ログイン

ようこそguestさま
ログインする

今日:1752 昨日:24148
合計:89961779
 
重たい掲示板


(※旧名:気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)
[会員(新規・ご継続)のお申し込み] [本のコーナー] [ビデオのコーナー]

[ホームにもどる] [携帯用(工事中)] [過去ログ(工事中)]

[副島隆彦宛メール] [副島文献目録] [84-90] [91-95] [96-00] [01-05]

[旧掲示板]

[投稿する前に]
■■■投稿規定■■■
・この掲示板に投稿するためには、下記のすべての条件を満たし、遵守する必要がある。
【前提条件】
・副島隆彦の本を5冊以上、読んでいる。
【当掲示板への初回投稿時の条件】
・簡単な自己紹介をして、自分の関心あることを限定してみんなに提起する(但し実名投稿である必要はない)。
【副島隆彦に議論を挑みたい場合の条件】
・礼儀正しく、自分の立場や政治思想(思考)を明らかにしてからする。

【投稿後の条件】
・自己が投稿した文章に関して、一切の権利を主張しない(著作権に関しては、市場で利益を生まない文章には始めから発生しません)。




※ログイン後に投稿フォームが表示されます。





[3433]安倍晋三の銃撃死亡は単独犯ではない。CIAと統一教会の内部抗争によるものだ。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2022-07-09 07:26:58

副島隆彦です。今日は、2022年7月9日(土)、の午前7時です。

 安倍晋三が、昨日、午前11時30分に、奈良県奈良市、大和西大寺(やまとさいだいじ)の駅前で、応援演説中に銃撃され、心肺停止していたが、その後(午後5時3分)死亡した。ということになっている。安倍が死んだのは事実だが、誰が、本当に安倍を、いつ、殺したか、だ。山上徹也は、身代わりの人形だ。



 この暗殺事件(ミステリー)の真実の解明に、このあと多くの時間が流れて行く。
私は、安倍晋三は、日本の政治を、長い間、悪くした責任者であるから、追悼しない。私たちにとっての大敵(たいてき)であり、大悪(おおワル)であるから、悲しくない。安倍の死を悼(いた)んで悲しむ日本人たちとの闘いが、これからもずっと続く。

 安倍という頭目(とうもく)を失って、彼ら、日本の反共(はんきょう)右翼の勢力は、誰を次の頭(かしら、ヘッド、領袖)に立てるのだろうか。 

 日本国は、この30年間、国民の所得が上がらず、経済成長(エコノミック・グロウス)が無く、ヒドい衰退(すいたい)国家(デクライン・ステイト)である。安倍晋三は、この日本の無残な30年間の、政治指導者として重大な責任が有る。 私、副島隆彦の考えは、うしろのほうに載せる、小沢一郎 と同じだ。

(転載貼り付け始め)

・・・・小沢氏は「社会が安定して良い政治が行われていれば、こんな過激な事件は起きない。自民党がおごり高ぶり、勝手なことをやった結果だ」と説明した・・・(後掲する)

(貼り付け終わり)

副島隆彦です。 私の考えは、日本国の真の指導者であり、計画的に追い詰められている、小沢一郎と全く同じだ。 日本人の中の、一番、真面目で、正直で、優れた人間たちは、今も、小沢一郎と鳩山友紀夫を支持する勢力である。

 日本がアメリカから独立して本当の主権(しゅけん。sovereignty ソヴリーンティ。フランス語ならソヴランテェ)を取り戻す、対米自立(たいべいじりつ)の国になることを目標にしている勢力である。そしてロシア、中国とも仲良くする。
  小沢一郎が行った安倍死亡への発言を、批判する者たちは、安倍晋三を取り巻く、気色の悪い、愚劣極まりない、宗教団体(後述する)の者たちである。

 テレビと新聞各紙は、犯人の取り調べの供述が警察から漏れ出たものとして、
「 安倍元総理死去 山上容疑者「ある特定の宗教団体に恨みがあった」と供述 」
 と 報道している。ところが、この宗教団体の名を、警察は言ったはずなのに、新聞テレビが、はっきりと書かない。このことが重大な問題だ。
 
 この宗教団体とは、安倍晋三の祖父の岸信介(きしのぶすけ)の代から、日本に強固に根付いているカルト集団である、統一教会( Moonie ムーニー、文鮮明=ぶんせんめい、ムーン・サンミョン=主義者。 この文(ムーン)から、英語で、ムー(ン)ニイと 呼ばれる)である。

 統一教会は、昔は、「世界基督教統一神霊協会(せかい きりすときょう とういつ しんれい きょうかい)だったが、現在は、「世界 平和 統一 家族  連合  」とか、いう、長ったらしい、訳の分からない名前を、自分たちの正式名称にしている。

 私、副島隆彦が、3年ぐらい前から、入手していた情報で、統一教会は、2つどころか、現在、4つに分裂して、激しく内部抗争を繰り返している。そのように私は聞いてきた。
アメリカの国家情報部からもこの説が漏れ伝わって来る。

 安倍晋三は、おじいちゃんの代からずっと兄弟分で、所属する 統一教会の主流派の 韓鶴子(ハン・ハクジャ、かんつるこ。文鮮明の妻、今の教主)及び3男坊の文顕進(ぶんけんしん) 派 のセクトに属している。

 犯人に仕立て上げあられた、山上徹也(やまがみてつや、41歳)はおそらく、そこから分裂して、激しく敵対しあう統一教会の対立派閥(セクト)(4男坊、あるいは5男坊派。小池百合子は、どうも5男坊派らしい)に所属しているのだ、と私は思う。

 5男坊の文亨進(ぶんりょうしん)が、「サンクチュアリ教会の武装化」
を進めているので、おそらく山上たちは、この派閥だろう。計画的に自衛隊に入って、銃の実弾射撃訓練を積んでいる。 文鮮明の 長男と次男は、幼くして死んだので今は数えない。

2012年9月3日、文鮮明が死去。このあと葬式の時、5男の文亨進(ぶんりょうしん。ジョーン・ムーン)派 が、葬儀の弔問の場に大勢で押しかけて、自分が後継者だと、母親たちと激しくぶつかった。

この5男坊の文亨進(ジョーン・ムーン)のサンクチュアリ教会は、 アメリカの銃のメイカーの大手のひとつ、トンプソン社のオーナーだ。「トミーガン」の愛称で知られている。

 それに対して、母親と3男坊の文顕進派は、大砲の砲弾を作る会社を持っていて、砲弾の特許をたくさん持っている。 もうひとつの、4男坊派、は、ドローンのコントロール・チップの特許を持っている。

 神谷 宗幣(かみや そうへい)という日本の統一教会の幹部だった男は、たぶん、この4男坊派だ。こいつが、今の参政党(さんせいとう)という気色の悪い政党を作った。
参政党に期待する、みたいな、馬鹿なことをここに書いている、学問道場に来ている、者たちは、自分自身の頭を、3発ぐらい、思い切り、叩いて置け。まだ、分からないのなら、どこか他所に行きなさい。 お前たち程度の頭(知能)では、政治の大きな動きは分からないで、すぐに騙される。馬鹿ども。その単純な正義感をした頭を、私、副島隆彦は、あきれ返っている。私が、いくら言っても聞かない。

 これと、維新の会も、別の分裂した、統一教会の派閥(セクト)である。 神谷は、維新の会にもいたのだが、そこから、分裂して自民党から選挙に出たりしてから、参政党を作った。

 従って、日本会議や、神社本庁(じんじゃほんちょう。及び、神道政治連盟 )などの下部団体の 反共右翼団体も内部分裂、ケンカ、抗争が激しい。 死者まで出している。
 笹川平和財団(ササガワ・ピース・ファウンデイション。旧船舶振興会。せんぱくしんこうかい)と、そこの節税団体のはずの、日本財団・東京財団も、同じ笹川系なのに、内部で分裂しているようだ。

 何という、複雑な四分五裂 だろう。すべてまとめて、抗争の末に、自滅してくれるのが、人類にとって、一番いいことだ。なぜなら、この Moonie たちが、アメリカ帝国の首都のワシントンの政治まで、汚しまくっているからだ。米政府の高官になっている、ジェイク・サリヴァン、と ヴィクトリア・ヌーランドが、ワシントンのMoonie の 今の頭目どもだ。

これから、安倍殺しの、捜査と調査が進めば、どんどんこれらの内部抗争の真実が、明らかになってくる。

 メディアは、「安倍氏 の所属する、特定の宗教団体への恨み」などと、いつまでたっても、事実を胡麻化(ごまか)す。そういうことをしないで、はっきりと統一教会と、書くべきだ。この団体は、日本を悪くしている最悪の政治集団なのだから。

  テレビ各局にチャラチャラ出て来る、反共右翼の言論人たちは、これらのことを、自分の肌身で知っている。知らん顔をして、いつまでも、しらばっくれるな。 もう、お前たちも、逃げられないのだ。 大きな悪事が、どんどん暴(あばか)かれて、白日の下に、晒(さら)されるべきだ。 彼らは、組織暴力団と全く同じ、血の復讐合戦をやり合っているのだから。安倍は自分は命を狙われている、と知っていたはずだ。

 私は、弟子から送られてきた、以下の一本の短い動画が、あとあと、一番、大事だと判断する。この動画を見て、どうも、おかしいと、感じた。 


2発目の発射が起こした爆煙は、奈良県警のSPたちが、鋼(はがね)の板状のバッグで、上手に受けとめたところで、上がっている。誰も負傷していない。ただの空砲だ。だから、2発目の銃弾も、安倍には当たっていない。頸(くび)=喉(のど)にも心臓にも銃創の後など見当たらない。下の写真で、看護師が、安倍の腹部を治療しているのが分かる。本当は、頸(頸動脈=けいどうみゃく=がある)のところに、小さな銃創があるのだ。それを、わざと仰向けにして横たえている。この看護師もおかしな人間だ。

  撃たれた瞬間の動画
https://onl.la/cK4eSGN

 副島隆彦です。果たして、こんな粗悪な、手製の拳銃で、人間を殺傷出来るのか。 銃弾が見つかった、と、聞かない。犯人を取り押さえようとして、路上に転がった、はっきりと映っている、この粗悪な手製銃から、硝煙(しょうえん)反応のような痕跡が無い。ただのおもちゃの金属筒を黒テープでぐるぐる巻きにしただけのおもちゃのような銃だ。


犯人は、安倍の背後に、6メートルの距離から、反対側の街路から、急いで近寄って、3メートルぐらいの距離から、水平に狙いを定めて、発砲している。誰も負傷していない。このことが別の動画から分かる。 
 だが安倍の背後には、SPと他の地方議員の男たちがいて、山上の2発目をきちんと撃退している。どうやって、このふにゃふにゃの軟弱(なんじゃく)な感じの童顔の男が、安倍晋三だけを撃って、上手に殺すことが出来るのか。SPたちの体で塞がれていたのに。

 真実は、特殊な小さな銃で、安倍の体に押し当てたまま、頸から心臓をめがけて縦に撃った。直後の安倍の横に、SPの女のふりをした、黒いスーツの宮本晴代(みやもとはるよ)という有名なクライシス・アクターがしゃがみこんで安倍の体に手をまわしている。
私は、この宮本晴代の、このときの素顔の写真を収集した。今は、この顔に、各社は、ぼかしを入れている。


クライシス・アクター の 宮本晴代。この時、安倍の体に手を付けている者たち
全員が安倍殺しの共同謀議の参加者だ



 安倍の頸部(けいぶ。くび)から2発が左胸(すなわち心臓のある場所)を縦に貫通している、と、担当した医師が記者会見で話している。「撃たれた瞬間の動画」には、山上の発砲からは、その感じが全く無い。ただの手製の爆裂弾で、発煙筒だ。弾丸などというものではない。何度でも見て下さい。

 撃たれた瞬間の動画
https://twitter.com/spd6JqgruGQ2qeg/status/1545406301924392960?cxt=HHwWgIDUvf-1sfIqAAAA

 この動画を、私は、何回も見直したが、安倍晋三の背後に走り寄って、山上が、3メートルぐいらから、1発目が、頸に、2発目が、左胸(心臓) に当たった、ということになっている。が、どう見てみ、どちらも当たっていない。 爆発音と煙が上がった(これを1発目とするようだ)瞬間、安倍は、他の人たちと同様に、何事か、と後ろを振り返っている。
2発目での、安倍の現場でのしゃがみ込みも、不自然だ。黒いスーツの上からの、銃創(じゅうそう)と出血など見えない。

 安倍は、自分の体を守ろうとして、丸くなってゆっくりと地面にかがみ込んでいる。普通の銃撃を受けたなら、体が崩れて、ばったり倒れるはずだ。だから、殺されたのは、別の銃による、この直後である。

 それでも、安倍は死んでいる。路上に倒れた写真からは、胸の辺りのホワイトシャツに、に少し出血が見える。
 私の考えでは、真実の銃弾は、このあと撃ち込まれている。特殊な小型の消音銃で、2発だ。安倍が自分の身を守ろうと、かがみこんだ、その瞬間に「総理、大丈夫ですか」と、覆いかぶさった人物が、小さな特殊な銃で、安倍の体を抑えながら、頸部から撃った。東京から来たSPが、頸から心臓方向に2発、撃ち込んだのだ。ここには、恐ろしい政治謀略がある。このSPは、アメリカのCIAの意思で動いている。

 バイデンたちが、やらせたのだ。岸田首相 は、そのことを知っている。その代わり、3兆円分(300億ドル)、アメリカ製の兵器を買います、で、合意していたのだろう。

 あんな、山上の手製の銃の弾は、安倍の心臓まで届かない。始めは、散弾銃(さんだんじゅう)だと、報道された。安倍の服の背中が破れていない。出血がものすごく少ない。周囲の誰も怪我をしていない。


 それでも安倍は、確かに死んでいる。 ここには 謎が深い。安倍を庇ったSPが安倍を撃っている。犯人とされる山上徹也は、身代わりのお人形の、見せかけの犯人だ。

  1963年11月22日の、アメリカのテキサス州ダラスでのJ・F・ケネディ大統領の暗殺のときの、撃たれ方とよく似ている。真実は、警護の警官隊のひとりによる至近距離からの銃撃か、あるいは、オープンカーの運転手が振り向きざまに下に構えた拳銃で、ケネディの額を撃ったのだ。安倍の場合も、すぐ近くにいた者による 瞬間殺害だ。 

 もっとはっきり書くと、米CIAが、やったのだ。アメリカ政府(トニーブリンケン国務長官。CIAのその上にいる。ブリンケンが、一番早く、安倍銃撃を知ったいう )としては、もう、安倍晋三は、用済みだ。

 これ以上、安倍に勝手に騒がせるな、アメリカ政府としては、もう、迷惑だ、として、安倍を消したのだ。安倍の親分である、マイケル・グリーンは、5月に、オーストラリアの、シドニー大学の研究所長で、追い出されて、もう日本には帰ってこない。グリーンは、ワシントン政界から嫌われて失脚した。安倍は後ろ盾を失って滅んだのだ。

 だから、真犯人はCIAだ。まさしく、CIA (とローマ・カトリック教会)が、統一教会を作って操(あや)って来た。これが現時点での、私、副島隆彦の推測だ。これから、どんどん、真実が明らかになってくる。これらの真実が明らかになることが、日本政治にとって、物凄く良いことだ。    副島隆彦記

(副島隆彦から。以下に、昨日、私が、採集した、記事を貼り付ける。のちのちの証拠となる)

〇 「 SPいたのになぜ 安倍晋三元首相の銃撃 首かしげる警察幹部 」
毎日新聞 2022/7/8 20:26

(副島隆彦から。ここに記事に付いている 写真を貼ってください)


演説に臨む安倍晋三元首相の後方で周辺をうかがう山上徹也容疑者とみられる人物(右から2人目)=奈良市で2022年7月8日午前、大谷敏治さんの提供動画から

 街頭演説中に銃撃された安倍晋三元首相(67)が亡くなった。安倍元首相の周囲では複数のSP(セキュリティーポリス)らが警護していたが、防ぐことはできなかった。警察の警備態勢に問題はなかったのか。

「なぜ制止しなかったのか」
 「安倍さんの背後にも警察官が配置されていたのに、なぜ制止しなかったのか」。安倍元首相と並んで立っていた奈良県議の一人はこう憤る。現場にいた記者らによると、山上徹也容疑者(41)=殺人未遂容疑で逮捕=は車道を横切って背後から安倍元首相に接近。

 数メートルほどの距離で銃を構えて発砲した。さらに数秒後、2発目を撃ったとされる。今回の警備では、奈良県警の警察官と警視庁のSPが対応に当たった。しかし
  ・・・この記事はあとは有料記事です。銃撃直後の安倍元首相の写真

(副島隆彦です。ここに記事の写真を貼ってください)

〇 「 安倍元総理死去 山上容疑者「ある特定の宗教団体に恨みがあった」」

2022年7/8(金)   日テレNEWS

 7月8日、安倍元総理大臣が銃撃され亡くなりました。捜査関係者によりますと、山上容疑者は警察の調べに、動機について「ある特定の宗教団体に恨みがあり、安倍元総理大臣はその宗教団体と関係があると思って狙った」という趣旨の供述をしているということです。

〇 「 安倍元首相銃撃「6m先に犯人の背中」目撃者が証言  」

2022年 7/8(金) 15:50   AERA(アエラ誌、朝日新聞社)

 安倍晋三氏に向けて発砲したとみられる男と取り押さえようとするSP

(副島隆彦。ここにも、写真を貼ってください)


 安倍晋三元首相(67)が、街頭演説中の奈良市西大寺東町の路上で銃撃された。心肺停止の状態で、奈良県立医科大付属病院に運ばれた。現場では山上徹也容疑者(41)が殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。どういった状況だったのか。目撃者に話を聞いた。

「最初は何が起こったのかわからなかった」  こういうのは大和郡山市に住む女性(18)だ。  安倍元首相は、近鉄大和西大寺駅の北口で参院選の応援演説をしていた。山上容疑者は安倍元首相の背後から近づき、2回発砲した。

 女性は買い物でたまたま駅を訪れていたところだった。安倍元首相が演説しているとは知らなかったという。女性はこう語る。 「『ドゴーン』と花火で聞くような大きな音が鳴りました。それで振り返ると、6mくらい先に筒状の大きなものを持った人の背中が見えました。そして、2発目を撃って、煙が出るところを見ました。声は聞こえませんでしたが、2発目を打つ前には何かを言っているようにも見えました」  

 現場で撃たれるまでの一部始終を見ていたという男性(46)はこう説明する。 「安倍元首相の演説を見ていたら、車線を横断するように一人の男が寄っていって、なんだろうと思っていたんです。そしたら、ズドンという大きな音がして、白い煙が立ちこめ、すぐに続けて、もう1発音がした。焦げるような臭いが立ちこめた。安倍元首相のほうを見たら、姿が見えなかったので、安倍さんが撃たれたんだと思った」

 周囲の人々は当初、何が起こっていたのか理解できなかったようだ。先の女性は「周りは『え?』という感じで、よく様子がわからず、声も出ていない様子だった」だったという。警備の様子についてもこう語る。

 「2発目が撃たれてから、ちょっと間があってから、犯人の近くにいた人ではなくて、少し離れたSPのような人がスライディングのような感じで、犯人を押さえた。そのあとに2人、3人と犯人に覆いかぶさっていきました。1発目のときは、誰も動けていなかったように思います。警備を厳重にしてないといけないと思うんですが、甘かったんじゃないかと思いました」・・・・・

〇 「 小沢一郎「自民党がおごり高ぶり、勝手なことをやった結果」安倍氏銃撃への持論に批判殺到 」    
2022年7/8(金)   女性自身

  7月8日午前に奈良市での街頭演説中に男からの銃撃を受け、その後、搬送された病院で息を引き取った安倍晋三元首相(67)。与野党問わず、凶弾でこの世を去った安倍元首相への哀悼の声が寄せられるなか、立憲民主党の小沢一郎衆院議員(80)の発言に批判が集まっている。・・・・・・

 そんななか、波紋を呼ぶ発言をしたのが同党の小沢氏。銃撃事件が報じられた直後、Twitterに《安倍元総理が倒れられたとの報道。さまざまな情報が錯綜しておりますが、今はとにかく安倍元総理の無事を祈ります》と投稿していた。 しかし、各メディアによると、その後行われた岩手県一関市での街頭演説で「安倍氏のこの災難は、むしろ自民党に有利に作用するかもしれない」と主張したという。

 さらに安倍元首相の訃報が流れた後に行われた同県奥州市での応援演説では、安倍元首相の父とも親交があったことを語り、「大変残念で心からお悔やみ申し上げます」と述べた小沢氏。そのうえで、「端的に言えば、自民党の長期政権が招いた事件と言わざるを得ない」とも持論を展開。 その後、報道陣にこの発言の真意について問われた小沢氏は「社会が安定して良い政治が行われていれば、こんな過激な事件は起きない。自民党がおごり高ぶり、勝手なことをやった結果だ」と説明したという。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。最後に。こんどの安倍射殺で、私は思い出すことがある。1960年6月10日の、国会議事堂の前での、激しい安保闘争のあとだ。
 そのあと10月12日に、社会党の浅沼稲次郎(あさぬまいねじろう)委員長が、講演会の壇上で、17歳の山口二矢(やまぐちおとや)少年に、短刀で一撃で刺殺された事件を思い出す。 あの浅沼殺しも、本当は、CIAがやったものだ。 

 たかが、17歳のガキの少年が、腰だめで、浅沼に突撃して短刀で腹を突いただけで、太った大の大人が死ぬはずはない。しかも、背広の上から、短刀を突きさしている。服の上から刃物が内蔵にまで通るはずがない。

浅沼は、壇上に横たわったまま、しばらく放置されて、皆が、傍観していた、という記者たちの証言が有る。この事件もおかしいのだ。



 今も、証拠写真として、山口少年が、体当たりで、浅沼を刺す、有名な、立派な写真が有る。誰も文句が言えないような見事(みごと)な写真だ。
 あれが、本当に怪しいのだ。 みんな、騙(だま)された。誰も異論を差し挟めないぐらいの精巧な写真だ。どうしてあんな映画撮影のような、ドラマチックな写真が偶然で撮れるのか。私、副島隆彦だけは騙されない。

(副島隆彦。ここに例の有名な浅沼刺殺の、写真を貼ってください)

この直後に上記の別の写真のとおり、浅沼をたった一撃で突き刺している。それなのに
浅沼の体は、すでに激しい衝撃を受けている。この時、まだ山口少年の短刀は浅沼に
刺さっていないのだ。

 おそらく、浅沼は、舞台の袖のカーテンの暗がりから、CIAの狙撃者によって、ライフル銃で射殺された。今度の安倍と同じだ。 あのままゆけば、安保条約の無理やり成立に怒っていた日本国民の判断で、直後の11月の総選挙で、社会党が勝って、浅沼内閣が出来ていたと、言われている。それを、アメリカは、浅沼を殺すことで、自民党に勝たせ。日本をソビエトと中国の側にやるわけにはゆかない、という冷酷な決断だ。アメリカ(CIA)は、ここまで大犯罪をやる。

安倍を殺した、銃弾2発は、見つかったのか?  警察は、それを記者会見で、提出して見せたか? あんなおもちゃのような手製銃で、頸(くび。喉、のど)から心臓へ連続して、正確に撃ち抜くことが出来るか?   副島隆彦拝 



[3432]今回の参院選で私自身理解出来たこと
投稿者:一柳 洋
投稿日:2022-07-08 15:13:38

今回の参院選で私が理解出来たこと

 会員の一柳です。
 はぐらめいさんの松田プランの評価とは論点が違いますが、今度の参院選で分かったことは既成政党(自民党から共産、社民まで)がすべてディープステイトのコントロール下に置かれていると言うことではないでしょうか。
 自公(与党)と維新は日本売りと自治体資産を外資に売り渡すことをミッションにされている売国政党。国民民主と立憲連中の連合隷属派は野党の立場としてとしてそれを支える政党。
 コロナ、ウクライナ、温暖化脅威論(SDG'S-エスディジーズ)を重ね合わせると、日本の既成全政党は見事にディープステイトのコントロール下にある事に気づかされます。
 この3つの脅し、騙しの共通点はメディアが一切の批判、そして反論、異論を取りあげないことです。マスメディアはディープステイトの宣伝洗脳(プロパガンダ)機関ですから、このメディア対応からして、この3つはディープステイトの仕業仕掛けとしか考えられません。
 情け無いのは日本の左派とリベラル(社共や市民運動)です。この3つの仕掛けに完全に自ら転んでディープステイトの掌(たなごころ)の上で踊っています。
 コロナでは何も疑わずに(ディープステイトの存在も認識していない)恐怖の自然な感染症として恐がり、PCR検査のでっち上げをもっとやれと煽り、巨大ファーマのインチキワクチンをチエックもしないし、子供には打つなとも言わない。根拠のない飲食店の時短や自粛営業、個人の行動制限を護憲派がむしろ煽って憲法の3大要件である基本的人権の擁護をしなかった。
 ウクライナ侵攻に至ってはアメリカの戦争屋の介在を指摘せず、ロシア・プーチン極悪とわめいているだけ(コロナ以降この2年半と、ウクライナ-決定打-で日本の左派とリベラルが、これほど騙されやすい低脳人種である事を知りました)。
 米英の戦争屋が、これまで覇・利権と反共主義で世界でどれだけ戦争や紛争を起こしてきたかも指摘しない。これだから憲法の上に安保条約が有り日本は米の属国であるとの根本指摘もしません。これで完全に改憲派につけ込まれることになりました。
 思うにこれは完全にメディアにより洗脳されていると言うことでしょう。
 50年ほど前までは左翼は商業メディアをブル新(ブルジョア発行の新聞)とさげすんでいましたが、今は完全にメディアに載せられ踊っています。他ソースから本当の情報を取っている人が余りに少ないのに驚きます。
 地球温暖化論は1988年からアメリカ発で始まりましたが、90年代では排出取引などで完全に環境利権化して日本が一番ババを引かされむしられました。
これについても太陽系宇宙の惑星地球は太陽の活動と地球上でおきる火山の爆発などの影響で寒冷化や温暖化はおこる。を理解しないでディープステイトとその表の機関であるUNのICPPのでっち上げに、もろ載って、このままでは「地球が燃える」と騒いで共産党は石炭火力反対運動を主導しています(正義の味方気分)。
 そしてこの10年人為的地球温暖化論を根拠にSDG'S-エスディジーズが世界規模でおこされ、与野党、財界、メディア全てディープステイトの意向通りに馬鹿騒ぎをして内燃機関全廃や火力発電は廃止せよとして、CO2を出すなの暴走でディストピアへの道まっしぐらです。
 
よくよく考えればこのコロナ、ウクライナ、温暖化SDG'Sに疑うことなく従えば従うほど経済と暮らしは悪くなります。
ウクライナは他の2つと違い科学の騙しではありませんが、属国日本はアメリカの命令、指示に逆らえませんので、中立を表明できず、ロシア制裁に付き合えば付き合うほど手痛い報復を受けるでしょう(ロシアはディープステイトに挑む戦いをしている)。
プーチンは最初は油断して(騙され)手痛い反撃を食らいましたが、今は戦闘でも完全に主導権を握り、そして何より戦後続いてきた米欧のディープステイト支配体制に明確に反撃に出て、そしてこれまで米英ディープステイト勢力に頭を押さえられてきたBRICS諸国や産油国、非米反米の国々との連携に成功しているので、アメリカに付き従うばかりではいけないとする野党の形成が日本でも急がれます。
既成政党が全く駄目な中、今回この3つを明確に批判する勢力も出てきました。参政党やNHK党の黒川氏(N国党参加の諸派党では唯一この人だけまとも)です。
 参政党の凄い金の集まりかたや、街宣の動員人数は副島さん指摘の統一教会の別働隊を裏付けるかことも知れませんが、当選後の活動でこれは判断できるでしょう(有権者のチエックの目を光らせる事が必須)。
 ともかく日本の既成政党が全てディープステイトの配下にあることを認識し、コロナ、ウクライナ、温暖化SDG'Sを批判し抗わないと(ウクライナについては完全中立宣言)、この国と私達の暮らしは正に奈落の底へまっしぐらになることを認識したいと思います。
 そこで選挙後に何をするか知恵の出し合いを草の根から出していきたい物です。
 
 ここまで書いてアップしようとしたら「安倍元首相が撃たれた」のニュースが入ってきました。
 要人の暗殺は警備に手抜かりがなければ先ず成功しないとの「格言」を思い出します。背後に大きな組織が関与する場合、暗殺理由が明らかになることはないかと思いますが、気になります。




[3431]「松田プラン」の革命性
投稿者:はぐらめい
投稿日:2022-07-07 16:38:00

参政党をキワモノ扱いしてはならないと思ったのは、松田学氏の『日本をこう変える 世界を導く「課題解決型国家」の創り方』(方丈社 2022.3)を読んだことによります。拙ブログでの議論(移ろうままに2 https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2022-07-05 から)を経て、松田氏の提唱する「松田プラン」について思い至ったことを書いておきます。ご批判ください。
      *   *   *   *   *
動画「新党討論SP!Part3参政党vs新党くにもりで激論!自公と連携?、消費税、デフレ脱却 山岡鉄秀×神谷宗幣×松田学×本間奈々×安藤裕【新党討論SPECIAL】
https://www.youtube.com/watch?v=wyrR6w3DwvA
17分50秒あたりからの、松田学氏と安藤氏の議論の文字起こし。
-------------------------------------------------------------
(松田)日銀は、中央銀行は民間のマネーを作る力は無いんですね。みなさ
ん、お札を刷りまくっているというのは大間違いで、日銀当座預金という帳
簿上のモノが膨らんでいるだけで、オカネ作ってるのは、要するに銀行が信
用創造で創ってるわけで、でも需要が無ければ信用創造ができないっていう
話になっちゃって、で詰まっちゃってるわけですね。だから僕は、財政が出
動して財政支出すれば、オカネが…、国債を銀行が買えば、その分マネタリ
ーベースが、市中マネーが増えますんでね、これでオカネを増やさざるを得
ないという状況に、黒田総裁のアレが始まって9年?くらい経ってるんです
かね。でも全然インフレ目標達成っていうメドがたっていない、っていう状
況ですからね。金融政策ではムリだっていうことがハッキリしたんですね。
もう財政しか手段が無い、ということだと思うんですね。
(安藤)最初からこれ、金融政策ではムリだということはわかってたんです
けれども、でも結局これ、さっき松田さんも、民間の資金需要がオカネを生
み出すんだと、信用創造のことをちょっとお触れになりましたけれど、政府
が国債を出すことも一緒で、政府が国債を出して、そして財政赤字の形で国
民に渡すと、新しい通貨が発行されるので、それで国民が豊かになるんです。
だから、政府の国債発行というのは、別に銀行が買ってくれるからオカネが
出来るんじゃなくて、政府が国債を発行して財政赤字の形で国民に渡すこと
によって日本国債…
(松田)違うんですよ。
(安藤)…という新しいオカネが生まれるんです。
(松田)私の方がそれは専門なんで、違うんです。それは議論したらキリが
ないんですが、結局市中マネーを増やすためには、銀行が国債を持って、初
めて預金通貨が増えて、それで市中マネーが増える。これいくら議論しても
そうなりますから。
(安藤)それは間違ってますよ。
(松田)いや正しいんです。
(安藤)いや、そこは違います。
(松田)いや違います。
(安藤)それはちゃんと、国会で議論してますから。
(松田)いやいや…
(安藤)日銀にもちゃんと答えさせていますから。
(司会)正しい、間違いじゃなくて、一言…
(松田)だって、投資家が国債を買っていれば、マネーは行って来いで終わ
りですよ。でも銀行が買うから、預金通貨が膨らむから、マネーって増える
んですね。だからその市中マネーをどういう風に定義するかによるかもしれ
ませんが、私が言っているのは、実際に皆さんが流動性として使える現金と、
それと要求払い預金、という範囲で考えると、そのときに初めてマネーが増
えるんですね。だから別にこれで言ってることを否定しているわけじゃなく
て、私が言いたいのは、国債をオカネに変えることによって国民みんなの資
産になると、わかりやすく言うとね、ここが他の人が言ってないという所か
もしれません。
(安藤)多分根本的に、これ考え方が合わないので、多分議論しても合わな
いと思いますけど、オカネを日本銀行…、日本銀行じゃない、政府が国債を
発行して、それで財政赤字の形で政府から民間企業に渡します。で、これを
小切手の形で渡して、これを銀行に持ち込めば、これがオカネに変わります。
そこで新しいオカネが生まれてきます。すると日銀当座預金もまた復活して
くるので、これで日銀当座預金の残高は変わらないんで、ずっと買い続ける
ことができるという循環は出来るんですよね。で、実際に…
(松田)いやだから…
(安藤)まあちょっと待ってください。実際に、例えば一昨年、12兆円の
国債を発行して国民に10万円ずつ配りましたよね。それで金融資産が増え
ました。だから、国債を発行すると、国民の金融資産は増えるんですよ。実
際に今までも、政府が国債の残高を増やせば増やすほど、民間の金融資産は
増えていく。だから誰かの資産、誰かの負債というのは、必ず別の誰かの資
産になるので、だから我々はずっと、政府の赤字はみんなの黒字って言って
るわけですけれども、政府が赤字を拡大すると、新しいオカネが誕生するの
で、これを国民に渡せば国民が黒字になります。こういう極めて当たり前の
こと…
(松田)そこにワンクッションがいるんですよ。
-------------------------------------------------------------
安藤氏は、国債発行の時点で「オカネ」が生まれていると考える。そもそも国債発行は政策実行が前提されているのであり、政策実行とは、民間に「オカネ」が流れることである。それに対して松田氏は、《そこにワンクッションがいるんですよ。》と言う。政府発行の「オカネ」なら安藤氏の言う通りなのだが、「オカネ」は日銀が発行することになっている。そのことで利息がつく「オカネ」になる。そこに金融資本の秘密があるわけで、ほんとうは触れてはならない肝心なところなのだけれども、「松田プラン」はそこに手を突っ込む。国債が日銀の手にある限り、利息が付きまう「オカネ」でありつづける。その「オカネ」を日銀から引っ剥がして、単なる記号でしかない「デジタル通貨」にしてしまう。それが松田氏の言う「ワンクッション」の意味。そう考えると、安藤氏の主張は、考え方としては間違ってはいなくても、現実に即しているのは松田氏の方。その分DSの勘どころを刺激する。「松田プラン」は、金融資本的既成権力にとっての「危険思想」であり、その分、さりげなく「革命的」。そう思えたのですがいかがでしょうか。



[3430]『ディープステイトはウクライナ戦争を第3次世界大戦にする』読みました
投稿者:はぐらめい
投稿日:2022-06-30 08:17:36

時代が求めていた本です。一気に読まされました。

《今の天皇家は、昭和天皇裕仁が、ディープステイト(英と米)に騙されて、まんまと策に嵌まって、中国侵略をやらされた。(1931年9月16日の満州事変から)。さらに罠に落ちて、アジア侵略を行い、そして真珠湾攻撃までやらされた。(1941年12月8日)。そしてディープステイトの計画通りに英米を相手の戦争にまで引きずりこまれた。その前に、すでに中国戦線で10年の泥沼の戦争をしていたのだ。/日本は、英米とソビエト・中国の東西の2つの敵を作って挟み撃ちにあい、股裂き状態にされて、「北支と南方」の2つの戦線で多大の損害を出した。兵士だけで160万人、民間人200万人を入れて360万人の死者を出した。/そうやって昭和天皇を頭にしてディープステイトの術中に落ちた。だから、昭和天皇は、敗戦後は日本国憲法というアメリカが作った座敷牢に自ら入って、ひたすら、「もう騙されない。戦争はしない。象徴天皇制でいい」と堅く決意した。そして戦没者の供養のためにひたすら祈りを捧げる天皇家という自分たちの姿をはっきりさせた。この深い決意が、息子の明仁上皇・美智子上皇后、そして孫の今の徳仁天皇、雅子皇后、そしてその次の愛子天皇にまで、強い戒めとして、しっかりとつながっている。この「2度と騙されるな。平和憲法を守れ」という昭和天皇の遺訓を、私たちは何よりも大事にしないといけない。》(99-100p)

名著『神やぶれたまはず』(長谷川三千子氏著 2016)を思った。《昭和20年8月のある一瞬―ほんの一瞬―日本国民全員の命と天皇陛下の命とは、あひ並んでホロコースト(供犠)のたきぎの上に横たはっていたのである。》とある。国民は、その一瞬が過ぎるや薪の上からたちまち降り立ち明日から生きてゆくための行動を開始した。薪の上に載った一瞬などその時だけの一瞬に過ぎかった。しかし、昭和天皇にとってはその後の生を通して背負い続けなければならなかった「永遠の一瞬」だった。今、新たな危機を前にして思う。あの一瞬は夢だったのか、はたまたあの一瞬を忘れて過ぎ去った77年の歳月が夢だったのか。

昭和天皇は、われわれにとってたちまち過ぎたあの一瞬を夢ではない現実として、薪の上から降り立つことのないまま昭和を生きて、平成の御代へとバトンを引き継がれていった。薪の上に在りつづけた昭和天皇のお姿こそが夢ではない現実ではなかったのか。国民も等しく、あの一瞬の現実に立ち還るべき時が迫っている、そう思わされる時代になった。そこからしか始まりようがないのだと、今回の著を読み終えてあらためて強く思う。(「『神やぶれたまはず』再々読(7)」https://oshosina2.blog.ss-blog.jp/2022-05-17-5

昨日たまたま、三島由紀夫関連動画を観た。
・三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実(抄)
https://onl.la/skSCfK6
・「三島由紀夫に魅せられた人たち」JNNドキュメンタリー ザ・フォーカス
https://www.youtube.com/watch?v=2vh3ZVYOD68

三島由紀夫も8月15日正午のあの瞬間に吸い込まれることで、相対化される。あの瞬間の「絶対性」を思う。みんなやり直し。



[3428]NHKの日曜討論で、NHK党幹事長、黒川敦彦氏が、快挙。だと、私は思う。 
投稿者:副島隆彦
投稿日:2022-06-28 12:19:08

副島隆彦です。 参政党(さんせいとう)などという 政党は、統一教会 が作った、別動隊だ。 それを、ぐだぐだ、書くな。 

 統一教会( 英語では、Moonie  ムーニー))文鮮明(ぶんせんめい) を教祖とする、韓国と日本 で発症の 反共産主義の、奇怪なカルト集団だ。ローマ・カトリック教会(ヴァチカン)と、米CIAが、作った。

私は、さっきネットで見て驚いた。すばらしい。この動画を、みんな見なさい。日本の政治も、ようやくここまで来た。みんな、もっともっと、正直になろう。そして何でも言い合おう。 それが、日本人の真の良さだ。 副島隆彦記

(転載貼り付け始め)

 NHKの <日曜討論で黒川敦彦氏が大暴走>「安倍のセイダ~、こんなに悪くなったのは お爺ちゃんの代からCIA」 

(誰か、急いで、このURLを、アクティブにして下さい)
http://www.asyura2.com/22/senkyo286/msg/864.html

日時 2022 年 6 月 26 日

NHK党
「創価学会は中国共産党と関係が近い‼️」
「日本維新の会も中国共産党と関係がある。上海電力問題ガー」
「統一教会を日本の持ってきたのは岸信介‼️」
NHK
「テーマの沿った発言を‼️個人の名前を出すのは控えて‼️」
NHK党
「アベノセイダ~♪アベノセイダァ~♪」

〇 ガーシーや綾野剛の名前飛び出る! NHK「日曜討論」があわや放送事故
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/4280078/

2022年06月26日 11時00分 東スポ

 写真。ガーシーこと東谷義和氏(左)と黒川幹事長(東スポWeb)

 国政政党9党幹部によるNHK「日曜討論」が26日放送され、俳優の綾野剛の名前が飛び出し、司会者から「個人の名前を出すことは控えてください」と制止される場面があった。

 防衛費増を巡る討論の際、NHK党の黒川敦彦幹事長は「ウソをつく人たちに国の安全は守れない。私たちの周りに事件がありました。ガーシーという人が暴露した事件です」と突如、暴露系ユーチューバーのガーシーこと東谷義和氏の名前を挙げたのだ。

 これに司会の伊藤雅之キャスターはすぐさま「テーマに沿った発言をしてください」とけん制。黒川氏は意に介することなく、「綾野剛氏という俳優の方が淫行疑惑があって、ネット上で大変にに…」と続け、再び伊藤氏が「テーマ外の発言は控えてください」とクギを刺した。

 これに黒川氏は「これは安全保障のためにウソをつくことはダメだ。ネット上で大騒ぎになっている綾野剛氏の問題…」とテーマ内に沿った発言と主張に伊藤氏は「個人の名前を出すことは控えて、主張してください」と念押し。

 黒川氏は「淫行疑惑というのは、しかもそれがご本人が顔出しで証言して、実際にあったと。ほかの女性に起こらないように勇気をもって、発言している。権力を持った人たちはそういうことをもみ消そうとしてきた事実がある」と続けたが、最後は時間切れとなった。

 その後も憲法改正の問題で黒川氏は「宗教勢力が海外勢力のスパイ活動の隠れみのに使われている」と政党や個人名を出したことで、各党が猛反論。黒川氏は安倍晋三元首相を風刺する歌を歌い出し、伊藤氏から「やめてください」と制止されるなど混乱に陥った。
 
 番組最後に伊藤氏は「今日の討論ですが、事実に基づかないという発言だったという指摘もあった。今後はテーマに沿った発言をお願いします」と取り繕ったが、放送事故寸前の事態だった。

黒川あつひこ【NHK党幹事長 × つばさの党代表】
@democracymonst
日曜討論でのやり過ぎを心配して、党首に電話しました「見てないけど、綾野剛の名前を言ったのは良いと思うし、何があったとしても幹事長として任命してるので、好きにやってくれたら良い。

君の行動も立花の行動も含めて、その全部でNHK党を有権者の方が判断してくれたら良い。とのことでした」
午前11:03 · 2022年6月26日·Twitter Web App



[3422]真実は噓、噓は真実。本当の真実とは何か
投稿者:片岡裕晴
投稿日:2022-06-17 22:35:44

【3415番】の安藤さんの文章に『地球平面説』という言葉があります。

この言葉を聞いたのは2年前で、『フラットアース』という言葉を初めて知りました。

コペルニクスの地動説をも覆す新しい(?)概念で、それを信じている人たちを『フラットアーサー』と呼ばれていることも知りました。

この言葉を聞いたきっかけは2020年のアメリカ大統領選挙の時です。

不正選挙の結果、トランプが敗北し、トランプの勝利を確信する人々がYouTubeの動画を使って、民主党陣営の不正を暴き、トランプ復活のシナリオを描き、毎日沢山の動画がアップロードされていました。

当時は毎日15時間近くもYouTube動画とTwitterを見ており、ネット中毒になるのではと思ったほど、夢中になってアメリカ大統領選挙の行方に注目していました。

そして、それらの動画を視聴している内に大統領選挙とは直接関係はないが、とても興味を引く情報が動画内で紹介されており、URLを開いていくと幾つも新しい情報が飛び出してきました。

思いつくままに挙げてみると、①ニコラ・テスラとフリーエネルギー②ケネディJrは生きている③同じくマイケル・ジャクソンは生きている④ハリウッドスターや大物政治家に関するペドフィリアのスキャンダル⑤タルタリアとマッドフラッド⑥UFOに関する情報⑦レプリアンと地球外生物⑧フラットアース⑨地球温暖化人為説は嘘だ⑩コロナ騒動とワクチン接種に関する真実はこうだ⑪人口削減計画の存在⑫その他 ・・・などです。

それらは複雑なジグソーパズルのピースの欠片(かけら)となって、収まるべき正しい場所を探して、脳内を浮遊して、今なお彷徨っています。

例えば、③のマイケル・ジャクソンに関して言えば、彼が宮殿のような豪華な邸宅内にネバーランドを造営したのは、彼の少年愛の場という目的の為であり、その後不審な死を遂げたというスキャンダラスな一般的な理解が広められていました。

しかし本当は全く逆であり、ハリウッドスターたちの悍(おぞ)ましいペドフィリアの犠牲になった子供たちを救い癒す為の場所としてネバーランドは作られた。

そして彼の死は姿を隠す為のトリックであり実は生きているという写真さえ公開されていました。

また①のニコラ・テスラの話を知って連想したのはアイン・ランドの『肩をすくめるアトラス』の中にニコラ・テスラのイメージを想起させるエピソードが幾つも登場したことだった。

私の目にはこれらの一見関連性のないニュースや概念が突然この時期に幾つも飛び出してきたことに驚きと深い関心を持ちました。

これらの事は偶然なのか、何かの予兆なのか?、なにか目的があって流布されるプロパガンダの一種なのか?、オーウエルの小説のような世界が始まろうとしているのか?、それともトランプが大統領の座にいるときに、秘密情報の開示に署名したからなのか・・・???

フラットアサー(地球は平面だ論者)は地球は球体ではなく平面であると主張しますが、これを主張する人々は、ほかの話題や政治的見解など、どの側面から判断してもかなりの見識の持ち主であり、知性も高く立派な教養人として尊敬できる人物たちです。(だから困っています。ジグソーパズルのピースの収まりどころが見つかりません)

もう一つ事実として指摘できるのは、2020年のアメリカ大統領選挙の頃、嵐のように起こった『フェイクニューズ現象』です。

真実ではない偽りのニューズをメインストリーム・メディアを使って真実として流し、真実のニューズをフェイクニューズだと決めつけるというオーウエル的逆転の世界の出現です。

法的に機密情報とされ、それを漏らすことが犯罪であったものが、解除されたことにより現状は機密情報を知るものはこれを公表しても犯罪ではなくなっています。

そこで真実が漏れ出すことによって、それを不都合と感じるDS(ディープステイト=選挙で選ばれた形式上は正統な政権やマスコミをもコントロールする本当の超権力者)は、それを胡麻化すために、真実をフェイクと言い、虚偽を真実として広め『本当の真実』が世の中に知れ渡ることをMSM(メインストリーム・メディア)を使い胡麻化そうとしているのかもしれません。

奇抜な手法としてはテレビのお笑い番組でお笑い芸人を使い、これらの『本当の真実』を真面に取り上げ、持ち上げた上、最後はお笑い草にして貶める事により真実を分からなくしてしまうという高度な手法があります。(褒め殺しの手法)

ウクライナの地で『アメリカ文明』と『非アメリカ文明』の対立が鮮明に浮き上がり、英米の諜報機関が流す『戦時プロパガンダ』が日本の情報空間を占拠し、国民世論の操作と洗脳が激しく行われている。

お笑い芸人上がりの大統領ゼレンスキーは『救国の英雄』と持ち上げられ、『プロパガンダ』を巻き散らし沢山の犠牲の血を流した挙句、今や『ピエロ』になってしまった。

『無かった事』が『有った事』と報道され、『起こった事件』は無視され、報道されない。テレビが報道しない限りそれは『起こらなかった事』として『偽りの真実』と『偽りの正義』が形成されていく。


さらにはビッグテック(Twitter、Google、Facebookなど)を使った言論統制(不都合なアカウントの削除、動画のBANを行うことによる検閲)が行われるようになった。

そのため多くのユーチューバーやTwitter利用者は『自己検閲』を行うようになり、言論空間が萎縮し歪められています。

動画のBANを恐れるユーチューバーはBAMの恐れのある『言葉』や『話題』を予め使用しないか『隠語』を用いるという現象が常態化していて、オーウエルの描いた世界が現実のものとなりつつあります。

昨夜(6月16日)テレビ朝日の報道ステーションで参議院選挙を控えての国政政党9党の党首による討論会が行われました。

そして、多くの国民が見ている前で重大な『言論弾圧事件』が起きました。

九つの政党の党首の内、NHK党の立花孝志にだけ予め警告文(表現は丁寧だが事実上の脅迫文)を送り付けてきて「報道ステーションの設定するテーマから逸脱する発言は行わないように、そしてもしそのようなことがあればしかるべき処置をとる」と言ってきたのです。

国民が選んだ公党の党首である政治家に対して、民放の一プロデューサーが予めその発言内容を規制し、制限するという暴挙が行われたのです。

これに対して立花は番組内の最初の発言の機会(テーマは『国防』についてでした)に冒頭、「テレビは核兵器に優る武器であると言われています。私は昨日番組のプロデューサーからこのような警告の手紙を受け取りました」という事実を時系列に従い淡々と一分間に渡り説明しました。

この間、キャスターの大越健介(NHKにおける立花の先輩でもある)は立花の発言中に三度に渡り、言葉をかぶせて「そのような発言は認められません」「発言を中止してください」と慌てふためいて発言を妨害しました。

立花孝志は持ち時間の一分間、静かに最後まで発言を続け、有難うございました と言って席を立ちました。

後には八党首と空席となった立花の椅子がテレビの画面に写され、国民の目の前に晒されるという、一種異様な空気が出現したのです。

一夜明けて本日(6月17日)、法曹界の一部の人たちからこの『言論弾圧』は看過することが出来ないとの声が上がりました。

そして、週明けの月曜日に『テレビ朝日』と『大越健介』を東京地裁に提訴するという事態になっています。


(2022年6月17日投稿)





[3421]ありがとうございます
投稿者:安藤恵里也
投稿日:2022-06-17 01:30:39

 先生はお忙しいのに私の文に返事を書き込んでくださり、ありがとうございます。
私の文は、スマホでポチポチ打っている短文です。なぜ私が「教えを乞う」と使ったのかと言うと、私自身の中で副島先生を自分の師と考えたためです。

 世の中に師の肩書の人は数多くいますが、これまで生きてきて私には居ませんでした。専門家としての先生の言論は私に大切です。なぜ私がカトリック教徒やキリストの幕屋の信者だろうと先生に思われたのかは分かりません。歴史から見ても、これまでの行いから見ても、カトリック教会は断罪されるべきです。キリストの幕屋は今日知りました。私はルター派の2世代目の信徒です。叱責を受け入れます。

この度はご迷惑おかけしました。古代バビロニアのデスカルトのことをもっと自分で調べます。




[3420]キッシンジャーの言葉の意味
投稿者:安藤恵里也
投稿日:2022-06-16 00:10:21

先生の司令に従い少額ですが金(きん)を購入することができました。ありがとうございます。
 前々から疑問点であったキッシンジャーの言葉の真意がぼやけてどうしても理解できないでいました。今回、以前の著書で書かれていた言葉が出てきます。この言葉の意味はどのくらいの深みを持つものなのか教授いただけないでしょうか? ウクライナ戦争が、始まってキッシンジャーが言っていた言葉が成就したのだ、と気が付きました。

「5千年前の、古代バビロニアのデス・カルト、悪魔が、地上に復活した」

 ナチスに関する話や、古代の生贄儀式があったのは理解しています。モヤモヤしたイメージの内容を書いても先生の足に踏み潰されて蹴散らされるだけです。なので率直に教授を受けたいと乞います。自分で調べろとと言うならば調べるためのカノン(ヒント)を教えていただけませんか? お忙しい中とは思いますがよろしくおねがいします。

 ( 副島隆彦が上記の文に、答えます。 2022年6月16日。 上 ↑の 会員の、安藤 恵里也(えりや)さんからの、私への、「教えを乞(こ)います」という、私への書き方を、私は、拒絶します。あなたは、生来の、親の代からのカトリック教徒で、本当は、キリストの幕屋(まくや)のような集団の人でしょう。「人に教えを乞い願う」などという、精神構造をしている人は、学問道場から去りなさい。 副島隆彦記



[3419]ウクライナ戦争。17本目。私の本の発売のこと。セヴェロドネツクが陥落する。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2022-06-15 12:49:36

副島隆彦です。今日は、2022年6月15日(水)です。
私は、体調が悪くて、この数日、寝ていました。ようやく元気になりました。ようやく、ここに書きます。

 毎日、NYの株がガンガン下がっている。アメリカと西欧(EU,NATO)の勝ち、とうことはない。
 いつまでも、欧米と、その手先になっている高級日本人ども(ディープステイトの自覚的な手先たち)の、思うようにはならないよ。世界は、今、非白人の貧乏大国たちの同盟を中心にした体制に変わりつつある。

 私の最新刊の金融本の『有事(ゆうじ)の金。そして世界は大恐慌へ』(徳間書店、5月28日発売)に書いたとおりのことが、完全にそのまま起きている。ここに盗み読みに来るだけの横着者も、少しのカネもうけをしたかったら、そろそろ観念してこの本を買って読みなさい。

 私は、先週やっとのことで、2か月遅滞(ちたい)したが、「 愛子天皇 待望(たいぼう)論 」を書き上げた。 ウクライナ戦争が起きたので中断していた。この「次の天皇を、急いで愛子にするように、国民の8割とくに女性たちの強い希望、要望に、沿うように、政治家たちは急いで、皇室典範=今はただの法律=を改正して、女性天皇も認める、に書き変えよ」の 本は、日本の国家体制(国体 =こくたい=とも言う )に関わる重要な問題だから、みんな、この問題から逃げるな。

 特に、反体制でリベラル派で、反(はん)自民党である、2千万人の日本国民が、天皇家(皇室)問題になると、尻込みして語ろうとしない。そこを敵どもに付け込まれる。
 
 私の、「愛子天皇待望論」 は、まず、日本の天皇家も、ヨーロッパの王たちへの呼び方と同じ、呼び捨てで言い、だ。 ヘンリーとか、エドワードとか、ジョンとかエリザベス、メアリーとか、と同じように、今の徳仁(なるひと)天皇、雅子(まさこ)皇后、 その前の明人(あきひと)、美智子(みちこ)、上皇、上皇后 そして、孫の愛子。と呼び捨てで言い。何が、今上(きんじょう)天皇と書け、だ。そんな変な敬語の体系は、すべて蹴とばして粉砕する。と、私、副島隆彦は、この本の始めに書いた。日本民族の劣等遺伝子がなすことだ。

 それでも、日本は天皇(てんのう。本当は、てんこう 真実の意味は、北極星=ポラリス=のこと。中国から貰って来た呼称 )がいる王国(国王のいる国。kingdom キングダム)だ。日本の天皇は、皇帝(エンペラー)ではない。日本は帝国(エンパイア)ではない。世界にまだたくさんある王国(君主国。モナーキー monarchy  元首。ソブリン )のひとつだ。
  外国、および世界から見たら、日本は明らかに王国だ。ところが、その内側が、民主政(デモクラシー democracy )になっていて、この「外枠の王政と、内側の民主政 の2重構造の、入れ子構造である」ことが、日本国民を苦しめている。

 だから、あの眞子・小室圭問題が、ワーワー騒がれたのだ。皇族の女子が、臣籍降下で、降嫁(こうか)して、自分の意思でただの平民(一般国民)になったのだから、それで実に目出度(めでた)いことだ。それを大騒ぎしたのは、この「君主制(特権者が存在する) と 民主制(政治的に、皆、平等)の 複合構造、2重構造」の接合面(せつごうめん)が、悪くて、しっくりこないものだから、日本国民が騒ぐのだ。

 この日本の国家体制の複合構造を、憲法学者も、政治学者たちも、誰一人、このことを、 書いて説明する者がいない。日本の国家体制は、敗戦後、77年間、ずっと、この大きな事実をほったらかしにして来た。私は、法学部出(で)だが、これまでに、日本の大学教授で、この「日本の国家体制は、不正直で、本当は2重構造だ」を書いた者がいない。

 だから、国民が、秋篠宮家(あきしののみや)家の問題で、勝手に、ヘンなふうに騒ぐ。日本人というのは、こういうことでは、バカの集まりだ。私、副島隆彦が、大きく、この問題を真正面から扱わなけば、日本土人(にほんどじん)の知識人どもの頭がしっかりしない。

 左翼の連中も、「日本は、王国なのだ」とはっきりと認めて、天皇の戦争責任と戦前の抑圧体制 の問題で、ぐずぐず言ってきたが、そろそろ この問題をすっきりさせよ。 今の天皇家(皇室)は、戦後、77年間、日本国民に何も悪いことをしていない。我慢強い 立派な人々から成る、王家だ。


東日本大震災で天皇皇后夫妻、初の被災地訪問で膝を屈して見舞われる。2011年4月
14日、千葉県旭市。

 だから、この事実を、認めて、その上で、安倍晋三たち、愚劣(ぐれつ)極まりない、「天皇は、絶対に、男ではけれいけないんだー」のバカ右翼ども、頑迷な旧弊(きゅうへい)の人間たちを撃滅(げきめつ)して、日本国民の多数意思を、はっきりと表に出して、愛子天皇でいい、と、皆で大声を上げないといけない。
 「次の天皇は、愛子でいい。そして、彼女が今、20歳だから、40歳ぐらいで、女性天皇になり、80歳の天皇定年まで、60年間、待つ。そのあとの国家体制(おそらく、世界基準に合わせて、共和政、リパブリックへ だろう)については、あと60年見守ろう」というのが、私、副島隆彦の考えだ。

 旧体制、旧態 への復帰(憲法改正、徴兵令、旧宮家の復活など)を画策する、安倍晋三たちの勢力を、これ以上、のさばらせてはいけない。こいつらこそは、今の天皇家を、一番、苦しめている君側の奸(くんそくのかん)そのものだ。
 だから、私たちは、立派な人たちである、今の天皇家と団結して、「平和で、中立国の日本。憲法9条=戦争放棄=の改正は、絶対に、させない」の、決死 の闘いを、しなければいけない。 だから、私、副島隆彦がこれから出版する「愛子天皇待望論」は、緊急の重要な国家、政治問題なのだ。分かってください。

  それから、私のウクライナ戦争本が、もうすぐ出る(6月28日)。
( 下にアマゾンの宣伝のURLを載せる) そっちを読みに飛んでください。

プーチンを罠に嵌め、策略に陥れた英米ディープステイトはウクライナ戦争を第3次世界大戦にする

 さて、ここから、ようやく、私のウクライナ戦争。17本目である。
 私は、この平和な日本にいて、こうして自分の本の宣伝ばっかりやっている。情けないと思うが、ここが自分の戦場であり、真剣な持ち場、役割なのだと思わなければ、とてもやっていられない。

 私は、自分の体をボロボロにしながら(ネットの情報収集で体力を激しく消耗した。オーストリア国軍の広報部の英語放送がわかり易くていい。両軍の動きを冷静に客観的に見ている)、勝手に今の世界戦争での日本国の司令官(コマンダー)を名乗って、今を生きている。

 ウクライナの東部の主要都市のセヴェロドネツクが、ようやく陥落する。
ロシア軍と、ドネツク人民共和国の代表(大統領)の、エドウアール・バス―リンと、軍事部門の代表のパセニチク大将(見るからに立派な人格者だ)が、「アゾト化学工場 Azot chemical plant に立て籠っている( hole up 潜伏 )しているウクライナ兵 は、Surrender or to die 降伏か死か、どちらか選べ」と破壊された村の記者会見で言った。6月13日だ。

 ウクライナ政府と軍の広報官も、「13日に、ウクライナ軍は、セヴィロドネツクから撤退した」と、発表した。その前に、隣りの都市リシチャンスクに繋がる橋が、3本とも砲撃で落ちた。これでウクライナ軍は、後方からの補給路(ほきゅうろ ロジスティックス)を断たれた。

 だから、ゼベロドネツクは南部の、空港の有る方からも、ロシア軍に攻め上げられて、完全に 攻囲(siege シージ)された。ウクライナ軍が、人間の盾(ヒューマン・シールド)としてアゾト化学工場のシェルターに置いている600人の民間人(一般住民、非戦闘員)を、今日(15日)から外に出す、人道回廊 が出来るだろう。

 ウクライナ軍の最精鋭の、「俺は、一歩も後ろ(後方、こうほう)に退かない。死ぬまで戦う」の 本物の戦士(ウオリアー warriors )たちが、おそらく2千人ぐらい残っているだろう。このあと降伏か、死の、どちらを彼らが選ぶか、私には分からない。死にたい奴は突撃してきて死ね。

 ウクライナ戦争の 大きな所(大戦局、グランド・ウォー・シチュエイション)では、5月18日から、流れが大きく変わった(大転換した)。このように、私が認定する。この認定の意味は本当は大きい。今は、ここに至る詳細な説明は出来ない。 5月16日までは、ロシア軍が、各戦線で、ボロ負けしていた。このロシア軍 が、戦線を立て直して、大反撃の攻勢に出て、じっくりと腰を落として、補充部隊を全国から東部2州と、占領してる南部(ヘルソン州とメリトーポリ州、その先端にサポロージャの原発がある。ここもロシア軍が死守。発電所は動いていてキエフに電力を送っている)に動員して、ジリジリと着実に、陣地を広げて来た。

 私、副島隆彦は、もう4か月、日本から9000キロの遠くの方で、毎日、兵士たちが、数百人ずつ死んでいる、激しい戦闘が続いている、「対岸の火(火事)」である、ウクライナ戦況の実況中継を、世界中の国々の動画と報告をずっと見て来た。だから体を壊しそうだ。 
 私は、軍事オタクではないので、兵器も戦術 を 何も知らなかったが、今では、相当に詳しくなった。おそらく日本の戦争ジャーナリスト=戦争オタクたちと、この4か月の知識で、対等に語れるぐらいになっている。私の知識吸収力の凄さを分かる人は分かる。

 皆、アメリカの戦争研究所(ISW アイ・エス・ダヴリュ)という、キンバリー・ケイガン(まだ40代の女)という、極悪人の、ネオコンがMoonie の本性を現した、ケイガン一族の女が作った団体からの、米軍の軍事スパイ衛星(16基ぐらい有る)から作られる、正確な戦況図(ミリタリー・シチュエイション・ルーム)が公表しているものを見て、エラソーに、日本の戦争オタク(防衛研究所の研究員たち。案外、自衛隊のトップの方面軍総監だった、爺さんたちは、この戦況図の毎日の追っかけを、ジジイだからやっていない)はあれこれ、自分が見て来たようなウソを解説している。

 エラソーなことを、テレビで言っているだけだ。日本軍=自衛隊なんか、もし戦争に成ったら、イチコロで、やられると腹の底から知っている。ロシアや中国とぶつかったら数時間で敗れる、と、こいつらは分かっている。傍観者のくせに、「ロシア軍の指揮は、初歩から間違っている」などと、言っている。お前たちには、軍人としての必死さが無い。

 だが、まだ現役の自衛隊の幕僚監部(ばくりょうかんぶ)で、指揮所にいる連中(40代、50代)は、目を血走らせて、ブルブル震えながら、このISWの戦況図を、朝も晩もなく、ずっと見てきたはずだ。それで、私、副島隆彦と同じで、体を悪くした筈(はず)なのだ。 本当に自衛隊が戦争に出動したら、自分たちが指揮する部隊の戦車隊や砲兵隊や、戦闘機や、武装ヘリが、敵のミサイルや砲弾で、つぎつぎと吹き飛ぶのだ。そして、日本の自衛隊員たちの死体が、そこら中に散乱するのだ。 この映像と動画を、今度のウクライナ戦争で、私たちは、数百本では済まない、ぐらい、たくさん見た。

 日本の一部の反共右翼の気合の入った活動家たちも、「ウクライナ軍、勝てー。ロシア軍を殲滅(せんめつ)しろー 」で、この ISW の 軍事スパイ衛星から立体的3次元で、作成される戦況図を見ながら、おそらく、全国で20万人ぐらいが、ネット(SNSでもある)にこの4か月ずっと齧(かじ)り付いてきたはずなのだ。私とやっていることは全く同じだ。だから、気持ちが同じ日本人どうしてつながる。だが、彼らは私の日本国内での敵だ。

 私、副島隆彦は、ごく、ごく少数派といえども日本国を代表する、「プーチンが正しい。ロシア頑張れ。ネオナチ=ゼレンスキーたちを打倒せよ。そして、その背後にいて代理戦争( proxy war プロクシー・ウォー)をやらせている 英米のthe Deep State があやつる、米政府と、米軍の特殊部隊「タイガーチーム」と 英SAS(サス)の国家情報部(OO7のようなやつら。謀略もやる)と、NATO=EU (今や) を、打倒せよ 」という人間だ。

 だから私が、日本国のロシア支援軍の 司令官(コマンダー)だ。ただし、遠くから、声援、応援だけ。それ以上の力は、無力だから無い。だが、無敵と言えば、無敵。誰からも相手にされないから(笑)。日本国内では勢力になっていない。この私の頭脳で何でもわかる。

 凶悪なワシントンDCのMoonie (文鮮明=ぶんせんめい、ムン・サンミョン=主義者。統一教会。ローマ教会とCIAが、この組織を、反共=はんきょう=宗教団体として1950年頃に、作った。岸信介はその兄弟分  )の大幹部の、凶悪なロバート・ケイガンの妻が、ヴィクトリア・ヌーランド(ニューランド)だ。

 だから、ISW( the Institute of the Study of War 、ザ・インスティチュート・オブ・ザ・スタディ・オブ・ウォー) のキンバリー・ケイガンは、極悪女の 女悪魔である、ヌーランドの義理の妹だ。こいつらが、2014年2月のキエフのマイダン暴動(クーデター)を、自分たちが現場に居ながら、実行した。真に凶悪な悪魔どもだ。焼き殺さないと、人類が、危ない。

 こいつらは、それまでの、穏やかで、親ロシア派の、ヤヌコーヴィッチ政権を、米軍事会社(アカデミー)の狙撃兵たちを現場に投入して、警察官や大統領親衛隊を狙撃させ、たくさん殺した。

 この2014年のキエフの、マイダン暴動(クーデター)のことを、彼らは、尊厳革命とまで呼ぶ。慶応大学の広瀬陽子よ、お前が、このマイダン暴動を、マイダン革命とか、尊厳革命と呼ぶのを、お前の本で、確認した。だから、お前までも、Moonie だと、私、副島隆彦が確認し認定する。

 これらのアメリカのディープステイト側の政治家や高官たちのことは、古村治彦著の『悪魔のサイバー戦争を、バイデン政権が始める』(秀和システム、2021年6月刊)に詳しく書かれている。何と、この本は、ウクライナ戦争が始まる8ケ月前に出版された。驚くべきことである。

悪魔のサイバー戦争をバイデン政権が始める

 私、副島隆彦が、かつて書いたように、キッシンジャーが、2014年(8年前)に、プーチンのところに飛行機で飛んで行って、「ウラジミールよ。古代バビロニアの death cult 死のカルト集団が、地獄の底から、甦(よみがえ)ったぞ。気を付けろ。戦争をさせられるぞ」と言った。
 丁度そのとき、マイダン暴動と同時期に、シリアとトルコが、これも仕組まれた、ロシアの戦闘機撃墜で、開戦、一触即発だった。それをキッシンジャーが止めた。

 そして同じ2014年の6月10日に、北イラクのモスルに、突如、7・5万人のIS(アイエス)「イスラム国」(バグダディという元イラク兵の若者たち、をヒラリーたちが、サウジの砂漠の中の米空軍基地で育てた)が、出現した。 

 これもずべて、ヒラリー、マケイン、バイデンたち、ディープステイトが、仕組んで作った、「イスラム原理主義運動の熱気を作って、多くのイスラム教国の若者たちを狂わせて、引き寄せて、サラフィーヤ、聖戦主義の原理主義の過激派に、洗脳、扇動した凶悪な計画」とウクライナ暴動は、全く同じ時なのだ。 

その2年前(2021年)10月に、ヒラリーが現地に入って、リビアのカダフィを惨殺して、400億ドル(5兆円)のリビア国の資金を奪った。それをIS「イスラム国」の育成資金にした。中東の砂漠を、真新しいトヨタのランクルの隊列で、ISは行進した。

 あれらの、新車のUSV(ユー・エス・ブイ)のトヨタ車 5千台を、一体、どこから運んできたのだ。あれらは、トヨタのテキサス州サンアントニオの主力工場で作ったものだ。それを、イスラエルのハイファ港とヨルダンのアカバ港から、ディープステイト側の米軍の輸送部隊が、夜陰に紛れて、運び込んだ。

 このあと、ヘンリー・キッシンジャーは、2016年11月に当選して何とか政権を握ったドナルド・トランプ大統領(アメリカの民衆主義者=populist 。副島隆彦も、このポピュリスト、民衆主義者だ  )にも、それから習近平のところにも飛んで行って、「5千年前の古代バビロニアのデス・カルト、悪魔が、地上に復活したぞ。気を付けろ」と教えに行った。

 だから、私、副島隆彦は、この時「急いで、3帝会談を開け。ヤルタ2.0 をさっさと行え」と、自分の本たちに書いた。だが、このあとトランプが、2020年11月に、巨大な不正選挙 (fraudulent election フロージュレント・エレクション)をやられて(8千万票の郵便投票(笑い)と、遠隔操作でのドミニオン・ソフトによる得票数の改竄)、無理やり引きづり下ろされた。

そして、バイデンと息子のハンターの、幼児虐待、大量殺害の、ペドフィリアの 異常幼児性愛 の現場もウクライナだ。彼らは、カトリック教徒だ。

 ローマ・カトリック教会(ヴァチカン)の坊主(神父、司教ビショップ、教皇まで)たちが、女性との性交を禁じられたので、それで、この1500年間(440年、教皇レオ1世がローマ主教座を確立した)に、カトリックの坊主(モンク、monk  神父、修道僧)たちが、頭と体がおかしくなって、我慢できなくなって、発狂した。この巨大な偽善の戒律が、実に1500年間、続いて今に至る。

 12歳の少年時代から、「この子は、秀才で、神童だから、立派な神父さまになる」と育てられて、そのあと苦悩に満ちた、歪みつくした人生を送る。神父たちは奇形の、狂った人間どもだ。真に憐れむべき人々だ。

 おそらく、同じくタイやビルマの仏教徒の立派な、戒律を守った僧侶集団というのも、そういう人類の奇形たちだ。私、副島隆彦は、もう、ここまで書く。我慢できなくなって、ついに自分で自分の睾丸(こうがん)、金玉(きんたま)を切り取る、正直者の若い僧侶たちがいるという。

 それで、今の、世界中のキリスト教国家(主に欧米の白人国家)各国で、数百万人の子供たちを、犠牲者とする、ペドフィリアの事件を起こした。すべて明るみに出た。欧米のすべての国で、裁判になっている。 だから、このカトリックの坊主たちは、100万人単位で、おのれの深い罪を償って、自殺しなければいけない。こいつらが人類(人間)の諸悪の根源だ。

 だから、プーチンが、ロシア国民と共に、この諸悪の根源どもとの戦いに、ついに立ち上がったのだ。

 このことを理解し、支持しなければ、人類(人間)に未来は来ない。もうひとつ、私が、いつも書く通り、英国だ。大(だい)宰相のウオルポール以来、英国が、ドイツを裏から操(あやつ)り、嗾(けしか)けて、必ず、フランス、ロシア、とケンカ(戦争)をさせた。だからヨーロッパ大陸は、ずっと戦争が続いた。このヨーロッパの大きな政治の流れに、気づかないといけない。

 だから、やっぱり、ローマ教会と並んで、英国国教会(アングリカン・チャーチ)を滅ぼさないといけない。それとオランダのハーグの国際司法、刑事、両裁判所だ。ここも内部は、判事たちはカトリックだ。ペドフィリアの実行犯の凶悪な犯罪者たちだ。この人類の正義((justice ジャスティス)を握りしめている、と宣言している、巨悪たちに、己れの罪の深さを自覚させて、静かに自殺させないといけない。 

それが出来ないのなら、プーチンに、まとめて処罰してもらわないといけない。

 だから、プーチンは、今、地上に、現れた 哲人王( philosopher king フィロソファー・キング。紀元前451年、古代アテネの賢帝ペリクレス、と26歳下のソクラテス の再来だ)として、この悪魔たちに、天罰を食(く)らわす。

 だから、日本国内の、ちょっと頭が悪い(学校時代の勉強が出来なかった。だが、勘は鋭い)が、この世の真実を見極めようとする、いわゆる、陰謀論者(いんぼうろんじゃ。conspiracy theorist コンスピラシー・セオリスト )として、世の中から、少し蔑(さげす)まれている者たちよ。

 いつまでも、NOW(ニューワールド・オーダー)とか、ロスチャイルドの陰謀が・・・と、一つ昔の、馬鹿な話ばっかり言っていないで、さっさと、進歩、発展して、副島隆彦の理解のところまで、上にあがって来い。 あれらの旧式の理論も、私の本たちに書いて説明した。
 どうせ、お前たち、日本の 真実追究派は、世の中の、お利巧さんたちで、この国の体制と大勢を作っている 立派な上層サラリーマン層( 本当は会社の奴隷。でも立派で賢いと自分では思っている)たちからは、嫌われ者の、変人あつかいだ。だから私、副島隆彦が、一気に、上昇した、英米ディープステイトとの戦い、のレベルに、さっさと来なさい。

 私、副島隆彦こそは、日本を代表する陰謀論者だ。このことに異論、反論のある者は、出て来い。だから、みんな、私の隊列に入れ。だがしかし、ひとり、ひとりは、自分の頭の病気(軽度の精神病)を抱えているから、どうしても皆、互いに意見が合わない。それならそれでいい。ただ、私、副島隆彦の言論統制に服して、私を、司令官(コマンダー)だと承認せよ。それだけでいい。

 ここで、「ついに副島隆彦が陰謀論者だ、と認めた」などと、挙げ足取りをするなよ。
私は、お前たち、低能どもから、蔑(さげす)まれて見下されるような人間ではない。私の知能の高さが分かるから、「ああ、あの副島って陰謀論者だろ」と言えないのだ。
私は、これまでずっと、「コンスピラシー・セオリー conspiracy theory という英語は、
× 陰謀論 ではなくて、〇 権力者共同謀議(きょうどうぼうぎ)(は有る)論 と訳せ」とずっと主張してきた。この考えに変わりはない。

 ただ敵どもが、「ああ、あいつ、陰謀論者だろ」で、私たちを一言の下(もと)に斬り捨てるから、今は、「お前たちこそ、欧米白人のディープステイトの手先だろ」の反撃のコトバと共に、自分の武器、刀として、陰謀論(者)を、これからわざと多用することに、私は決めた。言論戦における、戦略的な判断だ。

 もう5万人死んだ、ロシアの田舎の青年たちが兵隊になって、ウクライナで死んだ。その倍の手足が飛んだ負傷兵がいる。同じぐらいウクライナ軍の兵士たちも死んで、そして、負傷兵が同じぐらい(10万人)いる。いるに決まっている。殴り合いになったら、同じようにケガするのだ。一方の圧勝ということはない。 

 横で、人(他人)のケンカを見ながら、好き放題のことを言っている、馬鹿野郎は、ついでに、その場で、ケンカに引き込まれて殴られればいいのだ。

どういう人間が、戦場の兵士になるのか。本当の本当の戦場とはどういうものか、について、私は、自分の切実な考えを後でまとめて書く。

 僧侶(坊主)が、女の体に触ってはいけない、性欲の禁止問題について、私たちは、今や、はっきりとあからさまに書かなければいけない。ここに、宗教という、人類が作った、偽善で、巨大なキレイごと(良く言えば、共同幻想、mass illusion マス・イルージョン。悪く言えば、集団発狂状態、 mass histeria マス・ヒステリア ) が、生んだ、人類の諸悪の根源が有る。

 ここを曝(さら)け出して、表(おもて)に出さないと、もう、人類は収まりがつかないのだ。今度の、ウクライナ戦争の根源も、このカトリック坊主の性欲禁止、と結婚の禁止に、ある。

 ウクライナ人を名乗る(本当は、Rusi ルーシーで、Russia ルーシア人の一種のくせに)者たちは、カトリックである。特に西部のガリシア右翼たちがそうだ。となりのポーランドとリトアニアもそうだ。だから、ウクライナが、このあとロシア側と2分された後(その前に、ゼレンスキーたちネオナチは、どこかに捨てられて追放処分だ)国家としては、ポーランドと西ウクライナが合体するかも、と言われている。

 日本の浄土真宗の開祖、親鸞(しんらん)聖人は、マルチン・ルター(1517年、宗教改革ののろし)よりも、310年も早く、「我、禿坊主(はげぼうず)の、親鸞は、愛欲の海に溺(おぼ)れ、尼( 奥さんの恵信尼=けいしんに=と結婚して、子たちも作った)と交わり、仏教の戒めを破り、破戒(はかい)僧となった。地獄に落ちても構わない」と、宣言した(西暦1207年、34歳。58歳で京都に戻って89歳で死んだ)。このことが、日本の親鸞の真の偉さだ。

 マルチン・ルターも、自分の根城の、北部ドイツのヴィッテンブルグ教会で、その山城にフリードリヒ賢明公に匿(かくま)われながら、ルター訳の新約聖書を出した。そして「僧侶の性欲を認めよ」と、尼さんと結婚して子供を成した。何とルターは他の尼さんとの間にも子供が有った、と、ヨーロッパでは、知識人層の間で、ずっと言われている。

 英国の革命的な、喜劇集団モンティ・パイソンの ホウリー・グレイル(聖杯、せいはい Holy Grail  )の映画、その他に描かれている。今も、モンテイ・パイソンを越える、突き抜けて、大きな歴史(人類史)の真実を表に出す知識人集団はいない。日本では、この任務(天命だ)を、私、副島隆彦がやる。

 私は、前の方で書いた通り、もっともっと精密に精緻(せいち)に、ウクライナ戦争の戦況(せんきょう)を書きたい。一体、この4か月、何が起きていて、ここまで来たか。5月10日ぐらいまでのことは、来週発売の、私の『 プーチンを罠(わな)に嵌(は)め、策略に陥(おとしい)れた 英米 ディープステイト は、ウクラナイナ戦争を 第3次世界大戦にする』 そして本の帯(腰巻き)は、「日本は、平和な中立国であるべきだ! プーチンだけを悪者にするな !!」 本に書いた。

 ところが、この下↓ に、弟子の、六城(ろくじょう)君が、私に逆らうと分かっていて、「武装中立のすすめ」を書いている。 六城君は、頭は理科系で、いいのだが、生来の右翼体質が、死ぬまで抜けない。 司馬遼太郎(しばりょうたろう)という作家が、どんなに、愚劣で、悪質で、敗戦後はアメリカの手先( サントリー文化人の代表。戦争中は、対モンゴル向け特務機関員 )で、歴史偽造をやった物書きか、を、六城君は知らない。いろいろ教えても、彼の頭に入らない。

 ひとり、吉村昭(よしむらあきら)という優れた、歴史小説家が、司馬遼太郎を、激しく嫌って糾弾した。皆、吉村昭を読みなさい。吉村昭の歴史もの には、ウソが書かれていない。司馬遼太郎が書いていることは、ウソばっかりだ。何が、「坂の上の雲」だ。バカ。 1905年の日本海海戦の 連合艦隊の東郷平八郎と作戦参謀の秋山真之(あきやまさねゆき)の横に、旗艦(フラッグ・キャリア・シップ)の三笠の艦橋にいた、観戦将校として来ていた、英海軍大佐たちが、「東郷。こうやれ、こうやれ。次は、こうやれ」と命じていたのだ。

 イギリスが、戦艦とか大砲を、安くで、世界中から集めて日本に買わせて(借金だ)、それでロシアのバルチック艦隊を打ち破った。今の、ウクライナ戦争と、全くおなじじゃないか。武器援助だけして、自分たちの兵隊は出さないのだ。違うか。この低能の、日本土人ども。

 全部、イギリスが、1から10まで仕組んで、子分の日本にやらせたのだ。幕末、明治維新もすべてワルのイギリスがやった。昭和の戦争の、真珠湾攻撃も、あいつらが、日本の上層部を引き込んで、罠に嵌めて、やらせたのだ。ちがうのか。

 私、副島隆彦が、これらのことを、ずっとすべて書いて、暴き立てて来た。それなのに、私の近くにいて、六城君は、その生来の右翼体質の為に、真実が分からないのだ。「戦艦大和、発進 」と言うような人だ。

六城君は、『隠された十字架 江戸の数学者たち  関孝和(せきたたかず)はキリシタン宣教師に育てられた 』 (2019年9月刊、秀和システム) という優れた本の著者である。

 その六城君から、きのう、彼の出張先の九州の大牟田産のマスクメロンがお中元で送られてきた。すぐに一個の半分、食べた。おいしかったよ。
 六城君のように、一日に、自転車を200キロ平気で漕ぐ、生来の、筋肉体質で、じっとしていたら血が滾(たぎ)る、という強健な人間たちがいる。こういう人たちは、 戦争の時代に丁度、当たったら、きっと、必ず戦場に行かされて、あるいは、志願して、きっと最前線で、30代で、中隊長(少佐)になって、自分の部隊を率いて戦線をあちこち移動しただろう。その中隊(2千兵 )の半分ぐらいは死ぬ。 私の弟子たちに、そういう体が生来、頑丈な者たちがいる。生まれた時代が違ったから、この人たちは、活躍出来なくて、かわいそうだな、と、私は、いつも思った。

「こいつら、戦争でもないと、自分の人生を燃焼できない。戦場で死にたいのだ」と、私はいつも思う。私が教えていた田舎大学で、大学対抗のインターハイで全国優勝した、バスケット部のメンバーたちは、身長がみんな190センチぐらいあった。「先生、僕らは、毎日、20キロぐらい走らないと体の調子がおかしくなるんです。だから、タバコを吸ったりして体力を殺さないといけないんです」と、言っていた。そういう頑丈な者たちが、機会を得て、戦場の勇敢な手練(てだ)れの 兵士になる。

ロシアを助に来た、外国義勇軍のチェチェン兵 (ラムザン・カディーロフ首長が率いる。だから、カディーロフチィ(部隊)と呼ばれる)が、最強部隊だから、最前線では、普通の正規軍の部隊から恐れられる。「チェチェン兵が来た。逃げろー」になる。

 だが、この戦場で凶暴ともされる、チェチェン人カディーロフ部隊も、6月1日から6日までの、セベロドネツク戦での、「ウクラナイナ軍が撤退すると見せかけて」(罠だった)チェチェンの部隊を、地下要塞化していた工業地帯にまで引き込んで、それを、隣りのリシチャンスクの高台に瞬間(高機動、ハイ・モービリティ)で据えた、アメリカ製の155mmりゅう弾砲(ハウウィツアー)「M777」のバッテリー砲列10門に、精密に狙い撃ちにされて、カディーロフ隊の精鋭の半分の300人ぐらいが戦死したようだ。 

 このウクライナ軍の奇策(きさく。これを、両軍があちこちで使い合っている)のために、セベロドネツクは、丸一か月陥落しなかった。しかし、その翌日の6月7日からは、ロシア軍が、物量戦で、10倍の(砲)火力(artillery アーティラリー)で、砲撃を加えて、ウクライナ軍の地下要塞も、木っ端みじんにしたようだ。「ロシア軍は、1日に6万発、撃って来るが、ウクライナ軍は、6千発しか撃てない(これじゃ勝てないよ)」とウクライナ国防省が公然と嘆いている。

 ここには、ウクライナに自らの意思で、外国人義勇兵(foreign volunteer フォーリン・ボランテォーア)としてやって来ていた、死ぬ覚悟で戦う気で来た、各国からの軍人あがりたちが投入された。だから、どちらも横綱相撲(よこづなずもう)で、「そうか。向こうが、カディーロフチィなら、俺たちが出るしかないな 」と、最前線に出て行った。そして、この者たちもロシア軍の砲撃の餌食になって、死んだ。

 外国義勇兵は、双方で、2万人ぐらいずついる。 このあと、12日までに撤退せずに、セヴェロドネツクに取り残されたウクライナ軍で、降参して投降してくる者たちが、あの、マリウポリの アゾフスタール製鉄所の地下要塞にいた2400人(うち重傷者400人)と、同じように、ぞろぞろと這い出てくるだろう。それから、身体検査を受けてPOW(ピー・オウ・ダヴリュ。捕虜。プリズナー・オブ・ウォー)用の捕虜収容所に送られる。この者たちは、生き延びた精鋭の兵士たちだ。前線(フロントライン)から後ろに引かなった(退却しなかった)。

 本当の、本当は、私、副島隆彦も同じように、最前線で死にたい。「おいは、後方(こうほう)では死なんど」と言って死んだ西郷隆盛のようでありたい。鉄砲の撃ち方ひとつ知らないのだが。もう、生きていても、つまらない。人命尊重の思想が、私は、本当は、好きでない。人間は、自分の死に場所を自分で決めて、みな、潔く死ぬべきだ。家族やまわりに迷惑をあまり掛けないように。

 民衆の側からの、過剰な福祉(ウエルフェア)要求は、やめよ。ディープステイトの思う壺(つぼ)だ。民衆の福祉の請願(せいがん)は、民衆を、甘やかして、自分から弱体にする。障害者や、最貧困層を、神棚(かみだな)に飾って、拝むようなことをするな、と、私、副島隆彦は、書いてきた。

 戦場の真実とは、いつ、どこで、誰が死ぬか、分からないのだ。最前線ではなくて3キロ、後方(こうほう)だから、自分は大丈夫だ、と思っているやつが、不意打ちや、爆撃を食らって死ぬ。戦場の戦闘は、すべて遭遇戦(そうぐうせん)である。敵と出会ったところが殺し合いの戦場だ。ほとんどは、部隊が前進したら、待ち構えていた、敵の砲撃や爆撃で、たった一秒で部隊ごとたくさん、死ぬ。それが真実の戦場だ。

 そういうことを、私は、自分の戦争論として、「本当の戦場とはどういうものか」を、「自分が見て来たようなウソ」として、このあと、書きたい。  副島隆彦拝



[3418]中立独立主義は内外で疑心暗鬼を生み、自ら”茨の冠”を被ること
投稿者:六城雅敦
投稿日:2022-06-13 18:44:36

司馬遼太郎の「峠」を読みました。

「飛ぶが如く」に次ぐ司馬の長編小説であり、新潟の長岡藩家老・河井継之助(かわいつぐのすけ)が主人公です。この小説によって新潟県人しか知られていなかった継之助が広く知られることになった司馬の代表作の一つです。

新潟方面には最近よく行くし、2年前から新潟や長岡では映画のポスターをよく見かけたから、原作を読んでみたいと思ったのです。やっと今年映画は公開されます。

文庫本で上中下の三巻で、徳川譜代大名でありながらも小藩(7万石)に過ぎない長岡藩(牧野家)の家臣に過ぎなかった河井継之助の思想の紹介が上巻の内容です。

朱子学ではなく実践的な革命論である陽明学を信奉するも、徳川政権を支持しなければならない武士の立場と現実的な処世のはざまで、彼独自の結論へ至る過程の紹介が最初の巻です。

小国であっても自主独立・武装中立を目指す



そのためには、300年変わらない甲冑と槍刀ではなく、藩の軍備力で介入を防ぐこと。兵器を買うためにも産業を育てなければならないことなどを、継之助が藩の改革者として実行していきます。

幕末の争乱期に薩長方とも佐幕方にも付かず、中立の立場を堅持して独立を目指した長岡藩家老・河井継之助の戦略は良かったのかというと、結果的には悲劇となってしまいました。

もっとも官軍に恭順したところで、会津をはじめ奥羽列藩への先鋒にさせらて多くの戦死者を出す結果となり、悲劇は同じであったのだろうと思います。
実際に薩長軍に従った新潟の小藩(直江津や松平)は柏崎を経て長岡藩攻撃の先陣役をさせられているのです。同郷の者や親族同士が撃ち合い、斬りあったのです。

静的な均衡時にはよい戦略でも、動的状況下では最悪



京都薩長方と江戸佐幕派・譜代連合の睨み合いという状態であれば、河井継之助のような”とりあえず様子見”が素人ながら妥当な判断だといえます。

しかし、敵/味方/内部統制の状況は刻々と変わり、そのバランスが崩れればどのような方向に動くかはだれも予想できないでしょう。

こっくりさん遊びのように、コインに三人が指を当てて動かしても、だれもが意図しない動きをすることと同じです。

結局、官軍(薩長)と対峙する奥羽同盟(会津)に挟まれた長岡藩は、双方から敵方に着くのではという疑心暗鬼をから偽旗工作によりなし崩しに中立策を放棄する結果となりました。

長岡藩内部でも天皇への恭順を訴える派閥と、徳川家へ忠誠を誓う派閥で分裂状態です。

ユーラシア大陸の状況は藩幕体制下の江戸時代末期と似ている



討幕側も佐幕側も開国と同時に西洋の銃や大砲を購入して、軍備力を増強していきます。徳川体制下では御禁制であった大型軍艦も雄藩は購入します。陸路よりも大量の物資と兵士を移動させることができるからです。

後講釈で佐幕側は軍備が旧式だの、近代軍隊とはかけ離れていたとか言われていますが、実際のところそれほど大きな差があったわけではない。

会津も元込め式のライフル銃を揃えていたのですし、1000以上(1600m前後)の射程がある榴弾砲を揃えていたのです。

先日、西南戦争の激戦地であった田原坂(たばるざか)を訪れましたが、丘陵地での戦いは白兵戦となり、日本刀での切合いで薩摩軍は大きな成果をあげたそうです。

そのため官軍側も士族を中心とした抜刀隊を編成して応戦しました。この中心メンバーは会津の山川浩ら旧賊軍の汚名をかぶせられた者たち。

だから10年来の恨みを晴らさんと率先して薩摩兵に切り込んでいった。
藩は無くなっても憎しみの連鎖が明治の半ばまでは続いていたのが、双方の甚大な死者数が表しています。

田原坂だけで双方7000人の1万4千人が死に、生還率は半分だったそうです。(※田原坂資料館に掲示)

武力中立ではなく、パワーバランスを静的にする仕組みが必要であった



司馬遼太郎「峠」を読んで思うことは、中立政策で独立状態を維持するむずかしさです。

むしろ、永世中立とは敵対する国のパワーバランスが均衡してこそ実現するのであり、ちょっとの乱れで崩れる際どい考えであると思った次第です。

そのためにも敵味方かかわらず諜報・情報工作の重要性は150年前も変わらないのです。
小藩の悲しさでどうしても京都や各地の戦況が遅れがちです。情報網を持たない弱小藩は捨て駒として官軍(薩長土)につぎつぎに取り込まれていきます。言わずもがな
飛脚しかいない時代ですが、大藩は自前の船で京都と江戸と国もとを往復していました。

自軍側に取り込みたい双方としては中立国家こそが宣撫工作のターゲットです。

幕末でも薩長と岩倉具視ら藩幕の公家一派らによる大衆扇動を行っています。

武器以上に重要な諜報宣撫工作


この物語に福地源一郎という人物がいます。江戸幕府の外国翻訳方で、外国情勢を継之助に教え、スイス人商人を紹介します。福地はのちに東京日日新聞という新聞を発行します。

幕末は恭順派(薩長側)と佐幕派にわかれて「うちが本家で正義だ」と言い合っていた。岩倉具視による偽の御旗は有名ですよね。でも偽旗作戦(false flag)は北越戦争でも会津方が使っているわけです。小説では。

官軍に参戦しないで籠城する長岡藩を引きずり出すために、長岡藩の藩旗を戦場にみよがしに置いて、裏で支援しているように見せかけて、既成事実化を狙っています。
このようにどちらも騙しあいをしているのです。


以下、私が心に留まった個所を抜粋します。

大垣藩筆頭家老・小原鉄心との会話(上巻295ページ)
藩と近代国家にせねば自滅しかなく、すればこの武士の世そのものがほろびる。無為にいても滅亡、改革しても滅亡である。
「この矛盾をどう思われます」
と継之助が問うと、さすがに小原鉄心もだまった。しばらくして、
「それ以上は、天皇さ」
という。将来そこの解決点をもとめねば仕方がない。つまり封建社会が崩壊すれば、つぎの秩序の中心点を天皇にもってゆかねばこの混乱は収拾できぬ。
 鉄心は、尊王家であったしかし世上流行している情緒的な尊王論ではなく、右のような理論的尊王主義というべきものであった。
継之助は、なにかを得た。

理論的尊王主義という言葉が司馬によって創作されています。

司馬遼太郎による日本人の宗教観(上巻497ページ)
「あれは風変わりなやつだ」
と、家中でも思われたのは、ひとつはそういうこともあるであろう。
ちなみに、日本人がずいぶん昔から身に着けている思考癖は、
「真実はつねに二つ以上ある」
というものであった。これは知識人であるほどはなはだしい。
たとえば、
「幕府という存在も正しくかつ価値があるが、朝廷という存在も正しく価値がある」
そういう考え方である。神も尊いが仏も尊い。孔子孟子も劣らず尊い。花は紅、柳はみどりであり、すべてその姿はまちまちだがその存在なりに価値がある、というものであった。
一神教を信じている西洋人ならばこれをふしぎとするであろう。かれらにすれば神は絶対に一つであり、自然、真実も一つでなければならない。
 が、日本人は未開のころから、山にも谷にも川にも無数の神をもっていた。どの神もそれぞれ真実であったが、そこへ仏教が渡来して尊崇すべき対象がいよいよふえた。
さらに儒教がそれにくわわり、両手にあまるほど無数の真実をかかえこみ、べつにそれをふしぎとしなかった。
 しかもその無数の矛盾を統一する思想が鎌倉時代にあらわれた。禅であった。
 禅は、それらの諸事実を色(しき:現象)として観(み)、それらの矛盾は「それはそれで存在していい」とし、すべてそれらは最終の大真理である「空(くう)
に参加するための門であるにすぎない
だから意に介する必要はない、とした。
 右は物の考え方のうえでのことだが、現実の暮しのなかでも日本人は多神教的な気楽さとあいまいさを持っていた。
 たとえば幕府や諸藩の役職は、かならず同一職種に二人以上がつく。江戸の施政長官である町奉行は南北二人存在し、二人が交互に勤務する。大坂の町奉行も東西二人であった。すべてが二人以上であり、その点で責任の所在がどこかでぼやかされていた。
 公務のための使者というものもつねに二人であり、二人でゆく。このため、幕末にオランダに留学した幕府の秀才たちは、むこうで子供たちからさえ軽蔑された。


小説上での福沢諭吉と河井継之助の対比(中巻 414ページ)

「議論じゃありませんよ。いまの私は、地球のなかの長岡藩をどうしようかといろいろ苦心惨憺の試案を練っているところだ。その思案のたすけをほうぼうにもとめている」
「どうもあれだな、河井さんをこのようにお見掛けするところ地球の宰相でもつとまりそうな面構えだが、心掛けているところがどうも蚤のように小さい」
「それが私のいいところだと思っている」

「とにかく福沢さんは、京都中心の日本が出来上がることに賛成ですな」
と、継之助がいった。福沢諭吉はキセルに莨(たばこ)をつめながら、
「かついでいるやつ(薩長)が」
といった。
「気に食わないが、しかし私はあくまでも立君制度(モナルキー)がいいと思っているから、本筋は賛成だ。モナルキーならば文明を吸収する力をもつ」
「私はドイツ連邦というのをすこしも知らないが、徳川家中心の大名同盟、ということではどうにもなりませんか」

「なりませんな。貴族というものが国の梶をとることができた時代は日本でもヨーロッパでも遠い昔になりましたよ。大名同盟(アリストクラシー)では貿易上大いにわずらわしくなり、万国公法という立場からも列国が相手にしなくなるでしょう。結局は経済上の必要から統一というところへゆく。統一するほうがいいが、統一される方は黙っちゃいないから、雄藩同士の大喧嘩になる。戦争でさ。内乱が大いにおこり、日本の独立派なくなり、とてものこと、世界の進運についてゆけない」
「なるほど」
継之助はおだやかに相槌を打った。おだやかにきかねば福沢の意見がひきだせないからである。
「それに、大名同盟というのは要するに封建制だ。こいつはこんにちでは正気の制度じゃありませんぜ」
「そうでしょうな」
この点は、継之助はそう思う


結局のところ、徳川が目指す大名同盟(アリストクラシー)も利害関係ですぐに対立し、分裂するということです。
現在のEUが一枚板とならないのも当然の結末ですし、連邦国家のアメリカも内部では激しい対立が起きています。

討幕・佐幕の根底にある尊王賤覇(そんのうせんぱ)の悲劇(上巻23ページ)
共和制(つまり王政ではない合議的体制)に日本は向かわなかったのかということへの司馬遼太郎の答えが、朱子学の尊王賤覇という根底の思想にあると小説で語らせています。
「天子の政府はもはやみとめざるをえない」
という大前提が、どの江戸派にもある。情勢が転換した以上やむをえないものだとおもっており、日本人らしい諦めの速さが心理的理由になっている。さらに江戸時代武士の教養は朱子学であり、朱子学の根本思想のひとつは尊王賤覇(王室を尊しとし、武力政権をいやしいものとする)であり、思想として京の天子の反抗者になるという者はたれもいない。尊王思想に対立するほど大きな思想(たとえば共和思想)などはこの時代にはなかったのである。


政治家の平和的な考えとは(下巻192ページ)
戦争ということについて継之助を考えてみると、むろん「戦はしてはならんでや」という否定論者ではない。かれは越後人として上杉謙信がすきであった。検診は戦国人のなかでもきわだって戦争ずきであり、戦争を政治の一手段に考えるよりもむしろ、芸術家がその芸術に執心するようなそういうのめり方で自分の「戦争」に執着し、戦争術を陶冶しようとした。継之助はそういう謙信を敬愛した。もっとも継之助が愛した謙信はあるいは戦争好きの謙信ではなく、戦国人のなかではめずらしいほどに心情のさわやかな、ときには義人的行動を好んだそういう謙信の風韻を愛したのかもしれない。
 その一方で継之助は僧良寛を好んでいる。歌人であり禅僧であり、書家であった良寛を、むしろ謙信以上の豪傑であると言い、その絶対無防備の放胆さを尊敬した。しかしながら、
「戦さはしてはならんでや」
という口癖は良寛的な心境から出たのではなさそうであった。
 かれは、政治家なのである。政治には当然戦争がふくまれる。政治のなかにおける戦争を否定していたのではないであろう。
 それどころか、継之助が古今の人物のなかでたれにもまして敬慕していたのは王陽明であった。王陽明は元来が文吏であり、一国の首相でありながら、必要があれば国軍をひきい各地に転戦し、つねに勝ち、当時のいかなる武将よりもすぐれた将軍の能力を発揮した。継之助はそういう王陽明が好きであった。好きである以上、
-戦さはしてはならんでや。
は、絶対否定の言葉ではない。
-政治的に損である。
ということであった。戦争が政治の一部である以上、その損失を考えねばならない。


戦争は政治的な駆け引きの手段の一つ(下巻232ページ)
「戦うのか」
「たたかわざるをえなくなれば戦うが、そのときは藩にとって最悪だな。全藩がほろびるときだな」
「つまり負けるのか」
「勝てはしない。武器を買い、兵を練り、とにかくも負けぬようにした。まず長岡は負けまい。しかし勝てはすまいよ」
「継サ、負けはせぬが勝てもせぬということは、要するに負けることではないか」
「それはちがうな」
微妙な場所でちがう、と継之助はいう。戦いがはじまればとにかくも奮戦し、敵に打撃を与えつづけ、半年でも一年でももちこたえるように戦争を持ってゆき、時間をかせぎ、新政府に恐怖をあたえ、新政府の国際信用を失墜させ、和睦せざるをえぬようにしてゆく。「勝てぬが負けぬ」という戦争形態には政治というものの入り込む余地がある、というのである。継之助のつけめはそこであった。
「が、戦争をせずにそこへもってゆくことに越したことがない。あくまでも政治をもって片付けねばならない」と、継之助はいった。


このように勝ても負けてもいない状況が、政治的には最善の状態であること。
そして和睦(政治的な手打ち)に持ち込むのが政治家の役目だと継之助に語らせています。

ベトナム、アフガニスタン、そしてウクライナでの非対称な戦争は負けないことではなく、持ちこたえて小出しに打撃を与え続けることが転機を生むということ。

継之助が目指した武力中立国家の見本がスイスなのですが、そのスイスでさえもNATO加盟になびいているということは、中立の維持がそれほど困難なことなのだということです。

他国から干渉を受けない為にも一にもなく軍備と諜報体制を整える


古今東西、中立を維持するためにはこれ以外の結論はないのでしょう。






※以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます。
■記事No ■削除番号