ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:9898 昨日:20244
合計:72950866
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[2577]三菱マテリアルで
投稿者:大阪府民
投稿日:2020-06-08 15:20:35

「もうすぐ 世界恐慌」で勧められていた三菱マテリアルの消費預託で金購入しました。しばらく預けておこうかと思っています。これとは別に会社の余裕資金での購入も考え、一部消費預託で購入しましたが、6月5日の先生の投稿を見て急ブレーキを掛けました。危険性ありでしょうか?



[2576]金地金購入をすすめられました
投稿者:庄司 豊明
投稿日:2020-06-08 08:21:07

私は徳力本店の会員になり取引しておりますが、地金での購入をアドバイスされました。
決して目先の欲にとらわれて売買するわけではなくても、利益計算がしやすいとの
ことでした。
また、金地金も高騰しているせいか、金地金よりも安い銀地金かプラチナ地金を購入する方がおるようですが、銀やプラチナの地金も物によっては、店頭で在庫なしであったり、購入受付中止をしていることもあります。



[2575]ゴールド購入について
投稿者:静岡県民
投稿日:2020-06-08 08:04:08

先日、田中貴金属の代理店にて、直接店員に確認しましたが、2分の1オンスの金貨の在庫がないのは、新品しか売らないからだそうです。
傷のない綺麗な見た目の方が、売却時にプレミアムがつくため、多くの顧客が新品を求めるようになったため、同社では、プレミアムを廃止し、新品しか売らなくなったそうです。
よって、カナダ造幣局等が新たに鋳造しない限り、新品が入荷しないため、品切れということらしいです。
なので、金貨については、現物が不足というよりは、新品が不足、と言った方が正しいようです。





[2574]サラリーマン金を買う
投稿者:水戸市民ケン
投稿日:2020-06-07 14:21:40

私は、しがないサラリーマンであるが、運だけは良い。

私は、佐藤優先生から副島先生を知った。
副島先生の衝撃的な文体に恐れを抱いたが、なんとなく自分の本能のようなものが働き、副島先生の言う通り金を買い始めた。

その時から、自分のへそくりを田中貴金属の金積立に当て、今はなんとか170gまできた。

手元に金を保管しておきたいため、とりあえず100グラムだけを現物と交換をした。

交換手数料は、2200円ほどかかった。

田中貴金属の湘南工場からゆうパックの個人指定受け取りで数日で届いた。

小さなダンボールには二枚の封印のシールが貼られてあった。

開くとスポンジの緩衝材の上に、ビニルケースに入った金が置かれていた。

私には、あと30グラムを買い足せる余剰資金もないため積み立てられるところまで積み立てて、おしまいにしようと考えている。金相場が私の手の出せる範囲で無くなってきているからだ。

たった数百グラムの金で、我が家族が生き延びられるとは思わないのだが、だがそれでも私は運だけは良いから、副島先生や学問道場の知恵を学びながらしぶとく生きていけるのではないかと思っている。

以上。
何かの参考になれば幸いです。



[2573]急いで、金(きん)を地金(じがね)、現物(げんぶつ)で買いなさい。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2020-06-05 09:52:59

副島隆彦です。今日は、2020年6月5日(金)です。

この重たい掲示板に、会員たちが、金を買うことの情報を、どんどん載せてくれたいます。これでいいかな、と、私は、思っていました。が、やはり、事態の切迫を受けて、私も書かなければ、と、思い直しました。

私が、背中をドーンと押さないと、まだ踏ん切りがつかない人たちが、たくさんいるようだ。ご自分の人生の判断から、私は、あんまりしつこく、言う(書く)のは、控えたいのだは、そうもいかない。やはり、いよいよ、「金が買えなくなる。急いで買いなさい」と、改めて、私は、言います。

 金(きん)の地金(じがね、ingot インゴットと言う。鋳塊=ちゅうかい=、鋳物のカタマリだ )を、「個人として」、自分のものとして、急いで、買いなさい。あちこちの業者から買いなさい。まだ買えます。
個人と違って、法人=企業 として、金を 会社資金の運用として買っている 人たちは、その危険性を、そのうち説明します。

 従業員を抱えて、厳しい経営をやってきた経営者なのだから、甘い考えは、しないだろうから、知っているだろう、と思うのですが。ところが、案外、そうでない。税理士たちでも、アタマの悪いのがいて、知らないで、お客(顧客)からの真剣で、切実な質問の意味を理解できない税理士たちがいる。かつ、税務署の子分、手先( offshoot オフシュート )そのもの、である税理士が、山ほどいる。日本の税理士の6割は、国家試験を受けて受かって開業している者たち(苦労している。世の中が分かっている人が多い)ではなくて、

 元々バカのくせに、バカだから、かつ、人を虐(いじ))めるが大好きだから、税務署員になんかなるのだが、この国税庁の、やらせのインチキ 内部試験(ほとんど試験ではない)で、税務署を定年退職あるいは、その前に、やめて税理士になっている者たちが、もの凄くたくさんいる。気をつけない。

 こういう連中は、皆さんを、必ず、騙(だま)して食い物に
します。気をつけてください。自分の税理士に、「先生は、試験組ですか、国税上がりですか」と、ズケズケと、聞きなさい。

以下は、会員から来た質問です。 この人は、金(きん)を買うことで、まだ、ためらい=躊躇(ちゅううちょ)している人だ。私からの返事、助言を、そのあとに書きました。

(転載貼り付け始め)

Subject: ゴールド販売停止について
Date: Mon, 1 Jun 2020
From:

副島先生、こんにちは。会員の****です。
 今日、第一商品と田中貴金属のホームページを見たところ、ゴールドの販売ができない旨の記載がありました。
田中貴金属では、2分の1オンスの金貨は在庫がないとのこと。1オンスはまだ買
えるようです。

 先生が、「もうすぐ世界恐慌」で書かれているとおり、相当、現物(げんぶつ)が逼迫しているようですが、これからは、もう、値下がりがもう期待できない、上がる一方と考えてよいでしょうか。

会員の****さまへ
副島隆彦から
2020年6月3日

 ご質問のメールをいただきました。学問道場の会員からの質問には、私は、必ずお返事のメールを書いて来ました。もう、20年間、ずっと、そのようにしています。それと、私の本を、本気で熱心に読んでくれている人たちからの、鋭い質問に対しても、返事のメールを書きます。

 そうです。貴女が、ご心配の通り、もうすぐ、本当に金が買えなくなります。
本当に、貴女に余裕資金があられて、 何とか家族の財産、金融資産を長期で守りたい、と、真剣にお考えなら、急いで決断して、買えるだけの金(きん)を買いなさい。ためらっている場合ではない。

 それでも、私が、このように助言するのは、余裕の資金がある人の場合だけです。あまり蓄(たくわ)えが、無いのに、株とかのバクチばっかりやっていて、そのくせ、おカネに意地穢(きたな)くて、損ばかりしているようケチ臭い投資家には、私は、こういう助言は、しません。

 株よりも、今度は、金だ、と、急に思うような、浅はかな者たちは、滅びればいい。 急に、私、副島隆彦の本を書店で、手に取って、「なんだなんだ、コイツは。金を買え、は正しいが、それ以外のことは、全く、いけ好かない野郎だ」と、私の本に反応するような者たちは、私は、無視します。勝手に滅べばいいのです。

**さんへ。 決して、無理な買い方はしないでください。生活費をつぎ込んで、短期で儲けよう、という考えなら、金(きん)買いは、やめて下さい。買ったら 最低、5年間は、寝かす、という覚悟で、金(きん)の地金を買ってください。

 ご自分の ご家族の覚悟と、同意、説得までが必要です。まわりの人を説得しなければ行けません。

 全国で、今、小資産家(小金持ち)たちが、焦っています。彼らが、これから先の、恐ろしい経済変動で、かならず、国家=政府=行政=役人 の犠牲者にされて、自分の何億円(その中心は、賃貸しアパート、駅そばの商業ビル)の 資産を、国(くに)=政府=役所は、いろいろの税金の形で、必ず、奪い取りに来ます。

 私、副島隆彦の金融の本を、これまで真剣に読んできた人たちだけは、私は、何が何でも、救(たす)けて、救援(きゅうえん)しなければいけない。それ以外の、その他の、カネの亡者(もうじゃ)のような、博奕打ちで、細かいギャンブルが大好きで、カネのことしか考えない、愚か者たちは、私は、救(すく)ようがない。

 目先のちょろっとした、バクチの利益しか考えないような、小(しょう)投資家たちは、私は、もう 見捨てています。  この文を、 貴女からいただいた質問文を使いながら、重たい掲示板に、このあと、私は、載せる、と今、決めました。
 
 私は、今の自分が、今の日本国において、本当の真実を書いて知らせることのできる極めて限られた人間なのだと、、よくよく、分かっています。私は、私の言うこと(書くこと)に注目している人たちから、どのように信頼され、どのように、一縷の望みの、みんなの希望の光なのかを、ひしひしと感じています。そして、このことで、自分自身に向かって、じっと考え込んでいます。 

 甘い考えはすべて、捨てて、厳しい人間になって、これから迫ってくる、恐ろしい未来に向かって、ご自分の資産を、何が何でも守る、その活路を、ご自分で切り開いてください。   副島隆彦拝 

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 このあと、長い新聞記事を、一本だけ貼り付けます。
FT( エフ・ティ。フィナンシャル・タイムズ)という、世界で一番、金融、経済問題(すなわち、経営者とお金持ちの世界)で、権威のある、英国の高級紙の記事です。

 このFTの記事は、タイトルが、まさしく、 「金(きん)、延べ棒が新型コロナの混乱で供給不足に 」である。

 私の近作「もうすぐ 世界恐慌」(徳間書店刊、5月1日発売)の第2章の、P71に、重要な新聞記事を載せて、私が、徹底的に解説しました。 私のこの本を、まだ、読んでいないようなアホは、ここに、只見(ただみ)で、来るな。

 この記事は、WSJ(ウオール・ストリート・ジャーナル。アメリカの一流金融経済紙)の記事で、今年の3月30日の記事だった。 この中味は、今からも、何度か読み返しなさい。「金(きん)の現物(げんぶつ)不足の深刻化を受けて、(ニューヨークの)ウォール街の銀行たちは、カナダ造幣局と、スイス銀行に、救援を求めている。

 ・・・5トンの金地金(きんじがね)を、プラベット・ジェット機で、(高い保険金をかけて)送って貰わないといけない。ところが、カナダもスイスも、それを嫌(いや)がっている。その他」

 という記事だ。本気で、自分の資産保全と考えている人たちにとっては、日本からでも、ゾッとするような内容の記事です。
同じような感じに、日本も現になっている。

 このWSJ の重要記事よりも、一週間早い、3月27日付けで、FTの記事が出ていた。それを、私は、昆虫採集(こんちゅさいしゅう)し損なっていた。重要な記事なので、これを以下に貼り付けます。

(転載貼り付け始め)

◯ [FT] 「金、延べ棒が新型コロナの混乱で供給不足に 」 
By Henry Sanderson in London  
2020年3月23日付 英フィナンシャル・タイムズ

 貴金属業者が世界的な金地金不足の拡大を報告している。新型コロナウイルスの感染拡大が供給を混乱させると同時に需要をかき立てているためだ。ある業者は金を買いに走る投資家をトイレットペーパーに殺到する消費者になぞらえている。

 欧州と米国の個人投資家はこの2週間、世界的な株安と多くの通貨の急落から財産を守る狙いで金銀の延べ棒や硬貨を買いあさった。

 だが、欧州最大規模の金精錬会社は需要急増に応えるのに苦労している。欧州で封鎖が広がっているためだ。バルカンビ、パンプ、アルゴー・ヘレウスは皆、イタリア国境に近いスイスのティチーノ地方に本社を構えている。地元の当局はここ数日で、地域内での生産活動を一時的に停止すると発表した。

■個人の金需要が殺到
 コロナウイルスの経済的影響が深刻化し、投資家が安全資産に殺到すると、金相場は3月9日に1トロイオンス1700ドル超という7年ぶりの高値をつけた。だが、金はその後、売りの嵐にのみ込まれた。一部の投資家が現金を捻出するために保有している金の売却を迫られたためで、金相場は23日午後の取引で約1530ドルまで低下した。

 売りの大半は、金先物市場や、現物資産の裏付けがある金上場投資信託(ETF)市場で起きた。同じ期間に、現物の金地金に対する個人需要は急増している。
小売業者はすでに、金地金が不足し、入荷が最大で15日遅れていると話している。
 ドイツの貴金属小売会社デグサのマルクス・クラール最高経営責任者(CEO)は、金地金と金貨に対する顧客の需要を満たすのに苦労しており、卸売市場に頼ることを余儀なくされたと言う。需要は現在、通常の日の取扱量の5倍にも達している。

「新たな調達先を探すのに創意工夫を凝らしているが、この潮流の原因は、コロナウイルスを阻止するために当局が講じた措置だ。あまりにも予測不能だ」とクラール氏は話している。

 英バーミンガムに本社を構えるブリオンバイポストの創業者であるロブ・ハリデースティーン社長は、この事態は前代未聞だと述べた。「今は基本的に、安全な金庫に在庫を仕入れるや否や、その場で売っている。だが、我々が手に入れられるものは限られている。(編集注、入手が困難になっている)トイレットペーパーと少し似ている」

 英ロンドンの金保管庫は金地金で埋まっているが、そこに収められているのは個人客が買う、大抵1キログラム(約35オンス)以下の小さな延べ棒ではなく、英HSBCや米JPモルガン・チェースのような大手銀行が売買する400オンスの延べ棒だ。
 「欧州と米国では現在、どう頑張っても1キロの延べ棒は見つからないだろう」。金売買のベテラン、ロス・ノーマン氏はこう語る。「かなり異例なことだ」。

■現物価格と市場価格にズレ
 米国の貴金属小売会社アプメックスのケン・ルイスCEOはこの1週間で、「市場のボラティリティー(変動率)が日増しに高まるに従い、商品を調達するのが次第に難しくなってきた」と話している。

 アプメックスは、100万オンス以上の銀地金、2万枚以上の「アメリカン・イーグル金貨」、数千本の金の延べ棒を購入したほか、「多くのパートナー企業や貨幣鋳造所との取引関係を駆使して手に入れられるものを何でも」買ったと言う。

 やはり米国に本社を構える貴金属小売企業のJMブリオンは、顧客の注文が15日間遅れると述べ、注文数量に下限を設けた。

 シンガポールの貴金属小売会社ブリオンスターのアナリスト、ロナン・マンリィ氏によれば、同社は在庫の補充を目指し、プレミアム(上乗せ)を払って顧客から銀貨と金貨を買い戻している。「現物の金市場の価格と、コンピューター画面上で目にする価格との間にズレがある」と同氏は話している。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。上記の記事を、小金持ち(小資産家)たちは、食い入るようにして、何回も真剣に読みなさい。これが、世界の現実です。
 それに対して、あまり金融資産もなく、カネのことなんか自分にはあまり、カンケー(関係)ネーヨ」という、生来のインテリ、読書人たちは、こういう ことは、ほっておいて、自分の知識頭(ちしきあたま)を大事にして下さい。そっちの方が、本当は、貴重なのだ。知識頭がないから、他の人たちは、カネにしがみつく。そうしないと、ヒドいじんせいになっていまうから。おカネさえあれば、それなりに、気持ちよく生きて行けるから。

 学問道場には、この1.小金持ちの会員と、 2.知識インテリ読書人階級の、 大きくは、ふたつの人間(人種)が、いる。
私自身は、2. に所属している。しかし、そんなことばっかり言っても居られない。

 泥臭く、現実的になって、おカネのことを考える、ということの大事さも、2.のインテリ読書人たちも、少しは、本気になった方がいい。

 しかし、「もう、間に合わないよ。そんなこと、今さら、副島センセーに言われたってよ。オレは、貧乏のまま、このまま、気楽に生きるよ。カネの心配なんか、したくもねえ 」という皆さんは、それこそ、そう、私の同志たちだ。 いざというときには、一生に、一度だけ、立ち上がりましょう。いいですね。

副島隆彦拝 



[2572]Re:[2562]ビットコインの最適な使い道(3)
投稿者:森本達樹
投稿日:2020-06-04 20:03:36

28510101002538樣

>「Jibangoの装置によって、アマチュアの文章がBitcoinで報酬を得ることができるようになることは果たして正しいことなのか」という問いなのです。
  ↑
私への問いだったのでしょうか?
この問いに関する私の答えは、重掲 [2559]で述べたとおりです。

>プロの文章は、本という商品となって、市場で利益を生み、作者のみならず、編集者や出版者、小売の書店まで広く利益をもたらしています。だからこそ著作権がついて国家が保護して税を取るというのが、文章を書く世界の“ビジネスモデル”なのだと思います。
  ↑
その通りでしょう。
だから副島先生と御弟子様方が苦労してます。
そのビジネスモデルが通用しなくなってます。
5年ほど前に、副島先生は、読書階級は9%くらい、と、仰ってましたが、今は、それ以下に決まってます。
だから、貴殿の Jibango という装置自体が もの書き を、更に追い詰める事はないです。
Jibango が、メジャーになり、副島先生と、お弟子様方に支援できるまで成長するよう祈念いたします。

これ以上、貴殿が Jibango を、どう思うか、は、先生か御弟子様方に、http://snsi.jp/ のトップページの左下の、副島隆彦へメールを送る か、「副島隆彦を囲む会」へメールを送る で、相談されてください。



[2571]田中貴金属では購入可能なようです
投稿者:茗荷宏明
投稿日:2020-06-04 12:46:44

田中貴金属では金が購入できるようです。
私の地元の鳥取の契約店で、昨日父が金貨を購入しています。地金も購入できるとのことです。



[2570]金が買えない
投稿者:久保村 愉次
投稿日:2020-06-03 11:09:55


第一商品、日産証券に事業譲渡

商品先物大手の第一商品は28日、貴金属や農産物といった主力の先物事業を、同業の日産証券に譲渡すると発表した。不適切会計問題を抱える第一商品は金融商品取引法に基づく登録を取得できず、7月の東京商品取引所から大阪取引所への市場移管後に売買を継続できる見通しが立っていない。事業のほとんどを移して顧客が取引を続けられるようにする。

譲渡額は9億円前後を見込む。6月の株主総会決議を経て7月20日譲渡を終える予定。対象となる顧客数は約2600人、預かり資産は約134億円に及ぶ。約130人いる営業人員の一部も移籍させる見通し。

第一商品の2020年3月期の営業収益見通しは46億円。金を中心とした貴金属先物が9割以上を占め、現在は東京商品取引所に売買を取り次いでいる。7月には貴金属や穀物、天然ゴム先物が日本取引所グループの大阪取引所に市場移管されることが決まっており、商品先物取引法と異なる金商法上の登録が必要になる。
(日本経済新聞から)



[2568]金(きん)が買えない業者がある
投稿者:庄司豊明
投稿日:2020-06-03 06:05:13

コロナ騒ぎで店頭での業務を回復していますが、買うことができない業者があります。
第一商品では買うことができません。また、徳力本店では6/8から店頭での業務を再開しますが、買取のみで購入ができません。
三菱マテリアルでは今でも店頭業務を再開していません。
各社ホームページでお知らせしていますが、コロナ騒ぎは私達への健康被害よりも経済被害の方が大きいような気がします。



[2567]信長を徹底的に騙したのは、イエズス会の宣教師・ヴァリニャーノだろう
投稿者:田中進二郎
投稿日:2020-06-02 20:32:40

田中進二郎筆
今日は6月2日です。本能寺の変から438回忌の日である。正確には旧暦(京暦)の6月2日に信長公は死んだのであり、西暦では1582年6月21日が正しいのではありますが。副島先生の『信長はイエズス会に爆殺され、家康はすり替えられた』(PHP2016年刊)からはや4年が経った。イエズス会(ローマカトリック教会)の偽善の歴史が、次々と暴かれている。

一番の最新刊では、バチカン教会の同性愛犯罪を告発した『ソドム』という浩瀚な書籍が出ている(750ページもある)。小児性愛(ペドフィリア pedphilia)の問題の根底にあるカトリック教会の宿痾(しゅくあ)の問題を取り上げている。
この本を読むと、フリードリッヒ・ニーチェが一世紀前に「ローマ・カトリック教会は精神病院である、と断言したことが正しかったのだということがよく分かる。

大阪梅田の大書店・ジュンク堂で探すと、キリスト教関連書籍が山ほどある中で、この『ソドム』だけが7冊あり、カバー写真を出していた。あとは、タイトルだけだして一冊ずつしか売っていない。ルターもカルヴァンも、ヤン・フスもプロテスタント神学者たちの本もほとんど売れていないだろう。真実暴露本以外、誰も買わねえよなあー、と改めて思いました。

(コロナのバカ騒ぎで怖がっている一億人の日本人は、バチカン教会の洗脳にいまだにはまってしまっている、知恵遅れの国民だ。偽善のマスクが一生剥がれないかもしれない。もう放っておきましょう。)

信長暗殺の真相を調べていくうちに、『日本史』を著したルイス・フロイスと、15年以上遅れて来日したアレクサンドル・ヴァリニャーニとの確執が気になりました。フロイスはヴァリニャーニによって日本の宣教活動から下ろされ、著述だけやるように命令された、という経緯があります。

副島隆彦先生が、『 信長はイエズス会に爆殺され、家康はすり替えられた』PHP2016年刊の中で 、次のように書いている。
「現実社会にある(どんな時代にもある)学歴差別、教養差別、田舎者蔑視の問題を抜きに歴史を語ってはならない。このことを書かないで、歴史を見ようとすると真実を取り違えてしまう。歴史とは、人間という恥多き愚かな生き物の記録だ。特に個人能力がものすごくある人間が、自力で這い上がったときに、この大きな壁にぶつかる。」(p111)


ヴァリニャーニは、信長から最大限の尊敬を受けた人間かもしれません。果たして信長が同時代人を尊敬することなどあったのか?といぶかられるかも知れないが、信長のヴァリニャー二への対応を見ていくとそう考えられるのだ。のちに徳川家康が、ウィリアム・アダムズやヤン・ヨーステンを相談役にしたように、信長に最先端の世界情報を伝えたのは、イエズス会東インド巡察師・アレッサンドロ・ヴァリニャーニであった。それくらい信長はこの西洋知識人の魅力に引き付けられた。

ヴァリニャーニとオルガンティーノには安土城下の一等地を与え、そこにセミナリオと修道院を建てることを許可する。それは城下にあった信長の居館の真ん前だった、とフロイスは書いている。つまり、信長はヴァリニャー二に会いたくなったら、すぐ行けるところに住まわせたのだ。その建築費用も負担している。終始ヴァリニャーニを下にも置かぬといった待遇だ。

ヴァリニャーニはナポリ(イタリア)の名門貴族の家に生まれている。イエズス会の最高の教育機関ローマ学院(コレージョ・デ・ローマ)で神学・哲学・法学を学んだほか、パドヴァ大学で、当時ヨーロッパ最高の神学者(数学者)とうたわれたクリストファー・クラウビウス(1538-1612)のもとで数学を学んでいる。このクラヴィウスは、ローマ教会に宗教裁判にかけられて窮地に陥っていたガリレオ・ガリレイを大学に招聘したことでも有名である。それまでの天動説に対して地動説(=太陽中心説・ヘリオセントリクス)を唱えた天文学者たちの総帥(そうすい)だったのが、クラヴィウスである。

SNSIの六城雅敦著『隠された十字架・江戸の数学者たち』(2019年刊)によると、このクリストファー・クラヴィウスがグレゴリウス暦をつくったことが非常に大事で、コペルニクス以来の長いカトリックとプロテスタントの天文学上の戦いに、カトリック側がこれで勝利を収めた。宗派の正当性が、神術としての数学(天文学)の優劣で争われていたのである。アリストテレス以来の天動説を頑なに守り続けていたはずのローマ教会が、地動説を取り込んで、正確な太陽暦を作ってしまったのだ。

(引用開始)

-それまで使われてきたユリウス暦と太陽暦とのわずかな誤差に悩んでいた教皇グレゴリウス13世が、新たな暦の作成を命じた。命じられたクラヴィウスが、期待に立派に応え、苦労して作ったグレゴリウス暦は、閏年(うるうどし)を適宜使う(4の倍数の年は366日とし、400の倍数を除く100年毎は365日)ことによって誤差を補正した。1582年に制定・施行されたこの西洋暦は、現在でも世界共通で使われている。日本でも明治4(1872年)に採用された。
このことで、時間の支配者としてのローマ法王の権威が復活した。時を握る者が絶対者であることの証明となった。(中略)
このようにして、暦作り(天文学)から数学が発達していったのである。ー

(引用終わり)

田中進二郎です。
クラヴィウスが作ったグレゴリウス暦を日本に最初に伝えたのが、1579年に来日した巡察師ヴァリニャーニである。おそらくまだ完成目前であっただろう、新しい西洋暦について、信長はヴァリニャーニから教わった。信長はすぐさまグレゴリウス暦の革命的意義を理解した。やはり信長は天才中の天才だったのだ。そしてなんと、ヴァリニャーニに教わった太陽暦を用いて、日食も予言していたらしい。

●信長は日食が起きると予言して当てたが、その日は本能寺の変の前日だった
気象予報士の饒村曜氏(ぎょうむら・よう)が次のような記事を書いている。一部割愛して引用する。


(引用開始)


織田信長の時代、京都で使われていたのは、日本に中国から伝わり、862年に導入された宣明(せんみょう)暦をもとにした京暦です。
これに対し、関東から東海地方で使われていたのが三嶋暦です。鎌倉時代から作られているという伊豆国(現在の静岡県)にある三嶋大社の暦師・河合家が作ったもので、自前の天文台で星や月を正確に観察し、それをもとに暦を作っていました。
このため、京暦とは、何度か日付けが食い違っています。

全国統一を目指していた織田信長は、天正10年(1582)正月に暦がバラバラでは困るとして、三嶋暦に統一するように朝廷へ申し入れるのですが、朝廷の権威を否定するものとして退けられます。
しかし、この年の6月1日に京都では太陽が6割も欠けるという部分日食が起きます。
古代において日食は重大な関心事です。
日食時に国家行事を行うと為政者の威信が傷つくとされてきました。
このため、日食を予想し、この日に国家行事を行わないなどの行動がとられました。また、日食の日光は汚れとされ、天皇の身体を汚れから遮るため御所を菰(こも)で包む習慣がありました。
日食は太陽と地球の間に月が入る現象ですので、月と太陽の運行をもとに作られる太陽太陰歴では日食を予想でき、暦にもその旨が記入されます。
しかし、天正10年6月1月(西暦1582年6月20日)の日食は、京暦では見逃しとなり、御所を菰で包みませんでした。
このため、織田信長は、日食を表現している三嶋暦のほうが正確で、優越性がはっきりしているとして、信長は再度朝廷に暦統一問題を持ち出します。
しかし、翌2日(西暦では6月21日)、本能寺の変によって明智光秀に討たれ、三嶋暦による統一はなりませんでした。本能寺の変によって、三嶋暦も運命が大きく変わったのです。
(中略)
日本に渡来した宣教師(ヴァリニャーニ)からいろいろな知識を学んでいた織田信長が、西暦の変更について知っており、暦に強い関心を持っていた可能性は十分あります。
多くの人が意味を理解していなくても、織田信長だけは本質を理解していた可能性があります。
しかし、信長が主張する通りに日食がおきると、朝廷やその周辺の人々、及び、明智光秀らにとって、織田信長は魔王であると実感したのではないでしょうか。

本能寺の変の約100年後、貞享2年(1685年)に宣明暦から渋川春海によって作られた貞享暦(じょうきょうれき)に変わっています。

(引用終わり)

田中進二郎です。
明治維新に先立つこと290年前に、またヨーロッパでグレゴリウス暦が制定されるより1年早くに、信長はヴァリニャーニから教わっていた、ということが重大なのです。

信長は1573年に足利義昭を京都から追放した年に、元号を「永禄」から「天正」に改元させている。「天が正しくなる」で「天正」だ。「みんな命令には平和に従え」の「令和」よりずっといい。
しかし、「天正」もやめよう、元号自体やめよう、段階を踏んで、日本を西洋暦で統一しようと、超合理主義者の信長は考えていた。

しかし、ヴァリニャーニに私淑した信長を裏切ったのがイエズス会だ。京暦廃止を要求してくる信長に危機感を募らせる朝廷を操ることを考えついた。
当時最高のヨーロッパ知識人の一人だったヴァリニャーニはイエズス会の力で日本の絶対君主である信長を抹殺することに決めた。

田中進二郎拝






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号