない。(国民にとっては、重税+金融抑圧より、よっぽど良い)

我々はもはや次の時代(近代の次、今の体制が壊れた後)のプランを考えるべき段階にいるのでは?と考える。

次回は、”ネイティビズム”と”ビヘイビアリスム”について書きたいと思います。この2つの対立軸にも、”微分”の問題が潜んでいる。



[2291]火星もやっぱり
投稿者:会員番号1989
投稿日:2018-03-22 18:51:00

https://blog.goo.ne.jp/zaurus13/e/0850365173ed054bd3e93685f4d0391c



[2290]アフリカとは何か? ボコ・ハラム の意味 
投稿者:副島隆彦
投稿日:2018-03-22 03:32:01

副島隆彦です。 今日は、2018年3月22日です。

遠く、アフリカの一国 ナイジェリアで、また「少女の集団誘拐事件」が起きていた。

○「 ボコ・ハラム、再び集団拉致か 学校襲撃で少女111人不明 」
2018年2月23日  AFP ダマツル/ナイジェリア


である。 日本でも知られるようになった、ボコ・ハラム Boko Haram  という過激派集団は、一体、何者なのか。

 私は、暫(しばら)く前から、「アフリカとは何か。今のアフリカ(諸国)を大きく日本人が分かること」 ということで、書きたいと思っていた。私が、日本人のアフリカ理解の中心に置きたいと、ずっと思っていたのは、ナイジェリア国の この ボコ・ハラムである。

 この 「ボコ・ハラム」とは、「ボコ(白人)・ハラム(悪魔)」 という意味らしい。私は、4年前の少女たちの誘拐事件が起きたときに、英文で記事を読んでいて、その中の、一本に、この真実が、サラリと書かれていた。そのことが、ずっと自分の頭の中で気になっていた。

 「ボコ・ハラム」が、「白人は悪魔」というだと知って、私は、びっくりした。日本政府のJETRO 機関などの解説文では、「ボコ・ハラムとは、『西洋式の教育(ボコ)は罪(ハラム) 』という意味だ」と、書いてある。 こういうことをするから、日本人のアフリカ理解が進まないのだ。

 ボコ・ハラム Boko Haram というのは、 「ヨーロッパ白人どもは悪魔だ」という意味で有り、「ヨーロッパから、アフリカ諸国に、キリスト教の伝道者としてやってきた白人宣教師どもと、白人の貿易商どもは、自分たちアフリカ人 を騙しに来て、私たちに悪(わる)さをする悪魔(ハラム)である。だから撃退して、討ち滅ぼしてしまえ」 という意味である。

 私は、 下の方に、3本、AFPの記事を載せるが、 2014年4月に起きた、少女たち(中学生たち)の集団誘拐事件の 「 276人のうち57人は拉致直後に脱出し、これまでに106人が解放されたか発見されている 」と、以下の記事にある。

 私が、衝撃を受けたのは、この時、BBCのニューズ報道を、たまたま見ていたら、この「3年ぶりに解放された少女たち」というのが、みんなで、喜びのダンスを踊っていたシーンである。まわりには親たちが集まっていた。 

 そして、この少女たちの中には、赤ちゃんを抱えている者たちがいて、仕合わせそうに踊っていた。きっとボコ・ハラムのゲリラとの間に生まれた子供だ。

副島隆彦です。 私は、このときの、少女たち、といっても、もう堂々とした体格の、両親たちよりも背の高い、大きな立派な体格の少女、いや、女性たちが、集団で、楽しく踊っている様子を見て、「あら? なんか、違うな」という気がした。

 この少女たちは、みんな元気なのだ。イスラム教の過激派の収容所から、命がけで、ぼろぼろに成りながら、必死で逃げてきた、という感じではないのだ。 みんな嬉しそうに踊っていた。

 もしかしたら、ボコ・ハラムは、現地では、暴力事件 を除いたら、その思想だけは、人々に尊敬されているのではないか。 下に載せる ボコ・ハラム の 今の指導者の兄(にい)ちゃん、兄(あん)ちゃん の顔が、ものすごくいいのだ。

この集団誘拐された少女たち、というのは、どうも、国立(こくりつ)の中学校
に通っている、地元では、裕福な家庭の、立派な家の子供たちらしい。だから、人質にされて、政府に捕まっている過激派のゲリラたちの指導者たちとの、「人質交換」用に、連れ去られたのだ。

 私、副島隆彦は。分かったぞ。「ああ、そうなんだ。このボコ・ハラムという ナイジェリア国の北部の マイドゥグリ Maiduguri という砂漠地帯の中の都市を中心に、ゲリラ活動をしている、イスラム教の過激派は、どうも、日本の、幕末 の 頃の、 尊王攘夷(そんのうじょうい)の人間たち と 同じじゃないか」 と、分かった。

 攘夷思想とは、排外主事(はいがいしゅぎ。ショウビニズム chauvinism 。 外国人恐怖症 xenophobia ゼノフォウビア ) である。
1850年、60年代の、幕末に、西洋白人 たちが、日本に開国を迫って、押し寄せてきた。それに対して、 「あの恐ろしい毛唐(けとう)どもに、この神州不滅(しんしゅうふめつ)の国土を踏ませてはならない」 という、強烈な、民族防衛感情が、ほとばしった。

 世界の動きを知らない、単純な思考をした攘夷派の 過激派の武士たちが、激情に駆られて、暴れ出して、毛唐(けとう=西洋白人)を見たら、その場で襲撃して斬り殺してしまえ、という 思想を直情的に実行した者たちがいた。 ・・・彼らは、必ず、そのあと、幕府と各藩に捕まって死刑、斬首(ざんしゅ)された。

私、副島隆彦の思想と歴史の研究からは、今のアフリカのナイジェリア国の北部にいる、元気いっぱいの ボコ・ハラム集団は、日本の幕末(1867年まで。翌年が明治元年)の尊王攘夷の サムライたちと、まったく同じ、だと分かった。 

 自分たちアフリカ人に、キリスト教という おかしな洗脳宗教を押しつけに来た、この西洋白人どもは、まさしく「白人は悪魔(ボコ・ハラム)」だ、という、切実な課題を、今のアフリカ人たちが、抱いているのだ。  160年前の日本とまったく同じなのだ。 この真実は、私たちの血の中の、民族防衛感情に、今も、深いところで訴えかけてくる。

 攘夷(じょうい)思想 の純粋な愛国感情を 抱き、一番、腹の底から信じ込み、実践したのは、 土佐の勤王党(きんのうとう)の武市瑞山(たけいちずいざん)たちと、 水戸の天狗党(てんぐとう)だ。このふたつの集団が、幕末・維新史の中で、一番、かわいそうで悲劇の集団だ。

 私は、この、「民族を守らなければ」の 純粋の思考のために、哀れに殺されていった、土佐勤王党と、水戸の天狗党のことを、思うと、今でも涙が流れる。 このことは、私は、自分の 『 思想劇画 (マンガ本だ) 属国日本史 幕末編』(2004年刊) に書いた。

 私、副島隆彦は、今日は、もう、今の日本国民に、たった一言(ひとこと)、この「ボコ・ハラム Boko Haramとは、白人は悪魔」という意味だ、と教える。それが、大きく、大きく物事(ものごと)を分かる、ということだ。 アフリカとは何か、を私たち日本人が、大きく知ることだ。

 ナイジェリアという国は、世界地図帳を開いて見ると、分かるが、 アフリカの中央部分にあって、他の赤道の上方の国国と並んでいる、大きな国だ。

 ナイジェリアは、アフリカ諸国の中で、今、一番、大きく成長してる国だ。 私は、知識人だから、いろんな本を読むから、この世界規模での事実を知っている。 人口は、1億5千万人ぐらいいて、と、今、最新の資料を調べたら、あらら、もう 、1億9千万人だよ。たった6年ぐらいで、ものすごい人口の増大だ。 

 ナイジェリア、と書いて、その北の方にある(地中海沿岸の)アルジェリアと書くと、「ナイとアル」で、赤ちゃんをあやすときの、「イナイ、イナイ、バー」みたいで、本当は、みんな自分でひとりで笑ってしまうのだが。

 ナイジェリアは、アフリカの中心部にある、成長と発展の著しい大きな国だ。このことはもう説明しない。 ニジェール河 という大きな河が、ぐるーっと回り込んで、いくつもの国を横断して、西の方にまで流れていて、、私は、「ニジェール河を ゆく 現地の人たちを満載した、大騒動の、 この国際河川 をゆく 定期航路の 大型船」の様子を、NHKの番組で見たことがある。

 「ああ、すごいものだな。おお、乗客が、自分の食料用の ニワトリまで持ち込んでいるよ。みんな元気で、ごった返しているなあ 」と 感動した。 

 もう、これぐらいでいいや。 みんな、いいですか。「ボコ・ハラム って、白人・悪魔 と言う意味なんだってさ」と、口コミで、広げてください。それが、私たちが、皆で真に賢くなる、世界の真実が分かる、ということだ。  

副島隆彦 記

(転載貼り付け始め)

○「 ボコ・ハラム、再び集団拉致か 学校襲撃で少女111人不明 」
2018年2月23日  AFP ダマツル/ナイジェリア

 ナイジェリア北東部ヨベ(Yobe)州で今週、イスラム過激派組織「ボコ・ハラム(Boko Haram)」が学校を襲撃し、111人の女子生徒が行方不明になっていることが分かった。

 同州警察が21日発表した。同国ボルノ(Borno)州チボク(Chibok)で2014年に起きた事件に続き、ボコ・ハラムが再び女子生徒を集団拉致したのではないかとの懸念が広がっている。

 今回の事件は19日夜、ヨベ州ダプチ(Dapchi)にある国立の女子中等教育学校で発生。地元住民は当初、生徒と教師らは現場から避難したと語っていたが、行方不明となっている生徒らの安否に対する懸念が高まっている。

 ヨベ州警察当局は州都ダマツル(Damaturu)で開いた記者会見で、同校の生徒926人のうち815人が学校に戻ったことが確認されたが、残る111人が行方不明になっていると発表。ただし、拉致されたかどうかの確認は取れていないと述べた。

 ボコ・ハラムは2014年4月、チボクの学校から276人の女子生徒を拉致した事件で世界に名を知られた。被害生徒のうち57人が直後に脱出したほか、昨年5月以降、107人が脱出したり、政府との交渉で解放されたりしたが、残る112人は現在も拘束されたままになっている。

 映像は、今回、女子生徒が行方不明となった学校。22日撮影。(c)AFP/Aminu ABUBAKAR, with Phil HAZLEWOOD in Lagos


○「 ボコ・ハラムから解放された82人の少女、両親と涙の再会 」

2017年5月21日  AFP 発信地:アブジャ/ナイジェリア

 ナイジェリアの首都アブジャで両親との再会を前に喜ぶ、ボコ・ハラムから解放された少女たち(2017年5月20日撮影)。
(c)AFP/PGDBA&HND MASS COMMUNICATION/SUNDAY AGHAEZE

 ナイジェリアで5月20日、 2014年にイスラム過激派組織「ボコ・ハラム(Boko Haram)」に誘拐され今月解放された82人の少女たちが首都アブジャ(Abuja)で両親と再会した。

 父親たちは娘をきつく抱きしめ、母親たちはあふれる涙を拭いながら、喜びの悲鳴を上げた。娘を抱き上げたまま、ぐるぐると回って感動を表現した父親もいた。

 ナイジェリア北東部に厳格なイスラム国家の樹立を目指すボコ・ハラムは拉致を戦争の道具として、大勢の女性や少女らを誘拐してきた。

 都市部から離れたナイジェリア北東部ボルノ(Borno)州チボク(Chibok)で女子生徒276人が拉致されたのは、2014年4月のこと。世界中で非難の声が上がり、ボコ・ハラムによる凄惨(せいさん)で破壊的な暴力行為に注目が集まった。

 276人のうち57人は拉致直後に脱出し、これまでに106人が解放されたか発見されている。

 今月解放された82人は、スイス政府と赤十字国際委員会(ICRC)が仲介した何か月にもわたる交渉の末に、ナイジェリア政府が収監していたボコ・ハラムの指揮官5人と身柄交換された。ナイジェリア政府は、残り113人の解放についても交渉を継続中だとしている。

 チボクでの女性生徒誘拐以降、ナイジェリア政府はボコ・ハラムが支配していた地域のかなりの部分を奪還した。

 しかし、ボコ・ハラムによる8年に及ぶ争乱で少なくとも2万人が死亡、260万人以上が家を追われたナイジェリア北東部にとって、ボコ・ハラムは依然として脅威であり続けている。(c)AFP


○「 ボコ・ハラム指導者が数か月ぶりに動画公開、健在ぶりを誇示 」
2018年1月2日  AFP 発信地:カノ/ナイジェリア

ナイジェリアのイスラム過激派組織ボコ・ハラムが公開した動画の中で演説する、同組織の指導者とされるアブバカル・シェカウ容疑者(2018年1月2日公開)。
(c)AFP PHOTO / BOKO

 ナイジェリアのイスラム過激派組織ボコ・ハラム(Boko Haram)の指導者であるアブバカル・シェカウ(Abubakar Shekau)容疑者が2日、動画メッセージを公開し、ナイジェリアで昨年末に発生した一連の襲撃事件を起こしたのはボコ・ハラムだと主張した。

 ナイジェリア政府はボコ・ハラムを打倒したとしている一方、暴力事件が増加する中、数か月ぶりにシェカウ容疑者が公開した動画は、政府の主張に対し疑問を投げかけるものとなった。

 シェカウ容疑者は31分間の動画の中で、ナイジェリア北部で使われるハウサ語で「われわれは無事で、われわれに起こったことなど何もない」と語った。

 さらに「ナイジェリアの軍や警察、われわれに損害を与えようとする者らは、われわれに対し何もできなければ、何ら得られもしないだろう」と述べ、「われわれは、マイドゥグリ(Maiduguri)やガンボル(Gamboru)、ダンボア(Damboa)で攻撃を実行した。これら全ての攻撃はわれわれが行ったのだ」と強調した。

 動画には、マイドゥグリ郊外の村にある軍の検問所に対し、先月25日のクリスマスに実施された攻撃の様子も収録されている。軍はこの攻撃について、1 時間にわたる交戦の後に阻止したと発表していた。(c)AFP

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦拝 



[2289]科学における奴隷化のロジック
投稿者:橋本暢(ミツル)
投稿日:2018-03-19 19:32:26

科学の分野でも色々情報操作があると思います。その事と誤解もありそうなんで、僕よりもここの人はずっと頭脳明晰だと思うんですが、要は頭の良い人がしっかりしないとまずいんで、今日のぼやきの2029の感想を書いてみます。もう日本に余裕も無さそうですし。

“「不確定性原理(uncertainty principle)」という理論でできていて、uncertainty(不確実)なんだということです。原理と言ってはいけない。理論(theory)にすぎないのを原理(principle)と言ってしまった。アインシュタイン、ハイゼンベルクの系統の研究をしないとノーベル物理学賞をもらえないようになっている。”

ここの文章はあまりよくない思うんです。だから、この文章はなくても良いと思います。原理の方が良い。ただし、僕も素粒子まで行くと、まだまだ全然信用してないです。物理学などもconspiracy的に疑ったほうが良いと僕は思ってます。例えば、どういう風に疑うかと言いますと。米国留学して勉強しても、肝の部分(肝の部分というのはどの分野にもある)はアジア人とかには教えてないと思います。このロジックでユダヤ人がいつも頭良くなったり、日本の経済学なら、間違ってる人に米国の権威が親しくする事で、その人に権威を与えて、日本が間違ったことを続けるようにしてる事はかなり考えないといけないと思います。科学・技術はこういう事が起こりにくい(現象が起きたら騙せない)。だからまだ日本の科学・技術は良かったんです(もう過去形のようです)。だから、こういう意味で日本人はノーベル賞を行き過ぎて信じすぎだと思います(しかし確かにもう基本だと思う)。全然、文学賞とか平和賞だけでないと思います。僕は、マッカーサーの戦後教育と80年代からのコメディアンなテレビ、バブル経済と戦後教育を受けていない戦中世代が居なくなった3つのウェーブで今の日本人の脳はかなりやられているように見えます。企業間のノウハウがそうなら、もちろん、科学とか人文科学もスパイとかで奪い合うような分野です。「もしかしたら」リバータリアンの思想が奴隷から解放しやすくのかもしれません(僕はおそらくリバータリアンでないですが)。だから、米国の経済学者の言うことを無邪気に聞いてる人はいないと思いますが、総理大臣が率先してやられている。3ウェーブを感じます。こういう事からも、日本を売ってる感じがする。悪意を感じるくらいですね。



[2288]ホーキング博士の記述について
投稿者:近藤善彦
投稿日:2018-03-19 14:45:15

前略
会員番号7871近藤善彦と申します。
副島先生が、今日のぼやき2029番で書かれていた
ホーキング博士は、つい先日3月14日に亡くなられたとの
報道が出ておりました。
事務局の方、お手数ですがご確認を頂ければと存じます。
取り急ぎ、共有させて頂きます。






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号